日刊IWJガイド「IWJの第8期も7月末の期末まで泣いても笑ってもあと7日! 赤字に転落してしまうかどうかのボーダーラインまで、まだあと55万円+150万円で205万円必要です! なにとぞ今期末あと少しのご支援をよろしくお願いいたします!/<昨日の岩上さんのインタビュー>安倍総理は『ジェンタイル・シオニスト』!? 米国の『イスラエルびいき』の背後にある『ジェンタイル・シオニズム』とは!? 岩上安身が『パレスチナの平和を考える会』事務局長・役重善洋氏にインタビュー/他」2018.7.25日号~No.2141号~


■■■ 日刊IWJガイド「IWJの第8期も7月末の期末まで泣いても笑ってもあと7日! 赤字に転落してしまうかどうかのボーダーラインまで、まだあと55万円+150万円で205万円必要です! なにとぞ今期末あと少しのご支援をよろしくお願いいたします!/<昨日の岩上さんのインタビュー>安倍総理は『ジェンタイル・シオニスト』!? 米国の『イスラエルびいき』の背後にある『ジェンタイル・シオニズム』とは!? 岩上安身が『パレスチナの平和を考える会』事務局長・役重善洋氏にインタビュー/他」2018.7.25日号~No.2141号~ ■■■
(2018.7.25 8時00分)

 おはようございます。IWJ編集部です。

 本日も、西日本を中心に猛暑日が続く見込みです。疲労の蓄積や環境の急激な変化が熱中症を引き起こしやすい要因となるとされていますので、西日本豪雨に見舞われた被災地の皆様は、こまめな水分補給に努め、くれぐれもお身体をご自愛ください。

 また、浸水被害に遭った家屋ではカビの発生も伝えられています。専門家は床下や柱、壁の洗浄、消毒、乾燥の徹底を呼びかけています。

※被災住宅の復旧を建築士が助言 洗浄、消毒、乾燥の徹底を(山陽新聞、2018年7月21日)
http://www.sanyonews.jp/article/754351

 西日本豪雨を受け、ご自分が暮らす地域の惨状が伝えられていないという方は、ぜひIWJにご一報ください。可能な限り取材にうかがい、動画とテキストでお伝えさせていただきます。また、直接お寄せくださった情報は、編集部で整えて記事化します。昨日も一本記事をアップしました!

※水没してゆく街! 土砂に埋まる家屋! 西日本豪雨で大混乱の広島市内の様子を現地市民がレポート! 2018.7.25
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/428226

★本日の日刊IWJガイドは以下の内容でお届けします!

┏━━【目次】━━━━━━━━━━━━
┠■【中継番組表】
┠■IWJの第8期も7月末の期末まで泣いても笑ってもあと7日! 赤字に転落してしまうかどうかのボーダーラインまで、まだあと55万円+150万円で205万円必要です! なにとぞ今期末あと少しのご支援をよろしくお願いいたします!
┠■<昨日の岩上さんのインタビュー>安倍総理は「ジェンタイル・シオニスト」!? 米国の「イスラエルびいき」の背後にある「ジェンタイル・シオニズム」とは!? 岩上安身が「パレスチナの平和を考える会」事務局長・役重善洋氏にインタビュー
┠■<ニュース・フラッシュ!>
┠――【1】日銀が、安倍政権の経済政策の成果の一つとされていた個人の投信保有額を、33兆円下方修正! 日銀の単純なミスなのか? 忖度はなかったのか? ゆうちょ一行でこれだけ巨額になるのか? そして、報道はなぜ国会閉幕直後のこの時期だったのか? 疑問が次々!!
┠――【2】トランプ大統領とプーチン大統領の蜜月の背後にロシアンマネーの存在!? トランプ大統領はロシアのマネーロンダリングに手を染めている!?
┠――【3】東京五輪まであと2年、都内で史上初めて40度超え! 大会組織委員会や東京都は、この酷暑から選手や観客を守れるのか!? 大会組織委員会の森会長の「暑さに打ち勝つ」との「精神論」に、批判が相次ぐ!!
┠■<お知らせ>
┠―■7月29日(日)【ワイルドサイドを行こう! 〜IWJファンドレイジング in Hot Summer 2018】開催まで残り4日! 現在参加ゲストは6名が決定! 参加予約者数は定員の60名に達しました! ご予約してくださった皆様、本当にありがとうございます! まだキャンセル待ちのご予約を受け付けていますので、ぜひ、参加予約受付フォームよりご応募ください!
┠―■7月末〆切までの特別企画! 今期合計3万円以上ご寄付・カンパをいただいた方全員に、感謝を込めて前回12月のファンドレイジングイベントの新作DVDをプレゼント!
┠―■IWJでは現在、テキスト班の新メンバーを緊急大募集中! 事務・ハドル班、ウェブ動画班の新メンバーも引き続き募集しています!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2018.7.25 Wed.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【ツイキャス・エリアCh2】※時間未定「西日本豪雨被害・特派チームによる被災地レポート」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_areach2

