日刊IWJガイド「<お知らせ>7月29日【IWJファンドレイジング in Hot Summer 2018】開催を決定!参加ゲストも5名決定!参加予約受付フォームをオープンしました!皆様のご参加をお待ちしています!/第8期も7月末の期末まで残り1ヶ月と1日。まだまだIWJの財政はピンチです!赤字に転落してしまうかどうかのボーダーラインまで、まだあと550万円必要です!なにとぞ期末のご支援をよろしくお願いいたします!/国民民主党に『裏切り』のDNA!? 民進党崩壊の『A級戦犯』前原議員の参加で、不参加者相次ぐ! 設立当初から野党共闘に水を差し、高プロ審議最終盤で与党側に同調!? /他」2018.6.30日号~No.2116号~


■■■ 日刊IWJガイド「<お知らせ>7月29日【IWJファンドレイジング in Hot Summer 2018】開催を決定!参加ゲストも5名決定!参加予約受付フォームをオープンしました!皆様のご参加をお待ちしています!/第8期も7月末の期末まで残り1ヶ月と1日。まだまだIWJの財政はピンチです!赤字に転落してしまうかどうかのボーダーラインまで、まだあと550万円必要です!なにとぞ期末のご支援をよろしくお願いいたします!/国民民主党に『裏切り』のDNA!? 民進党崩壊の『A級戦犯』前原議員の参加で、不参加者相次ぐ! 設立当初から野党共闘に水を差し、高プロ審議最終盤で与党側に同調!? /他」2018.6.30日号~No.2116号~ ■■■
(2018.6.30 8時00分)

 おはようございます。IWJ編集部です。

 28日(日本時間)におこなわれたサッカー・ワールドカップの日本代表対ポーランド代表戦。日本は1対0で試合に敗れはしましたが、2大会ぶり3度目の決勝トーナメント出場を果たし、16強入りを達成しました。

 もっとも、今大会での日本代表の16強入りは、非常に厳しい批判を伴っています。

 日本とセネガル代表は、グループステージ2試合を終えてともに勝ち点4。さらに、得失点差も得点数も並んでいたため、日本とセネガルの両チームとも0対1で敗れた場合は、フェアプレイポイント(警告数)の差で決まります。最終戦を迎えるまでの警告数は、日本が3、セネガルが5でした。

※【サッカーW杯】日本の決勝T進出、「あぜんとする茶番」とBBCで酷評相次ぐ(BBC、2018年6月29日)
http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-44652265

 他会場でおこなわれていたコロンビア代表対セネガル戦の結果(コロンビアが1対0で勝利)が出ていなかったものの、 日本は試合時間残り10分ごろから、リスクを冒さずピッチ中央から自陣にかけてのエリアでパス回しに徹し、ゴールを狙いに行く姿勢をまったくと言っていいほど見せなくなりました。会場は激しいブーイングにつつまれました。結果は日本もセネガルも0対1で敗れたため、フェアプレイポイント差で日本がグループHを2位で突破することとなりました。

 こうした日本の戦術に対して当然ながら厳しい評価が下されました。BBCの解説者は、「日本にぼろ負けしてほしい」と語り、憤りを隠さなかったといいます。

 試合後、日本の西野朗監督は「厳しい選択」などと話しています。あの時点でボールをキープし続ける選択が一定の合理性のある選択であったことは理解できますが、この戦術は、日本代表を信頼した選択ではなく、セネガルと対戦したコロンビア代表が守り抜くことを信頼した選択と言わざるを得ません。万が一、インジュアリータイムに入ってからでも、セネガルが1点を取り返してドローとなっていたら、予選通過はコロンビアとセネガルになっていたはずです。合理的に逃げをはかったというより、薄氷のギャンブルだったというべきでしょう。本来ならば、日本は1点を取り返すために果敢に攻めるべきだったはずです。

 フェアプレイポイント差で決勝トーナメント出場を果たした日本ですが、本当に「フェアプレイ」の結果勝ち進めたといえるのか、大きな疑問符がつきましたが、コロンビアが1点を守り抜く方に賭けるギャンブルに勝った。この点だけは認めざるを得ません。西野監督の「ツキ」がいつまで続くのか、次の強豪ベルギー代表相手の試合の見どころは、その一点にしぼられるような気がします。

★本日の日刊IWJガイドは以下の内容でお届けします!
┏━━【目次】━━━━━━━━━━━━
┠■【中継番組表】
┠■<お知らせ>7月29日【IWJファンドレイジング in Hot Summer 2018】開催を決定!参加ゲストも5名決定!参加予約受付フォームをオープンしました!皆様のご参加をお待ちしています!/第8期も7月末の期末まで残り1ヶ月と1日。月末になって、ご寄付・カンパもやや低調気味で、まだまだIWJの財政はピンチです!月末になって、赤字に転落してしまうかどうかのボーダーラインまで、まだあと550万円必要です!なにとぞ期末のご支援をよろしくお願いいたします!
┠■国民民主党に「裏切り」のDNA!? 民進党崩壊の「A級戦犯」前原議員の参加で、不参加者相次ぐ! 設立当初から野党共闘に水を差し、高プロ審議最終盤で与党側に寝返って同調!!
┠■参議院本会議でTPP関連法案が可決!日本国民を苦しめる法案がかくも容易に成立する理由とは!?
┠■ 外務省が、北朝鮮専門の担当部署を新設! 金正恩委員長「なぜ日本は直接言ってこないのか」!? 外交ルートを通じた「抗議」は、北朝鮮大使館にFAXするだけというお粗末な対北朝鮮外交の実態
┠■本日、メルマガ「岩上安身のIWJ特報!」を発行します! 6月号は「『市民レベルの追及はやり尽くした』 財務省強制捜査と昭恵総理夫人の証人喚問を! 岩上安身による木村真・豊中市議インタビュー」前編(その1からその5)です!
┠■<お知らせ>【IWJグッズ】限定商品・IWJロゴ入りひょうたんランプがついに最後の1点となりました! 希少かつ、素敵な作品ですので、ぜひIWJグッズのサイトにてお買い求めください!
┠■IWJでは現在、テキスト班の新メンバーを緊急大募集中!事務・ハドル班、ウェブ動画班の新メンバーも引き続き募集しています!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2018.6.30 Sat.**

 あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【ツイキャス・エリアCh1・大阪】14:00~「『10・8山﨑博昭プロジェクト』主催 ~関西集会・シンポジウム『つたえたい、この思い~あのとき目指した反戦・平和とは何だったのか』」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_areach1
 
 登壇者は、三浦俊一氏(釜ヶ崎日雇労働組合 副委員長)、大野光明氏(滋賀県立大学准教授、歴史社会学・社会運動研究)、司会は辻恵氏(弁護士、元衆議院議員)。
——————-

【録画配信・IWJ_KYOTO1】19:00~「『立て看文化を愛する市民の会』による京都大学 山極壽一総長と京都大学理事会宛の要請書提出行動、提出後の記者会見」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=kyoto1

 5月31日収録。「立て看文化を愛する市民の会」による要請書提出行動と、提出後京都大学記者クラブにておこなわれた記者会見を録画配信します。
——————-

【タイムリー再配信 189・IWJ_Youtube Live】20:00~「原発を抱えたままの日本でいいのか!? 迫る直下型地震、原発が北朝鮮のミサイル標的になる恐怖!『原発はすぐに止めなければ』~ノンフィクション作家・広瀬隆氏インタビュー(ダイジェスト後編)」
YouTube視聴URL(冒頭以降は会員限定): https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420867
ツイキャス視聴URL(冒頭のみ): https://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2017年10月収録の、岩上安身によるノンフィクション作家・広瀬隆氏インタビューを、冒頭のみフルオープン再配信、その後は会員限定で再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/402416

========

◆中継番組表◆

**2018.7.1 Sun.**

 あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【ツイキャス・エリアCh2・大阪】14:00~「ミナセン大阪 梅田街宣」
視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_areach2

 「ミナセン大阪」主催でおこなわれる街頭宣伝を中継します。
——————-

【IWJ_Youtube Live】14:00~「スクープ! 日銀が発表した英語論文の謎アベノミクス・黒田バズーカによる副作用の責任を逃れようと裏で金融緩和の出口を模索!?~岩上安身によるエコノミスト・田代秀敏氏インタビュー第2弾」
YouTube視聴URL(冒頭以降は会員限定): https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420867
ツイキャス視聴URL(冒頭のみ): https://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 岩上安身によるエコノミスト・田代秀敏氏インタビューを、冒頭のみフルオープン中継、その後は会員限定で中継します。
——————

【録画配信・IWJ_KANAGAWA1】18:00~「元文部科学事務次官 前川喜平さんとともに考える!! ~秦野からまっとうな政治を取り戻す集い~」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=kanagawa1

 6月28日収録。ラーメン屋「なんつッ亭」店主の古谷一郎氏が代表を務める政治団体「秦野から未来を創る会」主催により開催された、元文部科学事務次官 前川喜平氏講演会を録画配信します。

========

◆中継番組表◆

これ以降の予定で決定しているものは、以下のカレンダーよりご覧いただけます。あわせてご確認ください。

→「配信カレンダー」 https://iwj.co.jp/channels/main/calendar.html
(あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

環境省、福島県飯舘村関係者にIWJが取材!除染土を農地に再利用!? 実証事業という名の最終処分! 事故以来放置されていた飯舘村長泥地区が狙われた!?(前編)
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/425976

【第375-379号】岩上安身のIWJ特報!「メディアは権力を忖度し、司法権力は政治のために動いている」〜加計問題の闇を告発した前川喜平・前文科事務次官に岩上安身がロングインタビュー!「独裁国家に近づいている」と危機感!(後編)
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/423624

元ツイートの真実性立証のため弁護団が証拠提出!原告からは「スラップ訴訟と主張すること自体が新たな名誉毀損」という驚くべき反論!〜橋下徹氏によるスラップ訴訟・第二回口頭弁論
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/425270

米国製制御盤不具合で行程遅れ!?福一原発3号機燃料取り出しクレーン制御盤に設定ミス!「業者の瑕疵は明らか!?」の指摘に「言及できる状況にない」~6.28「中長期ロードマップの進捗状況」に関する記者会見
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/425861

幕末に水戸学が生み出したマジカルワード「国体」! 日本史の中の天皇制 時の権力は天皇をどのように利用してきたのか!? 岩上安身による書籍編集者・前高文研代表梅田正己氏 インタビュー(第二弾)
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/425857

◆昨日テキストアップした記事はこちらです◆

「脱亜入欧」のスローガンのもとでの朝鮮侵略と植民地支配が朝鮮人虐殺を生み出した! 山田朗 明治大学教授が 「明治150年」の歴史認識を問う! 〜 6.16講演「明治150年」と関東大震災
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/424796

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■<お知らせ>7月29日【IWJファンドレイジング in Hot Summer 2018】開催を決定!参加ゲストも5名決定!参加予約受付フォームをオープンしました!皆様のご参加をお待ちしています!/第8期も7月末の期末まで残り1ヶ月と1日。月末になって、ご寄付・カンパもやや低調気味で、まだまだIWJの財政はピンチです!月末になって、赤字に転落してしまうかどうかのボーダーラインまで、まだあと550万円必要です!なにとぞ期末のご支援をよろしくお願いいたします!

