日刊IWJガイド「米朝首脳会談の会場がシンガポール・セントーサ島のカペラホテルに決定!/本日午後5時より、『「アベノミクスの成果」に隠された驚くべき「かさ上げ」トリックを暴く! このままいくと日本経済は破綻!?~岩上安身による弁護士『アベノミクスによろしく』著者・明石順平氏インタビュー」を再配信します! 改竄は財務省による森友関連の公文書だけではありません!/検察は死んだ!!『前代未聞!恥ずべき不起訴決定だ!!』公文書を改竄した佐川宣寿・前理財局長ら官僚38人全員の不起訴を受けて、申立人の醍醐聰・東大名誉教授らが怒りの記者会見!/愛媛県の中村時広知事が加計学園の加計孝太郎理事長に記者会見を開くよう要請! 加計氏の記者会見はありうるのか、IWJが加計学園に取材中!/<新記事紹介1>【特別寄稿】新潟県知事選で池田候補にエールを送った小泉元総理!進次郎氏は花角候補の応援を断る!? 公明は自主投票撤回!?/<新記事紹介2>石井機関ができた30年代と今とオーバーラップ!研究者が戦争に協力する時~『なぜ、今、731部隊か』湘南科学史懇話会で常石敬一神奈川大学名誉教授が講演!」2018.6.7日号~No.2093号~


■■■ 日刊IWJガイド「米朝首脳会談の会場がシンガポール・セントーサ島のカペラホテルに決定!/本日午後5時より、『「アベノミクスの成果」に隠された驚くべき「かさ上げトリックを暴く! このままいくと日本経済は破綻!?~岩上安身による弁護士『アベノミクスによろしく』著者・明石順平氏インタビュー」を再配信します! 改竄は財務省による森友関連の公文書だけではありません!/愛媛県の中村時広知事が加計学園の加計孝太郎理事長に記者会見を開くよう要請! 加計氏の記者会見はありうるのか、IWJが加計学園に取材中!」2018.6.7日号~No.2093号~ ■■■
(2018.6.7 8時00分)

 おはようございます。IWJ編集部です。関東甲信越地方は昨日6日から梅雨入りしました。平年より2日、昨年より1日早い梅雨入りです。じめじめした空気、どんよりとした空。つい、気が沈みそうになる季節かもしれませんが、今日は、そんな空気を吹き飛ばすお知らせがあります!

 なんと、岩上さんと行く! キックボクシングの那須川天心選手応援ツアーにご招待します!ご用意できるチケットは一枚ですが、会員の方限定で、複数応募のあった場合、抽選とさせていただきます。岩上さんとIWJスタッフとともに、じめじめした湿気を、那須川選手の試合の熱気で吹き飛ばしませんか?詳しくは後段でお伝えしますので、今日もぜひ、日刊IWJガイドをお読みください!

★本日の日刊IWJガイドは以下の内容でお届けします!

┏━━【目次】━━━━━━━━━━━━
┠■【中継番組表】
┠■米朝首脳会談の会場がシンガポール・セントーサ島のカペラホテルに決定!
┠■本日午後5時より、「『アベノミクスの成果』に隠された驚くべき『かさ上げ』トリックを暴く! このままいくと日本経済は破綻!?~岩上安身による弁護士『アベノミクスによろしく』著者・明石順平氏インタビュー」を再配信します! 改竄は財務省による森友関連の公文書だけではありません!
┠■検察は死んだ!!「前代未聞!恥ずべき不起訴決定だ!!」公文書を改竄した佐川宣寿・前理財局長ら官僚38人全員の不起訴を受けて、申立人の醍醐聰・東大名誉教授らが怒りの記者会見!
┠■愛媛県の中村時広知事が加計学園の加計孝太郎理事長に記者会見を開くよう要請! 加計氏の記者会見はありうるのか、IWJが加計学園に取材中!
┠■<新記事紹介>【特別寄稿】新潟県知事選で池田候補にエールを送った小泉元総理!進次郎氏は花角候補の応援を断る!? 公明は自主投票撤回!? 菅官房長官と柄沢自民県連幹事長の極秘面談で創価学会と関係修復か!?(ジャーナリスト・横田一)
┠■<新記事紹介>「石井機関ができた30年代と今とオーバーラップ」研究者が戦争に協力する時~湘南科学史懇話会「なぜ、今、731部隊か」講師・常石敬一神奈川大学名誉教授
┠■岩上さんと行く! キックボクシング那須川天心選手応援ツアー2018年6月17日(日曜)参加ご希望の方は shop@iwj.co.jp へご応募ください!
┠■<ご寄付・カンパのご報告>第8期も残り2ヶ月を切りました。今季末、IWJが赤字に転落してしまうかどうかのボーダーラインまで、あと1100万円必要です! よりいっそうのご支援をよろしくお願いいたします!
┠■IWJでは現在、事務・ハドル班、ウェブ動画班、テキスト班の新メンバーを緊急大募集中!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2018.6.7 Thu.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【Ch4】14:30目処~「カジノ法案の慎重審議を求める!野党共同記者会見 ~カジノ法案の審議に対する再要求事項について~」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4

