日刊IWJガイド「IWJの財政がピンチです! 6月に入ってから3分の2となる20日までのご寄付・カンパは今月の目標額の約半分! 第8期も7月末の期末まで残り1ヶ月と10日。IWJが赤字に転落してしまうかどうかのボーダーラインまで、まだあと850万円必要です! 崖っぷちに立たされたIWJがつぶれてしまわないよう、なにとぞ緊急のご支援をよろしくお願いいたします!/本日ついに第二回口頭弁論です!岩上さんが橋下徹元大阪府知事から名誉毀損で訴えられたスラップ訴訟。いよいよ法廷でツイート内容の真実性・真実相当性を争います! 第二回口頭弁論の案内用紙を作成しましたので、ぜひ、ダウンロードして印刷し、ご家族やご友人にお配りください!大阪地裁1010法廷の傍聴席をいっぱいに埋めてください! 報告集会も行われます!/余震は減ったが20日明け方には関西地方で強い雨が!震源地の高槻市周辺は山を切り開いた住宅地が多く、地滑りなどの二次被害に警戒が必要!/<お知らせ>6月18日の大阪府北部を震源として発生した地震に関して、IWJの速報ツイートを批判するリプライがあったのでご説明いたします。/『最高裁まで争う覚悟で非公表』!? 谷査恵子氏が財務省に優遇措置を求める記述も!辰巳孝太郎参院議員が参院予算委で森友問題に関する新文書を暴露!/『反イスラエル的偏見がある』!? 米国が国連人権理事会から脱退を表明!さらにイスラエルは米国の脱退を歓迎するという蜜月ぶりも!?/『さらに2000億ドル(約22兆円)の追加関税』を課す!?米中間で関税引き上げの報復合戦がヒートアップ!?」2018.6.21日号~No.2107号~


■■■ 日刊IWJガイド「IWJの財政がピンチです! 6月に入ってから3分の2となる20日までのご寄付・カンパは今月の目標額の約半分! 第8期も7月末の期末まで残り1ヶ月と10日。IWJが赤字に転落してしまうかどうかのボーダーラインまで、まだあと850万円必要です! 崖っぷちに立たされたIWJがつぶれてしまわないよう、なにとぞ緊急のご支援をよろしくお願いいたします!/本日ついに第二回口頭弁論です!岩上さんが橋下徹元大阪府知事から名誉毀損で訴えられたスラップ訴訟。いよいよ法廷でツイート内容の真実性・真実相当性を争います! 第二回口頭弁論の案内用紙を作成しましたので、ぜひ、ダウンロードして印刷し、ご家族やご友人にお配りください!大阪地裁1010法廷の傍聴席をいっぱいに埋めてください! 報告集会も行われます!」2018.6.21日号~No.2107号~ ■■■
(2018.6.21 8時00分)

 おはようございます。IWJ編集部です。

 昨日20日、衆議院本会議で与党の賛成多数により、国会会期を7月22日まで延長することが決まりました。

※国会会期、7月22日まで延長 衆院で議決(朝日新聞、2018年6月20日)
https://www.asahi.com/articles/ASL6N2VKHL6NUTFK003.html

 今国会では、すでに衆院を通過してしまった「働かせホーダイ」改悪法案にカジノ法案などの悪法を何としてでも成立させたいのでしょう。しかし、会期延長が決まった以上、野党は、これらの悪法の成立阻止はもちろんのこと、モリカケ問題や、血税バラマキ外交・米国追従外交を徹底的に追及するべきです!

 IWJもこうした問題を断固として追及し続けます!

★本日の日刊IWJガイドは以下の内容でお届けします!

┏━━【目次】━━━━━━━━━━━━
┠■【中継番組表】
┠■<ご寄付・カンパのお願い>IWJの財政がピンチです! 6月に入ってから3分の2となる20日までのご寄付・カンパは今月の目標額の約半分! 第8期も7月末の期末まで残り1ヶ月と10日。IWJが赤字に転落してしまうかどうかのボーダーラインまで、まだあと850万円必要です! 崖っぷちに立たされたIWJがつぶれてしまわないよう、なにとぞ緊急のご支援をよろしくお願いいたします!
┠■本日ついに第二回口頭弁論です!岩上さんが橋下徹元大阪府知事から名誉毀損で訴えられたスラップ訴訟。いよいよ法廷でツイート内容の真実性・真実相当性を争います! 第二回口頭弁論の案内用紙を作成しましたので、ぜひ、ダウンロードして印刷し、ご家族やご友人にお配りください!大阪地裁1010法廷の傍聴席をいっぱいに埋めてください! 報告集会も行われます!
┠■余震は減ったが20日明け方には関西地方で強い雨が!震源地の高槻市周辺は山を切り開いた住宅地が多く、地滑りなどの二次被害に警戒が必要!
┠■<お知らせ>6月18日の大阪府北部を震源として発生した地震に関して、IWJの速報ツイートを批判するリプライがあったのでご説明いたします。
┠■「最高裁まで争う覚悟で非公表」!? 谷査恵子氏が財務省に優遇措置を求める記述も!辰巳孝太郎参院議員が参院予算委で森友問題に関する新文書を暴露!
┠■「反イスラエル的偏見がある」!? 米国が国連人権理事会から脱退を表明!さらにイスラエルは米国の脱退を歓迎するという蜜月ぶりも!? 米国は「溺愛」するイスラエルのためなら、国際秩序をめちゃくちゃにしてもかまわないというのか!?
┠■「さらに2000億ドル(約22兆円)の追加関税」を課す!?米中間で関税引き上げの報復合戦がヒートアップ!?
┠■<新記事紹介>元朝日新聞記者・林美子氏「私たち自身が、声なき声の当事者だったのです」~5.15「メディアで働く女性ネットワーク」設立と財務省セクシュアル・ハラスメント問題についての申し入れ記者会見
┠■IWJでは現在、事務・ハドル班、ウェブ動画班、テキスト班の新メンバーを緊急大募集中!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2018.6.21 Thu.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【ツイキャス・エリアCh2・大阪】11:30頃~「橋下徹氏によるIWJ岩上安身への『スラップ訴訟』第二回口頭弁論後の報告集会」
視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_areach2

