日刊IWJガイド・番組表「『虚偽答弁』疑惑の佐川国税庁長官のもと確定申告開始!実は知られていないが『マイナンバー不記載でも書類は受理される』!?/本日20時【籠池夫妻の不当長期勾留に反対! 許すな!人質司法!特集・再配信】『陸山会事件を振り返る 石川知裕前衆議院議員の裁判報告会』配信!/本日『岩上安身のIWJ特報』発行! 『自民党改憲草案の緊急事態条項は戦前の国家総動員法の起動スイッチ!? 衆院解散で「ナチスの手口」がいよいよ現実に!? 岩上安身による早稲田大学・長谷部恭男教授インタビュー』後編!」2018.2.26日号~No.1992号~


■■■ 日刊IWJガイド・番組表「『虚偽答弁』疑惑の佐川国税庁長官のもと確定申告開始!実は知られていないが『マイナンバー不記載でも書類は受理される』!?/本日20時【籠池夫妻の不当長期勾留に反対! 許すな!人質司法!特集・再配信】『陸山会事件を振り返る 石川知裕前衆議院議員の裁判報告会』配信!/本日『岩上安身のIWJ特報』発行! 『自民党改憲草案の緊急事態条項は戦前の国家総動員法の起動スイッチ!? 衆院解散で「ナチスの手口」がいよいよ現実に!? 岩上安身による早稲田大学・長谷部恭男教授インタビュー』後編!」2018.2.26日号~No.1992号~ ■■■
(2018.2.26 8時00分)

 おはようございます。IWJ編集部です。

■【新記事紹介】「虚偽答弁」疑惑の佐川国税庁長官のもとに確定申告開始! 実は知られていないが「マイナンバー不記載でも書類は受理される」!? ~「共通番号いらないネット」代表世話人・白石孝氏に訊く

 2月16日、確定申告がスタートしました。

 今年、2018年の確定申告には、特に気の進まない人が多いことでしょう。なにせ、国民の税金を大切に預かる国税庁のトップが、あの、佐川宣寿(のぶひさ)長官なのです。昨年7月に「昇進」を遂げる前は、財務省理財局長として、「森友学園」問題をめぐり国会で徹底した「安倍政権擁護」答弁を繰り返した佐川長官。「学園との交渉記録は廃棄した」「価格交渉はなかった」とした佐川氏の答弁は、その後、野党やメディア、学者らによって次々と反証が示され、「虚偽答弁」の疑いはますます濃厚となりつつあります。

 公僕であるはずの公務員が、国民の代表が集う国会で嘘をついたということは、国民全員を欺いたことになります。その「罪」は、きわめて重いものであり、佐川氏が国税庁長官として栄転して、このままその「罪」が問われなければ、公務員全体のモラルが腐りきっていくでしょう。

※<スクープ!>森友学園関連で近畿財務局の『相談記録』が開示! 岩上安身による情報開示請求者・神戸学院大学教授 上脇博之氏インタビュー 2018.1.21
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/410088

※「安倍夫人」の名前で恫喝する籠池夫妻とひれ伏す官僚――マスコミでは伝えられない4時間もの「録音データ」を生々しい音声つきで公開! 岩上安身が共産党・辰巳孝太郎参院議員に訊く 2018.2.7
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/411646

 その佐川長官のもとで行われる確定申告について、国税庁のホームページを見てみると、「確定申告書等については、税務署へ提出する都度、『マイナンバーの記載』+『本人確認書類の提示又は写しの添付』が必要です」とあります。

 しかし実は、国税庁はマイナンバーの記載されていない書類であっても受理することを明言しているのです。

 そうは言っても、国が記載するよう求めているマイナンバーを記載しなければ、自分にとって何らかの不利益があるのではないか――?

 結論から言うと、そんな心配はまったくいりません。一体どうして? IWJは、「共通番号いらないネット」代表世話人の白石孝氏にお話をうかがいました。マイナンバーの記載をしなくても良いだけでなく、マイナンバーの利用が無批判に広がっていくことで、市民監視が広まる恐れもあります。続きはぜひ、記事をお読みください!

