日刊IWJガイド「IWJの財政がピンチです! 6月に入ってから3分の2となる19日までのご寄付・カンパは今月の目標額の約4割! 第8期も期末まで残り1ヶ月半。IWJが赤字に転落してしまうかどうかのボーダーラインまで、まだあと900万円必要です! 崖っぷちに立たされたIWJがつぶれてしまわないよう、なにとぞご支援をよろしくお願いいたします!/【大阪北部地震続報】揺れが強かった地域では、同程度以上の『本震』が起きる恐れも!!/【公共性に鑑みフルオープン!】午後8時から『M7.3の熊本地震は南海トラフ地震の前兆か!? 岩上安身による立命館大学環太平洋文明研究センター・高橋学教授インタビュー! 2016.4.17(前編)』を再配信します!/<大阪北部地震報告>まだ警戒を解かない方がいい…大阪ではまだまだ余震が続く。IWJ記者も大阪入りし取材中!/加計学園の加計孝太郎理事長が、ようやく記者会見に!大阪北部地震の翌日に記者会見を開く意図は明白!? 安倍総理との面談について、『記憶にも、記録にもない』と否定!/<インタビュー報告>『本物の保守』がすべきことは『国を守ること!』米国側の要求に従って日本の農業を売り渡そうとする政府を痛烈に批判! 岩上安身による東京大学大学院農学生命科学研究科・鈴木宣弘教授インタビュー第2弾/岩上さんが橋下徹元大阪府知事から名誉毀損で訴えられたスラップ訴訟。6月21日の第二回口頭弁論まであと1日! いよいよツイート内容の真実性・真実相当性を争います! 第二回口頭弁論の案内用紙を作成しましたので、ぜひ、ダウンロードして印刷し、ご家族やご友人にお配りください! どうか、大阪地裁1010法廷の傍聴席をいっぱいに埋めてください! 報告集会も行われます!」2018.6.20日号~No.2106号~


■■■ 日刊IWJガイド「IWJの財政がピンチです! 6月に入ってから3分の2となる19日までのご寄付・カンパは今月の目標額の約4割! 第8期も期末まで残り1ヶ月半。IWJが赤字に転落してしまうかどうかのボーダーラインまで、まだあと900万円必要です! 崖っぷちに立たされたIWJがつぶれてしまわないよう、なにとぞご支援をよろしくお願いいたします!/【大阪北部地震続報】揺れが強かった地域では、同程度以上の『本震』が起きる恐れも!! IWJも大阪入りし取材中!/【公共性に鑑みフルオープン!】午後8時から『M7.3の熊本地震は南海トラフ地震の前兆か!? 岩上安身による立命館大学環太平洋文明研究センター・高橋学教授インタビュー! 2016.4.17(前編)』を再配信!/他」2018.6.20日号~No.2106号~ ■■■
(2018.6.20 8時00分)

 おはようございます。IWJ編集部です。

 一昨日6月18日に発生した大阪北部地震で、19日午後7時現在、死者が計5人、負傷者が計408人にのぼっています。

※大阪府北部を震源とする地震による被害及び消防機関等の対応状況(第13報)(消防庁災害対策本部、2018年6月19日)
http://www.fdma.go.jp/bn/c21ce083e52c727cb24976ad5f6ed5f84374b4dd.pdf

 亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 昨日19日以降も、震度3以上の余震が続いています。余震や、それに伴う家屋の倒壊などの二次災害に、どうか十分にご注意ください。

 なお、安倍晋三総理は、大阪北部で400年ぶりともいわれる大規模な地震が発生した18日、午後6時44分に東京・赤坂の日本料理店「古母里」へ足を運び、自民党の岸田文雄政調会長と会食。午後9時1分に料理店を出発し、公邸へは戻らず、午後9時19分には富ヶ谷の私邸へ帰宅しました。全く「平時」モードです。

※首相動静(2018年6月18日)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018061800209&g=pol

 安倍総理は自ら被災地へ赴くこともなく、公邸で待機することすらしませんでした。

 悲しく、そして不快なニュースが伝えられる一方で、勇気づけられるニュースも飛び込んできました。

 6月14日に開催されたサッカー・ロシアワールドカップで、日本代表が昨日19日、強豪コロンビア代表相手に2対1で勝利しました!

