日刊IWJガイド・簡易版「本日午後5時半より『「最大のターニングポイントは2014年4月28日!森友交渉記録から安倍昭恵夫人の関与が疑われる箇所が削除されている!?」~岩上安身による日本共産党・辰巳孝太郎参議院議員インタビュー』を全編フルオープンでお送りいたします!/<昨日の岩上さんのインタビュー>白村江の大敗北を利用した権力闘争が専制国家『日本』の起源!? デタラメな軍事戦略は今も健在!?~岩上安身による国際日本文化研究センター教授・倉本一宏氏インタビュー第4弾/『常に平然としております』と強気な安倍総理が架空のヤジに興奮!? 参議院予算委員会集中審議での珍妙な光景!/米朝首脳会談へ向け再調整が始まる!見事に背を向ける日本!」2018.5.29日号~No.2084号~


■■■ 日刊IWJガイド・簡易版「本日午後5時半より『「最大のターニングポイントは2014年4月28日!森友交渉記録から安倍昭恵夫人の関与が疑われる箇所が削除されている!?」~岩上安身による日本共産党・辰巳孝太郎参議院議員インタビュー』を全編フルオープンでお送りいたします!/<昨日の岩上さんのインタビュー>白村江の大敗北を利用した権力闘争が専制国家『日本』の起源!? デタラメな軍事戦略は今も健在!?~岩上安身による国際日本文化研究センター教授・倉本一宏氏インタビュー第4弾/『常に平然としております』と強気な安倍総理が架空のヤジに興奮!? 参議院予算委員会集中審議での珍妙な光景!/米朝首脳会談へ向け再調整が始まる!見事に背を向ける日本!」2018.5.29日号~No.2084号~ ■■■
(2018.5.29 8時00分)

 おはようございます。IWJ編集部です。

■<本日の岩上さんのインタビュー>本日午後5時半より「『最大のターニングポイントは2014年4月28日!森友交渉記録から安倍昭恵夫人の関与が疑われる箇所が削除されている!?』~岩上安身による日本共産党・辰巳孝太郎参議院議員インタビュー」を全編フルオープンでお送りいたします!

 本日午後5時を目処に、岩上さんによる日本共産党・辰巳孝太郎参議院議員インタビューを配信いたします。このインタビューは参議院の予算委員会終了後におこなわれるため、委員会終了時刻によってはスタート時間が遅れる場合がありますので、ご了承ください。なお今回の中継は全編フルオープンでお送りいたします。

 今年5月23日に財務省が提出した「書き換え前の決裁文書」など4000枚余りの資料の中に、森友問題の核心に触れる最も重要な公文書は含まれていませんでした。近畿財務局の作成した「本省相談メモ」の中で、初めて安倍総理夫人・昭恵氏の名前が登場した、2014年4月28日の記録、いわゆる「安倍昭恵文書」です。この後におよんでもなお財務省が隠蔽を続けていると言わざるを得ません。

※消された「安倍昭恵」文書 財務省4000枚の森友文書公開も無意味(AERAdot. 2018年5月23日)
https://dot.asahi.com/dot/2018052300099.html?page=1

 森友学園の理事長だった籠池泰典氏が、「いい土地ですから前に進めてください」と昭恵氏から言われたのが2014年4月25日、その「昭恵発言」を持ち出して、昭恵氏と籠池夫妻のスリーショット写真を見せ、近畿財務局に土地の値引きの要求を突き付けたのが4月28日であると、近畿財務局の決裁文書に記されていました。

 しかも財務省も同省の「書き換え調査報告」において、そうした昭恵氏の発言を決裁文書上から削除していたことをすでに認めています。にもかかわらず、財務省はこの日に関わる文書を公開しませんでした。一体この期におよんで、何のために悪あがきをしているのでしょうか。

※森友学園 国有地売却問題 文書報告 書き換え数十カ所 昭恵氏の名、削除(毎日新聞 2018年3月12日)
https://mainichi.jp/articles/20180312/dde/001/040/053000c

 この点を5月23日におこなわれた野党合同ヒアリングで鋭く追及していたのが辰巳議員でした。森友学園側との交渉にうんざりしていたはずの近畿財務局および財務省が、昭恵氏の関与を知ったとたん一変し、土地の値引きに向けて「忖度」し始めたことが、現在どこまで明らかになってきているのか。森友問題疑惑の地元である大阪選出の国会議員として、大阪と東京の二正面で本件追及の最前線に立ってきた辰巳議員に詳細をうかがいます。

