日刊IWJガイド・番組表「【米「イラン核合意」離脱】 きな臭さが一挙に高まったのはネタニヤフ首相によるイラン核兵器開発の『証拠』公表から! 最大の関心事はトランプ大統領がどう動くかに!!/史上初の米朝首脳会談を前に、日中韓の3ヶ国首脳が東京に集結! 中国メディアはビジネスサミットを重視!? 韓国メディアは3ヶ国の交流促進に軸足!? 日本人拉致問題は理解された?/『平和か戦争か!? 運命の前夜の韓国へIWJ記者を特派! 十夜配信シリーズ特集・第六夜〜「戦争のない世界」アキ・アン氏、「開かれた軍隊のための市民連帯」パク・ソクジン氏〜連続インタビュー』を午後6時より配信します!」2018.5.10日号~No.2065号~


■■■ 日刊IWJガイド・番組表「【米「イラン核合意」離脱】 きな臭さが一挙に高まったのはネタニヤフ首相によるイラン核兵器開発の『証拠』公表から! 最大の関心事はトランプ大統領がどう動くかに!!/史上初の米朝首脳会談を前に、日中韓の3ヶ国首脳が東京に集結! 中国メディアはビジネスサミットを重視!? 韓国メディアは3ヶ国の交流促進に軸足!? 日本人拉致問題は理解された?/『平和か戦争か!? 運命の前夜の韓国へIWJ記者を特派! 十夜配信シリーズ特集・第六夜〜「戦争のない世界」アキ・アン氏、「開かれた軍隊のための市民連帯」パク・ソクジン氏〜連続インタビュー』を午後6時より配信します!」2018.5.10日号~No.2065号~ ■■■
(2018.5.10 8時00分)

 おはようございます。IWJ編集部です。

■【米「イラン核合意」離脱】 きな臭さが一挙に高まったのはネタニヤフ首相によるイラン核兵器開発の「証拠」公表から! 最大の関心事はトランプ大統領がどう動くかに!!

 ドナルド・トランプ米大統領は2018年5月8日、国連安保理・常任理事国5ヶ国(米国・英国・フランス・中国・ロシア)にドイツを加えた6ヶ国(P5プラス1)とイランとの間で結んだ核合意から離脱すると発表しました。同時に、米国が合意に基づいて解除していた制裁を「最高レベル」で再開すると強調しました。

※トランプ大統領、イラン核合意離脱を表明 制裁再開、中東情勢緊張へ(産経ニュース、2018年5月9日)

https://www.sankei.com/world/news/180509/wor1805090007-n1.html

 「イラン核合意」をめぐりきな臭さが一挙に高まった発端は、トランプ大統領の「合意」を継続する大統領令への署名が2週間後に迫った4月30日、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相がイランの核兵器開発に関して、5万5000ページの文書と183枚のCDからなる「証拠」を公表したことでした。

 これはトランプ大統領に対し、「イラン核合意」からの離脱を求める動きであることは、5月2日の日刊IWJガイドで既報の通りです。ガイドでは「イラン核合意」についてもまとめていますので、御一読ください。

※5.12に何が起きる!?~ ネタニヤフ首相がイランの核兵器開発に関する大量の資料を公表してトランプ大統領にイラン核合意からの離脱を希求! 一方、安倍総理は拉致問題を放り出してイスラエルへ!!

https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/36080

 このイスラエルが示した「証拠」について、国際政治学者の高橋和夫さんはTBSラジオで以下のような指摘をしています。

 「イランが核兵器の開発計画を持っていたということは周知の事実です。2005年前後からイランは核兵器開発を放棄していますが、それ以降の資料は出てきていません。詳細という点では非常に興味深い資料ですが、基本的には新味がないというのが多くの専門家の見方です」