※2018FIFAワールドカップ ロシア 日程・結果(JFA.jp)
http://www.jfa.jp/samuraiblue/worldcup_2018/groupH/match_page/m16.html

 試合開始から間もない6分、香川真司選手がPKを決め先制。39分にはコロンビアのフアン・キンテロ選手に同点ゴールを決められるも、73分には大迫勇也選手のヘディングシュートがコロンビアのゴールネットを揺らし、見事に接戦を制しました。

 カルロス・サンチェス選手が、開始3分で香川選手が放ったシュートを手で防ぎ一発退場となって、数的に日本側が優位に立つという「幸運」があった上での勝利でしたが、そうであっても、幸運を確実に勝利に引き寄せたのは、大迫選手や乾選手らの豊富な運動量であり、その結果、ワールドカップにおいてアジア勢が史上初めて南米勢に勝利するという、歴史的快挙を成し遂げました。

 FIFAランキング61位の日本と、16位のコロンビア。前評判ではコロンビアの勝利が当然と思われていました。さらに、日本はワールドカップ直前でハリルホジッチ前監督が解任され、西野新監督のもとでチームを急ごしらえするというあわただしさで、テストマッチでは連敗続きでした。勝負は、本当にやってみなければわからないものです。負けるという気持ちではなく、必ず勝つんだ、という強い気持ちと、幾人かの献身的なプレーが勝利の女神の微笑みを招いたのでしょう。

 日本代表の次の試合は、6月24日で、相手はやはり強豪のセネガル代表です。結果はどうであろうと、試合を観たすべての人たちを勇気づける、そんなゲームを期待したいと思います。

★本日の日刊IWJガイドは以下の内容でお届けします!

┏━━【目次】━━━━━━━━━━━━
┠■【中継番組表】
┠■IWJの財政がピンチです! 6月に入ってから3分の2となる19日までのご寄付・カンパは今月の目標額の約4割! 第8期も期末まで残り1ヶ月半。IWJが赤字に転落してしまうかどうかのボーダーラインまで、まだあと900万円必要です! 崖っぷちに立たされたIWJがつぶれてしまわないよう、なにとぞご支援をよろしくお願いいたします!
┠■【大阪北部地震続報】揺れが強かった地域では、同程度以上の「本震」が起きる恐れも!! /【公共性に鑑みフルオープン!】午後8時から「M7.3の熊本地震は南海トラフ地震の前兆か!? 岩上安身による立命館大学環太平洋文明研究センター・高橋学教授インタビュー! 2016.4.17(前編)」を再配信します!/<大阪北部地震報告>まだ警戒を解かない方がいい…大阪ではまだまだ余震が続く。IWJ記者も大阪入りし取材中!
┠■加計学園の加計孝太郎理事長が、ようやく記者会見に!大阪北部地震の翌日に記者会見を開く意図は明白!? 安倍総理との面談について、「記憶にも、記録にもない」と否定!
┠■<昨日の岩上さんのインタビュー報告>「本物の保守」がすべきことは「国を守ること!」米国側の要求に従って日本の農業を売り渡そうとする政府を痛烈に批判! 岩上安身による東京大学大学院農学生命科学研究科・鈴木宣弘教授インタビュー第2弾
┠■岩上さんが橋下徹元大阪府知事から名誉毀損で訴えられたスラップ訴訟。6月21日の第二回口頭弁論まであと1日! いよいよツイート内容の真実性・真実相当性を争います! 第二回口頭弁論の案内用紙を作成しましたので、ぜひ、ダウンロードして印刷し、ご家族やご友人にお配りください! どうか、大阪地裁1010法廷の傍聴席をいっぱいに埋めてください! 報告集会も行われます!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2018.6.20 Wed.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【ツイキャス・エリア Ch2・大阪】10:00以降~「松井一郎 大阪府知事 囲み会見」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_areach2

 松井一郎 大阪府知事の囲み会見を中継します。
——————-

【Ch3】14:30~「原子力規制委員会 更田豊志委員長 定例会見」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=3

 原子力規制委員会 更田豊志委員長による記者会見を中継します。
——————-

【録画配信・IWJ_FUKUSHIMA1】16:00~「原子力規制委員会による『リアルタイム線量測定システムの配置見直し』に関する住民説明会についての記者会見」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=fukushima1

 6月18日収録。福島県でおこなわれた原子力規制委員会の記者会見を録画配信します。
——————-

【録画配信・IWJ_FUKUSHIMA1】17:00~「『モニタリングポストの継続配置を求める市民の会』による福島県知事へのリアルタイム線量システムの継続要請書提出後の記者会見」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=fukushima1

  6月18日に収録した、「モニタリングポストの継続配置を求める市民の会」による記者会見を録画配信します。
——————-

【録画配信・IWJ_FUKUOKA1】18:00~「北九州市議会議員 村上聡子氏への誹謗中傷および脅迫に関する告訴についての記者会見」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=fukuoka1

 6月15日に収録した、北九州市議会議員の村上聡子氏による記者会見を録画配信します。
——————-

【タイムリー再配信 181・IWJ_Youtube Live】20:00~「M7.3の熊本地震は南海トラフ地震の前兆か!? 岩上安身による立命館大学環太平洋文明研究センター・高橋学教授インタビュー! (前編)」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: https://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2016年4月に収録した、岩上安身による立命館大学環太平洋文明研究センター・高橋学教授インタビューを再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/297447

