日刊IWJガイド・番組表「加計学園『総理のご意向』を示す新たな文書!『本件は首相案件です』! 『国家戦略特区の手法を使って突破口を開きたい』元内閣府地方創生推進室次長・藤原豊氏が申請前に助言! /【アベ・イズ・オーヴァー】森友疑惑は『疑惑の3日間』と、『総理も議員もやめる』発言後の数日間に集中! 債務超過だった学園への20億円超の融資は、なぜ実施されたのか!? その行き先は!?/<インタビュー予告>「人生設計も大きく変わったのだろうと思わざるを得ません」の言葉に佐川氏は何を感じた? 4月12日は逢坂誠二・衆議院議員に岩上さんがインタビュー!/本日19時より「何が『世界に冠たる獣医学部』!? あまりに小さすぎる加計学園の5坪の『ラボ』〜『感染実験』を行う準備ゼロ! 岩上安身による黒川敦彦氏インタビュー!民進・原口一博議員もビデオ通話で登場」を再配信します!」2018.4.11日号~No.2036号~


■■■ 日刊IWJガイド・番組表「加計学園『総理のご意向』を示す新たな文書!『本件は首相案件です』! 『国家戦略特区の手法を使って突破口を開きたい』元内閣府地方創生推進室次長・藤原豊氏が申請前に助言! /【アベ・イズ・オーヴァー】森友疑惑は『疑惑の3日間』と、『総理も議員もやめる』発言後の数日間に集中! 債務超過だった学園への20億円超の融資は、なぜ実施されたのか!? その行き先は!?/<インタビュー予告>「人生設計も大きく変わったのだろうと思わざるを得ません」の言葉に佐川氏は何を感じた? 4月12日は逢坂誠二・衆議院議員に岩上さんがインタビュー!/本日19時より「何が『世界に冠たる獣医学部』!? あまりに小さすぎる加計学園の5坪の『ラボ』〜『感染実験』を行う準備ゼロ! 岩上安身による黒川敦彦氏インタビュー!民進・原口一博議員もビデオ通話で登場」を再配信します!」2018.4.11日号~No.2036号~ ■■■
(2018.4.11 8時00分)

 おはようございます。IWJ編集部です。

■加計学園「総理のご意向」を示す新たな文書!「本件は首相案件です」!「国家戦略特区の手法を使って突破口を開きたい」元内閣府地方創生推進室次長・藤原豊氏が申請前に助言!

 「神風が吹いた」(籠池泰典元理事長)はずの森友学園・「瑞穂の國記念小學院」は校舎建設の段階で頓挫しましたが、「魔法で出産した」加計学園・岡山理科大学獣医学部は2018年春に開学し、4月3日に「入学宣誓式」が行われました。

※【IWJブログ・特別寄稿】森友学園問題は“日本会議トモダチ作戦”なのか―安倍総理再登板の原動力となった維新との蜜月関係と日本会議シンパの八木秀次氏(ジャーナリスト・横田一)~「極右学校法人の闇」第55弾! 2017.3.29
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/371194

※加計・獣医学部で入学式 加戸氏「魔法で出産した学部」(朝日新聞デジタル、2018年4月3日)
https://www.asahi.com/articles/ASL4342SNL43PFIB007.html

 加計学園問題はこのまま忘れられてしまうのか…暗澹たる気持ちでいた人も多いと思われますが、2018年4月9日夜、NHK「ニュースウォッチ9」で、これまで「ない」とされていた獣医学部新設に関連する文書が出てきたと報じられました。

※加計学園問題「ないと説明の文書 残されていた」愛媛県調査(NHK NWES WEB、2018年4月9日)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180409/k10011396771000.html?utm_int=detail_contents_news-related_001

 4月10日の朝日新聞の朝刊では、一面で、愛媛県が作成した「獣医師養成系大学の設置に係る内閣府藤原次長・柳瀬首相秘書官との面談結果について」と題するその文書の内容を詳しく報じました。

 同紙によるとこの文書は、加計学園・獣医学部の新設計画について、愛媛県、今治市の課長や加計学園事務局長が国家戦略特区を担当する柳瀬唯夫首相秘書官(当時)と2015年4月2日に首相官邸で面会した際の柳瀬氏の発言が記されたもので、その面会の際、柳瀬氏は「本件は、首相案件」と述べたということです。

※面会記録に「首相案件」 加計巡り首相秘書官 愛媛県文書に記載(朝日新聞デジタル、2018年4月10日)
https://www.asahi.com/articles/DA3S13443311.html

