日刊IWJガイド・番組表「森友学園への口裏合わせ要請で、西田昌司議員が「バカか」と太田理財局長を一喝! しかし理財局がなぜ隠蔽に走ったかの動機は追及せず! さらに、安倍晋三総理の責任放棄宣言も!?/【タイムリー再配信】本日20時『「過労自殺は、自ら選んだ死ではない」!~岩上安身による法政大学教授・上西充子氏インタビュー(後半)』を再配信!/完全試合も射程内!? ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が開幕から連勝!/【追悼・高畑勲監督】『私たちは流されてしまう。だから小さな歯止めではなく、絶対的な歯止めが必要なのです!』『あれだけ不祥事が続いていて、政権が崩れないというのは信じられない!!』/<ご報告>橋下徹氏による岩上さんへの「スラップ訴訟」第一回口頭弁論の4月19日まであと9日と期日が迫ってまいりました!」2018.4.10日号~No.2035号~


■■■ 日刊IWJガイド・番組表「森友学園への口裏合わせ要請で、西田昌司議員が「バカか」と太田理財局長を一喝! しかし理財局がなぜ隠蔽に走ったかの動機は追及せず! さらに、安倍晋三総理の責任放棄宣言も!?/【タイムリー再配信】本日20時『「過労自殺は、自ら選んだ死ではない」!~岩上安身による法政大学教授・上西充子氏インタビュー(後半)』を再配信!/完全試合も射程内!? ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が開幕から連勝!/【追悼・高畑勲監督】『私たちは流されてしまう。だから小さな歯止めではなく、絶対的な歯止めが必要なのです!』『あれだけ不祥事が続いていて、政権が崩れないというのは信じられない!!』/<ご報告>橋下徹氏による岩上さんへの「スラップ訴訟」第一回口頭弁論の4月19日まであと9日と期日が迫ってまいりました!」2018.4.10日号~No.2035号~ ■■■
(2018.4.10 8時00分)

 おはようございます。IWJ編集部です。

■森友学園への口裏合わせ要請で、西田昌司議員が「バカか」と太田理財局長を一喝! しかし、理財局がなぜ隠蔽に走ったかの動機は追及せず! さらに、安倍晋三総理の責任放棄宣言も!?

 森友学園への国有地売却をめぐる地下埋設物の撤去について、財務省の太田充理財局長は9日午前の参院決算委員会で、理財局職員が昨年2月20日に電話で学園側の弁護士に対してうその説明をするよう求めていたことを認めました。

 地下のゴミについて財務省理財局が、「撤去費が相当かかった気がする、トラック何千台も走った気がするという言い方をしてはどうか」と学園側に提案したとのことであり、太田理財局長は「事実と異なる説明を求めたことは間違いなく誤りであり、大変恥ずかしい。深くおわびする」と陳謝しました。自民党の西田昌司参議院議員の質問に答えたもので、4月4日のNHKのスクープ報道が事実であったことが裏付けられました。

※財務省が森友学園側に口裏合わせ求めた疑い 国有地売却問題で(NHK、2018年4月4日)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180404/k10011390911000.html

※森友問題 理財局、口裏合わせ要請認める ごみ撤去巡り(毎日新聞、2018年4月9日)
https://mainichi.jp/articles/20180409/k00/00e/010/110000c

※財務省、「口裏合わせ」依頼認める 森友学園国有地売却(朝日新聞、2018年4月9日)
https://digital.asahi.com/articles/ASL4934F1L49UTFK005.html

 西田議員は、質問の中で「安倍総理夫妻による口利きではないかと疑われて大騒ぎになったが、佐川宣寿(のぶひさ)前国税庁長官の証人喚問によってそういう事実はなかったことがはっきりした」とわざわざ念押し。また、口裏合わせの依頼を認めた太田理財局長に対して「バカかっ!」と怒りを爆発させながら、理財局による隠蔽工作の動機についてはまったく追及しませんでした。

 西田議員の中では、すべては理財局の責任というストーリーが完結しているらしいのですが、それほどバレバレの口裏合わせをしようとした理由がまったく見えてきません。動機らしきものについて、西田議員は勝手に「組織の論理」と決めつけました。しかし、それを動機と呼ぶなら、すべての組織は不正を働きかねないという一般論に過ぎません。あらゆる犯罪には個別の動機があるはずなのに、なぜ西田議員は追及の手を緩めてしまったのでしょうか?