========

◆中継番組表◆

**2018.6.21 Thu.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【Ch2】17:00~「東京電力 定例会見」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=2

 東京電力による記者会見を中継します。
——————-

【タイムリー再配信 182・IWJ_Youtube Live】20:00~「M7.3の熊本地震は南海トラフ地震の前兆か!? 岩上安身による立命館大学環太平洋文明研究センター・高橋学教授インタビュー! (後編)」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2016年4月に収録した、岩上安身による立命館大学環太平洋文明研究センター・高橋学教授インタビューを再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/297447

========

◆中継番組表◆

これ以降の予定で決定しているものは、以下のカレンダーよりご覧いただけます。あわせてご確認ください。

→「配信カレンダー」 https://iwj.co.jp/channels/main/calendar.html
(あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

「すべての言論を発信している人たちの問題だ!」心ない誹謗・中傷に脅迫、セクハラ行為に対し、村上さとこ・北九州市議が堂々と刑事告訴! 村上市議の声明文を全文公開
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/425069

福島第一原子力発電所港湾内外の魚介類核種分析結果を公表、港湾内外及び発電所20キロメートル圏内海域ともにセシウム・トリチウムの濃度に目立った変化はなし~6.18東京電力 定例会見
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/424998

異次元金融緩和の重大かつ深刻な弊害!出口を模索しようにもわずかな金利上昇で日本経済は大混乱!? アベノミクスの無残な最期!~6.18岩上安身によるエコノミスト田代秀敏氏インタビュー
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/424996

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■IWJの財政がピンチです! 6月に入ってから3分の2となる19日までのご寄付・カンパは今月の目標額の約4割! 第8期も期末まで残り1ヶ月半。IWJが赤字に転落してしまうかどうかのボーダーラインまで、まだあと900万円必要です! 崖っぷちに立たされたIWJがつぶれてしまわないよう、なにとぞご支援をよろしくお願いいたします!

 みなさま、いつもIWJをご支援いただきありがとうございます。

 IWJの活動運営費は、現在、約半分が会員の皆様からの会費によって支えられています。6月14日時点での会員数は5,920名で、うちサポート会員様が1,895名、一般会員様が4025名です。

 そして、残りの半分はご寄付・カンパが頼りです。現在の活動規模を維持するために、1年間の活動経費から割り出した、1ヶ月に必要なご寄付・カンパの目標金額は500万円です。

 IWJの第8期は7月末の期末まで残り1ヶ月半を切りました。今期も多くの皆様から、会費・ご寄付・カンパによって支えていただいています。本当にありがとうございます。

 6月のご寄付・カンパは、19日現在で213万9103円で、目標額の43パーセントとなりました。また、6月15日の日刊IWJガイドでご寄付・カンパをお呼びかけしてからは、156万3000円のご寄付・カンパを賜りました。皆様からのあたたかいご支援に、心よりお礼申し上げます。

 しかしながら、2月から5月までの4ヶ月間は1度も目標額の500万円に届いていません。今現在も、依然として非常に厳しい状況となってしまっています。

 今期、IWJが赤字に転落してしまうかどうかのボーダーラインまで、まだあと900万円必要です。IWJは、金融機関から融資を受けていませんので、赤字になると、岩上さん個人の貯えから賄うしかありません。しかしすでに私財をIWJに注ぎ込んでいる岩上さんに、1000万円を超える赤字を個人で補うのは、現実には不可能に近い話です。

 岩上さんは最近ぎっくり腰になったり、風邪をひいたり、疲れがたまっているなと思っていたら、この1ヶ月ほどは慢性の自律神経の失調の悪化から、夜になると毎晩発熱し、腹痛や下痢を繰り返し続けています。

 積年のオーバーワークでたびたび医者から休むようにと強く言われていますが、経営者であり、Iwjを支えるジャーナリストであり、編集者でもある岩上さんが休むことは難しく(他のスタッフは労働者であり、必ず週2日の休みをキープしています)現実には一日も休まず働かざるをえず、熱のある日も出社して仕事をし続けている状態です。夜になると必ず微熱が出るのは、医者の説明ではウィルスなどによる炎症のせいではなく、自律神経の慢性的な失調によるものであるとか。

 高血圧を抑えるための降圧剤も服用しているのに、血圧も高止まりとなっています。自律神経の失調の果てに、心臓の冠動脈が「攣縮(れんしゅく)」という痙攣(けいれん)を起こす狭心症の発作にまでつながったことがあるので、油断はできません。

※【検証レポート】2015年1~2月、岩上安身が北の大地で倒れるまでの道程~IWJスタッフあてメールも検証。「心臓の動脈の痙攣」を引き起こしたストレス、過労の実態と、追い打ちをかけた「世界の危機」の正体 2015.3.5
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/237316