※イランが密かに核兵器開発を推進? イスラエル首相が主張(TBSラジオ、2018年5月1日)

https://www.tbsradio.jp/249005

 IWJでは、5月17日(木)午後2時30分から岩上さんによる高橋和夫氏インタビューを中継する予定です。ぜひご覧ください。

 米離脱後の最大の関心事は、トランプ大統領がどう動くかに移ってきました。

 イラク戦争を目の当たりにしたイスラエルの望みは、米軍がイランにも侵攻し、政権転覆することです。ジョン・ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)の好戦的姿勢から、米国はイランを軍事攻撃し、「中東大戦争」が始まるのではないか。ジャーナリストの田中宇氏は自身のニュースサイトでそんな一般的な予測を書いた後、現実を直視しています。

※中東大戦争を演じるボルトン(田中宇の国際ニュース解説、2018年3月25日)

http://tanakanews.com/180325bolton.htm

 5月12日(土)午後2時30分から、岩上さんが田中宇氏にインタビューする予定です。ぜひ、お見逃しなく!

 なおこの日刊ガイドを作成中、今度は北朝鮮に拘束されていた米国人3人が開放され、帰国の空路にあるというニュースが飛び込んできました。

 3人を乗せたと見られる米政府専用機は、9日午後10時半ごろ横田基地に到着し、ワシントン近郊の空軍基地に向けて出発。本日午後3時頃に到着する見通しとのことです。この動きは6月上旬と見られる史上初の米朝首脳会談に向けての、両国の地ならしとの見方がされています。

 なおトランプ大統領は、北朝鮮問題に関する一連の素早い対応によって支持率が回復しており、周囲からは、大統領にノーベル平和賞を取らせようという声もあがり始め、大統領自身もまんざらではないようです。また米国では11月に中間選挙も行われます。支持率を上げられるための材料は何でも使いたいという思惑も、見え隠れします。

※北朝鮮で拘束のアメリカ人3人解放 米大統領が明らかに(NHK、2018年5月9日)

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180509/k10011432791000.html

※トランプ氏に「ノーベル賞!ノーベル賞!」支持者が連呼(朝日新聞、2018年4月29日)

https://digital.asahi.com/articles/ASL4Y5F0CL4YUHBI016.html

 トランプ大統領の「イラン核合意」離脱を回避しようとする各国首脳の動向や、イランに敵対するイスラエルやサウジアラビアの怪しげな動き、何より離脱後にトランプ大統領がどう動くか、記事にまとめましたので、ぜひご覧ください。

※トランプ米大統領が「イラン核合意」離脱を表明! きな臭さが一挙に高まったのはイスラエルのネタニヤフ首相がイランによる核兵器開発の「証拠」公表から! 最大の関心事はトランプ大統領がどう動くかに!! 2018.5.9

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420509

■史上初の米朝首脳会談を前に、日中韓の3ヶ国首脳が東京に集結! 中国メディアはビジネスサミットを重視!? 韓国メディアは3ヶ国の交流促進に軸足!? 日本人拉致問題は理解された?

 2018年5月9日、東京・港区の迎賓館で日中韓首脳会議が開催されました。安倍晋三総理、いずれも就任後初めての来日となる中国の李克強(リー・クーチアン)首相、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が出席。3ヶ国の首脳が一堂に会するのは、2015年11月1日の韓国ソウルでの首脳会議以来です。

 史上初めての米朝首脳会談をひかえた会議は1時間ほどで終了し、その後、3ヶ国首脳は共同記者発表に臨みました。安倍総理は「拉致問題の早期解決へ、日本の立場に理解を得た」と述べ、李首相・文大統領はそれぞれ「朝鮮半島非核化の実現へ向けて、中国は役割を果たしたい」「板門店(パンムンジョム)宣言を支持してくれたことを感謝する」などと述べました。

 午後には、北朝鮮の非核化などで緊密に連携していくことを確認した日韓首脳会談の後、3首脳は経団連、中国国際貿易促進委員会、大韓商工会議所が共催した「日中韓ビジネスサミット」に出席。サミットで採択された、日中韓FTAや東アジア地域包括的経済連携(RCEP)などの早期実現を求めた共同宣言が、3首脳に手渡されました。