 西田議員の芝居がかった質問について、岩上さんは4月9日、このようにツイートしています。

 「力みかえった西田昌司のこの『追及』についても、答える財務省との間で『口裏合わせ』はあったのか、なかったのか、そこのところを明らかにしてもらいたい」

※岩上安身ツイート
https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/983227156707794944

 「野党の追及だと、『記憶にない』『調査中』あるいはトンデモない虚義答弁を重ねて言い逃れるのに、自民党議員の追及にはあっさり口を割る、罪状を認める、というこの不可解」

※岩上安身ツイート
https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/983228247809773568

 「国民主権の否定が持論の西田昌司氏。どの口で『国会ですよここは!』とか、『国権の最高機関が、国民の代表が聞いているんだよ!』とか、何の芝居か、よくそんなセリフが言えるもんだなと。NHKのスクープに対して早々と降参し、失点を最小限に抑えるのは、朝日の改竄すっぱ抜きスクープ後と同じ」

※岩上安身ツイート
https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/983159520338694148

 他にもツイッターでは、西田議員と太田理財局長のやり取りについて「三流エセ芝居」「シナリオ、あり。三流大根役者、あり」「観客は、高い血税を払わされて、イヤイヤ見ている国民」「『馬鹿か本当に!』・・・・・打ち合わせ、擦り合わせ済み・・ミエミエ大笑い」などの声が質問直後から溢れていました。

 こうした中で、安倍総理は、9日午前の参院決算委員会で民進党の藤田幸久議員の質問に対し、森友学園問題については「妻が名誉校長を引き受けたため疑念を持たれてもやむを得ない」と述べました。また、続発する公文書管理問題については、各省庁などで「実際に行為を行っていた人、監督を担っていた人が責任を認識しなければいけない。すべてを私が責任を取ればいいという話ではない」と答弁しました。「すべて」どころか「何の責任」もとっていない人が口にすべき言葉とは思えません。

※森友に私も妻も関わっていないが、証拠・証言ない=安倍首相(ロイター、2018年4月9日)
https://jp.reuters.com/article/abe-moritomo-idJPKBN1HG0C6

 どうやら安倍総理にとって、責任というものは「負って」はいても「取る」ものではないらしく、そこが一般市民の感覚とは大きくズレているようです。

 また、今月発売の文藝春秋が、安倍総理と財務省の関わりについてあらたな指摘をしています。

「もっと強気で行け。PMより」

 PMとは「prime minister(首相)」のことです。報じた文藝春秋の記事によれば、このシーンは2017年早春の国会での一コマで、野党の質問攻めにされていた佐川理財局長(当時)に、こう書いたメモが渡されていたと、文藝春秋は報じています。

 佐川氏は、安倍首相から本件について指示を受けたことはないとしていますが、ではこのメモは何だったのでしょうか? 「交渉記録はない」「価格設定して交渉することはない」などの虚偽答弁を後押しするかのようなこのメモを、なぜ「関与はなかった」はずの総理が佐川氏に渡す必要があったのでしょうか?

※「もっと強気で行け」安倍首相は佐川氏にメモを渡していた(文春オンライン、2018年4月10日)
http://bunshun.jp/articles/-/6923

■【タイムリー再配信 145・IWJ_Youtube live】本日20時より「『過労自殺は、自ら選んだ死ではない』!『働き方改革』は労働者の生命を守らず、財界からの要請にばかり応えている! 岩上安身による法政大学教授・上西充子氏インタビュー(後半)」をタイムリー再配信します!

 本日20時より、職業能力開発や若年労働問題を専門とする、法政大学の上西充子教授インタビュー(後半)をタイムリー再配信します!

