日刊IWJガイド・番組表「財務省の『書き換えを認める方針』で、あわてる御用文化人・与党政治家ら!『朝日は立証責任を果たせ』と迫っていたものの財務省の『自白』によってブーメラン!!/本日20時から『「安倍夫人」の名前で恫喝する籠池夫妻とひれ伏す官僚――マスコミでは伝えられない4時間もの「録音データ」を生々しい音声つき公開! 岩上安身が共産党・辰巳孝太郎参院議員に訊く(前半)』をタイムリー再配信!/<新記事>3.11はすべての始まりであり、すべての課題が集約した『構造的な悪』である!戦争と原発のつながりに目をこらし、国家利権村の『操作』からの脱却を!」2018.3.12日号~No.2006号~


■■■ 日刊IWJガイド・番組表「財務省の『書き換えを認める方針』で、あわてる御用文化人・与党政治家ら!『朝日は立証責任を果たせ』と迫っていたものの財務省の『自白』によってブーメラン!!/本日20時から『「安倍夫人」の名前で恫喝する籠池夫妻とひれ伏す官僚――マスコミでは伝えられない4時間もの「録音データ」を生々しい音声つき公開! 岩上安身が共産党・辰巳孝太郎参院議員に訊く(前半)』をタイムリー再配信!/<新記事>3.11はすべての始まりであり、すべての課題が集約した『構造的な悪』である!戦争と原発のつながりに目をこらし、国家利権村の『操作』からの脱却を!」2018.3.12日号~No.2006号~ ■■■(2018.3.12 8時00分)

 おはようございます。IWJ編集部です。

■<本日の「転向」>財務省の「書き換えを認める方針」で、あわてる御用文化人・与党政治家ら!「朝日は立証責任を果たせ」と迫っていたものの財務省の「自白」によってブーメランに!!

 財務省は本日、森友学園への国有地売却に関する決裁文書で、契約の「特殊性」といった当初の記述の書き換えを認め、国会に報告するとしています。10日夜に共同通信がこの第一報を伝えると、それまで朝日新聞に対して「文書を出せ!証拠を見せろ!!」と迫っていた御用文化人や与党政治家たちがあわてふためき、「手のひら返し」する者さえ出てきました。恥というものを知らないのでしょうか。

 朝日新聞に文書の提出を求めていたのは、安倍応援団の八代英輝・北村晴男両弁護士や元衆議院議員の東国原英夫氏、元大蔵官僚の高橋洋一嘉悦大教授、評論家の宮崎哲弥氏、政策アナリストの石川和男氏、投資家の山本一郎氏ら。さすがにジャーナリストにはそんな人物はいないだろうと考えたいところですが、元朝日新聞編集委員の萩谷順法政大学教授が夕方のTVで、古巣の朝日に対して文書提出を要求して驚かされました。「取材源秘匿の原則」というジャーナリストの基本原則を忘れてしまったのでしょうか。

 作家の百田尚樹氏は7日「えらいことになったなあ。『書き換えがあった』と書いた朝日新聞の記者、切腹するのかなあ…」とツイートしていましたが、11日になって「財務省が文書の書き換えを認めたというニュースが出た途端、『百田、お前が切腹しろ!』というリプライが殺到した。なんで、私が切腹せなならんの?」ととぼけたことをつぶやいています。同じ7日には「他人に間違いを指摘する時は、自分が勘違いしていないかを確認してからにしなさい」と、高校生をたしなめていたのですが。

・百田尚樹氏ツイート
https://twitter.com/hyakutanaoki/status/971366731527540736
https://twitter.com/hyakutanaoki/status/972527690182881280
https://twitter.com/hyakutanaoki/status/971441186283053056

 元NHKアナウンサーで自民党の和田政宗参院議員は4日、自身のツイッターで「『問題発覚後に書き換えの疑い』と報じたが、『疑い』と濁したのはなぜか。また複数の関係者の証言以外の証拠はあるのか?」と文書の存在に疑義を呈していましたが、10日になって「財務省が『書き換えた』可能性と『書き換えていない』可能性は半々と、私は報道当初から見てきた」とあきれた言い逃れを始め、11日には「もし朝日の報道が正しいなら…財務省は徹底調査が必要」と変わり身の速さを見せました。

