日刊IWJガイド・番組表「裁量労働制は削除されても高度プロフェッショナル制度は残す!? 5日連続24時間勤務も可能に!?/自民党の山田賢司衆院議員が朝鮮籍と北朝鮮国籍をあえて混同!? メデイアや政治に蔓延するヘイトクライム誘発発言!/『県には原発運転停止の権限がある!同意ない柏崎刈羽原発の再稼働なら法的手段も辞さない!?』本日21時から岩上安身による米山隆一・新潟県知事インタビューを配信!さらに明日はSLAPP訴訟編へと続きます!」2018.3.2日号~No.1996号~


■■■ 日刊IWJガイド・番組表「裁量労働制は削除されても高度プロフェッショナル制度は残す!? 5日連続24時間勤務も可能に!?/自民党の山田賢司衆院議員が朝鮮籍と北朝鮮国籍をあえて混同!? メデイアや政治に蔓延するヘイトクライム誘発発言!/『県には原発運転停止の権限がある!同意ない柏崎刈羽原発の再稼働なら法的手段も辞さない!?』本日21時から岩上安身による米山隆一・新潟県知事インタビューを配信!さらに明日はSLAPP訴訟編へと続きます!」2018.3.2日号~No.1996号~ ■■■(2018.3.2 8時00分)

 おはようございます。IWJ編集部です。

■裁量労働制は削除されても高度プロフェッショナル制度は残す!? 5日連続24時間勤務も可能に!?

 年明けから国会で議論されてきた「働き方改革」法案から、裁量労働制が削除されることが決まりました。

 働き方改革は、自民党安倍政権が今国会で最も重要な法案として成立を目指してきました。中でも裁量労働制の拡大は、この法案の根幹をなすものでしたが、根拠となる労働時間のデータが不適切に用いられていたため、これまで野党が厳しく追及してきました。特に、裁量労働制の拡大によって、政府の提出したデータとは逆に労働時間がかえって以前より長くなる事例が明らかになっています。IWJでも、この法案が労働環境の劣化やさらなる過労死の発生につながる危険性について繰り返し報道してきました。

※「裁量労働制は年収要件がなく、若い人がターゲットになる」〜安倍政権の「働き方改革」見直し求め、野党と市民が集会開催!過労死遺族「明らかに命が奪われる法律、見過ごせない」と憤り 2018.2.23
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/412983

※【国会ハイライト】今国会の目玉「働き方改革」の土台が崩壊!「裁量労働制のほうが一般労働者よりも労働時間が短いというデータもある」〜安倍総理が発言を謝罪・撤回!野党が追及、データ「捏造」疑惑も! 2018.2.22
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/412856

※「裁量労働制の拡大を電通が要請」安倍政権が進める「働き方改革」を立憲民主・長妻昭候補が厳しく批判! 「人々の力を潰す壁を厚く高くしている!」~立憲民主党・長妻昭候補 街頭演説 2017.10.15
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/401465

 裁量労働制の削除によって一歩前進したかのように見える「働き方改革」法案ですが、実は安心していられません。まだまだ懸念は残ります。安倍首相は、法案のもう一つの根幹となる「高度プロフェッショナル制度」を残すことをあわせて発表しました。この制度は一部の専門職に限って労働時間規制を外すもので、対象者は労働時間が長くなる可能性が高いことから野党は引き続き強く反対しています。

・首相、裁量制削除を正式表明 働き方法案、参院予算委(東京新聞 2018年3月1日)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018030101001185.html

 国会で参考人として意見陳述した法政大学の上西充子(みつこ)教授も、高度プロフェッショナル制度について危機感を示しています。この制度は医師やエンジニアなどの高年収の専門職を対象としていますが、こうした専門職でも過労死や過労自殺がこれまでに起きており、自律的な働き方は保証されていません。

 専門職の過労自殺に関し、2月21日の衆院予算委員会で開かれた公聴会に出席した、「全国過労死を考える家族の会」の代表世話人の寺西笑子さんが、随行者の「全国過労死家族の会」東京代表の中原のり子さんの話を紹介しています。

 中原のり子さんは、1999年に小児科医だった夫・中原利郎さんを、44歳の若さでの過労自殺で亡くされています。利郎さんが亡くなった時、事務机には「少子化と経営効率のはざまで」と題された遺書があり、「閉塞感の中で私には医師という職業を続けていく気力も体力もありません」と綴られていたそうです。のり子さんは、「夫は安倍政権の狙う高度プロフェッショナル制度の先取りで過労死した」と訴え、現在医師の働き方改革に取り組まれています。

※【国会ハイライト】「お宅は過労死ではない。裁量労働だったからね」〜全国過労死を考える家族の会・寺西笑子氏が国会で「過労死」の実態を次々告発!「働き方改革」は「過労死促進法だ」 2018.2.21
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/412962

・私のマニフェスト 医師の長時間勤務禁止(アサヒ・コム、2009年8月4日)
http://www.asahi.com/special/09016/TKY200908030387.html