※日中韓首脳会議(NHK NEWS WEB)

https://www3.nhk.or.jp/news/word/0000588.html

 中国共産党中央委員会の機関紙「人民日報」のデジタル版・人民網日本語版は首脳会議よりもビジネスサミットを詳しく報じ、日本メディアの報道として「日本経済界は『一帯一路』の中でビジネスチャンスをつかまえようとし、日本政府も『一帯一路』をめぐり協力を進める姿勢を明らかにした」と報じています。

※中日韓サミットでFTA締結推進へ、日本企業は「一帯一路」でチャンス模索(人民網日本語版、2018年5月9日)

http://j.people.com.cn/n3/2018/0509/c94476-9458309.html

 また、韓国の通信社・聯合ニュースは、NHKがなぜか報じていない3ヶ国首脳による特別声明を紹介しています。「▼板門店宣言で『完全な非核化』の目標を確認したことを歓迎▼米朝首脳会談の開催成功を期待▼南北会談の成功が北東アジアの平和と安定に寄与するよう3カ国の共同努力を継続──との内容を盛り込んだ」

 その上で、2018年平昌、2020年東京、2022年北京とつづく東アジアでのオリンピック・パラリンピックにふれ、「(3ヶ国首脳は)スポーツ協力をはじめ、人的・文化交流の拡大も積極的に模索することにした」と伝えています。

※韓日中首脳 「特別声明」採択=非核化向け共同努力へ(聯合ニュース、2018年5月9日)

http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2018/05/09/0900000000AJP20180509001200882.HTML

■「平和か戦争か!? 運命の前夜の韓国へIWJ記者を特派!十夜配信シリーズ特集・第六夜〜『戦争のない世界』アキ・アン氏、『開かれた軍隊のための市民連帯』パク・ソクジン氏〜連続インタビュー」を午後6時より配信します!

 3月の韓国長期取材の成果を10回にわたって配信しております。本日は午後6時より、戦争に反対する具体的な取り組みを通して韓国社会に問題提起を続けている、二つのグループのインタビューをお届けします。

 2018年3月15日、午後4時から午後6時にかけて、ソウル市内の西大門近くで、「戦争のない世界」のスタッフであるイ・ヨンソク氏、オ・リ氏、アキ・アン氏に、続いて「開かれた軍隊のための市民連帯」の常任活動家であるパク・ソクジン氏にインタビューを行いました。

※戦争のない世界

http://www.withoutwar.org/

※開かれた軍隊のための市民連帯

http://www.militarywatch.or.kr

 韓国には、宗教的あるいは政治的な理由から兵役を拒否して監獄に収監される人が、毎年数百人に及ぶそうです。このような「平和収監者」に対して手紙を届ける活動、また、隔年で開催される「ソウル国際航空宇宙および防衛産業展示会」(SEOUL ADEX)の現場でプラカードを掲げて「武器監視キャンペーン」の直接行動を展開するなどの活動を通して、韓国社会に「戦争反対」の問題提起を日常的に行っているのが、「戦争のない世界」という若者たちの団体です。彼らはキャンドル革命以降は、多くの市民運動と連携して、非暴力行動を普及させる活動にも力を入れているそうです。

 南北対談開催の決定により状況が好転したとはいえ常に戦争の危機と隣り合わせにある韓国の人たちの、戦争へのリアルな感情について、また、安倍政権5年の間に日本で増長している嫌韓やヘイトの動きについて、あるいは、キャンドル革命で生まれたムン・ジェイン政権への期待と冷静な批判など、IWJ記者がぶつけた様々な質問に対し、イ・ヨンソク氏、オ・リ氏(女性)、アキ・アン氏の3名のスタッフが代わる代わる、気さくに答えてくれました。

 朝鮮半島の分断が、韓国社会にもたらしている影響についても質問しました。実際に親戚が北と南で離れ離れになった年配の世代と、生まれた時から「分断」が当たり前な状況で育ち北朝鮮はもはや「別の一つの国」であると感じる若者世代の間では、南北統一をめぐっては、意識の大きなギャップがあるそうです。

