日刊IWJガイド・日曜版「セクハラ問題で、スウェーデン・アカデミーはノーベル文学賞の発表見送り! 米アカデミーは、2人のセクハラ加害者の資格を剥奪し追放!! 他方、麻生財務相は国際会議終了後の会見で『セクハラ罪という罪はない』!?/<岩上安身のインタビュー報告>あのブッシュ元大統領もCSISも激しく勧める子宮頸がんワクチン! その副反応被害を『HANS』と命名した小児科医~ 横浜市立大学名誉教授の横田俊平医師に岩上安身がインタビュー」2018.5.6日号~No.2061号~


■■■ 日刊IWJガイド・日曜版「セクハラ問題で、スウェーデン・アカデミーはノーベル文学賞の発表見送り! 米アカデミーは、2人のセクハラ加害者の資格を剥奪し追放!! 他方、麻生財務相は国際会議終了後の会見で『セクハラ罪という罪はない』!?/<岩上安身のインタビュー報告>あのブッシュ元大統領もCSISも激しく勧める子宮頸がんワクチン! その副反応被害を『HANS』と命名した小児科医~ 横浜市立大学名誉教授の横田俊平医師に岩上安身がインタビュー」2018.5.6日号~No.2061号~ ■■■
(2018.5.6 8時00分)

 おはようございます。IWJ編集部です。

 本日は日曜日のため、簡易版でお届けいたします。ご了承ください。

 また、今月2日からお届けしている「平和か戦争か!? 運命の前夜の韓国へIWJ記者を特派!10夜配信シリーズ特集」は、5月8日に第4回を配信する予定です。配信までもうしばらくお待ちください。

■セクハラ問題で、スウェーデン・アカデミーはノーベル文学賞の発表見送り! 米アカデミーは、2人のセクハラ加害者の資格を剥奪し追放!! 他方、麻生財務相は国際会議終了後の会見で「セクハラ罪という罪はない」!?

 2018年5月4日フィリピンの首都マニラで、日本・中国・韓国の財務相・中央銀行総裁会議とASEAN+3(日中韓)財務相・中央銀行総裁会議が相次いで開催され、日本からは麻生太郎副総理兼財務相と黒田東彦(はるひこ)日本銀行総裁が出席しました。

※アジアの金融安全網を強化 日中韓ASEAN財務相会議(日本経済新聞、2018年5月4日)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3013090004052018FF8000/

 いずれも、アジア開発銀行(ADB)の年次総会にあわせて開かれたものです。

 麻生財務相が議長を務めた日中韓財務相・中央銀行総裁会議では、4月27日の南北首脳会談で署名された「板門店(パンムンジョム)宣言」を歓迎するとの共同ステートメントを採択し、「域内の地政学的リスクの緩和に向けたさらなる進展を期待する」としています。

 また、5月9日に東京で開かれる日中韓サミットは安倍晋三総理が主催し、中国の李克強(り・こくきょう)国務院総理、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が出席する予定ですが、これについて日本・中国・韓国は「地域金融協力における我々の緊密な関係を更に強固にすると確信している」との声明を出しています。

 ASEAN+3財務大臣・中央銀行総裁会議では改めて「板門店宣言」を歓迎するとともに、「あらゆる保護主義に対抗することの重要性を認識する」との共同声明を発表しました。また、「国際通貨基金(IMF)とより緊密に連携する」ために、多国間で外貨を融通し合う「チェンマイ・イニシアティブ(CMIM)」を強化することも再確認されました。

※第18回日中韓財務大臣・中央銀行総裁会議 共同ステートメント(財務省、2018年5月4日)
https://www.mof.go.jp/international_policy/convention/jp_ch_kr_meeting/20180504.htm

※第21回ASEAN+3(日中韓)財務大臣・中央銀行総裁会議共同声明(財務省、2018年5月4日)
https://www.mof.go.jp/international_policy/convention/asean_plus_3/20180504.htm

 朝鮮半島で南北会談がおこなわれた4月27日夜、マニラでは、2017年12月にフィリピン国家歴史委員会によりマニラ湾に面した遊歩道に建てられた慰安婦像が、突然撤去されました。