 政府は今月6日、働き方改革関連法案を閣議決定しましたが、過労死を助長するなどとして市民や野党、そして過労死のご遺族などから特に反対の声が大きかった「裁量労働制の対象拡大」は、根拠となる労働時間のデータが不適切などの理由から、法案から削除すると 今年2月28日、安倍晋三総理が発表しました。

※【国会ハイライト】「『野党対策』で比較データが作られたのではないか」〜「働き方改革」目指す安倍政権を厚労省が「忖度」!? 法政大・上西充子(みつこ)教授が意見陳述!「裁量労働制」めぐる政府のトリックを解説! 2018.2.21
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/412973

※「裁量労働制の拡大」を削除へ 首相、「働き方」法案で(朝日新聞デジタル、2018年3月1日)
https://www.asahi.com/articles/ASL2X7R6PL2XUTFK02N.html

 「裁量労働制の対象拡大」が(働き方改革関連法案から)削除されたことで、やれやれひとまず安心…とはいかないようです。東京新聞によると、「政府は今後も裁量制拡大を目指す方針」だといいます。また、企業側は現在のところ「裁量労働制の対象拡大」や「高プロ」については賛否を保留にしているようです。

※首相「働き方改革」掲げるが 企業「残業代ゼロ」賛成28%(東京新聞、2018年4月8日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201804/CK2018040802000169.html

※「裁量労働制は年収要件がなく、若い人がターゲットになる」〜 安倍政権の「働き方改革」見直し求め、野党と市民が集会開催! 過労死遺族「明らかに命が奪われる法律、見過ごせない」と憤り 2018.2.23
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/412983

 もう一つ見落としてはならないのが、「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」です。「高プロ」などと聞くと「金融ディーラーやコンサルタントなど、一部の人たちを対象としているんでしょう? 私たちには関係ないのでは?」と考えてしまうかもしれません。しかし、法政大学の上西充子教授によると、「拡大解釈をすれば、ホワイトカラーのすべての業務がこれにあたる」というのです。

 確かに、労働者派遣法などは、「規制緩和」の名のもとで施行後、対象を拡大し、現在では製造業務まで対象となっています。「高プロ」もまた、派遣法のように、働き方改革関連法案の施行とともに対象拡大をしていかないとも限りません。

※インフォグラフィックで振り返る!派遣法の歴史(はたらこねっとwebサイト、2015年9月30日)
https://www.hatarako.net/contents/law/history/

 たとえば、過去に塩崎恭久厚生労働大臣が「日本型新裁量労働制」について、「(この法案は)小さく生んで大きく育てる」「とりあえず(法案は)通す」などと発言していたことを覚えている方も少なくないでしょう。

※テープ暴露…塩崎厚労相が残業代ゼロ法案「とりあえず通す」(日刊ゲンダイデジタル、2015年4月28日)
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/159427

 また立憲民主党・枝野幸男代表は、「高プロ」もまた、「裁量労働制の対象拡大」と同じく根拠となるデータが「いいかげん」であると指摘しています。

※働き方改革法案の審議 労働局長処分が前提 立民 枝野代表(NHK NEWS WEB、2018年4月9日)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180407/k10011394421000.html

 上西氏は、安倍晋三政権が推し進める「働き方改革実行改革」は、「残業時間の罰則付き上限規制」を設けるなど、一見、働き手の視点に立った法案のようでいて、一方では 「裁量労働制の対象拡大」や「高プロ」など「抜け穴」があると指摘しています。

 岩上さんによる上西教授インタビュー再配信は、本日20時からです。ぜひご覧ください。

=======
【タイムリー再配信 145・IWJ_Youtube live】20:00~「『過労自殺は、自ら選んだ死ではない』!『働き方改革』は労働者の生命を守らず、財界からの要請にばかり応えている! 岩上安身による法政大学教授・上西充子氏インタビュー(後半)」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/414128
=======

■完全試合も射程内!? ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が7回1安打1四球無失点の好投!