 さらに東京新聞は、加計学園側と面会したとされる、藤原豊・内閣地方創生推進室次長(現経済産業省審議官)の発言を具体的に掲載しています。

 藤原次長は「要請の内容は総理官邸から聞いている」「政府として、きちんと対応しなければならない。知恵を出しあって進めていきたい」と述べ、「国家戦略特区の手法を使って突破口を開きたい」と、自ら「知恵」の提供までしていたということです。

※内閣府が戦略特区提案 加計側に「官邸から聞いている」(東京新聞、2018年4月10日)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018041090070603.html

 こうした報道を受けて昨日10日に行われた参院・農林水産委員会では自由党・森ゆうこ参議院議員が加計学園問題について質問しました。森議員は「市民の方、村上さん」が情報公開請求により入手した、報道されたものと同じ文書を手に、この文書の黒塗り部分について、「誰と会って何を話したのか、相手から何を言われたのか」を追及しました。この文書は内閣府や文部科学省、農林水産省にも配ったということで、森議員は「(文科省は)前川(喜平)さんがいてよかったですね、文書改竄をせずにすんで」と皮肉を交えた場面もありました。

※森ゆうこ氏ツイート
https://twitter.com/moriyukogiin/status/983453634393407488

※やはり「怪文書」ではなかった!「総理のご意向」「官邸の最高レベル」――加計学園をめぐる内閣府から文科省への「圧力文書」はやはり存在!文科省が再調査の結果を発表 2017.6.15
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/383551

 しかし、柳瀬氏は愛媛県や今治市の職員に「面会したことはない」と、会ったこと自体を否定するコメントを同日4月10日の午後発表し、また、口頭でも改めて「コメントの通り」と否定しました。

※加計学園問題 柳瀬氏のコメント全文(NHK NEWS WEB、2018年4月10日)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180410/k10011397371000.html

※柳瀬氏がコメント 県職員らとの面会を否定(NHK NEWS WEB、2018年4月10日)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180410/k10011397281000.html

 愛媛県の文書の黒塗り部分については、昨日4月10日に行われた「加計学園『首相案件』問題野党合同ヒアリング」でも追及されました。同ヒアリングは、11時30分からと17時からの2回にわたり行われました。

 当初、予定されていたのは11時30分からのヒアリングのみでした。そのヒアリングでは、野党は内閣府に対して「愛媛県は(文書の黒塗り部分について)国が開示してもよいといってくれれば開示できるといっている。開示してよいといってほしい」などと要求しました。

 しかし、出席した内閣府の官僚からは、「愛媛県の文書を確認していない」など、はっきりとした返答は得られませんでした。内閣府以外の文科省、農水省も、同様の曖昧な態度に終止し、ヒアリングは紛糾。結局、夕方5時からもう一度ヒアリングが開催されることになりました。その際、内閣府、文科省、農水省には、愛媛県の文書を持参するよう、野党議員は求めました。

 この1日に2回行われた合同ヒアリングの模様を、IWJは2回ともリアルタイムで中継しました。ぜひ御覧ください!

※加計学園問題は「首相案件」!? 柳瀬唯夫・元首相秘書官の「本件は首相案件」の発言が記された文書が明るみに!! 野党の追及に内閣府「持ち帰って相談します」~加計学園「首相案件」問題野党合同ヒアリング第1回 2018.4.10
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/417554

※愛媛県知事が「首相案件」文書の内容・存在を認める!! 野党は柳瀬唯夫・元時首相秘書官と藤原豊・元地方創生推進室次長の証人喚問を要求~加計学園「首相案件」問題野党合同ヒアリング第2回 2018.4.10
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/417562

 2回目の「加計学園『首相案件』問題野党合同ヒアリング」が開始された17時からは、愛媛県知事の記者会見も行われました。

 愛媛県知事の中村時広(ときひろ)知事は、当該文書について、「口頭説明のための備忘録として書いた文書」と説明しました。また、「愛媛県自体では文書は保存していない」「データはない」「相手方(国)のことについてはコメントできない」「各側の趣旨に基づいてやってほしい」などと、政府の関与については否定しないものの、肯定もしないという姿勢をとりました。

※“首相案件”文書は備忘録、愛媛県知事が会見(TBS NEWS、2010年4月10日)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3339079.html

