日刊IWJガイド・番組表「【昨日の岩上安身のインタビュー】急展開を迎えた森友問題!岩上さんによる日本共産党・宮本岳志衆院議員インタビューのタイミングで前夜から衝撃ニュースが続々!/米国と北朝鮮が首脳会談開催に合意!日本は世界の中で孤立へ一直線!? IWJはソウルへ取材に!ご支援をお願いいたします!/『岩上安身によるインタビュー』人気コンテンツDVD化のための総選挙始めました!複数投票可!ぜひリクエストをお願いいたします!」2018.3.10日号~No.2004号~


■■■ 日刊IWJガイド・番組表「【昨日の岩上安身のインタビュー】急展開を迎えた森友問題!岩上さんによる日本共産党・宮本岳志衆院議員インタビューのタイミングで前夜から衝撃ニュースが続々!/米国と北朝鮮が首脳会談開催に合意!日本は世界の中で孤立へ一直線!? IWJはソウルへ取材に!ご支援をお願いいたします!/『岩上安身によるインタビュー』人気コンテンツDVD化のための総選挙始めました!複数投票可!ぜひリクエストをお願いいたします!」2018.3.10日号~No.2004号~ ■■■
(2018.3.10 8時00分)

 おはようございます。IWJ編集部です。

■【昨日の岩上安身のインタビュー】急展開を迎えた森友問題!岩上さんによる日本共産党・宮本岳志衆院議員インタビューのタイミングで前夜から衝撃ニュースが続々!

 昨日3月9日はたいへん目まぐるしい一日となりました。森友学園への国有地引き渡しに関わる文書を財務省が書き換えたのではないかという、3月2日の朝日新聞のスクープに呼応するように、毎日新聞が8日夕に財務省が国会に開示した文書とは別の決裁文書に、「本件の特殊性に鑑み」「学園に価格提示を行う」などの表現があることを報道。すると9日の朝刊で朝日が2日のスクープの続報として詳細を明らかにしました。

※森友文書 別文書に「特殊性」の表現 国会開示にはなし(毎日新聞、2018年3月8日)
https://mainichi.jp/articles/20180308/k00/00e/040/287000c

※森友文書、項目ごと消える 貸付契約までの経緯(朝日新聞、2018年3月9日)
https://digital.asahi.com/articles/ASL385T4VL38UTIL03N.html

 岩上さんによる怒涛の4連続インタビュー、最後になる18時30分からの日本共産党・宮本岳志衆議院議員へのインタビューのためのパワーポイントに、この最新ニュースを取り入れるため、スタッフが作業をしていると「財務省の職員が、今月7日に自宅で死亡しているのが発見された」というニュースが。

※近畿財務局 職員が自殺 森友の国有地売却担当部署に所属(毎日新聞、2018年3月9日)
https://mainichi.jp/articles/20180309/k00/00e/040/262000c

 さらにIWJが中継を行った、14時からの「財務省『森友文書』ねつ造疑惑 野党合同ヒアリング」では、亡くなった財務省職員について、希望の党の今井雅人議員が「(遺書には)未確認だが、改竄をやらされたという記述があるという情報もある」と質問。文書改竄に対する宮本議員ら野党議員からの鋭い質問に財務省理財局次長はついに、(改竄が絶対にないとは)「言い切れません」と驚きの発言も飛び出しました。

※改竄したことは絶対にないとは「言い切れません」!? 財務省理財局次長が驚きの発言! 野党各党議員が鋭い質問を連発!第6回 財務省「森友文書」ねつ造疑惑 野党合同ヒアリング
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/414278

 そして、インタビュー直前には佐川宣寿国税庁長官(前理財局長)が辞任とのニュースが飛び込んできたのです。

※佐川国税庁長官が辞任 森友問題で事実上更迭(東京新聞、2018年3月9日)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018030901001828.html

 宮本議員は2月15日の衆院予算委員会で、2016年3月30日に行われた、国、工事業者、籠池夫妻、学園側弁護士出席の会合の全録音データ約2時間分を開示しました。そこでは学園側弁護士が「1億5000万円」という金額を提示し、「それより低い金額で買いたい」などと述べており、「事前の価格交渉はなかった」という、佐川氏の答弁が虚偽だった可能性がより濃厚になっています。インタビューでは最新ニュースとこの音声データをもとに、岩上さんが宮本議員にお話をうかがいました。