 日本政府はこの像について「遺憾の意」をくり返し伝えてきました。一方、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は、2018年1月17日にマニラで自民党の河井克行・総裁外交特別補佐と会談し、「像を撤去するよう関係団体を説得する」と明言していました。

 撤去された慰安婦像は、製作者の彫刻家ジョナス・ロセス氏に返還されていたことが、5月1日になって明らかとなりました。

※マニラの「慰安婦像」撤去 比政府、日本大使館に前日伝える(産経ニュース、2018年4月28日)
https://www.sankei.com/world/news/180428/wor1804280034-n2.html

 マニラで財務相・中央銀行総裁会議がおこなわれていた5月4日、セクハラにまつわる2つのビッグニュースが世界を駆けめぐりました。

 ひとつは、ノーベル文学賞の発表見送り。選考主体のスウェーデン・アカデミーはその理由として、2017年11月、アカデミーのメンバーで詩人のカタリーナ・フロステンソン氏の夫、写真家ジャンクロード・アルノー氏が18人の女性に対してセクハラ行為をおこなっていたこと。

 また、アルノー氏が妻から聞き出したノーベル文学賞選考に関する情報を漏洩していた疑惑も取り沙汰されていました。アカデミーは「受賞者を発表する前に、信頼を回復する必要がある」として、2019年の受賞者発表の際に今年の受賞者もあわせて発表するとしました。

※ノーベル賞 文学賞選考延期 セクハラ・情報漏えい疑惑で(毎日新聞、2018年5月4日)
https://mainichi.jp/articles/20180504/k00/00e/040/216000c

 もうひとつは、米アカデミー賞を主催する米映画芸術科学アカデミーによる、2人のセクハラ加害者の会員資格剥奪と追放。

 2人の加害者とは、2004年に知人女性に薬を飲ませ性的暴行をしたとして、この4月に有罪となった黒人コメディアンのビル・コスビー被告と、1977年に13歳の少女を暴行して逮捕されながら、保釈中に国外に脱出し、今も「逃亡中」のロマン・ポランスキー監督です。

 2017年10月、大物プロデューサーのハーベイ・ワインスタイン氏が自身のセクハラ加害にともない米アカデミーから追放されるのと前後して、ハリウッドから始まった「#MeToo」運動は今や世界中へ広がっています。

※米アカデミー コスビー被告とポランスキー監督の追放決定(毎日新聞、2018年5月4日)
https://mainichi.jp/articles/20180504/k00/00e/030/160000c

 では、日本はどうでしょう。

 麻生財務相は同じ5月4日、財務相・中央銀行総裁会議終了後の記者会見で、前財務事務次官の福田淳一氏のセクハラ加害に関連して、「セクハラ罪という罪はない。殺人や強制猥褻とは違う」と述べました。

 事務方トップのセクハラ問題と2人の国税庁長官がからむ森友問題、いずれの疑惑にも我関せずで責任を感じている風もない日本政府ナンバーツーの麻生財務相は、これまでも二次被害を誘発するような発言をくりかえしてきました。そして今回は、国際会議が開かれているその場で、セクハラ加害者をかばうような発言。日本の「恥」です。

※麻生財務相「セクハラ罪という罪はない、殺人とは違う」(朝日新聞、2018年5月4日)
https://digital.asahi.com/articles/ASL547FDDL54ULFA00P.html

 岩上さんは、財務次官のセクハラ疑惑をめぐるテレビ朝日の深夜の記者会見当日、「透けて見えるのは社としての保身。『遺憾』なのは社員を守らなかったテレ朝である」と厳しく批判し、「もし自社の女性記者が同様の被害に遭ったならば、本人の意思を尊重しつつも、当人が戦う意志を固めたならば全力あげて応援して、報道の上でも、裁判の上でも、IWJは社をあげて戦う」とツイートしていました。 

※【岩上安身のツイ録】深夜の会見で福田次官のセクハラ被害者がテレ朝女性記者と判明!最も悪いのは福田次官だが、取材源の秘匿の名の下で隠蔽しようとしたテレ朝も共犯者に等しい! テレ朝はこの福田氏のスラップ訴訟に対し新潮と共に戦うべし!! 2018.4.19
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/418661

※【岩上安身のツイ録】セクハラ音声公開後も居直り、即出版社提訴まで準備するという財務省・福田事務次官。裏には「記者クラブムラ」のもたれ合いの構図!? 2018.4.18
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/418569