 橋下徹氏によるIWJ岩上安身への「スラップ訴訟」第二回口頭弁論後の報告集会を中継します。
——————-

【Ch5】13:00~「財務省『森友文書』改ざん問題 野党合同ヒアリング ―内容:共産党が公表した『航空局長と理財局長との意見交換概要』について ほか」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

 財務省「森友文書」改ざん問題 野党合同ヒアリングを中継します。内容は、共産党が公表した「航空局長と理財局長との意見交換概要」について、文書改ざんに関する財務省の調査結果及び処分について、参予算理事懇に提出された会計検査院の中間報告について、前回の宿題返し(財務省、国交省航空局、会計検査院、法務省よりヒアリング)
——————-

【IWJ_SAITAMA1】15:00~「安冨歩氏による記者会見」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=saitama1

 東京大学教授 安冨歩氏による記者会見を中継します。
——————-

【Ch2】17:00~「東京電力 定例会見」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=2

 東京電力による記者会見を中継します。
——————-

【タイムリー再配信 182・IWJ_Youtube Live】20:00~「M7.3の熊本地震は南海トラフ地震の前兆か!? 岩上安身による立命館大学環太平洋文明研究センター・高橋学教授インタビュー!(後編)」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2016年4月に収録した、岩上安身による立命館大学環太平洋文明研究センター・高橋学教授インタビューを再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/297447

========

◆中継番組表◆

**2018.6.22 Fri.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【Ch5】18:30~「再稼働反対!首相官邸前抗議」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

 「首都圏反原発連合」の呼びかけで開催される首相官邸前抗議を中継します。
——————-

【録画配信・IWJ_Youtube Live】20:00~「スイスは一人あたりGDP世界2位!国際競争力世界一!いったい スイスと日本の違いは!? スイスの『直接民主制』を東アジアにも! 岩上安身によるブルーノ・カウフマン氏(グローバル・フォーラム・オン・モダン・ダイレクト・デモクラシーの共同議長)インタビュー」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 3月13日収録の、岩上安身によるブルーノ・カウフマン氏インタビューを、初回限定フルオープンで配信します。

========

◆中継番組表◆

これ以降の予定で決定しているものは、以下のカレンダーよりご覧いただけます。あわせてご確認ください。

→「配信カレンダー」 https://iwj.co.jp/channels/main/calendar.html
(あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

「本物の保守」がすべきことは「国を守ること!」米国側の要求に従って日本の農業を売り渡そうとする政府を痛烈に批判! 岩上安身による東京大学大学院農学生命科学研究科・鈴木宣弘教授インタビュー第2弾
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/425083

労働者が過労死しても企業に責任を問えなくなる!? 労働基準監督官ですら労働者を守れなくなる!! ~「働き方改革」法案、徹底審議!! デタラメ審議で法案通すな!! 新宿西口緊急街頭宣伝
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/425000

驚愕!「働き方改革法案」強行採決の中で「高プロ施行後速やかに適応拡大すべき」との付帯決議が採択されていたとは! 山井議員・過労死遺族らが悲痛な訴え!~「働き方改革」法案の徹底審議を! 高プロは廃案に! 緊急院内集会
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/424358

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■IWJの財政がピンチです! 6月に入ってから3分の2となる20日までのご寄付・カンパは今月の目標額の約半分! 第8期も7月末の期末まで残り1ヶ月と10日。IWJが赤字に転落してしまうかどうかのボーダーラインまで、まだあと850万円必要です! 崖っぷちに立たされたIWJがつぶれてしまわないよう、なにとぞ緊急のご支援をよろしくお願いいたします!

 みなさま、いつもIWJをご支援いただきありがとうございます。

 IWJの活動運営費は、現在、約半分が会員の皆様からの会費によって支えられています。6月18日時点での会員数は5,732名で、うちサポート会員様が1,850名、一般会員様が3882名です。

 そして、残りの半分はご寄付・カンパが頼りです。現在の活動規模を維持するために、1年間の活動経費から割り出した、1ヶ月に必要なご寄付・カンパの目標金額は500万円です。

 IWJの第8期は7月末の期末まで残り1ヶ月と10日となりました。今期も多くの皆様から、会費・ご寄付・カンパによって支えていただいています。本当にありがとうございます。

 6月のご寄付・カンパは、20日現在で269万7103円で、目標額の54パーセントとなっています。また、6月15日の日刊IWJガイドでご寄付・カンパをお呼びかけしてからは、212万1000円のご寄付・カンパを賜りました。皆様からのあたたかいご支援に、心よりお礼申し上げます。