 宮本議員は佐川氏の辞任に関して「佐川さんは前任者のやった事を答弁しただけ。佐川長官が辞めれば溜飲が下がったからひと段落だとなったらまずいですよ」と、「とかげの尻尾切り」を警戒しました。

※佐川国税庁長官が辞任!森友公文書捏造疑惑と音声データ全容発覚!財務省職員自殺との関係は!?岩上安身による日本共産党宮本岳志衆院議員インタビュー
(このインタビューは準備が整い次第、記事としてアップいたしますので、しばらくお待ちください)

 この一連の疑惑に関し、インタビュー終了直前の19時40分より、麻生太郎 副総理兼財務大臣が財務省で記者会見を行いました。IWJはこちらも緊急生中継。麻生氏の去就が注目されましたが、佐川氏の辞任を発表したのみで自身については「いま特に考えているわけではない」と辞任を否定しました。また、森友学園への土地売却問題を巡る決裁文書の書き換え疑惑については、「週明けにも調査結果を明らかにする」と表明するにとどまりました。

 記者会見終了後、佐川氏へのぶら下がり取材が行われました。IWJはこちらも録画で取材しています。

 国税庁長官に就任以来初めて取材に応じた佐川氏は、辞職について「決裁文書の話が国会で大きな議論となり、文書提出時の担当局長だった責任を感じた」と理由を述べました。

※佐川宣寿・ 国税庁長官が辞任!「コメントは差し控えさせていただきたい」と逃げの回答に終始!国会での虚偽答弁疑惑には「そういうご批判があるのは承知している」~ 佐川宣寿・国税庁長官 囲み取材
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/414329

※麻生太郎・副総理兼財務大臣記者会見も、準備が整い次第アップいたしますので、しばらくお待ちください

■米国と北朝鮮が首脳会談開催に合意!日本は世界の中で孤立へ一直線!? IWJはソウルへ取材に!ご支援をお願いいたします!

 ドナルド・トランプ米大統領は3月8日午後(日本時間同日午前)、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の提案を受け入れ、5月までに米朝首脳会談を開催すると電撃発表しました。同日ホワイトハウスを訪れた鄭義溶(チョン・ウィヨン)韓国大統領府国家保安室長ら訪米団が、金委員長から託された親書を手渡したもので、具体的な場所や日時はこれから決定されるとのことです。

※トランプ氏「制裁は合意まで続ける」対北朝鮮でツイート(朝日新聞デジタル、2018年3月9日)
https://www.asahi.com/articles/ASL393F9BL39UHBI00T.html

 北朝鮮の態度の軟化は国際社会による経済制裁の効果と評価するトランプ大統領はメディア発表後、「金正恩は韓国特使と、非核化について話し合った。ただの凍結ではない。また、この期間、北朝鮮はミサイル実験も行わない。偉大な進展だが、合意が達成されるまで、制裁は続行する。会談は計画中なのだ!」とツイートし、制裁解除はまだ先のことであると述べています。

※トランプ大統領のツイート
http://twitter.com/realDonaldTrump/status/971915531346436096

 北朝鮮の真意や今後の動向には不確定要素が残りますが、韓国と北朝鮮とのパイプ役をつとめ、「北朝鮮のイヴァンカ・トランプ」との異名もある金委員長の実妹・金与正(キム・ヨジョン)氏が特使として米国に派遣されるとの韓国外交筋の見方もあり、事実だとすれば金委員長の「本気度」の表れと言えるでしょう。

※Kim Jong-unʼs sister could be sent to US to launch talks on ending nuclear crisis(South China Morning Post、2018年3月8日)
http://www.scmp.com/news/asia/article/2136217/kim-jong-uns-sister-could-be-sent-us-launch-talks-ending-nuclear-crisis

 ただ、米国では米朝の直接対話を水面下で模索してきた国務省のジョセフ・ユン北朝鮮担当特別代表が3月2日付で退任したばかり。対北朝鮮政策に精通した人物がいないことも指摘されています。