※財務省が900頁超の交渉記録を公開! 「2014年4月28日が最大のターニングポイント」! 共産・辰巳孝太郎参院議員が「この日の交渉記録だけ抜けているのはおかしい!」と追及!~ 5.23 森友問題 野党合同ヒアリング 2018.5.23
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/422267

=====
【IWJ_Youtube Live】5月29日(火)17:30目処~
「最大のターニングポイントは2014年4月28日! 森友交渉記録から安倍昭恵夫人の関与が疑われる箇所が削除されている!? ~岩上安身による日本共産党・辰巳孝太郎参議院議員インタビュー」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi
=====

■<昨日の岩上さんのインタビュー>白村江の大敗北を利用した権力闘争が専制国家「日本」の起源!? デタラメな軍事戦略は今も健在!? ~岩上安身による国際日本文化研究センター教授・倉本一宏氏インタビュー第4弾

 昨日、岩上さんは国際日本文化研究センターの倉本一宏教授に、完結編となる第4弾目のインタビューを行いました。

 倉本教授の研究の原点は、「日本はなぜ無謀な戦争をしてしまったのか?」という疑問だったそうです。しかし近代史を見ているだけでは、なぜ日本がアジアに対して侵略戦争を仕掛けたのか、答えが出なかったそうです。そこから歴史を遡る必要を感じ、古代史研究を進めて「白村江(はくそんこう)の戦い」にまでたどりついたといいます。

 昨日のインタビューでは白村江の戦いを中心に、周辺国に対する根拠のない優越意識、1300年以上も昔から続く嫌韓意識の根を探りました。

 インタビューは冒頭のみフルオープンで、途中からは会員限定で配信いたしました。見逃した方はぜひこの機会に会員登録の上、以下のアーカイブで録画をご覧ください。

※白村江の大敗北を利用した権力闘争が専制国家「日本」の起源!? デタラメな軍事戦略は今も健在!?~岩上安身による国際日本文化研究センター教授・倉本一宏氏インタビュー第4弾
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/422766

 また、IWJ書店では倉本教授のサイン入りのご著書を販売しています! 数量限定ですので、お早めにお買い求めください!

============

※再入荷【倉本一宏さんサイン入り】藤原氏―権力中枢の一族( 中公新書 https://amzn.to/2GVOQ9b
https://iwj.co.jp/ec/products/detail.php?product_id=385

【倉本一宏さんサイン入り】蘇我氏 ― 古代豪族の興亡(中公新書 https://amzn.to/2sjPV5d
https://iwj.co.jp/ec/products/detail.php?product_id=394

【倉本一宏さんサイン入り】古代史から読み解く「日本」のかたち(祥伝社新書 https://amzn.to/2LAIM9y
https://iwj.co.jp/ec/products/detail.php?product_id=393

※再入荷【倉本一宏さんサイン入り】戦争の日本古代史 好太王碑、白村江から刀伊の入寇まで(講談社現代新書 https://amzn.to/2KZoxRM
https://iwj.co.jp/ec/products/detail.php?product_id=340

============

■「常に平然としております」と強気な安倍総理が架空のヤジに興奮!? 参議院予算委員会集中審議での珍妙な光景!

 昨日5月28日、午前は参議院、午後は衆議院において安倍総理出席の上で予算委員会の集中審議がおこなわれました。

 2018年5月21日、愛媛県は加計学園問題に関し、参議院予算委員会理事会の国政調査権の行使による要請に応じて関連文書27枚を国会に提出しています。その文書の中に2015年2月25日に加計孝太郎理事長と安倍総理が15分ほど面会し、「首相からは『そういう新しい獣医大学の考えはいいね。』とのコメントあり」という報告を、県が学園関係者から2015年3月3日に受けたという記載がありました。

 これに対して加計学園は5月26日、報道機関に向けて1枚のFAXでコメントを送付し、「当時の担当者に記憶の範囲で確認したところ、実際にはなかった総理と理事長の面会を報告した」と発表しました。

 午前の参議院予算委員会で日本共産党の小池晃議員は安倍総理に対し、「総理の名前を騙り、架空の面談をでっち上げ、獣医学部新設のために総理の地位を利用しようした加計学園に対し、なぜ抗議しないのか」と質しました。