・和田政宗議員ツイート
https://twitter.com/wadamasamune/status/970445048448892928
https://twitter.com/wadamasamune/status/972330813114138624
https://twitter.com/wadamasamune/status/972361485044269058

 その和田議員も執筆者のひとりに名を連ねている『月刊 Hanada』2018年4月号 (http://amzn.to/2Fytbnn) のトップは「総力大特集 赤っ恥、朝日新聞!」。執筆者は他に、櫻井よしこ氏、小川榮太郎氏、高山正之氏、有本香氏という「あっち側」の面々。「赤っ恥」をかいたのは彼らのほうですが、恥知らずにも、要領よくチョロチョロと態度を変えてゆく者があとを絶ちません。

 皆さん、いい大人のはずですから、根拠なく朝日新聞を非難していた人たちは、まずは一度、朝日新聞に謝罪してから再スタートを切ったらいかがでしょうか。IWJでは、今後もしばらく、安倍応援団の面々の、恥を知らない転び方、身の処し方をウォッチし続けたいと思います。

※内閣総辞職まで秒読み!? 朝日新聞のスクープから一週間で財務省が決裁文書書き換えを認める!? 森友問題をめぐって国会が迎える急展開! 安倍総理と麻生財務大臣の責任は!? 2018.3.11
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/414536

※佐川長官辞任後も「適材適所」に固執?任命責任・監督責任のかけらも見せず!改竄疑惑追及にも「なんか違う答えが出てくるのを期待してるわけ?」~麻生財務大臣・説明責任放棄の記者会見 2018.3.9
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/414296

※佐川宣寿・ 国税庁長官が辞任!「コメントは差し控えさせていただきたい」と逃げの回答に終始!国会での虚偽答弁疑惑には「そういうご批判があるのは承知している」~ 佐川宣寿・国税庁長官 囲み取材フルテキスト! 2018.3.9
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/414329

 先週この森友問題に関わる文書改竄について、岩上さんは2人の野党議員に重要なインタビューを行っています。こちらもぜひご覧ください。

※佐川国税庁長官が辞任!森友公文書捏造疑惑と音声データ全容発覚!財務省職員自殺との関係は!? 岩上安身による日本共産党宮本岳志衆院議員インタビュー 2018.3.9
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/414259

※不自然過ぎる森友決裁文書! やはり文書改竄は事実か!? 内閣総辞職してもらわなければ「ただの独裁国家で人治国家」!? 民進党・小西洋之参院議員に岩上安身がインタビュー! 2018.3.6
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/414073

■本日20時から「『安倍夫人』の名前で恫喝する籠池夫妻とひれ伏す官僚――マスコミでは伝えられない4時間もの『録音データ』を生々しい音声つきで公開! 岩上安身が共産党・辰巳孝太郎参院議員に訊く(前半)」を再配信!

 そして本日20時からは、今年2月7日に収録した、岩上さんによる日本共産党・辰巳孝太郎参院議員インタビューをタイムリー再配信いたします。

 今年2月1日の参院予算委員会で質疑に立った辰巳議員は、2016年3月16日に録音された、籠池理事長(当時)と妻・諄子氏、設計業者キアラ、近畿財務局、大阪航空局の会合の録音データを公開。その中には、籠池氏が「安倍夫人から電話がありましてね、『どうなりました? 頑張ってください』って言ってはった」と、昭恵夫人の名前を出して近畿財務局側に迫る発言が記録されていました。

 この「昭恵夫人からの電話」については、マスコミでも広く報道されましたが、実はこの発言に至るまでには、長い長いやり取りがありました。音声データを流せない新聞や、流してもごく短くしか流せないテレビと異なり、IWJでは、このデータの重要部分を、たっぷりと視聴者のみなさまにお聞きいただきました!