 また、収録の約一ヶ月後の4月27日に行われた南北首脳対談に対しては「久しぶりに、優しい風が吹いた感じ」「金正恩と顔を見ながら対話するのは、ちょっと想像できないけど、どうなるのか楽しみ」と、安堵と好奇心を露わに答えてくれたのが印象的でした。

 彼ら「戦争のない世界」と同じ建物には「開かれた軍隊のための市民連帯」というグループも事務所を構えています。その常任活動家であるパク・ソクジン氏は3月13日にソウル市庁で開催された「韓半島の平和と日本の平和憲法擁護のための韓日市民平和会議」において、「民族分断により出発の遅れた」韓国の平和運動について、詳しい報告をされていました。

 この日は「韓国の高江」とも言うべき星州(ソンジュ)の小さな村、ソソンリに強行配備されたミサイル防衛システム、THAADについて詳しい話をうかがうことができました。

 パク・ソクジン氏の説明によるとTHAADは、米韓日の三角同盟を形成するための、重要な「媒介」であるということです。韓日が軍事的に結びつくためには、どうしても「日本軍慰安婦問題」を「解決」する必要がありました。「弾劾されたパククネ氏が勝手に結んだ」として、韓国の多くの人々が破棄を強く求めている「日韓合意」には、そのような背景もあったのです。

 氏はTHAAD配備への抵抗が続く星州(ソンジュ)の小さな村、ソソンリに常駐する市民グループにもIWJ記者を紹介してくださいました。後日実際にソンジュを訪れた時の様子も、動画の準備が整い次第、配信いたします。楽しみにお待ちください。

 パク・ソクジン氏は、1980年代の民主化闘争の時代に戦闘警察としてデモ鎮圧の現場に派遣され、鎮圧命令を拒否して現場を離脱したために、収監されたという経歴を持つ方です。「戦争のない世界」のスタッフからも「韓国で最初の(広い意味での)兵役拒否者だ」とリスペクトを込めて慕われている、もの静かな信念の闘士へのインタビューの模様は、ぜひ本日の配信でご確認ください。

——————-

【IWJ韓国取材 6・録画配信・Ch7】5月10日(木)18:00~
「戦争のない世界」アキ・アン氏、「開かれた軍隊のための市民連帯」パク・ソクジン氏 ~連続インタビュー
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=7

——————-

 またIWJでは、急展開する朝鮮半島情勢について、東京新聞論説委員・五味洋治氏に岩上安身が連続インタビューを行っています。ぜひ、ご覧ください。

※急展開する朝鮮半島情勢 今後の行方は!? 米朝の対立解消は可能か!? ~4.24岩上安身による東京新聞論説委員・五味洋治氏インタビュー 2018.4.24

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/419112

※金正恩氏は「非常によく計算された戦略的な行動」をとっている!? 北にとって「勝負」は米朝会談か!? ~ 五味洋治東京新聞論説委員が4.27南北首脳会談を分析 2018.4.27

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/419393

■今年の夏はIWJオリジナル「スローガンTシャツ」を身にまとって、デモに、集会に、街に、旅に出ましょう!

 気象庁は2月27日に、6月~8月の3ヶ月予報を発表しています。それによると、今年の夏は東日本(関東甲信、東海、北陸)から沖縄・奄美まで気温が平年より高く、北日本でも平年並みか高い見込みです。とくに夏の後半は、東日本以西では太平洋高気圧に覆われ、平年に比べても晴れの日が多いと予報しています。

※夏の天候の見通し(気象庁、2018年2月23日)

https://www.jma.go.jp/jp/longfcst/pdf/pdf6/001.pdf

 そんな季節に、何枚持っていても困らないのがTシャツです!