 さらに、この制度の導入によって24時間連続×5日勤務が制度的に可能になることも上西教授と厚生労働省の議論で明らかになっています。労働時間の長期化や過労に伴う健康被害の可能性を秘めた「働き方改革」法案、この動向を巡ってIWJでは引き続き政府の方針を厳しく監視していきます。

・「働き方改革」一括法案、連日24時間勤務の命令も可能に。制度の欠陥では、との問いに厚労省担当者は沈黙(Yahoo! ニュース 2017年12月18日)
https://news.yahoo.co.jp/byline/uenishimitsuko/20171218-00079405/

※【国会ハイライト】「『野党対策』で比較データが作られたのではないか」〜「働き方改革」目指す安倍政権を厚労省が「忖度」!? 法政大・上西充子(みつこ)教授が意見陳述!「裁量労働制」めぐる政府のトリックを解説! 2018.2.21
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/412973

■消費者行政の担当大臣福井照氏が出資金詐欺で提訴されていた!? 「資質」が問われるのは安倍政権そのものではないのか!?

 安倍政権を巡っては、就任早々閣僚のスキャンダルが発覚しています。

 昨日の衆議院予算委員会で、希望の党の今井雅人氏は福井照沖縄・北方担当大臣が自身の後援会元幹部による出資金詐欺について、2008年4月に大臣本人も訴訟を受けていたことから、福井大臣の消費者行政トップとしての「資質」を追及しました。これに対して、福井氏は記憶が曖昧であることを理由に明確な回答をしていません。

 福井氏は、自身の健康上の理由で一昨日辞任をした江崎鉄磨氏を引き継ぎ、内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、消費者及び食品安全、海洋政策)に就任したばかりです。しかし、福井氏は大臣就任会見でも北方領土の色丹(しこたん)島を「しゃこたん島」と言い間違えており、これが問題発言として取り上げられています。

・衆院予算委 福井消費者相、出資金詐取問題「調査する」(毎日新聞 2018年3月1日)
https://mainichi.jp/articles/20180301/k00/00m/010/077000c

・就任会見で「色丹島」を言い間違え… 福井・沖縄北方相が謝罪(朝日新聞 2018年2月28日)
http://www.huffingtonpost.jp/2018/02/27/northernterritories_a_23372796/

 さらに、この他にも福井氏は自民党報道局長を務めていた2014年11月当時、元経済産業省官僚の古賀茂明氏が出演した番組「報道ステーション」の放送内容について、「偏向報道」であったと警告を出しています。長期にわたる安倍政権の中でも、度々出てくる閣僚の不祥事や問題発言からは、政権自体の「資質」にも疑いが出ていると言えます。

※内閣支持率急落でも相変わらず!? 腐った権力とメディアの結託を暴く! 岩上安身による元経産省官僚・古賀茂明氏インタビュー・その1 2017.6.22
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/384862

※古賀茂明氏出演の「報ステ」にクレームを入れたのは「山口敬之準強姦事件」を揉み消した中村格氏だった! 外国特派員協会で古賀氏が記者会見、安倍政権の権力乱用の実態を告発! 2017.6.5
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/381910

※「沖縄は“カネ”に困っている」と印象操作して「沖縄以外で選挙に勝てばいい」? 宜野湾市長選における政府の「魂胆」を古賀茂明氏が暴露! 2015.12.18
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/279533

■自民党の山田賢司衆院議員が朝鮮籍と北朝鮮国籍をあえて混同!? メデイアや政治に蔓延するヘイトクライム誘発発言!

 北朝鮮問題を巡って、メディアや政治の場面でヘイトスピーチが蔓延しつつあります。

 ことの発端は、先月2月11日のフジテレビの番組『ワイドナショー』で国際政治学者の三浦瑠璃氏が「日本国内に北朝鮮のテロリストがいる」という意味の発言をしたことでした。その後、2月23日には東京都千代田区の在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部で、ヘイトスピーチデモの常習者だった右翼関係者らによる拳銃発砲事件が発生しています。

※大阪にテロリスト分子が「やばい数」潜伏中? 『ワイドナショー』で政治学者・三浦瑠麗氏が垂れ流した戦争プロパガンダを検証!三浦氏の「ヘイト発言」を大物芸人・松本人志氏が擁護!? 2018.2.18
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/412551

※野放しにされていた路上のヘイトスピーチが、ついに一線を超え、朝鮮総連本部への銃撃にまでエスカレート! 容疑者は「鶴橋大虐殺」を叫んだ少女の父親と安田浩一氏が証言! 「ヘイトスピーチとヘイトクライムは地続きである」! 2018.2.24
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/413061

 国会においても自民党の山田賢司議員が国連安保理決議を理由に、「在日朝鮮人の権利を制限すべきだ」という趣旨の発言を、発砲事件と同じ23日の衆議院予算委員会での質疑でしています。

