日刊IWJガイド「TPP11が13日午前の参議院本会議で可決!関税収入激減の埋め合わせで増税!?/本日午後4時山田正彦氏らによるパネルディスカッション『水道法改正で何が起こるのか?公共インフラの民間委託は良いことなのか!? 水道法改正・PPP(公民連携)、 PFI(民間資金活用)推進施策の問題点を指摘!』を再配信!/与党の審議拒否を理由に野党が内閣委員長解任決議案を提出! IR実施法案の採決は15日以降にずれ込む見込み! IR実施法の危険性は国内にとどまらない!? シオニスト養成にも関与!/本日と明日午後8時『カジノ構想で悪化する格差と貧困、依存症問題 ~カジノ・ギャンブル問題に詳しい新里宏二弁護士への岩上安身によるインタビュー』を2夜連続で再配信!/<新記事紹介>【岩上安身のツイ録】非核化コスト200兆円は日韓が負担する!? 戦費の場合は900兆円!? 蚊帳の外に置かれたまま請求書を突きつけられた安倍総理以下日本政府は、なぜだんまりなのか!?/<新記事紹介>加藤厚労大臣の虚偽答弁疑惑についてIWJが直撃質問! 高プロのニーズに関するヒアリングは『厚生労働省の事務方を通じて聞いた』とあっさり認める!/<新記事紹介>無所属の会・江田憲司議員『加計問題も森友問題も加計孝太郎氏と安倍昭恵氏の国会招致がなければ国民は理解、納得しない!』国会会期末が近づくなか野党議員らが緊急集会~安倍暴走政権に『怒!』5.18野党合同緊急院内集会/『希望の牧場・ふくしま』代表の吉沢まさみ氏が浪江町長選に出馬へ!『浪江町とともに決死救命、団結!そして希望へ!』」2018.6.14日号~No.2100号~


■■■ 日刊IWJガイド「TPP11が13日可決!関税収入激減の埋め合わせで増税!?/本日午後4時山田正彦氏らによるパネルディスカッション『水道法改正で何が起こるのか?公共インフラの民間委託は良いことなのか!? 水道法改正・PPP(公民連携)・PFI(民間資金活用)推進施策の問題点を指摘!』を再配信!/IR実施法案の採決は15日以降にずれ込む見込み! IR実施法の危険性は国内にとどまらない!? シオニスト養成にも関与!/本日と明日午後8時『カジノ構想で悪化する格差と貧困、依存症問題~カジノ・ギャンブル問題に詳しい新里宏二弁護士への岩上安身によるインタビュー』を2夜連続で再配信!/<新記事紹介>【岩上安身のツイ録】非核化コスト200兆円は日韓が負担する!? 戦費の場合は900兆円!? 蚊帳の外に置かれたまま請求書を突きつけられた安倍総理以下日本政府は、なぜだんまりなのか!?」2018.6.14日号~No.2100号~ ■■■
(2018.6.14 8時00分)

 おはようございます。IWJ編集部です。

 梅雨らしく、すっきりしない天気が続いています。東京地方は今夜から週末にかけて、また雨の予報が出ています。雨が続くと週末の屋外での集会や抗議活動では、想像以上に体力を消耗します。十分にご注意ください。IWJはもちろん出動します!

★本日の日刊IWJガイドは以下の内容でお届けします!

┏━━【目次】━━━━━━━━━━━━
┠■【中継番組表】
┠■TPP11が13日午前の参議院本会議で可決!関税収入激減の埋め合わせで増税!?/本日午後4時より山田正彦氏らによるパネルディスカッション「水道法改正で何が起こるのか?公共インフラの民間委託は良いことなのか!? 水道法改正・PPP(公民連携)・PFI(民間資金活用)推進施策の問題点を指摘!」を再配信します!
┠■与党の審議拒否を理由に野党が内閣委員長解任決議案を提出! IR実施法案の採決は15日以降にずれ込む見込みに! IR実施法の危険性は国内にとどまらない!? シオニスト養成にも関与!/本日と明日、午後8時より「カジノ構想で悪化する格差と貧困、依存症問題 ~カジノ・ギャンブル問題に詳しい新里宏二弁護士への岩上安身によるインタビュー」を2夜連続で再配信します!
┠■<新記事紹介>【岩上安身のツイ録】非核化コスト200兆円は日韓が負担する!? 戦費の場合は900兆円!? 蚊帳の外に置かれたまま請求書を突きつけられた安倍総理以下日本政府は、なぜだんまりなのか!?
┠■<新記事紹介>加藤厚労大臣の虚偽答弁疑惑についてIWJが直撃質問! 高プロのニーズに関するヒアリングは「厚生労働省の事務方を通じて聞いた」とあっさり認める!
┠■<新記事紹介>無所属の会・江田憲司議員「加計問題も森友問題も加計孝太郎氏と安倍昭恵氏の国会招致がなければ国民は理解、納得しない!」国会会期末が近づくなか野党議員らが緊急集会~安倍暴走政権に「怒!」5.18野党合同緊急院内集会
┠■「希望の牧場・ふくしま」代表の吉沢まさみ氏が浪江町長選に出馬へ!「浪江町とともに決死救命、団結!そして希望へ!」
┠■第8期も残り1ヶ月半。今季末、IWJが赤字に転落してしまうかどうかのボーダーラインまで、あと1100万円必要です! 現状、非常に厳しくなってまいりました!よりいっそうのご支援をよろしくお願いいたします!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2018.6.14 Thu.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【タイムリー再配信 175・Ch6】16:00~「水道法改正で何が起こるのか?公共インフラの民間委託は良いことなのか!?水道法改正・PPP(公民連携)/ PFI(民間資金活用)推進施策の問題点を指摘!」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=6