※「虚偽答弁」疑惑の佐川国税庁長官のもとに確定申告開始! 実は知られていないが「マイナンバー不記載でも書類は受理される」!?~「共通番号いらないネット」代表世話人・白石孝氏に訊く
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/413123

■平昌冬季五輪が閉会!つかのまの平和と友好の時が終わり、極東「世界にとって、とてもとても不幸なものになるかもしれない」!? 朝鮮半島の緊張緩和ムードを踏みにじるトランプ米政権が北朝鮮にさらなる圧力!

 平昌冬季五輪が昨日閉会式を迎えました。閉会式には米国からトランプ大統領の娘イバンカ補佐官が、北朝鮮からは金英哲(キム・ヨンチョル)労働党中央委員会副委員長(統一戦線部長)が訪韓します。金英哲氏は2010年3月に起きた韓国哨戒艦「天安」沈没事件を「主導した」とされていて、米国の独自制裁対象に指定されています。金英哲氏の訪韓に米国は不快感を示しています。

・米政府、金英哲の訪韓に“不快感”示す(ハンギョレ、2018年2月24日)
http://japan.hani.co.kr/arti/international/29866.html

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が、五輪参加を表明してからわずか1カ月ほどの間に、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は米国との合同軍事演習を延期し、開会式には金正恩氏の妹である金与正(キム・ヨジョン)氏が、北朝鮮の金一族としては初めて訪韓。さらに文大統領が訪朝することも約束されました。ロイター通信は「北朝鮮は、韓国・平昌で開幕した冬季五輪で最も重要なメダルの1つ、『外交の金メダル』を獲得する有力候補だ」と報じています。

・焦点:北朝鮮、平昌五輪で狙う「外交の金メダル」(ロイター、2018年2月13日)
https://jp.reuters.com/article/analysis-north-korea-oly-medal-idJPKBN1FX0L4

 その一方で、米国政府は五輪閉会を待たずに、23日、北朝鮮に対し新たな追加独自制裁を発表しました。北朝鮮は核・ミサイル実験を強行したことにより、すでに国連安保理の制裁が発動されています。これにより、北朝鮮は他国との石油や石炭などの取引が厳しく制限されていますが、洋上の船舶間でこれらの制裁品を移し替える「瀬取り」と呼ばれる海上密輸行為がおこなわれていると指摘されています。

 米国の新たな制裁は、この海上密輸行為に関与した北朝鮮、中国、香港、シンガポールなどに拠点を置く海運・貿易27社、パナマやタンザニア船籍などの船舶28隻、と1個人を対象にしています。この制裁で対象となった会社や個人は米国内資産を凍結され、米国人とのいかなる取引も禁じられます。

・対北朝鮮「過去最大の制裁」トランプ氏、海上密輸で追加(毎日新聞、2018年2月24日)
https://mainichi.jp/articles/20180224/k00/00e/030/319000c

 23日に記者会見したトランプ大統領は、「もし制裁がうまくいかなければ、第2段階に行くしかない。第2段階はかなり厳しいものになるかもしれない。世界にとって、とてもとても不幸なものになるかもしれない」と世界を巻きぞえにする可能性にまで言及し、北朝鮮について「本当に、ならず者国家だ。取引がまとめられるなら最高だが、もしできないなら、何かが起きないとならない」と述べています。

・米政府、「過去最大の」北朝鮮制裁を発表(BBCニュースジャパン、2018年2月24日)
http://www.bbc.com/japanese/43179972

 朝鮮半島の非核化は韓国と北朝鮮との問題であるはずです。当事国である韓国の意に反し、一方的に圧力をかけ続けたあげく、その次の段階として、「世界にとって、とてもとても不幸なものになるかもしれない」などと平然と言ってのけるトランプ米大統領の気がしれません。これは、北朝鮮に対してだけではなく、世界全体への脅しのようなものではないでしょうか。

 さらに、そんな米国に「100パーセント共にある」と言って恥知らずに自発的隷従を宣言する安倍政権の愚かさと無責任さに目がくらむ思いです。この愚かな権力者たちのために、日本が戦争に巻き込まれる危険性が今後、急激に高まる可能性を、十分認識しておく必要があります。

