日刊IWJガイド・番組表「財務省が森友学園との交渉文書を衆・参両院の予算委員会に提出!その量900ページ超!?/『働き方改革関連法案』強行採決延期!安倍総理は『全国過労死を考える家族の会』とは頑なに面会拒否!?/高プロ、モリカケの陰でこっそり採決!? TPP11関連法案が衆院内閣委員会で可決!今国会で成立か?/日大アメフト部内田前監督が記者会見で反則指示を否定!? この問題は、日本の権力構造の縮図であるモリカケ問題と瓜二つ!/森友学園前理事長の籠池泰典氏と妻の諄子氏がようやく保釈決定!しかし大阪地検は決定に不服!?/本日午後8時より『立ちふさがる分離壁!パレスチナの若者の現実!~岩上安身による映画「オマールの壁」主演俳優アダム・バクリ氏インタビュー〈予告編付き〉』を再配信!」2018.5.24日号~No.2079号~


■■■ 日刊IWJガイド・番組表「財務省が森友学園との交渉文書を衆・参両院の予算委員会に提出!その量900ページ超!?/『働き方改革関連法案』強行採決延期!安倍総理は『全国過労死を考える家族の会』とは頑なに面会拒否!?/高プロ、モリカケの陰でこっそり採決!? TPP11関連法案が衆院内閣委員会で可決!今国会で成立か?/日大アメフト部内田前監督が記者会見で反則指示を否定!? この問題は、日本の権力構造の縮図であるモリカケ問題と瓜二つ!/森友学園前理事長の籠池泰典氏と妻の諄子氏がようやく保釈決定!しかし大阪地検は決定に不服!?/本日午後8時より『立ちふさがる分離壁!パレスチナの若者の現実!~岩上安身による映画「オマールの壁」主演俳優アダム・バクリ氏インタビュー〈予告編付き〉』を再配信!」2018.5.24日号~No.2079号~ ■■■
(2018.5.24 8時00分)

 おはようございます。IWJ編集部です。昨日23日は大きなニュースが重なって起きた、大変な一日でした。

■財務省が森友学園との交渉文書を衆・参両院の予算委員会に提出!その量900ページ超!?

 昨日5月23日、財務省は森友学園問題をめぐって、これまで「廃棄した」と説明していた土地取引に関する交渉記録を衆・参両院の予算委員会の理事懇談会などに提出しました。

 提出されたのは2013年から2016年にかけて森友学園側と財務省の理財局や近畿財務局との間の交渉記録で、900ページを超えるものでした。その中には安倍総理夫人の昭恵氏付き職員だった谷査恵子氏が財務省理財局に問い合わせた際の記録もあり、昭恵夫人が森友学園に「いい土地ですから、前に進めてください」と発言したとの記載も含まれており、籠池氏の証言の正しさが裏付けられた形となりました。交渉記録とあわせて改竄前の決済文書3000ページも提出しました。

※森友問題 財務省 「廃棄」と説明の交渉記録提出(NHK、2018年5月23日)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180523/k10011449001000.html

 これを受けて野党は午後4時から国会内で財務省、国交省、会計検査院を相手に合同ヒアリングを行いました。IWJでもこの野党合同ヒアリングを生中継しました。録画を会員向けアーカイブにアップしましたので、ぜひ以下よりご覧ください。

※財務省が900頁超の交渉記録を公開!「2014年4月28日が最大のターニングポイント」!共産・辰巳孝太郎参院議員が「この日の交渉記録だけ抜けているのはおかしい!」と追及!~ 5.23 森友問題 野党合同ヒアリング
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/422267

■防衛省がイラク日報問題の調査結果を公表!小野寺五典防衛相は「組織的隠蔽ではなかった」!?

 昨日23日午前、防衛省はイラク日報問題に関して、2017年3月27日に陸上自衛隊研究本部でイラク派遣の日報が見つかったにもかかわらず、稲田朋美防衛相(当時)に報告しなかったことについての調査結果を公表しました。

 この調査結果によると現場の職員は南スーダンPKO部隊の日報を探している中で見つかったため、報告の必要はないと認識していたということです。小野寺五典防衛相は「組織的な隠蔽ではなかったと認識している」と説明しました。

 しかし、2017年2月22日に稲田前防衛相が「イラク日報は本当にないのか」と発言し、統合幕僚監部が探索を指示、研究本部は日報が見つかった3日後に統合幕僚監部に「イラク日報は存在しない」と回答していました。この回答と今回の調査結果との間の開きが大きすぎて説明がつきません。この点は、曖昧さを残したままとなっています。この問題で防衛相は3人を懲戒処分にするなど、あわせて17人を処分しました。

※イラク日報問題で調査結果公表 防衛相「組織的隠蔽ではない」(NHK、2018年5月23日)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180523/k10011449051000.html?utm_int=news_contents_news-main_004

■「働き方改革関連法案」強行採決延期!安倍総理は「全国過労死を考える家族の会」とは頑なに面会拒否!?