 本来怒るべき状況で安倍総理が「平然としている」のは、加計学園の発言が安倍総理をかばうもので、そのように総理も認識しているからではないか、と小池議員は重ねて追及しました。ところがそうした質問に対する安倍総理のリアクションは、実に珍妙なものでした。「私は常に平然としております」と的外れな答弁をしたかと思いきや、「コメントする立場にない」と、あたかも自分が傍観者であるかのように装ったり。安倍総理の言動、ふるまいは、常軌を逸した「異様」さを見せていました。

 それに加えて、加計疑惑とは直接関係がない新潟県による獣医学部新設の申請について語り出した安倍総理は、議場の野次に応じるように「いつもこれを言うと都合が悪いんでしょうかね。そちら側がざわざわと騒がれるんで、私の発言を妨害しようとされるんですが、事実を述べさしてくださいよ、都合が悪いかもしれませんが」と急に「キレモード」になっていました。

 議場はたしかにざわついてはいましたが、ひどい野次が飛びかっていた、というほどではなく、「発言を妨害する」というほどのものでもありませんでした。また、「新潟県による獣医学部新設の申請」が「いつもこれを言うと都合が悪いんでしょうかね」という言葉も、誰にとって、何が、どう都合が悪いのか、そもそも「そちら側」とは誰を指すのかまったく意味不明で、「キレ」て見せながら「独り芝居」をしているようにしか見えませんでした。

 大丈夫でしょうか? 安倍総理の精神状態は。いささか心配になってきます。

※首相「作られたストーリー」、野党が猛反発し国会大荒れ(TBSニュース、2018年5月28日)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3380716.html

※参議院予算委員会 インターネット審議中継(2018年5月28日)
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

 なお、安倍総理が言及した新潟県による獣医学部のための国家戦略特区への申請では、特区ワーキンググループ(WG)での討論を通じて、獣医師の新たな需要など見込めないことが、様々な角度から立証されていました。にもかかわらず、なぜ加計学園の場合は獣医学部の新設が認められたのか。その点を考え出せば、疑惑はますます深まるばかりです。

 この点を掘じくり返していけば「都合が悪い」のは安倍総理と加計孝太郎氏ではないかと思うのですが、安倍総理は胸を張って「そちら側にとって都合が悪い」と言っています。これがギャグでなかったら何なのでしょうか?

 新潟県の獣医学部申請に関する分析をもふまえて、加計疑惑の解明に取り組んできた一人として共産党の田村智子議員がいます。岩上さんのインタビューに際し、田村議員は、安倍総理が決まって持ち出す「特区のプロセスは一点の曇りもない」という切り札が、まったくのハッタリであることを、複数の政府答弁の間での矛盾から解き明かしていきました。森友疑惑とは異なり、文書公開が限られた中で加計疑惑の追及を続けている野党議員の奮闘にもご注目ください。

※「加計ありき」を示す新たな文書が明らかに! 国家戦略特区の「真っ暗闇ルール」に隠された真実に迫る!~5.18岩上安身による日本共産党・田村智子参議院議員インタビュー 2018.5.18
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/421634

■米朝首脳会談へ向け再調整が始まる! 見事に背を向ける日本!

 トランプ米大統領は5月27日、米朝首脳会談の調整に向けて米朝の代表団が協議に臨んでいることを明らかにしました。米国駐韓大使の経験があり、現在は駐フィリピン大使のソン・キム氏が率いる米国代表団が同日に北朝鮮入りしています。米国務省は、協議が南北軍事境界線の板門店で開かれていると発表しています。

 ソン・キム氏はオバマ前政権で北朝鮮担当特別代表を務め、北朝鮮の核問題をめぐる交渉に携わってきました。トランプ氏は5月26日、米朝首脳会談について当初の予定通り6月12日にシンガポールでの開催を望んでいると表明しています。

※米朝、板門店で実務者協議 首脳会談へ調整(日本経済新聞 2018年5月28日)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31033380Y8A520C1000000/

 同じく26日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と急遽行った南北首脳会談において、米朝首脳会談をシンガポールで予定通りに実現に向けて、確固たる意思を示していました。この会談は、米国に対し韓国よりの事前通告があったとのことです。

