日刊IWJガイド・番組表「佐川宣寿(のぶひさ)前国税庁長官の証言はボロボロに!? 昨年2月に官邸と財務省との間で不可解な動きが浮上!/【タイムリー再配信】『高度プロフェッショナル』が『金融ディーラー』『コンサルタント』等とは法案には一切記載されていない! 解釈次第でホワイトカラー全て対象に!? 『岩上安身による法政大学教授・上西充子氏インタビュー』を本日20時再配信!/Japan PassingからJapan Nothingへ ~ 孤立する日本に、北朝鮮が『拉致問題は解決済み』と通告!/京都府知事選・西脇隆俊氏が初当選。福山和人氏は敗れるも得票率44%と大善戦!」2018.4.9日号~No.2034号~


■■■ 日刊IWJガイド・番組表「佐川宣寿(のぶひさ)前国税庁長官の証言はボロボロに!? 昨年2月に官邸と財務省との間で不可解な動きが浮上!/【タイムリー再配信】『高度プロフェッショナル』が『金融ディーラー』『コンサルタント』等とは法案には一切記載されていない! 解釈次第でホワイトカラー全て対象に!? 『岩上安身による法政大学教授・上西充子氏インタビュー』を本日20時再配信!/Japan PassingからJapan Nothingへ ~ 孤立する日本に、北朝鮮が『拉致問題は解決済み』と通告!/京都府知事選・西脇隆俊氏が初当選。福山和人氏は敗れるも得票率44%と大善戦!」2018.4.9日号~No.2034号~ ■■■
(2018.4.9 8時00分)

 おはようございます。IWJ編集部です。

■佐川宣寿(のぶひさ)前国税庁長官の証言はボロボロに!? しんぶん赤旗のスクープで、昨年2月に官邸と財務省との間で不可解な動きが浮上!

 昨年2月22日、佐川宣寿(のぶひさ)前国税庁長官(当時、理財局長)と太田充理財局長(当時、大臣官房総括審議官)が、菅義偉官房長官に森友学園への国有地売却の経緯について説明していたことを、しんぶん赤旗が報じました。官邸の関与を断固として否定していた佐川氏の証言の信憑性は大きく揺らいでいます。

・森友疑惑 菅官房長官が佐川・太田氏から説明受けていた 昨年2月 首相進退答弁の直後 官邸関与示す動き(しんぶん赤旗、2018年4月6日)

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-04-06/2018040602_03_1.html

 今月4日には、昨年2月20日、財務省理財局の職員が森友学園側に電話で、「トラックを何千台も使ってゴミを撤去したといってほしい」と、嘘の説明をするよう求めていたことがNHKによって報じられました。これも重大なスクープです。

 安倍晋三総理が衆議院予算委員会で、「私や妻(昭恵夫人)が関わっていたら総理大臣を辞める」と発言したのは、昨年の2月17日です。総理が国会でこのような発言をした以上、真実よりも忖度がだいじな官僚らは、安倍夫妻の関与の痕跡を消し去り、隠したり、改竄したりしなければならなくなりました。それから3日後の20日、財務省理財局が森友学園に虚偽の説明を求め、さらにその2日後の22日、佐川氏と太田理財局長が菅官房長官に国有地売却の経緯について説明した、というのが一連の流れです。

 この不可解な昨年2月の動きについて岩上さんは、今月6日の赤旗のスクープに触れつつ、このようにツイートしています。

 「ここ大事。→『NHK報道では、菅氏への説明が行われた2日前の昨年2月20日、財務省理財局が学園側に電話して、ごみ撤去でウソの説明をするよう求めていた疑惑が新たに浮上しています』昨年2月の一連の動き、非常に不可解。官邸は否定せず。できず、というべきか」

・岩上安身ツイート(2018年4月8日)

https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/982945599581437952

 何やら、きなくさい動きが感じられます。昨年2月のわずか数日間で、いったい何が起こったのか、今後も注視していく必要がありそうです。

■【タイムリー再配信】「高度プロフェッショナル」が「金融ディーラー」「コンサルタント」等とは法案には一切記載されていない! 解釈次第でホワイトカラー全てが対象に!? 労働時間規制「強化」と「緩和」抱き合わせの「働き方改革関連法案」に騙されるな!! ~「岩上安身による法政大学教授・上西充子氏インタビュー」を本日20時からタイムリー再配信!