 しかしながら、2月から5月までの4ヶ月間は1度も目標額の500万円に届いていません。今現在も、依然として非常に厳しい状況となってしまっています。

 今期、IWJが赤字に転落してしまうかどうかのボーダーラインまで、まだあと850万円必要です。IWJは、金融機関から融資を受けていませんので、赤字になると、岩上さん個人の貯えから賄うしかありません。しかしすでに私財をIWJに注ぎ込んでいる岩上さんに、800万円を超える赤字を個人で補うのは、現実には不可能に近い話です。

 岩上さんは最近ぎっくり腰になったり、風邪をひいたり、疲れがたまっているなと思っていたら、この1ヶ月ほどは慢性の自律神経の失調の悪化から、夜になると毎晩発熱し、腹痛や下痢を繰り返し続けています。

 積年のオーバーワークでたびたび医者から休むようにと強く言われていますが、経営者であり、IWJを支えるジャーナリストであり、編集者でもある岩上さんが休むことは難しく(他のスタッフは労働者であり、必ず週2日の休みをキープしていますが、経営者の岩上さんは労働基本法の束縛を受けません)現実には一日も休まず働かざるをえず、熱のある日も出社して仕事をし続けている状態です。夜になると必ず微熱が出るのは、医者の説明ではウィルスなどによる炎症のせいではなく、自律神経の慢性的な失調によるものであるとか。

 高血圧を抑えるための降圧剤も服用しているのに、血圧も高止まりとなっています。自律神経の失調の果てに、心臓の冠動脈が「攣縮(れんしゅく)」という痙攣(けいれん)を起こす狭心症の発作にまでつながったことがあるので、油断はできません。

※【検証レポート】2015年1~2月、岩上安身が北の大地で倒れるまでの道程~IWJスタッフあてメールも検証。「心臓の動脈の痙攣」を引き起こしたストレス、過労の実態と、追い打ちをかけた「世界の危機」の正体 2015.3.5
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/237316

※【検証レポート】2015年1~2月、岩上安身が北の大地で倒れるまでの道程 ~IWJスタッフあてメールも検証。「心臓の動脈の痙攣」を引き起こしたストレス、過労の実態と、追い打ちをかけた「世界の危機」の正体・後編 2015.3.9
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/237967

 いずれにしても、財政的にピンチだからといって、岩上さんがなおいっそう激しく動き回るという、これ以上の負荷を背負ってもらうわけにはいきません。今でも十分に働き過ぎの状態です。

 ここはスタッフが一丸となって踏ん張り、岩上さんを支えて頑張りますので、どうかIWJと岩上さんが倒れてしまわないように、皆様のよりいっそうのご支援をよろしくお願いいたします! そして、IWJが第9期を無事に迎えられますよう、何とぞ緊急のご支援をよろしくお願い申し上げます。

 IWJには毎日皆様からの、ご寄付・カンパとともに、あたたかいお言葉やご支援の際のメッセージが届いています。今日もその中から、ご紹介させていただきます。

=============================

 先ほど、少額ではありますがカンパさせていただきました。

 昨日、3月8日の原田伊織氏のインタビュー動画を視聴させていただきました。鹿児島の郷中教育、妙円寺参りの話など、鹿児島に住んでいながらよく分かっていなかったので、なるほど、そうだったのかと驚いたり感心したり。鹿児島の保守的な教育の根深さを垣間見た気がしてちょっと絶望的な気持ちにもなりましたが、IWJ のインタビューはどれも面白くてワクワクします。

 大手メディアが報じることのできないことをきちんと報道してくれる岩上さんとIWJ のスタッフのみなさんにいつも感謝しております。ずっと続けていっていただきたいので、岩上さん、くれぐれもお大事になさって下さい。

みなみなつお 様

=============================

 みなみ様、ありがとうございます。明治維新の正体を暴く原田伊織氏へのインタビューは、7月11日に続編を行う予定です。どうぞご期待ください!

 もうお一方、メッセージをご紹介します。

=============================

 障害年金受給者というセーフティーネットに助けられている立場でIWJ一般会員・カンパは月平均3000円しています。

 嘆かわしいことですが日本国民の政治に対する意識レベルは低いの一言に尽きます。TPPの批准が何を意味するものなのか?メディアが何故官邸に忖度するのか?全く理解していません。地方の首長選挙の投票率は30%代であり、国政選挙も50%代です。余りにもレベルが低すぎる!

 IWJも理解している筈です。民意が反映されたのが、現在の国会議員でありそのレベルの低いこと!支持率1.5%の国民民主党の玉木は生き残りを図るため、森加計に関係ない党首討論をして安倍に握手を求められる始末!最早末期癌並みにこの国は腐りきっているのです。

 IWJ存続の為、先ほどカンパさせて頂きました。でもこの国には希望を持っていません。

O.H. 様
=============================

 みなみなつお様、O.H.様、あたたかく貴重なメッセージメッセージをありがとうございます!たいへん励みになります。IWJは皆様に支えられ、皆様とともに活動していることを改めて実感します。

 これからもどうぞ、岩上さんとIWJを応援してください。皆様のあたたかいメッセージに、岩上さんもスタッフも毎日大いに励まされています!