※金正恩氏 「米朝会談に確固たる意思」(BBC Japan 2018年5月27日)
http://www.bbc.com/japanese/44269445

※急きょの南北会談、米には事前連絡 韓国大統領府関係者(朝日新聞 2018年5月28日)
https://www.asahi.com/articles/ASL5X2S57L5XUHBI00F.html

 しかし、日本政府は依然として「蚊帳の外」に置かれています。いや、自ら「蚊帳の外」にあってブンブンとうなりながら独り相撲をとり、独りでコケ続けている、という方が正確でしょう。

 5月24日の夜にトランプ大統領の米朝会談中止を発表後、日本政府は即「支持する」と声明を出しました。

※安倍首相「トランプ氏の判断を尊重し、支持する」 早期の日米電話会談を調整へ(産経ニュース、2018年5月25日)
https://www.sankei.com/politics/news/180525/plt1805250040-n1.html

 ところが、北朝鮮の国営朝鮮中央通信が25日、金桂冠(キム・ケガン)第1外務次官の「いつでも、どのような形であっても米国と対話する用意がある」との声明を伝えると、トランプ大統領は即座に予定通り会談する可能性に言及しました。

※トランプ大統領ツイート
https://twitter.com/realDonaldTrump/status/999986971660423170

 親分に唯一追随したことを誇ったとたん、米朝両国がともに対話へ向け再調整に乗り出したことで、日本政府は盛大な手のひら返しに遭遇しました。

 ハシゴを外された安倍外交は、コントの題材にも出来ないくらいストレートに面目丸つぶれとなったはずですが、そのことを自覚しているのかいないのか、菅義偉官房長官は5月26日に開かれた自民党栃木県支部連合会の大会において、以下のように発言しています。

 「(米朝首脳は)6月12日に会談する予定だったが、トランプ大統領は断った。会談を開くことが重要なのではない。核・ミサイル、拉致問題を前に進めていくことが重要だ。だから安倍晋三首相が、トランプ氏の決断を支持すると言った。たった1カ国です、世界でも。そしたらまた(トランプ氏が米朝会談について)やるかもしれない、良い感じにあるとツイートした。

 私たちは選挙の時、日米、日米韓で協力して圧力をかけ、北朝鮮の政策を変えさせると言い続けた。批判もあったが、こうした政策によって、金正恩委員長が体制を保証してくれれば非核化すると言い始めた。私どもが考えていた方向に物事が回り始めてきている。安倍首相の外交努力によって、トランプ氏を引き込んで、圧力をかけ続けてきた(結果だ)。これからが正念場だ」

 なんと、菅氏の発言によれば北朝鮮の非核化も、暗礁に乗りかけた米朝首脳会談がふたたび実現に向かって動き出したのも「安倍政権の外交努力」のおかげ、アメリカすらも「引き込んで」世界は安倍首相の思った通りに動いているというのです! よくもまあここまでご都合主義なものの見方ができるものです。

 そもそも安倍政権の外交「努力」とは何なのでしょう? いついかなる時にも自らは判断することなく、当時国に何ら働きかけもせず、「アメリカを支持する」と吹き込まれた録音の、再生ボタンを押し続けるようにふるまえば「外交努力」になるとすれば、なんとお気楽なことでしょう。

※米朝会談中止「たった1カ国、支持した」 菅長官(朝日新聞 2018年5月26日)
https://www.asahi.com/articles/ASL5V4R9CL5VUTFK004.html

 なおトランプ大統領は24日夜の会談中止の会見時、「すでに話してあるが、万が一北朝鮮と間で不測の事態が起きたら、その経費の大半を韓国と日本が喜んで引き受けることになっている」と語っています。このような際にも、日本は「支持する」ボタンを押し続けるのでしょうか?

※Trump says US military ‘is ready if necessary’ after Kim Jong Un summit cancellation(CNBC、2018年5月24日)
https://www.cnbc.com/2018/05/24/trump-says-us-military-is-ready-if-necessary-after-kim-jong-un-summit-cancellation.html

 このように安倍政権における「外交努力」には、「対話」という要素はまるでなさそうですが、実際のところ、対話を閉ざした先にどのような解決があると安倍政権は考えているのでしょう?