 皆様、いつもIWJをご支援いただきありがとうございます。

 IWJの第8期は7月末の期末まで残り1ヶ月と1日となりました。今期も多くの皆様から、会費・ご寄付・カンパによって支えていただいています。本当にありがとうございます!

 しかし、月末になってご寄付・カンパがやや低調気味です。どうか、皆様の一層のご支援のほど、よろしくお願いいたします!

 IWJの活動運営費は、現在、約半分が会員の皆様からの会費によって支えられています。そして、残りの半分はご寄付・カンパが頼りです。

 7月末の期末まで、残り1ヶ月と1日。今期、IWJが赤字に転落してしまうかどうかのボーダーラインまで、まだあと550万円必要です! なお、この収支の計算には、橋下徹元大阪府知事による岩上さんへのスラップ訴訟の裁判関係の費用は計上していません。この裁判では、6月21日の第2回口頭弁論までに、すでに150万円を超える費用がかかっています。この不当なスラップ訴訟に対する応訴にも、なにとぞご支援をお願いいたします!

 ざっくりとした計算ですが、550万円プラス150万円で約700万円必要で、ご支援をお願いしたいと思っており、そこで、昨年12月に引き続き、7月29日に【IWJファンドレイジング in Hot Summer 2018】を開催することを決定いたしました!

 時間は午後2時30分から午後7時30分まで。会場は以前「ロックの会」を開催していた代官山のカフェ「UNICE」で、気軽なビュッフェ形式のパーティーを予定しています。

※カフェ「UNICE」
http://unice.jp/

 このイベントは、収益をIWJの活動費にあてるため、参加費に加えて皆様からのご寄付分を上乗せした2万円を値段として設定させていただく予定です。ぜひ、IWJを応援してくださっている皆様にお集まりいただいて、岩上さんと豪華ゲストとともに今年前半を振り返りたいと思います。

 現在決まっているゲストは、岩上さんによるインタビューでおなじみ、または直近に予定されている、次の5名の先生方です。まだ今後追加ゲストが決まる可能性もあります!

・前川 喜平 氏(前文部科学省事務次官)

 加計学園問題をきっかけに、多くの方がご存知かと思います。教育行政のみならず、憲法、少数者の権利に関することなど幅広い知識をお持ちの前川氏から、当日はどんな話題が飛び出してくるのでしょうか。

・上西 充子 氏 (法政大学キャリアデザイン学部教授)

 「働かせホーダイ」改悪法案の問題点を、まさにプロフェッショナルな立場から指摘し、労働者の当たり前の権利を守るために日々奮闘されています。過労死を防ぐにはどうすればいいのでしょうか、労働者が人間として人間らしく働くにはどうすればいいのでしょうか。必見の講演となること間違いなしです。

・立川 談四楼 氏(落語家・作家)

 噺家として生活感覚に訴える鋭いツイートでご存知の方も多いのではないでしょうか。立川氏には、7月13日に岩上さんがインタビューおこなう予定です。今の日本の政治や社会が抱える様々な問題に対し、忖度なしで斬り込みます!

・田代 秀敏 氏 (シグマ・キャピタル株式会社チーフ・エコノミスト)

 岩上さんによるインタビュー初登場で、アベノミクスの副作用や日本の債務超過について明快な解説をしていただきました。田代氏サイン入りのご著書『アベノミクスが引き金になる日本国債暴落のシナリオ』は、あっという間に売り切れてしまいました!7月1日には、岩上さんによる田代氏インタビュー第2弾も予定しています。

・青木 正美 氏 (関西学院大学災害復興制度研究所客員研究員・銀座青木クリニック院長)

 医者であると同時に、地震にも造詣が深い方であることはご存知の方も多いでしょう。大阪北部地震は南海トラフ巨大地震の前兆なのでしょうか。南海トラフ巨大地震が発生したとき、原発はどうなってしまうのでしょうか。歯に衣着せぬ講演となることでしょう。

 当日は、各ゲストのサイン入りご著書の即売会も開催します!

 参加予約受付フォームをオープンしましたので、皆様のご参加をお待ちしております!ご応募は以下のURLよりお願いいたします!