※トランプ政権のユン北朝鮮担当特別代表が退任へ(ニューズウィーク日本版、2018年2月27日)
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/02/post-9619.php

 いずれにせよ、北朝鮮は韓国を巻き込み、米国との直接対話路線を進めようとしています。米朝が日本の頭越しに直接対話を行うとなれば、「100パーセント米国とともにある」と虎の威を借りながら、北朝鮮へのさらなる圧力を各国へ要求し続けてきた安倍政権の対北朝鮮強硬姿勢は宙に浮いてしまいます。

 世界が平和へ向けて、変化の兆しを見せはじめているこの瞬間に森友問題で追い詰められている安倍政権は、東アジアの平和構築の動きから大きく取り残されているのではないでしょうか。

 安倍総理は9日午前、トランプ大統領と電話協議を行い、4月に訪米して首脳会談を行うことで合意したことを明らかにしました。安倍総理は北朝鮮が米国に非核化を前提にした対話を申し入れたことに対し、「この変化を評価する」と語りました。しかし、一方で「日米はこれまでも、これからも100%共にある」と強調し、「北朝鮮が(非核化に向けた)具体的な行動をとるまで最大限の圧力をかけていく立場は揺るがない」と、従来通りのコメントを繰り返すにとどめました。

※安倍首相 4月にも訪米 北朝鮮問題めぐり首脳会談へ(NHKニュース、2018年3月9日)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180309/k10011357261000.html

 日本共産党の志位和夫委員長は、8日、しんぶん赤旗に「日本政府は、これまでの対話否定・軍事一辺倒のかたくなな態度をあらため、いま生まれている北朝鮮問題の『対話による平和的解決』をめざす動きを促進し、それを実らせる立場に立ち、あらゆる外交努力をはかるべきである」という声明を発表しています。

※南北首脳会談開催合意を歓迎し、米朝対話の開始を求める 日本政府は「対話による平和的解決」を促進する立場にたて(しんぶん赤旗、2018年3月8日)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2018-03-08/2018030801_01_1.html

 北朝鮮の対話姿勢を「核・ミサイル開発の拡大・改良のための時間稼ぎ」と冷ややかに見る見方も根強くあります。

※焦点:北朝鮮の対話姿勢、核開発の「隠れみの」か
https://jp.reuters.com/article/nk-talks-us-nuc-idJPKCN1GK0PW

 しかしそうであったとしても、現実に米・韓・中・露と北朝鮮は戦争を回避する方向へ一歩を踏み出しました。

 IWJは3月13日にソウルで開催される「朝鮮半島の平和と日本の平和憲法擁護のための日韓市民平和シンポジウム」に上杉英世記者が同行取材します。さらに上杉記者はその後ソウルに残り、軍事境界線からわずか40キロに位置する「停戦中」の1000万人都市の現実を取材してくる予定です。

※圧力一辺倒の安倍政権は世界で孤立した存在に?!「これからは市民外交の時代!」~3月13日ソウルで開催の「朝鮮半島の平和と日本の平和憲法擁護のための日韓市民平和シンポジウム」を前に記者発表 2018.3.7
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/414126

 橋下徹氏からの「スラップ訴訟」によって、ただでさえ苦しいIWJの経営を支えている岩上さんは、予定外の出費に苦しめられています。そんな中でも、岩上さんは他の大手メディアが報じようとしないこの「日韓市民平和シンポジウム」の重要性を考え、同行取材を決断しました。参加者のみなさんも自費、自腹でソウルへ行くというこの市民シンポジウム、当然「アゴ足付き」であるはずがありません。飛行機代や滞在費など、取材のためにはどうしても経費がかかります。どうぞ、さらなるご支援をお願いいたします!

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願い致します。
http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

■「報道の自由」に関する国連人権理事会の勧告を日本政府が拒否!昨年の報道の自由度ランクで日本はG7最下位の72位!ますます開き直りの安倍政権!?