※【検証レポート】2015年1~2月、岩上安身が北の大地で倒れるまでの道程 ~IWJスタッフあてメールも検証。「心臓の動脈の痙攣」を引き起こしたストレス、過労の実態と、追い打ちをかけた「世界の危機」の正体・後編 2015.3.9
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/237967

 いずれにしても、財政的にピンチだからといって、岩上さんがなおいっそう激しく動き回るという、これ以上の負荷を背負ってもらうわけにはいきません。今でも十分に働き過ぎの状態です。

 ここはスタッフが一丸となって踏ん張り、岩上さんを支えて頑張りますので、どうかIWJと岩上さんが倒れてしまわないように、皆様のよりいっそうのご支援をよろしくお願いいたします! そして、IWJが第9期を無事に迎えられますよう、何とぞ至急のご支援をよろしくお願い申し上げます。

 IWJには毎日皆様からの、ご寄付・カンパとともに、あたたかいお言葉やご支援の際のメッセージが届いています。我々は孤独でも孤立してもいないと感じることのできる貴重なメッセージです。本当にありがたく、励みになります。ありがとうございます。今日もその中から、ご紹介させていただきます。

=============================
 マスメディアの劣化がここ迄ひどくなると、信頼できる一次情報を発信してくださるIWJは貴重な存在です。是非、続けてほしいと願っています。少額で心苦しいですが。(匿名希望)

 無くてはならない存在です。些少で恐縮です。頑張って下さい! (匿名希望)

 多少ですが、お1人で真実を伝えようと足を使って仕事をされているその姿に感銘をうけます。これからも頑張ってください。(匿名希望)

 IWJの良質な報道が続けられよう少額ですが寄付します。スラップ訴訟に負けるな!(匿名希望)

 国民のため真の民主主義を守ろうと頑張っておられる皆さんを心より、応援しています。(匿名希望)

 真実の報道のために、お役に立てればと思います。(匿名希望)

 IWJの皆さま 毎日貴重な情報をありがとうございます。少しですが寄付させて頂きます。疑心暗鬼の日々、私にとって唯一信頼できる情報源です。ずっと応援します!(匿名希望)

 新聞などでは報じられない情報を伝えてくれる、数少ないウォッチドックメディアである為(松本 泰明様)
=============================

 たくさんのメッセージをありがとうございます!IWJは皆様に支えられ、皆様とともに活動していることを改めて実感します。

 これからもどうぞ、岩上さんとIWJを応援してください。皆様のあたたかいメッセージに、岩上さんもスタッフも毎日大いに励まされています!

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします。
http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 まだ会員でない方は、この機会にぜひIWJ会員へのご登録をお願いいたします!

 一般会員の皆様はどうかサポート会員への切り替えのご検討をぜひお願いいたします!

 また、一度有料会員に登録したものの、なんらかのご事情で休眠会員となってしまった皆様、どうか再開をご検討ください!

 IWJの有料会員制度は1ヶ月1000円、支払いをまとめてお得な1年1万円の一般会員と、1ヶ月3000円、まとめてお得な年3万円からのサポート会員の2種類です。会費は、クレジットカード、銀行振込(ゆうちょ銀行を含む)でお支払いいただけます。

 IWJの活動は、会員の皆様のこの会費によって支えられています。詳細は下記URLより御確認ください。

※IWJ会員のご案内はこちらにあります。ぜひご検討ください。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

■【大阪北部地震続報】揺れが強かった地域では、同程度以上の『本震』が起きる恐れも!! /【公共性に鑑みフルオープン!】午後8時から「M7.3の熊本地震は南海トラフ地震の前兆か!? 岩上安身による立命館大学環太平洋文明研究センター・高橋学教授インタビュー! 2016.4.17(前編)」を再配信します!

 大阪府北部を震源とするマグニチュード(M)6.1、最大震度6弱の地震から一夜明けた6月19日、消防庁災害対策本部が午後7時現在の被害状況をまとめています。

※大阪府北部を震源とする地震による被害及び消防機関等の対応状況(第13報)(消防庁災害対策本部、2018年6月19日)
http://www.fdma.go.jp/bn/c21ce083e52c727cb24976ad5f6ed5f84374b4dd.pdf

 それによると、死者は6月19日午前11時になって、新たに大阪府高槻市の自宅で66歳男性が亡くなっているのが見つかり、大阪府で5人。負傷者は大阪府344人、兵庫県37人、京都府17人、奈良県4人、滋賀県3人、三重県2人、徳島県1人。

 住宅の一部破損は大阪府303棟、京都府206棟、奈良県3棟、兵庫県3棟でした。この時点で、大阪府では340ヶ所の避難所に1584人が避難し、京都府は8ヶ所42人が避難所生活を余儀なくされています。