※【IWJ ファンドレイジング in Hot Summer 2018】ご予約受付フォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfAS1qty6t3dkIysg_p5kmYIAP6gx043fCzcq8mp4GzDkohdA/viewform?usp=sf_link

 IWJが第9期を無事に迎えられますよう、何とぞ緊急のご支援をよろしくお願い申し上げます。

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします。
https://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 連日の緊急ご支援の呼びかけに、多くの皆様からご寄付・カンパとともにあたたかいメッセージが寄せられています。本日もその中からいくつかをご紹介させていただきます。

============================
 貴重な情報をいつもありがとうございます。新聞やテレビを見て「これは何なのだろう」と思う点がiwjのおかげでわかることが多く感謝しています。政治に関心のない友たちもいろいろ口にするようになってきました。iwjのみなさまの頑張りが庶民を気づかせる力になっていると思います。大変だと思いますが少しでも多く休息をとってこれからも続けて下さい。応援しています。(匿名希望)

 スタッフの皆様、岩上さん、毎日お疲れ様です。昨日\5000カンパしましたので、どうぞお役立て下さい。IWJのニュースに毎日助けられています。情報・知識というのは本当に命綱だなと、子宮頚がんワクチンの記事を読んで思いました。日本の未来に希望が見出せないのですが、それでも子供達には何とか良い社会にしなければならないなと思っています。(匿名希望)

 経営ピンチの報を見て「追加支援」(笑)!(匿名希望)

 貴社のお仕事が必要だと思い、SOSがあったので、少しですが。(山本 裕子様)

 いつも貴重な情報を提供していただきありがとうございます。iwjが潰れたら大変だと思い気持ち程度ですがカンパさせていただきました。(匿名希望)
============================

 皆様、ありがとうございます! 皆様からの応援メッセージに、岩上さんもスタッフ一同も大変励まされています! これからもどうぞよろしくお願い致します!

 IWJの活動は、会員の皆様のこの会費によって支えられています。

 まだ会員でない方は、この機会にぜひIWJ会員へのご登録をお願いいたします!

 一般会員の皆様はどうかサポート会員への切り替えのご検討をぜひお願いいたします!

 また、一度有料会員に登録したものの、なんらかのご事情で休眠会員となってしまった皆様、どうか再開をご検討ください!

 IWJの有料会員制度は1ヶ月1000円、支払いをまとめてお得な1年1万円の一般会員と、1ヶ月3000円、まとめてお得な年3万円からのサポート会員の2種類です。会費は、クレジットカード、銀行振込(ゆうちょ銀行を含む)でお支払いいただけます。

※IWJ会員のご案内はこちらにあります。ぜひご検討ください。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

■国民民主党に「裏切り」のDNA!? 民進党崩壊の「A級戦犯」前原議員の参加で、不参加者相次ぐ! 設立当初から野党共闘に水を差し、高プロ審議最終盤で与党側に寝返って同調!!

 安倍晋三政権が今国会の最重要法案と位置づける、「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」を含む「働かせホーダイ」改悪関連法案が6月29日の参院本会議で、与党などの賛成多数で可決・成立してしまいました。

※働き方改革法が成立 参院本会議 TPP関連法も(朝日新聞、2018年6月29日)
https://digital.asahi.com/articles/ASL6Y32Z2L6YUTFK007.html

 本会議に先立つ6月28日の厚生労働委員会では、立憲民主党が同法案の採決を阻止するため、日本共産党、希望の会(自由党・社民党)と共同で、島村大・厚労委員長(自民党)の解任決議案を提出しました。しかし、国民民主党はこの動きに同調せず、参院議院運営委員会でその扱いを協議。本会議に諮らないことを決めました。

 その後、厚労委員会が再開され、同法案は可決されました。

 法案可決後、国民民主党が与党などと共同で提出した、高プロの運用など47項目の付帯決議が議決されましたが、付帯決議は法文そのものではありませんから、あくまで「高プロを運用する際にはこうしてください」というような「願い」に過ぎず、何の歯止めにもなりません。

 国民民主党の大塚耕平・玉木雄一郎両共同代表は28日夕方、街頭演説に立って与党を批判する「ポーズ」を見せましたが、それを聞いていた市民は、両代表を厳しく批判。さらに、高プロをはじめとする「働かせホーダイ」改悪法案の危険性を訴え続けている上西充子・法政大学教授は、昨日29日に次のようにツイートしています。

 「立憲・社民・共産と共同歩調を取らず、委員長解任動議に賛成せず、昨日のうちの採決に同意したのは国民民主党だ。その判断に同意できない市民がボードをもって街宣時に抗議をした。ボードを持つ人とは別に、ヤジを飛ばす人もいた。それに対し、玉木代表は『野党を分断してはならない』と語った」

※上西充子教授ツイート
https://twitter.com/mu0283/status/1012486848562675712

 また、上西教授は昨日29日、次のようなツイートもしています。

 「29日朝刊各紙。野党が足並みをそろえて委員長の解任決議案を共同提出し、採決が1日伸びれば、トップニュースはこうではなかった。日経と産経は、働き方改革法案の記事は、一面はインデックスのみ」

※上西充子教授ツイート
https://twitter.com/mu0283/status/1012476254212087808

 「働かせホーダイ」改悪法案が厚労委で採決された28日は、サッカー・ワールドカップの日本代表対ポーランド代表の試合がおこなわれた日です。翌29日の朝刊各氏1面は、日本代表がワールドカップで決勝トーナメントに進出した話題であふれていました。

 労働者の当たり前の権利を守るために奮闘してきた上西教授には、7月29日開催の「IWJファンドレイジング in Hot Summer 2018」にもご参加いただきます。ぜひ、生の上西教授から、貴重なお話をうかがってください!

