日刊IWJガイド・番組表「南北首脳会談続報! 東アジアの安定に期待が高まるなか、方向感覚を失う日本の外交と政治!会談を受けて中国が南北に対して魯迅作の漢詩を送る!詩には日本へ向けたメッセージも隠されている!? 北朝鮮ウォッチャーの東京新聞論説委員・五味洋治氏インタビューの後半を午後8時からタイムリー再配信!/本日、メルマガ『岩上安身のIWJ特報!』を発行します!4月号は『「メディアは権力を忖度し、司法権力は政治のために動いている」?加計問題の闇を告発した前川喜平・前文科事務次官に岩上安身がロングインタビュー!「独裁国家に近づいている」と危機感!』中編(その6~7)です!」 2018.4.29日号~No.2054号~


■■■ 日刊IWJガイド・番組表「南北首脳会談続報! 東アジアの安定に期待が高まるなか、方向感覚を失う日本の外交と政治!会談を受けて中国が南北に対して魯迅作の漢詩を送る!詩には日本へ向けたメッセージも隠されている!? 北朝鮮ウォッチャーの東京新聞論説委員・五味洋治氏インタビューの後半を午後8時からタイムリー再配信!/本日、メルマガ『岩上安身のIWJ特報!』を発行します!4月号は『「メディアは権力を忖度し、司法権力は政治のために動いている」?加計問題の闇を告発した前川喜平・前文科事務次官に岩上安身がロングインタビュー!「独裁国家に近づいている」と危機感!』中編(その6~7)です!」 2018.4.29日号~No.2054号~ ■■■
(2018.4.29 8時00分)

 おはようございます。IWJ編集部です。

 本日は日曜日のため、簡易版でお届けいたします。ご了承ください。

■南北首脳会談続報! 東アジアの安定に期待が高まるなか、方向感覚を失う日本の外交と政治!会談を受けて中国が魯迅作の漢詩を贈る!詩には日本へ向けたメッセージも隠されている!? 北朝鮮ウォッチャーの東京新聞論説委員・五味洋治氏インタビューの後半を午後8時からタイムリー再配信!

 4月27日の韓国、北朝鮮の間での南北首脳会談を受け、各国首脳がコメントを発表しています。

 米国のトランプ大統領は、訪米中のドイツのメルケル首相に対し共同記者会見の席で、南北首脳会談で「多くの素晴らしいことが起きた」と肯定的に評価しました。加えて米朝会談の抱負として「現職の米大統領である私の肩にかかっている」と語り、外交的な成果を得ようとする姿勢を見せました。その一方で「非核化がなされるまで最大限の圧力を維持する」とも述べています。

※トランプ大統領 南北会談「多くの素晴らしいこと起きた」(毎日新聞 2018年4月28日)

https://mainichi.jp/articles/20180428/k00/00e/030/262000c

 ロシアのペスコフ大統領報道官は韓国と北朝鮮の対話路線を歓迎するとともに、朝鮮半島における米国の軍事行動の縮小を求めています。そのことと引き換えにした、北朝鮮の核・ミサイル開発の停止を確実なものにするという方針を訴えました。

※ロシア、南北首脳会談「とても前向きな話」と評価(TBS News 2018年4月28日)

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3354033.htm

 中国も南北首脳会談の実現に称賛を送り、「荒波を渡り尽くせば兄弟あり、互いに会って笑えば恩讐(おんしゅう)も滅びる」という魯迅作の漢詩の一節を用い、東アジアの平和路線の定着に期待を示しています。

 この詩には深い意味が込められています。

 この詩が詠まれた経緯は次のように伝えられています。1932年、日本軍と中国軍が戦った上海事変の際、戦災を被った人々の支援のために上海で医療活動をしていた日本の生物学者で医者の西村真琴が、日中友好のシンボルとして魯迅に鳩の絵を送りました。それに魯迅が漢詩「三義塔に題す(題三義塔)」で応えたということです。