 2017年4月に収録した「まちの自治と暮らしを守る市民と議員の会」主催のパネルディスカッションと意見交換会を再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/374284
——————-

【Ch2】17:00~「東京電力 定例会見」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=2

 東京電力による記者会見を中継します。
——————-

【録画配信・IWJ_AOMORI1】17:00~「止めよう!核燃料サイクル政策 渡辺謙一さん講演会」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=aomori1

 6月9日収録。映画「核の大地・プルトニウムの話」脚本・監督の渡辺謙一さんを講師に迎えて開催された講演会を録画配信します。主催は「進め!Dr.大竹の会」。
——————-

【Ch4】17:30~「加計学園『首相案件』問題 野党合同ヒアリング ―内容:2015年2月25日に安倍総理と加計理事長が面談したと記載された愛媛県の報告について ほか」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4

 加計学園「首相案件」問題の野党合同ヒアリングを中継します。
——————-

【タイムリー再配信 176・IWJ_Youtube Live】20:00~「カジノ構想で悪化する格差と貧困、依存症問題 ~カジノ・ギャンブル問題に詳しい新里宏二弁護士への岩上安身によるインタビュー(前半)」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2014年1月収録の、岩上安身による新里宏二弁護士インタビューを再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/122733

========

◆中継番組表◆

**2018.6.15 Fri.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【Ch6】18:45~「#0615仕事帰りの新橋デモ」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=6

 高度プロフェッショナル制度に反対する「#0615仕事帰りの新橋デモ」を中継します。
——————-

【タイムリー再配信 177・IWJ_Youtube Live】20:00~「カジノ構想で悪化する格差と貧困、依存症問題 ~カジノ・ギャンブル問題に詳しい新里宏二弁護士への岩上安身によるインタビュー(後半)」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2014年1月収録の、岩上安身による新里宏二弁護士インタビューを再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/122733

▲▽▲▽官邸前抗議関連 ▽▲▽▲

【Ch5】18:30~「再稼働反対!首相官邸前抗議」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

 「首都圏反原発連合」の呼びかけで開催される首相官邸前抗議を中継します。
——————-

【IWJ_TOKYO8】18:00~「原発反対八王子行動」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=tokyo8

 「キンパチデモ実行委員会」主催の原発反対八王子行動を中継します。

========

◆中継番組表◆

これ以降の予定で決定しているものは、以下のカレンダーよりご覧いただけます。あわせてご確認ください。

→「配信カレンダー」 https://iwj.co.jp/channels/main/calendar.html
(あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

加藤厚労大臣の虚偽答弁疑惑についてIWJが直撃質問! 高プロのニーズに関するヒアリング「厚生労働省の事務方を通じて聞いた」とあっさり認める!
~6.12 加藤勝信 厚生労働大臣 定例記者会見
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/424411

雨の中、2万7000人が国会前で安倍政権退陣を求めて抗議!山口二郎・法政大教授「一言で言って近代国家の崩壊!野蛮国家への逆行!」~安倍政権の退陣を要求する6・10国会前大行動
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/424247

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■TPP11が13日午前の参議院本会議で可決!関税収入激減の埋め合わせで増税!?/本日午後4時より山田正彦氏らによるパネルディスカッション「水道法改正で何が起こるのか?公共インフラの民間委託は良いことなのか!? 水道法改正・PPP(公民連携)、PFI(民間資金活用)推進施策の問題点を指摘!」を再配信します!