 平和学の権威であるヨハン・ガルトゥング博士は、5月25日に青山学院大学で開催された講演会で「国家が戦争によって問題を解決することは時代遅れだ」と喝破しています。

 ガルトゥング博士は「積極的平和主義」という概念を用いて、単に戦争それ自体の害悪だけでなく、戦争の原因となる貧困や差別の問題に目を向けるよう訴えたことで知られています。字面は似ていますが、海外派兵など軍事的貢献を強調する安倍政権の「積極的平和主義」とはまったく異なるものです。

 日々変転する情勢を追いかけながら、「平和とは何か」と問い続けた第一人者の講演を、以下のURLからご視聴ください。

※安倍政権下での軍事国家化は「時代遅れ」と平和学の第一人者・ヨハン・ガルトゥング博士が喝破!「戦争によって問題を解決する時代はとっくに過ぎた」~鳩山元総理らとの5.25「東アジアの平和をどう作るか?」 講演 2018.5.25
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/422504

 なお米朝間がふたたび対話へ向かおうとしている今、次のようなニュースも報じられています。

※文大統領が米朝首脳会談参加の可能性=韓国大統領府(BBC、2018年5月28日)
http://www.bbc.com/japanese/44276526

 今後、文大統領の米朝間の仲介者としての役割に、各国の目はますます注がれ、日本はますます蚊帳の外に追いやられていくことでしょう。

■IWJの第8期も残り2ヶ月、どうか皆様のあたたかいご支援をお願いします!

 いつもIWJをご支援いただき、ありがとうございます。

 5月のご寄付・カンパの総額は5月24日の時点で、月間目標額500万円の48%の240万8756円、件数は80件です。5月は自動車税や固定資産税の支払いなど出費がかさむ時期ですが、そのような中、IWJへのご寄付・カンパを捻出してくださった皆様に、心よりお礼申し上げます。

 IWJの第8期も7月の決算月まで残り2ヶ月ほどとなりました。IWJが現在の活動を続けていくためには1ヶ月に500万円のご寄付・カンパが必要です。4月も目標額の56パーセントにとどまったため赤字が累積し、危険な水域に近づきつつあります。

 IWJが現在の活動を維持し、なんとか無事に第8期を乗り越え、活動の幅をもっと広げていけるよう、どうか皆様のより一層のご支援をよろしくお願いいたします!

 6月には簡易スタジオの防音工事を控えています。工事期間中にインタビューを行う場合は外のスタジオなどを借りる必要もありますが、その間もとぎれることなくインタビューをお届けする予定です。この工事の見積もりは62万6400円と業者から提示されています。IWJが現在の水準・ペースで取材と皆様への情報発信活動を続けられますよう、どうかご支援をよろしくお願いいたします。

 現在、岩上さんは橋下徹元大阪府知事からの「スラップ訴訟」で損害賠償請求の民事訴訟を起こされており、4月19日に大阪地裁で行われた第一回口頭弁論までにかかった初期費用だけで100万円を超えてしまいました。

 第二回口頭弁論は6月21日木曜日の午前11時から、大阪地裁第1010法廷で開かれる予定です。大阪までの交通費、宿泊費、そして弁護団の6名の弁護士へ弁護をお願いする経費や報酬など、裁判にかかる費用はこれからもかさんでいくと思われます。

 この裁判には、ネットにおける言論の自由の問題と、権力や財力をもつ者が裁判所という公的な機関をスラップ訴訟の乱発によって疲弊させてしまうという、公益性にかかわる重大な問題がかかっています。「橋下徹と岩上安身のモメ事」といった個人的な次元の話にとどまるものではなく、今後私たち市民一人ひとりの発言の自由にかかわってくるものです。ぜひご注目いただきたく思います。そして、皆様からのさらなるご支援をお願いしたいと思います。どうぞよろしくお願いします!

※ネットにおける言論の自由を守る! 岩上安身が橋下徹氏からのSLAPP訴訟に応訴で立ち向かう!
https://iwj.co.jp/wj/open/iwakamiyasumi_slapp

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします。
http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 なお、今後YouTubeLiveでの岩上さんのインタビュー中継や再配信を、少しずつ会員限定配信に切り替えていく予定です。その場合は冒頭のみフルオープン公開し、途中から会員限定配信に切り替えて御覧いただく形になります。

 ご視聴いただく場合は、番組表のURLからログインできるようになっています。

 現在無料視聴をご利用されている非会員の方々も、この機会にぜひIWJ会員へのご登録をお願いいたします!
また、会費未納等でいったん休眠会員となられている方は再開を、ぜひご検討ください!