 日本政府は2018年4月6日、「働き方改革関連法案」を閣議決定し、国会に提出しました。

 安倍晋三総理は、当初2月下旬の閣議決定を目指していたとのことですが、法案の根拠となる厚生労働省の労働時間のデータの捏造が発覚し、裁量労働制の対象拡大の削除に追い込まれたため、閣議決定が1ヶ月以上遅れるかたちとなりました。

 同法案は、労働基準法など8本の労働法規(雇用対策法、労働基準法、労働時間等設定改善法、労働安全衛生法、じん肺法、パートタイム労働法(パート法)、労働契約法、労働者派遣法)の改正が一つに束ねられた形になっています。

 注意しなければならないのは、残業時間の罰則付き上限規制などの「規制強化」と、年収1075万円以上の一部専門職の労働時間を規制対象から外す「高度プロフェッショナル制度の新設」による「規制緩和」という、相反する二つの要素、「強化」と「緩和」を「抱き合わせ」にして、成立させようとしているところです。

 当初からこの法案の危険性を問題視していた、職業能力開発や若年労働問題を専門とする、上西充子法政大学教授は、3月7日、岩上さんのインタビューに答え、「高度プロフェッショナル制度」の問題点を詳しく説明しています。

 「今、高度プロフェッショナル制度は、『金融ディーラー』とか『コンサルタント』というような、『高度プロフェッショナル』な人たちのイメージで語られています。けれども、法案要項には、『高度の専門的知識等を必要とし、その性質上従事した時間と従事して得た成果との関連性が通常高くないと認められる』業務とあるだけ」と上西教授は指摘し、拡大解釈をすれば、ホワイトカラーのすべての業務がこれにあたるとの見方を示しています。

 また、1075万円とする年収要件も、法案には「実績」額ではなく「見込み」額と記載されていることを強調。あいまいな要件に見え隠れする、政府そして経済界の思惑を解説しています。

 「高度プロフェッショナル制度」が「残業代ゼロ法案」と批判される理由、そして「働き方改革関連法案」の問題点の詳細については、本日20時から再配信する、岩上さんによる上西教授のインタビューをぜひご視聴ください。

=======
【タイムリー再配信 144・IWJ_Youtube live】
「過労自殺は、自ら選んだ死ではない」!「働き方改革」は労働者の生命を守らず、財界からの要請にばかり応えている! 岩上安身による法政大学教授・上西充子氏インタビュー(前半)
[収録日時] 2018年3月7日(水)14:30~
[配信日時] 2018年4月9日(月)20:00~(尺1時間52分)
[視聴URL]
YouTube:https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス:http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/414128
=======

■Japan PassingからJapan Nothingへ ~ 孤立する日本に、北朝鮮が「拉致問題は解決済み」と通告!平気で嘘をつく安倍晋三総理は、問題解決などそもそもやる気なし!! 頼みのトランプ米大統領もレームダック状態に!?

 北朝鮮が、先月、日本政府に「日本人拉致問題は解決済み」と、改めて通告していたことがわかりました。

 北朝鮮が韓国、米国と相次いで首脳会談をおこなう運びとなっているにもかかわらず、世界の主要メディアが森友問題などで「安倍晋三政権は、終わった」と断じる中、米国追従一辺倒で最近まで対北強硬路線を貫いてきた日本は孤立し、そこに北朝鮮がつけ込んでいるかたちです。共同通信や中日新聞が伝えています。

・北「拉致解決済み」と先月伝達 政府、対話へ思惑探る(中日新聞、2018年4月8日)

http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2018040802000089.html

 北朝鮮は2017年11月15日にも機関紙「民主朝鮮」に、同じ論調の記事を掲載しています。「日本の反動層が解決済みの『拉致問題』に執着しながらわれわれに言い掛かりをつけるのは、それなしには対朝鮮圧力体制を維持する方途がないと打算していることに関連する」