 米国を除く環太平洋経済連携協定(TPP)参加11カ国の新協定「TPP11」が昨日13日午前の参院本会議で、自民、公明の与党と「ゆ党」の維新の賛成多数で可決されました。今国会で審議中のTPP11関連法案も成立してしまえば、TPP11の国内手続きの完了となります。

 TPP11は6カ国が国内手続きを終えた60日後に発効する規定になっています。すでにメキシコが国内手続きを終えており、おそらく日本は2番目となりそうです。各国の手続きが順調に進むと、年内にもTPP11が発効することになってしまうでしょう。

 このことを報じた日本経済新聞は一方的にTPP11のメリットだけを紹介しています。

 「TPP11は農作物や工業品の輸出入の関税を引き下げるほか、ビジネスのルールを統一する内容だ。日本の消費者は安く肉や野菜が手に入りやすくなる。企業は海外との投資や取引がしやすくなる」

※TPP11を国会承認 年内発効めざす(日本経済新聞 2018年6月13日)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3169691013062018MM0000/

 日本「経済」新聞はどうしてかくも呑気なのでしょう。「経済」を冠する新聞は、関税には財政収入としての役割があることがわからないのでしょうか。関税収入が皆無となった結果、その減収を補うためまたも増税となれば消費者の利益は減殺されてしまいます。まさかとは思いたいですが、TPP11が発効したので消費増税に訴えるというのであれば、消費者は直接的な不利益を被ります。

※「骨太の方針」原案 消費税増税は中止すべきだ(しんぶん赤旗 2018年6月8日)
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-06-08/2018060801_05_1.html

 また、「安い肉や野菜」が入ってくることがTPP11のメリットのように日経新聞は考えているようです。しかしながら、なぜ安く売れるのか、「経済」と名乗る新聞は関心を持っていないようです。

 その昔、第一次世界大戦中の日本は、長時間低賃金労働を駆使し、「穴の開いた靴下」や「血のついた」激安商品を、洪水のように輸出して諸外国から顰蹙を買いました。とくに「血のついた」というのは、本当に汚損されていた点と日本の長時間労働とを、あわせて詰問する二重の意味で、ヨーロッパ各国の代表が日本の担当者に対し、第一次大戦の講和会議の場で放った一言です。激安価格の前提には、労働者の酷使があり、品質の管理もできていませんでした。

 靴下なら見た目で判別できますが、日経新聞がメリットとして推しているのは「安い肉や野菜」という食品です。安全性の問題がおざなりにされてもかまわないのでしょうか。また、激安価格でも利益が出るような経営がどのようなものかご存知でしょうか。

 家畜を飼育施設に密集させエサを与え続けることによって、その施設が糞尿まみれになることは避けられないことは言うまでもないでしょう。しかし、この問題は単なる動物愛護にとどまりません。もし「経済」を扱う報道をおこなうのであれば、そのような環境で働く人々に目を向ける必要があります。土地売買、飼料栽培、飼育と食肉加工、販売と連鎖する暴力の数々を暴き出したデヴィド・A・ナイバードは、食肉産業で働く労働者の惨状を次のように述べています。

 「合衆国が支配する自国の絶望的経済から逃れようと、メキシコや中米を出た人々の多くは、仕事と良い賃金を求めて合衆国に入って来る。(中略)大抵はビザを持たず、仕事を求めるのに必死で、英語は使えず、地域の支えも得られないとあって、かれらは搾取し放題の、ゆえに『食肉』産業にとっては理想的な労働者であり、屠殺場では低賃金を貰いながら、怯えて暴れる他の動物を途轍(とてつ)もない速さで屠っていく危険な恐ろしい業務を課される」

 こんな状況で食品の安全・衛生が保てるでしょうか? 労働者の安全すら軽視する経営において食品の安全性が確保されるはずがありません。単に価格が下がることに浮かれ、なぜ低価格で販売が可能なのか問わない「経済」報道こそ「偏向報道」と言わざるを得ません。

※デヴィド・A・ナイバード著、井上太一訳『動物・人間・暴虐史:“飼い貶し”の大罪、世界紛争と資本主義』(新評論、2016年)(https://amzn.to/2HIhURV

 TPP11のような野放図の自由貿易協定が抱える問題点に関し、岩上さんは11日、東京大学大学院農学生命科学の鈴木宣弘教授にインタビューしています。急ぎ会員向けアーカイブにアップいたしますので今しばらくお待ちください。そして、第2弾も企画中ですのでこちらにもご注目ください。

 さらに、遺伝子組み換え種子や、家畜の成長ホルモンなど、むやみな増産のために人工的な操作を受けた作物や畜産品が出回っています。これらは、TPP11のような極端な規制が緩い協定が発効したら、一層氾濫するものと思われます。こうした類の商品の危険性について、岩上さんは日本有機農業研究会理事の安田節子氏にインタビューしています。こちらもあわせてご覧ください。

※種子法廃止を決めた規制改革推進会議は「外資の要求受け入れ窓口」!? 米国のTPP復帰はどうなる!? 岩上安身による日本有機農業研究会理事・安田節子氏インタビュー 2018.2.12
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/412020