 米メジャーリーグでロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が8日(日本時間9日)、オークランド・アスレチックスとの試合で先発出場し、7回を投げて1安打1四球無失点で抑え、圧巻のピッチングを披露しました。エンゼルスは6対1で勝利し、大谷投手は開幕から連勝を飾りました。

※大谷翔平、漫画超えの完全試合未遂。「人生で最高か」と聞かれて答えは?(Number Web、2018年4月9日)
http://number.bunshun.jp/articles/-/830440

 大谷投手は、抜群の球威を誇る常時150キロ台のストレートと、140キロを超えるキレのあるスプリットを武器に、7回1死までは一人のランナーも許さず、12個の三振を奪いました。

 試合後の記者会見で、「(7回1死まで)完全試合だと知っていたか?」と質問を受けた大谷投手は「ヒットを打たれていないのは知ってましたけど、完全試合をしようという感じはなかった。むしろいつ出るか待っていた。出たときにどう気持ちを整理して次のバッターにしっかり向かっていけるかが大事」と、23歳のルーキーとは思えないほど冷静に答えていました。

※【MLB】大谷翔平の“完全未遂”、米コラムニストに聞く 「前代未聞のメンタリティ」(フルカウント、2018年4月9日)
https://full-count.jp/2018/04/09/post119575/

 大谷投手は1日(日本時間2日)、初登板初勝利を挙げ、3日(日本時間4日)には初ホームランを打ちました。初勝利を挙げた選手が、その後2日以内に打者出場して最初の打席でホームランを打つのは、1921年6月のベーブ・ルース以来だといいます。

※初物続きの大谷が快挙! ベーブ・ルースに肩を並べる(日刊スポーツ、2018年4月4日)
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201804040000498.html

 ややニッチな記録とはいえ、長年にわたって並ぶ者のいなかった記録を達成するというのは、あっぱれという他はないでしょう。

 メジャーリーグという大舞台で投打で大活躍する「二刀流」の大谷投手の、今後のさらなる活躍に期待しつつ、無理を重ねて怪我をすることのないように願いたいと思います。

■【追悼・高畑勲監督 語録】「私たちは流されてしまう。だから小さな歯止めではなく、絶対的な歯止めが必要なのです!」「あれだけ不祥事が続いていて、政権が崩れないというのは信じられない!!」

 「アルプスの少女ハイジ」や「赤毛のアン」などのテレビアニメ、「火垂るの墓」や「かぐや姫の物語」をはじめとした劇場用アニメ、数々の名作を世に送り出してきた高畑勲監督が、2018年4月5日にご逝去されました。享年82歳でした。慎んで哀悼の意を表したいと思います。

※「ジブリとして盛大なお別れの会を」高畑勲さん死去受け(朝日新聞、2018年4月6日)
https://www.asahi.com/articles/ASL463CY4L46ULZU004.html

 所属するスタジオジブリは翌4月6日、「心からご冥福をお祈りするとともに」「故人との『お別れの会』を5月15日に執り行なう予定です。会の詳細につきましては、決まり次第、改めて連絡させていただきますので、今しばらくお待ちください」と伝えています。

※スタジオジブリホームページ
http://www.ghibli.jp/info/012850/

 偉大なる先達の死に、高畑監督から多大な影響を受けた後輩のアニメ監督や映画監督たちが弔意を表していました。

 映画『スワロウテイル』や『リリイ・シュシュのすべて』などで知られる岩井俊二監督は、以下のようにツイートしています。

 「高畑勲さん、遠縁の親戚でもあり大学時代に高畑イズムを直に聞く機会を得て、それが自分の出発点にもなりました。アニメに挑んだ時も貴重なお話をして頂きました。花巻で宮澤賢治を語り合ったのが最後に…。アニメ界の巨匠は僕個人の中でも遥か大きな存在でした。ご冥福をお祈りします」

※岩井俊二氏ツイート
https://twitter.com/sindyeye/status/982119642486329344

 また、2016年に大ヒットした映画『君の名は。』を手掛けた新海誠監督も高畑監督から大きな影響を受けた監督の一人で、次のようにツイートしています。

 「高畑勲監督の作品は多くの人々の原風景となって、観る人の心を優しく変え続けてきたように思います。お目にかかったことはありませんが、僕も高畑監督に変えられた1人です。ご冥福を心からお祈りいたします」