 山田氏はこの質疑の冒頭で、用意周到に「北朝鮮への『国連安保理決議2270号主文17』の『北朝鮮の核開発、核兵器運搬システムの開発に寄与しうる分野の、(中略)北朝鮮国民に対する専門教育、または訓練を防止する義務』を徹底して求めることがヘイトスピーチに該当するか」と質問。法務省人権擁護局長の「安保理決議の履行を徹底するよう求めること自体は、いわゆるヘイトスピーチに直ちに該当するものではない」との答弁を引き出した上で、在日朝鮮人に対する差別や弾圧にもつながりかねない危険な質問を行いました。

 山田氏はまず、「サンフランシスコ講和条約で日本国籍を喪失した韓国・朝鮮籍者のうち、大韓民国の国籍を保有する以外の方はどこの国民に当たるのか」と質問。法務省が「『朝鮮半島出身者』。出入国管理で使う用語の『朝鮮』は国籍を意味するものではない」と答えたにもかかわらず、朝鮮学校が北朝鮮と関わりがあることを理由に、朝鮮大学が物理工学や情報工学の授業を行っていることを取り上げて「明らかに国連安保理決議違反ではないでしょうか」と追及。

 法務省が「直ちに問題になるとは考えていない」と答えるや、「直ちに問題があったら大問題なんであってね。これ、(中略)我が国は率先して厳格に履行していかないといけないんじゃないか。もう一点、国連安保理決議2375の主文17では全ての加盟国は自国の管轄権内において、北朝鮮国民への労働許可を提供しないことを決定するとしています。我が国国内において、北朝鮮国籍者に対して労働許可を提供しないことをどのように担保しているのか」と質問をしました。

 これに対し、佐藤正久外務副大臣が「北朝鮮籍者に対しては労働許可を発給した事例は現時点では確認されておりません」と答弁。すると山田氏は「北朝鮮籍者に対してはやってないということなんです。先ほど来の答弁で朝鮮籍の人が北朝鮮籍者かどうかわからないということであれば、この制裁を履行徹底するっていうことはできないんじゃないか」と述べました。

 答弁を全て確認すればわかりますが、法務省も外務副大臣も「朝鮮籍の人が北朝鮮籍者かどうかわからない」などとは、一言も言っていません。戦後70年以上もたった現在、「朝鮮籍」と「北朝鮮国籍」を混同している日本人は珍しくありません。しかし、山田氏はサンフランシスコ講和条約で日本国籍を喪失した朝鮮籍者が北朝鮮国籍ではないことを認識した上で、あえて朝鮮大学を槍玉にあげ、さらには在日朝鮮人から就労の機会を奪えという主張を誘発しかねない、非常に危険な差別扇動を国会の場で質問という形を借りて行ったのです。

 山田氏は最後にもう一度「ヘイトスピーチに該当するのか」と法務省に確認し、法務省は「先ほどお答えした通りです」と答えています。最初の確認の時に法務省人権擁護局長は、「我が国に居住する方々を排斥する意図がなく、また差別的表現を用いるものでないならば」との留保つきで、安保理決議の履行を求めることはヘイトスピーチではないと答えたにすぎません。

 なお、ヘイト解消法の条文でも法務省のガイドラインでも、「差別的表現」はヘイトスピーチの必須条件ではありません。

・自民党・山田賢司議員が国連安保理決議の国内履行状況に疑問呈する質疑「曖昧な解釈している」(Buzznews、2018年2月23日)
http://www.buzznews.jp/?p=2115363

※朝鮮高校を無償化から排除した下村博文元文科相は「裁量権の逸脱」!!「処分は違法・無効」!! ――東京判決を前に~広島・大阪判決を考える学習会~ 2017.7.30
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/393889

※「わたしたちは国民じゃないかもしれない!しかし同じ国に住んで働いている生活者です!」~どれだけ叫べばいいのだろう?奪われ続けた声がある~朝鮮学校「高校無償化裁判」全国集会 2017.10.25
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/403485

※「『ともに生きよう』という私たちの思いは間違っていなかった」〜ヘイトスピーチ対策法案に関する緊急記者会見 2016.5.12
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/301328

※ヘイトスピーチ解消法成立前に後戻り? 有田芳生議員が法務省の態度に懸念を表明! 現状と今後の課題を識者らが報告――人種差別撤廃基本法を求める議員連盟主催の院内集会 2017.5.10
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/377672

 さらには維新の会の足立康史議員がツイッターで「立憲は 北朝鮮の 工作員」と発言したことが、問題になっています。

・「立憲は 北朝鮮の 工作員」足立康史議員の発言に立憲民主党反発「言葉を失った」(Buzznews、2018年2月28日)
http://www.buzznews.jp/?p=2115494

・立民、「北朝鮮の工作員」と中傷した維新・足立議員をツイッター社に報告へ 「あまりにひどいデマに言葉を失いました」(キャリコネニュース、2018年2月28日)
http://blogos.com/article/280687/

 先述の三浦瑠麗氏もゴシップペーパーをソースにした無根拠発言をしていましたが、無根拠なデマや暴言で足立議員に並ぶ人間は、そういないのではないでしょうか?