 IWJでは、ポップなイラストに「BLIND BELIEF IS ENSLAVEMENT(盲信は隷従なり)」「The Kind is Naked(裸の王様)」などの社会派メッセージを添えた「スローガンTシャツ」を多数取りそろえています。

 Tシャツはユニセックスで、サイズはS・M・L・XLをご用意しております。メッシュ素材を採用していますので、通気性に優れているのはもちろん、暑い夏の外出時、着替え用にバッグに突っ込んでもシワになりにくいのも特徴です。

「岩上安身インタビュー」にご出演していただいたゲストの方々にも、プレゼントさせていただきました。

※村上誠一郎氏

https://twitter.com/IWJ_sokuhou/status/899622046128144384

※小笠原みどり氏

https://twitter.com/IWJ_sokuhou/status/899427993700794369

※孫崎享氏・大西康之氏・伊藤和子氏

https://twitter.com/IWJ_sokuhou/status/898925671484751873

 今年の夏は、IWJオリジナルの「スローガンTシャツ」をまとってデモに、集会に、街に、旅に出ませんか!?

※IWJグッズ~Tシャツページ

https://iwj.co.jp/ec/products/list.php?category_id=3

■ 中東問題や歴史問題を独自の視点で鋭く読み解く識者の方々へのインタビューが好評です! ぜひ会員へのご登録を! そして頑張る岩上さんとIWJをご寄付・カンパでご支援ください!

 いつもIWJをご支援いただき、ありがとうございます。

 IWJの第8期も決算月である7月まで、残り3ヶ月を切りました。しかし、1年の4分の3が過ぎ、これまでの赤字が累積し、危険な水域に近づきつつあります。IWJが現在の活動を続けていく上で、1ヶ月に必要なご寄付・カンパの金額は500万円ですが、残念ながら4月も目標額に達することができず、56パーセントにとどまりました。

 IWJが赤字で第8期を終えることのないよう、どうかみなさまのより一層のご支援をよろしくお願いいたします!

 現在、岩上さんは橋下徹元大阪府知事からの「スラップ訴訟」で損害賠償請求の民事訴訟を起こされており、4月19日に大阪地裁で行われた第一回口頭弁論までにかかった初期費用だけで100万円を超えてしまいました。

 第二回口頭弁論は6月21日(木)午前11時から大阪地裁第1010法廷で開かれる予定です。大阪までの交通費、宿泊費、そして弁護団の6名の弁護士へ弁護をお願いする経費や報酬など、裁判にかかる費用はこれからも150万円、200万円と増え続けていくと思われます。

 この裁判には、ネットにおける言論の自由の問題と、権力や財力をもつ者が裁判所という公的な機関をスラップ訴訟の乱発によって疲弊させてしまうという、公益性にかかわる重大な問題がかかっています。「橋下徹と岩上安身のモメ事」といった個人的な次元の話にとどまるものではなく、今後私たち市民一人ひとりの発言の自由にかかわってくるものです。ぜひご注目いただきたく思います。そして、皆様からのさらなるご支援をお願いしたいと思います。どうぞよろしくお願いします!

※ネットにおける言論の自由を守る! 岩上安身が橋下徹氏からのSLAPP訴訟に応訴で立ち向かう!

https://iwj.co.jp/wj/open/iwakamiyasumi_slapp

 また、現在IWJの事務所では、岩上さんのインタビューなどのためにスタジオとして使用している部屋の防音工事を行うことを予定しています。この工事の見積もりが62万6400円と業者から提示されました。工事期間中にインタビューを行う場合は外のスタジオなどを借りる必要もあります。

 事務所のある飯倉片町交差点は近くにロシア大使館があるため、右翼の街宣車が来るたび、インタビューを中断することが何度もありました。この防音工事は、今後もより質の高い番組をスムーズに安心してお届けするために、どうしても避けて通れない、必要なものです。

 IWJのオフィスのかかえる課題は防音性能を高めることだけではありません。備品もボロボロです。下のツイートで岩上さんが紹介している写真は、紛れもなくIWJのスタッフが現役で使用しているものです。

※岩上安身ツイート

https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/990619850220363776

 経費を抑えられるところは極力抑えなければと、日頃から節約に努めていますが、それでもやはり物事には限界があります。買い替えが必要な備品も少しずつ増えてきました。

 たとえばインタビューやリサーチ時は、資料用に書籍を購入しますが、必ずアマゾンなどで中古品の最安値を確認して、購入手続きします。また記者たちの執筆作業になくてはならないPCも年季が入ったものが大多数で、HD容量やメモリーも不足がちなため、テキスト記事の執筆真っ只中でフリーズし、スタッフが凍りつくこともしばしばです。