 IWJが連日報じている「働き方改革関連法案」は、昨日23日、衆院厚生労働委員会で安倍総理の答弁を終えた後、与党により強行採決されることが予想されていましたが、野党側が自民党の高鳥修一委員長の解任決議案を提出しました。これにより23日の強行採決は見送られました。

※野党、衆院厚労委員長の解任決議案提出「横暴かつ強引」(朝日新聞デジタル、2018年5月23日)
https://digital.asahi.com/articles/ASL5R5290L5RUTFK00Q.html

 委員会審議では高度プロフェッショナル制度の導入に反対し、安倍総理に面会を申し込んでいる「全国過労死を考える家族の会」が安倍総理の答弁を傍聴。国民民主党の柚木道義議員が、「この後少しの時間でも(家族の会の方々と)面会することはないのか」と質問しましたが、安倍総理は論点をずらしてこれに答えず、審議が一時中断する場面もありました。

 「家族の会」は安倍総理との面会を求めて22日から官邸前で座り込みを行っています。IWJではこの抗議活動を生中継しました。録画を会員向けアーカイブにアップしましたので、ぜひご覧ください。

※「命を削って働いて最後は命をもっていかれた!」「過労死しても自己責任か!?」過労死遺族の方々が安倍首相への面会を求め官邸前で座り込み!~「全国過労死を考える家族の会」による5.22首相官邸前座り込み(1日目) 2018.5.22
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/422090

 また、22日には強行採決を目前に控え、高プロ制度の危険性について、岩上さんが上西充子・法政大学教授に緊急インタビューを行いました。現在IWJでは緊急性と公共性に鑑み、高プロ関連の記事をフルオープンにしています!ぜひSNS等で「働かせホーダイ」改悪の危険性の拡散・周知にご協力ください!

※「働かせホーダイ」改悪法案強行採決!? 高プロ制度の危険性、そして加藤勝信厚労大臣による「ご飯論法」の詭弁を暴く!5.22 岩上安身による法政大学・上西充子教授緊急インタビュー! 2018.5.22
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/422082

 なお上西教授はご自身のツイッターで「働き方改革関連法案について、特にその中の高度プロフェッショナル制度について、入れるべきでないと思っていただけるなら、リツイートだけでなく、あなたの言葉で、フォロワーの方に向けて語っていただきたい」と呼びかけています。多くの人がこれに応え、切実な声を発信しています。ぜひ皆様もこちらをご一読いただき、そうして可能なら、ぜひご参加いただきたいと思います!

※上西充子教授ツイート
https://twitter.com/mu0283/status/997098081073049602

※捏造「指示」の証拠を出せ!? 裁量労働制「不適切データ問題」で自民・橋本岳議員が論点をすりかえる圧力! 国会での本格審議を前に論戦を牽制か!? ~上西充子法政大学教授と労働弁護団有志が緊急記者会見で反論!「実務家として震撼」 2018.5.11
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420776

■高プロ、モリカケの陰でこっそり採決!? TPP11関連法案が衆院内閣委員会で可決!今国会で成立か?

 昨日23日はさらに、衆院内閣委員会で米国抜きの11か国による環太平洋パートナーシップ協定(TPP11)の関連法案の採決が行われ、賛成多数で可決されてしまいました。協定そのものの承認案は5月18日、すでに衆院の本会議で可決されています。承認案は衆院通過から30日で自然成立するため、6月20日の会期末までに成立することは確実になっていました。このため、衆院と参院で関連法案が可決されることによって、日本は協定発効のための国内手続きを終えることになります。関連法案は10本の法律を一括したものです。

※衆院委 TPP法案可決 早期発効へ手続き進める(毎日新聞、2018年5月23日)
https://mainichi.jp/articles/20180524/k00/00m/020/012000c

 IWJでは初期からTPP問題を追及し続けています。特集ページも用意していますので、ぜひご覧ください。TPP11の危険性については、近く改めて詳しくお伝えする企画を組む予定です。

※【特集】IWJが追ったTPP問題
https://iwj.co.jp/wj/open/tpp

■日大アメフト部内田前監督が記者会見で反則指示を否定!? この問題は、日本の権力構造の縮図であるモリカケ問題と瓜二つ!