 なお足立議員は2月5日の衆議院予算委員会でも、石破茂・元地方創生相を「加計学園問題の本丸」、辻元清美衆議院議員を「国交副大臣の時に(自治体に)補助金を配って(国有地購入費を実質)ゼロ円にした」などと根拠不明のデマ発言を繰り返しています。野党6党は2月7日、足立議員の6度目の懲罰動議を提出しています。足立議員の暴言についてはIWJでも度々取り上げていますので、ぜひこちらもあわせてお読みください!

※「バカ・アホ」の維新・足立康史議員が国会で立憲・福山哲郎幹事長や希望・玉木雄一郎代表、自民・石破茂元幹事長を「犯罪者」呼ばわり! 安倍政権アシストの「ゆ党」維新に何の存在価値があるのか!? 2017.11.17
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/405558

※「東の長谷川豊」「西の足立康史」――暴言マシーン2人を抱える日本維新の会は地盤の大阪でも支持を減らす! そんな維新は8割もの候補者が北朝鮮への軍事力行使を容認! 2017.10.24
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/403436

 これまで報道しているように、安倍政権は米国の方針に追従することでかえって北朝鮮との対立を悪化させ、北朝鮮を刺激するような方針を取り続ける一方で、戦争回避に向けた具体的な取り組みをしていません。

 そうした中、国内でも政権の掲げる「北朝鮮の脅威」を大義名分とした、在日朝鮮人に対するデマや差別意識が広まることはヘイトスピーチやヘイトクライムの横行だけでなく、足立議員の発言にも見られるように、対立勢力へのレッテル張りとして悪用される危険性にもつながります。IWJでは、このような風潮を今後も逐一報道することで、ヘイトスピーチの問題を追及していきます。

■「県には原発運転停止の権限がある! 同意ない柏崎刈羽原発の再稼働なら法的手段も辞さない!?」本日21時から岩上安身による米山隆一・新潟県知事インタビューを配信!さらに明日はSLAPP訴訟編に続きます!

 本日21時からYouTube Liveで2月16日に新潟県庁内で収録された米山隆一知事インタビューを録画配信します!

 今回、岩上さんが新潟まで米山知事を訪ねた目的は大きく二つ。原発事故や避難について、新潟県独自の検証委員会を創設した米山県政について。もう一つは、昨年10月に投稿したツイートをめぐり、大阪府の松井一郎知事に550万円の損害賠償を求める裁判を起こされ、全面的に争う姿勢を見せている米山知事に、ことの真相をお聞きするためです。

 本日、配信するのは、新潟県の対原発行政に関して。昨年12月、原子力規制委が柏崎刈羽原発2基が新規制基準に適合していると判断しましたが、今後、知事はどう対応するのか、全国から注目が集まっています。

 地方自治権をいかんなく発揮する米山知事は、「県には原発運転停止の権限がある!同意ない柏崎刈羽原発の再稼働なら法的手段も辞さない」と、頼もしい姿勢を見せていますが、その根拠や想いについて岩上さんがたっぷりとお聞きしました。

 新潟県といえば、福島原発事故後、安全と安心を求め、多くの被災者、特に子供を持つ母親が避難した先でもあります。米山知事を誕生させた2016年の県知事選では避難ママも選対の中で中心的役割を担っていました。

 そうして、被災者が信頼を寄せてきた新潟県ですが、泉田前知事の時代には心配する必要のなかった「戦争リスク」が、北朝鮮情勢の緊迫化にともなって、再浮上しています。米軍が武力行使を行えば、北朝鮮が日本の原発、とりわけ北朝鮮に近い日本海側の原発を狙ってミサイルを発射する可能性が高いと見られているからです。

 去年9月15日に岩上さんは、脱原発弁護団全国連絡会共同代表の河合弘之弁護士へインタビューを行なっています。その中で河合氏は「一番狙いやすいのは、一番近い高浜なんです。運転中の原発は文字通り沸騰している。これが襲われれば即時に爆発的被害が発生する。停めてある原発も危険だが、危険度が違うんです」と、有事の際に原発が抱えるリスクを憂慮しています。

 同時に河合氏は「ミサイルをロフテッド軌道で撃つと、マッハ20。これを撃ち落とすことがどれだけ大変か。これをイージス艦で撃ち漏らしたらPAC3というが、PAC3の射程は20km」と、現在アメリカの言い値のままに、実効性の乏しい迎撃用ミサイルを買い込む日本の防衛省の無知ぶりを指摘しています。

※【実況ツイ録】「真の愛国者ならミサイル危機を案じ、原発停止を主張すべきだ」〜北朝鮮のミサイル攻撃を想定し高浜原発運転停止を訴える! 岩上安身による河合弘之弁護士インタビュー・ダイジェスト 2017.9.15
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/398678

