日刊IWJガイド・番組表「5月15日『ナクバ(大災厄)』の日に、イスラエル軍の攻撃で生後8ヶ月の尊い命が犠牲に…本日午後1時30分から、『トランプ政権の中東政策は選挙対策!? 岩上安身による国際政治学者・高橋和夫・放送大学名誉教授インタビュー』を配信/16日開催予定の南北閣僚級会談が北朝鮮側の通知により突如中止に! 背景に米韓合同空軍演習!? 抑止論に固執する米軍と日本!/その数約13万件!組織的『懲戒請求』で当事者の嶋崎量(ちから)弁護士にIWJが直撃取材! 真摯な謝罪がなければ賠償請求へ!! 発信源は刑事告訴も!?/<新記事紹介>公有財産をめぐり麻生財務相の周辺でも疑惑が! 麻生グループ傘下企業への不自然な無償貸し付けを福岡県飯塚市議・川上直喜氏が追及!川上市議にIWJが直撃取材!/大学アメフトの名門、日大フェニックス選手が関学大ファイターズのQBに悪質タックル! 関学大の抗議に日大は!? IWJは本日午後1時30分より関学大による記者会見を中継!」2018.5.17日号~No.2072号~


■■■ 日刊IWJガイド・番組表「5月15日『ナクバ(大災厄)』の日に、イスラエル軍の攻撃で生後8ヶ月の尊い命が犠牲に…本日午後1時30分から、『トランプ政権の中東政策は選挙対策!? 岩上安身による国際政治学者・高橋和夫・放送大学名誉教授インタビュー』を配信/16日開催予定の南北閣僚級会談が北朝鮮側の通知により突如中止に! 背景に米韓合同空軍演習!? 抑止論に固執する米軍と日本!/その数約13万件!組織的『懲戒請求』で当事者の嶋崎量(ちから)弁護士にIWJが直撃取材! 真摯な謝罪がなければ賠償請求へ!! 発信源は刑事告訴も!?/<新記事紹介>公有財産をめぐり麻生財務相の周辺でも疑惑が! 麻生グループ傘下企業への不自然な無償貸し付けを福岡県飯塚市議・川上直喜氏が追及!川上市議にIWJが直撃取材!/大学アメフトの名門、日大フェニックス選手が関学大ファイターズのQBに悪質タックル! 関学大の抗議に日大は!? IWJは本日午後1時30分より関学大による記者会見を中継!」2018.5.17日号~No.2072号~ ■■■
(2018.5.17 8時00分)

 おはようございます。IWJ編集部です。

■5月15日「ナクバ(大災厄)」の日に、イスラエル軍の攻撃で生後8ヶ月の尊い命が犠牲に…本日午後1時30分から、「トランプ政権の中東政策は選挙対策!?その選挙対策に日本も巻き込まれる!? 岩上安身による国際政治学者・高橋和夫・放送大学名誉教授インタビュー」を配信します

 ガザ地区で5月15日、イスラエル軍がパレスチナのデモ隊へ向けて撃った催涙弾により、パレスチナ人の乳児が死亡したことが報じられました。死亡した乳児は生後8ヶ月の女の子と伝えられています。ガザ保健当局は、イスラエル軍の攻撃による死亡者は、14、15両日だけで計61人に達したと発表しました。

※ガザ衝突、催涙ガスで乳児1人が死亡 保健省発表(AFP、2018年5月16日)

http://www.afpbb.com/articles/-/3174677

※パレスチナ側「虐殺」非難 ガザ死者61人、乳児も犠牲(中日新聞、2018年5月16日)

http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2018051602000062.html

 5月15日は、パレスチナ人がユダヤ人の入植者・シオニストにより計画的・組織的に虐殺され、故郷から追放され、土地を収奪された日を想起する「ナクバ(大災厄)」の日です。パレスチナ人にとって耐え難い苦痛を受けた日に、さらに、深い悲しみと激しい怒りの記憶が刻まれることとなりました。

 こうしたイスラエル政府およびシオニストによる暴挙に対して、パレスチナ以外の国からも激しい非難の声が上がっています。

 イラン政府は15日、イスラエル軍による弾圧について「侵略と占領に反対する平和的な抗議に参加していた、武器を持たない虐げられた人々が大量に殺害されたのは、米国政府が、大使館のエルサレム(ベイトルモガッダス)への移転という、違法で挑発的な行動を祝っていたさ中、それもナクバの日の出来事だった」と、イスラエル入植を後押しする米国も含めて非難する声明を発表しました。