 IWJからの特派スタッフによる、西日本豪雨被災地からのレポートを中継します。詳細は追って告知いたしますので、ご確認ください。
——————-

【Ch3】14:30~「原子力規制委員会 更田豊志委員長 定例会見」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=3

 原子力規制委員会 更田豊志委員長による記者会見を中継します。
——————-

【タイムリー再配信 210・Ch6】18:00~「ナチスドイツの『T4作戦』を連想させる、相模原障害者施設殺傷事件! 安倍総理はこの事件を強く批判して、障害者と家族を安心させるメッセージを出すべきでは? ~日本外国特派員協会主催 日本障害者協議会代表 藤井克徳氏 記者会見」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=6

 2016年8月収録。日本外国特派員協会主催(FCCJ)主催で開催された、日本障害者協議会代表 藤井克徳氏 記者会見を再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/324764
——————-

【タイムリー再配信 211・Ch6】20:00~「アベノミクスの失敗はカジノで挽回!? 競馬もボートも知らない人が新たにカジノでギャンブル依存症!? 『人の不幸を踏み台にした経済成長はあってはならない!』―日弁連『カジノ推進解禁法』廃止を訴え」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=6

 2017年5月に収録した、日本弁護士連合会主催によるシンポジウムを再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/378250

========

◆中継番組表◆

**2018.7.26 Thu.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【Ch2】時間未定「『中長期ロードマップの進捗状況』に関する記者会見」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=2

 東京電力による記者会見を中継します。
——————-

【ツイキャス・エリアCh3・大阪】18:00頃~「相模原施設障碍者大虐殺追悼アクション」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_areach3

 相模原障害者施設殺傷事件の追悼アクションを中継します。

========

◆中継番組表◆

これ以降の予定で決定しているものは、以下のカレンダーよりご覧いただけます。あわせてご確認ください。

→「配信カレンダー」 https://iwj.co.jp/channels/main/calendar.html
(あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

【西日本豪雨取材報告】10.倉敷市真備町での小田川堤防決壊は高梁川上流の複数のダムからの急激な放流が原因だったのではないか!? IWJ記者が上流住民の証言を取材!
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/427866

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■IWJの第8期も7月末の期末まで泣いても笑ってもあと7日! 赤字に転落してしまうかどうかのボーダーラインまで、まだあと55万円+150万円で205万円必要です! なにとぞ今期末あと少しのご支援をよろしくお願いいたします!

 皆様、いつもIWJをご支援いただきありがとうございます。

 IWJの第8期は7月末の期末まで本日を入れて残り7日となりました。今期もいよいよラストスパート、泣いても笑ってもあと7日です!

 しかし、第8期、IWJが赤字に転落してしまうかどうかのボーダーラインまで、まだあと55万円必要です! どうか、皆様の一層のご支援を、よろしくお願いいたします!