※「真の愛国者ならミサイル危機を案じ、原発停止を主張すべきだ」〜北朝鮮のミサイル攻撃を想定し高浜原発運転停止を訴える! 岩上安身による河合弘之弁護士インタビュー 2017.9.15
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/398232

 一方、改憲勢力が先の衆院選挙で3分の2以上を確保したことで、自民党が改憲草案に盛り込んでいる「緊急事態条項」が実現する危険性も現実味を帯びています。発令された場合は地方自治権も奪われ、避難の自由は今以上に制約される恐れも。

 「悪用される可能性のある条項は作るべきではない」と、弁護士の立場からも同条項の必要性を明確に否定した米山知事。

 知事、医師、そして弁護士として多角的な視点で国とは一線を画した県政を運営している新潟県・米山県政は、他の都道府県も見習うべき点は多いのではないかと、岩上さんも高く評価。本日配信のインタビューは約60分と見やすい長さになっていますので、ぜひ、ご覧ください!

=========================
★【録画配信・Youtube Live】21:00~
県には原発運転停止の権限がある!同意ない柏崎刈羽原発の再稼働なら法的手段も辞さない!?~新潟県・米山隆一知事に岩上安身が訊く!地方自治が制限される「緊急事態条項」は不要と断言!
[収録日時] 2018年2月16日(金)
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi
=========================

 そして明日は引き続き、松井一郎・大阪府知事から米山知事に対する「SLAPP訴訟編」をお送りいたします!こちらもお見逃しなく。

=========================
★【録画配信・Youtube Live】21:00~
県には原発運転停止の権限がある!! 同意なく再稼働なら法的手段もとる!! 一方、松井大阪府知事から米山知事への訴訟が!橋下徹氏から岩上安身へも!SLAPP訴訟との疑念!? 岩上安身による新潟県知事米山隆一氏インタビュー
[収録日時] 2018年2月17日(土)
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi
=========================

■お詫びと訂正

 昨日発行の日刊ガイドの【新記事紹介】でタイトルに誤りがありました。

IWJ青森中継市民が現地レポート! 繰り返される米軍機事故! 三沢基地F-15がエンジン火災で小川原湖に燃料タンク投棄! そのわずか30km先には危険な六ケ所核燃料再処理施設が! 直撃していたら北半球が壊滅!!

正しくはF-16でした。
お詫びして訂正いたします。

※IWJ青森中継市民が現地レポート! 繰り返される米軍機事故! 三沢基地F-16がエンジン火災で小川原湖に燃料タンク投棄! そのわずか30km先には危険な六ケ所核燃料再処理施設が! 直撃していたら北半球が壊滅!! 2018.2.22
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/413576

■IWJの取材活動、そして何よりも橋下徹・元大阪府知事からの不当な「スラップ訴訟」を戦い抜く岩上さんへのあたたかいご支援をよろしくお願いします!

 これまでにもお伝えしたように、岩上さんは橋下徹・元大阪府知事からの不当な「スラップ訴訟」に対し、堂々と応訴することを固く決意しています。

 岩上さんの日頃の口癖は「体はボロボロ、財布はスカスカ、だけど闘志はメラメラ」。岩上さんは、心はいつも以上に熱く燃えているとお話していますが、やはり裁判を戦いぬくには多大な労力と費用がかかります。どうか、皆様のあたたかいご支援で、岩上さんとIWJを、ご支援願いたいと存じます。

 毎日、皆様からの応援メッセージも多数寄せられています!本日はその中からご了承をえて2つをご紹介させていただきます。

=========================
少しですが、裁判費用などに充てていただければと思います。
岩上さんの体調が悪い事、大変心配です。どうぞ無理をなさいませんように、お伝えください。

辻 りえ子様
=========================
わずかばかりのご寄付で心苦しいのですが、少しでも裁判費用の足しにしていただければ幸いです。
こんなスラップ訴訟が訴訟たり得ること自体、驚きと怒りを感じています。
岩上さんも体調もよくないなか本当に大変だと思いますが、どうか勝訴をと気持ちではたくさんの支援を送りたい気持ちでいっぱいです。

S.N.様
=========================

 辻様、S.N.様、温かいメッセージを本当にありがとうございました!

 IWJは会員の方々からの会費と、皆様からのカンパ・ご寄付で成り立っています。この日刊ガイドをお読みになっていて、まだ会員登録がおすみでない方は、ぜひこの機会にご検討ください。

 IWJは岩上さんのインタビューだけでなく、こうした貴重で重要な講演会やシンポジウムも数多く取材しています。IWJのアーカイブ記事は基本的に先生方の講演内容を編集せず、そのまま全てご覧いただけます。これらの全編動画は会員の方のみに公開しています。

 また、岩上さんによるインタビュー・アーカイブは、現在、800本を超えています。学者や研究者、活動家、ジャーナリスト、政治家、さらには作家、芸術家など、様々な方々と岩上さんがじっくりと向き合うことで引き出された、情報と知恵の宝庫とも言える内容となっています。またオリジナルコンテンツだけでなく、記者会見や集会、シンポジウムなどの公共コンテンツなども合わせると、3月現在アーカイブの総本数は2万本を超え、日々増え続けています。

 サポート会員へご登録いただければ、これらのインタビュー・アーカイブの数々を、いつでもご都合の良い時にご覧いただけます。現在、YouTubeLiveでの無料視聴をご利用されている方も、この機会にIWJ会員へのご登録を! また会費未納等でいったん休眠会員となられている方は再開を、ぜひご検討ください!