※【#MeToo】矢野康治官房長が口にした「ハラスメントを受け入れる女性相手ならセクハラにならない」というへ理屈!! その矢野氏が福田氏辞任後に事務次官代行に! 週刊新潮を排除しての深夜のテレ朝緊急記者会見!財務省セクハラ疑惑をめぐる2日間 2018.4.20
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/418793

■<岩上安身のインタビュー報告>あのブッシュ元大統領もCSISも激しく勧める子宮頸がんワクチン! その副反応被害を「HANS」と命名した小児科医~ 横浜市立大学名誉教授の横田俊平医師に岩上安身がインタビュー

 昨日、岩上さんは、小児科医で横浜市立大学名誉教授の横田俊平医師にインタビューを行い、子宮頸がんワクチンの副反応の被害者の状況や、ワクチンの様々な医学的な問題点について、じっくりとお話をうかがいました。

 日本では子宮頸がんワクチンは2009年12月に販売が始まり、翌2010年11月には、「ワクチン接種緊急促進事業」として国が接種を推進するようになりました。こうしてワクチン接種が急速に拡大しましたが、同時に、ワクチンを接種した少女たちからは、既存疾患の症状では説明のつかない、多様で、それも非常に重篤な症状がみられるようになりました。

 こうした異常な症状にいち早く疑問を抱いた横田医師は、「一般財団法人難病治療研究振興財団HPVワクチン副反応病態究明チーム」のリーダー・西岡久寿樹医師らとともに、「HANS(ハンス:HPV Vaccine Associated Neuropathic Syndrome)=HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)関連神経免疫異常症候群」という新しい疾患の概念を提唱。その上で、HANSの共通項には子宮頸がんワクチンの存在がある可能性を指摘しました。

 しかし、医師でジャーナリストであるという村中璃子氏は、横田医師らが提唱したHANSについて、「主張の根拠は科学的エビデンスではなく、豊富だという臨床経験だけだ」、「昔から思春期の少女には、このような症状の患者がいる」などと批判しています。

 子宮頸がんワクチンの危険性を訴える主張に対して批判を繰り返す村中氏ですが、奇妙なことに、村中氏はワクチンが安全かどうかという点については、医師でありながら、自ら副反応被害に苦しむ患者を診ることはなく、安全性だけを強調します。患者を診もしないで、実際に患者を診察し、治療にあたっている医師ら批判する、これは医師として「失格」ではないでしょうか。しかも、横田医師によれば、横田医師を含めてHANS批判を執拗に展開する村中氏からは「まったく取材を受けていない」といいます。これでは「ジャーナリスト」の肩書の方も「失格」でしょう。

 横田医師は、村中氏は「ジャーナリストとしても医師としても疑問符がつく」と反論し、さらに村中氏の主張は「非科学的で議論に値しない」と一蹴します。

 約6時間にわたってお届けした昨日のインタビューは、「中立・公正」を装うために、子宮頸がんワクチンの推進派と反対派の形式的な両論併記をするようなポーズは一切とらず、ワクチンの問題点について、専門的な見地から横田医師に丁寧に解説していただいています。岩上さんによる横田医師インタビューはただ今、急いでアーカイブに録画をアップする作業をしています!中継をお見逃しになった方は、アップまでもうしばらくお待ちください。

■<ご報告>4月末までにお寄せいただいたご寄付・カンパの金額は281万4287円となりました! ありがとうございます!GWも通常通り活動中のIWJに、どうか引き続きご支援をお願いいたします!

 いつもIWJをご支援いただき、ありがとうございます。

 4月30日までにお寄せいただいたご寄付・カンパは、145件、281万4287円となりました。ご支援いただいたみなさま、本当にありがとうございます!このお金は、IWJの活動費用として大切に運用させていただきます!

 ゴールデンウィークも終盤ですが、IWJは岩上さんもスタッフも通常通り活動中です。IWJが現在の活動を続けていく上で、1ヶ月に必要なご寄付・カンパの金額は500万円です。4月も目標額に達することができず、56パーセントにとどまりました。IWJの決算月は7月です。1年の4分の3が過ぎてこれまでの各月で目標額に達成できなかった赤字がじわじわと累積しつつあります。

 第4四半期の5、6、7月は、目標額に届きますように、そして黒字で今期の決算を迎えられますように、どうかみなさまのより一層のご支援をよろしくお願いいたします!