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします。
http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 まだ会員でない方は、この機会にぜひIWJ会員へのご登録をお願いいたします!

 一般会員の皆様はどうかサポート会員への切り替えのご検討をぜひお願いいたします!

 また、一度有料会員に登録したものの、なんらかのご事情で休眠会員となってしまった皆様、どうか再開をご検討ください!

 IWJの有料会員制度は1ヶ月1000円、支払いをまとめてお得な1年1万円の一般会員と、1ヶ月3000円、まとめてお得な年3万円からのサポート会員の2種類です。会費は、クレジットカード、銀行振込(ゆうちょ銀行を含む)でお支払いいただけます。

 IWJの活動は、会員の皆様のこの会費によって支えられています。詳細は下記URLより御確認ください。

※IWJ会員のご案内はこちらにあります。ぜひご検討ください。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

■本日ついに第二回口頭弁論です!岩上さんが橋下徹元大阪府知事から名誉毀損で訴えられたスラップ訴訟。いよいよ法廷でツイート内容の真実性・真実相当性を争います! 第二回口頭弁論の案内用紙を作成しましたので、ぜひ、ダウンロードして印刷し、ご家族やご友人にお配りください!大阪地裁1010法廷の傍聴席をいっぱいに埋めてください! 報告集会も行われます!

 岩上さんが橋下徹元大阪府知事から名誉毀損で損害賠償請求されているスラップ訴訟の第二回口頭弁論が、ついに本日の午前11時から、大阪地裁1010法廷で開かれます!

※大阪地裁 所在地
大阪府大阪市北区西天満2-1-10
http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/index.html

 また、法廷終了後には、大阪弁護士会館11階1110号室にて報告集会も行われます!ぜひ、報告集会もご参加ください!

※大阪弁護士会館 所在地
大阪府大阪市北区西天満1-12-5
http://www.osakaben.or.jp/web/02_access/

 この裁判は、「橋下氏が大阪府知事だった時代に、府の幹部を自殺に追い込んだ」という内容のツイートを岩上さんがリツイートし、その後削除したにもかかわらず、橋下氏がこのリツイートしたという行為が「名誉毀損にあたる」と主張して損害賠償請求を起こした典型的なスラップ訴訟です。

 「リツイートしたことが名誉毀損だ」という、橋下氏の主張のため、今までその元ツイートの内容を明かすことを差し控えてきました。さらに名誉毀損として訴えてくるおそれがあるからです。しかし、前回の口頭弁論の場で「真実性について書面を用意してください」という裁判長からの、法廷の場での指示があり、第二回口頭弁論では、そのツイートの内容をめぐって真実性・真実相当性を争うことになります。従って、ツイート内容をもうこれ以上伏せておくことはできません。

 そもそも、橋下氏が大阪府知事に就任後、大阪府庁内で自殺者が急増したことは、すでに数々の報道がなされている客観的な事実です。さらに、橋下氏が府職員に対して度を超えた労働強化をはかり、時に激しく叱責したことと、府の職員の自殺の因果関係を問うことは、現在国会で審議中の「働き方改革関連法案」によって拍車がかかるのではないかと懸念されている、過労死問題や過労自殺問題にもつながる、まさに現在進行形のテーマでもあります。この問題に論及することは、公共性も公益性もあります。

 岩上さんと岩上さんの弁護団は、このツイート内容の真実性・真実相当性を立証するため、証拠を揃えて今回の第二回口頭弁論に臨みます。第二回口頭弁論は、本日6月21日午前11時より大阪地裁1010法廷で行われます。

 今回も、口頭弁論と報告集会の案内用紙を作成しました。以下のURLからダウンロードできます。ぜひ、ダウンロード、印刷し、皆様のご家族やご友人にもお配りして拡散してください! ご協力のほど、よろしくお願いいたします!

※案内用紙のPDFはこちらからダウンロードできます
https://iwj.co.jp/wj/open/wp-content/uploads/2018/01/180616_424827_0621fryer.pdf

 どうか皆様、ぜひ、大阪地裁までいらして法廷の傍聴席をいっぱいに埋めてください。この裁判への世間の関心の高さを示すことで、安易にスラップ訴訟を許してはならないこと、過労やパワハラで自殺が絶えないような労働環境を変えてゆく必要性があることを、裁判官に無言で訴えていただきたいと思います。

※大阪地方裁判所HP
http://www.courts.go.jp/osaka/

 また、今回は司法記者クラブでの記者会見は行われません。この裁判に関心のある方は、記者やジャーナリストの方、一般の方を問わず、ぜひ裁判後の報告集会にご参加ください! 場所は大阪弁護士会館11階、1110号室です。午前11時30分より入室できます。裁判が終わり次第報告集会をおこないます。

 この裁判では、これまでにかかった裁判関連費用がすでに100万円を超えました。大阪までの交通費、宿泊費、そして弁護団の6名の弁護士へ弁護をお願いする経費や報酬など、裁判関連費用はこの先いくらかかるかも見通しがつきません。

 この裁判には、権力や財力をもつ者がネットにおける言論の自由を封殺するという問題と、裁判所という公的な機関をスラップ訴訟の乱発によって疲弊させてしまうという、公益性にかかわる重大な問題がかかっています。今後私たち市民一人ひとりの発言の自由にかかわってくるものです。ぜひご注目いただきたく思います。そして、皆様からのさらなるご支援をお願いしたいと思います。裁判費用へのご支援を、どうぞよろしくお願いいたします!