 野党共同で開催される記者会見を中継します。出席議員は、阿部知子議員(立憲民主党)、稲富修二議員(国民民主党)、中川正春議員(無所属の会)、塩川鉄也議員(共産党)、玉城デニー議員(自由党)。
——————-

【Ch4】16:00~「財務省『森友文書』改ざん問題 野党合同ヒアリング ―内容:共産党が公表した『航空局長と理財局長との意見交換概要』について ほか」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4

 財務省「森友文書」改ざん問題 野党合同ヒアリングを中継します。内容は、文書改ざんに関する財務省の調査結果及び処分について、共産党が公表した「航空局長と理財局長との意見交換概要」について(財務省、国交省航空局、会計検査院、法務省よりヒアリング)。
——————-

【録画配信・Ch5】16:00~「『むつ市とむつ市民を守りたい!』 6.5 青森県むつ市使用済み核燃料中間貯蔵施設問題で宮下宗一郎むつ市長が資源エネルギー庁の日下部聰長官に面会し説明要求するも、国の説明は『信用にたる発言』とあっさり納得!?」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

 6月5日収録の、宮下宗一郎 むつ市長と日下部聡 資源エネルギー庁長官による面会と面会後の囲み取材の模様を録画配信します。
——————-

【Ch2】17:00~「東京電力 定例会見」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=2

 東京電力による記者会見を中継します。
——————-

【タイムリー再配信 170・IWJ_Youtube live】17:00~「『アベノミクスの成果』に隠された驚くべき『かさ上げ』トリックを暴く! このままいくと日本経済は破綻!? ~岩上安身による弁護士『アベノミクスによろしく』著者・明石順平氏インタビュー」
YouTube視聴URL(冒頭以降は会員限定): https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420867
ツイキャス視聴URL(冒頭のみ): http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2017年12月収録の、岩上安身による弁護士『アベノミクスによろしく』著者・明石順平氏インタビューを、冒頭のみフルオープン再配信、その後は会員限定で再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/407610

============

◆中継番組表◆

**2018.6.8 Fri.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【IWJ_Youtube Live】14:00~「岩上安身による『シグマ・キャピタル』チーフエコノミスト田代秀敏氏インタビュー」
YouTube視聴URL(冒頭以降は会員限定): https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420867
ツイキャス視聴URL(冒頭のみ): http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 岩上安身による「シグマ・キャピタル」チーフエコノミスト田代秀敏氏インタビューを、冒頭のみフルオープン中継、その後は会員限定で中継します。
——————-

【ツイキャス・エリアCh3・大阪】18:00~「沖縄意見広告報告集会~特別ゲスト:稲嶺進さん」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_areach3

 「沖縄意見広告運動」主催の沖縄意見広告報告集会を中継します。
——————-

【Ch6】19:30~「#0608高プロ反対 国会前抗議行動」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=6

 エキタスの呼びかけで開催される、#0608高プロ反対 国会前抗議行動を中継します。

▲▽▲▽官邸前抗議関連 ▽▲▽▲

【Ch5】18:30~「再稼働反対!首相官邸前抗議」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

 「首都圏反原発連合」の呼びかけで開催される首相官邸前抗議を中継します。
——————-

【IWJ_TOKYO8】18:00~「原発反対八王子行動」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=tokyo8

 「キンパチデモ実行委員会」主催の原発反対八王子行動を中継します。

========

◆中継番組表◆

これ以降の予定で決定しているものは、以下のカレンダーよりご覧いただけます。あわせてご確認ください。

→「配信カレンダー」 https://iwj.co.jp/channels/main/calendar.html
(あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

福島原発事故の除染土を園芸作物の農地造成に再利用すると政府が決定!「食用作物の農地は想定していない」で済む話か!?何のための除染だったのか!?~中川雅治 環境大臣 6.5定例会見
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/423613

財務省「森友文書」改竄問題で調査報告書を発表! 事務次官の処分はわずか「減給10%・1ヶ月相当」のみ! 階猛議員「麻生さんの責任を軽くするために事務次官もこの程度にとどめたのか?」~6.4 野党合同ヒアリング
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/423584

働かせ方大改悪反対!! TPP11大反対!! 日本を遺伝子組換え大国にするな!! 父親の安倍晋太郎元外務大臣は言っていた「人の心がわからない晋三は、政治家にしちゃいけない!」~6・3新宿アルタ前 街頭リレートーク集会
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/423477

国の原子力損害賠償紛争解決センターの和解案を東電が次々と拒否!仲介を尊重すると言いながら次々拒否していくのはなぜかと問われ「個別の係争についてはコメントを差し控える」とスルー~6.04東京電力 定例会見
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/423582

更田委員長は東電社長と面談するに当たり、日本原電へ経済支援を決めた事について「前提条件があるのならばその条件というものを明確に直接聞きたい!」~5.30原子力規制委員会 更田豊志委員長定例会見で
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/423003

【シリーズ『パレスチナの民族浄化』を読む第4弾!】民族浄化を開始したのは第一次中東戦争よりも前!1947年11月末の国連による「分割決議」直後から! 岩上安身による東京経済大学 早尾貴紀准教授インタビュー
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/423580

検察は死んだ!!「前代未聞!恥ずべき不起訴決定だ!!」公文書を改竄した佐川宣寿・前理財局長ら官僚38人全員の不起訴を受けて、申立人の醍醐聰・東大名誉教授らが怒りの記者会見!
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/423578

ご寄付についてのご報告(2018年5月)
https://iwj.co.jp/info/whatsnew/post/36698

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■米朝首脳会談の会場がシンガポール・セントーサ島のカペラホテルに決定!