 なお、この収支の計算には、橋下徹元大阪府知事による岩上さんへのスラップ訴訟の裁判費用は計上していません。この裁判では、6月21日の第2回口頭弁論までに、すでに約150万円を超える費用がかかっています。この不当なスラップ訴訟に対する裁判費用にも、なにとぞご支援をお願いいたします!ざっくりとした計算ですが、55万円プラス150万円で、あと7日間で約205万円必要です。ぜひ、皆様にご支援をお願いしたいと思っております。

 加えて現在、西日本豪雨の被災地取材のため、長期で記者を現地に派遣しています。当初は2人を派遣し、そのうち1人は現在もまだ、過酷な被災地で2週間近く取材を続けています。この取材での宿泊費や交通費、レンタカー代もかかっているため、7月は通常の月よりも大幅に経費が増えることが予想されています。

 IWJが第9期を無事に迎えられますよう、何とぞ緊急のご支援をよろしくお願い申し上げます。

 7月31日の今期末までにどうかあと少しのご寄付・カンパをご検討ください!

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします。
https://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

■<昨日の岩上さんのインタビュー>安倍総理は「ジェンタイル・シオニスト」!? 米国の「イスラエルびいき」の背後にある「ジェンタイル・シオニズム」とは!? 岩上安身が「パレスチナの平和を考える会」事務局長・役重善洋氏にインタビュー

 今年5月の米国のイラン核合意からの離脱、在イスラエル米大使館の移転など、特にトランプ米政権が誕生してからは、米国の外交は極端な「イスラエルびいき」が際立っています。また、同時期にはパレスチナ自治地区のガザで、イスラエルが抗議デモをおこなうパレスチナ人に激しい弾圧を加えました。

 イスラエルはパレスチナ人に呵責なき攻撃を加え、米国はそんなイスラエルを国際社会からの批判もお構いなしに擁護。そして米国とイスラエルは共に、イスラムに対して激しい敵意を向けています。こうした謎を解くキーワードの一つが、非ユダヤ教徒による、特にキリスト教徒によるシオニズムを指す「ジェンタイル・シオニズム」という言葉です。「ジェンタイル」とは「異邦人」を意味します。

 岩上さんは昨日、このジェンタイル・シオニズムに関わる問題に焦点をあて、大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター客員研究員で「パレスチナの平和を考える会」事務局長の役重善洋(やくしげ・よしひろ)氏にインタビューをおこないました。

 キリスト教徒によるシオニズムというのであれば、「キリスト教シオニズム」とか、「クリスチャン・シオニズム」という言葉を用いた方がわかりやすい気もします。事実、「キリスト教シオニズム」「クリスチャン・シオニズム」という用語はあります。

 しかし、役重氏によれば、「ジェンタイル」といった場合、それは必ずしもキリスト教徒を指すとは限りません。そして役重氏は、ユダヤ教徒でもキリスト教徒でもない「ジェンタイル・シオニスト」の一例として、なんと安倍晋三総理を挙げています!

 昨日の岩上さんによるインタビューの録画は、ただ今アップ作業中です。お見逃しになった方は、録画がアーカイブにアップされるまでもうしばらくお待ちください。

 また、岩上さんによる役重氏インタビューは第2弾も予定しています。次回はジェンタイル・シオニズムについて、16世紀ヨーロッパにおける宗教改革の時代にまでさかのぼってお話をうかがう予定です。

■<ニュース・フラッシュ!>
【1】日銀が、安倍政権の経済政策の成果の一つとされていた個人の投信保有額を、33兆円下方修正! 日銀の単純なミスなのか? 忖度はなかったのか? ゆうちょ一行でこれだけ巨額になるのか?そして、報道はなぜ国会閉幕直後のこの時期だったのか? 疑問が次々!!

 第二次安倍晋三政権は日本経済の成長を促すべく、「アベノミクス」の二本目の矢「機動的かつ弾力的な財政政策」の一環として、個人が保有する資金を「貯蓄から投資へ」誘導し、企業への投資資金として市場に回す政策を推進してきました。

 その成果として、個人金融資産に占める投資信託の割合も、2012年の3.8%から2017年の5.8%まで順調に増加してきたと、これまで喧伝されてきました。

 ところが、この日本銀行が作成した統計に「誤り」があり、個人の投信保有額が実際にはおよそ33兆円も少ないことが明らかとなり、証券業界を中心に衝撃が広がっています。

※投資信託 家計保有額、30兆円以上も誤計上 日銀がミス(毎日新聞、2018年7月23日)
https://mainichi.jp/articles/20180724/k00/00m/020/130000c

