日刊IWJガイド「<西日本豪雨取材報告>住民全員が無事避難できた愛媛・大洲市三善地区~自主防災組織が住民一人ひとりに配布していたハザードマップ『避難の際には必ず持参して』との指導も/広島市安芸区瀬野の被災者は『安倍さんは加計さんを守ってりゃええんじゃ!政府はまったくあてにしとらん』とあきれ顔/小野寺防衛相『飲酒をしながら自衛隊に災害対応の指示はしてない』と釈明するも、初動対応に疑問の声~安倍総理の代理で訪仏中のオムレツ河野外相は『王の寝室』に横たわる写真ツイートで炎上/<新記事紹介>【特別寄稿】『西日本豪雨災害は歴代自民党政権の人災だ』!/河川政策の専門家で日本初の流域治水条例をつくった嘉田由紀子・前滋賀県知事インタビュー(ジャーナリスト・横田一)/<本日の再配信>本日は午後6時より『牙をむいた活断層!熊本・大分大地震を検証!変動地形学学者 渡辺満久教授(東洋大)にIWJ記者が聞く』を、午後8時から『食い物にされる水道民営化・ダム・治水――国富を売り渡す安倍政権の水政策の裏を暴く!岩上安身による拓殖大学准教授・関良基氏インタビュー』を全編タイムリー再配信します!/7月29日(日)【IWJファンドレイジング in Hot Summer 2018】開催まで残り13日!/現在参加ゲストは6名が決定! 定員は60名ですが53名の予約が入り、残席は7名! 予約は参加予約受付フォームより、ぜひともお早めにどうぞ!」2018.7.16日号~No.2132号~


■■■ 日刊IWJガイド「<西日本豪雨取材報告>住民全員が無事避難できた愛媛・大洲市三善地区~自主防災組織が住民一人ひとりに配布していたハザードマップ「避難の際には必ず持参して」との指導も/広島市安芸区瀬野の被災者は「安倍さんは加計さんを守ってりゃええんじゃ!政府はまったくあてにしとらん」とあきれ顔/<新記事紹介>【特別寄稿】『西日本豪雨災害は歴代自民党政権の人災だ』!/河川政策の専門家で日本初の流域治水条例をつくった嘉田由紀子・前滋賀県知事インタビュー(ジャーナリスト・横田一)/<本日の再配信>午後6時『牙をむいた活断層! 熊本・大分大地震を検証!変動地形学学者 渡辺満久教授(東洋大)にIWJ記者が聞く』を、午後8時から『食い物にされる水道民営化・ダム・治水――国富を売り渡す安倍政権の水政策の裏を暴く!岩上安身による拓殖大学准教授・関良基氏インタビュー』を全編タイムリー再配信!/7月29日(日)【IWJファンドレイジング in Hot Summer 2018】開催まで残り13日! 予約は参加予約受付フォームより、ぜひともお早めにどうぞ!」2018.7.16日号~No.2132号~ ■■■
(2018.7.16 8時00分)

 おはようございます。IWJ編集部です。

 西日本や東日本を中心に広い範囲で猛暑が続いています。昨日15日は京都府福知山市と岐阜県揖斐川町で38度8分に達するなど、猛烈な暑さになりました。西日本豪雨の被害にあった地域でも熱中症で病院に搬送される人が多数出ているようです。本日もこの暑さが続くようですので、水分や塩分の補給、こまめに休息を取るなど、十分にお気をつけください。

 また、気温が上昇すると大気の状態が不安定になり、局地的な雷雨などの恐れもあります。特に今回の豪雨被害にあわれた地域では、急な河川の増水や土砂災害にもお気をつけください。

※16日も猛烈な暑さ 豪雨被災地 できるかぎりの熱中症対策を
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180715/k10011534471000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_012