 6月12日に行われる米朝首脳会談の会場がシンガポール・セントーサ島のカペラホテルに決まりました。

 会談場所は当初、シェルドン・アデルソン氏の経営するマリーナベイ・サンズやシャングリラホテルなどが候補として上がっていましたが、5日(現地時間)にサンダース米大統領報道官がツイッター上でセントーサ島のカペラホテルと発表しました。なお、トランプ米大統領、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の宿泊場所は明らかにされていません。

 また、首脳会談の日時がシンガポール時間12日午前9時(日本時間同10時)と決まったことが、この前日に発表されています。

※米朝首脳会談、シンガポール・セントーサ島のホテルで開催へ(ロイター、2018年6月6日)
https://jp.reuters.com/article/northkorea-usa-singapore-whitehouse-idJPKCN1J12JY

 6月12日の米朝首脳会談に関しては、5月17日におこなわれた岩上さんによる放送大学・高橋和夫名誉教授へのインタビューでも取り上げています。お見逃しになった方はぜひ以下より会員向けのアーカイブをご覧ください。

※イラン核合意から離脱し、エルサレムに大使館を移したトランプ政権の「異常」な中東政策は、キリスト教福音派の預言成就願望とユダヤロビーに答えたもの!? ~ 岩上安身による放送大学・高橋和夫名誉教授インタビュー 2018.5.17
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/421493

 また、今週土曜日6月9日午後3時30分から、元外務省国際情報局長の孫崎享氏にインタビューをおこないます。このインタビューは、南北首脳会談当日の4月27日におこなわれたインタビューの続きになります。ぜひご覧ください。

※「『板門店宣言』は思った以上に中身がなかった」!? 南北首脳会談に孫崎氏は厳しい指摘! 国内政治に関しては「野党は分断を克服し共闘せよ!」~4.27岩上安身による孫崎享氏インタビュー 2018.4.27
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/419357

■本日午後5時より、「『アベノミクスの成果』に隠された驚くべき『かさ上げ』トリックを暴く! このままいくと日本経済は破綻!?~岩上安身による弁護士『アベノミクスによろしく』著者・明石順平氏インタビュー」を再配信します!改竄は財務省による森友関連の公文書だけではありません!

 安倍晋三政権で起きた公文書改竄ですが、麻生太郎財務相はかたくなに「書き換え」と表現し続けています。明らかな「改竄」を「書き換え」と言う、まるで、「撤退」を「転進」と言い換えていた「大本営発表」とそっくりで、まやかしそのものです。恐ろしいことに、こうしたまやかしは経済統計でも使われています。さらに恐ろしいことに、そのまやかしでふくらませた名目GDP分を防衛費、つまり戦争準備のための軍事費にあてているのです。

 そこで本日午後5時から、『アベノミクスによろしく』(http://amzn.to/2AghBKV)の著者の明石順平弁護士にインタビューを再配信します。冒頭は会員非会員問わず、フルオープンで配信、その後、会員限定での配信に切り替わります。ご了承ください。

 ブラック企業被害対策弁護団に所属している明石弁護士は、2016年の参院選のときに野党が「実質賃金が下がった」と訴えているのを聞いたのをきっかけに、自ら内閣府が公表したデータにあたって調べてみたのだと言います。

 「名目GDP過去最高50兆円増加」――。

 自民党が衆院選のときに真っ先に掲げたこの数字こそ、明石弁護士によると「まったくのまやかし」だと言います。

 ヒントは、2016年12月8日に行われた、GDPの算出基準の改定にありました。この改定で内閣府は、1994年にまで遡って算定し直したのですが、全体的にかさ上げされた名目GDPの推移のグラフがおかしいのです。

 なんと、安倍政権が成立した2012年以降のかさ上げ幅とかさ上げ率だけが、異常に大きいのです!この名目GDP推移のグラフは2015年度までですが、安倍政権の間には「過去最高」を記録するかのように、あらかじめ計画されていると言われてもしかたない有り様になっています。

 つまり、GDPに「粉飾」の疑いがあることになります。そして迷惑にも、安倍政権は「粉飾」したGDP比1パーセントぎりぎりを狙って、防衛費、すなわち事実上の軍事費を増やしています。5兆1911億円の軍事費(2018年度)が過去最高であることは間違いありません。