 日本大学のアメリカンフットボール部の選手が5月6日に行われた定期戦で、関西学院大学のクォーターバックの選手に後ろから危険なタックルをして全治3週間の怪我を負わせた問題で、日本大学の内田正人監督(当時)と井上奨コーチが昨日5月23日午後8時より記者会見を行いました。

 内田前監督は「信じてもらえないかもしれないが、私からの指示ではございません」と反則行為を指示したことを否定。井上コーチは「試合前に私がクォーターバックの選手をつぶしてこいと言ったのは真実です」と認めながらも怪我をさせる目的で言ったのではないとして反則行為の指示は否定しました。

※アメフト 日大 内田前監督 井上コーチ 反則行為の指示を否定(NHK、2018年5月23日)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180523/k10011449891000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

 この問題では5月22日にタックルを行った日大の選手が記者会見を行い、試合出場の条件として反則行為を行うことを内田前監督からの指示として井上コーチから伝えられたと語っています。

※日大選手謝罪「やらない選択なかった」 「自分の弱さ」深く反省(東京新聞、2018年5月23日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201805/CK2018052302000130.html

 IWJではこの記者会見を録画で取材しましたので、ぜひ御覧ください。

※日本大学アメリカンフットボール部に関する緊急記者会見 ―会見者:内田正人氏(日本大学アメリカンフットボール部監督)、井上奨氏(日本大学アメリカンフットボール部コーチ) 2018.5.23
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/422343

 またこの日大の監督・コーチと選手との関係性は、下位の人間が上位の人間の意志を忖度してふるまい、あげくトカゲの尻尾きりの憂き目に合う、という点で、今の日本の姿そのものの縮図ではないかという指摘もあちこちで上がっています。

 IWJでは今回の事件を、ハンナ・アーレントが「悪の凡庸さ」と喝破した第二次世界大戦時のナチスの幹部のふるまいと、「余計なことは考えずに、上の言うことを実行する資質」が形成されがちな体育会系の世界、そして日本の美質とされる「空気が読める」能力に通底する危険性まで深掘りし、テキスト記事をアップしています。ぜひ御一読ください!

※悪質タックル事件で日大DL宮川泰介選手が単独記者会見! この問題は、日本の権力構造の縮図であるモリカケ問題と瓜二つ! 2018.5.24
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/422363

■森友学園前理事長の籠池泰典氏と妻の諄子氏がようやく保釈決定!しかし大阪地検は決定に不服!?

 大阪地裁は23日、大阪拘置所に勾留中の森友学園前理事長の籠池泰典氏と妻の諄子氏の保釈を決定しました。籠池氏の弁護人は昨年11月に保釈請求をするも却下され、今月に2回目の請求をして、ようやく保釈決定に至りました。

※大阪地裁、籠池夫妻の保釈決定=2度目の請求、検察側準抗告(時事通信、2018年5月23日)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018052300810&g=soc

 籠池夫妻が昨年7月31日に補助金詐欺容疑で逮捕、起訴され、9ヶ月以上にわたって不当な長期勾留を受けてきました。報道によると、籠池泰典氏の保釈金は800万円、諄子氏が700万円といいます。籠池氏は大筋で起訴内容を認めてはいるようですが、まだ裁判で裁かれてもいない段階で9ヶ月以上も人身の自由が奪われ、夫妻で合わせて1500万円の保釈金という「罰」が課せられる。これは不当な国家権力の行使に他なりません。なお、諄子氏は容疑の一部を否認をする見通しと伝えられています。

※森友学園 籠池夫妻の保釈決定 補助金詐欺で大阪地裁(毎日新聞、2018年5月23日)
https://mainichi.jp/articles/20180523/k00/00e/040/321000c

 一方で大阪地検は、保釈決定を不服として準抗告をしました。籠池夫妻の自由はいまだに保障されていないのです。

 虚偽公文書作成容疑で刑事告発された佐川宣寿(のぶひさ)前国税庁長官は、不起訴となりました。安倍晋三総理が不利になる証言をためらわなかった籠池夫妻と、安倍総理に対する追及の盾に徹した佐川氏とでは、扱いの差は歴然としています。

 IWJはこうした人質司法の問題を追及し続けています。以下のインタビュー、記事をぜひご覧ください。

※岩上安身による石川知裕議員インタビュー「死んでも死にきれない。高裁で必ず逆転勝訴を勝ち取る」 2011.10.11
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/615

※袴田巌氏、ピースサインで公の場に――袴田事件報告会 2014.4.14
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/134654

■<本日の再配信>本日午後8時より「立ちふさがる分離壁!イスラエルの占領と入植によって恋愛も普通の生活もかなわないパレスチナの若者の現実!~岩上安身による映画『オマールの壁』主演俳優アダム・バクリ氏インタビュー〈予告編付き〉」を再配信します!