 国連人権理事会から勧告された217項目のうち、日本政府は7日までに「報道の自由」などの受け入れを拒否しました。

※国連人権理事会「報道の自由」勧告 日本政府が拒否(毎日新聞、2018年3月8日)
https://mainichi.jp/articles/20180308/k00/00e/040/228000c

 今回の勧告では、政府が放送局に電波停止を命じる根拠となる放送法4条の改正などを通じ、メディアのよりいっそうの独立性確保などが求められていました。

※高市大臣との面会叶わず、国連特別報告者デイビッド・ケイ氏が中間報告「停波の可能性に言及していること自体が問題」〜メディアにもダメ出し!「反論する力が弱体化」「記者クラブは廃止すべき」 2016.4.19
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/297970

※政府のドタキャンで来日が延期していたデイビッド・ケイ国連特別報告者が訪日調査!「高市早苗総務大臣に会って真意を聞きたい」〜特定秘密保護法、ヘイトスピーチも対象 2016.4.12
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/296318

 振り返ってみると、2016年にはテレビ報道の現場で歯にきぬを着せぬ政権批判を行っていたテレビ朝日「報道ステーション」解説者の古賀茂明氏、TBS「NEWS23」キャスターの岸井成格氏、NHK「クローズアップ現代」キャスターの国谷裕子氏らが相次いで降板。放送局の人事にまで政府が介入しているのではないかという異常な事態が浮き彫りになりました。

※本来の「BPO」の意味は公権力が放送に介入することへの「防波堤」 政治家たちの駆け込み寺ではない! 岩上安身による是枝裕和監督インタビュー 2016.3.1
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/289840

※【第225-234号】岩上安身のIWJ特報!安倍政権の歴史修正主義に加担するNHK ~「公共放送」としての本来の姿を取り戻すことはできるか 元NHKプロデューサー・永田浩三氏インタビュー 2015.12.1
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/376524

 毎年、国際NGOの「国境なき記者団」(本部・パリ)が発表している「世界報道の自由度ランキング」では、日本は民主党政権時代の2010年に過去最高の11位まで上昇しました。しかし、自民党の安倍政権に変わるやいなや、13年には53位に低下。さらに15年に61位、16、17年には72位と凋落の一途をたどっています。その理由は15年に施行された特定秘密保護法やメディア側による自主規制などと考えられます。

※報道の自由度ランク、日本は72位 G7最下位に(朝日新聞、2017年4月26日)
http://www.asahi.com/articles/ASK4V5VV7K4VUHBI02S.html

※施行迫る!“稀代の悪法”特定秘密保護法に対してフリー記者ら43人が違憲訴訟提訴 その狙いとは?~岩上安身による山下幸夫弁護士インタビュー 2014.10.2
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/172491

 以前からその閉鎖的な姿勢が批判されている記者クラブ制度は、日本のジャーナリズム特有の問題点として指摘されていました。ところが、最近ではオープンになるどころか、逆に大手メディアの経営幹部らが安倍首相と会食を繰り返すなど、政権との癒着がますます懸念されるようになりました。さらに権力の意に沿うように先回りして行動する「忖度」といった言葉が、官僚だけにとどまらず、報道機関にも当てはまるのではないかと疑われています。

※小笠原淳氏(ジャーナリスト)インタビュー / 記者会見(記者クラブ)の閉鎖性について 2012.5.4
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/14182

※「メディアは権力を忖度し、司法権力は政治のために動いている」〜加計問題の闇を告発した前川喜平・前文科事務次官に岩上安身がロングインタビュー!「独裁国家に近づいている」と危機感! 2017.12.5
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/406799

 報道の自由は、メディア自身の努力なくして守ることができません。また、自由な報道を行なっているメディアを積極的に支援する自覚的な市民一人ひとりの存在も欠かせません。

■「岩上安身によるインタビュー」人気コンテンツDVD化のための総選挙始めました!ぜひリクエストをお願いいたします!

 お待たせいたしました!このたびIWJでは、以前よりみなさまからご要望の多かった「岩上安身によるインタビュー」のDVD化を行うことが決定いたしました!このDVD化にあたって、アンケートを開始しました。

 これまで行ったインタビューは800以上あり膨大な量となります。この全てを一度にDVD化することはできませんので、この中から「このインタビューをぜひDVD化してほしい」という、皆様のお声をぜひ聞かせてください。

 リクエストボタンは複数のコンテンツに対してクリック可能です!なので「この人のは何度も繰り返し見ておきたい」「あ、これも手元に置きたい!」「あれはお友達にプレゼントしたい!」など思われましたら、以下のURLからお気軽に、どれでもポチポチッとリクエストをお願いします!