※防衛費は過去最大の5兆1911億円、6年連続増-18年度予算案(Bloomberg 2017年12月22日)
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-12-22/P1ANJH6KLVR501

 安倍政権は、この「水増し名目GDP」をフル活用し、アベノミクスは、「戦後初めて2年連続で消費が冷え込んだ」「消費はアベノミクス前より冷えた」「実は2015年度の実質GDP成長率は2013年度より低かった」「実は民主党政権下の3年間の3分の1しか実質GDPを伸ばせていなかった」という、悲惨な現実を覆い隠してしまっているのです。

 こうした問題の陰で、安倍政権のデタラメな経済政策により、日本経済は取返しのつかないダメージを受けています。

 さらに問題なのは、実際には消費が冷え込み、実質GDPの成長が鈍っているにも関わらず、異次元金融緩和を続けてきた日銀は金融緩和の出口をコッソリと探している様子が見られます。弱った日本経済にトドメを刺すような金融引き締めが行われる可能性があります。80年代末から90年代初頭の株価と土地バブルの膨張と崩壊の再来に見舞われる可能性があるのです。

 日銀のウェブサイトは、日本語と英語でそれぞれ内容の異なる2種類のページがあります。調査報告書のページは相互にリンクしておらず、重要なものほど英語版でのみ掲載されているフシが見受けられます。日本語版の「日銀ワーキングペーパーシリーズ」の項目Eは、2018年度では7と9しかないように見えます。1から6、そして8、10はどうしたのでしょうか。まさに欠番のように見えるこれらの報告書が英語版で閲覧可能です。なぜ日本語版のみ閲覧していてはすべての報告書が読めないような形式になっているのでしょうか。

 そのことを調査報告書の内容に立ち入って指摘したのは、シグマ・キャピタルの田代秀敏チーフエコノミストです。おどろくべきことに、英語版にしか掲載されていない報告書の中に、金融緩和の限界を示唆するような内容が含まれていたということです。

 まるで日本人には内緒に、外資系の投資家に日本国債の売り時を教えているようなものです。

※調査・研究(日本銀行の日本語版サイト)
https://www.boj.or.jp/research/wps_rev/index.htm/

※Bank of Japan Working Paper Series 2018(日本銀行の英語版サイト)
https://www.boj.or.jp/en/research/wps_rev/wps_2018/index.htm/

※そろそろ国民は覚悟が必要 アベノミクス後の日本経済(日刊ゲンダイ 2018年5月4日)
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/228409/2

 中国経済を国際的な視点に位置づけ、鋭い指摘を披露してきた田代氏は、アベノミクスの危険性に警鐘を鳴らしてきました。岩上さんは近日中に、日銀の思惑を暴くべく田代氏にインタビューを行う予定です。こちらも、ぜひご覧ください。

==================
※【タイムリー再配信 170・IWJ_Youtube live】午後5時~
「アベノミクスの成果」に隠された驚くべき「かさ上げ」トリックを暴く! このままいくと日本経済は破綻!?~岩上安身による弁護士『アベノミクスによろしく』著者・明石順平氏インタビューYouTube視聴URL(冒頭以降は会員限定):http://iwj.co.jp/wj/open/archives/407610
ツイキャス視聴URL(冒頭のみ): https://twitcasting.tv/iwakamiyasumi
==================

■検察は死んだ!!「前代未聞!恥ずべき不起訴決定だ!!」公文書を改竄した佐川宣寿・前理財局長ら官僚38人全員の不起訴を受けて、申立人の醍醐聰・東大名誉教授らが怒りの記者会見!

 大阪地検特捜部が2018年5月31日、森友学園への国有地払い下げをめぐる問題で告発されていた財務省幹部ら38人全員を不起訴処分としました。この不起訴処分を受け、背任と証拠隠滅の罪で、佐川宣寿(のぶひさ)・理財局長(当時)や美並義人・近畿財務局長、池田靖・国有財産管理官(当時)を告発していた「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」が6月4日、大阪検察審査会に審査を申し立て、記者会見に臨みました。

※森友問題、検察審査会に申し立て 佐川氏らの不起訴不服(朝日新聞、2018年6月4日)
https://digital.asahi.com/articles/ASL6435JWL64UTIL00D.html

 午前10時30分から、東京・霞が関の司法記者クラブで行われた記者会見には、東京大学名誉教授で同会の呼びかけ人・醍醐聰教授、申立代理人のひとりの澤藤統一郎弁護士、そして、いずれも申立人の、「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」事務局の渡邊力氏、老人党リアルグループ「護憲+」管理人の笹井明子氏、児童文学作家の佐々木江利子氏が出席しました。

 醍醐教授は、今回の大阪地検特捜部の不起訴という判断に対して「前代未聞の悪しき判例を残した、恥ずべき不起訴決定だ!! 」と強い口調で批判しました。

 また、澤藤弁護士は大阪検察審査会の審査員に「皆様にご理解いただきたいのは、最終的な責任をあなたが負うわけではないということ。あなたが佐川氏らを有罪と断定するのではない。裁判所の判断を仰ぐにふさわしい疑惑がある事件と判断されるなら、不起訴不当、起訴相当と考えていいのです」と呼びかけました。