※イラン政府、シオニストの最近の犯罪を受けて声明を発表(Pars Today、2018年5月15日)

http://parstoday.com/ja/news/middle_east-i43840

 イスラエルの入植、そしてパレスチナ人弾圧を米国が下支えしているわけですが、いったい、なぜ米国はトランプ政権が成立してから、これほどまでにイスラエルへ肩入れするのでしょうか。

 本日午後1時30分より岩上さんは、国際政治学者の高橋和夫・放送大学名誉教授にインタビューを行います。今、イスラエルの入植やイラン核合意をめぐる問題で、徹底してイスラエル寄りの外交を展開するトランプ政権について、岩上さんがじっくりとお話をうかがいます。さらには、米国の親イスラエル外交に振り回され、付き従う日本についてもうかがいます。

 岩上さんによる高橋和夫名誉教授インタビューは、以下のURLより、ぜひご覧ください。
 お手数ですが、ご視聴方法は以下よりご確認ください。

※非会員の方【ご視聴方法】
・以下のURLをクリックしていただき、ページ下部に埋め込まれている「インタビュー途中までのフルオープン配信はこちらから」から、YouTubeを再生していただきますと、途中まで配信をご覧いただけます。

======
【IWJ_Youtube Live】13:30~「トランプ政権の中東政策は選挙対策!?その選挙対策に日本も巻き込まれる!?岩上安身による放送大学 高橋和夫名誉教授インタビュー」
YouTube視聴URL(冒頭以降は会員限定): https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420867
ツイキャス視聴URL(冒頭のみ): http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi
======

※会員の方【ご視聴方法】
1,会員限定配信に切り替わるまでは、フルオープンの配信となりますので、上記のURLをクリックしていただき、ページ下部に埋め込まれている「インタビュー途中までのフルオープン配信はこちらから」から、YouTubeを再生させて、ご視聴ください。
2,インタビューのフルオープン配信部分が終了しましたら、同ページ下部に埋め込まれているYouTubeの配信は、一度終了いたします。
3,フルオープンの配信終了後は、同ページ下部にあります「一般・サポート」と書かれた青いボタンを押し、会員ページにアクセスしてください。ページ下部に埋め込まれている「インタビュー途中からの会員限定配信はこちらから」から、会員限定配信をご視聴いただけます。そちらからご視聴ください。

■16日開催予定の南北閣僚級会談が北朝鮮側の通知により突如中止に! 背景に米韓合同空軍演習か!? 抑止論に固執する米軍と日本!

 北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)は5月16日、同日に予定されていた南北閣僚級会談を中止すると発表しました。北朝鮮側は今月11日から行われている米韓の合同空軍事演習に強く反発しています。さらに朝鮮中央通信は、米国に向けて、6月12日にシンガポールで開催が予定されている米朝首脳会談への影響について慎重に考慮すべきと、警告を発しています。ここまで融和ムード一色だったのに、急に雲行きが怪しくなってきました。

※北朝鮮、南北高官級会談を中止 米国にも警告(BBC News Japan 2018年5月16日)

http://www.bbc.com/japanese/44134797

 中止となった南北閣僚級会談では、開城(ケソン)に設置される南北共同連絡事務所や南北の鉄道連結といった、経済協力の推進について話し合われるはずでした。このような一方的な北朝鮮からの通知に対し、韓国統一省は「朝鮮半島の平和と繁栄のために、速やかに会談に応じるよう」求めています。

※南北閣僚級会談 あす開催(毎日新聞 2018年5月15日)

https://mainichi.jp/articles/20180515/dde/001/030/042000c

※北朝鮮「中止」発表 米韓訓練を非難

https://mainichi.jp/articles/20180516/k00/00e/030/250000c

 一方、西村康稔官房副長官は16日午前の記者会見で、「米韓合同軍事演習は重要な抑止力の柱。着実に実施されることは地域の平和と安全を確保する上で重要だ」と述べています。また、西村官房副長官は、米朝首脳会談に関しても米国政府の意向と同様に、予定にしたがって6月12日に開催されるべきであるとの認識を示しました。