 気象庁によると、6月18日午前7時58分ごろに震度6弱の地震が起きてから19日午後7時までに、震度4の余震が1回、震度3が3回、震度2が8回、震度1が17回起きています。

※大阪府北部の地震活動の最大震度別地震回数表(気象庁地震火山部、2018年6月19日)
http://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/2018_06_18_oosaka/jishinkaisu.pdf

 2016年4月の熊本地震では震度7の前震の2日後に、震度7の本震が発生したことから、東京大学地震研究所の平田直教授は、「揺れが強かった地域では、今後も同じ程度の揺れか、それ以上の揺れが起きる恐れもあり、今後の地震活動に注意してほしい」と述べています。

※「今後、同程度以上の揺れが起きる恐れも」(日本テレビ、2018年6月18日)
http://www.news24.jp/articles/2018/06/18/07396166.html

 ライフラインに関しては、関西電力によると、地震発生当初は一時17万戸が停電しましたが、2時間足らずで管内全域で復旧。通信と下水道も、大阪府内全域で復旧しています。

 一方、水道管損傷が原因とみられる断水は、大阪府吹田市や高槻市など広域にわたって発生しており、1995年の阪神・淡路大震災や2016年の熊本地震では復旧に最大3ヶ月を要しました。今後、大阪府の水道管の耐震化率の低さ(大阪府39.7%、東京63%)が問題になりそうです。

 茨木市、高槻市、摂津市、吹田市など約11万2000戸で都市ガスの供給を停止している大阪ガスは、東京ガスなど全国12事業者から約800人の応援要員を動員。2500人態勢で、6月25日を目処に完全復旧をめざしています。

※大阪北部地震、都市機能の隙突く 水道やガス止まる(日本経済新聞、2018年6月18日)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3192436018062018EA2000/

 交通機関では、主な鉄道各社は一時すべての運行を見合わせていましたが、18日夜までにJRの一部路線と大阪モノレールを除いて復旧しました。しかし、伊丹空港と門真市などを結ぶ大阪モノレールは、全線で運行再開の目処が立っていません。

 慣れない避難所生活や、自宅に戻れたとしても水道やガスが利用できないという皆様に、オンライン小冊子2点をご紹介します。少しでも被災後の暮らしの助けとなれば幸いです。

 東日本大震災を機に支援活動にあたった各団体の経験から得られた支援事例を、発災直後から復興期、常時にいたるまでの時間軸でまとめた小冊子「こんな支援が欲しかった!〜現場に学ぶ、女性と多様なニーズに配慮した災害支援事例集〜」は、被災地に入るボランティアの皆様はもちろん、避難生活を送る皆様にも非常に参考になる事例が多数集められています。

※「こんな支援が欲しかった!〜現場に学ぶ、女性と多様なニーズに配慮した災害支援事例集〜」完成しました!(東日本大震災女性支援ネットーク、2012年6月4日)
http://risetogetherjp.org/?p=2189

 2冊目の「サイコロジカル・ファーストエイド 実施の手引き 第2版」は大災害や大事故などが起こったとき、複数の被災者や被害者の皆様に、どのような「こころのケア」を提供できるかをまとめた心理的支援のマニュアルです。米国立PTSDセンターと、米国立子どもトラウマティックストレス・ネットワークが開発したものです。

※「サイコロジカル・ファーストエイド 実施の手引き 第2版」(兵庫こころのケアセンター、2009年3月)
http://www.j-hits.org/psychological/pdf/pfa_complete.pdf#zoom=100

 IWJでは2016年4月の熊本地震発災直後、岩上さんが立命館大学環太平洋文明研究センター・高橋学教授にインタビューをおこなっています。

 高橋教授は今回の大阪北部地震発災にあたり、「南海トラフ地震について、政府は30年以内に80%の確率で発生するとしているが、30年以内には今日も明日も含まれる」と、南海トラフ巨大地震の発生が近いと警鐘を鳴らしています。

※死者47万人「スーパー南海地震」の条件はいよいよ整った(iRONNA、2018年6月18日)
https://ironna.jp/article/9997

 今回のタイムリー再配信は公共性に鑑みて、会員非会員問わずフルオープンでお届けします!