 記者会見の模様は、以下のURLでご覧いただけます。佐川氏らを不起訴とすることがいかに不当か、ぜひご確認ください。

※検察は死んだ!!「前代未聞!恥ずべき不起訴決定だ!!」公文書を改竄した佐川宣寿・前理財局長ら官僚38人全員の不起訴を受けて、申立人の醍醐聰・東大名誉教授らが怒りの記者会見!
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/423578

 IWJでは、この極右学校法人をめぐる問題を最初に追及した木村真市議の岩上安身によるインタビューや保釈直後の籠池夫妻の記者会見をはじめ、数多くのコンテンツで森友学園の闇に迫っています。改めてぜひご覧ください。

※【特集】国有地売却問題だけじゃない!教育勅語の暗唱にヘイト文書配布・・・極右学校法人・森友学園の闇に迫る
https://iwj.co.jp/wj/open/school_corporation_moritomo

■愛媛県の中村時広知事が加計学園の加計孝太郎理事長に記者会見を開くよう要請! 加計氏の記者会見はありうるのか、IWJが加計学園に取材中!

 加計学園問題が国会で追及されるようになってからすでに1年以上も経過しながら、いまだに記者会見すら開かない加計孝太郎理事長。愛媛県の中村時広知事は4日、加計氏が記者会見を開くよう加計学園に要請したことを明らかにしました。中村知事は、「(加計氏は)トップとして対外的に説明する方に重きを置いて欲しい」と語ったといいます。

※愛媛知事、加計理事長記者会見を(ロイター、2018年6月5日)
https://jp.reuters.com/article/idJP2018060401002412

 また同日、愛媛県が学園に支払った補助金約14億円について、中村知事は「具体的に出す出さないという議論はしていない」と述べてはいるものの、2日には、「(補助金について)おかしなことになれば返還を求める権利は担保されている」と明言しています。さらに、補助金の見直しについても「行方次第では一般的にあり得る」と、やや踏み込んだ見解を示してもいます。

※加計学園 理事長会見で「虚偽報告」説明を 愛媛知事要求(毎日新聞、2018年6月4日)
https://mainichi.jp/articles/20180605/k00/00m/040/121000c

※加計補助金14億返還請求も(ロイター、2018年6月2日)
https://jp.reuters.com/article/idJP2018060201001790

 加計氏に対して記者会見を求める声は、与党内からも出ています。

 3日に放送されたNHKの番組『日曜討論』に出演した自民党の田村憲久衆議院議員は、「加計さんが記者会見をするのも一つではないか」と発言しました。

※自民・田村氏「総理が窮地、加計さんは会見を」(朝日新聞、2018年6月2日)
https://www.asahi.com/articles/ASL657J6GL65UTFK024.html

 加計氏は自身の口で疑惑について説明をすべきでしょう。それが疑惑を晴らすためのもっとも手っ取り早い方法のはずです。加計氏が記者会見に開くつもりがあるのか確かめるため、IWJは、加計学園に直接取材をしました。

 「加計氏は記者会見を開かないのか?」と電話で質すと、「電話では受け付けていない」ということで、改めてFAXで質問することに。現在は加計学園からの回答待ちです。加計学園からの回答が届き次第、あるいは届きそうになければ、また電話するなどして粘り、続報をお伝えしていきます。

■<新記事紹介>【特別寄稿】新潟県知事選で池田候補にエールを送った小泉元総理!進次郎氏は花角候補の応援を断る!? 公明は自主投票撤回!? 菅官房長官と柄沢自民県連幹事長の極秘面談で創価学会と関係修復か!?(ジャーナリスト・横田一)

 6月10日投開票を迎える新潟県知事選ですが、告示日前日の5月23日、新潟県魚沼市で開かれた小泉純一郎元総理による脱原発の講演会には観客席最前列に池田千賀子候補の姿がありました。

 講演会後の小泉元総理と池田候補の面談は報道陣にも公開され、小泉元総理は5野党1会派が推薦する池田氏にエールを送りました。

 一方、自民党が支持する花角英世候補に対し、一度は自主投票と伝えられていた公明党が結局花角氏支持を決めました。これにより、選挙の情勢は花角候補が「やや先行」、「横一線」、「接戦」などと報道各社が伝えるように、最後まで予断を許さなくなっています。

※新潟知事選、自公系やや先行 野党系、激しく追い上げ 朝日新聞社情勢調査(朝日新聞、2018年6月5日)
https://www.asahi.com/articles/DA3S13525094.html

 現地で取材を続けているジャーナリストの横田一氏の特別寄稿をアップいたしましたので、ぜひご覧ください。全文を読むには会員登録が必要です。

※【特別寄稿】新潟県知事選で池田候補にエールを送った小泉元総理!進次郎氏は花角候補の応援を断る!? 公明は自主投票撤回!? 菅官房長官と柄沢自民県連幹事長の極秘面談で創価学会と関係修復か!?(ジャーナリスト・横田一)
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/423856
 また、IWJではこの選挙期間中、関西から中継市民が現地入りし、長期取材を続けています。10日の投開票までまだまだ取材のための交通費、宿泊費がかかる予定です。どうかIWJへのご寄付・カンパでのご支援をよろしくお願い致します。