 なお、規制緩和の暴挙は、水道という生命に直結するインフラにもおよんでいます。13日夜の時点ではマスコミ報道では取り上げられていませんが、昨日参議院本会議で公共施設の運営権に民間企業が参入できる「PFI法改正案」が可決してしまいました。

 IWJではこれまでにも水道民営化の危険を訴え続けています。

※食い物にされる水道民営化・ダム・治水――国富を売り渡す安倍政権の水政策の裏を暴く!岩上安身による拓殖大学准教授・関良基氏インタビュー 2017.4.25
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/375521

※水道、種子、そして教育――森友学園事件の裏で「いのち」と「くらし」を破壊するトンデモ法案が今国会でコッソリ審議されている!! 公共財を売り渡す手口は森友問題と同じ!! 山田正彦元農水相が3月15日(水)15時より緊急勉強会を開催 2017.3.15
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/368578

※【国会ハイライト】「口利きだけでなくルールまでも変えてお仲間に便宜を図るやり方ではないか?」自由党・山本太郎参議院議員が加計学園疑惑、水道民営化について追及! 2017.3.19
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/369485

 また、本日は午後4時より、2017年4月16日に開かれた、山田正彦氏らによるパネルディスカッション「水道事業民営化の問題点」を再配信いたします。ぜひご覧ください。

—————-
【タイムリー再配信 175・Ch6】6月14日(木)16:00~
「水道法改正で何が起こるのか?公共インフラの民間委託は良いことなのか!? 水道法改正・PPP(公民連携)/ PFI(民間資金活用)推進施策の問題点を指摘!」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=6
—————-

■与党の審議拒否を理由に野党が内閣委員長解任決議案を提出! IR実施法案の採決は15日以降にずれ込む見込みに! IR実施法の危険性は国内にとどまらない!? シオニスト養成にも関与!/本日と明日、午後8時より「カジノ構想で悪化する格差と貧困、依存症問題 ~カジノ・ギャンブル問題に詳しい新里宏二弁護士への岩上安身によるインタビュー」を2夜連続で再配信します!

 昨日、6月13日に、衆議院内閣委員会で強行採決が予想されていた統合型リゾート(IR)実施法案は、12日夕、立憲民主党などの野党が、与党の審議拒否を理由に、内閣委員長の解任決議案を提出したため、流会になりました。

 与党側は本日の衆院本会議で同決議案を否決した上で、明日15日の内閣委員会と本会議で法案を可決し、参院に送付する方針を目論んでいます。

※カジノ、週内衆院通過で一致=参院審議踏まえ延長判断-与党(時事ドットコムニュース、2018年6月13日)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018061300177&g=pol

 昨日も、日刊ガイドで、その危険性をお伝えしたIR実施法案ですが、この法案は国内にギャンブル依存症を作り出すという意味で危険であるばかりか、イスラエルのガザ地区で今、パレスチナ人たちの命が日々失われている問題と関連があることを強調しておく必要があります。

 この法案を与党が強行採決しようとやっきになっている陰には、ユダヤ系米国人の実業家シェルドン・アデルソン氏の存在があります。アデルソン氏は大阪夢洲でのIRの投資・運営主体となる可能性が高いカジノリゾート運営会社「ラスベガス・サンズ」の会長です。

 アデルソン氏は、トランプ米大統領の大口のスポンサーの一人で、11月の中間選挙に向けて、トランプ大統領はアデルソン氏の資金協力を必要としています。今、自民党が強行採決をしてでも、IR実施法案を通そうとしているのは、この法案を交換条件にしたアデルソン氏によるトランプ大統領への中間選挙資金協力という点を抜きには考えられません。

※強行採決狙うカジノ法案 裏に安倍首相とトランプの“密約”(日刊ゲンダイ、2018年6月12日)
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/230942

 米国とイスラエルの二重国籍を持つアデルソン氏は、イスラエルではネタニヤフ首相の熱烈な支持者であり、イスラエル国内で第二位の発行部数を誇るフリーペーパー『イスラエル・ハヨム』を発行して、ネタニヤフ首相の政策を支持する急進的右派の言論活動を展開しています。また、カジノや不動産業で得た収益を基に、アデルソンファミリー基金を運営し、イスラエルと米国のシオニストを支援する活動を活発に行っています。

・ADELSON FAMILY FOUNDATION
http://www.adelsonfoundation.org/AFF/guidelines.html

 「シオニスト」といえば「ユダヤ人」と思いがちですが、米国内の「クリスチャンシオニスト」こそがトランプ政権の中東政策を理解する上で最大の鍵となります。

 米国国民の4分の1(約8000万人)がキリスト教福音派に属しているとされ、そのうちの4分の3が白人。そして、白人の福音派の8割以上が、昨年の大統領選でトランプ大統領に投票しました。原理主義的な福音派は、聖書を絶対視し、全パレスチナのユダヤ化が実現し、ハルマゲドンが起こり、選ばれし者が空中携挙されて救われ、ユダヤ教徒が皆、キリスト教徒へ改宗し、イエスが再臨するという特異な神学を信じ、実際に我が手で実現させようとしています。