 それは、「日中間の騒乱の末に飢えた鳩が一匹残った(三義里の地名をとって三義と名付けられました)。日中間を隔てる海を鳩が小石で少しずつ埋めるように、両国が荒波を渡るような長い年月の苦難を越えたならば、お互いの笑顔で復讐心は消え去るだろう」という意味の七言律詩でした。上記中国側声明における引用はその一部にあたります。魯迅は当時上海で中国左翼作家連盟の指導者として活躍中の著名人でした。日本に留学した経験があり、今なお、中国でも日本でも知られ、敬愛されている文学者です。

 七言律詩とは漢詩の形式のひとつで、7つの漢字を1句とし、それを8句で構成したものです。他の形式として、1句を5つの漢字とする五言、あるいは全体を4句とする絶句があります。この組み合わせの場合は五言絶句となります。五言律詩、七言絶句という組み合わせもあります。

 以下が魯迅の書いた七言律詩の全文です。白文に、書き下し文を添えますので、よろしければ声に出して読み、味わってください。

 奔霆飛燝殲人子 奔霆(ほんてい) 飛焔(ひえん) 人の子をつくし

 敗井頹垣剩餓鳩 敗井(はいせい) 頽垣(たいえん) 餓鳩(がきゅう)をのこす

 偶值大心离火宅 偶(たま)たま 大心(たいしん)に値(あ)いて火宅(かたく)を離(はな)れ

 終遺高塔念瀛洲 終に高塔(こうとう)を遺(の)して瀛(えい)洲(しゅう)を念(おも)う

 精禽夢覺仍銜石 精禽(せいきん) 夢覚めて なお石をふくみ

 斗士誠堅共抗流 闘士 誠(まこと)堅くして 共(とも)に流(なが)れに抗(こう)す

 度盡劫波兄弟在 劫波(ごうは)を渡り尽くせば兄弟在り

 相逢一笑泯恩仇 相逢うて 一笑すれば 怨讐(おんしゅう)ほろびん

※西村真琴と魯迅(2014年5月1日 日本と中国 第2168号記事より転載)

http://tyo-cfa.or.jp/story.html

※題三義塔

http://www.bwsk.net/mj/l/luxun/jwj/38.htm

 「反中」のあまり、学校の授業から漢文をなくせと吠えている百田尚樹氏の主張がいかにいかれたものであるかということが、こうした優れた漢詩を味わった後には、よくお分かりになると思います。

 これは、南北の和解の一歩を祝すだけでなく、中国と日本、北朝鮮と日本、そして韓国と日本の関係すらも心配して、アジアと日本が和解し、友好を深めていこう、会えば笑いあえる、という日本への励まし、そして自ら蚊帳の外へ出てしまった、頑なな安倍政権を静かに諌めるメッセージが込められているように感じられます。

 安倍総理は拉致問題、核、ミサイル開発の問題で日米韓の連携を強めると述べています。また2014年5月の日朝ストックホルム合意など以前の声明文の存在を強調しています。しかし、この合意にあるような日本による朝鮮植民統治の清算に向け、安倍政権は積極的な姿勢を示さないどころか、いまだに朝鮮学校の無償化が認められていないことを放置しています。皮肉なことに、今回の南北首脳会談が行われた今月27日に名古屋地裁で朝鮮学校無償化を求める訴えが退けられています。

※岡田充 「安倍政権は一切取り合うな」と平壌指示??北朝鮮問題で日本孤立浮き彫り(ビジネスインサイダー 2018年4月28日)

https://www.businessinsider.jp/post-166580

※日朝ストックホルム合意(外務省HP)

http://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/na/kp/page4_000494.html

※朝鮮学校無償化訴訟 卒業生の訴え認めず 名古屋地裁(毎日新聞 2018年4月27日)

https://mainichi.jp/articles/20180427/k00/00e/040/290000c

 なお、安倍総理が最重要視する拉致問題については、今月27日の南北首脳会談で扱われたという報道はありません。

※文在寅氏、関係国に説明へ=正恩氏との会談結果(時事通信 2018年4月28日)

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018042800411&g=pol

 一方、能動的な外交指導を見せた韓国の文在寅政権は国内の支持を獲得しています。南北の緊張緩和という外交上の成果は、韓国の民主化の潮流にも良い影響を及ぼしています。緊張緩和に向けて果敢に動き、同時にこれまで放置されてきた政治腐敗や女性差別を克服しようとする姿勢には、朝鮮半島の分断・対立を前提とした「朝鮮戦争レジーム」を終わらせようとの気迫を感じずにはいられません。