 実際の音声データを流し、データの文字起こしも読みながら、詳細にこの日のやり取りを辿って見えてきたのは、問題の「8億円値引き」をするために、国が一生懸命、籠池氏側に便宜を図ろうとしながら、籠池氏側が全く国を「忖度」できず、誤解を続けたまま、杭打ち工事の過程で出てきたゴミをめぐり、食い違いの会話が続く様子でした。

 この辰巳議員へのインタビューをご覧いただくと、籠池氏側と国側が最初から「共謀」関係にあったわけではなかったこと、そして、国がこれよりずっと以前から、値引きのためのストーリーを用意していた事実がよくわかります。

 なぜ、財務省が「森友学園への国有地売却に関する決裁文書の書き換え」などという大胆な行動をとったのか、理解を深める上でもぜひ今夜の再配信をご覧ください!

=================================
【タイムリー再配信 123・IWJ_Youtube Live】3月12日 20:00~「安倍夫人」の名前で恫喝する籠池夫妻とひれ伏す官僚――マスコミでは伝えられない4時間もの「録音データ」を生々しい音声つきで公開! 岩上安身が共産党・辰巳孝太郎参院議員に訊く(前半)
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi
=================================

■<新記事紹介>3.11はすべての始まりであり、すべての課題が集約した「構造的な悪」である!戦争と原発のつながりに目をこらし、国家利権村の「操作」からの脱却を!

 昨日は3月11日、福島原発事故から8年目に入りました。

 俳句には、忌日という季語のカテゴリーがあり、8月6日の「広島忌」と8月9日の「長崎忌」は有名です。これと同じように、震災と原発事故で亡くなった人を追悼し回想する季語として、3月11日を「原発忌」としようという動きもあります。

・原爆忌と原発忌(日本経済新聞、2011年8月6日)
https://www.nikkei.com/article/DGXBZO33289160R00C11A8000000/

 いまも約7万3千人を超える人が避難生活を送り、岩手、宮城、福島の3県の人口は震災前と比べて約25万人減少しています。福島県では、4町村で避難指示が一斉に解除され、間もなく1年になります。そして、避難生活に伴う精神的苦痛に対して支払われてきた賠償は、避難指示がおおむね解除されたとして、3月分で終了します。

・東日本大震災から7年 避難生活、いまも7万3千人 (朝日新聞、2018年3月11日)
https://digital.asahi.com/articles/ASL393FSLL39UTIL00Q.html

 政権を支える特定の利権集団の私益にしかすぎないものを、意図的に「国家プロジェクト」と位置づけて推進し、貧しくなる一方の大多数の生活者の声に耳を傾けない安倍政権のありかたは、原発問題や東京オリンピック・パラリンピック、「モリ・カケ・スパ」問題に限らず、いたるところで見受けられます。

 原発と同じように、核兵器もまた、それを存在させ続ける社会体制が確立しています。昨年のノーベル平和賞受賞団体である核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)とオランダの平和団体PAXが3月7日に発表したレポート2018年版『核兵器にお金を貸すな』によると、世界の20の企業が核の脅威の高まりによって、利益を得ていることが明らかになりました。まさに「死の商人」です。そしてその「死の商人」に融資をして支え、自らも利益を上げる「死の投資家」とも言える日本の金融機関が提供している資金は柏崎刈羽原発が一年間に生み出す収益の4倍から9倍とも言われています。

・世界20の核兵器製造企業に329の金融機関が55兆円を提供。日本からは7銀行等が2兆円―ICANが新レポートを発表(ピースボート、2018年3月9日)
http://peaceboat.org/22714.html

 IWJは昨日、3月11日に合わせ、「構造的な悪」を考える記事をアップしました。ぜひ以下をご覧ください。

※3.11はすべての始まりであり、すべての課題が集約した「構造的な悪」である!戦争と原発のつながりに目をこらし、国家利権村の「操作」からの脱却を! 2018.3.11
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/414562

 またIWJは昨日、「首都圏反原発連合」「ピースオンアース 」という、3.11を象徴する2つの市民団体による集会を中継いたしました。こちらの動画記事も準備ができしだいアップいたします!