※新海誠氏ツイート
https://twitter.com/shinkaimakoto/status/982298865830322176

 高畑監督は名作アニメを製作する一方で、ご自身の戦争体験をふまえ、日本社会の現状に警鐘を鳴らし続けてきました。2014年12月14日の総選挙で与党が圧勝し、憲法改正をめざす安倍政権が3分の2以上の議席を獲得したのを受けて、翌2015年1月1日の神奈川新聞にこのようなメッセージを寄せています。

 「あの戦争を知っている人ならわかる。戦争が始まる前、つまり、いまが大事です。始めてしまえば、私たちは流されてしまう。だから小さな歯止めではなく、絶対的な歯止めが必要なのです。それが9条だった」

 「戦争法」が自民・公明などにより強行採決された2015年には、12月9日に『火垂るの墓』の原作者である野坂昭如氏が亡くなっています。高畑監督はこのとき、以下のような追悼の言葉を述べていました。

「野坂昭如さんはきっと今、日本を戦争の道へ引きずり込ませまいと頑張っている人々を、大声で歌って踊って、力強く励ましてくれているにちがいない、と私は思います。野坂昭如さんの『火垂るの墓』と『戦争童話集』は、戦争に巻き込まれた弱者の悲劇を描ききった不朽の名作です。私たちは『火垂るの墓』をアニメ映画化できて本当によかったと、野坂昭如さんに心から感謝しています」

※田原氏ら野坂昭如さん悼む声続々 高畑監督「弱者の悲劇描ききった」(スポニチ、2015年12月10日)
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/12/10/kiji/K20151210011662560.html

 高畑監督は亡くなる1年ほど前の2017年4月7日、東京都中野区のポレポレ東中野で行われた『標的の島 風かたか』上映後の三上智恵監督とのトークイベントでは、精力的な活動とは裏腹な無力感をにじませていました。

 「安倍政権では自衛隊の日誌や森友学園など不祥事が続いていて、なぜそんなことになっているのかといえば、政権を維持するためですよね。政権を支えようとする力があれだけ露骨に働いているにもかかわらず、崩れないというのは本当に信じられない」

 高畑監督の無念の思いは、岩上さんと私たちIWJも受け継いでまいりたいと思います。どうぞ安らかにお眠りください。

※Democracy Strikes Back!! 民主主義の逆襲 大集会@早稲田大学大隈講堂&高田馬場デモ 2016.5.15
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/301720

※「戦場へ送られる若者こそが声をあげるべき」――6月14日、若者憲法集会主催「戦争立法反対! SHIBUYAデモ」に向け会見、ジブリの鈴木敏夫プロデューサー、高畑勲監督も応援 2015.6.5
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/248005

※【文化】宮崎駿監督引退、小冊子『熱風』で憲法改正を取り上げた経緯を告白 ~スタジオジブリ 記者会見 2013.9.6
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/100351

■<ご報告>橋下徹氏による岩上さんへの「スラップ訴訟」第一回口頭弁論の4月19日まであと9日と期日が迫ってまいりました! 当日は記者会見、報告集会も行いますので、ぜひご参加ください!不当な裁判を戦い抜く岩上さんとIWJにどうかご支援をお願いいたします!

 岩上さんが橋下徹元大阪府知事から、たった一つの削除済みの、引用でコメントをつけたわけでもない、単純なリツイートが名誉毀損にあたるとして、損害賠償請求されている裁判の第一回口頭弁論の期日が迫ってきています。

 口頭弁論は4月19日(木)14時から、大阪地裁本館10階の第1010法廷で行われます。一般傍聴席もあります!この「スラップ訴訟」の傍聴席をいっぱいにして、ぜひ皆様でSNS上の言論の自由への関心の高さを示してください!

※大阪地裁本館へのアクセスは、以下のURLよりご覧ください(裁判所ホームページより)。
http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/index.html

 また14時30分からは、司法記者クラブで記者会見も行います。その後、15時からは、大阪地裁すぐ隣の大阪弁護士会館9階920号室で報告集会も行います! 司法記者クラブでの記者会見は中継ができませんが、こちらの報告集会は、IWJで中継を行います。記者クラブに加担していないフリーランスやネットメディア、市民メディアの方々のご参加をお待ちしています。また、この問題に関心のある一般の方々や岩上さんを応援したいという皆様も、ぜひお集まりください! 50名ほど入れる部屋を集会開始予定時刻の30分前、14時30分からご用意しています。多数の皆様のご参加をお待ちしています!