 現在、岩上さんは橋下徹元大阪府知事からの「スラップ訴訟」で損害賠償請求の民事訴訟を起こされており、4月19日に大阪地裁で行われた第一回口頭弁論までにかかった初期費用だけで100万円を超えてしまいました。

 第二回口頭弁論は6月21日(木)午前11時から大阪地裁第1010法廷で開かれる予定です。大阪までの交通費、宿泊費、弁護団の6名の弁護士へ弁護をお願いする経費や報酬など、裁判にかかる費用はこれからも150万円、200万円と増え続けていくと思われます。岩上さんは5月中に、何度か大阪へ飛んで東京へ急ぎ戻りインタビュー、という強行日程を行う予定になっています。

 この裁判には、ネットにおける言論の自由の問題と、権力や財力をもつ者が裁判所という公的な機関をスラップ訴訟の乱発によって疲弊させてしまうという公益性にかかわる重大な問題がかかっています。「橋下徹と岩上安身のモメ事」といった次元の話にとどまるものではありません。ぜひ、ご注目ください!そして、皆様からのさらなるご支援をお願いしたいと思います。どうぞよろしくお願いします!

※ネットにおける言論の自由を守る! 岩上安身が橋下徹氏からのSLAPP訴訟に応訴で立ち向かう!
https://iwj.co.jp/wj/open/iwakamiyasumi_slapp

 また、現在IWJの事務所では、岩上さんのインタビューなどのためにスタジオとして使用している部屋の防音工事を行うことを予定しています。この工事の見積もりが62万6400円と業者から提示されました。工事期間中にインタビューを行う場合は外のスタジオなどを借りる必要もあります。

 事務所のある飯倉片町交差点は近くにロシア大使館があるため、右翼の街宣車が来るたび、インタビューを中断することが何度もありました。この防音工事は、今後もより質の高い番組をスムーズに安心してお届けするために、どうしても避けて通れない、必要なものです。

 IWJのオフィスのかかえる課題は防音性能を高めることだけではありません。備品もボロボロです。下のツイートで岩上さんが紹介している写真は、紛れもなくIWJのスタッフが現役で使用しているものです。

※岩上安身ツイート
https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/990619850220363776

 カメラ機材などはさすがにある程度のクオリティーのものを使わなければ動画記事の質が下がってしまうため、どんなものでもいいという訳にはいきませんが、経費を抑えられるところは極力抑えなければと、日頃から節約に努めています。それでもやはり物事には限界があります。買い替えが必要な備品も少しずつ増えてきました。

 たとえばインタビューやリサーチ時は、資料用に書籍を購入しますが、必ずアマゾンなどで中古品の最安値を確認して、購入手続きします。また記者たちの執筆作業になくてはならないPCも年季が入ったものが大多数で、HD容量やメモリーも不足がちなため、テキスト記事の執筆真っ只中でフリーズし、スタッフが凍りつくこともしばしばです。

 そんな難儀な職場環境ですが、完成させたインタビュー動画や記事に対しての、皆様からのあたたかいお言葉やご支援の報告に、スタッフはおおいに励まされています。頑張る岩上さんとスタッフを、これからもどうぞご支援ください!

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします。
http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 IWJが窮状をお伝えすると即時にご支援してくださる非会員の方が大勢いらっしゃいます。このガイドはどなたでもメルマガ登録でき、ウェブの非会員版はどなたでもご覧いただけるので、おそらくそれらを読んでくださっているのだと思われます。

 IWJでは、会員限定の記事や動画もたくさんあります。

 IWJのコンテンツは、岩上さんによる識者の方々へのインタビューをはじめ、メディアのフィルター越しではない多くのキーパーソンの生の声をお届けしてきました。最近では、米国、イギリス、フランスによる国際法違反のシリア空爆や、イラン核合意をめぐり米国をはじめとした大国の動きが問題となっています。岩上さんによる、元外務省国際情報局長の孫崎享氏や、東京経済大学の早尾貴紀准教授のインタビューは、中東をめぐる問題について、他のメディアではほとんど語られない視点で問題を鋭く読み解いています。

 まだ会員登録をされていない方にはぜひ登録していただき、それらもぜひ、御覧いただきたいと思います。そしてぜひ、マスメディア越しでない真実を知り、大切な方たちへ、それを広めてください!