 一方、2回目の「加計学園『首相案件』問題野党合同ヒアリング」では、結局、各省庁とも愛媛県の文書を持参することはなく、野党の追及をはぐらかすばかりでした。

 社民党・福島みずほ参議院議員は「この会場に藤原さん、柳瀬さんが来てくれないのは残念。これは『総理案件』です。安倍昭恵さんの案件じゃない、まさしく『総理案件』なんです。このヒアリングに来ないのなら、証人喚問するしかない」と、藤原・柳瀬両氏の証人喚問を求めました。

 なお、2017年の5月に「総理のご意向」文書の存在を語って、この加計学園問題の問題が大きく世に広がるきっかけを作った、前文科事務次官・前川喜平氏へ、岩上さんはこれまでに3回インタビューを行っています。ぜひ、こちらも合わせてご覧ください。

※「メディアは権力を忖度し、司法権力は政治のために動いている」〜加計問題の闇を告発した前川喜平・前文科事務次官に岩上安身がロングインタビュー!「独裁国家に近づいている」と危機感! 2017.12.5
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/406799

※今の日本は「もうファシズムの玄関に来ている」!? 道徳の教科書からは「国体思想」の影もちらついている!? 岩上安身による前文科省事務次官・前川喜平氏インタビュー! 2018.2.23
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/412984

※自民党が改憲で目指す家族国家観の危険性!「純血日本人主義」「血の共同体」がファシズム・排外主義の根拠に!? 岩上安身による 前・文科事務次官 前川喜平氏 インタビュー第3弾 2018.3.29
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/416295

■【アベ・イズ・オーヴァー】森友疑惑のポイントは「疑惑の3日間」と、「総理も議員もやめる」発言後の数日間に集中! 債務超過だった学園への20億円超の融資は、なぜ実施されたのか!? その行き先は!?

 「森友疑惑」のポイントは、「戦争法」審議のさなかでありながら、安倍総理が大阪へ日帰りで訪れた2015年9月4日をはさんだ「疑惑の3日間」と、衆院予算委員会で「私や妻(安倍昭恵夫人)が関わっていたら総理大臣も国会議員も辞める」と発言した2017年2月17日からの数日間であることが明らかになってきました。

 ここにきて、新たな疑惑がささやかれています。それは、大阪地検特捜部の捜査対象が森友学園への国有地払い下げをめぐる財務省による公文書等毀棄や背任などではなく、学校建設のために銀行から受けた融資の一部が政治家に流れたという「サンズイ(汚職)」事件なのではないかというものです。2018年4月9日付の日刊ゲンダイが伝えています。

※森友事件に新展開 検察の狙いは政界に流れた融資20億円か(日刊ゲンダイ、2018年4月9日)
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/226809/

 首相動静によれば、問題の2015年9月4日、安倍総理は大阪でふたつのテレビ出演をこなした後、大阪・東梅田の海鮮料理店「かき鐵」で、故冬柴鉄三・元国土交通相の次男でこの店のオーナーでもある冬柴大(ひろし)氏、今井尚哉(たかや)総理秘書官らと食事をしています。冬柴大氏はかつて、りそな銀行に勤務していました。

※首相動静 2015年9月4日(産経ニュース、2015年9月5日)
http://www.sankei.com/smp/politics/news/150905/plt1509050012-s.html

 一方の森友学園は、運営していたふたつの幼稚園のうちのひとつが経営難で休園となり、小学校の認可を審議する大阪府私学審議会の委員からは、債務超過の疑いさえ指摘されていました。森友学園が小学校建設に充てる補助金申請のために国に申請した建築費は、21億8000万円。「神風」でも吹かなければ、融資など受けられる経営状態ではなかったのです。

※私学審議会の議事録を全文入手! 委員のほぼ全員が森友学園に懸念表明!なのに設置認可適当を出した大阪府の責任!岩上安身による「自由法曹団」岩佐賢次弁護士インタビュー!〜「極右学校法人の闇」第29弾 2017.2.25
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/365299

 安倍総理は前日の3日に当時の迫田英典理財局長と面会し、5日には昭恵夫人が、森友学園が開校する予定だった瑞穂の國記念小學院の名誉校長に就任しています。このように安倍総理をめぐる森友疑惑の当事者が次々に登場し、状況が急展開を見せたことが、「疑惑の3日間」と呼ばれる理由です。

※【特集】国有地売却問題だけじゃない!教育勅語の暗唱にヘイト文書配布・・・極右学校法人・森友学園の闇に迫る
https://iwj.co.jp/wj/open/school_corporation_moritomo