 30兆円以上の過剰計上が発覚したのは、国内の金融機関、法人、家計といった経済主体の金融資産・負債の推移などを、預金や貸出といった金融商品ごとに記録した「資金循環統計」。日銀調査統計局が1954年から作成し、四半期ごとの数値が公表されるほか、原則として年に一度さかのぼって調査を見直す改定を実施しています。

 今回は2018年6月公表分の見直しをおこなった際に、巨額の過剰計上が見つかったとされています。2005年以降の数値を見直した結果、2017年12月末の個人の投信保有額は、改定前の109兆1000億円から76兆4000億円にまで激減し、個人金融資産に占める投信の割合も、改定後は2014年の4.6%をピークに、2017年には4.1%へと下落していました。

 なぜ巨額の過剰計上が行われたのか?これまでのところ日銀では「ミス」であると説明しています。にわかには信じがたい話ですが、日銀の説明によれば、その「ミス」の原因は、これまで外国債券としていたゆうちょ銀行の保有分の一部が投信だったこと、このため、改定後の投信保有額では金融機関分が増える一方で、個人分が減ったためとしています。

 個人の投信保有額の増加は、安倍政権の経済政策の成果と見られていただけに、本当に「調査項目が多数あり、見直しが追いつかなかった」(日銀調査統計局)という単純な「ミス」だったのか、そこに政権への忖度はなかったのか、また、ゆうちょ銀行一行が保有する投信だけでこれほど超巨額の誤差が出るものなのか、検証が絶対に必要です。

 また、6月公表分の見直しをおこなったことにより発覚したという巨額の過剰計上についての、毎日新聞の報道が、なぜ通常国会が閉幕した直後の、7月下旬となったのかについても検証が必要です。

 IWJでは6月18日と7月1日の2度にわたり、岩上さんがエコノミストの田代秀敏氏にインタビューをおこないました。田代氏には、アベノミクス・黒田バズーカの副作用や日本の債務超過などについて明快な解説をしていただいています。お見逃しになった方は、下記のURLより、ぜひご覧ください。 

※異次元金融緩和の重大かつ深刻な弊害!出口を模索しようにもわずかな金利上昇で日本経済は大混乱!? アベノミクスの無残な最期!~6.18岩上安身によるエコノミスト田代秀敏氏インタビュー 2018.6.18
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/424996

※失敗したアベノミクス・異次元金融緩和の副作用!? 人口減少にも関わらずバブル化する不動産市場・サブリース契約の地獄!~日銀が発表した英語論文の謎に迫る!岩上安身が田代秀敏氏に7.1インタビュー第2弾! 2018.7.1
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/426176

【2】トランプ大統領とプーチン大統領の蜜月の背後にロシアンマネーの存在!? トランプ大統領はロシアのマネーロンダリングに手を染めている!?

 トランプ大統領がロシアとの接近をはじめました。米国は今月11日のNATO首脳国会議で加盟国に軍事費の分担を求めたばかりです。この米ロの接近は、世界史的に見れば、トランプ大統領の言うように、肯定的な側面は持っています。しかし、その接近には不自然な点が少なくありません。

※トランプ氏、NATO加盟国の防衛支出増を要求 ドイツを名指し批判(BBC NEWS JAPAN、2018年7月12日)
https://www.bbc.com/japanese/44803150

※トランプ氏の支持者にも衝撃 米ロ首脳会談(BBC NEWS JAPAN、2018年7月17日)
https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-44855906

 第一に、2018年2月にNPR(核態勢の検討)を発表して、ロシアの核戦略に対抗して、小型核兵器の充実を謳ってから半年も経たないうちに、核兵器の軍縮条約である新START(新戦略兵器削減条約)の延長を協議するという、宥和政策へ舵を切っている点があげられます。2月の段階では、ロシアは、中国・北朝鮮・イランと並ぶ米国の脅威と位置付けられ、完全に仮想敵国でした。

※Nuclear Posture Review 2018(OFFICE OF THE SECRETARY OF DEFENSE)
https://media.defense.gov/2018/Feb/02/2001872886/-1/-1/1/2018-NUCLEAR-POSTURE-REVIEW-FINAL-REPORT.PDF