 この話は、5月17日に岩上さんが放送大学の高橋和夫名誉教授に詳しくおうかがいしています。ぜひご覧ください。

※イラン核合意から離脱し、エルサレムに大使館を移したトランプ政権の「異常」な中東政策は、キリスト教福音派の預言成就願望とユダヤロビーに答えたもの!? 〜 岩上安身による放送大学・高橋和夫名誉教授インタビュー 2018.5.17
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/421493

 日本のカジノで得た収益は、フリーペーパー『イスラエル・ハヨム』を通じて、イスラエルの急進的右派であるネタニヤフ政権を支え、さらに、その支持者も作り出すだけでなく、ファミリー基金を通じて米国とイスラエルのシオニストを養成しているのです。

 イスラエルのシオニスト政権が今年3月の「帰還の大行進」以降、パレスチナのデモに参加している一般市民やボランティアの救急医療関係者、ジャーナリストなどを実弾で殺害し続けていることはこれまでIWJでもお伝えしてきました。

※イスラエル兵の実弾がパレスチナ人の無防備な身体と「衝突」!? BBCはイスラエルがガザで犯した残虐行為を正当化している!早尾貴紀氏が注目したハミド・ダバシ氏による「『西側メディア』と大衆欺瞞」をIWJが一挙仮訳! 2018.5.13
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/421141

※【シリーズ『パレスチナの民族浄化』を読む第3弾!】~『大災厄(ナクバ)』の日70年を目前に米大統領がエルサレムに移転!ガザでは今日もイスラエルが非武装の市民を殺戮している!岩上安身による 東京経済大学 早尾貴紀准教授インタビュー 2018.5.14
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/421128

 日本のカジノで得られた収益がイスラエルによるパレスチナ人虐殺や「入植」と呼ばれるパレスチナの土地の略奪に直接つながることに対して、日本人はもっと声をあげるべきでしょう。

 さらに、統合型リゾート施設が、経済波及効果をまったくもたらさず、周辺経済の衰退を招くことを検証したIWJの記事もぜひ御覧ください。

・【IWJブログ・特別寄稿】日本人の金融資産を海外カジノ業者に差し出す“安倍売国奴政権”――国富流出や地域破壊を招く“カジノミクス(IR)法案”ゴリ押しで外資の巨大投資を先導(ジャーナリスト・横田一) 2016.12.13
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/352076

 IWJでは本日と明日午後8時より、2014年1月30日に収録した、カジノ・ギャンブル問題を追求し続けている新里宏二弁護士への岩上さんのインタビューを2夜連続で再配信致します。こちらは公共性に鑑み、全編フルオープンでお送りいたします。ぜひご覧ください。

—————-
【タイムリー再配信 176・IWJ_Youtube Live】6月14日(木)20:00~
「カジノ構想で悪化する格差と貧困、依存症問題 ~カジノ・ギャンブル問題に詳しい新里宏二弁護士への岩上安身によるインタビュー(前半)」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

【タイムリー再配信 177・IWJ_Youtube Live】6月15日(金)20:00~
「カジノ構想で悪化する格差と貧困、依存症問題 ~カジノ・ギャンブル問題に詳しい新里宏二弁護士への岩上安身によるインタビュー(後半)」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi
—————-

■<新記事紹介>【岩上安身のツイ録】非核化コスト200兆円は日韓が負担する!? 戦費の場合は900兆円!? 蚊帳の外に置かれたまま請求書を突きつけられた安倍総理以下日本政府は、なぜだんまりなのか!?

 12日の米朝首脳会談後の記者会見で、トランプ米大統領が、北朝鮮の非核化の費用は「韓国と日本が大いに助けてくれる」と述べました。この発言を受けて、菅義偉官房長官は13日、「IAEA(国際原子力機関)が検証活動を再開する際は初期コストを支援する用意がある」と、衝撃的な見解を示しました。

※菅氏「非核化コスト支援、IAEA活動時に」検証が前提(朝日新聞、2018年6月13日)
https://digital.asahi.com/articles/ASL6F3TR2L6FUTFK004.html

 北朝鮮の非核化の費用は最大で約215兆円を超えるともいわれています。これほど費用が莫大になる可能性があるにもかかわらず、非核化の費用がどれくらいになるのか、日本政府がその見通しを示すこともなく「初期コストを支援」するとは、「お人好し」なのではなく、ただの「売国・亡国」と言わざるを得ません。

※韓経:北朝鮮の核廃棄に数百兆ウォン必要…韓国が70%以上抱える可能性も(中央日報、2018年6月5日)
http://japanese.joins.com/article/006/242006.html