 4月9日の参院決算委員会で答弁に立った安倍総理が、表情にも声にもまったく覇気がなかったことが様々な憶測を呼んでいます。

 民進党の藤田幸久議員による「森友問題では、7割の国民が安倍総理に責任があるとしている民意にどう答えるか」との質問に対して、これまでは幾度となく強い口調で森友問題との関わりを全否定してきた安倍総理ですが、この日は「私の妻が名誉校長を引き受けたことから、当然疑念をもたれてもやむを得ない」と、2017年2月17日のような気色ばんだ否定の強弁はありませんでした。総理のこの様子に、一部からは「第一次安倍政権の末期のようだった」との声も聞こえてきます。アベ・イズ・オーヴァーは、それほど遠くない日に訪れるかもしれません。

 昨日10日の日刊ガイドで、同日発売の「文藝春秋」が報じた、国会の場で野党の追及に対峙する佐川宣寿理財局長(当時)へ渡されたという、「もっと強気で行け。PMより」というメモをめぐる記事についての第一報をお伝えしました。

 「佐川氏に渡された『総理のメモ』」という題のこの記事で、執筆した「グループMOF研」は、今回の改竄は、経産省に軸足を置き、財務省をカヤの外に置く安倍首相に対し、財務省が官邸との距離を縮め、延び延びになっている消費税増税への道筋をつけるための苦慮が背景にあったのではないかと指摘しています。

 また同誌の「息子は改竄を許せなかった」という記事では、3月9日に自殺が報じられた近畿財務局の職員のお父様が、息子さんを「正義と不正の狭間に追い込まれた」と、強い憤りと苦悩を吐露しています。霞が関の省庁間でのパワーゲームのあげくに自殺に追い込まれる人間がいたり、私達国民の目から真実が覆い隠されるなど、到底あってはならないことです。

※文藝春秋 2018年 05 月号
https://amzn.to/2v27nzQ

■<インタビュー予告>「理財局長になる前と今、たぶん人生設計も大きく変わったのだろうと思わざるを得ません」の言葉に佐川氏は何を感じた? 4月12日、逢坂誠二・衆議院議員に岩上さんがインタビュー!

 3月27日、メディアは佐川氏の証人喚問一色でした。丸一日を費やしての答弁は、多くが野党の厳しい追及と、それに対し一貫して政権関与を否定する佐川氏の強弁との応酬でした。その中で、「佐川さんと知らない仲ではない」と前置きし、「理財局長になる前と今、たぶん人生設計も大きく変わったのだろうと思わざるを得ません」という、向けられた相手に寄り添うような言葉は、逢坂誠二・衆議院議員のあたたかな人柄が忍ばれるものでした。

 4月12日(木)、岩上さんはその逢坂議員にインタビューを行います。

 2004年当時町長を務めた北海道・ニセコ町を、情報共有と住民参加を柱とした町づくりで「参考にしたい自治体」1位として全国へ広めた功労者でもある逢坂議員にとり、今回の公文書改竄・隠蔽の惨状はどのように映っているのでしょうか?どうぞご期待下さい!!

※住民自治を制度化したまちづくり 北海道ニセコ町(内閣府 経済社会総合研究所)
http://www.esri.go.jp/jp/prj/mytown/suisho/su_07_0604_01.html

——————-
【IWJ_Youtube live】15:45~「岩上安身による立憲民主党 逢坂誠二衆議院議員インタビュー」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi
——————-

■北朝鮮が非核化の意思を米国に直接伝達! 片や日本外交は、いまだに、圧力一辺倒! 米国の意向を忖度しすぎて米国以上に米国的になるという悲喜劇が進行中!?

 これまで米国政府は、朝鮮半島の非核化について、韓国高官を通じて北朝鮮側から取り組む意思を間接的に伝えられていたとされていました。しかし4月8日、米政府当局者が取材に応じ、北朝鮮側から直接、「朝鮮半島の非核化について協議する用意がある」と伝えてきたことを明らかにしました。

※北朝鮮、非核化の意思を米に伝達 正恩氏、協議に前向き(朝日新聞、2018年4月9日)
https://www.asahi.com/articles/ASL492H6KL49UHBI008.html

※核放棄や国交、一括合意か段階的か…米朝が水面下で交渉(朝日新聞、2018年4月9日)
https://digital.asahi.com/articles/ASL495DNYL49UHBI02N.html?_requesturl=articles%2FASL495DNYL49UHBI02N.html&rm=355#Continuation