★本日の日刊IWJガイドは以下の内容でお届けします!
┏━━【目次】━━━━━━━━━━━━
┠■【中継番組表】
┠■<西日本豪雨取材報告>住民全員が無事避難できた愛媛・大洲市三善地区~自主防災組織が住民一人ひとりに配布していたハザードマップ「避難の際には必ず持参して」との指導も/広島市安芸区瀬野の被災者は「安倍さんは加計さんを守ってりゃええんじゃ! 政府はまったくあてにしとらん」とあきれ顔
┠■小野寺防衛相「飲酒をしながら自衛隊に災害対応の指示はしてない」と釈明するも、初動対応に疑問の声~安倍総理の代理で訪仏中のオムレツ河野外相は「王の寝室」に横たわる写真ツイートで炎上
┠■<新記事紹介>【特別寄稿】「西日本豪雨災害は歴代自民党政権の人災だ」! 河川政策の専門家で日本初の流域治水条例をつくった嘉田由紀子・前滋賀県知事インタビュー(ジャーナリスト・横田一)
┠■<本日の再配信>本日は午後6時より「牙をむいた活断層! 熊本・大分大地震を検証!変動地形学学者 渡辺満久教授(東洋大)にIWJ記者が聞く」を、午後8時から「食い物にされる水道民営化・ダム・治水 ―― 国富を売り渡す安倍政権の水政策の裏を暴く! 岩上安身による拓殖大学准教授・関良基氏インタビュー」を全編タイムリー再配信します!
┠■<お知らせ>
┠―■ 7月29日(日)【IWJファンドレイジング in Hot Summer 2018】開催まで残り13日!
現在参加ゲストは6名が決定!定員は60名ですが53名の予約が入り、残席は7名! 予約は参加予約受付フォームより、ぜひともお早めにどうぞ!
┠―■7月末〆切までの特別企画!
今期合計3万円以上ご寄付・カンパをいただいた方全員に、感謝を込めて前回12月のファンドレイジングイベントの新作DVDをプレゼント!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2018.7.16 Mon.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【ツイキャス・エリアCh2】※時間未定「西日本豪雨被害・特派チームによる被災地レポート」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_areach2

 IWJからの特派スタッフによる、西日本豪雨被災地からのレポートを中継します。詳細は追って告知いたしますので、ご確認ください。
——————-

【Ch4】13:30~「公開勉強会 私達の生活に忍び寄る科学技術政策 ―ゲノム研究と軍事研究―」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4

 「ゲノム問題検討会議」主催、「現代技術史研究会」「まぁるい地球をみんなで守ろう分科会」共催の公開勉強会を中継します。
——————-

【タイムリー再配信 203・Ch6】18:00~「牙をむいた活断層! 熊本・大分大地震を検証! 変動地形学学者 渡辺満久教授(東洋大)にIWJ記者が聞く」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=6

 2016年6月収録の、IWJ記者による変動地形学学者・東洋大学教授 渡辺満久氏インタビューを再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/306957
——————-

【タイムリー再配信 204・IWJ_Youtube Live】20:00~「食い物にされる水道民営化・ダム・治水――国富を売り渡す安倍政権の水政策の裏を暴く! 岩上安身による拓殖大学准教授・関良基氏インタビュー」
YouTube視聴URL(冒頭以降は会員限定): https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420867
ツイキャス視聴URL(冒頭のみ): http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2017年4月収録の岩上安身による拓殖大学准教授・関良基氏インタビューを、冒頭のみフルオープン再配信、その後は会員限定で再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/375521

========

◆中継番組表◆

**2018.7.17 Tue.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【IWJ_Youtube Live】14:30~「岩上安身による変動地形学学者・東洋大学教授 渡辺満久氏インタビュー」
YouTube視聴URL(冒頭以降は会員限定): https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420867
ツイキャス視聴URL(冒頭のみ): https://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 岩上安身による変動地形学学者・東洋大学教授 渡辺満久氏インタビューを、冒頭のみフルオープン中継、その後は会員限定で中継します。
——————-

【Ch4】16:30~「財務省『森友文書』改ざん問題 野党合同ヒアリング ―内容:共産党が公表した『航空局長と理財局長との意見交換概要』ほか」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4

 財務省「森友文書」改ざん問題 野党合同ヒアリングを中継します。
——————-

【Ch2】17:00~「東京電力 定例会見」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=2

 東京電力による記者会見を中継します。※7月16日(月)が祝日のため振替開催
——————-

【Ch4】17:30~「加計学園『首相案件』問題 野党合同ヒアリング ―内容:2015年2月25日に安倍総理と加計理事長が面談したと記載された愛媛県の報告について ほか」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4

 加計学園「首相案件」問題 野党合同ヒアリングを中継します。
——————-

【Ch5】18:00~「日欧EPAに署名するな!7.17 官邸前行動」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

 「TPPプラスを許さない!全国共同行動」の呼びかけによる抗議行動を中継します。

========

◆中継番組表◆

これ以降の予定で決定しているものは、以下のカレンダーよりご覧いただけます。あわせてご確認ください。

→「配信カレンダー」 https://iwj.co.jp/channels/main/calendar.html
(あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

【特別寄稿】「西日本豪雨災害は歴代自民党政権の人災だ」! 河川政策の専門家で日本初の流域治水条例をつくった嘉田由紀子・前滋賀県知事インタビュー(ジャーナリスト・横田一)
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/427491