※「岩上安身によるインタビューのDVD化 アンケート」
https://iwj.co.jp/wj/open/dvd-request
 
*みなさまからの投票により希望が高いものからDVD化を検討します。実際にDVD化する際には、出演者の方のご了解や著作権等について確認する必要があります。そのため、必ずしも、希望の高いものを全てDVD化できるわけではないことをご了承ください。

 また、「岩上安身によるインタビュー」以外の、他の団体が主催したシンポジウムや集会あるいはイベントなどでも、DVD化へのご要望があれば、ぜひIWJへ直接メッセージをお寄せください。まとまったロットが見込めるようであれば、DVD化の許可を取れるかどうか主催団体と相談いたします。

■IWJの取材活動、そして何よりも橋下徹・元大阪府知事からの不当な「スラップ訴訟」を戦い抜く岩上さんへのあたたかいご支援をよろしくお願いします!

 IWJは会員の方々からの会費と、皆様からのカンパ・ご寄付で成り立っています。この日刊ガイドをお読みになっていて、まだ会員登録がおすみでない方は、ぜひこの機会にご検討ください。

 また、岩上さんによるインタビュー・アーカイブは、現在、800本を超えています。またオリジナルコンテンツだけでなく、記者会見や集会、講演会やシンポジウムなどの公共コンテンツなどもあわせると、3月現在アーカイブの総本数は2万本を超え、さらに増え続けています。

 サポート会員へご登録いただければ、これらのアーカイブの数々を、いつでもご都合の良い時にご覧いただけます。現在、YouTubeLiveでの無料視聴をご利用されている方も、この機会にIWJ会員へのご登録を! また会費未納等でいったん休眠会員となられている方は再開を、ぜひご検討ください!

 IWJの有料会員制度は1ヶ月千円、支払いをまとめてお得な1年1万円の一般会員と、1ヶ月3千円、まとめてお得な年3万円からのサポート会員の2種類です。会費は、クレジットカード、銀行振込(ゆうちょ銀行を含む)でお支払いいただけます。IWJの活動は、会員の皆様のこの会費によって支えられています。詳細は下記URLより御確認ください。

※IWJ会員のご案内はこちらにあります。ぜひご検討ください。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 また、残念ながらこの会費収入だけでは、IWJの活動経費全額を賄えておりません。IWJ会員の会費に加えて、皆さまからのカンパ・ご寄付が貴重な財源になっております。

 IWJは今週も関西での取材も兼ねて大阪府知事会見に東京から記者を派遣する予定です。また前述のソウル取材も控えています。そしてこれまでにもお伝えしているように、橋下徹・元大阪府知事から不当な「スラップ訴訟」を起こされた岩上さんは、大阪での弁護士探しや打ち合わせ、そして裁判での手続きのたびごとに大阪まで行かなければなりません。

 実際にこの先週末、岩上さんは打ち合わせのために大阪へ出張しています。あてにしていた方に、多忙を理由に受任を断られたり、大阪で引き受けてくれる弁護士がなかなか見つからず、苦労をしています。経済的な負担だけでなく、岩上さんには時間的、体力的にも負担が生じています。どうか皆様のあたたかい応援とあわせて、ご寄付・カンパを、そして不当な提訴に対して裁判を戦い抜くための義援金をよろしくお願いいたします。

※ネットにおける言論の自由を守る! 岩上安身が橋下徹氏からのSLAPP訴訟に応訴で立ち向かう!
https://iwj.co.jp/wj/open/iwakamiyasumi_slapp

 千円からクレジットカードでのお振込みも可能になりました。ぜひこの機会にご検討いただければ幸いです。

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願い致します。
http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

■IWJを支えてくださるスタッフを緊急大募集中!