 朝鮮戦争が勃発すれば否応なく日本が当事者として巻き込まれる根拠のひとつが「朝鮮国連軍地位協定」です。日本人のほとんどが知らない、マスメディアがまったくといっていいほど取りあげない、この「朝鮮国連軍地位協定」については、ぜひ、以下の2つの記事のアーカイブをご覧ください。

※【広告連動企画】日本人が知らない冷戦構造「朝鮮国連軍体制」の衝撃!在日米軍基地は朝鮮有事で「後方基地」に!『朝鮮戦争は、なぜ終わらないのか』著者・五味洋治氏に岩上安身が訊く! 2017.12.11
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/407374

※朝鮮戦争が再開すれば核ミサイルの標的は「主権なき緩衝国家=日本」!? 日米地位協定改定で占領状態に終止符を~岩上安身による『主権なき平和国家』共著者 伊勢崎賢治氏・布施祐仁氏インタビュー 2017.12.3
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/406676

■本日20時より! 【籠池夫妻の不当な長期勾留に反対! 許すな! 人質司法! シリーズ特集・タイムリー再配信 4】「『石川さん、検察に対して「ツケを返せ!」と言ってくれ』 ──陸山会事件を振り返る 石川知裕前衆議院議員の裁判報告会(コーディネーター・岩上安身)」を配信します!

 安倍政権の存続を揺るがす大スキャンダルとして大きな注目を集めた学校法人森友学園への国有地売却問題。安倍昭恵総理夫人との親密さを強調してきた同学園の元理事長の籠池泰典氏、その妻の諄子氏は、2017年7月31日、国の補助金を搾取した詐欺の容疑で大阪地検特捜部に逮捕されました。そして現在まで、半年以上にもわたる、人権を無視した長期勾留と接見禁止状態が続いています。これには安倍総理に不都合な存在となった籠池夫妻を隔離しておくための不当な勾留ではないか、という批判の声が上がっています。

 検察が「罪証隠滅のおそれがある」として保釈に反対し、裁判官も同意して保釈を認めず、長期間、被疑者の身柄を拘束して精神的肉体的に疲弊させ、最終的に検事の言いなりに調書に署名させる「人質司法」の問題は、IWJ発足以前から岩上さんが取り上げ続けているテーマです。

 本日は20時より、2015年2月21日に行われた岩上さんコーディネートのシンポジウム「『石川さん、検察に対して「ツケを返せ!」と言ってくれ』 ──陸山会事件を振り返る 石川知裕前衆議院議員の裁判報告会」を再配信いたします。

 この事件は、2004年10月、小沢一郎氏の資金管理団体の陸山会が、東京の世田谷に4億円で土地を購入したことに着目した検察が、贈収賄での立件を試みたものです。

 小沢氏の元秘書で、現職の国会議員だった石川知裕氏を含む3名が2010年に逮捕され、政治資金規正法違反の容疑で全員が有罪となりました。しかし、石川氏の取り調べ段階での調書捏造が発覚するなど、特捜部の捜査方法には問題が多く、小沢氏失脚を狙った国策捜査との声が上がっていました。さらに、検察リーク情報を流し続けたマスメディアの偏向ぶりが際立つ事件でもありました。小沢氏については、検察審査会が強制起訴を行ったが、2012年に無罪判決が確定しています。

 北海道帯広市で行われたこのシンポジウムでは、石川知裕氏と、石川氏の弁護を担当した安田好弘弁護士、河合匡秀弁護士をゲストに迎え、岩上さんがコーディネーターを務めて、陸山会事件を振り返りました。司法の闇ともいうべき、この「人質司法」の問題点を理解するためにも、本日の再配信はぜひ多くの方にご覧いただきたいと思います。

======================================
【籠池夫妻の不当な長期勾留に反対! 許すな!人質司法!シリーズ特集・タイムリー再配信 4・IWJ_Youtube Live】20:00~「『石川さん、検察に対して「ツケを返せ!」と言ってくれ』 ──陸山会事件を振り返る 石川知裕前衆議院議員の裁判報告会(コーディネーター・岩上安身)」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi
======================================

■「岩上安身によるインタビュー」 人気コンテンツDVD化のためのアンケート始めます!