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■<西日本豪雨取材報告>住民全員が無事避難できた愛媛・大洲市三善地区~自主防災組織が住民一人ひとりに配布していたハザードマップ「避難の際には必ず持参して」との指導も/広島市安芸区瀬野の被災者は「安倍さんは加計さんを守ってりゃええんじゃ! 政府はまったくあてにしとらん」とあきれ顔

 昨日も西日本豪雨の現場取材をしたIWJ記者2名のビデオ報告から、その一部をご紹介します。

 まず川上記者は、愛媛県大洲市三善地区を取材。今回の豪雨では、同地区を流れる肱(ひじ)川が氾濫し、大きな被害をもたらしました。

※【西日本豪雨災害】愛媛・大洲市三善地区での取材報告(1分40秒ころから)
https://twitcasting.tv/iwj_areach4/movie/478485453

 お話をお聞きした住民の方は、ご自宅が床上1m35cmの浸水をするなど、深刻な被害を受けました。

 他方、同地区では住民の方全員が無事に避難できたとも伝えられています。その理由について、同地区の自主防災組織の本部長、副本部長に取材することができました。

 同地区では以前より、自主防衛組織の方々がハザードマップを住民一人ひとりに配布。そのハザードマップには、想定される被害の大きさ、最適な避難場所、さらには災害があった場合には誰に頼るのかなど、情報が細かく書き込めるようになっており、各々の住民にあったハザードマップが作成できる仕組になっていたとのこと。

 また、ハザードマップは二種類あり、一つは大きな地図。もう一つは手のひらに収まるサイズで、首からぶらさげる形状のもの。「避難するときに必ず持って避難するように」との指導もなされていたそうです。

 こうした取り組みが功を奏したのか、犠牲者が一人もでませんでした。他方、やはり被害は深刻。現在電気は通っていますが、飲料水の確保はいまだ困難とのこと。支援物資に関しては、三善地区に直接ではなく、大洲市の総合体育館に持ってきていただくよう担当者から話があったとのことです。

 川上記者は昨日の最終便で東京に戻りました。

 次に上杉記者は、広島市安芸区瀬野一丁目を取材しました。同地域では、瀬野川と榎ノ山(えのやま)川が合流する落合で氾濫。冠水した瀬野一丁目で、実家が被害にあった住民の方にお話をお聞きすることができました。

※【西日本豪雨災害】特派スタッフによる広島市・安芸区瀬野町での取材報告(7分30秒ころより)
https://twitcasting.tv/iwj_areach2/movie/478503736

 その方は4年前の広島市安佐北区の土砂災害で、ボランティアとして被災地に通っていた方でしたが、「他人事だった。自分が被災してみないとわからないことがある」と語っていました。

 たとえば、安芸区に住む年配の方の多くは、ボランティアが駆けつけてきても、「人にものを頼むのが申し訳ない」との遠慮があり、なかなか直接頼めないとのこと。被災地には、そういうことも含めた状況判断ができる人が必要であると痛感したとのことでした。

 また、同地域の先にある国道2号線も冠水。マスメディアは同地域ばかりを繰り返し報じたとのこと。他方、床上浸水の被害はありましたが、瀬野一丁目はマスメディアの注目度が極端に低く、ボランティアの方にもなかなか被災地として認識されなかったとのこと。「絵になる」被災地ばかりを集中して伝える、マスメディアの「集中豪雨」的な報道の偏りの弊害についても指摘していました。

 さらに、別のご家族の方に、地方自治体の災害対応についてお聞きしたところ、「『被害区域が広すぎて、手がまわらなくて本当に申し訳ない』としながらも、誠実に頑張っている。不満はない」とのことでした。やはり、大規模災害が起きた時に頼りになるのは、身近な地方の自治体のようです。

 他方、国の災害対応の遅さについては、「安倍さんは加計さんを守ってりゃええんじゃ! 政府はまったくあてにしとらん」とあきれ顔でおっしゃっていました。

 本日上杉記者は引き続き広島県内で、まだマスコミに取り上げられていないが、被害が甚大なところがあるとしてそちらを取材予定。また、明日は江田島に渡る予定です。ぜひ、IWJに取り上げてほしいという被災地区がありましたら、情報をお寄せください。

※お問い合わせフォーム
https://pro.form-mailer.jp/fms/9ac630ed27381

■小野寺防衛相「飲酒をしながら自衛隊に災害対応の指示はしてない」と釈明するも、初動対応に疑問の声~安倍総理の代理で訪仏中のオムレツ河野外相は「王の寝室」に横たわる写真ツイートで炎上

 「参加した多くの議員は『(安倍総理が差し入れた)獺祭(だっさい)と(岸田政調会長が差し入れた)賀茂鶴とどっちを飲むんだ??』と聞かれ、
一瞬戸惑いながらも、結局両方飲んでました」