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします。
http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 これまでの新潟県知事選に関する横田氏の寄稿とIWJが中継を行った街宣の録画は、以下にまとめています。ぜひアーカイブをご覧ください。

※2018新潟県知事選
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/2018%E6%96%B0%E6%BD%9F%E7%9C%8C%E7%9F%A5%E4%BA%8B%E9%81%B8

■<新記事紹介>「石井機関ができた30年代と今とオーバーラップ」研究者が戦争に協力する時~湘南科学史懇話会「なぜ、今、731部隊か」講師・常石敬一神奈川大学名誉教授

 憲法記念日を迎えた2018年5月3日。生物化学兵器の研究で知られる常石敬一神奈川大学名誉教授は、「なぜ、今、731部隊か」と題された講演の中で、右傾化する時代の風潮に警鐘を鳴らしました。

 第二次世界大戦時、大日本帝国陸軍の研究機関であった731部隊は国から破格の資金を提供され、生物兵器や化学兵器の開発のために満州国で人体実験を行いました。常石名誉教授は、国と科学界がどのような関係を保つかが問題だと指摘し、当初は政府が「学問の独立性・中立性を守る」と言っても、次第に介入が顕著になると警告しました。

 この日、安倍晋三総理は美しい日本の憲法をつくる国民の会と民間憲法臨調が共催したイベントにビデオ・メッセージを寄せ、その中で「わが国の安全を守るために改憲が必要」との持論を展開しています。

 常石名誉教授は、憲法記念日にこのような表明をした安倍総理への怒りを隠さず、「731部隊が生み出された昭和初期と現代の日本には共通点がある。憲法改正や軍事研究が進められようとする今、歴史が繰り返されようとしている」と危機感を語りました。

 この動画記事に詳細なサマリーをつけました。続きは是非以下の記事をご覧ください。

※「石井機関ができた30年代と今とオーバーラップ」研究者が戦争に協力する時~湘南科学史懇話会「なぜ、今、731部隊か」講師・常石敬一神奈川大学名誉教授 2018.5.3
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/419838

■会員様一名様ご招待!岩上さんと行く! キックボクシング那須川天心選手応援ツアー2018年6月17日(日曜)参加ご希望の方は shop@iwj.co.jp へどしどしご応募ください!

 皆様おはようございます! 会員管理班の岩渕です。

 先日、新生K-1がキックボクシング那須川天心選手陣営にスラップ訴訟を起こしたと報じましたが、その那須川天心選手が6月17日(日)に幕張メッセ・イベントホールで試合を行います。

※那須川天心は世界タイトル戦でスアキムを破ったロッタンと対戦! HIROYA、松倉信太郎がRISE初参戦(RISEホームページ)
https://www.rise-rc.com/125-news0411

 試合の相手はロッタン・ジットムアンノン選手。2月に那須川選手と試合をして最後まで那須川選手を苦しめた、現役フェザー級最強のスアキム選手からダウンを取って圧勝している選手です。20歳とまだ若く、まさに最強の刺客との注目の一戦ですが、このたび、皆様の日頃のご愛顧に感謝を込めまして、1名様限定となりますが、この試合のチケットをプレゼントさせていただき、岩上さんと一緒に行くキックボクシング観戦ツアーにご招待させていただきます。

 ご応募については、shop@iwj.co.jp へ、メールタイトルを「那須川天心選手応援ツアー応募」としてメールを送付ください。応募締め切りは6月12日(火曜)とさせていただきます。応募者が複数の場合は抽選とし、当選者の発表はチケットの発送をもって代えさせていただきます。チケットは郵送となりますので、ご応募は会員にご登録いただき住所をご登録された方のみとさせていただきます。

※IWJ会員のご案内はこちらにあります。ぜひご検討ください。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 格闘技が好きでたまらない方、一度キックボクシングを見て見たい方、キックも格闘技もこれまでご縁がなかったけど面白そうという方、オフタイムの岩上さんに会ってみたい方、性別年齢問いません。もろもろ大歓迎です、どうぞ皆さま奮ってのご応募を、どうぞよろしくお願いいたします。

※岩上安身のファイト&スポーツ
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/series/fight_and_sports

■<ご寄付・カンパのご報告>第8期も残り2ヶ月を切りました。今季末、IWJが赤字に転落してしまうかどうかのボーダーラインまで、あと1100万円必要です! よりいっそうのご支援をよろしくお願いいたします!