※米韓合同空軍演習「重要な抑止力の柱」 西村副長官(朝日新聞 2018年5月16日)

https://www.asahi.com/articles/ASL5J3VKTL5JUTFK008.html

※北朝鮮、南北高官級会談を中止 米朝会談への警告も(AFP 2018年5月16日)

http://www.afpbb.com/articles/-/3174736

 西村官房副長官が言及した抑止の論理は、軍事的緊張を高める方向に作用してしまう性格をはらんでいるものです。有事でなくとも、普段から騒音や落下物などによって、基地周辺の住民の生活が脅かされることもしばしばです。

 岩上さんは、沖縄大学の新崎盛暉名誉教授にインタビューを行っています。新崎名誉教授は、沖縄の米軍基地問題の歴史を通し、抑止論が虚構であることを訴えてきました。

 全編動画のご視聴にはサポート会員登録が必要となりますが、単品購入も可能です。会員以外の方は500円、一般会員の方は50円になります。こちらもぜひ、ご検討ください。

※(再掲)「『沖縄差別』の仕組みの上に成り立つ日米安保体制」、「抑止は『ユクシ』(=嘘:沖縄語)」、本土の人たちに知って欲しい沖縄から見た基地問題の歴史~岩上安身による沖縄大学名誉教授 新崎盛暉氏インタビュー 2010.7.9

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/11419

■その数、約13万件! 弁護士への組織的「懲戒請求」で、当事者の嶋崎量(ちから)弁護士にIWJが直撃取材! 真摯な謝罪がなければ、賠償請求へ!! 発信源だけは刑事告訴も!?

 事の発端は、2016年に国が出した都道府県への通知が、朝鮮学校への補助金減額を招いたとして、全国の弁護士会が批判声明を出したことでした。この批判声明に対して、「余命三年時事日記」というブログが「犯罪だ」と非難を浴びせ、弁護士会への「懲戒請求」を呼びかけました。

※なぜ法律デマは出回るのか 約13万件、弁護士への組織的な「懲戒請求」を考える(弁護士ドットコム、2018年5月10日)

https://www.bengo4.com/internet/n_7862/

 この「呼びかけ」がきっかけとなったのでしょう。不正な「懲戒請求」が2017年6月ごろから届き始め、日弁連によると、2017年だけで全国の21弁護士会に、約1000人から約13万件の請求があったといいます。

 嶋崎(*)量(ちから)弁護士のところに「懲戒請求」が届くようになったのは2017年9月ごろ。懲戒理由は、すでに「懲戒請求」されていた佐々木亮弁護士のツイートへの返信で、「なんで懲戒請求されてるのか、ほんと謎です。酷い話だ」とツイートしたことが「共謀による脅迫罪」に当たるのだということです。まったく意味不明です。

※嶋崎弁護士の「崎」は本来異字体(たつさき)ですが、機種依存文字にあたり、日刊IWJガイドをメールで送信できなくなりますため、本ガイドでは「崎」と表記させていただいております。なにとぞご了承下さい。

 嶋崎弁護士はブラック企業被害対策や反貧困など、働く人の権利を守るために活動している労働弁護士で、2018年5月11日に開かれた「働き方改革法案」に関する「比較データ」捏造問題で、法政大学の上西充子教授が会見した場にも、日本労働弁護団有志として同席していました。

 ですが、当初の懲戒理由だった朝鮮学校とは関わりがないそうです。

※捏造「指示」の証拠を出せ!? 裁量労働制「不適切データ問題」で自民・橋本岳議員が論点をすりかえる圧力!国会での本格審議を前に論戦を牽制か!? ~上西充子法政大学教授と労働弁護団有志が緊急記者会見で反論!「実務家として震撼」2018.5.11

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420776

 「懲戒請求」を送りつけられた弁護士たちも、黙ってはいません。5月16日には司法記者クラブで、佐々木亮・北周士両弁護士が全請求者に損害賠償請求訴訟を起こすなど提訴の内容を公表するとともに、まずは事前の和解を推進する方針を示しました。IWJではこの会見場に赴き録画取材、同日午後5時半から配信を行いました。

 また遡る5月15日、IWJは嶋崎弁護士に緊急取材も行っています。組織的「懲戒請求」問題についてお話をうかがい、その模様も昨日16日の午後6時半から配信を行いました。いずれも以下のアドレスで近日中に動画記事をアップ予定です。お見逃しになった方は、今しばらくお待ち下さい!