 片や、日本外交はいまだに北朝鮮への圧力一辺倒です。安倍首相は来週4月17日の訪米に先立ち、「北朝鮮が他国と対話を行うとしても、核・ミサイル開発に関して圧力をかけ続けることが必要だとトランプ大統領に伝えたい」と述べています。また、河野外相は3月31日の高知市での講演で、北朝鮮に核開発の用意が見えると述べ、米ジョンズポプキンズ大学米韓研究所のプロジェクト「38ノース」から反論されています。

 米国の東アジア分断統治の枠組みで外交を発想する河野外相は、米国の意向を忖度し自ら分断統治のエージェントとなって、米国以上に米国的な発想に捉われていると言えるのではないでしょうか。

※Abe to ask Trump to press North Korea on short- and medium range missiles
as well as ICBMs(ジャパンタイムズ、2018年4月10日)
https://www.japantimes.co.jp/news/2018/04/09/national/politics-diplomacy/abe-ask-trump-press-north-korea-short-medium-range-missiles-well-icbms/#.WsxcnYjFKUk

※北朝鮮「次の核実験の用意、見える」河野太郎外相(朝日新聞、2018年3月31日)
https://digital.asahi.com/articles/ASL30671BL30UTFK00M.html

※河野外相 再び「北朝鮮は核実験継続」(毎日新聞、2018年4月3日)
https://mainichi.jp/articles/20180404/k00/00m/010/107000c

※Japanese Foreign Minister’s Reports of Tunneling at Punggye-ri: What Commercial Satellite Imagery Shows(38 North、2018年4月2日)
https://www.38north.org/2018/04/punggye040218/

 朝鮮半島問題の本質は、いまも半島が南北に分断されている悲劇にあり、その悲劇の条件を作ったのが日本による朝鮮半島の植民地支配とその終焉だったことを忘れてはならないでしょう。この点を踏まえれば、日本が今何をなすべきなのかは自ずと明らかになるのではないでしょうか。

 IWJでは、朝鮮半島の最新状況について、4月24日に『朝鮮戦争は、なぜ終わらないのか』の著者・五味洋治氏に、岩上さんがインタビューを行う予定です。南北首脳会談、米朝首脳会談や金正恩委員長の中国電撃訪問など、激動する朝鮮半島情勢について、お話をうかがいます。ぜひご覧ください。

 また、IWJではこれまでも五味氏に朝鮮半島問題について岩上さんがインタビューを行っています。あわせてご覧いただくことでいっそう問題の理解が深まるものと思います。ぜひ、関連インタビューもご覧ください。

※【広告連動企画】日本人が知らない冷戦構造「朝鮮国連軍体制」の衝撃!在日米軍基地は朝鮮有事で「後方基地」に!『朝鮮戦争は、なぜ終わらないのか』著者・五味洋治氏に岩上安身が訊く! 2017.12.11
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/407374

■サンフランシスコの高校生が、姉妹都市解消を決めた吉村洋文・大阪市長にビデオ・メッセージ!「互いの文化を共有することで、より理解が深まる」との言葉に、市長はどう答えるか!?

 米サンフランシスコ市のエイブラハム・リンカーン高校の生徒らがYouTubeに投稿した、吉村洋文・大阪市長に宛てた映像が話題になっています。

 同校で日本文化や日本語を学ぶ高校生たちが製作した映像には日本の高校生2人を含む9人の高校生が登場し、サンフランシスコ市と大阪市の60年に及ぶ友好関係の継続を求めています。

※Project COAST: A Message to Mr. Hirofumi Yoshimura(YouTube、2018年3月21日)
https://www.youtube.com/watch?v=oo24A3X4SjA

 その中で、サンフランシスコ/大阪市姉妹都市協会から学生親善大使に任命されたセリーンさんは、「(2017年に訪れた大阪で)私はフォトプロジェクトのアイディアを思いつきました。サンフランシスコと大阪市の生徒たちの協力で半分は大阪、もう半分はサンフランシスコで一枚の写真を作成することに成功し、私たちはお互いのチームワークを築き上げることができました」と吉村市長に語りかけています。

 そして、「今がその架け橋をつくり、ひとつになる時です!」と結んでいます。

 また、サブリナさんは「文化祭で、大阪市とサンフランシスコ市の60年のつながりを表現したダンスを披露しました。私たちはどんな状況に置かれていても違いを乗り越え、共に前向きに進んでいけるということを伝えることができました」と両市の関係修復への力強いメッセージを伝えています。

 この動きはもちろん、2017年11月22日にサンフランシスコ市が従軍慰安婦像を正式に受け入れたのに対し、同年12月13日に大阪市が姉妹都市提携の解消を決定したことを受けたもの。当時の市長が急逝したため、後任の市長が決まる2018年6月以降に提携の解消が通知される見込みです。