 現在アーカイブの総本数は2万本を超え、さらに増え続けています。サポート会員へご登録いただければ、これらのアーカイブの数々を、いつでもご都合の良い時にご覧いただけます。

 現在、YouTubeLiveでの無料視聴をご利用されている方も、この機会にIWJ会員へのご登録をお願いいたします!また、会費未納等でいったん休眠会員となられている方は再開を、ぜひご検討ください!

 IWJの有料会員制度は1ヶ月1000円、支払いをまとめてお得な1年1万円の一般会員と、1ヶ月3000円、まとめてお得な年3万円からのサポート会員の2種類です。会費は、クレジットカード、銀行振込(ゆうちょ銀行を含む)でお支払いいただけます。

 IWJの活動は、会員の皆様のこの会費によって支えられています。詳細は下記URLより御確認ください。

※IWJ会員のご案内はこちらにあります。ぜひご検討ください。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2018.5.6 Sun.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【ツイキャス・エリアCh1・大阪】13:30~「日本の外交、これでええの?!孫崎享さんに聞いてみよう Part3」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_areach1

 講師に元外務省情報局長の孫崎享氏、在日韓国研究所の金光男(キムカンナム)氏を迎えて開催される講演会を中継します。主催は 「戦争あかん!ロックアクション」、「日朝日韓連帯大阪連絡会議(ヨンデネット大阪)」。
——————-

【録画配信・IWJ_KYOTO1】18:00~「〇〇からみた立て看規制vol.1『表現者と語り合う立て看板』」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=kyoto1

 4月30日に収録した講演会を録画配信します。登壇者は瀬々敬久氏(映画監督)、伊藤存氏(美術家)ほか。
——————-

【「明治を疑う!朝鮮半島と日本」シリーズ特集 再配信 6・Youtube live】20:00~「現代の反日・嫌韓意識の根はどこにあるのか?歴史をひも解き、現代につながる『神話』の背景を探る!岩上安身による国際日本文化研究センター教授・倉本一宏氏インタビュー」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2017年9月収録の、岩上安身による国際日本文化研究センター教授・倉本一宏氏インタビューを再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/397924

============

◆中継番組表◆

**2018.5.7 Mon.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【Ch4】13:00~「国民民主党 新党設立大会」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4

 国民民主党の新党設立大会を中継します。
——————-

【Ch2】17:00~「東京電力 定例会見」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=2

 東京電力による記者会見を中継します。
——————-

【録画配信・Ch6】19:00~「安冨 歩 展-東大教授の異常な愛情- 『私は如何にして心配するのを止めて馬に頼るようになったか』ギャラリートーク+片岡祐介氏とのライブ」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=6

 5月3日に収録した「安冨 歩 展-東大教授の異常な愛情-」のギャラリートークと片岡祐介氏とのライブを録画配信します。
——————-

【「明治を疑う!朝鮮半島と日本」シリーズ特集 再配信 7・Youtube live】21:00~「豊臣秀吉の朝鮮出兵、明治時代の韓国併合―― 反復される神功皇后の『三韓征伐』神話、その起源と背景に迫る!岩上安身による国際日本文化研究センター教授・倉本一宏氏インタビュー! <エッセンス版 in 64min>」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2017年11月収録の岩上安身による国際日本文化研究センター教授・倉本一宏氏インタビューを再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/405864

========

◆中継番組表◆

これ以降の予定で決定しているものは、以下のカレンダーよりご覧いただけます。あわせてご確認ください。

→「配信カレンダー」 https://iwj.co.jp/channels/main/calendar.html
(あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

世界最大の軍事戦略研究所、CSISが子宮頸がんワクチン接種再開を求める不可解! 5月5日午後2時30分より「子宮頸がんワクチン被害者と向き合う!岩上安身による横浜市立大学名誉教授 横田俊平医師インタビュー」を配信!
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420047

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 それでは今日も1日、よろしくお願いします!

IWJ編集部(岩上安身、松本聰、川上正晃)

IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 http://iwj.co.jp/