※【IWJ ファンドレイジング in Hot Summer 2018】ご予約受付フォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfAS1qty6t3dkIysg_p5kmYIAP6gx043fCzcq8mp4GzDkohdA/viewform?usp=sf_link

 昨日29日におこなわれた、連合(日本労働組合総連合会)主催の「働き方改革関連法案成立を受けた6.29一斉緊急街宣行動」では、立憲民主党の福山哲郎幹事長と国民民主党の古川元久幹事長が弁士として演説する予定でしたが、急遽、両者の演説が取りやめとなりました。

 古川幹事長が演説することは、国民民主党公式ホームページの「お知らせ」ページで告知していました。しかし、予定変更で街宣不参加となっただけでなく、なぜか「お知らせ」ページからは、古川幹事長が街宣に参加するという告知そのものが削除されていたのです。

 一方、立憲民主党も、街宣前日に福山幹事長が演説する旨をプレスリリースとして流していましたが、街宣が始まる直前に 「政党弁士の演説がなくなりましたので福山幹事長は欠席となりました」と急遽、欠席する旨がプレスリリースで伝えられました。

 両政党の演説が、急遽取りやめとなっているのは不自然です。国民民主党が、28日に採決に応じたことが関係しているのでしょうか。

 IWJは昨日29日の緊急街宣を中継しました。街宣の録画は現在アップ作業中ですので、録画がアーカイブにアップされるまでもうしばらくお待ちください。

 国民民主党のこうした「裏切り」とも言える振る舞いは、結党時から予想されたものでした。

 同党は2018年5月7日、希望の党が分党する形で民進党に合流して誕生しました。合流前に、前原誠司衆院議員が参加の意向を示した一方で、不参加を表明する両党の議員が相次ぎました。また、大塚・玉木両共同代表からは、野党共闘に水を差すような発言が相次いでいました。

※国民民主党 こんな時に合流、何のため? 不参加続々(毎日新聞、2018年4月27日)
https://mainichi.jp/articles/20180428/k00/00m/010/156000c

※早くも不興買う 「国民民主党」両代表発言が野党共闘に水(日刊ゲンダイ、2018年5月7日)
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/228537/2 

 前原議員といえば、民進党代表時代の2017年9月、立ち上げたばかりの希望の党の代表におさまった小池百合子都知事と連合・神津里季生(りきお)会長とともに、民進党を崩壊させた「A級戦犯」です。

 衆院解散を2日後に控えた9月26日、この三者が都内で極秘に会合したと伝えられています。ここで神津会長と連合が期待したのは、民進党と希望の党の合流による野党勢力の拡大でした。しかし、小池都知事が政策が一致しない場合は「排除する」と宣言し、結果、民進党は立憲民主党、希望の党、民進党に分裂することになりました。

※小池・前原両氏、打算と誤算の悪循環(日本経済新聞、2017年10月3日)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO21809310S7A001C1EA2000/

※希望の党「ニセ排除リスト」は官邸が流した?小池・前原両氏の「深夜の密談」をセッティングした当事者が「『排除発言』は私が進言した」と真相を激白!NO BORDER・上杉隆代表インタビュー 2017.12.4
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/406760

 思い出すのは、2011年9月に、ウィキリークスが明らかにした外交公電です。当時の前原国交相とカート・キャンベル米国務次官補らの会談内容を記したその米外交公電には、前原議員が「小沢一郎は相手によって発言を変えるから気をつけろ」など、当時の民主党政権の内実を、実名入りで米国側に詳細に伝える「裏切り者」の姿が浮き彫りとなっています。

※「王様は裸だ」と君は指摘する(できる)だろうか?―ネットメディア・市民ジャーナリズムの可能性、あるいは耐えがたい認知的不協和について~『「今を伝える」ということ』岩上安身講演続編 2015.12.20
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/279798

※Maehara cautioned that Ozawa can tailor his comments to suit those with whom he meets.(ウィキリークス、2010年2月8日付)
https://wikileaks.org/plusd/cables/10TOKYO247_a.html

 また、岩上さんは、2011年8月に行われた前原誠司議員の講演会を取材しました。前原議員は鳩山政権時代、国土交通相に任命された時に「面従腹背だった」と、堂々と語ったといいます。

 この模様はIWJ特報で報じていますので、是非、そちらを御覧ください。

※↓こちらの2011年8月の号で報じています。
https://www.mag2.com/archives/0001334810/2011/

  こんな人物が所属しているのを見れば、国民民主党が信頼に値する政党でないと言わざるを得ません。昨日の「日刊IWJガイド」では、自民党で継承されている女性蔑視の「おっさん」DNAを指摘しましたが、国民民主党には前原氏の「裏切り」のDNAが受け継がれていると言わざるを得ません。

※二階幹事長「子どもを産まないほうが幸せ、は自分勝手」!? 安倍総理夫妻にも子供がいないのに!? 日本には、食べるのに困る家はない!? 高プロの働き方では、結婚も出産も土台無理だ! 自民党に女性蔑視の「おっさん」DNA!!(日刊IWJガイド、2018年6月28日)
https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/37060

 新党立ち上げにともなう高揚感がさっぱり感じられなかった同党は、その後も支持率は1%を下回り、次回選挙で消滅の危機にあります。

※【図解・政治】政党支持率の推移(時事ドットコム、2018年6月15日)
https://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_pol_politics-support-politicalparty

※国民民主党62人で結党! 離党者続出で4割不参加! 玉木雄一郎・共同代表「厳しい道程の第一歩」 大塚耕平・共同代表「政権交代を目指す」~国民民主党5.7設立大会と共同代表による記者会見 2018.5.7
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420202

 山井和則議員、柚木道義議員なども国民民主党で、彼らのような議員は離党しないのか、という声もあがっています。

※元TBS記者・山口敬之氏の準強姦疑惑・逮捕状執行停止問題を国会で果敢に追及! 執行停止の背景には何が!? 岩上安身による希望の党・柚木道義衆議院議員インタビュー 2017.12.14
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/407608

■参議院本会議でTPP関連法案が可決!日本国民を苦しめる法案がかくも容易に成立する理由とは!?