 イスラエル建国によってパレスチナ人が故郷を追われることになった5月15日の「ナクバ(大災厄)」70周年を巡り、ガザ地区ではデモに参加したパレスチナ人がイスラエル兵による実弾を使った武力攻撃を受けました。ガザ保健当局によると死者は14、15両日で62人にのぼり、負傷者は3000人以上という報道もあり、イスラエルに対する国際的な非難の声も高まっています。

 IWJでは、2016年4月16日に岩上さんが映画「オマールの壁」に主演した俳優アダム・バクリ氏へインタビューを行っています。

 2016年に公開された、この映画「オマールの壁」は、イスラエルが占領するために建てた分離壁によって隔離されたヨルダン川西岸のパレスチナ人居住区が舞台です。

 主人公の青年オマールは、「壁の向こう側」にいる恋人に会うため、危険を冒して分離壁をよじのぼり、超えていきます。映画は自由を奪われた占領下で、恋をしたり、友達に会ったり、学校に行ったり、夢をみたりといった普通の人にとってのあたりまえのことさえもが、手の届かないものになっているパレスチナ人たちの現実を教えてくれます。

 オマール役のアダム・パクリ氏は岩上さんのインタビューに答えて、「分離壁は、イスラエルがパレスチナを占拠していることを不正だと示す証拠であるようだ」と訴えました。

 この映画の配給元のアップリンクでは、ウェブサイト「アップリンク・クラウド」で、5月17日から5月31日まで、パレスチナを舞台にしたハニ・アブ・アサド監督の『オマールの壁』(2013年)と『パラダイス・ナウ』(2007年)を緊急無料オンライン上映しています。

※映画『ガザの美容室』は6月23日(土)より劇場公開 ガザ無差別攻撃を受け『オマールの壁』『パラダイス・ナウ』緊急<無料>配信!
http://www.uplink.co.jp/cloud/features/1570/

 これに連動して、IWJでも「ナクバ(大災厄)」の現実や、イスラエルによって占領されたパレスチナ人の思いを知っていただくために、岩上さんによるアダム・バクリ氏インタビューを本日午後8時より再配信いたします!

============
【アップリンク・クラウド連動再配信・IWJ_Youtube Live】5月24日(木)20:00~
「立ちふさがる分離壁!イスラエルの占領と入植によって恋愛も普通の生活もかなわないパレスチナの若者の現実!~岩上安身による映画『オマールの壁』主演俳優アダム・バクリ氏インタビュー〈予告編付き〉」
YouTube視聴URL:https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL:http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi
============

 また、5月25日(金)から5月31日(木)まで、このインタビュー動画を期間限定でフルオープン公開いたします。ぜひ御覧いただき、アップリンクの無料オンライン上映ともども、多くの人にSNSなどでお知らせください!

※立ちふさがる分離壁!イスラエルの占領と入植によって恋愛も普通の生活もかなわないパレスチナの若者の現実!~岩上安身による映画『オマールの壁』主演俳優アダム・バクリ氏インタビュー〈予告編付き〉
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/297310

■本日午後6時より録画配信!「平和か戦争か!? 運命の前夜の韓国へIWJ記者を特派!10夜配信シリーズ特集・最終夜〜『ろうそくは核よりも強い!』THAADが強制配備された星州(ソンジュ)現地からキムチョン市のキャンドルデモへ」

 3月の韓国長期取材の成果を10回にわたって配信してきましたが、いよいよ最終回となります。本日は午後6時より、ミサイル防衛システムTHAAD配備に揺れる小さな村、ソソンリでの現地インタビュー、そしてキムチョン市でのキャンドル集会の様子をお届けします。

 「海外からもたくさんのメディアが来たけど、これだけゲートに近づいたメディアはIWJが始めて!」

 2018年3月16日、午後1時から午後4時にかけて、慶尚北道・星州(ソンジュ)のソソンリという村で、「平和統一を開く人々」のキム・ヨンジェ氏へのインタビューと「一人デモ」の取材を行いました。そして金泉(キムチョン)市まで移動し、午後7時から午後8時にかけて、THAAD配備反対のキャンドル集会を取材しました。

 ソウルから約2時間半のバス旅でソンジュの町に到着し、乗り換えたタクシーが田園地帯から山間部へとさしかかるにつれ、沿道には「THAAD撤去」の幟が目立ち始めました。30分ほどで着いたソソンリの村では、「平和と統一を開く人々」のキム・ヨンジェ氏が、私たちの到着を待っておられました。

 お年寄りを中心に100人ほどの住民が暮らすソソンリは、テンジャン(韓国みそ)で有名な静かな農村です。しかし、THAADが配備された山奥の渓谷へと続く村の一本道には、テントの残骸や衣服や靴、パソコンなどが風雨にさらされたまま放置された、異様な一角がありました。これがまさに、昨年の9月に強行されたTHAAD配備の爪痕でした。