 そんな難儀な職場環境ですが、完成させたインタビュー動画や記事に対しての、皆様からのあたたかいお言葉やご支援の報告に、スタッフはおおいに励まされています。本日もその中から一つご紹介させていただきます。

————-
IWJのみなさん、いつも時機にかなった貴重な情報をありがとうございます。

少し前になりますが、4月7日の「日刊IWJガイド」(*)で取り上げられた相撲における女人禁制という「伝統」に関して、参考となる論文を目にしたので、お知らせしておきます。

◆ 片岡耕平「女性の穢の成立」(『歴史評論』2018年4月号、校倉書房 https://amzn.to/2FZocLY

女性の穢をめぐる議論はこれまでも行われてきており、穢観念がおおよそ形を整えた9世紀半ばの時点で、女性の穢もまた成立した、という説がありました。しかし現在では、片岡論文が詳細、かつ実証的に論じているとおり、穢のひとつとされる産穢は、元来は、出産に付随する胞衣(えな)などへの嫌悪感により穢とされたのではなく、新生児の他界性(新生児は、生前の世界と現世という異質な2つ
の世界の接触を経て、現世の存在となる)により穢とされていたのであり、この産穢が、12世紀後半以降、女性の穢と認識されるようになった。背景には、仏教における女性不浄観や女性の社会的地位の変化などがある、と考えられています。

片岡さんの論考を読みながら、土俵のことに限らず、ものごとを「伝統」のひとことで片付けてしまう乱暴さを改めて感じています。

なお、掲載誌の『歴史評論』は、歴史科学協議会が編集する学術雑誌で、大きな書店等で購入、あるいは図書館で閲覧することができます。ご興味のある方はぜひ、ご覧になってみてください。

榊原千鶴 様
——–
*日刊IWJガイド(2018年4月7日)

https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/35515

 榊原様、こちらこそ貴重な情報をありがとうございます!これからもどうぞ、岩上さんとIWJを応援してください!よろしくお願い致します。

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします。

http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 IWJは岩上さんによる識者の方々へのインタビューをはじめ、メディアのフィルター越しではない多くのキーパーソンの生の声をお届けしてきました。最近では、米国、イギリス、フランスによる国際法違反のシリア攻撃や、イラン核合意をめぐり米国をはじめとした大国の動きが問題となっています。岩上さんによる、元外務省国際情報局長の孫崎享氏や、東京経済大学の早尾貴紀准教授のインタビューは、中東をめぐる問題について、他のメディアではほとんど語られない視点で問題を鋭く読み解いています。これら独自記事は、多くが会員限定となっています。

※「『板門店宣言』は思った以上に中身がなかった」!? 南北首脳会談に孫崎氏は厳しい指摘!国内政治に関しては「野党は分断を克服し共闘せよ!」~4.27岩上安身による孫崎享氏インタビュー 2018.4.27

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/419357

※イスラエルの暴力的建国は公文書公開によって検証された!~「ガザ弾圧の起源!パレスチナの民族浄化『大災厄(ナクバ)』」岩上安身が東京経済大学准教授 早尾貴紀氏に連続インタビュー(第2回) 2018.4.14

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/418096

 なお今月12日(土)には国際情勢解説者の田中宇氏、17日(木)には国際政治学者で元放送大学教授の高橋和夫氏へのインタビューも予定されています。この機会にぜひ会員登録の上、御覧いただければと思います。ぜひ、マスメディア越しでない真実を知り、大切な方たちへ、それを広めてください!

 現在アーカイブの総本数は2万本を超え、さらに増え続けています。サポート会員へご登録いただければ、これらのアーカイブの数々を、いつでもご都合の良い時にご覧いただけます。

 現在、YouTubeLiveでの無料視聴をご利用されている方も、この機会にIWJ会員へのご登録をお願いいたします!また、会費未納等でいったん休眠会員となられている方は再開を、ぜひご検討ください!