※弁護士に対する懲戒請求問題に関する記者会見 ―会見者:佐々木亮弁護士、北周士弁護士(東京弁護士会)

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/421371

※その数、約13万件! 弁護士への組織的「懲戒請求」で、当事者の嶋崎量(ちから)弁護士に取材! 真摯な謝罪がなければ、賠償請求へ!! 発信源だけは刑事告訴も!?

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/421238

 「懲戒請求」の請求者の住所や氏名は、被請求者の弁護士のところに届いています。嶋崎弁護士をはじめ、「懲戒請求」を送りつけられた弁護士は、請求者に対して、真摯な謝罪さえあれば、少額の慰謝料ですむ「和解」を勧めています。

 ただし、嶋崎弁護士は、発信源である「余命三年時事日記」のブログ主だけは、虚偽告訴罪や業務妨害罪での刑事告訴も辞さない構えです。騒ぎのもととなったブログ主は何者で、なぜこのような煽動を行ったのか、自身の正体を早急に明らかにするとともに、事態の収束のために、声明を出すか、会見を開くべきではないでしょうか。

■アルゼンチンの政策金利が40パーセントに到達!この事態をきっかけに、「アベノミクスのシナリオは、逆回転を起こし根底から崩れる」可能性も!? IWJがチーフエコノミストの田代秀敏氏に直撃取材!

 アルゼンチン中央銀行は4月27日から政策金利を引き上げ、あっという間に金利が40パーセントに達しました。この異常な高金利から、新興国通貨危機の始まりではないかという指摘が、専門家からなされています。

※アルゼンチン中銀、政策金利40%に据え置き 一連の利上げ打ち止め(ロイター、2018年5月9日)

https://jp.reuters.com/article/argentina-cenbank-rate-idJPKBN1I93EM

※ついに新興国通貨危機が始まった!~アルゼンチンで金利40%の衝撃(現代ビジネス、2018年5月15日)

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/55659

 アルゼンチンのマクリ大統領は今月8日、IMF(国際通貨基金)に支援を要請しました。報道によると、200億ドル(2兆1600億円)から300億ドル(3兆2000億円)の支援を要請すると伝えられています。

※過去8回のデフォルト経験国アルゼンチン、9回目のデフォルトを避けるべくIMFに支援要請(ハーバー・ビジネス・オンライン、2018年5月14日)

https://hbol.jp/165655

 アルゼンチンの政策金利が40パーセントに達したことで日本にどのような影響が出るのか、IWJは、シグマキャピタルの田代秀敏チーフエコノミストに取材しました。田代氏はこの事態について、「日本とアルゼンチンとは、貿易等で直接的な関係はあまりない」からといって、「傍観していると大変なことになる」と、警鐘を鳴らします。

 田代氏によると、「米国が長期金利を上昇させ、リスクオン、リスクオフの分水嶺といわれている3パーセントに達しており、リスクの高い新興途上国への投資の旨味が薄れると、急激に賃金が引き上げられる」といいます。その上で、「途上国への投資の手仕舞いが始まると、日本から超低金利で調達した資金が戻され、猛烈な円買いが起きて円高が生じる」ことを指摘しました。

 さらに田代氏は、来年10月予定の消費増税や、日銀の異次元緩和による円安誘導により、「企業収益を引き上げ株高を起こすというアベノミクスのシナリオは、逆回転を起こし根底から崩れる」と、衝撃の見解を示しました。

 田代氏には、近日、岩上さんがインタビューを行う予定です。日程など詳細が決まり次第、改めて告知しますので、ぜひ、ご覧ください。

■【東電の原電支援】国は原発事故にともなう損害賠償と廃炉作業をさせるために、東京電力を存続させた! 大震災以来1ワットも発電していない原発業者を支援させるためではない!!

 2018年3月30日、東京電力ホールディングス(HD)と東北電力は、東海第二原発の再稼働をめざす日本原子力発電(日本原電)を支援することを表明しました。

※原電支援、許せない 東電へ抗議広がる 税金注入「福島のため」(東京新聞、2018年5月15日)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201805/CK2018051502000235.html

 日本原電は東海第二原発と敦賀原発2号機(1号機は廃炉が決定)の2機を擁していますが、2011年3月11日の東日本大震災とそれにともなう東京電力福島第一原発事故以来、1ワットも発電していません。しかも、敦賀原発2号機直下の破砕帯は「活断層」の可能性が高いとされ、再稼動の見通しも立っていません。