 思い起こせば、2013年5月13日、当時日本維新の会の共同代表で、大阪市長を務めていた橋下徹氏が、庁舎内のぶら下がり取材で「慰安婦制度は必要」と述べたことがありました。世界の主要メディアはこの発言をこぞってとり上げ、橋下氏は厳しい批判にさらされました。

 それを受けて、橋下氏は2013年5月27日、東京都千代田区の日本外国特派員協会で記者会見をおこない、「慰安婦を容認したことは一度もない」などと弁明に追われました。

 吉村市長は、日本維新の会の常任役員でもあります。維新の幹部は「従軍慰安婦」や「南京大虐殺」などをなかったことにする歴史修正主義の集団なのでしょうか。吉村市長が米国の高校生たちにどのような回答するか、次回の会見が注目されます。

※「大阪市長様へ」米の高校生が動画投稿 何があった?(朝日新聞、2018年4月7日)
https://digital.asahi.com/articles/ASL3X44VWL3XPTIL00M.html

※姉妹都市の継続を求める街宣 ―吉村大阪市長のサンフランシスコ市との姉妹都市解消意向に対する抗議(梅田) 2017.12.9
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/407201

※稲田朋美氏、松原仁氏、山田宏氏らが南京事件を完全否定!? 「全部捏造の歴史じゃないですか!」 慰安婦問題も「嘘八百」!? ~南京攻略80年記念大講演会 外務省目覚めよ! 南京事件はなかった 2017.12.13
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/407602

■<本日の再配信>本日19時より「何が『世界に冠たる獣医学部』!? あまりに小さすぎる加計学園の5坪の『ラボ』〜『感染実験』を行う準備ゼロ! 岩上安身による黒川敦彦氏インタビュー!民進・原口一博議員もビデオ通話で登場」を再配信します!

 前段でもお伝えしていますが、9日の夜から昨日にかけては加計学園問題をめぐり、「ない」とされていた文書、愛媛県が製作した「獣医師養成系大学の設置に係る内閣府藤原次長・柳瀬首相秘書官との面談結果について」の存在が明らかになり、国家戦略特区を担当する柳瀬唯夫首相秘書官(当時)が「本件は、首相案件」と述べたと報じられました。

 加計学園問題をめぐっては「今治加計獣医学部問題を考える会」共同代表の黒川敦彦氏が、補助金の支出に対して今治市長を相手に住民訴訟を起こしています。黒川氏には、4月17日に岩上さんによるインタビューを予定しています。詳細は決まり次第、この日刊ガイドでも告知しますのでお待ちください。

 本日は2017年12月16日に行われた、岩上さんによる「今治加計獣医学部問題を考える会」共同代表の黒川敦彦氏インタビューを再配信します。

 今回はインタビューの冒頭、民進党・無所属の会の原口一博衆院議員にも、Facebookのビデオ通話でご登場いただきました。

 原口議員は、2017年11月28日の衆議院予算委員会で林芳正文科相を追及する中で、加計学園の獣医学部の平成30年度(2期工事)の建築単価が坪216万円であると、林文科相に認めさせました。

※【国会ハイライト】評価額36億7000万円の土地に坪単価は600万円!? 校舎設計企業の役員の中には「加計」の名も!「こんな計画、認めていいのか?」原口一博議員が疑惑を追及 2017.11.28
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/407185

 この日のインタビューで原口議員は、「林文科相は大学時代からの友だちですが、苦しかった。同じ答弁を3回もするなんて」と、国会での論戦を振り返りつつ、「坪200万円の単価はあまり見ません」と、建設費の妥当性に疑問を呈しました。そして、財政破綻した北海道の夕張市をあげて、「夕張市は今、若い市長を中心に頑張っていますが、夕張を食い物にした人たちはもう逃げちゃってます。今治市をそういう街にしちゃいかんと思います。赤字再建団体になると国民にも負担になります」と、危機感をあらわに語りました。

 さらに2017年12月5日の参院内閣委員会では、自由党の山本太郎参議院議員が、加計学園獣医学部のバイオセーフティーレベル(BSL)3の施設が、生体への感染実験を行わない前提のつくりになっているとして、「加計学園は普通の獣医学部レベル、またはそれ以下の状態だ」と追及しました。これについて、黒川氏は、「加計学園はインビトロ(試験管内)での実験だけで、インビボ、生体実験を行わないとしています。ライフサイエンスを知っている人からすれば、これではまともな生体研究はできない。京都産業大ではできます。しかも加計学園の図面では、BSL施設は5坪くらいしかありません」と指摘しました。