 7月13日には、ロシアが2016年の米大統領選に介入したとされる一連の「ロシア疑惑」を捜査するマラー特別検察官が、民主党関係施設などをハッキングしたとして、ロシアの軍関係者12人を起訴しました。

※米特別検察官、ロシア軍関係者12人起訴 首脳会談直前(朝日新聞、2018年7月14日)
https://www.asahi.com/articles/ASL7G0QY3L7FUHBI04F.html

 この問題に関しても、米ロ首脳会談では、驚いたことに、トランプ大統領は自国の捜査を「魔女狩り」と決めつけ、プーチン大統領の介入否定を擁護しました。自国の捜査機関の捜査を信用せず、外国であり、しかもつい半年前まで敵国視していたロシアの大統領の主張を擁護する米国大統領。これは裏に何かあるのではと、疑いを抱くのは当然のことでしょう。

 グローバルに展開するキャンペーン・コミュニティーのAVAAZは、この点について、注目すべき仮説を述べています。1990年代、トランプ大統領は、プーチン大統領に近いロシアの新興財閥から融資を受け、これによって、ロシア新興財閥のマネーロンダリングをおこなっていたというのです。

※トランプ大統領をめぐる衝撃の真実(AVAAZ)
https://secure.avaaz.org/campaign/jp/shocking_truth_about_trump/?slideshow

 Avaazのこの記事は、欧米の民主主義をリベラルで善、ロシアの行為を非民主主義的で悪と一方的に決めつけている点で、大いに問題がありますが、トランプ大統領とプーチン大統領の結びつきは、90年代までさかのぼり、ロシアのマネーロンダリング装置として、トランプ大統領は、自らのプロジェクトを運営していたという事実など、今後、詳しい検証に値する情報を含んでいます。

 一例として、サブプライムローン破綻後の世界金融危機の時期に、トランプ大統領がノースカロライナに計画中だったゴルフ場の建設資金について、ジャーナリストに問われたトランプ大統領の次男のエリック氏は、次のように答えています。

 「米国の銀行はあてにしてない。必要な資金はすべてロシアから調達する」「ロシアに、マジでゴルフ好きの知り合いが何人かいる。連中がこの計画に投資してくれるさ。我々はよくロシアに行くんだ」

 トランプ大統領ファミリーとロシアとの経済的な結びつき自体は否定できないようです。問題は、こうした経済的な結びつきが違法かどうか、そして今回の対ロ姿勢の劇的な転換との間に、関係があるのかどうかです。そうした点で、トランプ大統領がクロだと立証されれば、空前のスキャンダルとなるかもしれません。大統領の弾劾も現実味を帯びてくるでしょう。

※Eric Trump ‘said we have all the funding we need out of Russia’, golf writer claims(Independent、2017年5月7日)
https://www.independent.co.uk/news/world/americas/eric-trump-donald-golf-courses-russia-funding-golf-writer-interview-2014-james-dodson-a7722806.html

【3】東京五輪まで2年、都内で初めて40度超え! 大会組織委員会や東京都は、この酷暑から選手や観客を守れるのか!? 大会組織委員会の森会長の「暑さに打ち勝つ」との「精神論」に、批判が相次ぐ!!

 昨日7月24日、東京五輪は開幕まであと2年となりました。7月23日には青梅市で40.8度を記録、東京都内で観測史上初めて40度を超えました。2020年東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会や東京都、関係府省庁もこの猛暑対策に取り組んでいますが、首を傾げたくなる対策も少なくありません。

※東京五輪まで2年 暑さ対策全力(東京新聞、2018年7月24日)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018072490070940.html

※参考資料3 関係府省庁等における取組状況(東京都環境局)
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/climate/heat_island/atsusa_taisaku_suishinkaigi.files/10-3naikaku.sanko3.pdf

 7月18日、IOC理事会で50キロ競歩が午前6時スタート、男女マラソンが午前7時スタートと決まりました。大会組織委員会では暑さ対策としてこれまで、道路の遮熱性舗装や街頭ミストの設置、かち割り氷の配布、打ち水などが検討されてきましたが、実際に効果があるのか、この夏の実証実験で判断する考えです。