 早稲田大学の李鍾元(リー・ジョンウン)教授は、韓国にとっての南北首脳会談の外交的成果について、毎日新聞の取材に対し、以下のような分析を示しています

 韓国内政に及ぼす影響も大きいとの指摘のなかで、2000年代にリベラル派の金大中大統領(当時)が唱えた対話路線を文在寅大統領が継承して成果を挙げた、と韓国世論が受け止めたと李教授は言います。そして「リベラル派政権の外交が平和を築く主導的役割を担っている」、と保守派も正面からは批判できなくなった文政権が進める民主化に期待を表しました。

※論点 南北首脳会談(毎日新聞 2018年4月28日)

https://mainichi.jp/articles/20180428/ddm/005/070/015000c

 さて、南北首脳会談の振り返りと、米朝首脳会談の予想という意味も含めて、4月24日収録の岩上さんによる東京新聞論説委員・五味洋治氏インタビューの後半を午後8時から再配信します。『金正恩 狂気と孤独の独裁者のすべて』(文藝春秋、2018年)(https://amzn.to/2JAyVPb)の著者が語る金正恩の知られざる政治理念、韓国側の東アジアの安定に向けた和平プロセスの展望など、必見の話題が目白押しです。ぜひ下記のURLからご視聴ください。

【タイムリー再配信 158・IWJ_Youtube live】午後8時~「急展開する朝鮮半島情勢 今後の行方は?米朝の対立解消は可能か?岩上安身による東京新聞論説委員・五味洋治氏インタビュー(後半)」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

■本日、メルマガ「岩上安身のIWJ特報!」を発行します!4月号は「『メディアは権力を忖度し、司法権力は政治のために動いている』?加計問題の闇を告発した前川喜平・前文科事務次官に岩上安身がロングインタビュー!『独裁国家に近づいている』と危機感!」中編(その6とその7)です!

 本日は「岩上安身のIWJ特報!」第369号から370号((その6)と(その7))まで発行します!4月号は先月に引き続き、昨年12月に行われた岩上さんによる前川喜平・前文科事務次官インタビューです!

 第369、370号のテーマはいよいよ、前川氏が「行政が歪められた」と痛烈に批判した加計学園問題です。

 今月10日に、愛媛県作成の「首相案件」文書の存在が朝日新聞によって報じられてから、加計学園問題は急展開を迎えました。文書には、加計学園獣医学部新設は「首相案件」と記載されていて、これまで安倍晋三総理が明言していた「(国家戦略特区を用いた獣医学部新設は)2017年1月20日に初めて知った」という答弁は、まったくと言っていいほど信憑性を失いました。

 その後、農林水産省でも同様の文書が発見され、文部科学省でも、文書と同様の内容が記された内閣府から送られたメールの存在が明らかになりました。文書の中で名前が挙がっている柳瀬唯夫・元首相秘書官(現経済産業審議官)や、藤原豊・元地方創生推進室次長(現経済産業省貿易経済協力局審議官)、加計学園理事長の加計孝太郎氏といった関係者たちの証人喚問は必須でしょう。

 安倍総理の答弁がきっかけとなって事態がややこしくなり、そして安倍政権が自ら首を絞めることになっていますが、そもそも加計学園問題は、「石破4条件」を満たしているかどうか怪しいまま獣医学部新設計画が進められました。しかも、「石破4条件」の審議は、大学や学部の開設認可の適否を判断する「大学設置・学校法人審議会」ではなく、「国家戦略特区諮問会議」で行われました。

 まさにこうしたところこそ、「不公正であり、不公平である」と前川氏が批判するプロセスに他なりません。

 特報第369号では、前川氏の目から見た加計学園の問題点はもちろん取り上げていますが、「大学設置・学校法人審議会」や「国家戦略特区諮問会議」、「石破4条件」といった、この問題を語る上で避けては通れないキーワードを、注釈をつけて徹底的に解説しています。

 非常に充実した注釈がついているのは特報の大きな特徴です。前川氏のインタビューをご覧になっていない方でも、前川氏と岩上さんとのやり取りをスムーズに読んでいただけることと思います。また、すでに前川氏インタビューをご覧になった方でも、取り上げたテーマをより広く深く掘り下げていくきっかけになることと思います。この機会に、ぜひ「まぐまぐ」にご登録の上、「岩上安身のIWJ特報!」をご購読ください!