■<新スタッフ紹介>

 おはようございます。1月下旬からIWJメンバーに加わらせていただいた、テキスト班の松本聰です。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 私の父方の祖父母はそれぞれ福島県相馬市、浪江町の生まれでした。祖父は相馬中村藩の家老の系譜を引いていましたが、東京に出ることで福島の実家は絶えました。しかし、祖母の実家は子や孫に引き継がれ、東日本大震災とそれにともなう東京電力福島第一「*核発電所」事故の前日まで豊かな暮らしを営んでいました。

 (※英文にすれば同じ「nuclear」という形容詞がつく「bomb 核爆弾」と「plant 原子力発電所」は、同じ表記にすべきだと考えます。)

 ボーイスカウトに所属していた小学生のころ、前面道路からせせらぎにかかる橋を渡って入る祖母の実家の庭で、キャンプを張ったことがあります。近くの川に潜ると、川面は淡水なのに底のほうは塩辛い。「汽水」という言葉を覚えました。もちろん、その川に、事故以降今日までのこの7年間、子どもたちが入ることはなかったでしょう。

 フライの雑誌社が伝えた「原発を阻止し、拒否し続けている地域」には、浪江も入っていました。

・原発を阻止し、拒否し続けている地域は全国に64カ所ある(フライの雑誌社)
https://furainozasshi.com/asakawa/%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%82%92%E9%98%BB%E6%AD%A2%E3%81%97%E3%80%81%E6%8B%92%E5%90%A6%E3%81%97%E7%B6%9A%E3%81%91%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E5%9C%B0%E5%9F%9F/

 皆さんのお宅に40年以上使っている「機械」はあるでしょうか。たぶんそんな年代物の機械を現役で稼働させているお宅はないと思います。しかも、その機械は単にお湯を沸かすために「核」を使うという代物です。ウランの発掘時から始まり、廃炉にいたるまで、通常運転時にさえ放射性物質を撒き散らしてもいます。先進各国が再生可能エネルギーに舵を切る中、この国の政府は核発電所のようなすでに終わったはずの重厚長大、経団連企業にばかり税金を投入し続けています。この国の産業が衰退に向かっているのもそのせいですね。

 7年前の3月11日。ある広告キャンペーンに携わっていて、毎週金曜日は定例会議でした。しかし、この日に限って開かれず、自宅でそのときを迎えました。数百年単位の時間を要するだろう東京電力福島第一「核発電所」の廃炉を、私たちが見ることはないでしょう。そんな日本で、同じ事態を引き起こす可能性のある核発電所を再稼働するなど、正気の沙汰ではないと私は思います。

 今、一冊の本が話題になっています。東北学院大学の金菱清教授とゼミ生たちが、東日本大震災の被災地で集めた「夢」にまつわる証言集『私の夢まで、会いに来てくれた』(http://amzn.to/2oZIy22) 。遺族から話を聞くという学生たちにとってハードルが高い作業の中で、彼らは夢が遺族にとって宝物であることに気づきます。突然の別れと生き残った後悔、それでも、夢でもいいから会いたいという思い。27編の夢は、どれも涙なしには読めません。

 2018年3月11日、皆さんはどのように過ごされましたか。私は東京・六本木にあるIWJのオフィスで、この原稿をはじめ何本かの記事の執筆・修正やインタビュー対象者のリサーチなどに取り組んでおりました。もともと一般会員だったご縁でIWJにお世話になることになりました。微力ながら精一杯職務を果たしてまいりたいと思いますが、それができるのも会員の皆様からの温かいご支援があってこそのことです。岩上安身とIWJを、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 以上、自己紹介に代えさせていただきます。

■<お悔やみ>

 IWJ代表、岩上安身です。

 翻訳ボランティアとして長らくIWJを支えてくださった浅川美喜子様が、昨年12月にご逝去されました。

 心よりお悔やみ申し上げます。

 ご遺族の方よりご連絡をいただいた際のメールの一部を、ご承諾を得てここに掲載させていただきます。

=========
浅川美喜子は、昨年12月8日乳癌の為、他界いたしました。
生前は、お世話になりありがとうございました。
IWJのお仕事に共感しておりましたが、お金に余裕があるわけもなく「寄付は難しいので、体で応援するわ」と申して、翻訳ボランティアの募集があった際に応募しました。
最後となりました、翻訳のご依頼があった時も、抗がん剤治療中で、決して万全ではありませんでしたが、「どうしてもやりたいから」とお受けさせていただきました。
いくらかでも、お役にたてておりましたら、彼女にとっても嬉しいことだったと思います。
教える方が仕事でしたので、翻訳はあまり経験がなかったものですから。
=========