 いつもIWJをご支援いただきありがとうございます。

 このたび、IWJでは、以前より皆様から、たびたびリクエストいただいている「岩上安身によるインタビュー」の人気コンテンツのDVD化をおこなうことが決定しました!

 まずは、 人気コンテンツを確認するためにアンケートを開始します! 複数のリクエスト、構いません!

 これまでおこなったインタビューは800以上あり、膨大な量となります。この中から「このインタビューをDVD化してほしい」というものがありましたら、ぜひお声をお寄せいただければと存じます。アンケート用ページは現在作成中です。近日中に公開予定ですので、皆様からの多くのリクエストをお待ちしています!

 皆様からの投票により、希望が高いものは、DVD化を検討します。実際にDVD化する際には、出演者の方のご了解や著作権等について確認する必要があります。そのため、必ずしも、希望の高いものを全てDVD化できるわけではないことをご了承ください。

■本日、メルマガ「岩上安身のIWJ特報!」を発行します!2月号は「自民党改憲草案の緊急事態条項は戦前の国家総動員法の起動スイッチ!? 衆院解散で『ナチスの手口』がいよいよ現実に!? 岩上安身による早稲田大学・長谷部恭男教授インタビュー」後編です!

 昨日から「岩上安身のIWJ特報!」を発行しています!昨日発行した第360号は、昨日25日から28日までの間に、1日1本ずつ、全部で4本発行していく予定です。

 360号で扱ったのは、ドイツの法哲学者カール・シュミットが打ち出した「委任独裁」と「主権独裁」という概念。長谷部氏が「どちらかというと真っ当な独裁」だというのは「委任独裁」。つまり、「真っ当ではない独裁」が「主権独裁」ということになりますが、長谷部氏はインタビューの中で、「具体的な政治状況によっては、どんなに立憲主義に即した憲法制度が整っていても、主権独裁は出現する可能性がある」と語りました。

 そして後半からは、ドイツの憲法・ボン基本法の話に入ります。最初に取り上げられるのは、「永久条項」として名高い第79条3項。この条文には、ドイツ憲法が守ろうとしている価値が象徴されています。

 自民党は、憲法改正推進本部が発行する「日本国憲法改正草案 Q&A 増補版」の中で、「なぜ憲法を改正する必要があるのか?」という問いに対し、各国の改憲回数を持ち出し、「ドイツに至っては59回も憲法改正を行っています。しかし、日本は戦後一度として改正していません」と述べ、日本も改憲すべきだという趣旨の回答をしていますが、ドイツ憲法の特徴を少し知るだけで、このロジックがいかに低レベルなものであるか、はっきりとわかります。

 本日発行する第361号では、ドイツ憲法の「戦う民主主義」と緊急事態対応について扱います!

 最新号の「IWJ特報!」は、メルマガスタンド「まぐまぐ」よりご購読いただけます。ぜひ、この機会にご登録ください!

※「岩上安身のIWJ特報!」ご購読はこちらから(月額864円、初月無料)
http://www.mag2.com/m/0001334810.html

 なお、IWJのウェブサイトでは、この「IWJ特報!」のバックナンバーを単品で購入することができます。非会員の方は1本あたり500円、一般会員の方は1本あたり50円でお買い求めいただけます。サポート会員にご登録いただくと、すべてのバックナンバーを無料でお読みいただけます。この機会にぜひ、ご利用ください。

※【第356号】岩上安身のIWJ特報! 自民党改憲草案の緊急事態条項は戦前の国家総動員法の起動スイッチ!? 衆院解散で「ナチスの手口」がいよいよ現実に!? 岩上安身による早稲田大学・長谷部恭男教授インタビュー (その1) 2018.1.28
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/410724

※【第357号】岩上安身のIWJ特報!自民党改憲草案の緊急事態条項は戦前の国家総動員法の起動スイッチ!? 衆院解散で「ナチスの手口」がいよいよ現実に!? 岩上安身による早稲田大学・長谷部恭男教授インタビュー(その2) 2018.1.29
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/410764