 米国を除く11カ国が署名した環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の関連法が29日、参義院本会議で自民、公明両与党と維新などの賛成多数により可決、成立しました。国内手続きが終わった国は、これでメキシコに続き2ヶ国目となりました。他の批准国の手続き状況によっては年内に発効する可能性があります。

※TPP関連法 成立 2カ国目 年内にも発効(毎日新聞、2018年6月29日)
https://mainichi.jp/articles/20180629/dde/007/020/026000c

 本会議でTPP11関連法案に真っ向から反対したのは共産党の田村智子参院議員でした。このままでは、TPP11で日本が譲歩した内容に上乗せされて、日米二国間の枠組みで畜産品などの輸入枠が設定されてしまうことを、田村議員は危惧しています。これでは国内の農業は丸裸で激しい競争にさらさられ、滅びてしまいます。

 さらに、田村議員は、「TPP11発効による関税の撤廃の影響が出ないように機械化、大規模化を進めるから問題ない」などという政府側の主張が、いかに無責任であるのか明快に指摘しています。いたずらに設備投資を煽る政府の姿勢は、農家の苦しい経済状況を理解していないものと言わざるを得ません。

 普通の政府は、影響がこれだけ発生するから、そのための対策をとる、と言うはずです。しかし、安倍政権は「影響が出ないように対策するから影響はない」というような詭弁でやり過ごそうとしています。

 IWJではTPP11や日米FTA自体の問題点を指摘するとともに、なぜ日本の農産物の安全や食料自給率の向上を顧みない政策が推進されるのか、その決定過程にもメスを入れるべく、東京大学大学院農学生命科学研究科の鈴木宣弘教授に岩上さんがインタビューを重ねてきました。あの「日米合同委員会」も、日本の農業の解体に深く関わっている事実も明らかにしています。ぜひ、以下のURLから驚愕の事実をご確認ください。

※「食料は武器、標的は日本」TPP11、日米FTA、日欧EPAで日本農業は壊滅!安倍政権に貿易政策は任せられない!~6.11岩上安身による東京大学大学院農学生命科学研究科 鈴木宣弘教授インタビュー 2018.6.11
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/424311

※「本物の保守」がすべきことは「国を守ること!」米国側の要求に従って日本の農業を売り渡そうとする政府を痛烈に批判! 岩上安身による東京大学大学院農学生命科学研究科・鈴木宣弘教授インタビュー第2弾 2018.6.19
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/425083

■外務省が、北朝鮮専門の担当部署を新設! 金正恩委員長「なぜ日本は直接言ってこないのか」!? 外交ルートを通じた「抗議」は、北朝鮮大使館にFAXするだけというお粗末な対北朝鮮外交の実態

 驚きのニュースです。外務省は明日7月1日から、朝鮮半島を担当するアジア大洋州局北東アジア課を2つに分け、北朝鮮を専門に担当する「北東アジア第2課」を新設すると発表しました。

 え!? 今頃!? と驚いた方は少なくないに違いありません。あれだけ北朝鮮を敵視し、圧力をかけろと叫び、同時に拉致問題に全力で取り組むと、安倍政権は大々的に宣伝しながら、専門的に「取り組む」部署がこれまでなかったままだった、というのです。

 河野太郎外相が3ヶ月前の4月6日の閣議後の記者会見で、米朝首脳会談の開催など北東アジア情勢の変化を受け、北朝鮮専門の担当課を発足させる方針を発表していたのですが、専門の担当課もなく、よくここまで「北朝鮮外交」をやっているふりを政府はし続けられたものだなと、その厚顔なパフォーマンスには呆れさせられます。なお、北東アジア第1課は、今後は韓国を担当することになるそうです。

※外務省 北朝鮮専門の「北東アジア2課」、7月1日新設へ(毎日新聞、2018年6月25日)
https://mainichi.jp/articles/20180626/k00/00m/010/062000c

 安倍政権が「最重要課題」としてきた北朝鮮による日本人拉致問題や、「国難」として脅威を煽ってきた北朝鮮の核・ミサイル開発を専門に担当する部署がこれまでなかったということは、驚きであり、呆れるしかありません。国会答弁や会見で語られる強い言葉とは裏腹に、安倍政権の実際の姿勢は、中身が空っぽだったのだと言わざるをえません。

 拉致被害者家族のひとりで北朝鮮による拉致被害者家族連絡会(家族会)元副代表の蓮池透氏は、2016年1月におこなわれた岩上さんのインタビューで、「当初2週間の予定で日本に戻っていた被害者5人の帰国に、安倍総理は断固反対したと言っていましたが、これは真っ赤なウソ! 北朝鮮への帰国を止めたのは私自身でした」と強い口調で、これまで明かされなかった真実を述べています。

※国会で議員に北朝鮮の「工作員」と名指しで侮辱!?された『拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々』著者「拉致被害者家族会」元副代表の蓮池透氏に岩上安身が訊く!第1弾 2016.1.27
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/284584