 このインタビューの再配信を本日19時よりタイムリー再配信いたしますので、ぜひ以下よりご覧ください。

——————-
【タイムリー再配信 146・IWJ_Youtube live】2018年4月11日(水)19:00~
「何が『世界に冠たる獣医学部』!? あまりに小さすぎる加計学園の5坪の『ラボ』〜『感染実験』を行う準備ゼロ!岩上安身による黒川敦彦氏インタビュー!民進・原口一博議員もビデオ通話で登場」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi
——————-
■<ご報告>橋下徹氏による岩上さんへの「スラップ訴訟」第一回口頭弁論の4月19日まであと8日と期日が迫ってまいりました! 当日は記者会見、報告集会も行いますので、ぜひご参加ください!不当な裁判を戦い抜く岩上さんとIWJにどうかご支援をお願いいたします!

 岩上さんが橋下徹元大阪府知事から、たった一つの削除済みの、引用でコメントをつけたわけでもない単純なリツイートが名誉毀損にあたるとして、損害賠償請求されている裁判の第一回口頭弁論の期日が近づいています。

 口頭弁論は4月19日(木)14時から、大阪地裁本館10階の第1010法廷で行われます。一般傍聴席もあります!この「スラップ訴訟」の傍聴席をいっぱいにして、ぜひ皆様でSNS上の言論の自由への関心の高さを示してください!

※大阪地裁本館へのアクセスは、以下のURLよりご覧ください(裁判所ホームページより)。
http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/index.html

 また14時30分からは、司法記者クラブで記者会見も行います。その後、15時からは、大阪地裁すぐ近くの大阪弁護士会館9階920号室で報告集会も行います! 司法記者クラブでの記者会見は中継ができませんが、こちらの報告集会は、IWJで中継を行います。記者クラブに加盟していないフリーランスやネットメディア、市民メディアの方々のご参加もお待ちしています。また、この問題に関心のある一般の方々や岩上さんを応援したいという皆様も、ぜひお集まりください! 50名ほど入れる部屋を集会開始予定時刻の30分前、14時30分からご用意しています。多数の皆様のご参加をお待ちしています!

※大阪弁護士会館へのアクセスは、以下のURLよりご覧ください(大阪弁護士会ホームページより)。
http://www.osakaben.or.jp/web/02_access/

======
☆ 4/19(木) 第一回口頭弁論
14:00 大阪地裁 本館10階 1010法廷
14:30 記者会見 /司法記者クラブ
15:00 報告集会 /大阪弁護士会館 9階 920号室
======

 この裁判で岩上さんは橋下氏から110万円の損害賠償を請求されています。裁判は大阪地裁で行われるため、東京の弁護士への着手金以外に、度重なる大阪までの往復の交通費・宿泊費、大阪での弁護士への着手金など、初期費用だけで100万円をオーバーしています。岩上さんは裁判の準備のため、4月2日から8日まで、大阪へ一週間に済って出張していました。

 岩上さんとIWJスタッフが、皆様のご期待に応えられるような仕事を行い、かつ橋下氏との裁判にも注力するためには、皆様のお力添えが必要です! どうか皆様のあたたかい応援とあわせて、ご寄付・カンパを、そして不当な提訴に対して裁判を戦い抜くための義援金をよろしくお願いいたします。

※ネットにおける言論の自由を守る! 岩上安身が橋下徹氏からのSLAPP訴訟に応訴で立ち向かう!
https://iwj.co.jp/wj/open/iwakamiyasumi_slapp

 また、普段、関西の現場で中継・取材をしてくださっている中継市民のために、ビデオカメラに取り付け可能なワイヤレスマイクを使用できるよう、新しいハンディカムを購入いたしました。これまで使用していたハンディカムでは、カメラに収録されている音を聞いて確認することができず、録音に失敗するおそれがあることが予測されたため、購入に踏み切りました。購入したビデオカメラの価格は、4万5,980円です。

 それに加え、東京の事務所で使用しているハンディカムが故障してしまい、修理に出したのですが、修理額が4万9,572円でした。購入と修理で合計9万5,552円の出費となりました。

 会員の皆様、ご寄付・カンパでご支援してくださっている皆様のおかげで、こうした機材の購入や修理ができております。改めて、感謝申し上げます。

 これからも、IWJへのご支援を、よろしくお願い申し上げます。

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします。
http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 現在、IWJには岩上さんによるインタビューなどのオリジナルコンテンツだけでなく、記者会見や集会、講演会やシンポジウムなどの公共コンテンツなどもあわせると、3月現在アーカイブの総本数は2万本を超え、さらに増え続けています。

 サポート会員へご登録いただければ、これらのアーカイブの数々を、いつでもご都合の良い時にご覧いただけます。現在、YouTubeLiveでの無料視聴をご利用されている方も、この機会にIWJ会員へのご登録をお願いいたします! また会費未納等でいったん休眠会員となられている方は再開を、ぜひご検討ください!