=====================
【タイムリー再配信 181・IWJ_Youtube Live】20:00~「M7.3の熊本地震は南海トラフ地震の前兆か!? 岩上安身による立命館大学環太平洋文明研究センター・高橋学教授インタビュー! 2016.4.17(前編)」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/297447
=====================

 岩上さんは高橋教授のほか、様々な分野の専門家に様々な角度から、この「地震列島」についてインタビューをおこなってきました。ぜひ、以下のインタビューもご覧ください。

※【公共性に鑑みフルオープン!】日本最大の活断層「中央構造線」が動いた!? 「南海トラフ地震」まで残り時間は30年? 関西学院大学災害復興制度研究所客員研究員・青木正美氏が第49回ロックの会で緊急警告! 2016.4.15
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/296858

※「原発安全神話」には御用“地震”学者の陰!地震学世界的権威が証言!熊本・大分大地震はさらなる巨大地震の前兆か!?岩上安身による島村英紀教授インタビュー 2016.4.25
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/299324

※牙をむいた活断層!熊本・大分大地震を検証! 変動地形学学者 渡辺満久教授(東洋大)インタビュー(聞き手・IWJ記者 原佑介) 2016.6.7
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/306957

※阿蘇山噴火は大規模な噴火の連鎖の予兆かもしれない!? 大地震の可能性に警鐘を鳴らしてきた立命館大学環太平洋文明研究センターの高橋学教授が大噴火のシナリオを解説! 2016.10.10
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/337649

※3.14 伊予地震は予測されていた:測量学が挑む新たな地震予測 ~岩上安身による村井俊治氏インタビュー 2014.3.17
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/129791

■<大阪北部地震取材報告>まだ警戒を解かない方がいい…大阪ではまだまだ余震が続く。IWJ記者も大阪入りし取材中!

 IWJからは上杉記者が19日に大阪入りし、取材を始めています。19日朝の時点ではJRや私鉄の一部が復旧していなかったため、上杉記者は京都から大阪入りしましたが、18日の会見で菅官房長官が「まいかた」と読んだ大阪府枚方(ひらかた)市に入ったころから、一部崩壊した瓦屋根にブルーシートをかぶせる人の姿がチラホラと見えたものの、倒壊した建物の姿など、道のりには地震を感じさせるものは見当たらなかったとのことです。

※菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」(日刊ゲンダイ、2018年6月19日)
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/231506

 取材相手の中には東日本大震災と福島原発事故を体験して、3.11後に、宮城県から大阪府に移住した方もいるとのことです。2度の震災の遭遇経験にもとづく「まだ警戒は解かない方がいい」という言葉は、被災地のみならず、日本に住む私達すべてが心する必要があるでしょう。

 他にも大阪市内で不動産業を営んでいる方の、今回交通機関が1日でほぼ復旧したというのは「たまたま運が良かった」のであり、南海トラフ地震などの破局的な災害が起これば、とてもこれどころでは済まないだろうという不安の声をお聞きしています。

 上杉記者は時間の許す限り大阪の街を歩いて取材を行い、本日10時過ぎに行われる予定の松井一郎大阪府知事の会見にも出席します。これらの詳しい取材結果は上杉記者が戻り次第、急ぎアーカイブにアップする予定ですので、今しばらくお待ち下さい。

=======================
【ツイキャス・エリア Ch2・大阪】10:00以降~「松井一郎 大阪府知事 囲み会見」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_areach2
=======================

■加計学園の加計孝太郎理事長が、ようやく記者会見に!大阪北部地震の翌日に記者会見を開く意図は明白!? 安倍総理との面談について、「記憶にも、記録にもない」と否定!

 2017年3月8日の衆院文科委員会で、民進党の福島伸享議員が「第二の森友問題」として政府を追及して以来、2018年4月3日の岡山理科大獣医学部(愛媛県今治市)の入学式を除けば、頑としてメディアの前に姿を現さなかった加計学園の加計孝太郎理事長が6月19日、突然、「緊急理事会開催にともなう報告会見」と称し、岡山市北区の学園本部で午前11時から記者会見を開きました。

※加計氏、3年前の首相面会「記憶も記録もない」(読売新聞、2018年6月19日)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180619-OYT1T50026.html

 記者からの「会見はいつ決まったのか」との質問に、加計理事長は「今朝です」と答えました。大阪北部地震があった翌朝、加計学園は同日午前9時に記者クラブ加盟各社に参集をかけ、「緊急」理事会後、午前11時から会見を開いたことになります。

 学園側の意図は明白と言わざるを得ません。わずか2時間では在京メディアはたどり着けません。在阪メディアは震災取材が最優先でしょう。こうして、これまで加計問題を追い続けてきた記者らの多くは、物理的に会見から排除されたといえるでしょう。

 加計理事長は冒頭発言で、「2015年2月25日に理事長が安倍晋三総理と面会し、総理が『そういう新しい獣医大学の考えはいいね』とコメントした」と記されていた、愛媛県が国会に提出した文書をめぐり、学園職員に不適切な発言があったことを愛媛県や今治市などに謝罪しました。

 また、理事会での決議事項として、面会を捏造するという不適切な発言があった渡邉(北村)良人事務局長(常務理事)に給与10%を6ヶ月間減給、加計理事長自身も10%を1年間自主返納との処分を発表しました。