 にもかかわらず、2013年3月期の上半期(2012年4~9月)の連結純利益は過去最高の209億円にもなりました。これは、東京電力や東北電力など電力5社が、送電しなくとも支払う契約になっている「基本料」を日本原電に支払ったからです。原発が稼働していないから運転コストがかからず、送電しなくとも売上は立ちますから、利益ばかりが積み上がっていったわけです。

 東海第二原発は今、原子力規制委員会による新規制基準の適合性審査を受けています。東海第二原発は2018年11月に運転開始から40年を迎えますので、それまでに再稼働と運転延長の審査に合格しないと廃炉にせざるを得なくなります。原子力規制委は日本原電に、安全対策に要する資金確保の裏づけを求め、日本原電は東京電力HDと東北電力に支援を要請、冒頭の支援表明となりました。

 東海第二原発の安全対策工事費は1740億円と見込まれ、筆頭株主である東電が相当額を負担することになります。

 しかし、国が税金の投入により東京電力を破綻から救ったのは、東京電力福島第一原発事故にともなう損害賠償と廃炉作業を進めさせるためでした。避難者への賠償は終わっていませんし、廃炉作業には多額の資金が必要な上、今後さらなる税金投入も想定されます。

 日本政府は賠償と廃炉費用の総額を21.5兆円と見込んでいますが、そこには当然、東京電力の負担ばかりでなく、税金や電力各社の顧客が支払う電気料金も含まれています。東京電力に他社の原発を支援する余力があるというなら、賠償や廃炉に回すべきでしょう。

 こうした中、国際環境NGO「FoE Japan」は東京電力の日本原電支援反対のネット署名を集める一方、2018年4月25日には「原子力規制を監視する市民の会」とともに集会と政府交渉を共催しました。

※【署名】東京電力さん、私たちのお金を日本原電・東海第二原発の再稼働のために使わないでください

http://www.foejapan.org/energy/stop_restart/180411.html

※発電全て停止!売電収入なし!全てが担保に!こんな日本原電を東海第二原発、東電が支援!? 私たちのお金を使わないで!署名と共に申し入れ~集会&政府交渉

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/419177

 FoE Japanは第1弾として2774人分の署名を、東京電力と経産省、原子力規制委に提出しました(署名は6月末まで継続)。また、来たる5月23日には、午後5時30分から参議院議員会館に立命館大学経営学部教授の金森絵里氏を招き、勉強会「日本原電の財務状況を読み解く」を開催します。

 詳細は以下の通りです。

=======
日時 2018年5月23日(水)17:30~19:30
   ロビーにて入館証配布 17:15~17:30
会場 参議院議員会館B104(東京メトロ「永田町」1番出口すぐ)
内容 日本原電の財政状況
   東電による財政支援をどのように考えるか
資料代 500円 (カンパ歓迎、FoE Japanのサポーターは無料)
申込み 不要
問合せ FoE Japan
TEL: 03-6909-5983(平日・日中)FAX: 03-6909-5986

※勉強会:日本原電の財務状況を読み解く(FoE Japan)

http://www.foejapan.org/energy/stop_restart/180523.html

=======

 IWJでは、この勉強会の模様を中継いたします。中継の詳細は、改めて「IWJ日刊ガイド」でお知らせいたします。勉強会への参加が難しいという方は、ぜひIWJでご覧ください。

■<新記事紹介>「公有財産をめぐり麻生財務相の周辺でも疑惑が! 麻生グループ傘下の企業に不自然な無償貸し付けが行われたことを福岡県飯塚市議の川上直喜氏が追及! 川上市議にIWJが直撃取材!」

 「モリ・カケ」疑惑に関する省庁の文書が公表され、官邸や財務省側の説明や記憶との矛盾が指摘されていますが、安倍内閣を支えているつもりでいるはずの麻生財務相の周辺でも同様に、公有地貸し付けにまつわる疑惑が浮かび上がってきました。

 疑惑の物件は、福岡県飯塚市の郊外に建つ「こども発達支援センター」です。もともとは隣接する旧飯塚市立病院(現 頴田【かいだ】病院)の敷地の一部で、麻生グループが2008年4月に病院の経営を引き継いだ時に、市との協定で発達障害児の支援センターを併設しています。その協定によれば、麻生側が病院と同センターの敷地である市有地を、市から7年間無償で借りて、建物を建てた後にその土地を時価で買い取るはずでした。