・北朝鮮「拉致問題」解決のための「裏取引のススメ」(DailyNK Japan、2017年11月16日)

https://dailynk.jp/archives/99570

 安倍総理は就任早々の2012年12月28日、拉致被害者家族会メンバーが首相官邸を訪れた際、以下のように述べ、拉致問題解決に向けた意欲だけは見せていました。

 「5人の被害者の方々が日本に帰還を果たしたとき、皆様方のご家族はそこにいなかった。皆さんが皆さんの手でご家族を抱きしめる日が来るまで私の使命は終わらない、そう、そのとき決意したのでございます。しかし残念ながら、10年経ってもそれが実現できていない。本当に申し訳ない思いでございます。私が再び総理の職を拝命した以上、必ず安倍内閣において解決をしてまいりたい」

 しかし実態はまったくのあべこべで、拉致被害者家族のひとりで北朝鮮による拉致被害者家族連絡会(家族会)元副代表の蓮池透氏が著書『拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々』(2015年12月18日刊 https://amzn.to/2ErRzpu)で、拉致問題に関する「武勇伝」は、すべてウソだと告発しました。

 この『拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々』刊行直後の2016年1月27日と2月26日の二度にわたり、岩上さんが蓮池氏にインタビューを行っています。

 蓮池氏はその中で、「当初2週間の予定で日本に戻っていた被害者5人の帰国に、安倍総理は断固反対したと言っていましたが、これは真っ赤なウソ! 北朝鮮への帰国を止めたのは私自身でした」と事の真相を詳らかにするとともに、「安倍総理は拉致問題を利用してこの地位まで上り詰めたのですから、問題の解決にもっと尽力してもいいのではないか」と強い口調で述べていました。

※国会で議員に北朝鮮の「工作員」と名指しで侮辱!?された『拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々』著者「拉致被害者家族会」元副代表の蓮池透氏に岩上安身が訊く! 第1弾 2016.1.27

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/284584

※岩上安身による拉致被害者家族連絡会元副代表・蓮池透氏インタビュー 第2弾 2016.2.26

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/289259

 その後、2014年5月下旬には北朝鮮による拉致被害者や行方不明者を含む「すべての日本人」に関する包括的、全面的な再調査と、日本による北朝鮮に対する独自制裁の一部解除などを盛り込んだ「ストックホルム合意」が交わされ、拉致問題解決の糸口が見えたかに思われました。しかし、北朝鮮による核・ミサイル実験が繰り返されたことにより、日本は制裁強化に走り、合意は反故にされました。

 2017年11月6日、来日したドナルド・トランプ米大統領は、東京・元赤坂の迎賓館で家族会のメンバー17人と安倍総理を交えて面会し、拉致問題解決への尽力を約束しました。トランプ大統領は、国連総会での一般演説でも、横田めぐみさんの名を挙げて北朝鮮を非難しています。問題解決への機運が高まりました。

 しかし、トランプ大統領の外交を支えていたレックス・ティラーソン国務長官とハーバート・マクマスター大統領補佐官が政権を去り、ジョン・ケリー大統領首席補佐官の辞任も取り沙汰されています。トランプ政権の人事は発足当初から迷走続きでしたが、ここに来てその土台さえ揺るがしかねない有様となってきました。このため、拉致問題解決も「約束」通りには進みそうもありません。

 日本政府も2018年2月に入って、日朝首脳会談の実現に向け動いているようですが、北朝鮮の思惑などを見極めていると言っている間に、中朝会談に続き、南北会談、米朝会談が実現すれば、日本は東アジアでさらに孤立感を深めることになるでしょう。

※急展開で融和路線へ向かう米韓北朝鮮の陰で、森友文書の改竄・隠蔽問題で墓穴を掘り、足を取られる間に完全にカヤの外に置かれた安倍「圧力」外交と「ドロ船」政権!! 2018.3.15

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/414926

※トランプ政権の北朝鮮政策は一貫性がなく支離滅裂! 太田昌克氏が指摘「不要な武力衝突、その先にある核戦争だけは絶対に避けたい」~自衛隊を活かす会 第15回シンポジウム 北朝鮮の核・ミサイル問題にどう臨むか 2017.12.25

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/408449

■京都府知事選で新人の西脇隆俊氏が初当選。同じく新人の福山和人氏は敗れるも、ふたをあければ得票率44%と大善戦!