 IWJの有料会員制度は1ヶ月1000円、支払いをまとめてお得な1年1万円の一般会員と、1ヶ月3000円、まとめてお得な年3万円からのサポート会員の2種類です。会費は、クレジットカード、銀行振込(ゆうちょ銀行を含む)でお支払いいただけます。

 IWJの活動は、会員の皆様のこの会費によって支えられています。詳細は下記URLより御確認ください。

※IWJ会員のご案内はこちらにあります。ぜひご検討ください。

https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

■IWJでは現在、事務・ハドル班スタッフを緊急大募集中!

中継やインタビューの手配をし、岩上さんとIWJのスケジュール管理を一手に担う「事務・ハドルスタッフ」を募集しています!

<事務・ハドル班スタッフ>
 「ハドル」とは、アメフト用語でいう「作戦会議」で、IWJのスケジューリングの基礎骨格を形作る、とても重要な仕事です。情報収集にアンテナを立てて、その時々に伝えるべきことを選び出し、中継スタッフと連携して、動画を視聴者の元へ配信します。限られた人員からなるIWJでは、どこへ行って何を映すかを選び出し、その時最も適切なスタッフを現場に向かわせるかは非常に重要な役割です。

 また、翌日以降の中継・配信予定と、撮影後に記事化された動画の情報を整理し、翌日の日刊ガイドでの番組表へ反映させています。IWJのコンテンツ構成の要ともなる部署です。なお、この「翌日の中継・配信予定」は日に何度も協議を重ね、夕方から夜に確定することがほとんどのため、9時~17時という一般的なオフィスワークとは時間帯が異なってきます。

 逆に事務班は朝早目の出勤となります。電話やメールでの外部の方との連絡、岩上さんのスケジュールを把握した上でインタビューのアポ取り、講演や出張、各種イベントなどのスケジュール調整などをおこなうため、人物重視の採用です。ご応募の資格は第一に穏やかな性格で、明るく協調性のある方。第二に対外的な交渉をトラブルなくできるコミュニケーション能力の高い方、そして第三にPCスキルがある方です。

 なお、「ハドル」、「事務」に限らず、総務、庶務、会員管理事務等なんでも、またはいずれかに興味のある方を広く募集します。

 なお、報酬については時給1100円からのスタートとなります。能力と実績によって順次昇給していきます。

 同時に動画・ウェブスタッフとテキストスタッフへのご応募もお待ちしています。

<動画・ウェブスタッフ>
 動画・ウェブ班では、動画の機材や技術、PC、撮影、編集に関して知識やスキルがある方、またウェブサイトの見せ方やリニューアルにアイデアやスキルのある方を募集しています。これらのいずれかに何か得意分野がある方なら、どなたでもご応募いただけます。素直に学ぶ気持ちのある方を歓迎します。

 また、全国各地でIWJの活動を支えていただける中継市民の方も募集します!

 さらに、ご自分が撮影された動画の投稿も随時受け付けています。ぜひ、ご応募ください。

<テキストスタッフ>
 テキスト班ではエディター、現場に出る記者、ライターを募集しています。特に夜遅い時間帯まで勤務可能な方は待遇面でも優遇します。

 エディター、現場に出る記者、ライターのすべてをこなせる方はもちろん大歓迎ですが、このうちどれか一つの役割ならできそう!という方も歓迎します!また、遠方にお住まいの方で中継市民として記者をしたい方も募集しています。

 また、在宅のサマリーライターから、独自ネタで企画を持ち込み、寄稿したいという現役プロのジャーナリストやライターの方まで、投稿も随時受け付けています。

 投稿していただいた動画や原稿にももちろん報酬をお支払いいたします。

 また、IWJでは記者やカメラマンであっても裁量労働制ではなく、タイムカードで労働時間をきちんと記録し、残業代も支払い、夜10時以降は深夜割り増しもきちんとつけています。サービス残業を強いることなどもありません。上限はありますが交通費もお支払いし、社会保険も完備しています。IWJがスタッフ募集を続けているのは、週休2日制で、スタッフは必ず定休を取るため、みんなでローテーションで仕事をつないでいくこととなり、どうしてもある程度の人数が必要だからなのです。

 他の仕事と兼業したい、あくまで独立業者として関わりたい等のリクエストにも柔軟に応じて、パートタイム、兼業、業務委託、外注などの働き方もあります。お迷いの方も、ぜひご応募ください!