 THAAD配備計画そのものはパク・クネ政権時代に決定され、昨年4月には300人の抗議部隊に対して7000人の警察を動員して最初の配備が強行されています。その後、弾劾されたパク・クネ大統領に替わってムン・ジェイン政権が誕生します。しかし、ムン・ジェイン政権の取った行動は住民たちの期待を大きく裏切るものでした。

 昨年9月7日、ソソンリの村に至る道路は警察によって完全に封鎖されました。村の家々の前にまで機動隊が立ち、住民の行動も規制されました。1万人の警官が動員され、1回目を上回る暴力的な鎮圧によって、ハルモニ(おばあさん)の一人が肋骨を骨折するなど、100人の負傷者が出ました。500人の住民・市民が集まったので、5人に一人は負傷したそうです。そして18時間にわたる対峙の末、4台の発射台が追加導入され、THAADは稼働段階に入ったのです。

 キャンドル革命で生まれたムン・ジェイン政権が、前政権の悪行を止めるどころか固定化してしまった事に関しては、「力が抜けたような感じ」とキムさんは語りました。路上に打ち捨てられたテントやパソコンの残骸は、暴力的な配備への抗議として、わざと放置されたものだったのです。

 しかし、南北会談の実現など韓半島の平和構築へ向けた動きについては、キムさんも大歓迎しておられました。実際、ソソンリの住民たちも表情が明るくなってきているそうです。

 キムさんたちが、交代で毎日欠かさず行っている「一人デモ」にも同行しました。村から渓谷沿いの道を車で10分ほど、THAADのゲートが見える地点まで登りました。「アメリカからもフランスからも、イギリスのBBCも来た。世界中からたくさんのメディアが来たけど、これだけゲートに近づいたメディアはIWJが初めて!」とのことです。

 「配備されたから終わり、ではない」と、THAAD撤去を求めて現地に踏みとどまる市民たちの声、そして「春にはサードを地面から抜いて、秋には平和を植えよう!」と、駅前広場で連日の意思表示を続けるキムチョン市民のキャンドル集会の様子は、ぜひ本日の配信でご確認ください。

============
【IWJ韓国取材 10・録画配信・Ch7】5月24日(木)18:00~
「『ろうそくは核よりも強い!』THAADが強制配備された星州(ソンジュ)現地からキムチョン市のキャンドルデモへ」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=7
============

■IWJの第8期も残り2ヶ月余り、どうか皆様のあたたかいご支援をお願いします!

 いつもIWJをご支援いただき、ありがとうございます。

 5月のご寄付・カンパの総額は15日までの集計で54件、215万3276円です。日頃の私たちIWJの呼びかけに答えてくださっている皆様、本当にありがとうございます! 皆様のご厚意に心から感謝申し上げます。このご寄付・カンパはIWJの活動費として大切に使わせていただきます。

 IWJの第8期も7月の決算月まで残り2ヶ月あまりとなりました。IWJが現在の活動を続けていく上で1ヶ月に必要なご寄付・カンパの金額は500万円ですが、4月も目標額の56パーセントにとどまったため赤字が累積し、危険な水域に近づきつつあります。

 IWJが最終的に赤字転落することなく、なんとか無事に第8期を乗り越えられるよう、どうか皆様のより一層のご支援をよろしくお願いいたします!

 現在、岩上さんは橋下徹元大阪府知事からの「スラップ訴訟」で損害賠償請求の民事訴訟を起こされており、4月19日に大阪地裁で行われた第一回口頭弁論までにかかった初期費用だけで100万円を超えてしまいました。

 第二回口頭弁論は6月21日木曜日の午前11時から、大阪地裁第1010法廷で開かれる予定です。大阪までの交通費、宿泊費、そして弁護団の6名の弁護士へ弁護をお願いする経費や報酬など、裁判にかかる費用はこれからもかさんでいくと思われます。

 この裁判には、ネットにおける言論の自由の問題と、権力や財力をもつ者が裁判所という公的な機関をスラップ訴訟の乱発によって疲弊させてしまうという、公益性にかかわる重大な問題がかかっています。「橋下徹と岩上安身のモメ事」といった個人的な次元の話にとどまるものではなく、今後私たち市民一人ひとりの発言の自由にかかわってくるものです。ぜひご注目いただきたく思います。そして、皆様からのさらなるご支援をお願いしたいと思います。どうぞよろしくお願いします!