 新人同士の対決となった4月8日の京都府知事選挙で、自・公・立民・希望・民進推薦で、前復興事務次官の西脇隆俊氏が初当選しました。国会では森友や防衛省の日報改竄・隠蔽をめぐって与野党が激しく対立していながらも、京都では野党共闘は実現せず、相乗りの5党対共産という構図の今選挙で、政権批判票がどう投じられるかが注目されました。

 今回投票率は35.18%と、過去最低の前回2014年よりわずかに上回るにとどまり、相変わらずの抵投票率でした。その一方、得票率では非常に興味深い数字が報じられています。出口調査では立憲民主党支持層の半数、民進党支持層の4割以上、自民支持層の1割以上が福山候補に投票していたのです。結果西脇候補の得票率は56%、福山候補が44%とその差は非常に小さなものだったのです(2014年は自民・民主推薦の山田啓二候補69.0%に対し、共産党推薦の尾崎望候補は30.9%)。

 これらの数字を見ると、元民進系の野党が福山候補の応援にまわっていれば、選挙結果はおおいに違っていた可能性があります。しかし、民進は京都で力を持ちかつ「共産嫌い」の、希望の党・前原誠司衆院議員の存在が影響し、独自候補の擁立も見送られ、共産との共闘もできなかったとの見方が伝えられています。また立民の福山哲郎幹事長は、2017年末の時点ですでに「共産との共闘はない」と明言し、かつ前原氏と連絡を取り合っていることも明らかにしています。

・ネックは前原氏 京都府知事選で与野党相乗りのドッチラケ(日刊ゲンダイ、2018年4月8日)

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/225568/2

・立民・福山氏「共産と共闘ない」 京都府知事選で明言(京都新聞、2017年12月23日)

http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20171221000166

 立憲民主党は、昨年10月、立党から投開票までわずか20日間と時間がない中にもかかわらず、「権力を縛っているルールを権力自ら破っては正当性はない」と訴え、凄まじい勢いで支持を得て、10月22日の衆院選の結果、野党第一党となりました。立民の皆様には、人々が立民に何を期待して一票を投じたのか、今一度思い出していただきたいと思います。またこの結果は、今後他の地域にも波及していくと思われます。

・衆院選 立憲が受け皿に 枝野氏「筋を通した」(毎日新聞、2017年10月23日)

https://mainichi.jp/senkyo/articles/20171023/k00/00m/010/286000c

※【京都府知事選】福山和人候補 街頭演説および打ち上げ街宣

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/417270

※京都府知事選 福山和人候補 個人演説会―応援弁士 池内さおり氏(日本共産党前衆議院議員)・アイリーン美緒子スミス氏他 2018.4.5

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/417013

※【京都府知事選】福山和人候補 開票中の事務所の模様 2018.4.8

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/417378

■<ご報告>橋下徹氏による岩上さんへの「スラップ訴訟」第一回口頭弁論の4月19日まであと10日と期日が迫ってまいりました! 当日は記者会見、報告集会も行います!ぜひご参加ください!不当な裁判を戦い抜く岩上さんとIWJにどうかご支援をお願いいたします!

 岩上さんが橋下徹元大阪府知事から、たった一つの削除済みの、引用でコメントをつけたわけでもない、単純なリツイートが名誉毀損にあたるとして、損害賠償請求されている裁判の第一回口頭弁論の期日が迫ってきています。

 口頭弁論は4月19日(木)14時から、大阪地裁本館10階の第1010法廷で行われます。一般傍聴席もあります!この「スラップ訴訟」の傍聴席をいっぱいにして、ぜひ皆様でSNS上の言論の自由への関心の高さを示してください!