 しかし、2018年3月に土地の買い取り期限が近づくと、麻生側は病院の敷地部分(約1万平方メートル)の方は約1億3000万円で買い取りに応じたものの、時価約1000万円とされる支援センターの敷地部分(約834平方メートル)は、市に対して無償貸与を5年間延ばすよう要求してきたとのことです。麻生側は2016年2月から延長を求めていましたが、市はその要求を受け入れてきませんでした。それが2017年という土地の買い取り期限目前になって、市は突然無償貸与の延長に応じたのです。

 ポストセブンの取材によりますと、麻生事務所は、「麻生太郎と麻生グループは別人格であり、見解を申し上げる立場にない」とし、株式会社麻生も「ノーコメント」と答えるのみであったとのことです。

※森友学園問題と酷似 「麻生グループ」への土地無償貸与問題(NEWSポストセブン 2018年5月13日)

https://www.news-postseven.com/archives/20180513_673400.html?PAGE=1#container

 この疑惑について、情報公開請求を通じて追及を続けている飯塚市議会議員の川上直喜氏にIWJは連絡をとり、直接、お話しをうかがいました。ぜひ以下の記事をご覧ください。

※公有財産をめぐり麻生財務相の周辺でも疑惑が! 麻生グループ傘下の企業に不自然な無償貸し付けが行われたことを麻生氏の地元・福岡県飯塚市の川上直喜市議が追及! 川上市議にIWJが直撃取材! 2018.5.17

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/421516

 市議会レベルの追及が、結果として大物政治家のスキャンダルにまでつながったことは記憶に新しいことと思います。森友疑惑も大阪府豊中市議の木村真氏の追及をきっかけに国政を揺るがす問題に発展していきました。その過程は木村真市議への岩上安身のインタビューをご参照ください。

※森友問題の本質は『カルト右翼学園』に政権中枢と維新の会が肩入れした事件だ」〜通常国会開会直前!財務省の数々の嘘を検証!岩上安身による木村真 豊中市議インタビュー(後編) 2018.1.5

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/409009

 また情報公開請求に関しては神戸学院大学の上脇博之教授に岩上さんがインタビューしています。政党助成金をめぐる問題に精通している上脇教授は最近も、麻生財務相の資金管理団体「素淮(そわい)会」の領収証をめぐり、政治資金規正法違反の疑いを、以下のスマート・フラッシュの記事の中で指摘しています。

 疑惑追及の様々の蓄積をIWJの過去のコンテンツでご覧ください。ぜひとも会員登録していただき、全編動画で疑惑追及の歴史をご自身の眼でご確認ください。

※麻生太郎財務相の「宛名なし」「住所なし」あやしい領収書(SmartFLASH 2018年04月24日)

http://blogos.com/article/292675/

※<スクープ!>森友学園関連で近畿財務局の『相談記録』が開示! 岩上安身による情報開示請求者・神戸学院大学教授 上脇博之氏インタビュー 2018.1.21

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/410088

※上脇博之『告発!政治とカネ 政党助成金20年、腐敗の深層』(かもがわ出版、2015年)(https://amzn.to/2KZkLZx

■大学アメリカンフットボールの名門、日大フェニックス選手が関学大ファイターズのQBに悪質タックル!関学大の抗議に日大の回答は!? IWJは本日午後1時30分より関学大による記者会見を中継!

 日本の大学アメリカンフットボールの、関東の名門校である日本大学「フェニックス」のディフェンス(DL)の選手が、5月6日に行われた定期戦で、関西の名門校関西学院大学「ファイターズ」のクオーターバック(QB)の選手がパスを投げ終えた後、背後からタックルしたため、関学のQBが負傷退場するという「事件」が起こりました。日大のDL選手はこの試合で反則を繰り返し、退場となりました。

 関東学生連盟理事会は9日、日大DL選手を体外試合出場禁止処分に、日大の内田正人監督を厳重注意処分にしました。

 関学のQB選手は全治3週間のけが。足にしびれが残っているようです。関学大は日大に抗議文を送り、昨日5月16日を期限に危険行為に対する見解と謝罪を要求していました。

 日大は関学大の抗議文に対し、監督、選手に聞き取り調査を行い、15日に回答を提出しました。指揮官が危険なプレーを指示したと指摘されていることに対し、日大側は故意ではないとの認識を示し、監督の指示はなかったとしているようです。

※悪質タックル問題 監督指示は「あり得ない」日大が全否定(Yahooニュース、2018年5月16日)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00000097-dal-spo

 この回答を受けて、関学大は本日17日午後1時30分から記者会見を開きます。

 「危険なコンタクトスポーツは、ルールを守る限りにおいて合法なのであって、そうでなければ単なる暴力、傷害行為です」と、格闘技やラグビーなどコンタクトスポーツを自ら経験してきた岩上さんは、この問題を大変重くとらえています。IWJでは急遽東京から記者を派遣することにしました。本日午後1時30分より兵庫1chで中継いたします!