※ネットにおける言論の自由を守る! 岩上安身が橋下徹氏からのSLAPP訴訟に応訴で立ち向かう!
https://iwj.co.jp/wj/open/iwakamiyasumi_slapp

 また、現在IWJの事務所では、岩上さんのインタビューなどのためにスタジオとして使用している部屋の防音工事を行うことを予定しています。この工事の見積もりが62万6400円と業者から提示されました。工事期間中にインタビューを行う場合は外のスタジオなどを借りる必要もあります。

 事務所のある飯倉片町交差点は近くにロシア大使館があるため、右翼の街宣車が来るたび、インタビューを中断することが何度もありました。特に週末は激しく、先週末も数10分おきに街宣車の騒音に悩まされました。また、時には盛りのついた猫がベランダ近くで騒いで、その鳴き声がインタビュー中ずっと聞こえてしまったこともあります。5月12日に会員向けに配信した田中宇氏のインタビューなどがそうでした。

※米国はイランをめぐる国際関係で孤立!? 北朝鮮の完全核廃棄判定の鍵を握るのは中国か!? 〜5.12岩上安身による国際情勢解説者・田中宇氏インタビュー 2018.5.12
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420949

 この防音工事は、今後もより質の高い番組をスムーズに安心してお届けするために、どうしても避けて通れない、必要なものです。ぜひ、ご協力をよろしくお願いします。

 IWJには毎日皆様からのあたたかいお言葉やご支援の際のメッセージが届いています。今日もその中から、ご紹介させていただきます。

=============================

書物、報道で日本記者クラブの噂を聞いたり、読んだりしていますが、今日の記事での記者クラブのやり取りの詳細は具体的で本当によく分かりました。

安倍政権辞任の証拠がこれだけ揃っているが、退陣しない理由の一つは、日本記者クラブの存在だと思っています。

その記者クラブ制度に風穴を開けようとしているIWJの姿勢、努力はどれだけ評価してもし過ぎるほどはありません。いつも応援しています。

カンパは決して忘れてはいません。 

炭谷克己 様

=============================

 炭谷様、あたたかいメッセージをありがとうございます!

 皆様のあたたかいメッセージに、岩上さんもスタッフも毎日大いに励まされています!これからもどうぞ、岩上さんとIWJを応援してください。

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします。
http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 なお、今後YouTubeLiveでの岩上さんのインタビュー中継や再配信を、少しずつ会員限定配信に切り替えていく予定です。その場合は冒頭のみフルオープン公開し、途中から会員限定配信に切り替えて御覧いただく形になります。

 ご視聴いただく場合は、番組表のURLからログインできるようになっています。なお、現在ご視聴方法の詳しい説明のためのページを準備中です。準備が出来次第この日刊ガイドでお知らせいたします。

 現在無料視聴をご利用されている非会員の方々も、この機会にぜひIWJ会員へのご登録をお願いいたします! また、会費未納等でいったん休眠会員となられている方は再開を、ぜひご検討ください!

 IWJの有料会員制度は1ヶ月1000円、支払いをまとめてお得な1年1万円の一般会員と、1ヶ月3000円、まとめてお得な年3万円からのサポート会員の2種類です。会費は、クレジットカード、銀行振込(ゆうちょ銀行を含む)でお支払いいただけます。

 IWJの活動は、会員の皆様のこの会費によって支えられています。詳細は下記URLより御確認ください。

※IWJ会員のご案内はこちらにあります。ぜひご検討ください。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

■IWJではテキスト班、動画班、事務・ハドル班等のスタッフを緊急大募集中!

 現在、IWJでは、テキスト班、動画班、事務・ハドル班等のスタッフを緊急大募集しています!

 メディアのお仕事はとても過酷なのでは…と思われる方も少なくないでしょう。確かに、裁量労働制が当たり前、夜討ち朝駆けに明け暮れる日々を過ごし長時間労働から抜け出せず、ときには過労死に至る記者さえいるのが、メディアという業界の現状といえるでしょう。

 しかしIWJは、こうした労働問題に警鐘を鳴らし、とりわけ最近は、「働かせホーダイ」改悪法案である「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」の危険性を強く訴えています。

 IWJは、断固として裁量労働制は採用せず、高プロに反対します!今月22日には、高プロの危険性を隅から隅まで暴くために、岩上さんが上西充子・法政大学教授にインタビューしました。

※「働かせホーダイ」改悪法案強行採決!? 高プロ制度の危険性、そして加藤勝信厚労大臣による「ご飯論法」の詭弁を暴く!5.22 岩上安身による法政大学・上西充子教授緊急インタビュー! 2018.5.22
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/422082

 IWJはスタッフの長時間労働制を抑制し、労基法にもとづく三六協定を遵守するよう全力を挙げています。というのも、IWJは労働者の人権を守るように訴えている以上、まずは自ら襟を正し、足元をすくわれないようにすることが大事だと考えているからです。

 報道のあり方から働き方まで、メディアが抱える様々な問題に斬り込み、克服したい、そして歪みに歪んだ日本の政治に真正面から問いを投げかけたい!そんな思いを抱いた方は、ぜひ、奮ってご応募ください!また、この募集動画をぜひ、拡散してください!