 これは自民党議員・西村康稔官房副長官が2018年7月5日夜に投稿したツイート。衆院議員宿舎で行われていた「赤坂自民亭」と呼ばれる飲み会の様子です。安倍晋三総理ら閣僚や自民党役員が、グラスを片手に満面の笑みで興じる写真も添えられていました。

 他方、このツイートが投稿された8時間前の同日午後2時には、気象庁が異例の記者会見を開き、「非常に激しい雨が数日間降り続き記録的な大雨となるおそれ」があるとして、厳重警戒を呼びかけていました。

 安倍総理と岸田文雄政調会長の後ろに立ち、赤ら顔で写真に写っていた小野寺五典防衛相は、本件に関して10日の記者会見で説明。「(災害対応に関して)防衛省からは随時連絡が来ており、その都度指示を出していた」と述べ、飲み会に参加したことについて問題はなかったとの認識を示していました。

 しかしこの説明を聞いて、「飲み会で酒を飲みながら、自衛隊に指示を出していたのか?」と首を傾げた方もいらっしゃったのではないでしょうか。

 小野寺大臣は13日の会見で再び本件について触れ、飲酒をしながら自衛隊の災害対応について指示をしたことはなかったと釈明、「酒席の場で連絡を受けたり、報告をしたりしたということはない」と述べました。

 同時に「顔を出して乾杯したが、30分程度だったと思う。終会した後に連絡があり、その都度対応した」とも強調しました。

※防衛相「災害対応、支障はなかった」 赤坂自民亭問題(朝日新聞、2018年7月13日)
https://www.asahi.com/articles/ASL7F3V93L7FUTFK00P.html

 「災害対応に支障はなかった」と強弁する小野寺防衛相ですが、他方その初動対応の遅さを指摘する声も上がっています。

 東京新聞の望月衣塑子記者は12日午前に行われた菅義偉官房長官の記者会見で、「(西日本豪雨に関して)7日の関係閣僚会議の時点で、待機中の自衛隊員が21000人いた一方で、活動していた隊員は700名。自衛隊の救助を求める声が全国から寄せられる中で、(災害発生後)2日で21000人が待機中というのは,初動の対応に甘さがあったのでは?」と質しました。

 これに対して、菅長官は「全くありません」と回答。続けて望月記者が「7日の午後5時過ぎには、死者・不明者が約100人近くにのぼっていた。23府県、264万人に避難勧告が出ていた。なぜ7日の午前に多くの隊員を出動させなかったのか?」と問うと、「そこはまず防衛省に聞いてほしい」と菅長官は断った上で、「(自衛隊は)地方自治体から要望があればすぐにでも出動できる体制で2万人を確保していた」などと強弁しました。

※官房長官記者会見(2018年7月12日)
https://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201807/12_a.html

 一方、河野太郎外相はフランス革命記念日恒例の軍事パレード観覧のため、参加を取りやめた安倍総理の代わりに訪仏。7月14日に行われたパレードには,陸上自衛隊からは第32普通科連隊(さいたま市)の横山裕之連隊長ら7名が参加。国旗と自衛隊旗を掲げてシャンゼリゼ通りを仏軍とともに行進しました。

※仏革命記念日の軍事パレード、自衛隊も参加(TBS NEWS、2018年7月15日)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3421480.html

 その河野外相は自身のツイッターに、フランス外務省内にあるイギリス国王ジョージ六世の訪仏用という「王の寝室」の写真を投稿。河野外相がベッドに横たわる写真などもありました。SNS上では「まるで修学旅行気分。この大変な時期に、空気が読めないのか…」などという批判的なコメントなどとともに、拡散されています。

※河野太郎氏ツイッター(2018年7月14日)
https://twitter.com/konotarogomame/status/1018104910301327360

 河野外相は「オムレツ」と仇名されることが多いのですが、その理由はこれです、

※河野太郎氏ツイッター(2018年3月11日)
https://twitter.com/konotaromp/status/972673960998445056

 子供のようにはしゃいでコスプレしてしまうおっちょこちょいぶりは、今回も発揮されてしまったようですが、不謹慎のそしりはまぬがれません。

■<新記事紹介>【特別寄稿】「西日本豪雨災害は歴代自民党政権の人災だ」!
河川政策の専門家で日本初の流域治水条例をつくった嘉田由紀子・前滋賀県知事インタビュー(ジャーナリスト・横田一)