 大会組織委員会が特に懸念しているのが、競技会場に入るセキュリティゲートで長蛇の列ができること。炎天下で観客を長時間待たせないよう、テントを張って日陰をつくり、大型冷却器を設置する一方で、待ち時間最長20分との目標を掲げています。また、大会ボランティアには、通気性に優れたユニホームを用意し、屋外での活動時間に上限を設ける方針です。

 東京都もマラソンコースなどに、路面温度の上昇を8〜10度ほど和らげる遮熱性舗装を、五輪開幕までに競技会場周辺など136キロに施すとともに、最寄駅と競技会場を結ぶ歩道では木陰を増やすための街路樹対策にも取り組んでいます。

 もっとも、競歩やマラソンのスタート時間を早めたところで、暑さ対策として効果があるのかどうか、疑わしいところです。今月23日の東京都心は、午前7時で31.3度、午前9時では32.7度を記録しています。午前7時にマラソンを開始したところで、30度以上の厳しい暑さの中、2時間以上走り続けなければいけない可能性があるのです。

 また、遮熱性舗装は莫大な費用がかかることが予想されます。遮熱性舗装の費用は1平方メートル当たり2万円から3万円といわれていますから、これを136キロ分に施すとなると、とんでもない費用になるでしょう。

 こうした中、日刊スポーツが伝えた大会組織委員会の森喜朗会長の発言が、多くの批判を浴びています。

※森喜朗会長が語る、この猛暑が東京五輪成功のカギに(日刊スポーツ、2018年7月24日)
https://www.nikkansports.com/sports/news/201807240000148.html

 森会長は同紙のインタビューで「この暑さでやれるという確信を得ないといけない。ある意味、五輪関係者にとってはチャンスで、本当に大丈夫か、どう暑さに打ち勝つか、何の問題もなくやれたかを試すには、こんな機会はない」と述べました。

 総務省消防庁は7月24日、7月16日から22日の1週間に熱中症の症状により、全国で2万2647人が救急搬送され、うち65人が死亡と発表しました。救急搬送された人数も死者数も、集計を始めた2008年以降で最多となりました。

※ 熱中症 搬送者2万2647人…16~22日 消防庁(毎日新聞、2018年7月24日)
https://mainichi.jp/articles/20180724/k00/00e/040/228000c

 森会長には、一日に10人近くが亡くなり、一日に3000人以上が救急搬送される、年を追うごとに酷暑の傾向が強まっているような日本では、「暑さに打ち勝つ」などという「精神論」ではなく、現実的な解決策に取り組んでもらいたいものです。もっとも現実的な解決策は、季節を春か秋にずらすことではないかと思いますが、今からでも調整できないか、真剣に検討すべきです。

 IWJでは東京オリンピック・パラリンピックをめぐり、岩上さんのインタビューや記事などで様々な角度から問題点を指摘してきました。以下のリンクから、ぜひご覧ください。

※五輪選手村跡地にタワマン林立プロジェクトの影で1300億円の都有地が9割引きの129億で叩き売りされていた!? 岩上安身による「晴海選手村土地投げ売りを正す会」市川隆夫氏インタビュー! 2017.8.24
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/396228

※「東京五輪が誘致できなかったら、東京電力に賠償請求する」――東京都が東電を脅迫!? 衝撃の内部告発! 東電社員として声をあげた一井唯史氏に岩上安身がインタビュー<後編> 2016.12.1
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/348718

※IWJ検証レポート・東京五輪招致不正疑惑問題について、仏紙『ル・モンド』が新たなスクープ! 日本のメディアが総スルーする「電通」関与の動かぬ証拠とその手口! 2018.3.3
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/413827

※東京都全公立学校に配布の『オリンピック・パラリンピック学習読本』中身は終始 一貫して「日本最高!」 カネと利権と国威発揚~東京五輪の病理 スポーツジャー ナリスト谷口源太郎氏講演会 2016.12.4
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/349497

■<お知らせ>
■7月29日(日)【ワイルドサイドを行こう!〜IWJファンドレイジング in Hot Summer 2018】開催まで残り4日! 現在参加ゲストは6名が決定! 参加予約者数は定員の60名に達しました! ご予約してくださった皆様、本当にありがとうございます! まだキャンセル待ちのご予約を受け付けていますので、ぜひ、参加予約受付フォームよりご応募ください!