 連日のお知らせで恐縮です。もしご自身の周りに、適任と思われる方がいらっしゃいましたら、ぜひその方にこのお知らせをお送りいただけませんか? IWJは現在、厳しい人手不足に直面しております。IWJでともに働いてくださるスタッフ、及びボランティアスタッフの方を大募集中です。

 職種は「テキスト」「中継・動画」「事務」の3種類です。「IWJを内側から支えていきたい!」とお考えくださる方は、以下の職種の概要をご一読の上、ぜひご応募ください。

 「テキスト班」:現在お読みのこの日刊IWJガイドの執筆の他、IWJの「主力コンテンツ」「看板番組」とも言える岩上さんのインタビュー用パワーポイント資料の作成やリサーチ、実況ツイートなどをおこないます。岩上さんのインタビューは、このようなアシストをするスタッフとの協働作業によって成り立っています。こうした作業は、兼業や在宅、地方在住の方でも可能です。

 もちろん、テキスト班は「黒子」「裏方」的な仕事だけではなく、自ら記者として現場に赴いて取材を行い、自身の記事の執筆もします。記者は多くの場合、取材現場での動画撮影カメラマンも兼ねます。

 現在、テキスト班は大胆な「改革」を試み、新たに「エディター・ライターシステム」を採用することになりました。

 エディターは「発注する側」として、IWJとしてはどのような話題を記事にすればいいのかを常に考え、ライターに記事を書いてもらうよう発注します。テーマを探り、ライターを手配し、多くの原稿を集めて、読んで、確認し、再び書き直してもらうという編集業務を担当します。とても重要な仕事です。

 編集業務は、これまでは岩上さんが一手に引き受けてきました。すべての企画を立て、すべての原稿を読んで書き直し、ゼロから新人記者を育成してゆく、という仕事も担っていたのです。しかし、ジャーナリスト、編集長、経営者としての仕事の過剰負担で体調を崩し、さらに橋下氏との裁判が加わったため、岩上さんの負担は非常に重くなっています。岩上さんの負担を少しでも軽くするためにも、エディターは大事な役割を担うことになります。

 ライターは「発注される側」として、どのような記事を書けばよいのか、具体的な指示を受けつつ、記事にする話題の鮮度が落ちないうちに、素早く、かつ、質の高い記事を書くことが求められます。また、ときには現場に出て取材し、記者会見で質問する、といった役割も求められます。

 エディター、ライターともに重要な仕事で、両者がいてはじめて、世に記事を送り出すことができます。

 現在、エディターは、特に専業のフルタイムで働きたい方を、絶賛募集中です。また、週5日・フルタイムで働くことは難しいけど、週に3日から4日程度なら事務所に出てきて働ける、という方も歓迎します! 一方でライターは、フルタイムは難しいけど、兼業でやりたい! 現役のフリーライターだけど、仕事が欲しい!勉強熱心な院生や非常勤講師の方、リサーチとパワーポイントなら作成したい(そういう方も実際に働いています)という方でも大歓迎です!

 前記の通り、能力と情熱をお持ちの方であれば、ライターは在宅、兼業、地方在宅でも可能です。地方在住で、在宅でテキスト関連の業務をお手伝いしてくださっている方もいます。資料の読解力や文章力、リサーチ能力といった情報処理能力と、チームで動く協調性、事務処理能力のある方をお待ちしています。

 何か得意分野をひとつでもお持ちの方、ぜひ、履歴書をお送りいただき、一度面接にいらしてください! ご応募をお待ちしております。年齢・性別・経験・未経験は問いません。

 「中継・動画班」ですが、人手が足りないため、募集を再開いたします。また、世の中に数多あるYouTube動画の中で、IWJのハイライト動画などを効果的にアピールする発想力や編集技術をお持ちで、外注として力になってくださる方も、ぜひご応募ください!