——————-
【IWJ_HYOGO1】5月17日(木)13:30~
関西学院大学体育会アメリカンフットボール部「FIGHTERS」日本大学定期戦での反則行為についての説明会(2回目)
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=hyogo1
——————-

■<ご報告>5月のご寄付・カンパの金額は11日までで200万5276円です! ご支援くださっている皆様のご厚意に心から感謝申し上げます! 第8期も残り2ヶ月半、IWJに一層のご支援をお願いします!

 いつもIWJをご支援いただき、ありがとうございます。5月上旬のご寄付・カンパのご報告をさせていただきます。

 5月11日までのご寄付・カンパの金額は、48件、200万5276円でした。15日現在までのトータルは54件、215万3276円です。日頃の私たちIWJの呼びかけに答えてくださっている皆様、本当にありがとうございます! 皆様のご厚意に心から感謝申し上げて、IWJの活動費として大切に運用させていただきます。

 IWJの第8期も7月の決算月まで残り3ヶ月を切りました。IWJが現在の活動を続けていく上で1ヶ月に必要なご寄付・カンパの金額は500万円ですが、4月も目標額の56パーセントにとどまったため赤字が累積し、危険な水域に近づきつつあります。このままのペースで行くと、年間の目標達成の30%ほどの不足が生じるという予測になってしまうとのことです。IWJが赤字で第8期を終えることのないよう、どうか皆様のより一層のご支援をよろしくお願いいたします!

 現在、岩上さんは橋下徹元大阪府知事からの「スラップ訴訟」で損害賠償請求の民事訴訟を起こされており、4月19日に大阪地裁で行われた第一回口頭弁論までにかかった初期費用だけで100万円を超えてしまいました。

 第二回口頭弁論は6月21日木曜日の午前11時から、大阪地裁第1010法廷で開かれる予定です。大阪までの交通費、宿泊費、そして弁護団の6名の弁護士へ弁護をお願いする経費や報酬など、裁判にかかる費用はこれからもかさんでいくと思われます。

 この裁判には、ネットにおける言論の自由の問題と、権力や財力をもつ者が裁判所という公的な機関をスラップ訴訟の乱発によって疲弊させてしまうという、公益性にかかわる重大な問題がかかっています。「橋下徹と岩上安身のモメ事」といった個人的な次元の話にとどまるものではなく、今後私たち市民一人ひとりの発言の自由にかかわってくるものです。ぜひご注目いただきたく思います。そして、皆様からのさらなるご支援をお願いしたいと思います。どうぞよろしくお願いします!

※ネットにおける言論の自由を守る! 岩上安身が橋下徹氏からのSLAPP訴訟に応訴で立ち向かう!

https://iwj.co.jp/wj/open/iwakamiyasumi_slapp

 また、現在IWJの事務所では、岩上さんのインタビューなどのためにスタジオとして使用している部屋の防音工事を行うことを予定しています。この工事の見積もりが62万6400円と業者から提示されました。工事期間中にインタビューを行う場合は外のスタジオなどを借りる必要もあります。

 事務所のある飯倉片町交差点は近くにロシア大使館があるため、右翼の街宣車が来るたび、インタビューを中断することが何度もありました。この防音工事は、今後もより質の高い番組をスムーズに安心してお届けするために、どうしても避けて通れない、必要なものです。

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします。

http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 なお、今後YouTubeLiveでの岩上さんのインタビューを少しずつ会員限定配信に切り替えていく予定です。昨日の早尾貴紀准教授インタビュー中継はフルオープンでしたが、前記の通り、本日5月17日の高橋和夫名誉教授インタビューは、5月12日の田中宇氏インタビューと同様、冒頭のみフルオープンで公開し、途中から会員限定配信に切り替える予定です。ご視聴方法はあらためてお知らせいたします。

 現在無料視聴をご利用されている非会員の方々も、この機会にぜひIWJ会員へのご登録をお願いいたします! また、会費未納等でいったん休眠会員となられている方は再開を、ぜひご検討ください!