 また、菅官房長官は「日本にミサイルがいつ飛んでくるという状況は、明らかになくなったのではないか」との見解も示しました。ずっと北朝鮮の脅威を煽り続けてきたとは思えないほどの手のひらを返した発言ですが、これも、トランプ大統領が今のところは北朝鮮に歩み寄る態度を示したことで、それに付き従っているに過ぎないということなのでしょうか。

 もはや蚊帳の外が定位置となりつつある安倍晋三総理以下日本政府ですが、岩上さんは、今の日本が置かれている状況について、御用メディアの存在や朝鮮半島との歴史認識の問題なども踏まえながら連投ツイートしています。

 岩上さんのツイートを「岩上安身のツイ録」としてまとめたので、ぜひ、以下のURLよりご覧ください!

※【岩上安身のツイ録】非核化コスト200兆円は日韓が負担する!? 戦費の場合は900兆円!? 蚊帳の外に置かれたまま請求書を突きつけられた安倍総理以下日本政府は、なぜだんまりなのか!?
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/424589

■加藤厚労大臣の虚偽答弁疑惑についてIWJが直撃質問! 高プロのニーズに関するヒアリングは「厚生労働省の事務方を通じて聞いた」とあっさり認める!

 野党や労働団体、「過労死を考える家族の会」などが反対している「高度プロフェッショナル制度」(高プロ)の創設を含む「働き方改革関連法案」が、本日、6月14日にも参議院厚生労働委員会で強行採決されるのではないかとみられています。そんな中、高プロについて労働者のニーズを聞き取ったとする加藤勝信厚生労働大臣の国会答弁が、虚偽答弁ではないかとの疑惑が持たれています。

 加藤大臣に疑惑の目を向けているのは、労働問題のスペシャリストで法政大学教授の上西充子氏です。上西教授は加藤大臣の不誠実な答弁の手口を「ご飯論法」と名付けて批判してきました。これは「朝ごはんは食べましたか?」という質問に対し、「ご飯は食べていません(実はパンは食べたけど)」と答えるような加藤大臣の論法を皮肉ったものです。

 上西教授のヤフージャパン・ニュースの記事によると、1月31日の参議院予算委員会で加藤大臣は、国民民主党の浜野喜史議員から高プロのニーズについて問われた際に、「私自身も、この働く方の立場に立って働き方改革を推進していくということで、働く方の声をいろいろと聞かせていただきました」と、あたかも自分自身で労働者の意見を聞いたように前置きした上で、ある研究職の方の高プロに肯定的な意見を紹介しました。

 しかし、この意見は労働基準局の職員がヒアリングした12例のうちの1例だったことが、山越敬一労働基準局長の国会答弁によって明らかになったというのです。上西教授はこうした事実から「1月31日の加藤大臣の答弁は、虚偽答弁である」と指摘しています。

※高プロのニーズ聞き取りについて、加藤厚生労働大臣が1月31日に虚偽答弁を行っていたことが判明(ヤフージャパン・ニュース、2018年6月8日)
https://news.yahoo.co.jp/byline/uenishimitsuko/20180608-00086165/

※働き方改革関連法案:高プロへの「ニーズ」に関し、加藤大臣が1月31日に披露していた悪質な「ご飯論法」(ヤフージャパン・ニュース、2018年6月10日)
https://news.yahoo.co.jp/byline/uenishimitsuko/20180610-00086306/

 IWJは6月12日行われた厚労大臣定例会見に参加し、加藤大臣のこの虚偽答弁疑惑について直撃しました!

 「厚労省が公表した12例のヒアリングのうち、加藤大臣が実際に話を聞いたのは何人か?」との東京新聞記者からの質問に対し、加藤大臣は「12人に私は聞いているわけではなくて、厚生労働省の事務方を通じて聞いた」と、自分自身で意見を聞いていなかったことを悪びれる様子もなくあっさりと認めました。

 続けて「12例のヒアリングの中で、高プロの導入を希望する意見は何例あったのか?」とのIWJ記者の質問に対して、加藤大臣からは驚きの答えが返ってきました! 加藤大臣から飛び出した驚愕の答弁は、ぜひ下記の記事をご覧になってください!