 西日本豪雨災害の死者が200名を超えても、カジノ実施法案で国会審議に張り付いている石井啓一国交大臣(公明党)の「売国的対応」が際立っています。

 米国益第一の下僕のような安倍総理(政権)と足並みを揃え、トランプ大統領の大口献金者でカジノ王こと「ラスベガス・サンズ」のシェルドン・アデルソン会長らが儲かる法案成立(海外カジノ業者への賭博解禁)を最優先し、日本国民の生命財産を守る本来の職務遂行を二の次にしているからです。

※【特別寄稿】嘘八百の「売国的」安倍政権が強行のカジノ法案が参院で審議入り!(ジャーナリスト・横田一) 2018.7.12
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/427186

 職務怠慢にしか見えない石井大臣が真っ先に視察、歴代自民党政権下で国交省が進めてきた河川政策の誤りを認め、方針変更を決断すべき現場があるはずです。堤防が決壊、一帯が水没して死者50人(14日段階)を出した岡山県倉敷市真備地区のことです。

 今回の豪雨災害を「歴代自民党政権の人災」と指摘するのは、日本初の流域治水条例を現職時代(2006年7月~2010年6月)につくった嘉田由紀子・前滋賀県知事です。

 ジャーナリスト横田一氏が嘉田由紀子・前滋賀県知事にインタビューし、記事にまとめました。続きはぜひ以下の記事をご一読ください。

※【特別寄稿】「西日本豪雨災害は歴代自民党政権の人災だ」!
河川政策の専門家で日本初の流域治水条例をつくった嘉田由紀子・前滋賀県知事インタビュー(ジャーナリスト・横田一) 2018.7.15
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/427491

■<本日の再配信>本日は午後6時より「牙をむいた活断層! 熊本・大分大地震を検証!変動地形学学者 渡辺満久教授(東洋大)にIWJ記者が聞く」を、午後8時から「食い物にされる水道民営化・ダム・治水――国富を売り渡す安倍政権の水政策の裏を暴く! 岩上安身による拓殖大学准教授・関良基氏インタビュー」を全編タイムリー再配信します!

 6月18日午前7時58分、大阪府北部を震源としたマグニチュード6.1、最大震度6弱の大きな地震は、死者5名、負傷者345名、家屋損壊が6351件という大きな被害を出しました。震源は有馬 ― 高槻断層帯と生駒断層帯の交差する地点でした。活断層が動くことによって起きる内陸直下型地震とプレート型の巨大地震は連動していると考える地震学者もいて、内陸直下型のこの大阪北部地震を南海トラフ大地震の前兆として警戒すべきだという意見もあります。

 明日、17日の岩上さんによる変動地形学学者・東洋大学教授 渡辺満久氏へのインタビュー直前企画として本日午後6時より、2016年6月7日に収録した「牙をむいた活断層!熊本・大分大地震を検証! 変動地形学学者 渡辺満久教授(東洋大)にIWJ記者が聞く」を再配信いたします。

―――――――
【タイムリー再配信 203・Ch6】7月16日(月)18:00~
牙をむいた活断層!熊本・大分大地震を検証!変動地形学学者 渡辺満久教授(東洋大)にIWJ記者が聞く
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=6
―――――――

 また、午後8時からは2017年4月25日に収録した「食い物にされる水道民営化・ダム・治水 ―― 国富を売り渡す安倍政権の水政策の裏を暴く! 岩上安身による拓殖大学准教授・関良基氏インタビュー」を再配信いたします。

 こちらは先日水道民営化の問題に関する部分のみに話題を絞ったエッセンス版をお送りしたばかりですが、今回の西日本豪雨による被害の取材を進める中で、「これは天災ではなく人災なのではないか」という問題がはっきりしてきたため、本日あらためてフルバージョンを再配信することにしました。拓殖大学の関良基准教授が森林学の専門家の立場からダムや河川の治水について詳しく論じています。こちらは冒頭のみフルオープン、その後は会員限定での配信となります。

―――――――
【タイムリー再配信 204・IWJ_Youtube Live】20:00~「食い物にされる水道民営化・ダム・治水 ―― 国富を売り渡す安倍政権の水政策の裏を暴く! 岩上安身による拓殖大学准教授・関良基氏インタビュー」
YouTube視聴URL(冒頭以降は会員限定): https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420867
ツイキャス視聴URL(冒頭のみ): http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi
 2017年4月収録の岩上安身による拓殖大学准教授・関良基氏インタビューを、冒頭のみフルオープン再配信、その後は会員限定で再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/375521
―――――――

■<お知らせ>

■7月29日(日)【IWJファンドレイジング in Hot Summer 2018】開催まで残り13日!
現在参加ゲストは6名が決定!定員は60名ですが53名の予約が入り、残席は7名! ご予約は参加予約受付フォームより、ぜひともお早めにどうぞ!