 しかし、6月9日までに文科省で、愛媛県の新文書と同じタイトルの「新しい教育戦略」という資料が見つかりました。これは5月22日、共産党の吉良よし子参院議員らが参院文科委員会で資料要求したもので、県文書の内容を裏づけ、その信憑性を高めることにつながり、安倍総理と加計学園のウソが決定的と言わざるを得なくなりました。

※【森友・加計疑惑追及 最新動向】8億円値引きした森友学園用地に、国が最大10億円の借り入れ承認!2015年2月25日、安倍総理と加計理事長の面会後、獣医学部新設も動き出した!! 2018.6.15
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/424749

 その後の質疑では当然、記者らはこの点を加計理事長に質すべきでしたが、「なぜ虚偽の説明をしたのか?」と加計学園側がでっち上げたストーリーを問い、「3年前のことなので、記憶にも記録にもない」とかわされ、自身を「腹心の友」と呼ぶ安倍総理との関係については、「何十年来の友人だから、仕事の話をするのはやめようというスタンスで会っている」と逃げ切られました。

 わずか25分ほどの会見でした。

 減給処分となった渡邉事務局長は5月31日、中村時広愛媛県知事が不在であることを承知しながら愛媛県庁を訪問し、県側に謝罪。その後の記者とのやりとりは、ニヤニヤ笑いながら、安倍総理と加計理事長の面談を否定しました。加計学園の経営陣の振る舞いには、誠意が決定的に欠けています。こんな人物たちが教育に携わっていてよいのでしょうか。
 
 加計学園をめぐる問題に関しては、IWJは岩上安身によるキーパーソンのインタビューをはじめ、数多くのコンテンツを発信し続けています。ぜひご覧ください。

※「加計ありき」を示す新たな文書が明らかに! 国家戦略特区の「真っ暗闇ルール」に隠された真実に迫る!~5.18岩上安身による日本共産党・田村智子参議院議員インタビュー 2018.5.18
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/421634

「安倍一強」崩壊へのカウントダウン開始か!?相次ぐリークに制御不能の安倍政権にとどめを刺すか「森友・加計問題」!岩上安身による立憲民主党逢坂誠二衆院議員インタビュー 2018.4.12
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/417694

■<昨日の岩上さんのインタビュー報告>「本物の保守」がすべきことは「国を守ること!」米国側の要求に従って日本の農業を売り渡そうとする政府を痛烈に批判! 岩上安身による東京大学大学院農学生命科学研究科・鈴木宣弘教授インタビュー第2弾

  岩上さんは昨日19日、東京大学大学院農学生命科学研究科・鈴木宣弘教授インタビュー第2弾をおこないました!

 11日におこなった前回のインタビューでは、G7サミットで浮き彫りになった日本の米国追従ぶりや、日本政府がTPP(環太平洋パートナーシップ協定)に固執することの危険性について、鈴木教授にお話をうかがいました。

 TPPや日米FTAを推進することは、日本の農業を犠牲にしてグローバル企業の利益を生み出すことにつながりました。いったい、「保守」を自称する安倍晋三政権が、なぜ、このような「売国」行為を前のめりになって進めようとするのでしょうか?

 昨日のインタビューでは、TPPや日米FTA推進の背後に潜む日米合同委員会や、規制改革推進会議についてメスを入れていきました。特に、日米合同委員会は日本が主権を喪失した状態であることを象徴した機関です。

 この日米合同委員会は、全農を株式会社化して買収し、日本の食料流通の最大のパイプを握ることを企てているといいます。そして、日米合同委員会から全農株式会社化の密命を受けたのは、ある現役官僚だというのです!

 この現役官僚の正体と名前は、フルオープン時には公開していませんが、会員限定配信時にお伝えしています。会員登録がお済みでない方は、ぜひ、この機会に会員登録のご検討をお願いします!

※IWJ会員のご案内はこちらにあります。ぜひご検討ください。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 岩上さんによる鈴木教授インタビューは、ただ今、急いでアップ作業中です。録画がアーカイブにアップされるまで、もうしばらくお待ちください。

 また、鈴木教授インタビューは、第3弾を予定しています。ぜひ、鈴木教授インタビューの第1弾、第2弾とあわせてご覧ください!

※「食料は武器、標的は日本」TPP11、日米FTA、日欧EPAで日本農業は壊滅!安倍政権に貿易政策は任せられない!~6.11岩上安身による東京大学大学院農学生命科学研究科 鈴木宣弘教授インタビュー 2018.6.11
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/424311

■岩上さんが橋下徹元大阪府知事から名誉毀損で訴えられたスラップ訴訟。6月21日の第二回口頭弁論まであと1日! いよいよツイート内容の真実性・真実相当性を争います! 第二回口頭弁論の案内用紙を作成しましたので、ぜひ、ダウンロードして印刷し、ご家族やご友人にお配りください! どうか、大阪地裁1010法廷の傍聴席をいっぱいに埋めてください! 報告集会も行われます!