※「岩上安身のIWJ特報!」ご購読はこちらから(月額864円、初月無料)

http://www.mag2.com/m/0001334810.html

 3月に発行した「岩上安身のIWJ特報!」、「『メディアは権力を忖度し、司法権力は政治のために動いている』?加計問題の闇を告発した前川喜平・前文科事務次官に岩上安身がロングインタビュー!『独裁国家に近づいている』と危機感!」前編は、以下のURLよりご覧ください!

※【第364号】岩上安身のIWJ特報!「メディアは権力を忖度し、司法権力は政治のために動いている」?加計問題の闇を告発した前川喜平・前文科事務次官に岩上安身がロングインタビュー!「独裁国家に近づいている」と危機感!(前編)(その1) 2018.3.30

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/416493

※【第365号】岩上安身のIWJ特報!「メディアは権力を忖度し、司法権力は政治のために動いている」?加計問題の闇を告発した前川喜平・前文科事務次官に岩上安身がロングインタビュー!「独裁国家に近づいている」と危機感!(前編)(その2) 2018.4.5

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/416592

※【第366号】岩上安身のIWJ特報!「メディアは権力を忖度し、司法権力は政治のために動いている」?加計問題の闇を告発した前川喜平・前文科事務次官に岩上安身がロングインタビュー!「独裁国家に近づいている」と危機感!(前編)(その3) 2018.4.13

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/416606

※【第367号】岩上安身のIWJ特報!「メディアは権力を忖度し、司法権力は政治のために動いている」?加計問題の闇を告発した前川喜平・前文科事務次官に岩上安身がロングインタビュー!「独裁国家に近づいている」と危機感!(前編)(その4) 2018.4.19

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/416626

※【第368号】岩上安身のIWJ特報!「メディアは権力を忖度し、司法権力は政治のために動いている」?加計問題の闇を告発した前川喜平・前文科事務次官に岩上安身がロングインタビュー!「独裁国家に近づいている」と危機感!(前編)(その5) 2018.4.27

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/418752

 また、岩上さんによる前川氏インタビューは、前川氏が歩んできた人生、加計学園問題の本質、教育現場が抱える深刻な問題、そして、自民党の改憲草案の危険性など、非常に幅広い内容を取り上げています。以下のURLより、ぜひご覧ください!

※「メディアは権力を忖度し、司法権力は政治のために動いている」?加計問題の闇を告発した前川喜平・前文科事務次官に岩上安身がロングインタビュー!「独裁国家に近づいている」と危機感! 2017.12.5

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/406799

※今の日本は「もうファシズムの玄関に来ている」!? 道徳の教科書からは「国体思想」の影もちらついている!? 岩上安身による前文科省事務次官・前川喜平氏インタビュー! 2018.2.23

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/412984

※自民党が改憲で目指す家族国家観の危険性!「純血日本人主義」「血の共同体」がファシズム・排外主義の根拠に!? 岩上安身による 前・文科事務次官 前川喜平氏 インタビュー第3弾 2018.3.29

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/416295

■<ご報告>4月25日までにお寄せいただいたご寄付・カンパの金額は243万8900円となりました! ありがとうございます! 4月の目標額まであと257万円です! 今はGWまっただ中ですがIWJは通常通り活動中です! 引き続きどうかIWJにご支援をお願いいたします!

 いつもIWJをご支援いただき、ありがとうございます。

 4月25日までに私たちの呼びかけに応えていただき、お寄せいただいた今月のご寄付・カンパの金額は243万8900円となりました。ご支援いただいたみなさま、本当にありがとうございます! このお金は、IWJの活動費用として大切に運用させていただきます!