 安倍政権が拉致問題の解決のために、自らは実際にはほぼ何もしていないのを暴露されてしまった形です。米朝首脳会談で、金正恩朝鮮労働党委員長が拉致問題について「韓国や米国など、まわりばかりが言ってきているが、なぜ日本は直接言ってこないのか」と発言したと伝えられています。

 東京新聞論説委員で北東アジアのスペシャリスト、五味洋治氏は雑誌のインタビューに答えて、「北朝鮮がミサイルを発射するたびに、『政府は北京の外交ルートを通じて抗議した』と報じられますが、実際は北朝鮮大使館にファックスを送っておしまいなんです」と内実を暴露しています。

※安倍「見殺し外交」で「拉致問題」14年間成果ゼロ(2)ミサイルへの抗議はFAXで(アサヒ芸能、2018年5月31日)
https://www.asagei.com/excerpt/104862

 五味洋治氏へは、岩上さんも単独インタビューを行っています。是非、以下のURLからご視聴ください。

※【広告連動企画】日本人が知らない冷戦構造「朝鮮国連軍体制」の衝撃!在日米軍基地は朝鮮有事で「後方基地」に!『朝鮮戦争は、なぜ終わらないのか』著者・五味洋治氏に岩上安身が訊く! 2017.12.11
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/407374

※急展開する朝鮮半島情勢 今後の行方は!? 米朝の対立解消は可能か!? ~4.24岩上安身による東京新聞論説委員・五味洋治氏インタビュー 2018.4.24
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/419112

 以下は、IWJ記者が行ったインタビューです。

※「北朝鮮との間で不測の事態が起きたら、その経費を韓国と日本が喜んで引き受ける」とのトランプ大統領の発言は事実なのか!? 菅官房長官は会見でのらりくらりとかわすのみで否定せず!! ~ IWJが東京新聞・五味洋治論説委員に訊く! 2018.5.27
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/422645

 北朝鮮と太いパイプを持っている政治家がおらず、北朝鮮政府高官と緊密にコンタクトできる交渉ルートもないと言われる中、新設される北東アジア第2課では、日朝首脳会談に向けた情勢分析のための情報収集が主たる業務となるのかどうか、注視していく必要があります。

■本日、メルマガ「岩上安身のIWJ特報!」を発行します! 6月号は「『市民レベルの追及はやり尽くした』 財務省強制捜査と昭恵総理夫人の証人喚問を! 岩上安身による木村真・豊中市議インタビュー」前編(その1からその5)です!

 本日は「岩上安身のIWJ特報!」第380号から384号(その1からその5まで)を発行します! 6月号は昨年12月と今年1月の2回にわたっておこなわれた、岩上さんによる木村真・豊中市議インタビューです!

 木村市議は、森友学園問題の端緒をつかみ、独自の調査で真相に迫っていきました。それは、安倍晋三総理夫人・昭恵氏を軸に、財務省、国交省、会計検査院、法務省らを巻き込みながら、関係文書の廃棄や改竄が繰り返され、国有地売却をめぐる一大疑獄事件へと拡大していきました。

 今年5月31日、大阪地検特捜部が前国税庁長官の佐川宣寿氏や財務省職員ら38人全員を不起訴処分にしたことを受け、木村市議が6月14日に検察審査会(検審)へ審査を申し立てたのをはじめ、わずか2週間あまりの間に5件もの検審への審査申し立てがありました。

※森友問題は検察審査会へ 「11人中8人賛成」のハードル、過去に強制起訴はわずか9件(産経WEST、2018年6月27日)
https://www.sankei.com/west/news/180627/wst1806270003-n1.html

 なお、森友問題追及での功績が認められ、木村市議にはジャーナリストの金字塔「日隅一雄・情報流通促進賞」特別賞が授与されています。

 本日発行した「岩上安身のIWJ特報!」の特筆すべき点は、注釈が非常に充実していることです。

 木村市議のインタビューをご覧になっていない方でも、木村市議と岩上さんとのやり取りをスムーズに読んでいただけることと思います。また、すでに木村市議インタビューをご覧になった方であれば、さらに広く、深く掘り下げていくきっかけになることと思います。

 この機会に、ぜひ「まぐまぐ」にご登録の上、「岩上安身のIWJ特報!」をご購読ください!

※「岩上安身のIWJ特報!」ご購読はこちらから(月額864円、初月無料)
http://www.mag2.com/m/0001334810.html

 IWJでは森友問題が取り沙汰され始めた初期の段階から、この問題の立役者である木村氏や前文科事務次官の前川喜平氏をはじめとした岩上さんによるインタビューの数々、シンポジウム、記者会見、野党合同ヒアリング、記事など、膨大なコンテンツを発信してきました。こちらもあわせて、ぜひご覧ください。

※【特集】国有地売却問題だけじゃない!教育勅語の暗唱にヘイト文書配布・・・極右学校法人・森友学園の闇に迫る
https://iwj.co.jp/wj/open/school_corporation_moritomo

 こうした数多くのコンテンツも1ヶ月を経過すると、一般会員ではご覧いただけません。ぜひこの機会に、サポート会員へのお切り替えをご検討ください!

※会員種別の切り替えはこちらから(ログインが必要です)
https://iwj.co.jp/ec/mypage/changerank.php

※登録がまだの方へのご案内はこちらです。ぜひご検討ください。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

■<お知らせ>【IWJグッズ】限定商品・IWJロゴ入りひょうたんランプがついに最後の1点となりました! 希少かつ、素敵な作品ですので、ぜひIWJグッズのサイトにてお買い求めください!