 7月29日、日曜日に【ワイルドサイドを行こう!〜IWJファンドレイジング in Hot Summer 2018】を開催いたします!

 時間は午後2時30分から午後7時30分まで。会場は以前「ロックの会」を開催していた代官山のカフェ「UNICE」で、気軽なビュッフェ形式のパーティーを予定しています。

※カフェ「UNICE」
http://unice.jp/

 このイベントは、収益をIWJの活動費にあてるため、参加費に加えて皆様からのご寄付分を上乗せした2万円を参加費として設定させていただく予定です。ぜひ、IWJを応援してくださっている皆様にお集まりいただいて、岩上さんと豪華ゲストとともに今年前半を振り返りたいと思います。

 参加されるゲストは、岩上さんによるインタビューでおなじみの、現在6名の先生方が決定しています!

・前川 喜平 氏(前文部科学省事務次官)

・上西 充子 氏(法政大学キャリアデザイン学部教授)

・立川 談四楼 氏(落語家・作家)

・田代 秀敏 氏(シグマ・キャピタル株式会社チーフ・エコノミスト)

・青木 正美 氏(関西学院大学災害復興制度研究所客員研究員・青木クリニック院長)

・安田 節子 氏(食政策センター・ビジョン21代表・「日本の種子を守る会」常任幹事)

 開催まで残り4日! 参加予約者数はついに定員の60名に達しました! ご予約してくださった皆様、本当にありがとうございます! まだキャンセル待ちのご予約を受け付けていますので、ぜひ、下記の参加予約受付フォームよりご応募ください!

※【ワイルドサイドを行こう!〜IWJ ファンドレイジング in Hot Summer 2018】ご予約受付フォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfAS1qty6t3dkIysg_p5kmYIAP6gx043fCzcq8mp4GzDkohdA/viewform?usp=sf_link

■7月末〆切までの特別企画! 今期合計3万円以上ご寄付・カンパをいただいた方全員に、感謝を込めて前回12月のファンドレイジングイベントの新作DVDをプレゼント!

 特別企画として、IWJの第8期、昨年8月1日から今年7月31日までの1年間に合計3万円以上のご寄付・カンパをしてくださった方全員に、感謝の思いを込めて、前回12月23日におこなった「長州レジームをぶっ飛ばせ! アベ政治から日本に正気と民主主義を取り戻す! ―― IWJ創設7周年ファンドレイジング・トークイベント」の新作DVDをプレゼントいたします。

 こちらのDVDにはお好きなゲスト1名を選んでいただき、岩上さんとともにサインを入れていただきます! こちらは7月末が〆切となっています! 期末までに、ぜひもう少しのご支援をよろしくお願いします!

 前回のゲストは、山本太郎氏(自由党共同代表、参議院議員)、伊勢崎賢治氏(東京外国語大学教授、ジャズトランペッター)、関良基氏(『赤松小三郎ともう一つの明治維新 テロに葬られた立憲主義の夢』著者、拓殖大学政経学部准教授)、黒川敦彦氏(「今治加計獣医学部問題を考える会」共同代表、衆院選山口4区元立候補者)、植草一秀氏(政治経済学者)、望月衣塑子氏(東京新聞記者)、古賀茂明氏(元経産官僚)、浅野健一氏(元共同通信記者・アカデミック・ジャーナリスト)、伊波洋一氏(参議院議員)、藤田早苗氏(英エセックス大学人権センターフェロー)、山田正彦氏(元農林水産大臣、弁護士)の皆様でした。

 お申し込みは以下のお申し込み専用フォームをご利用ください。

※「IWJ設立7周年記念ファンドレイジング・トークイベント」(2017) DVDプレゼント応募受付フォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfoARVCmjmSdPfyVojaEobSMkbybRwjbiUGqmc_mFUtqkoUBQ/viewform

 7月31日の今期末までにどうかあと少しのご寄付・カンパをご検討ください!

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします。
https://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

■IWJでは現在、テキスト班の新メンバーを緊急大募集中! 事務・ハドル班、ウェブ動画班の新メンバーも引き続き募集しています!