  今、世間はゴールデンウィークまっただ中ですが、IWJは通常通り活動中です。IWJが現在の活動を続けていく上で、1ヶ月に必要なご寄付・カンパの金額は500万円です。4月も残り2日ですが、25日時点で目標額の半分に達することができず、4月の目標額まであと257万円です! 前期比でも65パーセントにとどまっています。IWJの決算月は7月です。第4四半期の始まる5月を目前にして、4月までの各月で目標額に達成できなかった赤字がじわじわと累積しつつあります。厳しい状態が続いています。

 どうかみなさまのより一層のご支援をよろしくお願いいたします!

 加えて、現在岩上さんは橋下徹元大阪府知事からの「スラップ訴訟」で損害賠償請求の民事訴訟を起こされており、4月19日に大阪地裁で行われた第一回口頭弁論までにかかった初期費用だけで100万円を超えてしまいました。第二回口頭弁論は6月21日(木)午前11時から大阪地裁第1010法廷ですが、これから150万円、200万円と、この裁判費用もかかっていくと思われます。大阪までの交通費、宿泊費、弁護団の6名の弁護士へ弁護をお願いする経費や報酬など、裁判にかかる費用はこれからも増え続けていきます。

※ネットにおける言論の自由を守る! 岩上安身が橋下徹氏からのSLAPP訴訟に応訴で立ち向かう!

https://iwj.co.jp/wj/open/iwakamiyasumi_slapp

 また、現在IWJの事務所では、岩上さんのインタビューなどのためにスタジオとして使用している部屋の防音工事を行うことを予定しています。この工事の見積もりが62万6400円と業者から提示されました。工事期間中にインタビューを行う場合は外のスタジオなどを借りる必要もあります。事務所のある飯倉片町交差点は近くにロシア大使館があるため、右翼の街宣車が来るたび、インタビューを中断することが何度もありました。この防音工事はスムーズに安心して、今後もより質の高い番組をお届けするためにも、ぜひ必要なものです。ご寄付・カンパでのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします。

http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 ご寄付してくださっている方の中には、非会員のまま、折りに触れ、IWJがピンチのときにはサッとご寄付くださる方も、いらっしゃいます。いつもいつも、サイトをご覧になったり、ガイドをお読みいただいてお気にかけていただいているのでは、と感じます。みなさま、本当にありがとうございます。しかしながら、IWJでは、会員限定の記事や動画もたくさんありますので、どうか、一般会員・サポート会員としてご登録いただき、より一層、応援をいただければ大変ありがたく存じます。

 現在、IWJには岩上さんによるインタビューなどのオリジナルコンテンツだけでなく、記者会見や集会、講演会やシンポジウムなどの公共コンテンツなどもあわせると、3月現在アーカイブの総本数は2万本を超え、さらに増え続けています。

 サポート会員へご登録いただければ、これらのアーカイブの数々を、いつでもご都合の良い時にご覧いただけます。現在、YouTubeLiveでの無料視聴をご利用されている方も、この機会にIWJ会員へのご登録をお願いいたします! また会費未納等でいったん休眠会員となられている方は再開を、ぜひご検討ください!

 IWJの有料会員制度は1ヶ月1000円、支払いをまとめてお得な1年1万円の一般会員と、1ヶ月3000円、まとめてお得な年3万円からのサポート会員の2種類です。会費は、クレジットカード、銀行振込(ゆうちょ銀行を含む)でお支払いいただけます。IWJの活動は、会員の皆様のこの会費によって支えられています。詳細は下記URLより御確認ください。

※IWJ会員のご案内はこちらにあります。ぜひご検討ください。

https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

■IWJを支えてくださるスタッフを緊急大募集中!

 IWJでは現在、中継・動画班とテキスト班、そして一般事務のスタッフを募集しています!