 IWJの有料会員制度は1ヶ月1000円、支払いをまとめてお得な1年1万円の一般会員と、1ヶ月3000円、まとめてお得な年3万円からのサポート会員の2種類です。会費は、クレジットカード、銀行振込(ゆうちょ銀行を含む)でお支払いいただけます。

 IWJの活動は、会員の皆様のこの会費によって支えられています。詳細は下記URLより御確認ください。

※IWJ会員のご案内はこちらにあります。ぜひご検討ください。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

■もうすぐ6月! 半袖の季節・IWJのメッセージTシャツの季節です!

 ウェザーニューズは5月22日、「梅雨入り・梅雨明け見解」を発表しました。
今年は梅雨入り・梅雨明けともに平年より早いところが多いとの予想ですが、蒸し暑い中でも、通気性と速乾性に優れたドライメッシュ生地使用で大量の汗も突然の雨もへっちゃらな上、キュートかつタイムリーなメッセージのプリントされたIWJのTシャツは、これからの季節のデモや集会にもぴったりです!

 メッセージは以下の種類になりますが、とりわけ今、IWJがおすすめするのは「The King Is Naked~王様ははだかだ」です。

●The King Is Naked
●Blind Belief is Enslavement(絵柄はCAT:猫とOWL:ミミズクの2パターン)
●FASCIST IS SMILING
●TRUE DEMOCRACY
●TALK ABOUT DEMOCRACY

 「はだかの王様」――自分自身が子供の頃は、この童話のほんとうの重要さがわかりませんでした。どう見たってはだかでしかない王様が『すばらしい衣装だろう』と、すまし顔で街を練り歩き、おつきの家来はしずしずと付き従い、道端の人々も誰もそれを「おかしい」と言わない――そんなことが、本当に起こるわけはないと思っていました。最後に叫んだ子供は「あたりまえのこと」を叫んだけれど、みんなはなぜ、「そんな簡単なこと」ができなかったの?と。

 けれど大人になってようやく、この事の重さが身にしみてわかるようになりました。

 賢く分別のあるはずの大人たちが、はだかの王様のありもしない「すばらしい衣装」のスソを持たされ、付き従っているのが、このモリカケ問題ではないでしょうか?

 昨年12月、前文科事務次官の前川喜平氏は、岩上さんのインタビューの際、座右の銘を「『面従腹背』しなくて良くなった今は、道元禅師の『眼横鼻直』です」と語ってくれました。

※「メディアは権力を忖度し、司法権力は政治のために動いている」〜加計問題の闇を告発した前川喜平・前文科事務次官に岩上安身がロングインタビュー!「独裁国家に近づいている」と危機感! 2017.12.5
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/406799

 眼は横向きに、鼻は縦向きにある~それはまるであの童話の子供が叫んだように「当たり前」のことです。しかしこの「当たり前」のことを語り続けるのがこんなにも困難な世の中になるとは、誰が思っていたでしょう?

 愛媛県の中村時広知事は、県職員の面会資料を提示後、5月11日の記者会見で「ウソは他人を巻き込む」と語りました。

 安倍政権のウソをウソで塗り固めるために、一体どれほどの人が奔走させられ、巻き込まれ、苦しんでいることでしょう。

 私たちは繰り返し声を上げましょう。王様はもはや丸裸だと。そしてありもしない衣装を掲げるのはやめよう、と。盲信も隷従も、する必要はない、してはいけないんだと。

 TシャツはいずれもS、M、L、XLの4種類のサイズを揃えており、身の丈に合ったサイズをお選びいただけると思います。ご家族やご友人の分も是非、お買い求めいただけたら嬉しいです!お求めはこちらの販売ページからどうぞ!

※IWJグッズ Tシャツ販売ページ
https://iwj.co.jp/ec/products/list.php?category_id=3

=====================
<サイズ一覧>
        S   M   L   XL
着丈(cm)   65   68   71   74
身幅(cm)   48   51   54   57
=====================

■IWJではテキスト班、動画班、事務・ハドル班等のスタッフを緊急大募集中!

 現在、IWJでは、テキスト班、動画班、事務・ハドル班等のスタッフを緊急大募集しています!