 皆様、いつもIWJをご支援いただきありがとうございます。

 IWJの第8期は7月末の期末まで残り15日となりました。今期いよいよラストスパートの時期です。

 しかし、先月末から7月はじめにかけて、ご寄付・カンパの足踏み状態が続いており、依然として厳しい状況です!
第8期、IWJが赤字に転落してしまうかどうかのボーダーラインまで、まだあと404万円必要です!
どうか、皆様の一層のご支援を、よろしくお願いいたします!

 なお、この収支の計算には、橋下徹元大阪府知事による岩上さんへのスラップ訴訟の裁判費用は計上していません。この裁判では、6月21日の第2回口頭弁論までに、すでに約150万円を超える費用がかかっています。この不当なスラップ訴訟に対する裁判費用にも、なにとぞご支援をお願いいたします!

 ざっくりとした計算ですが、404万円プラス150万円で、あと15日間で約554万円必要です。ぜひ、皆様にご支援をお願いしたいと思っております。

 そこで、昨年12月に引き続き、7月29日、日曜日に【IWJファンドレイジング in Hot Summer 2018】を開催いたします!

 時間は午後2時30分から午後7時30分まで。会場は以前「ロックの会」を開催していた代官山のカフェ「UNICE」で、気軽なビュッフェ形式のパーティーを予定しています。

※カフェ「UNICE」
http://unice.jp/

 このイベントは、収益をIWJの活動費にあてるため、参加費に加えて皆様からのご寄付分を上乗せした2万円を値段として設定させていただく予定です。ぜひ、IWJを応援してくださっている皆様にお集まりいただいて、岩上さんと豪華ゲストとともに今年前半を振り返りたいと思います。

 参加されるゲストは岩上さんによるインタビューでおなじみ、または直近にインタビューが予定されている先生方で、現在6名が決定しています!まだ今後追加ゲストが決まる可能性もあります。

・前川 喜平 氏(前文部科学省事務次官)

 加計学園問題をきっかけに、その名が一躍知られた前川さん。ますます独裁の度合いを強める安倍政権に対して「あったものをなかったことにはできない」と真実を貫く姿が、多くの人を勇気づけました。同時にその明晰さ、誠実な人柄のみならず、巧まざるユーモアが、さらに多くの人を魅了し続けています。

 前川さんは全国で講演会に呼ばれ、会場は常に満員、引っ張りだこです。このたび単著『面従腹背』(毎日新聞出版、https://amzn.to/2z1i086)を上梓されました。会場では御著書のサイン会もおこないます。ぜひ、ご来場いただき、直々にサイン本をゲットしてください!

※「メディアは権力を忖度し、司法権力は政治のために動いている」?加計問題の闇を告発した前川喜平・前文科事務次官に岩上安身がロングインタビュー!
「独裁国家に近づいている」と危機感! 2017.12.5
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/406799

※今の日本は「もうファシズムの玄関に来ている」!? 道徳の教科書からは「国体思想」の影もちらついている!?
岩上安身による前文科省事務次官・前川喜平氏インタビュー! 2018.2.23
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/412984

※自民党が改憲で目指す家族国家観の危険性! 「純血日本人主義」「血の共同体」がファシズム・排外主義の根拠に!? 岩上安身による
前・文科事務次官 前川喜平氏 インタビュー第3弾 2018.3.29
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/416295

※「首相案件」文書が表に! 「首相の意向があったことはもう明らか!」前川喜平氏が喝破! 〜
森友公文書改ざん・加計・「働き方改革データ」問題の真相究明! 国民のための公務員制度をめざす緊急院内シンポジウム 2018.4.10
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/417547

・上西 充子 氏(法政大学キャリアデザイン学部教授)

 「働かせホーダイ」改悪法案の問題点を、労働問題のプロの立場から指摘し、労働者の当たり前の権利を守るために日々奮闘されています。高プロ法案が可決されてしまったあと、気落ちしてしまった方々も少なくないでしょう。しかし、こうした労働者の権利にかかわる問題について、関心を薄れさせてはいけません。

 この問題に対する世間の人々の関心の高さが続けば、高プロ制度の運用にも影響を与えることとなるでしょう。また、政権交代をなしとげられれば、悪法を廃止することができるはずです! ボロボロにされた日本の労働基本権を安倍政権や竹中平蔵氏から「取り戻す!」ために。

 過労死を防ぐにはどうすればいいのでしょうか。労働者が人間らしく働き、休み、暮らすために、何を守らなくてはならないのでしょうか。上西教授と一緒に考えてみましょう。

※「過労自殺は、自ら選んだ死ではない」! 「働き方改革」は労働者の生命を守らず、財界からの要請にばかり応えている! 岩上安身による法政大学教授・上西充子氏インタビュー 2018.3.7
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/414128