 IWJの有料会員制度は1ヶ月1000円、支払いをまとめてお得な1年1万円の一般会員と、1ヶ月3000円、まとめてお得な年3万円からのサポート会員の2種類です。会費は、クレジットカード、銀行振込(ゆうちょ銀行を含む)でお支払いいただけます。

 IWJの活動は、会員の皆様のこの会費によって支えられています。詳細は下記URLより御確認ください。

※IWJ会員のご案内はこちらにあります。ぜひご検討ください。

https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2018.5.17 Thu.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【IWJ_Youtube Live】13:30~「トランプ政権の中東政策は選挙対策!?その選挙対策に日本も巻き込まれる!?岩上安身による放送大学 高橋和夫名誉教授インタビュー」
YouTube視聴URL(冒頭以降は会員限定): https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420867
ツイキャス視聴URL(冒頭のみ): http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 岩上安身による国際政治学者・元放送大学教授 高橋和夫氏インタビューを、冒頭のみフルオープン中継、その後は会員限定で中継します。
——————-

【IWJ_HYOGO1】13:30~「関西学院大学体育会アメリカンフットボール部『FIGHTERS』日本大学定期戦での反則行為についての説明会(2回目)」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=hyogo1

  関西学院大学体育会アメリカンフットボール部による記者会見を中継します。
——————-

【Ch2】17:00~「東京電力 定例会見」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=2

 東京電力による記者会見を中継します。
——————-

【Ch6】18:30~「『白金猿(はっきんさる)』出版記念シンポジウム 白井聡・金平茂紀・猿田佐世『ポスト安倍政権の対抗軸』」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=6

 「かもがわ出版」主催、「新外交イニシアティブ(ND)」後援によるシンポジウムを中継します。
——————-

【ツイキャス・エリアCh1・大阪】18:30~「5.17 大阪『都構想』否決3周年企画・学習講演会:大阪『都構想』で大阪市をなくさないで!」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_areach1

 講師に東京都大田区議の奈須りえ氏を迎えて開催される学習講演会を中継します。

============

◆中継番組表◆

**2018.5.18 Fri.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【Ch4】10:00~「緊急・TPP11の批准に反対する国会前座り込み行動」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4

 「全国食健連」主催の国会前座り込み行動を中継します。
——————-

【タイムリー再配信 161・IWJ_Youtube Live】20:00~「ガザ封鎖と民族浄化 『パレスチナ人は芝のように刈られる』~岩上安身による岡真理・京都大教授インタビュー(後半)」
YouTube視聴URL(冒頭以降は会員限定): https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420867
ツイキャス視聴URL(冒頭のみ): http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2014年7月に収録した、岩上安身による岡真理・京都大教授インタビューを、冒頭30分間のみフルオープン再配信、その後は会員限定で再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/157429

▲▽▲▽官邸前抗議関連 ▽▲▽▲

【Ch5】18:30~「再稼働反対!首相官邸前抗議」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

 「首都圏反原発連合」の呼びかけで開催される首相官邸前抗議を中継します。
——————-

【IWJ_TOKYO8】18:00~「原発いらない!250回記念 金八デモ」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=tokyo8

 「キンパチデモ実行委員会」主催の原発反対八王子行動を中継します。

========

◆中継番組表◆

これ以降の予定で決定しているものは、以下のカレンダーよりご覧いただけます。あわせてご確認ください。

→「配信カレンダー」 https://iwj.co.jp/channels/main/calendar.html
(あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

パレスチナ人犠牲者に向けた献花による抗議行動 5.14建国70年の記念日にイスラエル大使館前へ! 警察官が公道を封鎖!
異常な厳重警備で大使館に近寄れず!~パレスティナに献花を!

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/421166

東電社員残業代過少申告問題「福島第一に限ったことではなく全社的」精算対象者は福島第一36名、福島第二1名、柏崎刈羽33名~5.7東京電力 定例会見

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420204

やってないのに殺人犯!人生のほとんどを獄中で過ごした男たち!彼らは言う「不運だったけど不幸ではない」~映画「獄友」監督・金聖雄氏、桜井昌司氏(布川事件冤罪被害者)による5.14記者会見

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/421126

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 それでは本日も一日、どうぞよろしくお願いいたします!

IWJ編集部(岩上安身、小野坂元、松本聰、尾内達也、川上正晃、段田亜由美)
IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 http://iwj.co.jp/