日刊IWJガイド・番組表「【追悼再配信】本日20時『鳩山首相退陣一ヶ月後に語られた「本土の人たちに知って欲しい基地問題の歴史」~岩上安身による沖縄大学名誉教授 新崎盛暉氏インタビュー』/本日17時『米、麦、大豆、私たちの主食を守ってきた種子法が4月1日をもって廃止! 新自由主義にもとづく政策で、私たちの食生活はどうなる!? 岩上安身による日本有機農業研究会理事・安田節子氏インタビュー』再配信!/多国籍企業が世界中で免れた課税額は年間最大25兆円!? 課税逃れを取り締まる新たな条約が発効見通しも、国内の実態は一向に明らかにならない安倍政権下の日本の惨状/橋下徹氏からの不当な『スラップ訴訟』を戦い抜く岩上さんとIWJに引き続きご支援をお願い致します!」2018.4.2日号~No.2027号~


■■■日刊IWJガイド・番組表「【追悼再配信】本日20時『鳩山首相退陣一ヶ月後に語られた「本土の人たちに知って欲しい基地問題の歴史」~岩上安身による沖縄大学名誉教授 新崎盛暉氏インタビュー』/本日17時『米、麦、大豆、私たちの主食を守ってきた種子法が4月1日をもって廃止! 新自由主義にもとづく政策で、私たちの食生活はどうなる!? 岩上安身による日本有機農業研究会理事・安田節子氏インタビュー』再配信!/多国籍企業が世界中で免れた課税額は年間最大25兆円!? 課税逃れを取り締まる新たな条約が発効見通しも、国内の実態は一向に明らかにならない安倍政権下の日本の惨状/橋下徹氏からの不当な『スラップ訴訟』を戦い抜く岩上さんとIWJに引き続きご支援をお願い致します!」2018.4.2日号~No.2027号~ ■■■
(2018.4.2 8時00分)

 おはようございます。IWJ編集部です。

■【追悼再配信】本日20時から 「沖縄基地問題『最悪にするか、チャンスにするか、一人ひとりの選択にかかっている』鳩山首相退陣一ヶ月後に語られた『本土の人たちに知って欲しい基地問題の歴史』~岩上安身による沖縄大学名誉教授 新崎盛暉氏インタビュー」

 沖縄戦後史研究の第一人者で沖縄大名誉教授の新崎盛暉(あらさきもりてる)さんが2018年3月31日、肺炎のため沖縄県南風原町の病院でお亡くなりになりました。82歳でした。

 新崎さんは東京都出身で、ご両親は沖縄出身。東京大学を卒業後、都庁で勤務するかたわら、民間研究機関「沖縄資料センター」で沖縄戦後史の研究にあたりました。1974年に沖縄大に赴任し、学長も務めました。

・新崎盛暉さん死去 沖縄大学元学長、沖縄現代史研究の第一人者 82歳(沖縄タイムス、2018年3月31日)
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/230920

 IWJでは、新崎さんへの哀悼の意を表すため、【追悼再配信】として2010年7月9日に行われた岩上さんのインタビューを再配信いたします。

※「『沖縄差別』の仕組みの上に成り立つ日米安保体制」、「抑止は『ユクシ』(=嘘:沖縄語)」、本土の人たちに知って欲しい沖縄から見た基地問題の歴史~岩上安身による沖縄大学名誉教授 新崎盛暉氏インタビュー 2010.7.9
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/11419

 このインタビューが行われたのは、普天間基地の県外移設を追求するも断念する結果となった鳩山由紀夫総理が6月2日に退陣を表明、8日には菅直人内閣が誕生した、その一ヶ月後のことです。あらためて沖縄の基地問題がはらむ難しさに対して、特に本土の人々から関心が注がれ始めた時期でした。

 岩上さんはインタビューの冒頭、「『普天間問題』は単に基地をある場所からある場所へ移せばいいというようなことに留まらず、これまでの歴史をきちんと理解しないと、分からないのではないか。そのような理解に乏しい沖縄県以外の46都道府県の人たちに理解を深めてもらいたい」と、取材の主旨について新崎さんに伝えています。

 これを受けて、新崎さんは、「戦没者の屍(しかばね)の上に滑走路を作った」とされる1945年6月の普天間基地の誕生から始まり、72年の沖縄返還の際に再び行われた沖縄への基地のしわ寄せ、さらには「抑止はユクシ(=沖縄語で嘘)」と揶揄された「日米同盟」のあり方、「親米派の対米恐怖」と批判される政治家等々、「普天間問題」が今に至るまでの歴史と政治にまつわる様々な問題を、わかりやすく解説してくださいました。

 インタビューの最後に、このような沖縄の事態に関して、新崎さんは「最悪にするか、チャンスにするかは、一人ひとりの選択にかかっている」と未来に希望を込めつつも、ご自身に関してしては「(これから)やれることは限られている」とおっしゃっていたことが印象に残ります。