※「働かせホーダイ」改悪法案強行採決!? 高プロ制度の危険性、そして加藤勝信厚労大臣による「ご飯論法」の詭弁を暴く! 5.22 岩上安身による法政大学・上西充子教授緊急インタビュー! 2018.5.22
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/422082

 また上西教授が「高度プロフェッショナル制度の立法過程の問題を世に広く知らしめよう」と呼びかけたことから、「国会パブリックビューイング」という、国会審議を街角で上映する動きも起こっています。先日ツイッターアカウントもできましたので、ぜひフォローを、そして拡散をお願いいたします!

※国会パブリックビューイング
https://twitter.com/kokkaiPV

※kokkai_publicviewing @ ウィキ
https://www65.atwiki.jp/kokkai_publicviewing/

※【上西充子さんサイン入り】大学生のためのアルバイト・就活トラブルQ&A(IWJ書店販売ページ)
https://iwj.co.jp/ec/products/detail.php?product_id=386

・立川 談四楼 氏(落語家・作家)

 噺家として庶民感覚に訴える鋭いツイートでご存知の方も多いのではないでしょうか。バリバリの「保守」「伝統派」を自認し、敬愛する故・立川談志師匠は1970年代の参議院議員時代は自民党に所属。よく議員会館へ行き、政界の中も見聞きしたそうです。

※立川談四楼氏ツィート
https://twitter.com/dgoutokuji

 そんな「保守派」の噺家が、どうしても、今の安倍政権だけは我慢がならねぇとケツをまくりました。

 立川談四楼師匠には、昨日岩上さんがインタビューをおこないました。今の日本の政治や社会が抱える様々な問題に対し、忖度なしで斬り込みました!

※「社会的弱者や困難に直面する人に共感するという感情が欠落してる」安倍政権! 「闘うには敵を知ることが大切なんだ」~7・13岩上安身による落語家立川談四楼氏インタビュー!2018.7.13
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/427330

※「そこでだ、若旦那!」(シンコーミュージック)
https://amzn.to/2z7nOg4

・田代 秀敏 氏(シグマ・キャピタル株式会社チーフ・エコノミスト)

 6月18日に、岩上さんによるインタビューに初登場。7月1日の続編では、アベノミクスの副作用や日本の債務超過について明快な解説をしていただき、10時間にも及ぶ超ロングインタビューとなりました。ご専門の経済以外についても驚くべき博識、話題の豊富さで、疲れも見せず何を聞いてもわかりやすく答えてくださる田代氏には、インタビューを終えた岩上さんも驚いていました。今後も、きっとIWJにたびたびご登場いただけることと思います。

 田代氏サイン入りのご著書『アベノミクスが引き金になる日本国債暴落のシナリオ』(KADOKAWA/中経出版、https://amzn.to/2MAuy8i)は、あっという間に売り切れてしまったため、再入荷いたしました。新たに入荷した『中国経済の真相』(KADOKAWA/中経出版、https://amzn.to/2tVPVck)とあわせ、ぜひIWJ書店でお早めにお求めください。

 アベノミクスのすべてであるといっても過言ではない異次元金融緩和は、2%の物価上昇という目標を達成できず、無残な失敗に終わり、日銀はデフレ脱却もできずに「出口」を探し始めています。そのために日銀が抱え込んだ国債は、今や爆弾と化しており、金利が上昇すればデフォルトの危機に陥りかねません。

 誰もまともに警鐘を鳴らそうとしないこの静かな危機の根底に横たわるのは人口動態の危機であり、人口や環境を「外部性」として処理してしまう、誤った主流派経済学の危機であるという点で、岩上さんと意見が一致していました。

 ぜひ、会場に足を運び、生のスピーチをお聞きください。

※異次元金融緩和の重大かつ深刻な弊害! 出口を模索しようにもわずかな金利上昇で日本経済は大混乱!? アベノミクスの無残な最期! 〜6.18岩上安身によるエコノミスト田代秀敏氏インタビュー 2018.6.18
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/424996

・青木 正美 氏(関西学院大学災害復興制度研究所客員研究員・青木クリニック院長)

 医師であると同時に、自然災害の研究者として、地震や津波、原発の問題にも造詣が深い方であることはご存知の方も多いでしょう。大阪北部地震は南海トラフ巨大地震の前兆なのでしょうか。南海トラフ巨大地震が発生したとき、原発はどうなってしまうのでしょうか。地震学者がものを言えない中、門外漢として歯に衣着せぬお話をしてくれることとなりそうです。青木先生には7月10日、岩上さんがインタビューをおこないました。