※【第358号】岩上安身のIWJ特報!自民党改憲草案の緊急事態条項は戦前の国家総動員法の起動スイッチ!? 衆院解散で「ナチスの手口」がいよいよ現実に!? 岩上安身による早稲田大学・長谷部恭男教授インタビュー(その3) 2018.1.31
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/411064

※【第359号】岩上安身のIWJ特報!自民党改憲草案の緊急事態条項は戦前の国家総動員法の起動スイッチ!? 衆院解散で「ナチスの手口」がいよいよ現実に!? 岩上安身による早稲田大学・長谷部恭男教授インタビュー(その4) 2018.1.31
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/411123

 『ナチスの「手口」と緊急事態条項』のもう一人の共著者で、ドイツ近現代史を専門とする東京大学・石田勇治教授は自民党改憲草案の「緊急事態条項」を「(ナチスの)授権法と大統領緊急令の2つをあわせたようなものです」と指摘しています。

※参院3分の2議席で日本でも現実に! 安倍政権が「学ぶ」「ナチスの手口」とは何か? 絶対悪ヒトラー独裁政権の誕生過程を徹底検証! ~岩上安身による石田勇治・東京大学教授インタビュー(前編) 2016.7.1
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/313466

※参院3分の2議席で日本でも現実に! 安倍政権が「学ぶ」「ナチスの手口」とは何か? 絶対悪ヒトラー独裁政権の誕生過程を徹底検証! ~岩上安身による石田勇治・東京大学教授インタビュー(後編) 2016.7.1
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/323391

 IWJでは多数の識者の方々へ、この問題について取材・インタビューを重ねています。特集ページとしてまとめてもいますので、ぜひこちらも御覧ください。

※これこそ「ナチスの手口」! 9条を含めすべての現行憲法秩序を眠らせ、日本改造を行う「緊急事態条項」 この上ない危険性!!
https://iwj.co.jp/wj/open/%E7%B7%8A%E6%80%A5%E4%BA%8B%E6%85%8B%E6%9D%A1%E9%A0%85%E7%89%B9%E9%9B%86

 「じっくりとテキストの形で理解を進めたい」という方には、自民党改憲案と現行憲法を徹底的に比較・解説したこちらがおすすめです! 大切な方への贈り物としてもどうぞ!

※【増補改訂版・岩上安身サイン入り】前夜 日本国憲法と自民党改憲案を読み解く
https://iwj.co.jp/ec/products/detail.php?product_id=171

※【増補改訂版】前夜 日本国憲法と自民党改憲案を読み解く
https://iwj.co.jp/ec/products/detail.php?product_id=169

■IWJの取材活動、そして何よりも橋下徹・元大阪府知事からの不当な「スラップ訴訟」を戦い抜く岩上さんへのあたたかいご支援をよろしくお願いします!

 これまでにもお伝えしたように、岩上さんは橋下徹・元大阪府知事からの不当な「スラップ訴訟」に対し、堂々と応訴することを固く決意しています。

 岩上さんの日頃の口癖は「体はボロボロ、財布はスカスカ、だけど闘志はメラメラ」。岩上さんは、心はいつも以上に熱く燃えているとお話していますが、やはり裁判を戦いぬくには多大な労力と費用がかかります。どうか、皆様のあたたかいご支援で、岩上さんとIWJを、ご支援願いたいと存じます。

 IWJは会員の方々からの会費と、皆様からのカンパ・ご寄付で成り立っています。この日刊ガイドをお読みになっていて、まだ会員登録がおすみでない方は、ぜひこの機会にご検討ください。

 岩上さんによるインタビュー・アーカイブは、現在、800本を超えています。学者や研究者、活動家、ジャーナリスト、政治家、さらには作家、芸術家など、様々な方々と岩上さんがじっくりと向き合うことで引き出された、情報と知恵の宝庫とも言える内容となっています。

 サポート会員へご登録いただければ、これらのインタビュー・アーカイブの数々を、いつでもご都合の良い時にご覧いただけます。現在、YouTubeLiveでの無料視聴をご利用されている方も、この機会にIWJ会員へのご登録を! また会費未納等でいったん休眠会員となられている方は再開を、ぜひご検討ください!