 浅川様にはご生前、翻訳ボランティアとして多大なご協力を賜りました。ましてや、ご病気の中を押されてIWJのために作業をしていただいていたとは、感謝をどんなに伝え尽くしても足りません。長くIWJをお支えくださりご厚情を賜りましたことに深く御礼申し上げます。

 浅川美喜子様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

岩上安身拝

■「岩上安身によるインタビュー」人気コンテンツDVD化のための総選挙始めました!ぜひリクエストをお願いいたします!

 お待たせいたしました!このたびIWJでは、以前よりみなさまからご要望の多かった「岩上安身によるインタビュー」のDVD化を行うことが決定いたしました!このDVD化にあたって、アンケート「総選挙」を開始しました。

 これまで行ったインタビューは800以上あり膨大な量となります。この全てを一度にDVD化することは現実的ではありませんので、この中から「このインタビューをぜひDVD化してほしい!」という、皆様のお声をぜひ聞かせてください。

 リクエストボタンは複数のコンテンツに対してクリック可能です!「この人のは何度も繰り返し見ておきたい」「あ、これも手元に置きたい!」「あれはお友達にプレゼントしたい!」などと思われましたら、以下のURLからお気軽に、どれでもポチポチッとリクエストをお願いします!

※「岩上安身によるインタビューのDVD化 アンケート」
https://iwj.co.jp/wj/open/dvd-request

*みなさまからの投票により希望が高いものからDVD化を検討します。実際にDVD化する際には、出演者の方のご了解や著作権等について確認する必要があります。そのため、必ずしも、希望の高いものを全てDVD化できるわけではないことをご了承ください。

 また、「岩上安身によるインタビュー」以外の、他の団体が主催したシンポジウムや集会あるいはイベントなどでも、DVD化へのご要望があれば、ぜひIWJへ直接メッセージをお寄せください。まとまったロットが見込めるようであれば、DVD化の許可を取れるかどうか主催団体と相談いたします。

■IWJの取材活動、そして何よりも橋下徹・元大阪府知事からの不当な「スラップ訴訟」を戦い抜く岩上さんへのあたたかいご支援をよろしくお願いします!

 IWJは会員の方々からの会費と、皆様からのカンパ・ご寄付で成り立っています。この日刊ガイドをお読みになっていて、まだ会員登録がおすみでない方は、ぜひこの機会にご検討ください。

 また、岩上さんによるインタビュー・アーカイブは、現在、800本を超えています。またオリジナルコンテンツだけでなく、記者会見や集会、講演会やシンポジウムなどの公共コンテンツなどもあわせると、3月現在アーカイブの総本数は2万本を超え、さらに増え続けています。

 サポート会員へご登録いただければ、これらのアーカイブの数々を、いつでもご都合の良い時にご覧いただけます。現在、YouTubeLiveでの無料視聴をご利用されている方も、この機会にIWJ会員へのご登録を! また会費未納等でいったん休眠会員となられている方は再開を、ぜひご検討ください!

 IWJの有料会員制度は1ヶ月千円、支払いをまとめてお得な1年1万円の一般会員と、1ヶ月3千円、まとめてお得な年3万円からのサポート会員の2種類です。会費は、クレジットカード、銀行振込(ゆうちょ銀行を含む)でお支払いいただけます。IWJの活動は、会員の皆様のこの会費によって支えられています。詳細は下記URLより御確認ください。

※IWJ会員のご案内はこちらにあります。ぜひご検討ください。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 また、残念ながらこの会費収入だけでは、IWJの活動経費全額を賄えておりません。IWJ会員の会費に加えて、皆さまからのカンパ・ご寄付が貴重な財源になっております。

 IWJは今週も関西での取材も兼ねて大阪府知事会見に東京から記者を派遣する予定です。また韓日市民平和会議をはじめとする、ソウルでの長期取材も控えています。そしてこれまでにもお伝えしているように、橋下徹・元大阪府知事から不当な「スラップ訴訟」を起こされた岩上さんは、大阪での弁護士探しや打ち合わせ、そして裁判での手続きのたびごとに大阪まで行かなければなりません。