 IWJの有料会員制度は1ヶ月千円、支払いをまとめてお得な1年1万円の一般会員と、1ヶ月3千円、まとめてお得な年3万円からのサポート会員の2種類です。会費は、クレジットカード、銀行振込(ゆうちょ銀行を含む)でお支払いいただけます。IWJの活動は、会員の皆様のこの会費によって支えられています。詳細は下記URLより御確認ください。

※IWJ会員のご案内
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 また、残念ながらこの会費収入だけでは、IWJの取材経費を賄えておりません。IWJ会員の会費に加えて、皆さまからのカンパ・ご寄付が貴重な財源になっております。

 IWJは一昨日も東京から関西での取材も兼ねて大阪市長会見に記者を派遣しました。また、これまでにもお伝えしているように、橋下徹・元大阪府知事から不当な「スラップ訴訟」を起こされた岩上さんは、大阪での弁護士探しや打ち合わせ、そして裁判での手続きのたびごとに大阪まで行かなければなりません。

 明日、明後日とかけて、岩上さんはそうした打ち合わせのために大阪へ出張する予定です。経済的な負担だけでなく、岩上さんには時間的、体力的にも負担が生じています。どうか皆様のあたたかい応援と合わせて、ご寄付・カンパを、そして不当な提訴に対して裁判を戦い抜くための義援金をよろしくお願いいたします。

※ネットにおける言論の自由を守る! 岩上安身が橋下徹氏からのSLAPP訴訟に応訴で立ち向かう!
https://iwj.co.jp/wj/open/iwakamiyasumi_slapp

 千円からクレジットカードでのお振込みも可能になりました。ぜひこの機会にご検討いただければ幸いです。

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願い致します。
http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

■IWJを支えてくださるスタッフを緊急大募集中!

 連日のお知らせとなります。IWJは現在、人手不足に直面しています。IWJでともに働いてくださるスタッフ、及びボランティアスタッフの方を大募集中です。

 職種は「テキスト」「事務」の2種類です。「IWJを内側から支えていきたい!」とお考えくださる方は、以下の職種の概要をご一読の上、ぜひご応募ください。

 「テキスト班」:現在お読みのこの日刊IWJガイドの執筆の他、IWJの「主力コンテンツ」「看板番組」とも言える岩上さんのインタビュー用パワーポイント資料の作成やリサーチ、実況ツイートなどをおこないます。岩上さんのインタビューは、このようなアシストをするスタッフとの協働作業によって成り立っています。こうした作業は、兼業や在宅、地方在住の方でも可能です。

 もちろん、テキスト班は「黒子」的、「裏方」的な仕事だけではなく、自ら記者として現場に赴いて取材を行い、自身の記事の執筆もします。記者は多くの場合、取材現場での動画撮影カメラマンも兼ねます。

 現在、テキスト班は、重要な役割を担っていた複数の若手メンバーが、それぞれの事情が重なって同時期に「卒業」することになっています。そのため、岩上さんは大胆な「改革」を試み、新たに「エディター・ライターシステム」を採用することになりました。

 エディターは「発注する側」として、IWJとしてはどのような話題を記事にすればいいのかを常に考え、ライターに記事を書いてもらうよう発注します。もちろん、ただ発注するだけでなく、扱う話題をどのように書いてもらうか、という点にも細心の注意を払わなければなりません。つまり、テーマを探り、ライターを手配し、多くの原稿を集めて、読んで、確認し、再び書き直してもらうという編集業務を担当します。とても重要な仕事です。

 編集業務は、これまでは岩上さんが一手に引き受けてきました。すべての企画を立て、すべての原稿を読んで書き直し、ゼロから新人記者を育成してゆく、という仕事も担っていたのです。しかし、ジャーナリスト、編集長、経営者としての仕事の過剰負担で体調を崩し、さらに橋下氏との裁判が加わったため、岩上さんの負担は非常に重くなっています。岩上さんの負担を少しでも軽くするためにも、エディターは大事な役割を担うことになります。

 ライターは「発注される側」として、どのような記事を書けばよいのか、具体的な指示を受けつつ、記事にする話題の鮮度が落ちないうちに、素早く、かつ、質の高い記事を書くことが求められます。また、ときには現場に出て取材し、記者会見で質問する、といった役割も求められます。

 エディター、ライターともに重要な仕事で、両者がいてはじめて、世に記事を送り出すことができます。

 現在、エディターは、特に専業のフルタイムで働きたい方を、絶賛募集中です。また、週5日で働くことは難しいけど、週に3日から4日程度なら事務所に出てきて働ける、という方も歓迎します! 一方でライターは、フルタイムは難しいけど、兼業でやりたい! 現役のフリーライターだけど、仕事が欲しい!勉強熱心な非常勤講師の方、リサーチとパワーポイントなら作成したい(そういう方も実際に働いています)という方でも大歓迎です!