※西日本では豪雨災害に大阪北部で震度6、千葉でも震度5弱の地震!南海トラフ大地震が起きたら原発はどうなる!?~7.10岩上安身による関大災害復興制度研究所客員研究員・青木正美氏インタビュー 2018.7.10
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/426933

※【再掲】日本最大の活断層「中央構造線」が動いた!? 「南海トラフ地震」まで残り時間は30年? 関西学院大学災害復興制度研究所客員研究員・青木正美氏が第49回ロックの会で緊急警告! 2016.4.15
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/296858

※甲状腺がん子ども基金と連帯! 「一人でも多くの医者が関わるべき」青木正美・前田佳子・牛山元美日本女医会3氏が岩上安身のインタビューで県民健康調査の縮小に異議! 「県外でも調査を」 2017.9.5
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/397414

・安田 節子 氏(食政策センター・ビジョン21代表・「日本の種子を守る会」常任幹事)

 遺伝子組み換え食品や食糧安全問題の専門家で、種子法廃止を1ヶ月半後に控えた今年2月12日、岩上さんがインタビューしました。安田氏は日本消費者連盟で、反原発運動や食の安全と食糧農業問題を担当され、現在は「食政策センター・ビジョン21」代表として、食の安全にかかわる分野で長く活動を続けられており、TPPや種子法廃止の問題にも反対の声をあげています。

※種子法廃止を決めた規制改革推進会議は「外資の要求受け入れ窓口」!? 米国のTPP復帰はどうなる!? 岩上安身による食政策センター・ビジョン21代表・安田節子氏インタビュー 2018.2.12
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/412020

 当日は、各ゲストのサイン入りご著書の即売会も開催します!

 開催まで残り13日! 参加予約受付フォームをオープンしましたので、皆様のご参加をお待ちしております! ご応募は以下のURLよりお願いいたします!
定員は60名ですが、昨夜7時半の時点で53名の方が申し込みされており、残席は7名となっております。ご予約はぜひとも、お早めにどうぞ!

※【IWJ ファンドレイジング in Hot Summer 2018】ご予約受付フォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfAS1qty6t3dkIysg_p5kmYIAP6gx043fCzcq8mp4GzDkohdA/viewform?usp=sf_link

 IWJが第9期を無事に迎えられますよう、何とぞ緊急のご支援をよろしくお願い申し上げます。

■7月末〆切までの特別企画! 今期合計3万円以上ご寄付・カンパをいただいた方全員に、感謝を込めて前回12月のファンドレイジングイベントの新作DVDをプレゼント!

 特別企画として、IWJの第8期、昨年8月1日から今年7月31日までの1年間に合計3万円以上のご寄付・カンパをしてくださった方全員に、感謝の思いを込めて、前回12月23日におこなった「長州レジームをぶっ飛ばせ!
アベ政治から日本に正気と民主主義を取り戻す! ―― IWJ創設7周年ファンドレイジング・トークイベント」の新作DVDをプレゼントいたします。

 こちらのDVDにはお好きなゲスト1名を選んでいただき、岩上さんとともにサインを入れていただきます!こちらは7月末が〆切となっています! 期末までに、ぜひもう少しのご支援をよろしくお願いします!

 前回のゲストは、山本太郎氏(自由党共同代表、参議院議員)、伊勢崎賢治氏(東京外国語大学教授、ジャズトランペッター)、関良基氏(『赤松小三郎ともう一つの明治維新 テロに葬られた立憲主義の夢』著者、拓殖大学政経学部准教授)、黒川敦彦氏(「今治加計獣医学部問題を考える会」共同代表、衆院選山口4区元立候補者)、植草一秀氏(政治経済学者)、望月衣塑子氏(東京新聞記者)、古賀茂明氏(元経産官僚)、浅野健一氏(元共同通信記者・アカデミック・ジャーナリスト)、伊波洋一氏(参議院議員)、藤田早苗氏(英エセックス大学人権センターフェロー)、山田正彦氏(元農林水産大臣、弁護士)の皆様でした。

 お申し込みは以下のお申し込み専用フォームをご利用ください。

※「IWJ設立7周年記念ファンドレイジング・トークイベント」(2017) DVDプレゼント応募受付フォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfoARVCmjmSdPfyVojaEobSMkbybRwjbiUGqmc_mFUtqkoUBQ/viewform

 7月31日の今期末までにどうかあと少しのご寄付・カンパをご検討ください!

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします。
https://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 それでは本日も1日、よろしくお願いいたします!

IWJ編集部(岩上安身、城石裕幸、段田亜由美)
IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 https://iwj.co.jp/