 実際に一週間前の週末、岩上さんは打ち合わせのために大阪へ出張しています。あてにしていた方に、多忙を理由に受任を断られたり、大阪で引き受けてくれる弁護士がなかなか見つからず、苦労をしています。経済的な負担だけでなく、岩上さんには時間的、体力的にも負担が生じています。どうか皆様のあたたかい応援とあわせて、ご寄付・カンパを、そして不当な提訴に対して裁判を戦い抜くための義援金をよろしくお願いいたします。

※ネットにおける言論の自由を守る! 岩上安身が橋下徹氏からのSLAPP訴訟に応訴で立ち向かう!
https://iwj.co.jp/wj/open/iwakamiyasumi_slapp

 千円からクレジットカードでのお振込みも可能になりました。ぜひこの機会にご検討いただければ幸いです。

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願い致します。
http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

■IWJを支えてくださるスタッフを緊急大募集中!

 連日のお知らせで恐縮です。もしご自身の周りに、適任と思われる方がいらっしゃいましたら、ぜひその方にこのお知らせをお送りいただけませんか? IWJは現在、厳しい人手不足に直面しております。IWJでともに働いてくださるスタッフ、及びボランティアスタッフの方を大募集中です。

 職種は「テキスト」「中継・動画」「事務」の3種類です。「IWJを内側から支えていきたい!」とお考えくださる方は、以下の職種の概要をご一読の上、ぜひご応募ください。

 「テキスト班」:現在お読みのこの日刊IWJガイドの執筆の他、IWJの「主力コンテンツ」「看板番組」とも言える岩上さんのインタビュー用パワーポイント資料の作成やリサーチ、実況ツイートなどをおこないます。岩上さんのインタビューは、このようなアシストをするスタッフとの協働作業によって成り立っています。こうした作業は、兼業や在宅、地方在住の方でも可能です。

 もちろん、テキスト班は「黒子」「裏方」的な仕事だけではなく、自ら記者として現場に赴いて取材を行い、自身の記事の執筆もします。記者は多くの場合、取材現場での動画撮影カメラマンも兼ねます。

 現在、テキスト班は大胆な「改革」を試み、新たに「エディター・ライターシステム」を採用することになりました。

 エディターは「発注する側」として、IWJとしてはどのような話題を記事にすればいいのかを常に考え、ライターに記事を書いてもらうよう発注します。テーマを探り、ライターを手配し、多くの原稿を集めて、読んで、確認し、再び書き直してもらうという編集業務を担当します。とても重要な仕事です。

 編集業務は、これまでは岩上さんが一手に引き受けてきました。すべての企画を立て、すべての原稿を読んで書き直し、ゼロから新人記者を育成してゆく、という仕事も担っていたのです。

 しかし、ジャーナリスト、編集長、経営者としての仕事の過剰負担で体調を崩し、さらに橋下氏との裁判が加わったため、岩上さんの負担は非常に重くなっています。岩上さんの負担を少しでも軽くするためにも、エディターは大事な役割を担うことになります。

 ライターは「発注される側」として、どのような記事を書けばよいのか、具体的な指示を受けつつ、記事にする話題の鮮度が落ちないうちに、素早く、かつ、質の高い記事を書くことが求められます。また、ときには現場に出て取材し、記者会見で質問する、といった役割も求められます。

 エディター、ライターともに重要な仕事で、両者がいてはじめて、世に記事を送り出すことができます。

 現在、エディターは、専業のフルタイムで働ける方を募集しています。また、週5日・フルタイムで働くことは難しいけど、週に3日から4日程度なら事務所に出てきて働ける、という方も歓迎します! 一方でライターは、フルタイムは難しいけど、兼業でやりたい! 現役のフリーライターだけど、仕事が欲しい!勉強熱心な院生や非常勤講師の方、リサーチとパワーポイントなら作成したい(そういう方も実際に働いています)という方でも大歓迎です!