 前記の通り、能力と情熱をお持ちの方であれば、ライターは在宅、兼業、地方在宅でも可能です。地方在住で、在宅でテキスト関連の業務をお手伝いしてくださっている方もいます。資料の読解力や文章力、リサーチ能力といった情報処理能力と、チームで動く協調性、事務処理能力のある方をお待ちしています。

 何か得意分野をひとつでもお持ちの方、ぜひ、履歴書をお送りいただき、一度面接にいらしてください! ご応募をお待ちしております。年齢・性別・経験・未経験は問いません。

 「中継・動画班」としての募集は、いったん終了させていただきましたが、世の中に数多あるYouTube動画の中で、IWJのハイライト動画などを効果的にアピールする発想力や編集技術をお持ちで、外注として力になってくださる方は、ぜひご応募ください!

 岩上さんのインタビュー本編のバックに音楽を流すことは今後もありませんが、オープニングやエンディング、ハイライト、お知らせなどには、音楽を入れたり、モーショングラフィックを用いて、ハリウッドさながら(ちょっと大げさですが)の動画作成を試みたいと思っています。が、現状の動画班の人員・スキルではそうした工夫を凝らすことができていません。そうした演出などを手掛けられるスキルのある経験者の方、ぜひ、ご連絡いただきたいと思います。外注として携わってくださる方を募集します!ぜひ、ご応募ください。

 「事務班」は、フルタイムで働ける方をあと1、2名募集しています。電話やメールでの外部の方との連絡、岩上さんのスケジュールを把握した上でインタビューのアポイントメント取り、講演や出張、各種イベントなどのスケジュール調整・準備などをおこなう他、IWJがおこなっている全国各地からの中継市民さんによる動画配信のスケジュール管理なども担います。IWJでは「事務・ハドル班」と名づけている部署です。「ハドル」とは、アメフト用語でいう「作戦会議」で、IWJのスケジューリングの基礎骨格を形作る、とても重要な仕事です。

 例えば、大臣会見などは、大手メディアの記者クラブが仕切っているのが現状で、午前中に取材の申し込みをしたとしても、記者クラブ側から返事が来るのが夕方から夜になることも多いため、ハドル班の業務は9時~5時で帰れる仕事ではありません。夜の8時、9時ころまで働ける方を募集しています。そのかわり、朝のスタートは11時頃と遅めです。また、逆に事務班は朝早目の出勤となります。

 いずれの職種も、パソコンの操作を行えることは必須条件です。またいずれもIWJを支える上で非常に重要な役割を担っているので、ときにはプレッシャーのかかる場面に直面することもあります。そうしたときほど、私たちIWJスタッフはチームで動くことを大切にし、スタッフ全員の力を合わせて乗り越えてきました。そのため、協調性とコミュニケーション能力の高い方を募集しています。

 岩上さんがオーバーワークであるのはすでにみなさま御存知かとも思います。その上、上記のようにスラップ裁判の負担が重くのしかかります。岩上さんが体調を崩してしまうほどのオーバーワークをしなくてすむように、皆様、どうかお支え下さい。

 なお、報酬については、IWJはスタート時こそ研修期間2ヶ月のみ時給1000円ですが、以後、能力と実績によって順次昇給していきます。高給とは言えませんが、どうか誤解なきよう、IWJは決してブラック企業ではありません。

 経営者の岩上さんだけは経営者なので労基法に縛られず、不休で働いています(それが原因で過労で倒れたりするので、スタッフも会員の皆様も、大変心配しているのですが)。しかし、スタッフは労基法に則り、ローテーションで各自週休2日。過剰な残業は制限し、オーバーワークにならないように配慮しています。サービス残業などもちろんなし。社労士と顧問契約を結び、そのご指導のもと、労基法を遵守しています。機材、交通費などの必要経費は会社が負担し、社会保険ももちろん完備です。従業員への給与の遅払い、不払いなどのトラブルは、過去に一度もありません。

 かつて、労働基準法がもっとも厳格だった時代でも、記者や編集者などの頭脳労働職(企画業務職)は、時間の制限なく働く裁量労働制が認められていましたが、IWJでは、テキスト班のような頭脳労働・企画型業務であっても裁量労働制を適用せず、タイムカードで労働時間をきちんと記録し、残業代もきちんと支払い、夜遅い場合は労基法通り深夜割り増しもきちんとつけています。安倍政権が裁量労働制を拡大しようとするのに対し、逆行するように、本来、裁量労働が認められている分野でも裁量労働制をなくし、過労にならないようにつとめています。

 他方、他の仕事と兼業したい、あくまで独立業者として関わりたい、家事・育児があるのでパートで働きたい等々のリクエストにも柔軟に応じて、パートタイム、兼業、業務委託、外注などの働き方もあります。地方の方で在宅で働いている方もおられます。

 現在、IWJは深刻な人手不足ではありますが、少しずつながらもスタッフが新たに加わりつつあります。お迷いの方も、ぜひ、急いでご応募ください!ご応募は、以下のフォームからお願いいたします!