 いつもIWJをご支援いただき、ありがとうございます。2018年5月のご寄付・カンパについてご報告申し上げます。

 5月末までのご寄付・カンパは、105件で293万7256円です。ゴールデン・ウィークに始まり、自動車税や固定資産税の支払いなど、何かと出費が重なる5月ですが、そのような中、IWJへのご寄付・カンパを捻出してくださった皆様に、心よりお礼申し上げます。あたたかいご支援、本当にありがとうございます。

 会員の皆様からの会費によって支えられているIWJですが、現在の活動の水準を維持するためにはご寄付・カンパがどうしても必要です。1年間の必要経費から計算した1ヶ月あたりのご寄付・カンパの目標額は500万円です。しかし、5月も目標額の59%にとどまってしまっています。4月も目標額の56%にとどまっていますので、今期の収支の予測は悪化しつつあります。

 IWJの第8期は7月末の決算まで残り2ヶ月を切りました。経理が試算したところ、6月、7月の残り2ヶ月間、ご寄付・カンパがゼロに終わったと仮定した場合、収支は約1100万円のマイナスとなってしまう見通しです。今季、IWJが赤字に転落してしまうかどうかのボーダーラインまで、ずばり、あと1100万円必要ということです。どうか皆様のいっそうのご支援をよろしくお願いいたします!

 これからもどうぞ、岩上さんとIWJを応援してください。皆様のあたたかいメッセージに、岩上さんもスタッフも毎日大いに励まされています!

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします。
http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 現在、岩上さんは橋下徹元大阪府知事からの「スラップ訴訟」で損害賠償請求の民事訴訟を起こされており、4月19日に大阪地裁で行われた第一回口頭弁論までにかかった初期費用だけで100万円を超えてしまいました。

 第二回口頭弁論は6月21日木曜日の午前11時から、大阪地裁第1010法廷で開かれる予定です。大阪までの交通費、宿泊費、そして弁護団の6名の弁護士へ弁護をお願いする経費や報酬など、裁判にかかる費用はこれからもかさんでいくと思われます。

 この裁判には、ネットにおける言論の自由の問題と、権力や財力をもつ者が裁判所という公的な機関をスラップ訴訟の乱発によって疲弊させてしまうという、公益性にかかわる重大な問題がかかっています。今後私たち市民一人ひとりの発言の自由にかかわってくるものです。ぜひご注目いただきたく思います。そして、皆様からのさらなるご支援をお願いしたいと思います。どうぞよろしくお願いします!

※ネットにおける言論の自由を守る! 岩上安身が橋下徹氏からのSLAPP訴訟に応訴で立ち向かう!
https://iwj.co.jp/wj/open/iwakamiyasumi_slapp

 またIWJでは現在、簡易スタジオの防音工事を実施しています。工事は15日までかかる予定です。事務所のある飯倉片町交差点は近くにロシア大使館があるため、これまでは右翼の街宣車が来るたび、騒音でインタビューを中断せざるを得ないことがありました。防音工事終了後は音質にもさらにこだわりながら、より一層クオリティの高い動画を配信してまいります。どうぞご期待ください。

 工事期間中に行うインタビューは、外部のスタジオなどを借りる必要もありますが、その間もとぎれることなくインタビューをお届けする予定です。この工事の見積もりは62万6400円と業者から提示されています。岩上さんとIWJが現状以上の水準とペースでインタビューや動画・記事配信を続けられますよう、どうかご支援をよろしくお願いいたします。

 なお、今後YouTubeLiveでの岩上さんのインタビュー中継や再配信を、少しずつ会員限定配信に切り替えていく予定です。その場合は冒頭のみフルオープン公開し、途中から会員限定配信に切り替えて御覧いただく形になります。

※「会員限定配信ご視聴ページ」
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420867

 現在無料視聴をご利用されている非会員の方々も、この機会にぜひIWJ会員へのご登録をお願いいたします! また、会費未納等でいったん休眠会員となられている方は再開を、ぜひご検討ください!

 IWJの有料会員制度は1ヶ月1000円、支払いをまとめてお得な1年1万円の一般会員と、1ヶ月3000円、まとめてお得な年3万円からのサポート会員の2種類です。会費は、クレジットカード、銀行振込(ゆうちょ銀行を含む)でお支払いいただけます。

 IWJの活動は、会員の皆様のこの会費によって支えられています。詳細は下記URLより御確認ください。

※IWJ会員のご案内はこちらにあります。ぜひご検討ください。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

■IWJでは現在、事務・ハドル班、ウェブ動画班、テキスト班の新メンバーを緊急大募集中!

 IWJでは現在、事務・ハドル班、ウェブ動画班、テキスト班で活躍していただける新メンバーを緊急大募集しています!