 ご応募は、以下のフォームからお願いいたします! 皆様のお知り合いで、ネットメディアの仕事に強い興味をお持ちの方などもおられましたら、ぜひお声をかけていただければと存じます。

※【IWJレギュラースタッフ募集フォーム】

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdbeeE8cGfuFucSge58KaR0vRQF5-uYoc52DeRCENG4u3_1mg/viewform

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2018.5.10 Thu.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【Ch2】17:00~「東京電力 定例会見」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=2

 東京電力による記者会見を中継します。
——————-

【IWJ韓国取材 6・録画配信・Ch7】18:00~「『戦争のない世界』アキ・アン氏、『開かれた軍隊のための市民連帯』パク・ソクジン氏 ~連続インタビュー」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=7

 3月15日にソウル市 西大門で収録したインタビューを録画配信します。
——————-

【「明治を疑う!朝鮮半島と日本」シリーズ特集 再配信 10・Youtube Live】20:00~「『万端を差図せられた事実がある』 朝鮮国内のクーデターを実際に支援していた福沢諭吉~岩上安身による帯広畜産大学教授・杉田聡氏インタビュー第2弾(前半)」
YouTube視聴URL:https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2015年5月収録の、岩上安身による帯広畜産大学教授・杉田聡氏インタビューを再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/246694

============

◆中継番組表◆

**2018.5.11 Fri.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【Ch6】18:30~「全国一斉自民党前抗議 #0511FCKLDP <東京>」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=6

 自由民主党本部前でおこなわれる抗議行動を中継します。
——————-

【Ch4】18:30~「城北法律事務所主催 憲法問題講演会『変わるべきは何か 憲法9条と北朝鮮』太田昌克氏(共同通信編集委員)講演会」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4

 「城北法律事務所」主催の講演会を中継します。
——————-

【「明治を疑う!朝鮮半島と日本」シリーズ特集 再配信 11・Youtube Live】20:00~「『万端を差図せられた事実がある』 朝鮮国内のクーデターを実際に支援していた福沢諭吉~岩上安身による帯広畜産大学教授・杉田聡氏インタビュー第2弾(後半)」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2015年5月収録の、岩上安身による帯広畜産大学教授・杉田聡氏インタビューを再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/246694

▲▽▲▽官邸前抗議関連 ▽▲▽▲

【Ch5】18:30~「再稼働反対!首相官邸前抗議」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

 「首都圏反原発連合」の呼びかけで開催される首相官邸前抗議を中継します。
——————-

【IWJ_TOKYO8】18:00~「原発反対八王子行動」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=tokyo8

 「キンパチデモ実行委員会」主催の原発反対八王子行動を中継します。

========

◆中継番組表◆

これ以降の予定で決定しているものは、以下のカレンダーよりご覧いただけます。あわせてご確認ください。

→「配信カレンダー」 https://iwj.co.jp/channels/main/calendar.html
(あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

【特別寄稿】(速報)新潟県知事選・候補者選び難航が予想された野党の状況が一変!?池田千賀子県議が電撃的な出馬決意表明。2016年10月と同じく奇跡は起こるか!?(ジャーナリスト・横田一)

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420371

「イスラエルは今すぐパレスチナ市民の虐殺をやめろ!」抗議デモに日本の警察が駐日イスラエル大使館への道を封鎖!〜4.20 イスラエル大使館前抗議アクション

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/418820

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 それでは本日も一日、どうぞよろしくお願いいたします!

IWJ編集部(岩上安身、尾内達也、松本聰、上杉英世、城石裕幸、段田亜由美)
IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 http://iwj.co.jp/