※【IWJレギュラースタッフ募集フォーム】
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdbeeE8cGfuFucSge58KaR0vRQF5-uYoc52DeRCENG4u3_1mg/viewform

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2018.3.2 Fri.**

 あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【ツイキャス・エリアCh1・大阪】18:30~「『日韓合意』は解決ではない~政府は加害責任を果たせ!~中野敏男さん講演会」
視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_areach1

 「日本軍『慰安婦』問題・関西ネットワーク」主催の講演会を中継します。
——————-

【Ch6】19:30~「働き方改革法案・裁量って労働者のじゃなく、企業のだろ?!0302国会前抗議」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=6

 働き方改革法案に反対する抗議行動を中継します。
——————-

【録画配信・Youtube Live】21:00~「県には原発運転停止の権限がある!同意ない柏崎刈羽原発の再稼働なら法的手段も辞さない!? ~新潟県・米山隆一知事に岩上安身が訊く!地方自治が制限される『緊急事態条項』は不要と断言!」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2月16日収録の岩上安身による新潟県知事米山隆一氏インタビューを録画配信します。

▲▽▲▽官邸前抗議関連 ▽▲▽▲

【Ch5】18:30~「再稼働反対!首相官邸前抗議」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5
——————-

【IWJ_TOKYO8】18:00~「原発反対八王子行動」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=tokyo8

============

◆中継番組表◆

**2018.3.3 Sat.**

 あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【ツイキャス・エリアCh1・大阪】13:30~「『琉球独立は可能か』~刊行を祝す出版記念の集い~金城実・松島泰勝著出版記念トーク」
視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_areach1

 『琉球独立は可能か』刊行を祝す出版記念の集いを中継します。※第1部のみ中継
——————-

【ツイキャス・IWJ_KYOTO1】14:00~「安保法制廃止、立憲主義実現をめざす京都市民連合@右京スタート集会」
視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_kyoto1

 「安保法制廃止、立憲主義実現をめざす京都市民連合@右京」主催の集会を中継します。講師は白井聡氏(京都精華大学専任講師)、岡歩美氏(市民連合みえ)。
——————-

【録画配信・IWJ_FUKUSHIMA1】19:00~「南相馬、小高のいま、未来を共有するための対話集会 ~国際放射線防護委員会(ICRP)の協力による対話の継続~ 1日目・小高地区内の現地見学」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=fukushima1

 2月10日、11日におこなわれた「福島ダイアログ:南相馬、小高のいま、未来を共有するための対話集会」から、 2月10日収録の 小高地区内現地見学の模様を録画配信します。
——————-

【録画配信・Youtube Live】21:00~「松井大阪府知事が米山新潟県知事を提訴!岩上安身にも橋下徹氏から不当な提訴が!言論の自由を強く委縮させ、抑圧するためのSLAPPとの疑念!? 岩上安身による米山隆一氏インタビュー」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2月16日収録の岩上安身による新潟県知事米山隆一氏インタビューを録画配信します。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

IWJ青森中継市民が現地レポート! 繰り返される米軍機事故!三沢基地F-16がエンジン火災で小川原湖に燃料タンク投棄!そのわずか30km先には危険な六ケ所核燃料再処理施設が! 直撃していたら北半球が壊滅!!
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/413576

【第363号】岩上安身のIWJ特報!自民党改憲草案の緊急事態条項は戦前の国家総動員法の起動スイッチ!?衆院解散で「ナチスの手口」がいよいよ現実に!? 岩上安身による早稲田大学・長谷部恭男教授インタビュー(その8)
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/413345

【岩上安身のファイト&スポーツ】ルイス・ネリが前回のドーピング問題に続き今回は疑惑の体重超過!山中慎介は怒りをこめたKO勝ちで、全ての鬱憤を晴らすべし!!
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/413562

冤罪被害者がこじ開けた再審の扉を閉ざす検察の横暴!袴田さんの自由確定こそ最終ラウンド!再審請求中の死刑執行にまで踏み出した現政権に警戒も~袴田巖さんの再審を開始せよ!全国集会
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/413079

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 それでは本日も一日、どうぞよろしくお願いいたします!

IWJ編集部(栗原廉・城石裕幸・ぎぎまき・段田亜由美・岩上安身)
IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 http://iwj.co.jp/