 前記の通り、能力と情熱をお持ちの方であれば、ライターは在宅、兼業、地方在宅でも可能です。地方在住で、在宅でテキスト関連の業務をお手伝いしてくださっている方もいます。資料の読解力や文章力、リサーチ能力といった情報処理能力と、チームで動く協調性のある方をお待ちしています。

 何か得意分野をひとつでもお持ちの方、ぜひ、履歴書をお送りください! ご応募をお待ちしております。年齢・性別・経験・未経験は問いません。

 「中継・動画班」ですが、人手が足りないため、募集を再開いたします。また、世の中に数多あるYouTube動画の中で、IWJのハイライト動画などを効果的にアピールする発想力や編集技術をお持ちで、外注としてでも力になってくださる方も、ぜひご応募ください!

 岩上さんのインタビュー本編のバックに音楽を流すことは今後もありませんが、オープニングやエンディング、ハイライト、お知らせなどには、音楽を入れたり、モーショングラフィックを用いて、ハリウッドさながら(ちょっと大げさですが)の動画作成を試みたいと思っています。

 が、現状の動画班の人員・スキルでは、そうした工夫を凝らすことができていません。そうした演出などを手掛けられるスキルのある経験者の方、ぜひ、ご連絡いただきたいと思います。外注として携わってくださる方を募集します!ぜひ、ご応募ください。

 「事務班」は、フルタイムで働ける方をあと1、2名募集しています。電話やメールでの外部の方との連絡、岩上さんのスケジュールを把握した上でインタビューのアポ取り、講演や出張、各種イベントなどのスケジュール調整・準備などをおこなう他、IWJがおこなっている全国各地からの中継市民さんによる動画配信のスケジュール管理なども担います。IWJでは「事務・ハドル班」と名づけている部署です。「ハドル」とは、アメフト用語でいう「作戦会議」で、IWJのスケジューリングの基礎骨格を形作る、とても重要な仕事です。

 例えば、大臣会見などは、大手メディアの記者クラブが仕切っているのが現状で、午前中に取材の申し込みをしたとしても、記者クラブ側から返事が来るのが夕方から夜になることも珍しくないため、ハドル班の業務は5時であがれるわけではありません。夜の8時、9時ころまで働ける方を募集しています。そのかわり、朝のスタートは11時頃と遅めです。また、逆に事務班は朝早目の出勤となります。

 いずれの職種も、パソコン・スマホの操作を行えることは必須条件です。協調性とコミュニケーション能力の高い方を募集しています。

 岩上さんがオーバーワークであるのはすでにみなさま御存知かとも思います。その上、上記のようにスラップ裁判の負担が重くのしかかります。岩上さんが体調を崩してしまうほどのオーバーワークをしなくてすむように、皆様、どうかお支え下さい。

 なお、報酬については、IWJはスタート時こそ研修期間2ヶ月のみ時給1000円ですが、以後、能力と実績によって順次昇給していきます。高給とは言えませんが、どうか誤解なきよう、IWJは決してブラック企業ではありません。

 経営者の岩上さんだけは経営者なので労基法に縛られず、不休で働いています(それが原因で過労で倒れたりするので、スタッフも会員の皆様も、大変心配しているのですが)。しかし、スタッフは労基法に則り、ローテーションで各自週休2日。過剰な残業は制限し、オーバーワークにならないように配慮しています。サービス残業などもちろんなし。社労士と顧問契約を結び、そのご指導のもと、労基法を遵守しています。機材、交通費などの必要経費は会社が負担し、社会保険ももちろん完備です。従業員への給与の遅払い、不払いなどのトラブルは、過去に一度もありません。

 今、国会では裁量労働制の話題で持ちきりですが、かつて労働基準法がもっとも厳格だった時代でも、メディアで働く記者や編集者などの頭脳労働職(企画業務職)は、時間の制限なく働く裁量労働制が認められていましたが、IWJでは、テキスト班のような頭脳労働・企画型業務の職種であっても裁量労働制を適用せず、タイムカードで労働時間をきちんと記録し、残業代もきちんと支払い、夜遅い場合は労基法通り深夜割り増しもきちんとつけています。安倍政権が裁量労働制を拡大しようとするのに対し、逆行するように、本来、裁量労働が認められている分野でも、IWJでは裁量労働制をなくし、過労にならないようにつとめています。