 メディアのお仕事はとても過酷なのでは…と思われる方も少なくないでしょう。確かに、裁量労働制が当たり前、夜討ち朝駆けに明け暮れる日々を過ごし長時間労働から抜け出せず、ときには過労死に至る記者さえいるのが、メディアという業界の現状といえるでしょう。

 しかしIWJは、こうした過重な長時間労働問題に警鐘を鳴らし、とりわけ最近は、「働かせホーダイ」改悪法案である「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」の危険性を強く訴えています。

 IWJは、断固として裁量労働制は採用せず、高プロに反対します!今月22日には、高プロの危険性を隅から隅まで暴くために、岩上さんが上西充子・法政大学教授にインタビューしました。

※「働かせホーダイ」改悪法案強行採決!? 高プロ制度の危険性、そして加藤勝信厚労大臣による「ご飯論法」の詭弁を暴く! 5.22
岩上安身による法政大学・上西充子教授緊急インタビュー! 2018.5.22
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/422082

 IWJはスタッフの長時間労働制を抑制し、労基法にもとづく三六協定を遵守するよう全力を挙げています。IWJ自身が労働者の人権を守るように訴えている以上、まずは自ら襟を正すことが大事だと考えているからです。

 報道のあり方から働き方まで、メディアが抱える様々な問題に斬り込み、克服したい、そして歪みに歪んだ日本の政治に真正面から問いを投げかけたい!そんな思いを抱いた方は、ぜひ、奮ってご応募ください!
また、この募集動画をぜひ、拡散してください!

※【IWJスタッフ募集】岩上安身による上西充子法政大学教授インタビュー
https://youtu.be/oXIuOtavwos

 なお、報酬については各班とも、時給1100円からのスタートとなります。能力と実績によって順次昇給していきます。

<事務・ハドル班>
 「ハドル」とは、アメフト用語でいう「作戦会議」で、IWJのスケジューリングの基礎骨格を形作る、とても重要な仕事です。情報収集にアンテナを立てて、その時々に伝えるべきことを選び出し、中継スタッフと連携して、動画を視聴者の元へ配信します。どこへ行って何を映すかテーマを選び出し、そのとき最も適切なスタッフを現場に向かわせることは非常に重要な役割です。

 また、翌日以降の中継・配信予定と、撮影後に記事化された動画の情報を整理し、翌日の日刊ガイドでの番組表へ反映させています。IWJのコンテンツ構成の要ともなる部署です。なお、この「翌日の中継・配信予定」は日に何度も協議を重ね、夕方から夜に確定することがほとんどのため、9時~17時という一般的なオフィスワークとは時間帯が異なってきます。

 逆に事務班は朝早目の出勤となります。電話やメールでの外部の方との連絡、岩上さんのスケジュールを把握した上でインタビューのアポ取り、講演や出張、各種イベントなどのスケジュール調整などをおこなうため、人物重視の採用です。ご応募の資格は第一に穏やかな性格で、明るく協調性のある方。第二に対外的な交渉をトラブルなくできるコミュニケーション能力の高い方、そして第三にPCスキルがある方です。

 なお、「ハドル」、「事務」に限らず、総務、庶務、会員管理事務等なんでも、またはいずれかに興味のある方を広く募集します。

 同時にウェブ動画班とテキスト班へのご応募もお待ちしています。

<ウェブ動画班>
 動画・ウェブ班では、動画の機材や技術、PC、撮影、編集に関して知識やスキルがある方、またウェブサイトの見せ方やリニューアルにアイデアやスキルのある方を募集しています。これらのいずれかに何か得意分野がある方なら、どなたでもご応募いただけます。素直に学ぶ気持ちのある方を歓迎します。

 また、全国各地でIWJの活動を支えていただける中継市民の方も募集します!