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします
http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

※ネットにおける言論の自由を守る! 岩上安身が橋下徹氏からのSLAPP訴訟に応訴で立ち向かう!
https://iwj.co.jp/wj/open/iwakamiyasumi_slapp

■余震は減ったが20日明け方には関西地方で強い雨が!震源地の高槻市周辺は山を切り開いた住宅地が多く、地滑りなどの二次被害に警戒が必要!

 18日の朝7時58分に発生した大阪府北部地震ですが、翌19日も余震が何度かありました。2日後の20日には、揺れを体感するほどの余震は影をひそめましたが、19日の夜中から20日の明け方にかけて、関西地方では強い雨が降り続きました。震源地である高槻市と周辺の茨木市や島本町の北部一帯には、山を切り開いて造成された住宅地が広がっています。1923年からの観測史上、大阪では最大と言われる震度6弱の揺れによってゆるんだ地盤が、地滑りや山崩れなどの大災害を起こさないか、非常に心配です。

 今回の地震では、水道管の破裂により高槻市など広い範囲にわたって断水が発生しましたが、大阪市ほか周辺自治体からの応援もあり、20日現在、断水はおおむね解消されています。これは水道というライフラインが、いざという時には、自治体の枠を超えた給水活動によって支えられているからです。
 
 今回のみならず、東日本大震災や熊本大震災の時にも給水活動に駆けつけたという大阪市水道局の、現役職員である北川雅之氏にお話しをうかがうことができました。北川氏は、NPO法人・水政策研究所の理事も務めています。蛇口をひねれば当たり前のように使える水が、現場のたゆまぬ努力によって生み出されていることを、多くの市民に伝えたいとのことでした。そして維新の会・吉村大阪市長が狙っている「水道民営化」についても、利潤追求の観点だけからの対策は、本当に市民のためになるとは思えないと訴えていました。

※水政策研究所HP
http://www.water-policy.com/p/blog-page_6753.html

※民営化の失敗踏まえ再公営化に向かう世界の潮流に日本は逆行?「このタイミングで水道民営化を急ぎたい人たちがいる」立民・森山議員が警鐘~アン・ル・ストラ前パリ市副市長と市民・議員が意見交換 2018.2.19
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/412577

 IWJでは今後、この地震による二次被害の動静とともに、ライフラインである水の在り方を根底から変えてしまう水道民営化の問題も、追及していきます。

■<お知らせ>6月18日の大阪府北部を震源として発生した地震に関して、IWJの速報ツイートを批判するリプライがあったのでご説明いたします。

 6月18日午前7時58分に大阪府北部を震源として発生した最大震度6弱の地震について、IWJは18日午後2時頃、大阪府災害対策本部への直接取材を行ないました。この取材内容にもとづいて午後2時36分、「【速報】大阪府北部で18日午前7時58分に発生したマグニチュード6.1の地震について大阪府は災害対策本部を設置したものの、14時現在、対策課職員によると松井一郎府知事は対策本部に不在。現地入りもまだわからないとのこと。IWJが取材。松井知事ツイッターでの発言もなし」と「IWJ速報」のアカウントで事実のみをツイートいたしました。

 この速報ツイートに対し、18日20時45分に報じられた産経新聞記事の写真「大阪府の第2回災害対策本部会議で状況報告などを聞く松井一郎知事(中央奥)=18日午前10時50分ごろ、大阪府庁新別館北館」を根拠に@akamedekoo というアカウントで「どうぞ 一般人より情弱なネット報道メディアさんへ 」というリプライが19日未明にあり、何件かリツイートされています。

 岩上さんのツイッターに「デマだ!と批判が起こってます」と教えてくださった方がおり、20日、あらためて大阪府災害対策本部へ追加取材をおこないました。

 この追加取材の結果、松井府知事が災害対策本部会議に出席したのは10:30の第2回会議からであることと、13時10分からの第3回災害対策本部会議が終わったあと、IWJが取材を行なった14時の時点では知事は対策本部にいなかったことが確認できました。

 IWJでは地震などの災害時や大きなニュースがあった場合に、取材によってその時点で判明した断片的な事実のみを【速報】としてお伝えしています。追加取材での確認により、ツイートの内容に誤報がないことも明らかです。@akamedekoo氏は後から出た報道を根拠に「一般人より情弱」との中傷を拡散するのはご遠慮いただきたいと思います。中傷ツイートの訂正ならびに削除を求めます。

 なお、松井知事は19日に高槻市を視察しましたが、視察を事前に報道機関に知らせず、高槻市長とも面会しなかったということです。

※大阪・松井知事、早めの避難呼びかけ 激しい雨の予想に(朝日新聞、2018年6月19日)
https://digital.asahi.com/articles/ASL6M6FV6L6MPTIL05V.html

※地震 大阪・震度6弱 渋滞し松井知事が災害会議を欠席(毎日新聞、2018年6月19日)
https://mainichi.jp/articles/20180619/ddn/012/040/021000c 

■「最高裁まで争う覚悟で非公表」!? 谷査恵子氏が財務省に優遇措置を求める記述も!辰巳孝太郎参院議員が参院予算委で森友問題に関する新文書を暴露!