 岩上さんのインタビュー本編のバックに音楽を流すことは今後もありませんが、オープニングやエンディング、ハイライト、お知らせなどには、音楽を入れたり、モーショングラフィックを用いて、ハリウッドさながら(ちょっと大げさですが)の動画作成を試みたいと思っています。

 が、現状の動画班の人員・スキルでは、そうした工夫を凝らすことができていません。そうした演出などを手掛けられるスキルのある経験者の方、ぜひ、ご連絡いただきたいと思います。外注として携わってくださる方を募集します!ぜひ、ご応募ください。

 「事務班」は、フルタイムで働ける方をあと1、2名募集しています。電話やメールでの外部の方との連絡、岩上さんのスケジュールを把握した上でインタビューのアポ取り、講演や出張、各種イベントなどのスケジュール調整・準備などをおこなう他、IWJがおこなっている全国各地からの中継市民さんによる動画配信のスケジュール管理なども担います。IWJでは「事務・ハドル班」と名づけている部署です。「ハドル」とは、アメフト用語でいう「作戦会議」で、IWJのスケジューリングの基礎骨格を形作る、とても重要な仕事です。

 例えば、大臣会見などは、大手メディアの記者クラブが仕切っているのが現状で、午前中に取材の申し込みをしたとしても、記者クラブ側から返事が来るのが夕方から夜になることも多いため、ハドル班の業務は5時であがり帰れる仕事ではありません。夜の8時、9時ころまで働ける方を募集しています。そのかわり、朝のスタートは11時頃と遅めです。また、逆に事務班は朝早目の出勤となります。

 いずれの職種も、パソコン・スマホの操作を行えることは必須条件です。またいずれもIWJを支える上で非常に重要な役割を担っているので、ときにはプレッシャーのかかる場面に直面することもあります。そうしたときほど、私たちIWJスタッフはチームで動くことを大切にし、スタッフ全員の力を合わせて乗り越えてきました。そのため、協調性とコミュニケーション能力の高い方を募集しています。

 岩上さんがオーバーワークであるのはすでにみなさま御存知かとも思います。その上、上記のようにスラップ裁判の負担が重くのしかかります。岩上さんが体調を崩してしまうほどのオーバーワークをしなくてすむように、皆様、どうかお支え下さい。

 なお、報酬については、IWJはスタート時こそ研修期間2ヶ月のみ時給1000円ですが、以後、能力と実績によって順次昇給していきます。高給とは言えませんが、どうか誤解なきよう、IWJは決してブラック企業ではありません。

 経営者の岩上さんだけは経営者なので労基法に縛られず、不休で働いています(それが原因で過労で倒れたりするので、スタッフも会員の皆様も、大変心配しているのですが)。しかし、スタッフは労基法に則り、ローテーションで各自週休2日。過剰な残業は制限し、オーバーワークにならないように配慮しています。サービス残業などもちろんなし。社労士と顧問契約を結び、そのご指導のもと、労基法を遵守しています。機材、交通費などの必要経費は会社が負担し、社会保険ももちろん完備です。従業員への給与の遅払い、不払いなどのトラブルは、過去に一度もありません。

 今、国会では裁量労働制の話題で持ちきりですが、かつて労働基準法がもっとも厳格だった時代でも、メディアで働く記者や編集者などの頭脳労働職(企画業務職)は、時間の制限なく働く裁量労働制が認められていましたが、IWJでは、テキスト班のような頭脳労働・企画型業務の職種であっても裁量労働制を適用せず、タイムカードで労働時間をきちんと記録し、残業代もきちんと支払い、夜遅い場合は労基法通り深夜割り増しもきちんとつけています。安倍政権が裁量労働制を拡大しようとするのに対し、逆行するように、本来、裁量労働が認められている分野でも裁量労働制をなくし、過労にならないようにつとめています。

 他方、他の仕事と兼業したい、あくまで独立業者として関わりたい、家事・育児があるのでパートで働きたい等々のリクエストにも柔軟に応じて、パートタイム、兼業、業務委託、外注などの働き方もあります。地方の方で在宅で働いている方もおられます。

 現在、IWJは深刻な人手不足ではありますが、少しずつながらもスタッフが新たに加わりつつあります。お迷いの方も、ぜひ、急いでご応募ください!ご応募は、以下のフォームからお願いいたします!