 IWJグッズ限定商品のご紹介です。

 会員様= 益子のひょうたんランプ作家サトウ・メリー 様のご厚意により、売上全額IWJへのご寄付企画として先日来販売しておりました、ひょうたんランプ・IWJのロゴ入りオリジナルシリーズがついに最後の1点となりました!

 お買い上げくださった皆様、どうもありがとうございます!!

 今回ご提供いただきましたのは、IWJのロゴが刻み込まれた、IWJショップ限定のオリジナル商品です。すべて手作りのため、ひとつとして世の中に同じものはありません。

 希少かつ、素敵な作品ですので、ぜひIWJグッズのサイトにてお買い求めください! どうぞよろしくお願いいたします!

※IWJグッズ販売ページはこちら
https://iwj.co.jp/ec/products/list.php?category_id=2

※サトウ・メリーさんのお店「ひょうたんの灯りルーム」のサイトはこちら
http://www.cp-lamps.com/

■IWJでは現在、テキスト班の新メンバーを緊急大募集中!事務・ハドル班、ウェブ動画班の新メンバーも引き続き募集しています!

 IWJでは現在、テキスト班の新メンバーを緊急大募集中です!事務・ハドル班、ウェブ動画班の新メンバーも引き続き募集しています!

 報酬については事務・ハドル班、ウェブ・動画班は時給1100円からのスタートとなります。テキスト班のみは読解力・文章力のある方に来ていただきたいので、時給1200円からのスタートです。

<テキスト班>
 テキスト班では現在、週5日フルタイムの勤務は難しい、兼業でやりたいという方と、週5日フルタイムでしっかり働ける、という方の2タイプの人材を募集しています!

 このうち、週5日フルタイムで勤務するテキスト班スタッフは、原稿の校正、入稿を夜の遅い時間帯までこなせることが前提となります。ハードな仕事ではありますが、やりがいがあるのはもちろんのこと、給与面での優遇もあります!

 知的好奇心が旺盛な方、地道に粘り強く仕事のできる方、気力・体力・機動力のある方、そして、チームワークを大事にできる方、大歓迎です!

<事務・ハドル班>
 事務・ハドル班は、中継スタッフやテキストスタッフと連携して、予定を組み立てるという、重要な役割を担っています。翌日以降の中継・配信予定と、撮影後に記事化された動画の情報を整理し、翌日の日刊ガイドでの番組表へ反映させる、IWJのコンテンツ構成の要ともなる部署です。

 ご応募の資格は第一に穏やかな性格で、明るく協調性のある方。第二にトラブルなく対外的な交渉をできるコミュニケーション能力の高い方、そして第三にPCスキルがある方です。

 なお、「ハドル」、「事務」に限らず、総務、庶務、会員管理事務等なんでも、またはいずれかに興味のある方を広く募集します。

<ウェブ・動画班>
 ウェブ・動画班では、動画の機材や技術、PC、撮影、編集に関して知識やスキルがある方、またウェブサイトの見せ方やリニューアルにアイデアやスキルのある方を募集しています。これらのいずれかに何か得意分野がある方なら、どなたでもご応募いただけます。素直に学ぶ気持ちのある方を歓迎します。

 IWJは、スタッフが複数ポジションをこなし、悪しきセクショナリズムの弊害にとらわれないよう、1970年代にヨハン・クライフが率いて活躍したオランダ代表チームの「トータルフットボールシステム」を採用しています。全員が攻撃にかかり、全員が守備にもつきます。こうした柔軟性に富む方も歓迎いたします。会社は365日稼働していても、全員が週休2日を取れるのは、ローテーションで回しているからです。チームワークは最も大事な要素です。

 皆様のお知り合いで、ネットメディアの仕事に強い興味をお持ちの方などもおられましたら、ぜひお声をかけていただければと存じます。いずれのセクションも能力と実績によって順次昇給していきますが、2ヶ月の研修期間があり、本採用に至らないこともありますので、その点ご承知おきください。

 他の仕事と兼業したい、あくまで独立業者として関わりたい等のリクエストにも柔軟に応じて、パートタイム、兼業、業務委託、外注などの働き方もあります。お迷いの方も、ぜひご応募ください!

 ご応募は、以下のフォームからお願いいたします!

※【IWJレギュラースタッフ募集フォーム】
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdbeeE8cGfuFucSge58KaR0vRQF5-uYoc52DeRCENG4u3_1mg/viewform

 また、全国各地でIWJの活動を支えていただける中継市民、及びボランティアでお力を貸してくださるという方も募集します!

※IWJボランティアスタッフ募集中
https://iwj.co.jp/info/whatsnew/post/11588

 さらに、ご自分が撮影された動画の投稿も随時受け付けています。ぜひ、ご応募ください。

 また、在宅のサマリーライターから、独自ネタで企画を持ち込み、寄稿したいという現役プロのジャーナリストやライターの方まで、投稿も随時受け付けています。投稿していただいた動画や原稿にももちろん報酬をお支払いいたします。

※お問い合わせはこちら
office@iwj.co.jp

 それでは本日も1日、よろしくお願いいたします!

IWJ編集部(岩上安身、松本聰、小野坂元、川上正晃、須原拓磨)
IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 https://iwj.co.jp/