 新崎盛暉さんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

========
【新崎盛暉氏・追悼再配信 ・IWJ_Youtube live】
沖縄基地問題「最悪にするか、チャンスにするか、一人ひとりの選択にかかっている」 鳩山首相退陣一ヶ月後に語られた「本土の人たちに知って欲しい基地問題の歴史」~岩上安身による沖縄大学名誉教授 新崎盛暉氏インタビュー 2010.7.9
2018年4月2日(月)20:00~
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi
========

■【タイムリー再配信】本日17時より米、麦、大豆、私たちの主食を守ってきた種子法が4月1日をもって廃止に! 新自由主義にもとづく政策で、私たちの食生活はどうなる!? 本日17時から、岩上安身による日本有機農業研究会理事・安田節子氏インタビューを再配信します!

 主要農作物種子法(種子法)は、稲や麦、大豆の種子の開発や生産・普及を都道府県に義務づけてきました。食糧としての重要であり、野菜などと違い短期間で種子の開発・普及が難しいためです。この制度の下で、都道府県は研究・試験体制を整え、地域に合った品種を開発し、『奨励品種』に指定。さらに、原種やその生産圃場の指定、種子の審査、遺伝資源の保存などを実施してきました。

 ところが、ちょうど1年前の2017年3月23日、森友騒動で国会が紛糾を続けていた陰でこの種子法を廃止する法律が成立し、昨日4月1日をもって廃止されました。

 2018年2月12日、岩上さんは日本有機農業研究会理事の安田節子氏にインタビューをおこないました。インタビューでは、18年1月のトランプ大統領の身勝手きわまりないTPP復帰発言から読み取れる米国の思惑や今後の見通しについて、安田氏に解説していただきました。また、種子法廃止を推進した規制改革推進会議の農林WGの委員が素人の集まりだったこと、そもそも規制改革推進会議が「外資の要求受け入れ窓口」というべき役割を担っていることなどが明らかになりました。

 種子法の廃止で、私たちの食生活はどうなるのか? ぜひ本日17時からの再配信をご覧ください。

========
【データ改竄・捏造問題 タイムリー再配信 136・IWJ_Youtube live】
種子法廃止を決めた規制改革推進会議は「外資の要求受け入れ窓口」!? 米国のTPP復帰はどうなる!?〜岩上安身による日本有機農業研究会理事・安田節子氏インタビュー
2018年4月2日(月)17:00~
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi
========

 現在IWJ書店では、安田氏が共著者として執筆された『種子法廃止でどうなる?:種子と品種の歴史と未来』(https://amzn.to/2GKvck4 )を販売しております。種子の歴史、種子法廃止の問題とその影響、そしてアグロバイオ企業の動きと今後市民としてできることまで、大変読みやすくまとめられています。

 食の安全は、誰にとっても身近な問題です。以前から種子法に関心をお持ちだった方だけでなく、今回のインタビューをきっかけに、食の安全の問題に関心を持ったという方にもお勧めです。ぜひお買い求めください!

★【安田節子さんサイン入り】種子法廃止でどうなる?: 種子と品種の歴史と未来
https://iwj.co.jp/ec/products/detail.php?product_id=369

■<新記事紹介>【IWJ検証レポート】多国籍企業が世界中で免れた課税額は1年で最大25兆円!? ~課税逃れを取り締まる新たな条約が発効されることになっても、国内の実態は一向に明らかにならない安倍政権下の日本の惨状

 2018年7月に発行となる条約で、年間最大25兆円もの課税逃れを世界規模で取り締まる流れが一つの節目を迎えました。

 世界各地で活動する多国籍企業は、国ごとに事業展開で得られる収益に応じて納税をするはずなのですが、国ごとの税制の違いを悪用して、課税額を最小限に抑えられるタックスヘイブンと呼ばれる地域を使って、課税から逃れていることが問題となっています。

 2016年に国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が公表したパナマ文書。これによって、多くの多国籍企業がタックスヘイブンを利用していた実態が明らかになりました。また、複数の国で政府関係者が利用していたこともこの公表で明らかになっています。

 この問題に対してOECDは3月22日、税源浸食及び利益移転(Base Erosion and Profit Shifting: BEPS)を防止するための租税条約関連措置を実施するための多数国間条約(BEPS防止措置実施条約)と呼ばれる新しい条約が7月1日に発効となることを発表しました。

・課税強化条約、7月発効 日本も署名、包囲網強化へ
https://this.kiji.is/349673299783943265?c=39546741839462401

 2017年6月に日本も署名したこの条約によって、今後は多国籍企業によるタックスヘイブンを通した課税逃れへの取り締まりが強化される見込みです。

 一方、日本国内では多国籍企業や政界関係者とタックスヘイブンとのつながりはこれまで全く明らかになっていません。パナマ文書公表後も、政府が調査を行わない方針を貫いているためです。