・大阪地裁本館へのアクセスは、以下のURLよりご覧ください(裁判所ホームページより)。

http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/index.html

 また14時30分からは、司法記者クラブで記者会見も行います。その後、15時からは、大阪地裁すぐ隣の大阪弁護士会館9階920号室で報告集会も行います! 司法記者クラブでの記者会見は中継ができませんが、こちらの報告集会は、IWJで中継を行います。記者クラブに加担していないフリーランスやネットメディア、市民メディアの方々のご参加をお待ちしています。また、この問題に関心のある一般の方々や岩上さんを応援したいという皆様も、ぜひお集まりください! 50名ほど入れる部屋を集会開始予定時刻の30分前、14時30分からご用意しています。多数の皆様のご参加をお待ちしています!

・大阪弁護士会館へのアクセスは、以下のURLよりご覧ください(大阪弁護士会ホームページより)。

http://www.osakaben.or.jp/web/02_access/

======
☆ 4/19(木) 第一回口頭弁論
14:00 大阪地裁 本館10階 1010法廷
14:30 記者会見 /司法記者クラブ
15:00 報告集会 /大阪弁護士会館 9階 920号室
======

 この裁判で岩上さんは橋下氏から110万円の損害賠償を請求されています。裁判は大阪地裁で行われるため、東京の弁護士への着手金以外に、度重なる大阪までの往復の交通費・宿泊費、大阪での弁護士への着手金など、初期費用だけで100万円をオーバーしています。岩上さんは裁判の準備のため、4月2日に大阪入りして昨日8日に帰京しました。1週間にわたる非常に長い出張になりました。

 岩上さんとIWJスタッフが、皆様のご期待に応えられるような仕事を行い、かつ橋下氏との裁判にも注力するためには、皆様のお力添えが必要です! どうか皆様のあたたかい応援とあわせて、ご寄付・カンパを、そして不当な提訴に対して裁判を戦い抜くための義援金をよろしくお願いいたします。

※ネットにおける言論の自由を守る! 岩上安身が橋下徹氏からのSLAPP訴訟に応訴で立ち向かう!

https://iwj.co.jp/wj/open/iwakamiyasumi_slapp

 また、普段、関西の現場で中継・取材をしてくださっている中継市民のために、ビデオカメラに取り付け可能なワイヤレスマイクを使用できるよう、新しいハンディカムを購入いたしました。これまで使用していたハンディカムでは、カメラに収録されている音を聞いて確認することができず、録音に失敗するおそれがあることが予測されたため、購入に踏み切りました。購入したビデオカメラの価格は、4万5,980円です。

 それに加え、東京の事務所で使用しているハンディカムが故障してしまい、修理に出したのですが、修理額が4万9,572円でした。購入と修理で合計9万5,552円の出費となりました。

 会員の皆様、ご寄付・カンパでご支援してくださっている皆様のおかげで、こうした機材の購入や修理ができております。改めて、感謝申し上げます。

 これからも、IWJへのご支援を、伏してお願い申し上げます。

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします。

http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 現在、IWJには岩上さんによるインタビューなどのオリジナルコンテンツだけでなく、記者会見や集会、講演会やシンポジウムなどの公共コンテンツなどもあわせると、3月現在アーカイブの総本数は2万本を超え、さらに増え続けています。

 サポート会員へご登録いただければ、これらのアーカイブの数々を、いつでもご都合の良い時にご覧いただけます。現在、YouTubeLiveでの無料視聴をご利用されている方も、この機会にIWJ会員へのご登録をお願いいたします! また会費未納等でいったん休眠会員となられている方は再開を、ぜひご検討ください!