※加藤厚労大臣の虚偽答弁疑惑についてIWJが直撃! 高プロのニーズに関するヒアリング 「厚生労働省の事務方を通じて聞いた」とあっさり認める!
~6.12加藤勝信 厚生労働大臣 定例記者会見
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/424411

■<新記事紹介>無所属の会・江田憲司議員「加計問題も森友問題も加計孝太郎氏と安倍昭恵氏の国会招致がなければ国民は理解、納得しない!」国会会期末が近づくなか野党議員らが緊急集会~安倍暴走政権に「怒!」5.18野党合同緊急院内集会

 アメリカを除く11ヵ国によるTPP11の承認案は、2018年5月18日の午前、衆議院外務委員会で自民、公明、日本維新の会、希望の党の賛成多数で可決されました。さらに同日午後、衆議院本会議に緊急上程され、野党議員の怒声が飛び交う中を賛成多数で可決。参議院に送付されています。

 この事態に、衆議院本会議の散会後、東京都千代田区の衆議院本館内で、「安倍暴走政権に『怒!』野党合同緊急院内集会」が開かれ、野党議員が政府与党の国会運営を厳しく批判しました。

 国民民主党の国会対策委員長・泉健太衆議院議員は、「与党は、すべてを今国会の会期内に押し込めようとしている。今日のTPP承認案の緊急上程も、急ぐ必要はなかった。本当にルール無視の国会運営が行われている」と厳しい表情で語り、残りの会期中に、麻生財務大臣の辞任、森友・加計問題での証人喚問などを引き続き求めていくとしました。

 無所属の会の江田憲司衆議院議員は、加計学園問題について、「私は元総理秘書官として怒っている。総理大臣とお友だちなら甘い汁が吸えるのか。こんなことを許したら、額に汗して働く人が馬鹿をみる世の中になってしまう」と憤りを口にしています。

 江田議員は、加計学園問題の主役は加計孝太郎氏、森友学園問題の主役は安倍昭恵氏であり、この2人の国会招致がなければ、国民は絶対に理解も納得もしないと明言。会場の議員らに「今後も追求の手を緩めず、がんばろう!」と檄を飛ばしました。

 昨日この院内集会の録画にテキスト記事をつけてアップしました。ぜひ以下のURLよりご覧ください。

※無所属の会・江田憲司議員「加計問題も森友問題も加計孝太郎氏と安倍昭恵氏の国会招致がなければ国民は理解、納得しない!」国会会期末が近づくなか野党議員らが緊急集会~安倍暴走政権に「怒!」5.18野党合同緊急院内集会 2018.5.18
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/421655

■「希望の牧場・ふくしま」代表の吉沢まさみ氏が浪江町長選に出馬へ!「浪江町とともに決死救命、団結!そして希望へ!」

 2011年3月11日の東京電力福島第1原発事故により、一時全域に避難指示が出た福島県浪江町で、国の殺処分命令を拒否して被曝した牛を飼い続けてきた非営利型一般社団法人「希望の牧場・ふくしま」代表の吉沢まさみ氏が6月12日、次期町長選に出馬する意向を固めたことを、ツイッターの公式アカウントで発表しました。

※吉沢まさみ氏ツイート
https://twitter.com/masamiyushizawa/status/1006196577461886976?s=21

 現職の馬場有(たもつ)町長は13日、健康問題を理由に、町議会議長に辞表を提出しました。2007年12月から町長を務めていた馬場町長は、昨年12月から体調不良で入院するようになったと伝えられています。

※福島・浪江町 馬場町長が辞表提出 健康問題が原因(毎日新聞、2018年6月13日)
https://mainichi.jp/articles/20180613/k00/00e/040/216000c

 東京電力福島第一原発事故で避難指示が出た浪江町は、現在でも福島県内外で2万人を超える避難者がいます。馬場町長は、原発によって壊された住民の生活を立て直すことに尽力してきました。

※「3.11以来、私どもの基本的人権は、すべて失われている」 〜講師 馬場有浪江町長 2014.1.25
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/122495

※浪江町ホームページ
http://www.town.namie.fukushima.jp/site/shinsai/18764.html

 吉沢氏は「吉沢まさみ後援会」のブログで12日、「馬場町長の無念を受け継ぎ、復興とは何かを考え、希望を見出す」「浪江町とともに決死救命、団結!そして希望へ!」と、出馬の決意をつづっています。

 また、13日のブログでは、原発事故直後の浪江町が「大混乱の中で人もペットも家畜も置き去りにするしかない、そんなひどい状況」だったと振り返りつつ、次のように復興への思いを語りました。

 「馬場町長の、そして浪江町の無念は非常に強く、深いものがある。これは、絶対に晴らす必要があるんです。馬場町長の無念を受け継ぐ、それを忘れないことが、町民のためにとっても、復興や再建のためにもすごく大事なことです」

※吉沢まさみ後援会ブログ(2018年6月13日)
https://ameblo.jp/masami-yoshizawa/?frm_id=v.mypage-ameblo–myblog–blog

 吉沢氏は明日15日午前10時から、希望の牧場・ふくしま敷地内で町長選出馬の記者会見をおこないます。IWJでもこの記者会見を生中継できるよう、現在手配中です。決定次第お知らせいたしますのでお待ちください。

 岩上さんは、2013年3月に吉沢氏にインタビューをおこなっています。原発事故によって状況が一変しながらも「希望の牧場・ふくしま」を運営する吉沢氏が、希望を決して諦めずに被災地復興の方向性を模索した、貴重なインタビューです。ぜひ、以下のURLよりご覧ください。

※【3.11特集】岩上安身による「希望の牧場・ふくしま」吉澤正巳代表インタビュー
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/64449

■第8期も残り1ヶ月半。今季末、IWJが赤字に転落してしまうかどうかのボーダーラインまで、あと1100万円必要です! 現状、非常に厳しくなってまいりました!よりいっそうのご支援をよろしくお願いいたします!