※大阪弁護士会館へのアクセスは、以下のURLよりご覧ください(大阪弁護士会ホームページより)。
http://www.osakaben.or.jp/web/02_access/

======
☆ 4/19(木) 第一回口頭弁論
14:00 大阪地裁 本館10階 1010法廷
14:30 記者会見 /司法記者クラブ
15:00 報告集会 /大阪弁護士会館 9階 920号室
======

 この裁判で岩上さんは橋下氏から110万円の損害賠償を請求されています。裁判は大阪地裁で行われるため、東京の弁護士への着手金以外に、度重なる大阪までの往復の交通費・宿泊費、大阪での弁護士への着手金など、初期費用だけで100万円をオーバーしています。岩上さんは裁判の準備のため、4月2日から8日まで大阪で奮闘しました。1週間にわたる非常に長い出張になりました。

 岩上さんとIWJスタッフが、皆様のご期待に応えられるような仕事を行い、かつ橋下氏との裁判にも注力するためには、皆様のお力添えが必要です! どうか皆様のあたたかい応援とあわせて、ご寄付・カンパを、そして不当な提訴に対して裁判を戦い抜くための義援金をよろしくお願いいたします。

※ネットにおける言論の自由を守る! 岩上安身が橋下徹氏からのSLAPP訴訟に応訴で立ち向かう!
https://iwj.co.jp/wj/open/iwakamiyasumi_slapp

 また、普段、関西の現場で中継・取材をしてくださっている中継市民のために、ビデオカメラに取り付け可能なワイヤレスマイクを使用できるよう、新しいハンディカムを購入いたしました。これまで使用していたハンディカムでは、カメラに収録されている音を聞いて確認することができず、録音に失敗するおそれがあることが予測されたため、購入に踏み切りました。購入したビデオカメラの価格は、4万5,980円です。

 それに加え、東京の事務所で使用しているハンディカムが故障してしまい、修理に出したのですが、修理額が4万9,572円でした。購入と修理で合計9万5,552円の出費となりました。

 会員の皆様、ご寄付・カンパでご支援してくださっている皆様のおかげで、こうした機材の購入や修理ができております。改めて、感謝申し上げます。

 これからも、IWJへのご支援を、よろしくお願い申し上げます。

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします。
http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 現在、IWJには岩上さんによるインタビューなどのオリジナルコンテンツだけでなく、記者会見や集会、講演会やシンポジウムなどの公共コンテンツなどもあわせると、3月現在アーカイブの総本数は2万本を超え、さらに増え続けています。

 サポート会員へご登録いただければ、これらのアーカイブの数々を、いつでもご都合の良い時にご覧いただけます。現在、YouTubeLiveでの無料視聴をご利用されている方も、この機会にIWJ会員へのご登録をお願いいたします! また会費未納等でいったん休眠会員となられている方は再開を、ぜひご検討ください!

 IWJの有料会員制度は1ヶ月千円、支払いをまとめてお得な1年1万円の一般会員と、1ヶ月3千円、まとめてお得な年3万円からのサポート会員の2種類です。会費は、クレジットカード、銀行振込(ゆうちょ銀行を含む)でお支払いいただけます。IWJの活動は、会員の皆様のこの会費によって支えられています。詳細は下記URLより御確認ください。

※IWJ会員のご案内はこちらにあります。ぜひご検討ください。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

■IWJを支えてくださるスタッフを緊急大募集中!

 IWJでは現在、中継・動画班のスタッフを募集しています!