 安倍総理が出席した5月18日の参院決算委員会で、日本共産党の辰巳孝太郎議員が、森友問題に関して国交省大阪航空局作成の内部文書を入手したとして安倍総理や麻生太郎財務相、石井啓一国交相を追及しました。

 この新文書には、5月の財務省による交渉文書公表をめぐり、財務省と国土交通省との間で「国交省として、出すのが得策かどうか検討してほしい」、「最高裁まで争う覚悟で非公表とするのだろう」などのやりとりがあったと記載されていました。また、安倍昭恵総理夫人付政府職員だった谷査恵子氏から財務本省に、国有地賃料引き下げの優遇措置を「小学校にも適用出来ないのか」などと問い合わせがあったと、近畿財務局が大阪航空局に伝えたとも書かれています。

 安倍総理らは、事前の質問通告がなかったとして答弁を避けました。

※【決算委詳報】新文書?「最高裁まで争う覚悟で非公表」(朝日新聞、2018年6月18日)
https://digital.asahi.com/articles/ASL6J5VD4L6JUEHF019.html

 19日におこなわれた定例会見では石井国交相がこの新文書について、「近畿財務局と大阪航空局のやりとりをメモしたものと思われる」と、文書の存在を認めましたが、「行政の組織相互間や組織内部での検討の途中過程の情報を逐一示すと、今後の率直な意見交換や議論を妨げる可能性もある」と、文書の公表を拒みました。

※やりとりのメモだろう 辰巳氏暴露新文書に石井国交相 コメントは拒む(しんぶん赤旗、2018年6月20日)
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-06-20/2018062001_07_1.html

■「反イスラエル的偏見がある」!? 米国が国連人権理事会から脱退を表明!さらにイスラエルは米国の脱退を歓迎するという蜜月ぶりも!? 米国は「溺愛」するイスラエルのためなら、国際秩序をめちゃくちゃにしてもかまわないというのか!?

 ヘイリー米国連大使は6月19日、米国が国連人権理事会から脱退したことを発表しました。

※トランプ米政権、国連人権理事会からの離脱を発表(CNN、2018年6月20日)
https://www.cnn.co.jp/usa/35121117.html

 ヘイリー大使は人権理事会について、「長年にわたって人権侵害の加害者を擁護し、政治的偏見の温床になってきた」と一方的に非難。これまで米国は、人権尊重の理念を損なっている国が理事国に加わっているとし、理事国の選出基準の厳格化を要求していました。

 米国はこうした要求を突きつける一方で、人権理事会には「反イスラエル的な偏見」があるとも主張しています。即ち、米国の主張する「政治的偏見の温床」とはイスラエルに対する「批判」を念頭に置いているのでしょう。

※米、国連人権理事会を離脱 「政治的偏向のはきだめ」と(BBC、2018年6月20日)
http://www.bbc.com/japanese/44543478

 国連のグテレス事務総長は、米国は理事会に「残ってほしかった」と声明を出したのに対し、イスラエルは米国の離脱を歓迎しています。米国とイスラエルの蜜月ぶりは、疑いの余地はないでしょう。

 現在、人権理事国は、イギリス、ドイツ、フランス、中国、ロシアなどの47カ国により構成されています。米国はこれまで理事国に立候補していませんでしたが、理事会への協力は表明していました。

 ガザ地区でパレスチナ人の弾圧を続けるイスラエルを露骨に擁護したあげく、人権理事会から離脱した米国は、「溺愛」するイスラエルのためなら国際社会での孤立をも恐れない、と熱烈にアピールしているのでしょう。

 誰に向かって?もちろんイスラエル政府と国民に対して、そして米国内のユダヤ人に対しても。さらにはイスラエルの建国を世の終わりとイエスの再臨の兆しを真剣に受け止め、終末と千年王国の到来を渇望する、クリスチャン・シオニストらに対して。彼らは米国の人口の4分の1を占めるキリスト教原理主義的な福音派と重なります。彼らこそはトランプ大統領を誕生させた支持母体そのものです。

 彼らクリスチャン・シオニストは、世の終わりにエルサレムのユダヤ人が集められ、世界最終戦争が起きて、ユダヤ人がキリスト教徒に改宗するという預言を信じています。その時、信心深いキリスト教徒は、神によって「空中携挙」され、命が助かる、というのです。SF的妄想としか思えませんが、8000万人もいる福音派の77%が、この「携挙」を信じているそうです。

 空中携挙はもちろんのこと、イエスの再臨もさらさら信じることのできない非ユダヤ、非キリスト教徒の日本人は、エスカレートする一方の米国とイスラエルのシオニスト達の「逃避行」に、冷静に距離を置くべきでしょう。日本が盲目的な対米従属を続ける安倍政権は、「世の終わり」までトランプの尻を追い、イスラエルのネタニヤフの靴を舐めそうで、本当にげんなりさせられますが、世界最終戦争に巻き込まれるのはまっぴらごめんです。

 トランプとネタニヤフと、そして彼らの「忠犬」安倍晋三総理の動向に、注視する必要があるでしょう。

■「さらに2000億ドル(約22兆円)の追加関税」を課す!?米中間で関税引き上げの報復合戦がヒートアップ!?