 <中継・動画班スタッフ>
 IWJのスタッフは、テキスト班や事務班のスタッフであっても、時には撮影・中継機材を持って取材現場に出かけます。しかし岩上さんのインタビューや、ここ一番大事な中継現場は、より専門的な映像や音声の技術に精通した中継・動画班のカメラマンが担当することで、IWJの動画のクオリティーを保っています。

 そんな「IWJのプロ集団」の中継・動画班ですが、現在、撮影後の動画編集について、今まで以上に手を加えたいと考えています。岩上さんのインタビューのオープニングやエンディング、ハイライト、お知らせなどには、音楽を入れたり、モーショングラフィックを用いて、ハリウッド映画さながら(ちょっと大げさですが)の動画作成を試みたいと思っています。

 しかし、現状の動画班の人員では、そうした工夫を凝らすことができていません。そうした演出などを手掛けられるスキルのある経験者の方、普段IWJの動画を見ていて「もっとこうすれば効果的にアピールできるのに!」と感じたことがおありでしたら、ぜひお力をお貸し下さい!

 世の中にあまたあるYouTube動画の中で、IWJのハイライト動画などを効果的に発信する発想や編集技術をお持ちで、外注としてでも力になってくださる方も、ぜひご応募ください!

<テキストスタッフ>
 テキスト班で現在特に必要なのは、夜遅い時間帯まで勤務可能なエディターです。

 これは他のライターが書いた記事原稿を引き取り、目を通して適切なリライトを行い、岩上さんの最終チェックを受け、岩上さんの赤も原稿へ反映し、最終的には深夜番やweb班へアップ作業を依頼し、記事化されたことを見届けるまでが仕事です。

 IWJではこの日々のテキスト編集作業を行なっていただける方を大募集中です! これは週5日・フルタイムでの出勤が前提となり、また週1回程度は、前述のように夜遅くまでの業務となるので、その点を了承いただけることが必須条件となります。また終電に乗れなかった場合は車で帰れるように、運転免許があればなお歓迎です。

 たくさんのライターとやり取りをするために、文章を書く力だけではなく、コミュニケーション力、そしてその日1日のテキスト業務を取りまとめる責任感と体力も必要となり大変ですが、その分学ぶことも非常に多い仕事です。

<一般事務スタッフ>
 IWJの一般事務の仕事は、電話やメールでの外部の方との連絡、岩上さんのスケジュールを把握してのインタビューのアポ取りや、スケジュール管理などです。また、イベント開催の準備から、ファイリングやその他諸々発生する庶務的なことなどまで、IWJの活動のまさに屋台骨となる重要なお仕事です。

 現在求めているのは事務経験のある方、PC操作に不安のない方、柔軟性と協調性のある方、責任感のある真面目な方です。できれば車の運転ができ、長期にわたって勤められる方のご応募をお待ちしています。

 なお、報酬については、IWJはスタート時こそ研修期間2ヶ月のみ時給1000円ですが、以後、能力と実績によって順次昇給していきます。高給とは言えませんが、裁量労働制ではなく、タイムカードで労働時間をきちんと記録し、残業代も支払い、夜10時以降は深夜割り増しもつけています。上限はありますが交通費もお支払いし、社会保険も完備しています。IWJがスタッフ募集を続けているのは、週休2日制で、みんなでローテーションで仕事をつないでいるため、どうしてもある程度の人数が必要だからなのです。

 また、他の仕事と兼業したい、あくまで独立業者として関わりたい等のリクエストにも柔軟に応じて、パートタイム、兼業、業務委託、外注などの働き方もあります。お迷いの方も、ぜひ、ご応募ください!

 ご応募は、以下のフォームからお願いいたします! 皆様のお知り合いで、ネットメディアの仕事に強い興味をお持ちの方などもおられましたら、ぜひお声をかけていただければと存じます。

※【IWJレギュラースタッフ募集フォーム】

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdbeeE8cGfuFucSge58KaR0vRQF5-uYoc52DeRCENG4u3_1mg/viewform

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2018.4.29 Sun.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【ツイキャス・IWJ_OKINAWA1】13:20~「『私たちはどう生きるのか』シンポジウム『なんでお空からおちてくるの?』こたえられないわたしたち ~あいつぐ基地をめぐる事件・事故をうけて~」
視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_okinawa1

 沖縄国際大学で開催されるシンポジウムを中継します。
——————-

【録画配信・IWJ_KYOTO1】20:00~「4・29『昭和の日』を問う京都集会 ―日本の戦争・戦後責任を考える― 講演:一橋大学教授 鵜飼哲氏」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=kyoto1