 IWJのスタッフは、テキスト班や事務ハドル班のスタッフであっても、時には撮影・中継機材を持って取材現場に出かけます。しかし岩上さんのインタビューや、ここ一番大事な中継現場は、より専門的な映像や音声の技術に精通した中継・動画班のカメラマンが担当することで、IWJの動画のクオリティーを保っています。

 そんな「IWJのプロ集団」の中継・動画班ですが、現在、撮影後の動画編集について、今まで以上に手を加えたいと考えています。岩上さんのインタビューのオープニングやエンディング、ハイライト、お知らせなどには、音楽を入れたり、モーショングラフィックを用いて、ハリウッド映画さながら(ちょっと大げさですが)の動画作成を試みたいと思っています。

 しかし、現状の動画班の人員では、そうした工夫を凝らすことができていません。そうした演出などを手掛けられるスキルのある経験者の方! 普段IWJの動画を見ていて「もっとこうすれば効果的にアピールできるのに!」と感じたことがおありでしたら、ぜひお力をお貸し下さい!

 世の中にあまたあるYouTube動画の中で、IWJのハイライト動画などを効果的に発信する発想や編集技術をお持ちで、外注としてでも力になってくださる方も、ぜひご応募ください!

 なお、報酬については、IWJはスタート時こそ研修期間2ヶ月のみ時給1000円ですが、以後、能力と実績によって順次昇給していきます。高給とは言えませんが裁量労働制ではなく、タイムカードで労働時間をきちんと記録し、残業代も支払い、夜10時以降は深夜割り増しもつけています。サービス残業も、もちろんありません。上限はありますが交通費もお支払いし、社会保険も完備しています。IWJがスタッフ募集を続けているのは、週休2日制で、みんなでローテーションで仕事をつないでいるため、どうしてもある程度の人数が必要だからなのです。

 また、他の仕事と兼業したい、あくまで独立業者として関わりたい等のリクエストにも柔軟に応じて、パートタイム、兼業、業務委託、外注などの働き方もあります。お迷いの方も、ぜひ、ご応募ください!

 ご応募は、以下のフォームからお願いいたします! 皆様のお知り合いで、ネットメディアの仕事に強い興味をお持ちの方などもおられましたら、ぜひお声をかけていただければと存じます。

※【IWJレギュラースタッフ募集フォーム】
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdbeeE8cGfuFucSge58KaR0vRQF5-uYoc52DeRCENG4u3_1mg/viewform

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2018.4.10 Tue.**

 あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【Ch5】13:30~「森友公文書改ざん・加計・『働き方改革データ』問題の真相究明!国民のための公務員制度をめざす緊急院内シンポジウム」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

 「国公労連」主催のシンポジウムを中継します。
——————-

【タイムリー再配信 145・IWJ_Youtube live】20:00~「『過労自殺は、自ら選んだ死ではない』!『働き方改革』は労働者の生命を守らず、財界からの要請にばかり応えている! 岩上安身による法政大学教授・上西充子氏インタビュー(後半)」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 3月7日収録の岩上安身による法政大学教授・上西充子氏インタビューを再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/414128

============

◆中継番組表◆

**2018.4.11 Wed.**

 あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【Ch3】14:30~「原子力規制委員会 更田豊志委員長 定例会見」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=3

 原子力規制委員会 更田豊志委員長による記者会見を中継します。
——————-

【Ch5】19:00~「緊急集会 このまま批准・発効させてはならない!TPP11の問題点 ~TPP11って何?凍結された22項目とは?各分野:投資章(ISDS含む)、知的財産権、農産物と農業、食の安心・安全 他」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

 「TPPテキスト分析チーム」主催で開催される集会を中継します。
——————-

【タイムリー再配信 146・IWJ_Youtube live】20:00~「『戦後再発見双書』プロデューサーが語る、日米関係に隠された『闇の奥』~岩上安身による『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』著者・矢部宏治氏インタビュー 第1弾」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2014年10月収録の岩上安身による矢部宏治氏インタビューを再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/181723

============

◆中継番組表◆

これ以降の予定で決定しているものは、以下のカレンダーよりご覧いただけます。あわせてご確認ください。

→「配信カレンダー」 https://iwj.co.jp/channels/main/calendar.html
(あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 それでは本日も一日、どうぞよろしくお願いいたします!

IWJ編集部(岩上安身、原力雄、武千晴、川上正晃、松本聡)
IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 http://iwj.co.jp/