 普段ニュースではあまり聞くことのないこの問題。一体、多国籍企業とタックスヘイブンの関係とは何なのか? パナマ文書の衝撃とは? そして、今回結ばれた条約で何が変わるのか? こうした疑問に答えるべく、IWJでは検証レポートをまとめました。是非、ご一読下さい。

※【IWJ検証レポート】多国籍企業が世界中で免れた課税額は1年で最大25兆円!? ~課税逃れを取り締まる新たな条約の発効見通しも、国内の実態は一向に明らかにならない安倍政権下の日本の惨状 2018.4.2
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/416733

■皆様からのあたたかいご支援のおかげで、3月のご寄付・カンパは27日時点で目標額まで残り50万ほどとなりました! 本当にありがとうございます! 橋下徹氏からの不当な「スラップ訴訟」を戦い抜く岩上さんとIWJにどうか引き続きご支援をお願い致します!

 いつもIWJをご支援いただき、ありがとうございます。

 3月は前半、皆様からのご寄付・カンパが思うように集まらず、この日刊ガイドで3月14日までにいただいたご寄付・カンパの金額が1ヶ月の目標金額の5分の1にも到達できなかったことをお伝えしたところ、多くの方が呼びかけに応えてくださいました。3月27日までのご寄付・カンパの合計金額は450万1467円。IWJの現在の活動規模を維持するために必要な1ヶ月のご寄付・カンパの目標金額である500万円まであと50万円ほどとなりました。

 ご支援をくださった皆様には心から感謝申し上げます。本当にありがとうございます!この月末は週末をはさんでおりましたので、3月末時点でのご報告につきましては集計出来次第ご報告させていただきます。

 現在、岩上さんは橋下徹元大阪府知事から不当な「スラップ訴訟」で110万円の損害賠償を請求されています。この裁判は大阪で行われるため、東京の弁護士への着手金の以外に、度重なる大阪までの往復の交通費・宿泊費、大阪での弁護士への着手金など、初期費用だけで100万円はかかる見込みです。

 岩上さんは4月19日に第一回弁論期日を迎えます。今週も岩上さんは裁判の準備のため、本日から数日間を大阪で過ごさなければなりません。しかし、ご存知のように、国内では森友問題は佐川氏の証人喚問によって新たな局面を迎え、国外に目を転じると、北朝鮮をめぐる各国外交が急展開している中、日本だけが世界から取り残されている状況で、この問題についてもレポートしなければいけません。

 IWJでもこれまで以上に取材量・密度をあげていく必要に迫られています。また「今この人に話を聞かなければ!」という何人ものキーパーソンへの緊急インタビューの必要性が高まっています。

 岩上さんとIWJスタッフが、皆様のご期待に応えられるような仕事を行い、かつ橋下氏との裁判にも注力するためには、皆様のお力が必要です! どうか皆様のあたたかい応援とあわせて、ご寄付・カンパを、そして不当な提訴に対して裁判を戦い抜くための義援金をよろしくお願いいたします。

※ネットにおける言論の自由を守る! 岩上安身が橋下徹氏からのSLAPP訴訟に応訴で立ち向かう!
https://iwj.co.jp/wj/open/iwakamiyasumi_slapp

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願い致します。
http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 現在、IWJには岩上さんによるインタビューなどのオリジナルコンテンツだけでなく、記者会見や集会、講演会やシンポジウムなどの公共コンテンツなどもあわせると、3月現在アーカイブの総本数は2万本を超え、さらに増え続けています。

 サポート会員へご登録いただければ、これらのアーカイブの数々を、いつでもご都合の良い時にご覧いただけます。現在、YouTubeLiveでの無料視聴をご利用されている方も、この機会にIWJ会員へのご登録をお願いいたします! また会費未納等でいったん休眠会員となられている方は再開を、ぜひご検討ください!

 IWJの有料会員制度は1ヶ月千円、支払いをまとめてお得な1年1万円の一般会員と、1ヶ月3千円、まとめてお得な年3万円からのサポート会員の2種類です。会費は、クレジットカード、銀行振込(ゆうちょ銀行を含む)でお支払いいただけます。IWJの活動は、会員の皆様のこの会費によって支えられています。詳細は下記URLより御確認ください。

※IWJ会員のご案内はこちらにあります。ぜひご検討ください。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

■IWJを支えてくださるスタッフを緊急大募集中!

 IWJでは現在、中継・動画班のスタッフを募集しています!