 IWJの有料会員制度は1ヶ月千円、支払いをまとめてお得な1年1万円の一般会員と、1ヶ月3千円、まとめてお得な年3万円からのサポート会員の2種類です。会費は、クレジットカード、銀行振込(ゆうちょ銀行を含む)でお支払いいただけます。IWJの活動は、会員の皆様のこの会費によって支えられています。詳細は下記URLより御確認ください。

※IWJ会員のご案内
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 また、残念ながらこの会費収入だけでは、IWJの取材経費を賄えておりません。IWJ会員の会費に加えて、皆さまからのカンパ・ご寄付が貴重な財源になっております。

 IWJは一昨日も東京から関西での取材も兼ねて大阪市長会見に記者を派遣しました。また、これまでにもお伝えしているように、橋下徹・元大阪府知事から不当な「スラップ訴訟」を起こされた岩上さんは、大阪での弁護士探しや打ち合わせ、そして裁判での手続きのたびごとに大阪まで行かなければなりません。経済的な負担だけでなく、岩上さんには時間的、体力的にも負担が生じています。どうか皆様のあたたかい応援と合わせて、ご寄付・カンパをよろしくお願いいたします。

※ネットにおける言論の自由を守る! 岩上安身が橋下徹氏からのSLAPP訴訟に応訴で立ち向かう!
https://iwj.co.jp/wj/open/iwakamiyasumi_slapp

 千円からクレジットカードでのお振込みも可能になりました。ぜひこの機会にご検討いただければ幸いです。

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願い致します。
http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

■IWJを支えてくださるスタッフを緊急大募集中!

 連日のお知らせとなります。IWJは現在、人手不足に直面しています。IWJでともに働いてくださるスタッフ、及びボランティアスタッフの方を大募集中です。

 職種は「テキスト」「事務」の2種類です。「IWJを内側から支えていきたい!」とお考えくださる方は、以下の職種の概要をご一読の上、ぜひご応募ください。

 「テキスト班」:現在お読みのこの日刊IWJガイドの執筆の他、IWJの「主力コンテンツ」「看板番組」とも言える岩上さんのインタビュー用パワーポイント資料の作成やリサーチ、実況ツイートなどをおこないます。岩上さんのインタビューは、このようなアシストをするスタッフとの協働作業によって成り立っています。こうした作業は、兼業や在宅、地方在住の方でも可能です。

 もちろん、テキスト班は「黒子」的、「裏方」的な仕事だけではなく、自ら記者として現場に赴いて取材を行い、自身の記事の執筆もします。記者は多くの場合、取材現場での動画撮影カメラマンも兼ねます。

 現在、テキスト班は、重要な役割を担っていた複数の若手メンバーが、同時期に退職することになっています。そのため、岩上さんは大胆な「改革」を試み、新たに「エディター・ライターシステム」を採用することになりました。

 エディターは「発注する側」として、IWJとしてはどのような話題を記事にすればいいのかを常に考え、ライターに記事を書いてもらうよう発注します。もちろん、ただ発注するだけでなく、扱う話題をどのように書いてもらうか、という点にも細心の注意を払わなければなりません。つまり、テーマを探り、ライターを手配し、多くの原稿を集めて、読んで、確認し、再び書き直してもらうという編集業務を担当します。とても重要な仕事です。

 編集業務は、これまでは岩上さんが一手に引き受けてきました。すべての原稿を読んで書き直し、ゼロから新人記者を育成してゆく、という仕事も担っていたのです。しかし、ジャーナリスト、編集長、経営者としての仕事の過剰負担で体調を崩し、さらに橋下氏との裁判が加わったため、岩上さんの負担は非常に重くなっています。岩上さんの負担を少しでも軽くするためにも、エディターは大事な役割を担うことになります。

 ライターは「発注される側」として、どのような記事を書けばよいのか、具体的な指示を受けつつ、記事にする話題の鮮度が落ちないうちに、素早く、かつ、質の高い記事を書くことが求められます。また、ときには現場に出て取材し、記者会見で質問する、といった役割も求められます。