 IWJの有料会員制度は1ヶ月千円、支払いをまとめてお得な1年1万円の一般会員と、1ヶ月3千円、まとめてお得な年3万円からのサポート会員の2種類です。会費は、クレジットカード、銀行振込(ゆうちょ銀行を含む)でお支払いいただけます。IWJの活動は、会員の皆様のこの会費によって支えられています。詳細は下記URLより御確認ください。

※IWJ会員のご案内はこちらにあります。ぜひご検討ください。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2018.4.11 Wed.**

 あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【Ch3】14:30~「原子力規制委員会 更田豊志委員長 定例会見」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=3

 原子力規制委員会 更田豊志委員長による記者会見を中継します。
——————-

【Ch4】18:00~「緊急記者会見・イラク日報隠しとイラク戦争の検証」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4

 「イラク戦争の検証を求めるネットワーク」主催により開催される記者会見を中継します。
——————-

【Ch5】19:00~「緊急集会 このまま批准・発効させてはならない!TPP11の問題点 ~TPP11って何?凍結された22項目とは?各分野:投資章(ISDS含む)、知的財産権、農産物と農業、食の安心・安全 他」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

 「TPPテキスト分析チーム」主催で開催される集会を中継します。
——————-

【ツイキャス・エリアCh1・大阪】19:00~「『森友』のすべてがわかる Talk&Meeting 対談 山本いっとく氏&木村真氏」
視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_areach1

 山本いっとく氏と木村真氏の対談イベントを中継します。
——————-

【タイムリー再配信 146・IWJ_Youtube live】19:00~「何が『世界に冠たる獣医学部』!? あまりに小さすぎる加計学園の5坪の『ラボ』〜『感染実験』を行う準備ゼロ! 岩上安身による黒川敦彦氏インタビュー!民進・原口一博議員もビデオ通話で登場」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2017年12月収録の岩上安身による黒川敦彦氏 インタビューを再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/407884

============

◆中継番組表◆

**2018.4.12 Thu.**

 あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【IWJ_OSAKA1】14:00~「吉村洋文大阪市長 定例会見」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=osaka1

 吉村洋文大阪市長の定例会見を中継します。
——————-

【IWJ_Youtube live】15:45~「岩上安身による立憲民主党 逢坂誠二衆議院議員インタビュー」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 岩上安身による立憲民主党 逢坂誠二衆議院議員インタビューを中継します。
——————-

【Ch2】17:00~「東京電力 定例会見」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=2

 東京電力による記者会見を中継します。
——————-

【録画配信・Ch5】18:00~「映画『ラッカは静かに虐殺されている』早稲田大学講義 ―ゲスト:ハッサン氏(RBSSメンバー)、ナジーブ・エルカシュ氏(ジャーナリスト)、野中章弘氏(早稲田大学教員アジアプレス・インターナショナル代表)によるスカイプQ&Aとトーク」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

 4月6日に早稲田大学でおこなわれた、映画『ラッカは静かに虐殺されている』の講義の模様を録画配信します。
——————-

【タイムリー再配信 147・IWJ_Youtube live】20:00~「パレスチナ問題の背景に隠されたイスラエルによる『大災厄(ナクバ)=民族浄化』の歴史と今なお続く現実を暴く! 岩上安身による東京経済大学准教授・早尾貴紀氏インタビュー 第一弾(前半)」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 1月25日収録の岩上安身による早尾貴紀氏インタビューを再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/410412

============

◆中継番組表◆

これ以降の予定で決定しているものは、以下のカレンダーよりご覧いただけます。あわせてご確認ください。

→「配信カレンダー」 https://iwj.co.jp/channels/main/calendar.html
(あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 それでは本日も一日、どうぞよろしくお願いいたします!

IWJ編集部(岩上安身、城石裕幸、尾内達也、松本聡、武千晴、段田亜由美)
IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 http://iwj.co.jp/