 IWJのスタッフは、テキスト班や事務ハドル班のスタッフであっても、時には撮影・中継機材を持って取材現場に出かけます。しかし岩上さんのインタビューや、ここ一番大事な中継現場は、より専門的な映像や音声の技術に精通した中継・動画班のカメラマンが担当することで、IWJの動画のクオリティーを保っています。

 そんな「IWJのプロ集団」の中継・動画班ですが、現在、撮影後の動画編集について、今まで以上に手を加えたいと考えています。岩上さんのインタビューのオープニングやエンディング、ハイライト、お知らせなどには、音楽を入れたり、モーショングラフィックを用いて、ハリウッド映画さながら(ちょっと大げさですが)の動画作成を試みたいと思っています。しかし、現状の動画班の人員では、そうした工夫を凝らすことができていません。そうした演出などを手掛けられるスキルのある経験者の方!普段IWJの動画を見ていて「もっとこうすれば効果的にアピールできるのに!」と感じたことがおありでしたら、ぜひお力をお貸し下さい!

 世の中に数多あるYouTube動画の中で、IWJのハイライト動画などを効果的に発信する発想や編集技術をお持ちで、外注としてでも力になってくださる方も、ぜひご応募ください!

 なお、報酬については、IWJはスタート時こそ研修期間2ヶ月のみ時給1000円ですが、以後、能力と実績によって順次昇給していきます。高給とは言えませんが裁量労働制ではなく、タイムカードで労働時間をきちんと記録し、残業代も支払い、夜10時以降は深夜割り増しもつけています。上限はありますが交通費もお支払いし、社会保険も完備しています。IWJがスタッフ募集を続けているのは、週休2日制で、みんなでローテーションで仕事をつないでいるため、どうしてもある程度の人数が必要だからなのです。

 また、他の仕事と兼業したい、あくまで独立業者として関わりたい等のリクエストにも柔軟に応じて、パートタイム、兼業、業務委託、外注などの働き方もあります。お迷いの方も、ぜひ、ご応募ください!

 ご応募は、以下のフォームからお願いいたします!皆様のお知り合いで、ネットメディアの仕事に強い興味をお持ちの方などもおられましたら、ぜひお声をかけていただければと存じます。

※【IWJレギュラースタッフ募集フォーム】
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdbeeE8cGfuFucSge58KaR0vRQF5-uYoc52DeRCENG4u3_1mg/viewform

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2018.4.2 Mon.**

 あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【Ch2】17:00~「東京電力 定例会見」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=2

 東京電力による記者会見を中継します。
——————-

【タイムリー再配信 136・IWJ_Youtube live】17:00~「種子法廃止を決めた規制改革推進会議は『外資の要求受け入れ窓口』!? 米国のTPP復帰はどうなる!? 岩上安身による日本有機農業研究会理事・安田節子氏インタビュー」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2月12日収録の岩上安身による日本有機農業研究会理事・安田節子氏インタビューを再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/412020
——————-

【Ch4】18:30~「辺野古新基地建設の強行を許さない!防衛省抗議・申し入れ行動」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4

 「辺野古への基地建設を許さない実行委員会」主催の防衛省抗議・申し入れ行動を中継します。
——————-

【新崎盛暉氏・追悼再配信 ・IWJ_Youtube live】20:00~「沖縄基地問題『最悪にするか、チャンスにするか、一人ひとりの選択にかかっている』 鳩山首相退陣一ヶ月後に語られた『本土の人たちに知って欲しい基地問題の歴史』~岩上安身による沖縄大学名誉教授 新崎盛暉氏インタビュー 2010.7.9」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2010年7月に収録した岩上安身による沖縄大学名誉教授 新崎盛暉氏インタビューを再配信します。

============

◆中継番組表◆

**2018.4.3 Tue.**

 あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【Ch4】13:00~「『アベ政治を許さない』スタンディング(新宿駅西口地下広場)」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4

 澤地久枝氏の呼びかけで開催される「アベ政治を許さない」スタンディングを中継します。

============

◆中継番組表◆

これ以降の予定で決定しているものは、以下のカレンダーよりご覧いただけます。あわせてご確認ください。

→「配信カレンダー」 https://iwj.co.jp/channels/main/calendar.html
(あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

NHKのテロップ先行問題は質問と答えを聞いた上で字幕を作成する時間差が原因との回答。しかし一般視聴者への説明はなし。公共放送であるNHKの権力への忖度・すり寄りが常態化している問題は看過できない!
https://iwj.co.jp/info/whatsnew/post/35400

◆昨日テキストアップした記事はこちらです◆

元文部官僚の寺脇研 京都造形芸術大教授が安倍政権下で浮き足立つ霞が関の実態を暴露! 前川喜平氏の授業に文科省が問い合わせた問題は「戦後初めて」!? 国家の教育介入に危機感を表明! https://iwj.co.jp/wj/open/archives/415985

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 それでは今日も1日、よろしくお願いします!

IWJ編集部(岩上安身、青木浩文、松本聰、川上正晃、城石裕幸、栗原廉)
IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 http://iwj.co.jp/