 エディター、ライターともに重要な仕事で、両者がいてはじめて、世に記事を送り出すことができます。

 現在、エディターは、特に専業のフルタイムで働きたい方を、絶賛募集中です。また、週5日で働くことは難しいけど、週に3日から4日程度なら事務所に出てきて働ける、という方も歓迎します! 一方でライターは、フルタイムは難しいけど、兼業でやりたい! 現役のフリーライターだけど、仕事が欲しい!勉強熱心な非常勤講師の方、リサーチとパワーポイントなら作成したい(そういう方も実際に働いています)という方でも大歓迎です!

 前記の通り、能力と情熱をお持ちの方であれば、ライターは在宅、兼業、地方在宅でも可能です。地方在住で、在宅でテキスト関連の業務をお手伝いしてくださっている方もいます。資料の読解力や文章力、リサーチ能力といった情報処理能力と、チームで動く協調性、事務処理能力のある方をお待ちしています。

 何か得意分野をひとつでもお持ちの方、ぜひ、履歴書をお送りいただき、一度面接にいらしてください! ご応募をお待ちしております。年齢・性別・経験・未経験は問いません。

 「中継・動画班」としての募集は、いったん終了させていただきましたが、世の中に数多あるYouTube動画の中で、IWJを効果的にアピールする発想力や編集技術をお持ちで、外注として力になってくださる方は、ぜひご応募ください!

 岩上さんのインタビュー本編のバックに音楽を流すことは今後もありませんが、オープニングやエンディング、ハイライト、お知らせなどには、音楽を入れたり、モーショングラフィックを用いて、ハリウッドさながら(ちょっと大げさですが)の動画作成を試みたいと思っています。が、現状の動画班の人員・スキルではそうした工夫を凝らすことができていません。そうした演出などを手掛けられるスキルのある経験者の方、ぜひ、ご連絡いただきたいと思います。外注として携わってくださる方を募集します!ぜひ、ご応募ください。

 「事務班」は、フルタイムで働ける方をあと1、2名募集しています。電話やメールでの外部の方との連絡、岩上さんのスケジュールを把握した上でインタビューのアポイントメント取り、講演や出張、各種イベントなどのスケジュール調整・準備などをおこなう他、IWJがおこなっている全国各地からの中継市民さんによる動画配信のスケジュール管理なども担います。IWJでは「事務・ハドル班」と名づけている部署です。「ハドル」とは、アメフト用語でいう「作戦会議」で、IWJのスケジューリングの基礎骨格を形作る、とても重要な仕事です。

 例えば、大臣会見などは、大手メディアの記者クラブが仕切っているのが現状で、午前中に取材の申し込みをしたとしても、記者クラブ側から返事が来るのが夕方から夜になることも多いため、ハドル班の業務は9時~5時で帰れる仕事ではありません。夜の8時、9時ころまで働ける方を募集しています。そのかわり、朝のスタートは11時頃と遅めです。また、逆に事務班は朝早目の出勤となります。

 いずれの職種も、パソコンの操作を行えることは必須条件です。またいずれもIWJを支える上で非常に重要な役割を担っているので、ときにはプレッシャーのかかる場面に直面することもあります。そうしたときほど、私たちIWJスタッフはチームで動くことを大切にし、スタッフ全員の力を合わせて乗り越えてきました。そのため、協調性とコミュニケーション能力の高い方を募集しています。

 岩上さんがオーバーワークであるのはすでにみなさま御存知かとも思います。その上、上記のようにスラップ裁判の負担が重くのしかかります。岩上さんが体調を崩してしまうほどのオーバーワークをしなくてすむように、皆様、どうかお支え下さい。

 なお、報酬については、IWJはスタート時こそ研修期間2ヶ月のみ時給1000円ですが、以後、能力と実績によって順次昇給していきます。高給とは言えませんが、どうか誤解なきよう、IWJは決してブラック企業ではありません。