 トランプ米大統領は6月18日、2000億ドル(約22兆円)相当の中国製品に対して10パーセントの追加関税を課すと警告しました。

※トランプ米大統領、中国製品2000億ドルに追加関税課すと警告(BBC、2018年6月19日)
http://www.bbc.com/japanese/44529710

 トランプ大統領は6月15日、中国からの輸入品500億ドル(約5兆5300億円)相当に制裁関税を課すことを発表。それに対し、中国政府が16日、報復措置として同額の500億ドルの659品目に、同様に25パーセントの追加関税を課すと発表し、米国の制裁関税に対抗しました。

 今回トランプ大統領が警告した追加関税の警告は、16日に中国政府が発表した追加関税措置に対する報復措置として検討しているものです。トランプ大統領は、「もし中国が再び追加関税を課すなら、さらに2000億ドル相当の中国製品に追加関税をかける措置を講じるだろう」と述べています。

 トランプ大統領の強硬な姿勢に対して、中国も引かず、「強力に報復せざるを得ない」と声明を出し、「中国は貿易戦争をしかけないが恐れはしない」ことを伝えています。中国は米国のように自ら仕掛けてゆく好戦性は見せませんが、米国の一方的な関税引き上げを黙って見過ごす気はないのでしょう。

※米中貿易戦争に「現実味」 トランプ政権、追加関税検討(東京新聞、2018年6月20日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201806/CK2018062002000124.html

 東アジアでは、12日の米朝首脳会談の実現などもあって、いったんは米朝関係は落ち着いているように見えます。少なくとも、今年1月に「核のボタン」の大きさで罵倒しあっていた頃と比べれば、米朝関係ははるかに穏やかな状態にあります。

 しかし、米朝間の核戦争のリスクとは別に、米中間での貿易戦争のリスクが高まりつつ、加えて、G7サミットでも米国の一方的な高関税をめぐって関税引き下げをめぐる米国とカナダ・欧州との対立が明確になった今、アジアやヨーロッパを巻き込んだ貿易戦争のリスクは確実に高まりつつあるようです。

■<新記事紹介>元朝日新聞記者・林美子氏「私たち自身が、声なき声の当事者だったのです」~5.15「メディアで働く女性ネットワーク」設立と財務省セクシュアル・ハラスメント問題についての申し入れ記者会見

 2018年4月12日、森友学園との土地取引に関する財務省の決裁文書の改竄が発覚し、国会が大揺れの中で、財務省の福田淳一事務次官(当時)が、取材に来た女性記者に度重なるセクシャル・ハラスメント(以下、セクハラ)をしていたと週刊新潮に報じられました。「胸、触っていい?」などと話す音声データもネット上で公開され、大騒ぎになりました。

 当初、財務省は報道を疑問視し、財務省の記者クラブ所属の女性記者たちに「セクハラ被害調査に協力を」と呼びかけました。しかし、被害者に名乗り出ることを要求したこの対応に、批判の声が集中。福田事務次官はセクハラ行為を否定しつつ、報道による混乱で職務を遂行できないとして、4月18日に辞任を表明しました。

※財務省セクハラ問題「被害女性は名乗り出ろ」に非難集中! 被害者の人権を踏みにじる政権によるセクハラ! 「これは見せしめでしかない!」NPO事務局長が追及~財務省セクハラ問題 4.17野党合同ヒアリング 2018.4.17
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/418517

 4月19日にはテレビ朝日が、福田氏からセクハラを受けたのは自社の女性社員だと発表し、財務省に抗議しています。財務省は、福田氏がテレビ朝日の主張に反論していないことから、セクハラ行為があったと判断。辞任した福田氏を減給処分にして、この問題の幕引きをはかりました。

 しかし麻生太郎財務大臣は、「福田氏は(女性記者に)はめられた、という意見もある」「セクハラ罪という罪はない。殺人や強制わいせつとは違う」などと発言しており、しかも安倍内閣はこの「セクハラ罪という罪はない」という麻生財務相の発言を肯定するために、答弁書を閣議決定までしています。

※「セクハラ罪という罪はない」の答弁書、政府が閣議決定(朝日新聞、2018年5月18日)
https://digital.asahi.com/articles/ASL5L4QMDL5LUTFK00K.html

 この一件によって、ジャーナリズムの世界で働く女性たちがセクハラを含む人権侵害を受けていること、取材先との人間関係が重視される仕事であるがゆえに、被害を訴えにくい実情などが改めて浮き彫りにされました。

 そんな中、2018年5月15日、東京都千代田区の厚生労働省にて、「メディアで働く女性ネットワーク」の設立と財務省セクシュアル・ハラスメント問題についての申し入れ記者会見が行われました。会見したのは元朝日新聞記者でフリーランス・ジャーナリストの林美子氏と、同じくフリーランス・ジャーナリストの松元千枝氏です。

 林氏は、「これまで、ジャーナリズムに携わる多くの女性たちは『取材先との関係が壊れる』と思い、(セクハラを受けても)声を上げてこなかった。私たち自身が、声なき声の当事者だった」と振り返りました。その上で、今回の告発に勇気づけられ、今こそセクハラを含むすべての人権侵害をなくす時だと考えて、メディアで働く女性ネットワークを設立したと表明しました。

 2017年11月に発表された世界経済フォーラムのジェンダーギャップ指数では、日本は144ヵ国中114位です。林氏は、「恥ずかしい結果。日本は法律や制度は男女平等のようでも、実際は男性中心の考え方や差別的な権力構造が根強い国なのだ」と指摘しています。