※【IWJスタッフ募集】岩上安身による上西充子法政大学教授インタビュー
https://youtu.be/oXIuOtavwos

 なお、報酬については各班とも、時給1100円からのスタートとなります。能力と実績によって順次昇給していきます。

<事務・ハドル班>
 「ハドル」とは、アメフト用語でいう「作戦会議」で、IWJのスケジューリングの基礎骨格を形作る、とても重要な仕事です。情報収集にアンテナを立てて、その時々に伝えるべきことを選び出し、中継スタッフと連携して、動画を視聴者の元へ配信します。どこへ行って何を映すかテーマを選び出し、そのとき最も適切なスタッフを現場に向かわせることは非常に重要な役割です。

 また、翌日以降の中継・配信予定と、撮影後に記事化された動画の情報を整理し、翌日の日刊ガイドでの番組表へ反映させています。IWJのコンテンツ構成の要ともなる部署です。なお、この「翌日の中継・配信予定」は日に何度も協議を重ね、夕方から夜に確定することがほとんどのため、9時~17時という一般的なオフィスワークとは時間帯が異なってきます。

 逆に事務班は朝早目の出勤となります。電話やメールでの外部の方との連絡、岩上さんのスケジュールを把握した上でインタビューのアポ取り、講演や出張、各種イベントなどのスケジュール調整などをおこなうため、人物重視の採用です。ご応募の資格は第一に穏やかな性格で、明るく協調性のある方。第二に対外的な交渉をトラブルなくできるコミュニケーション能力の高い方、そして第三にPCスキルがある方です。

 なお、「ハドル」、「事務」に限らず、総務、庶務、会員管理事務等なんでも、またはいずれかに興味のある方を広く募集します。

 同時にウェブ動画班とテキスト班へのご応募もお待ちしています。

<ウェブ動画班>
 動画・ウェブ班では、動画の機材や技術、PC、撮影、編集に関して知識やスキルがある方、またウェブサイトの見せ方やリニューアルにアイデアやスキルのある方を募集しています。これらのいずれかに何か得意分野がある方なら、どなたでもご応募いただけます。素直に学ぶ気持ちのある方を歓迎します。

 また、全国各地でIWJの活動を支えていただける中継市民の方も募集します!

 さらに、ご自分が撮影された動画の投稿も随時受け付けています。ぜひ、ご応募ください。

<テキスト班>
 テキスト班ではエディター、現場に出る記者、ライターを募集しています。特に夜遅い時間帯まで勤務可能な方は待遇面でも優遇します。夜遅くまでの勤務となった際は、社用車での帰宅もできます。また、現場に出て取材をしたり、インタビューのゲストの方の送迎で社用車を使うこともあります。こうしたときのために、運転免許を持っていることが望ましいです(必須ではありません)。

 エディター、現場に出る記者、ライターのすべてをこなせる方はもちろん大歓迎ですが、このうちどれか一つの役割ならできそう! という方も歓迎します! また、遠方にお住まいの方で中継市民として記者をしたい方も募集しています。

 また、在宅のサマリーライターから、独自ネタで企画を持ち込み、寄稿したいという現役プロのジャーナリストやライターの方まで、投稿も随時受け付けています。

 投稿していただいた動画や原稿にももちろん報酬をお支払いいたします。

 また、前述の通り、IWJでは記者やカメラマンであっても裁量労働制ではなく、タイムカードで労働時間をきちんと記録し、残業代も支払い、夜10時以降は深夜割り増しもきちんとつけています。サービス残業を強いることなどもありません。上限はありますが交通費もお支払いし、社会保険も完備しています。IWJがスタッフ募集を続けているのは、週休2日制で、スタッフは必ず定休を取るため、みんなでローテーションで仕事をつないでいくこととなり、どうしてもある程度の人数が必要だからなのです。

 他の仕事と兼業したい、あくまで独立業者として関わりたい等のリクエストにも柔軟に応じて、パートタイム、兼業、業務委託、外注などの働き方もあります。お迷いの方も、ぜひご応募ください!