 さらに、ご自分が撮影された動画の投稿も随時受け付けています。ぜひ、ご応募ください。

<テキスト班>
 テキスト班ではエディター、現場に出る記者、ライターを募集しています。特に夜遅い時間帯まで勤務可能な方は待遇面でも優遇します。夜遅くまでの勤務となった際は、社用車での帰宅もできます。また、現場に出て取材をしたり、インタビューのゲストの方の送迎で社用車を使うこともあります。こうしたときのために、運転免許を持っていることが望ましいです(必須ではありません)。

 エディター、現場に出る記者、ライターのすべてをこなせる方はもちろん大歓迎ですが、このうちどれか一つの役割ならできそう!
という方も歓迎します! また、遠方にお住まいの方で中継市民として記者をしたい方も募集しています。

 また、在宅のサマリーライターから、独自ネタで企画を持ち込み、寄稿したいという現役プロのジャーナリストやライターの方まで、投稿も随時受け付けています。

 投稿していただいた動画や原稿にももちろん報酬をお支払いいたします。

 また、前述の通り、IWJでは記者やカメラマンであっても裁量労働制ではなく、タイムカードで労働時間をきちんと記録し、残業代も支払い、夜10時以降は深夜割り増しもきちんとつけています。サービス残業を強いることなどもありません。上限はありますが交通費もお支払いし、社会保険も完備しています。IWJがスタッフ募集を続けているのは、週休2日制で、スタッフは必ず定休を取るため、みんなでローテーションで仕事をつないでいくこととなり、どうしてもある程度の人数が必要だからなのです。

 他の仕事と兼業したい、あくまで独立業者として関わりたい等のリクエストにも柔軟に応じて、パートタイム、兼業、業務委託、外注などの働き方もあります。お迷いの方も、ぜひご応募ください!

 ご応募は、以下のフォームからお願いいたします!
皆様のお知り合いで、ネットメディアの仕事に強い興味をお持ちの方などもおられましたら、ぜひお声をかけていただければと存じます。

※【IWJレギュラースタッフ募集フォーム】
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdbeeE8cGfuFucSge58KaR0vRQF5-uYoc52DeRCENG4u3_1mg/viewform

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2018.5.29 Tue.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【IWJ_Youtube Live】17:00目処~「最大のターニングポイントは2014年4月28日!森友交渉記録から安倍昭恵夫人の関与が疑われる箇所が削除されている!? 岩上安身による日本共産党辰巳孝太郎参議院議員インタビュー」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 岩上安身による日本共産党・辰巳孝太郎参議院議員インタビューを中継します。
——————-

【録画配信・Ch6】18:00~「『ゲッベルスと私』特別先行試写会後の『クリスティアン・クレーネス、フロリアン・ヴァイゲンザマー監督来日記念特別対談/石田勇治教授(東京大学大学院総合文化研究科・教養学部)』」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=6

 5月22日収録。6月より劇場公開される映画『ゲッベルスと私』の監督2名と、石田勇治氏の対談の模様を録画配信します。

============

◆中継番組表◆

**2018.5.30 Wed.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【Ch3】14:30~「原子力規制委員会 更田豊志委員長 定例会見」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=3

 原子力規制委員会 更田豊志委員長による記者会見を中継します。

========

◆中継番組表◆

これ以降の予定で決定しているものは、以下のカレンダーよりご覧いただけます。あわせてご確認ください。

→「配信カレンダー」 https://iwj.co.jp/channels/main/calendar.html
(あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

有楽町イトシア前にて国難は誰なんだ街頭演説!立憲民主党・辻元清美氏「嘘つき安倍総理は外交交渉に支障をきたす!! 国益を損する!!」~5.24野党合同緊急大街宣 いい加減にしろ
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/422390

政府からJRへの支援も打ち切られる!? 地方のローカル線を守ろう!TPP11関連法案も審議不十分!農水委員会で卸売市場法改悪案も可決!~5.24TPP11批准阻止・議員会館前抗議行動!
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/422326

原因は未だ不明!福島第一原発全サブドレンの水位が一時的に監視できなくなった問題で故障箇所特定できず!「光ケーブルがどういう状態か確認取れない」~5.24東京電力 定例会見
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/422329

安倍政権下での軍事国家化は「時代遅れ」と平和学の第一人者・ヨハン・ガルトゥング博士が喝破!「戦争によって問題を解決する時代はとっくに過ぎた」~鳩山元総理らとの5.25「東アジアの平和をどう作るか?」 講演
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/422504

「この文書が本物だとよほど困る人がいるらしい」加計問題で愛媛県提出文書の「捏造」呼ばわりに対し、中村時広知事が「真実を覆すことはできない!」と堂々反論!~5.25 中村知事定例会見
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/422498

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 それでは本日も一日、どうぞよろしくお願いいたします!

IWJ編集部(岩上安身、小野坂元、城石裕幸、段田亜由美)
IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 http://iwj.co.jp/