 一橋大学教授・鵜飼哲氏を招いて開催される集会を録画配信します。同日収録。
——————-

【タイムリー再配信 158・IWJ_Youtube live】20:00~「急展開する朝鮮半島情勢 今後の行方は?米朝の対立解消は可能か?岩上安身による東京新聞論説委員・五味洋治氏インタビュー(後半)」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 4月24日収録の岩上安身による東京新聞論説委員・五味洋治氏インタビューを再配信します。

============

◆中継番組表◆

**2018.4.30 Mon.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【GW特別再配信 1・Ch5】17:00~「『首相案件』文書が表に!『首相の意向があったことはもう明らか!』前川喜平氏が喝破!~森友公文書改ざん・加計・『働き方改革データ』問題の真相究明!国民のための公務員制度をめざす緊急院内シンポジウム」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

 4月10日に収録した「国公労連」主催のシンポジウムを再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/417547
——————-

【タイムリー再配信 159・IWJ_Youtube live】20:00~「公文書偽造で始まった明治維新! 現在も続く『官軍教育』の中で描かれた『偉人』たちの姿は『ウソ』ばかり!? 岩上安身による作家・歴史評論家・原田伊織氏インタビュー(1/3)」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 3月8日収録の岩上安身による作家・歴史評論家・原田伊織氏インタビューを再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/414211

============

◆中継番組表◆

これ以降の予定で決定しているものは、以下のカレンダーよりご覧いただけます。あわせてご確認ください。

→「配信カレンダー」 https://iwj.co.jp/channels/main/calendar.html
(あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

廃炉、より困難に!? 福島第一2号機原子炉格納容器内部の画像を鮮明化して公表、高さ70センチの堆積物「全部デブリとは思っていない」~4.26「中長期ロードマップの進捗状況」に関する4.26東電記者会見

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/419264

立憲民主・杉尾秀哉参院議員が麻生大臣の「はめられた」発言を追及!「ハニートラップにかけられたんじゃないかという認識を大臣が答弁しているということ!」~4.25 財務省セクハラ問題 野党合同ヒアリング

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/419191

「#MeToo」福田元事務次官に余罪発覚!? 内閣府の男女共同参画会議・女性に対する暴力に関する専門調査会が財務省を批判!! 異例の緊急集会!! 麻生大臣は名誉毀損!? ~4.24野党合同ヒアリング

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/419116

安倍政権がセクハラを容認する閣議決定がおこなわれる!? ~4.23野党国会議員有志による「福田事務次官に対する本日中の処分、謝罪を求める財務省への申し入れ」後の囲み取材

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/419063

立憲民主党代表・枝野幸男氏「おかしいことはおかしいと声をあげましょう!」辻元清美氏「安倍首相は膿の親!」~ まっとうな政治を求める緊急大街宣 Vol.2 立憲大作戦

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/419110

福田事務次官は辞任するもののセクハラは認めない!? 税金から退職金5300万円支給!? 後任の事務次官代行・矢野官房長もセクハラ発言!! ~4.23野党合同ヒアリング

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/419050

日本政府「普段は考えていないが、核兵器禁止条約の翻訳くらいは出してもいい」前進したことはこれだけ!? ~核兵器廃絶日本NGO連絡会参加団体メンバーらによる核軍縮に関する外務省との4.13意見交換会後の記者会見

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/417852

福島県から約2400台のモニタリングポストを撤去!? 2020年東京オリンピックへ向けて線量隠蔽!? ~モニタリングポストの継続配置を求める市民の会による原子力規制委員会への要請書提出と記者会見

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/418344

【第368号】岩上安身のIWJ特報!「メディアは権力を忖度し、司法権力は政治のために動いている」?加計問題の闇を告発した前川喜平・前文科事務次官に岩上安身がロングインタビュー!「独裁国家に近づいている」と危機感!(前編)(その5)

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/418752

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 それでは今日も1日、よろしくお願いします!

IWJ編集部(岩上安身、小野坂元、川上正晃)

IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 http://iwj.co.jp/