 岩上さんが橋下徹元大阪府知事から名誉毀損で損害賠償請求されているスラップ訴訟の第二回口頭弁論まで、あと1日となりました! 第二回口頭弁論は、6月21日木曜日の午前11時から、大阪地裁1010法廷で開かれます。

※大阪地裁 所在地
大阪府大阪市北区西天満2-1-10
http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/index.html

 また、法廷終了後には、大阪弁護士会館11階1110号室にて報告集会も行われます!ぜひ、報告集会もご参加ください!

※大阪弁護士会館 所在地
大阪府大阪市北区西天満1-12-5
http://www.osakaben.or.jp/web/02_access/

 この裁判は、「橋下氏が大阪府知事だった時代に、府の幹部を自殺に追い込んだ」という内容のツイートを岩上さんがリツイートし、その後削除したにもかかわらず、橋下氏がこのリツイートしたという行為が「名誉毀損にあたる」と主張して損害賠償請求を起こした典型的なスラップ訴訟です。

 「リツイートしたことが名誉毀損だ」という、橋下氏の主張のため、今までその元ツイートの内容を明かすことを差し控えてきました。さらに名誉毀損になるおそれがあるからです。しかし、前回の口頭弁論の場で「真実性について書面を用意してください」という裁判長からの、法廷の場での指示があり、第二回口頭弁論では、そのツイートの内容をめぐって真実性・真実相当性を争うことになります。従って、ツイート内容をもうこれ以上伏せておくことはできません。

 そもそも、橋下氏が大阪府知事に就任後、大阪府庁内で自殺者が急増したことは、すでに数々の報道がなされている客観的な事実です。さらに、橋下氏が府職員に対して度を超えた労働強化をはかり、時に激しく叱責したことと、府の職員の自殺の因果関係を問うことは、現在国会で審議中の「働き方改革関連法案」によって拍車がかかるのではないかと懸念されている、過労死問題や過労自殺問題にもつながる、まさに現在進行形のテーマでもあります。この問題に論及することは、公共性も公益性もあります。

 岩上さんと岩上さんの弁護団は、このツイート内容の真実性・真実相当性を立証するため、証拠を揃えて今回の第二回口頭弁論に臨みます。第二回口頭弁論は、6月21日午前11時より1010法廷で行われる予定です。

 今回も、口頭弁論と報告集会の案内用紙を作成しました。以下のURLからダウンロードできます。ぜひ、ダウンロード、印刷し、皆様のご家族やご友人にもお配りして拡散してください! ご協力のほど、よろしくお願いいたします!

※案内用紙のPDFはこちらからダウンロードできます
https://iwj.co.jp/wj/open/wp-content/uploads/2018/01/180616_424827_0621fryer.pdf

 どうか皆様、ぜひ、大阪地裁までいらして法廷の傍聴席をいっぱいに埋めてください。この裁判への世間の関心の高さを示すことで、安易にスラップ訴訟を許してはならないこと、過労やパワハラで自殺が絶えないような労働環境を変えてゆく必要性があることを、裁判官に無言で訴えていただきたいと思います。

※大阪地方裁判所HP
http://www.courts.go.jp/osaka/

 また、今回は司法記者クラブでの記者会見はおこないません。この裁判に関心のある方は、記者やジャーナリストの方、一般の方を問わず、ぜひ裁判後の報告集会にご参加ください! 場所は大阪弁護士会館11階、1110号室です。午前11時30分より入室できます。裁判が終わり次第報告集会をおこないます。

 この裁判では、これまでにかかった裁判関連費用がすでに100万円を超えました。大阪までの交通費、宿泊費、そして弁護団の6名の弁護士へ弁護をお願いする経費や報酬など、裁判関連費用はこの先いくらかかるかも見通しがつきません。

 この裁判には、権力や財力をもつ者がネットにおける言論の自由を封殺するという問題と、裁判所という公的な機関をスラップ訴訟の乱発によって疲弊させてしまうという、公益性にかかわる重大な問題がかかっています。今後私たち市民一人ひとりの発言の自由にかかわってくるものです。ぜひご注目いただきたく思います。そして、皆様からのさらなるご支援をお願いしたいと思います。裁判費用へのご支援を、どうぞよろしくお願いいたします!

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします
http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

※ネットにおける言論の自由を守る! 岩上安身が橋下徹氏からのSLAPP訴訟に応訴で立ち向かう!
https://iwj.co.jp/wj/open/iwakamiyasumi_slapp

 それでは本日も1日、よろしくお願いいたします!

IWJ編集部(岩上安身、松本聰、上杉英世、川上正晃、段田亜由美)
IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 http://iwj.co.jp/