 ご応募は、以下のフォームからお願いいたします! 皆様のお知り合いで、ネットメディアの仕事に強い興味をお持ちの方などもおられましたら、ぜひお声をかけていただければと存じます。

※【IWJレギュラースタッフ募集フォーム】
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdbeeE8cGfuFucSge58KaR0vRQF5-uYoc52DeRCENG4u3_1mg/viewform

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2018.5.24 Thu.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【Ch4】12:30~「TPP11批准阻止・議員会館前抗議行動」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4

 「TPPプラスを許さない!全国共同行動」主催の「TPP11批准阻止・議員会館前抗議行動」を中継します。
——————-

【録画配信・IWJ_KYOTO1】16:00~「京都の弁護士グループによる『京都大学の「立て看板」撤去問題に関するアピール』」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=kyoto1

 5月22日に収録した、京都の弁護士グループ(塩見卓也弁護士呼びかけ)主催の「京都大学の『立て看板』撤去問題に関するアピール」を録画配信します。
——————-

【Ch2】17:00~「東京電力 定例会見」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=2

 東京電力による記者会見を中継します。
——————-

【IWJ韓国取材 10・録画配信・Ch7】18:00~「『ろうそくは核よりも強い!』THAADが強制配備された星州(ソンジュ)現地からキムチョン市のキャンドルデモへ」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=7

 3月16日に、ソンジュ・ソソンリとキムチョン市で収録した韓国取材の模様を録画配信します。
——————-

【ツイキャス・IWJ_KYOTO1】18:30~「ベトナムはなぜ原発をやめたのか ~止めたのは誰?どうやったの?~」
視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_kyoto1

 「市民環境研究所」、「世界とつながる公開秘密会議」主催の講演会を中継します。
——————-

【アップリンク・クラウド連動再配信・IWJ_Youtube Live】20:00~「立ちふさがる分離壁!イスラエルの占領と入植によって恋愛も普通の生活もかなわないパレスチナの若者の現実!~岩上安身による映画『オマールの壁』主演俳優アダム・バクリ氏インタビュー〈予告編付き〉」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 岩上安身による、映画『オマールの壁』主演俳優アダム・バクリ氏インタビューを再配信します。「アップリンク・クラウド」での同映画オンライン無料上映との連動企画。 2016年4月収録。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/297310

※アップリンク・クラウド特設ページ
http://www.uplink.co.jp/cloud/features/1570/

============

◆中継番組表◆

**2018.5.25 Fri.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【Ch6】18:30~「特別講義 平和学の権威ヨハン・ガルトゥンク、鳩山由紀夫元内閣総理大臣 講演『東アジアの平和をどう作るか?』ほか」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=6

 「青山学院大学国際研究センター」主催、「鹿児島大学」(ガルトゥンク氏招聘)共催の講演会を中継します。

▲▽▲▽官邸前抗議関連 ▽▲▽▲

【Ch5】18:30~「再稼働反対!首相官邸前抗議」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

 「首都圏反原発連合」の呼びかけで開催される首相官邸前抗議を中継します。
——————-

【IWJ_TOKYO8】18:00~「原発反対八王子行動」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=tokyo8

 「キンパチデモ実行委員会」主催の原発反対八王子行動を中継します。

========

◆中継番組表◆

これ以降の予定で決定しているものは、以下のカレンダーよりご覧いただけます。あわせてご確認ください。

→「配信カレンダー」 https://iwj.co.jp/channels/main/calendar.html
(あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

「命を削って働いて最後は命をもっていかれた!」「過労死しても自己責任か!?」過労死遺族の方々が安倍首相への面会を求め官邸前で座り込み!~「全国過労死を考える家族の会」による5.22首相官邸前座り込み(1日目)
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/422090

「立て看板は改善と継承を何代も繰り返す、まさしく文化だ。その文化が、いま規制されようとしている!」――京都大学立て看板展「RE/PLACE」主催者京都市立芸術大学小野川耀心氏にIWJが直撃取材
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/422222

農業の問題だけではない!!韓国が米韓FTAで守った著作権法も日本は変更!?告訴がなくても逮捕・拘留される!?表現の自由が奪われる!!~5.21 TPP11批准阻止・官邸前行動
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/421986

「パレスチナ人の大虐殺をやめろ!」イスラエル大使館前抗議に早尾貴紀氏も参加しスピーチ「まさに進行中の民族浄化だ!」~警察は法的根拠を示さず異常な過剰警備!大使館から100m離れた場所まで引き離す~5.18大使館前緊急抗議アクション
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/421639

ストロンチウム処理水の滲みが発見された福島第一発電所・G3西タンクエリアのタンク連結弁問題に増し締め・拭取りで対応する東電、拭き取り前表面線量の測定有無を問われ「調べて回答する」~5.21東京電力
定例会見
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/421984

いつでも独裁が可能!? いつまでも独裁が可能!? 憲法で堂々と独裁を肯定!?より危険性が高まった自民党新改憲の緊急事態条項!~5.21岩上安身による永井幸寿弁護士インタビュー
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/421982

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 それでは本日も一日、どうぞよろしくお願いいたします!

IWJ編集部(岩上安身、上杉英世、川上正晃、城石裕幸、段田亜由美)
IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 http://iwj.co.jp/