 IWJの有料会員制度は1ヶ月千円、支払いをまとめてお得な1年1万円の一般会員と、1ヶ月3千円、まとめてお得な年3万円からのサポート会員の2種類です。会費は、クレジットカード、銀行振込(ゆうちょ銀行を含む)でお支払いいただけます。IWJの活動は、会員の皆様のこの会費によって支えられています。詳細は下記URLより御確認ください。

※IWJ会員のご案内はこちらにあります。ぜひご検討ください。

https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

■「岩上安身によるインタビュー」人気コンテンツDVD化のための総選挙始めました! ぜひリクエストをお願いいたします!

 IWJでは、以前よりみなさまからご要望の多かった「岩上安身によるインタビュー」のDVD化を行うべく、人気コンテンツのリクエストによる「総選挙」を開始しました。

 これまで行ったインタビューは800以上あり、膨大な量となります。この全てを一度にDVD化することは現実的ではありませんので、この中から「このインタビューをぜひDVD化してほしい!」という、皆様のお声をぜひ聞かせてください。

 リクエストボタンは複数のコンテンツに対してクリック可能です!「この人のは何度も繰り返し見ておきたい」「あ、これも手元に置きたい!」「あれはお友達にプレゼントしたい!」などと思われましたら、以下のURLからお気軽に、どれでもポチポチッとリクエストをお願いします!

※「岩上安身によるインタビューのDVD化 アンケート」

https://iwj.co.jp/wj/open/dvd-request

*みなさまからの投票により、希望が高いものからDVD化を検討します。実際にDVD化する際には、出演者の方のご了解や著作権等について確認する必要があります。そのため、必ずしも、希望の高いものを全てDVD化できるわけではないことをご了承ください。

 また、「岩上安身によるインタビュー」以外の、他の団体が主催したシンポジウムや集会、あるいはイベントなどでも、DVD化へのご要望があれば、ぜひIWJへ直接メッセージをお寄せください。まとまったロットが見込めるようであれば、DVD化の許可を取れるかどうか主催団体と相談いたします。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2018.4.9 Mon.**

 あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【Ch2】17:00~「東京電力 定例会見」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=2

 東京電力による記者会見を中継します。
——————-

【タイムリー再配信 144・IWJ_Youtube live】20:00~「『過労自殺は、自ら選んだ死ではない』!『働き方改革』は労働者の生命を守らず、財界からの要請にばかり応えている! 岩上安身による法政大学教授・上西充子氏インタビュー(前半)」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 3月7日収録の岩上安身による法政大学教授・上西充子氏インタビューを再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/414128

============

◆中継番組表◆

**2018.4.10 Tue.**

 あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【Ch5】13:30~「森友公文書改ざん・加計・『働き方改革データ』問題の真相究明!国民のための公務員制度をめざす緊急院内シンポジウム」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

 「国公労連」主催のシンポジウムを中継します。
——————-

【タイムリー再配信 145・IWJ_Youtube live】20:00~「『過労自殺は、自ら選んだ死ではない』!『働き方改革』は労働者の生命を守らず、財界からの要請にばかり応えている! 岩上安身による法政大学教授・上西充子氏インタビュー(後半)」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 3月7日収録の岩上安身による法政大学教授・上西充子氏インタビューを再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/414128

============

◆中継番組表◆

これ以降の予定で決定しているものは、以下のカレンダーよりご覧いただけます。あわせてご確認ください。

→「配信カレンダー」 https://iwj.co.jp/channels/main/calendar.html
(あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

【第365号】岩上安身のIWJ特報!「メディアは権力を忖度し、司法権力は政治のために動いている」〜加計問題の闇を告発した前川喜平・前文科事務次官に岩上安身がロングインタビュー!「独裁国家に近づいている」と危機感!(前編)(その2)

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/416592

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 あいつぐ財務省と防衛省の文書改竄・隠蔽、そしてその根源を「政権を維持するため」と喝破した高畑勲監督の死去、明るい話題としては大谷翔平選手の連日の投打での活躍など、お伝えしたいことはまだまだあるのですが、続きは明日といたします。

 それでは本日も、どうぞよろしくお願いいたします!

IWJ編集部(岩上安身、松本聰、須原拓磨、川上正晃、段田亜由美)
IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 http://iwj.co.jp/


Comments are closed.