 IWJでは現在、テキスト班の新メンバーを緊急大募集中です! 事務・ハドル班、ウェブ動画班の新メンバーも引き続き募集しています!

 報酬については事務・ハドル班、ウェブ・動画班は時給1100円からのスタートとなります。テキスト班のみは読解力・文章力のある方に来ていただきたいので、時給1200円からのスタートです。時給は、本人の能力・実績に応じて順次昇給してゆきます。

<テキスト班>
 テキスト班では現在、週5日フルタイムの勤務は難しい、兼業でライターをやりたいという方と、週5日フルタイムでしっかり働ける、という方の2タイプの人材を募集しています!

 このうち、後者の週5日フルタイムで勤務するテキスト班スタッフは、原稿の校正、入稿を夜の遅い時間帯までこなせることが前提となります。ハードな仕事ではありますが、やりがいがあるのはもちろんのこと、給与面での優遇もあります!

 知的好奇心が旺盛な方、地道に粘り強く仕事のできる方、気力・体力・機動力のある方、そして、チームワークを大事にできる方、大歓迎です!

<事務・ハドル班>
 事務・ハドル班は、中継スタッフやテキストスタッフと連携して、予定を組み立てるという、重要な役割を担っています。翌日以降の中継・配信予定と、撮影後に記事化された動画の情報を整理し、翌日の日刊ガイドでの番組表へ反映させる、IWJのコンテンツ構成の要ともなる部署です。

 ご応募の資格は第一に穏やかな性格で、明るく協調性のある方。第二にトラブルなく対外的な交渉をできるコミュニケーション能力の高い方、そして第三にPCスキルがある方です。

 なお、「ハドル」、「事務」に限らず、総務、庶務、会員管理事務等なんでも、またはいずれかに興味のある方を広く募集します。

<ウェブ・動画班>
 ウェブ・動画班では、動画の機材や技術、PC、撮影、編集に関して知識やスキルがある方、またウェブサイトの見せ方やリニューアルにアイデアやスキルのある方を募集しています。これらのいずれかに何か得意分野がある方なら、どなたでもご応募いただけます。素直に学ぶ気持ちのある方を歓迎します。

 IWJは、スタッフが複数ポジションをこなし、悪しきセクショナリズムの弊害にとらわれないよう、1970年代にヨハン・クライフが率いて活躍したオランダ代表チームの「トータルフットボールシステム」を採用しています。全員が攻撃にかかり、全員が守備にもつきます。こうした柔軟性に富む方も歓迎いたします。会社は365日稼働していても、全員が週休2日を取れるのは、ローテーションで回しているからです。チームワークは最も大事な要素です。

 皆様のお知り合いで、ネットメディアの仕事に強い興味をお持ちの方などもおられましたら、ぜひお声をかけていただければと存じます。いずれのセクションも能力と実績によって順次昇給していきますが、2ヶ月の研修期間があり、本採用に至らないこともありますので、その点ご承知おきください。

 他の仕事と兼業したい、あくまで独立業者として関わりたい等のリクエストにも柔軟に応じて、パートタイム、兼業、業務委託、外注などの働き方もあります。お迷いの方も、ぜひご応募ください!

 ご応募は、以下のフォームからお願いいたします!

※【IWJレギュラースタッフ募集フォーム】
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdbeeE8cGfuFucSge58KaR0vRQF5-uYoc52DeRCENG4u3_1mg/viewform

 また、全国各地でIWJの活動を支えていただける中継市民、及びボランティアでお力を貸してくださるという方も募集します!

※IWJボランティアスタッフ募集中
https://iwj.co.jp/info/whatsnew/post/11588

 さらに、ご自分が撮影された動画の投稿も随時受け付けています。ぜひ、ご応募ください。

 また、在宅のサマリーライターから、独自ネタで企画を持ち込み、寄稿したいという現役プロのジャーナリストやライターの方まで、投稿も随時受け付けています。投稿していただいた動画や原稿にももちろん報酬をお支払いいたします。

※お問い合わせはこちら
office@iwj.co.jp

 それでは本日も1日、よろしくお願いいたします!

IWJ編集部(岩上安身、松本聰、尾内達也、川上正晃、段田亜由美)
IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 https://iwj.co.jp/