※【IWJレギュラースタッフ募集フォーム】
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdbeeE8cGfuFucSge58KaR0vRQF5-uYoc52DeRCENG4u3_1mg/viewform

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2018.3.10 Sat.**

 あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【IWJ_OKAYAMA1】10:00~「『3.11への祈り おかやま』~追悼と脱原発のつどい~」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=okayama1

 岡山で開催される集いの模様を中継します。内容は、さよなら原発ウォーク、講演会、追悼会などを予定。
——————-

【IWJ_AICHI1】11:30〜「今こそ結集を!『ここ愛知から』小沢一郎自由党代表、愛知に来たる!」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=aichi1

 「自由党愛知県総支部連合会」主催の勉強会を中継します。
——————-

【IWJ_IWATE1】15:40頃~「さようなら原発岩手県集会2018アピール行進」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=iwate1

 「さようなら原発岩手県集会2018実行委員会」主催による集会とアピール行進を中継します。基調講演は河合弘之弁護士。
——————-

【ツイキャス・エリアCh1・大阪】17:00~「日本共産党 緊急街頭演説 天王寺MIO前 -弁士:山下芳生 参議院議員、辰巳孝太郎 参議院議員、宮本岳志 衆議院議員」
視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_areach1/

 大阪・天王寺で行われる日本共産党 緊急街頭演説を中継します。
——————-

【ツイキャス・エリア Ch1・大阪】18:00過ぎ~「安倍政権の退陣を求める緊急街宣」
視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_areach1/

 大阪・京橋で行われる緊急街宣の模様を中継します。
——————-

【録画配信・IWJ_KYOTO1】19:00~「緊急開催 公開シンポジウム 立て看・吉田寮問題から京大の学内管理強化を考える」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=kyoto1

 2月13日収録の公開シンポジウムを録画配信します。「『立て看・吉田寮問題から京大の学内管理強化を考える』シンポジウム準備会」、「吉田寮自治会」が共催。
——————-

【タイムリー再配信 121・IWJ_Youtube Live】20:00~「不自然過ぎる森友決裁文書! やはり文書改竄は事実か!? 内閣総辞職してもらわなければ『ただの独裁国家で人治国家』!? 民進党・小西洋之参院議員に岩上安身がインタビュー!」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi
 
 3月6日収録の岩上安身による民進党・小西洋之参議院議員インタビューを再配信します。

============

◆中継番組表◆

**2018.3.11 Sun.**

 あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【ツイキャス・エリア Ch1・大阪】14:00~「第70回 ゴー宣道場『新世代の憲法論』―特別ゲスト:京都大学法学部教授・曽我部真裕氏」
視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_areach1/

 小林よしのり氏主催で開催される「ゴー宣道場」を中継します。登壇者は京都大学教授・曽我部真裕氏、山尾志桜里議員。
——————-

【Ch5】17:00~「0311 原発ゼロ☆国会前大集会 -福島・共に未来へ-」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

 首都圏反原発連合主催による国会前大集会を中継します。
——————-

【ツイキャス・IWJ_KYOTO1】18:30~「山城博治さんを迎えて3.11 京都集会」
視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_kyoto1

 「No Base! 沖縄とつながる京都の会」主催による集会を中継します。

============

◆中継番組表◆

これ以降の予定で決定しているものは、以下のカレンダーよりご覧いただけます。あわせてご確認ください。

→「配信カレンダー」 https://iwj.co.jp/channels/main/calendar.html
(あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

「会計検査院を冒涜している!佐川宣寿 国税庁長官らを懲戒解雇を含む処分にすべき!」〜国有地の定額譲渡の真相解明を求める弁護士・研究者の会による会計検査院への申し入れ後の記者会見
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/414208

更田豊志委員長「福島原発事故から7年ではなく、まだ事故は7年間続いている…」原子力規制委員会の姿勢・考え方は大きく変わってきている――決して風化させてはならない実状〜原子力規制委員会更田豊志委員長 定例会見
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/414130

森友文書「改竄」疑惑で野党6党が結束!共産・小池議員「この書き換えが事実であれば内閣総辞職に値する!」国政調査権による原本の提出を要求へ!~財務省「森友文書」改ざん疑惑野党合同院内集会
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/414238

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 それでは本日も一日、どうぞよろしくお願いいたします!

IWJ編集部(城石裕幸、林真帆、原力雄、岩上安身)
IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 http://iwj.co.jp/