 他方、他の仕事と兼業したい、あくまで独立業者として関わりたい、家事・育児があるのでパートで働きたい等々のリクエストにも柔軟に応じて、パートタイム、兼業、業務委託、外注などの働き方もあります。地方の方で在宅で働いている方もおられます。

 現在、IWJは深刻な人手不足ではありますが、少しずつながらもスタッフが新たに加わりつつあります。お迷いの方も、ぜひ、急いでご応募ください!ご応募は、以下のフォームからお願いいたします!

※【IWJレギュラースタッフ募集フォーム】
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdbeeE8cGfuFucSge58KaR0vRQF5-uYoc52DeRCENG4u3_1mg/viewform

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2018.3.12 Mon.**

 あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【Ch5】10:00~「徹底ディスカッション! ベーシックインカムは幸せな未来社会を拓くか?-井手英策 慶応大学教授、エノ・シュミット氏(ベーシックインカム・イニシアチブ)」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

 「ユニバーサル・ベーシックインカム・パブリックディスカッション・プロジェクト」主催のイベントを中継します。
——————-

【Ch4】14:00~「財務省『森友文書』ねつ造疑惑 野党合同ヒアリング ―財務省などよりヒアリング」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4

 財務省「森友文書」ねつ造疑惑 野党合同ヒアリングを中継します。
——————-

【Ch2】17:00~「東京電力 定例会見」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=2

 東京電力による記者会見を中継します。
——————-

【Ch5】18:00~「パブリック・ディスカッション ダイレクトデモクラシーで市民はここまで社会を動かせる!! - エノ・シュミット氏(ベーシックインカム・イニシアチブ)&ブルーノ・カウフマン氏(直接民主制専門家)」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

 「ダイレクトデモクラシー・パブリックディスカッション・プロジェクト」主催のイベントを中継します。
——————-

【タイムリー再配信 123・IWJ_Youtube live】20:00~「『安倍夫人』の名前で恫喝する籠池夫妻とひれ伏す官僚――マスコミでは伝えられない4時間もの『録音データ』を生々しい音声つきで公開! 岩上安身が共産党・辰巳孝太郎参院議員に訊く(前半)」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2月7日収録の岩上安身による共産党・辰巳孝太郎参院議員インタビューを再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/411646

============

◆中継番組表◆

**2018.3.13 Tue.**

 あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【タイムリー再配信 124・IWJ_Youtube live】20:00~「『安倍夫人』の名前で恫喝する籠池夫妻とひれ伏す官僚――マスコミでは伝えられない4時間もの『録音データ』を生々しい音声つきで公開! 岩上安身が共産党・辰巳孝太郎参院議員に訊く(後半)」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2月7日収録の岩上安身による共産党・辰巳孝太郎参院議員インタビューを再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/411646

============

◆中継番組表◆

これ以降の予定で決定しているものは、以下のカレンダーよりご覧いただけます。あわせてご確認ください。

→「配信カレンダー」 https://iwj.co.jp/channels/main/calendar.html
(あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

3.11はすべての始まりであり、すべての課題が集約した「構造的な悪」である!戦争と原発のつながりに目をこらし、国家利権村の「操作」からの脱却を!
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/414562

選挙市民審議会 第二期 第1回会議――第二期選挙市民審議会の論点整理(第一期の積み残し課題と新規課題)などについての検討
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/414422

内閣総辞職まで秒読み!? 朝日新聞のスクープから一週間で財務省が決裁文書書き換えを認める!? 森友問題をめぐって国会が迎える急展開! 安倍総理と麻生財務大臣の責任は!?
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/414536

佐川国税庁長官が辞任!森友公文書捏造疑惑と音声データ全容発覚!財務省職員自殺との関係は!? 岩上安身による日本共産党宮本岳志衆院議員インタビュー
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/414259

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 それでは本日も一日、よろしくお願いいたします!

IWJ編集部(岩上安身、松本聰、城石裕幸)
IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 http://iwj.co.jp/