 いつもIWJをご支援いただき、ありがとうございます。

 会員の皆様からの会費によって支えられているIWJですが、現在の活動の水準を維持するためにはご寄付・カンパがどうしても必要です。

 IWJの第8期は7月末の決算まで残り1ヶ月半ほどとなりました。6月に入ってからも、ご寄付・カンパが低調で、見通しが非常に厳しくなりつつあります。明日にでも正確な数字をお知らせいたしますが、6月上旬のカンパは50万円に届かず、苦戦しております。経理が試算したところ、6月、7月の残り1か月半、ご寄付・カンパが仮にゼロに終わったと仮定した場合、収支は約1050万円のマイナスとなってしまう見通しです。

 今季、IWJが赤字に転落してしまうかどうかのボーダーラインまで、ずばり、あと1050万円必要ということです。IWJは、金融機関から融資を受けていませんので、赤字になると、岩上さん個人の貯えから賄うしかありませんが、現実には1000万円を超える赤字を個人で補完することは不可能に近い話です。

 どうかIWJと岩上さんがとも倒れしないように、皆様のよりいっそうのご支援をよろしくお願いいたします!

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします。
http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 現在、岩上さんは橋下徹元大阪府知事からの「スラップ訴訟」で損害賠償請求の民事訴訟を起こされており、4月19日に大阪地裁で行われた第一回口頭弁論までにかかった初期費用だけで100万円を超えてしまいました。

 第二回口頭弁論は6月21日木曜日の午前11時から、大阪地裁第1010法廷で開かれる予定です。大阪までの交通費、宿泊費、そして弁護団の6名の弁護士へ弁護をお願いする経費や報酬など、裁判にかかる費用はこれからもかさんでいくと思われます。

 この裁判には、ネットにおける言論の自由の問題と、権力や財力をもつ者が裁判所という公的な機関をスラップ訴訟の乱発によって疲弊させてしまうという、公益性にかかわる重大な問題がかかっています。今後私たち市民一人ひとりの発言の自由にかかわってくるものです。ぜひご注目いただきたく思います。そして、皆様からのさらなるご支援をお願いしたいと思います。どうぞよろしくお願いします!

※ネットにおける言論の自由を守る! 岩上安身が橋下徹氏からのSLAPP訴訟に応訴で立ち向かう!
https://iwj.co.jp/wj/open/iwakamiyasumi_slapp

 またIWJでは現在、簡易スタジオの防音工事を実施しています。工事は15日までかかる予定です。事務所のある飯倉片町交差点は近くにロシア大使館があるため、これまでは右翼の街宣車が来るたび、騒音でインタビューを中断せざるを得ないことがありました。防音工事終了後は音質にもさらにこだわりながら、より一層クオリティの高い動画を配信してまいります。どうぞご期待ください。

 工事期間中もとぎれることなくインタビューをお届けする予定です。この工事の見積もりは62万6400円と業者から提示されています。岩上さんとIWJが現状以上の水準とペースでインタビューや動画・記事配信を続けられますよう、どうかご支援をよろしくお願いいたします。

 なお、今後YouTubeLiveでの岩上さんのインタビュー中継や再配信を、少しずつ会員限定配信に切り替えていく予定です。その場合は冒頭のみフルオープン公開し、途中から会員限定配信に切り替えて御覧いただく形になります。

※「会員限定配信ご視聴ページ」
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420867

 現在無料視聴をご利用されている非会員の方々も、この機会にぜひIWJ会員へのご登録をお願いいたします! また、会費未納等でいったん休眠会員となられている方は再開を、ぜひご検討ください!

 IWJの有料会員制度は1ヶ月1000円、支払いをまとめてお得な1年1万円の一般会員と、1ヶ月3000円、まとめてお得な年3万円からのサポート会員の2種類です。会費は、クレジットカード、銀行振込(ゆうちょ銀行を含む)でお支払いいただけます。

 IWJの活動は、会員の皆様のこの会費によって支えられています。詳細は下記URLより御確認ください。

※IWJ会員のご案内はこちらにあります。ぜひご検討ください。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 それでは本日も一日、どうぞよろしくお願いいたします!

IWJ編集部(岩上安身、川上正晃、松本聰、尾内達也、小野坂元、城石裕幸、段田亜由美)
IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 http://iwj.co.jp/