 松元氏は、「自治体幹部に無理矢理キスをされた。警察署長との懇談会を断ったら、会見に呼ばないと脅された。地方議員に口説かれ、断ると翌日から取材拒否された」などの女性ジャーナリストから寄せられた被害の実態を紹介。「福田事務次官の事件以降、セクハラを受けた経験は『女性記者あるある』になった。けれど、この職業に希望を持つ後輩たちに同じ経験をしてほしくない」と口調を強めました。

 この記者会見の動画に詳細なサマリーをつけましたので、ぜひ以下のURLよりご覧下さい。

※元朝日新聞記者・林美子氏「私たち自身が、声なき声の当事者だったのです」~5.15「メディアで働く女性ネットワーク」設立と財務省セクシュアル・ハラスメント問題についての申し入れ記者会見 2018.5.15
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/421255

■IWJでは現在、事務・ハドル班、ウェブ動画班、テキスト班の新メンバーを緊急大募集中!

 IWJでは現在、事務・ハドル班、ウェブ動画班、テキスト班の新メンバーを緊急大募集中です。

<事務・ハドル班>
 「ハドル」とは、アメフト用語でいう「作戦会議」で、IWJ全体の取材や配信スケジュールの基礎骨格を形作る、とても重要な仕事です。情報収集にアンテナを立て、その時々に伝えるべきことを選び出し、中継スタッフやテキストスタッフと連携して、予定を組み立てています。

 また、翌日以降の中継・配信予定と、撮影後に記事化された動画の情報を整理し、翌日の日刊ガイドでの番組表へ反映させる、IWJのコンテンツ構成の要ともなる部署です。なお、この「翌日の中継・配信予定」は日に何度も協議を重ね、夕方から夜に確定することがほとんどのため、11時~20時が基本的な勤務時間になります。

 逆に事務班は朝早目の出勤となります。岩上さんのスケジュールを把握した上でインタビューのアポ取り、講演や出張、各種イベントなどのスケジュール調整など、電話やメールでの外部の方との連絡をおこなうため、人柄重視の採用です。

 ご応募の資格は第一に穏やかな性格で、明るく協調性のある方。第二にトラブルなく対外的な交渉をできるコミュニケーション能力の高い方、そして第三にPCスキルがある方です。

 なお、「ハドル」、「事務」に限らず、総務、庶務、会員管理事務等なんでも、またはいずれかに興味のある方を広く募集します。

<ウェブ・動画班>
 ウェブ・動画班では、動画の機材や技術、PC、撮影、編集に関して知識やスキルがある方、またウェブサイトの見せ方やリニューアルにアイデアやスキルのある方を募集しています。これらのいずれかに何か得意分野がある方なら、どなたでもご応募いただけます。素直に学ぶ気持ちのある方を歓迎します。

<テキスト班>
 テキスト班ではエディター、現場に出る記者、ライターを募集しています。特に夜遅い時間帯まで勤務可能な方は待遇面でも優遇します。エディター、現場に出る記者、ライターのすべてをこなせる方はもちろん大歓迎ですが、このうちどれか一つの役割ならできそう! という方も歓迎します!

 IWJは、スタッフが複数ポジションをこなし、悪しきセクショナリズムの弊害にとらわれないよう、1970年代にヨハン・クライフが率いて活躍したオランダ代表チームの「トータルフットボールシステム」を採用しています。全員が攻撃にかかり、全員が守備にもつきます。こうした柔軟性に富む方も歓迎いたします。会社は365日稼働していても、全員が週休2日を取れるのは、ローテーションで回しているからです。チームワークは最も大事な要素です。

 皆様のお知り合いで、ネットメディアの仕事に強い興味をお持ちの方などもおられましたら、ぜひお声をかけていただければと存じます。なお、報酬については事務・ハドル班、ウェブ・動画班は時給1100円からのスタートとなります。なお、テキスト班のみは時給1200円からのスタートです。いずれも能力と実績によって順次昇給していきますが、2ヶ月の研修期間があり、本採用に至らないこともありますので、その点ご承知おきください。

 他の仕事と兼業したい、あくまで独立業者として関わりたい等のリクエストにも柔軟に応じて、パートタイム、兼業、業務委託、外注などの働き方もあります。お迷いの方も、ぜひご応募ください!

 ご応募は、以下のフォームからお願いいたします!

※【IWJレギュラースタッフ募集フォーム】
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdbeeE8cGfuFucSge58KaR0vRQF5-uYoc52DeRCENG4u3_1mg/viewform

 また、全国各地でIWJの活動を支えていただける中継市民、及びボランティアでお力を貸してくださるという方も募集します!

※IWJボランティアスタッフ募集中
https://iwj.co.jp/info/whatsnew/post/11588

 さらに、ご自分が撮影された動画の投稿も随時受け付けています。ぜひ、ご応募ください。

 また、在宅のサマリーライターから、独自ネタで企画を持ち込み、寄稿したいという現役プロのジャーナリストやライターの方まで、投稿も随時受け付けています。投稿していただいた動画や原稿にももちろん報酬をお支払いいたします。

※お問い合わせ先
office@iwj.co.jp

 それでは本日も1日、よろしくお願いいたします!

IWJ編集部(岩上安身、川上正晃、城石裕幸、段田亜由美)
IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 http://iwj.co.jp/