 マスコミの世界で働くのは、裁量労働制が当たり前、夜討ち朝駆けに徹夜で原稿入稿の繰り返しという日々を過ごし、長時間労働から抜け出せず、ときには体調を崩して、過労死に至る記者さえいるのが、メディアという業界のこれまでの現実でした。ここに「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」を盛り込んだ「働かせホーダイ」改悪法案が成立、施行されてしまったら、ただでさえオーバーワークのメディアで働く人々は、ますます過労に追い込まれかねません。

 IWJは、断固として裁量労働制は採用せず、高プロに反対し、おざなりな審議で高プロを導入しようとする与党と一部の野党(与党でも野党でもない、ゆ党)を追及し続けます! 5月22日には、高プロの危険性を隅から隅まで暴くために、岩上さんが上西充子・法政大学教授にインタビューしました。

※「働かせホーダイ」改悪法案強行採決!? 高プロ制度の危険性、そして加藤勝信厚労大臣による「ご飯論法」の詭弁を暴く! 5.22 岩上安身による法政大学・上西充子教授緊急インタビュー! 2018.5.22
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/422082

 IWJは、社をあげての取り組みとして、スタッフの長時間労働を抑制し、労基法にもとづく三六協定を遵守するよう全力を挙げています。そのために、記者、編集者、カメラマンであっても他のメディア各社のように裁量労働制はとっていません。タイムカードで労働時間をきちんと記録し、残業代も支払い、夜10時以降は法定通り、深夜割り増しもきちんとつけています。サービス残業を強いることなどもありません。上限はありますが交通費もお支払いし、社会保険も完備しています。

 IWJ自身が労働者の人権を守るように訴えている以上、まずは自ら襟を正すことが大事だと考えているからです。ぜひ、奮ってご応募ください!

※【IWJスタッフ募集】岩上安身による上西充子法政大学教授インタビュー
https://youtu.be/oXIuOtavwos

 なお、報酬については各班とも、時給1100円からのスタートとなりますが、能力と実績によって順次昇給していきます。

<事務・ハドル班>
 「ハドル」とは、アメフト用語でいう「作戦会議」で、IWJ全体の取材や配信スケジュールの基礎骨格を形作る、とても重要な仕事です。情報収集にアンテナを立て、その時々に伝えるべきことを選び出し、中継スタッフと連携して、予定を組み立てています。

 また、翌日以降の中継・配信予定と、撮影後に記事化された動画の情報を整理し、翌日の日刊ガイドでの番組表へ反映させる、IWJのコンテンツ構成の要ともなる部署です。なお、この「翌日の中継・配信予定」は日に何度も協議を重ね、夕方から夜に確定することがほとんどのため、11時~20時が基本的な勤務時間になります。

 逆に事務班は朝早目の出勤となります。電話やメールでの外部の方との連絡、岩上さんのスケジュールを把握した上でインタビューのアポ取り、講演や出張、各種イベントなどのスケジュール調整などをおこなうため、人物重視の採用です。

 ご応募の資格は第一に穏やかな性格で、明るく協調性のある方。第二にトラブルなく対外的な交渉をできるコミュニケーション能力の高い方、そして第三にPCスキルがある方です。

 なお、「ハドル」、「事務」に限らず、総務、庶務、会員管理事務等なんでも、またはいずれかに興味のある方を広く募集します。IWJは、スタッフが複数ポジションをこなし、悪しきセクショナリズムの弊害にとらわれないよう、1970年代にヨハン・クライフが率いて活躍したオランダ代表チームの「トータルフットボールシステム」を採用しています。全員が攻撃にかかり、全員が守備にもつきます。こうした柔軟性に富む方も歓迎いたします。

<ウェブ動画班>
 動画・ウェブ班では、動画の機材や技術、PC、撮影、編集に関して知識やスキルがある方、またウェブサイトの見せ方やリニューアルにアイデアやスキルのある方を募集しています。これらのいずれかに何か得意分野がある方なら、どなたでもご応募いただけます。素直に学ぶ気持ちのある方を歓迎します。

 また、全国各地でIWJの活動を支えていただける中継市民の方も募集します!

 さらに、ご自分が撮影された動画の投稿も随時受け付けています。ぜひ、ご応募ください。

<テキスト班>
 テキスト班ではエディター、現場に出る記者、ライターを募集しています。特に夜遅い時間帯まで勤務可能な方は待遇面でも優遇します。

 エディター、現場に出る記者、ライターのすべてをこなせる方はもちろん大歓迎ですが、このうちどれか一つの役割ならできそう! という方も歓迎します! また、遠方にお住まいの方で中継市民として記者をしたい方も募集しています。

 また、在宅のサマリーライターから、独自ネタで企画を持ち込み、寄稿したいという現役プロのジャーナリストやライターの方まで、投稿も随時受け付けています。投稿していただいた動画や原稿にももちろん報酬をお支払いいたします。

 他の仕事と兼業したい、あくまで独立業者として関わりたい等のリクエストにも柔軟に応じて、パートタイム、兼業、業務委託、外注などの働き方もあります。お迷いの方も、ぜひご応募ください!

 ご応募は、以下のフォームからお願いいたします! 皆様のお知り合いで、ネットメディアの仕事に強い興味をお持ちの方などもおられましたら、ぜひお声をかけていただければと存じます。

※【IWJレギュラースタッフ募集フォーム】
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdbeeE8cGfuFucSge58KaR0vRQF5-uYoc52DeRCENG4u3_1mg/viewform

 それでは本日も一日、どうぞよろしくお願いいたします!

IWJ編集部(岩上安身、城石裕幸、小野坂元、川上正晃、段田亜由美)

IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 http://iwj.co.jp/