 経営者の岩上さんだけは経営者なので労基法に縛られず、不休で働いています(それが原因で過労で倒れたりするので、スタッフも会員の皆様も、大変心配しているのですが)。しかし、スタッフは労基法に則り、ローテーションで各自週休2日。過剰な残業は制限し、オーバーワークにならないように配慮しています。サービス残業などもちろんなし。社労士と顧問契約を結び、そのご指導のもと、労基法を遵守しています。機材、交通費などの必要経費は会社が負担し、社会保険ももちろん完備です。従業員への給与の遅払い、不払いなどのトラブルは、過去に一度もありません。

 かつて、労働基準法がもっとも厳格だった時代でも、記者や編集者などの頭脳労働職(企画業務職)は、時間の制限なく働く裁量労働制が認められていましたが、IWJでは、テキスト班のような頭脳労働・企画型業務であっても裁量労働制を適用せず、タイムカードで労働時間をきちんと記録し、残業代もきちんと支払い、夜遅い場合は労基法通り深夜割り増しもきちんとつけています。安倍政権が裁量労働制を拡大しようとするのに対し、逆行するように、本来、裁量労働が認められている分野でも裁量労働制をなくし、過労にならないようにつとめています。

 他方、他の仕事と兼業したい、あくまで独立業者として関わりたい、家事・育児があるのでパートで働きたい等々のリクエストにも柔軟に応じて、パートタイム、兼業、業務委託などの働き方もあります。地方の方で在宅で働いている方もおられます。

 現在、IWJは深刻な人手不足ではありますが、少しずつながらもスタッフが新たに加わりつつあります。お迷いの方も、ぜひ、急いでご応募ください!ご応募は、以下のフォームからお願いいたします!

※【IWJレギュラースタッフ募集フォーム】
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdbeeE8cGfuFucSge58KaR0vRQF5-uYoc52DeRCENG4u3_1mg/viewform

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2018.2.26 Mon.**

 あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【Ch2】17:00~「東京電力 定例会見」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=2

 東京電力による記者会見を中継します。
——————-

【ツイキャス・エリアCh2・大阪】18:45頃~「いま日本の食卓があぶない!? 4月からの種子法廃止で、わたしたちの食べものはどうなる?―講師:元農林水産大臣 山田正彦さん」
視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_areach2

「種子法学習会実行委員会」主催の学習会を中継します。
——————-

【籠池夫妻の不当な長期勾留に反対! 許すな!人質司法!シリーズ特集・タイムリー再配信 4・IWJ_Youtube Live】20:00~「『石川さん、検察に対して「ツケを返せ!」と言ってくれ』 ──陸山会事件を振り返る 石川知裕前衆議院議員の裁判報告会(コーディネーター・岩上安身)」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2015年2月に収録した「石川ともひろの裁判を支援する会」主催の裁判報告会を再配信します。ゲストは安田好弘弁護士、河井匡秀弁護士。コーディネーターはIWJ代表・岩上安身。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/234574

============

◆中継番組表◆

**2018.2.27 Tue.**

 あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

調整中

============

◆中継番組表◆

これ以降の予定で決定しているものは、以下のカレンダーよりご覧いただけます。あわせてご確認ください。

→「配信カレンダー」 https://iwj.co.jp/channels/main/calendar.html
(あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

「働き方改革国会だ」とまで施政方針演説で宣言していた安倍総理が、捏造に近いデータが出てきたとたん厚労省に責任転嫁!「この構図は、森友・加計学園とまったく同じだ!?」 ~立憲民主党 福山哲郎幹事長定例会見
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/412728

「虚偽答弁」疑惑の佐川国税庁長官のもとに確定申告開始! 実は知られていないが「マイナンバー不記載でも書類は受理される」!? ~「共通番号いらないネット」代表世話人・白石孝氏に訊く
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/413123

野放しにされていた路上のヘイトスピーチが、ついに一線を超え、朝鮮総連本部への銃撃にまでエスカレート! 容疑者は「鶴橋大虐殺」を叫んだ少女の父親と安田浩一氏が証言! 「ヘイトスピーチとヘイトクライムは地続きである」!
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/413061

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 それでは本日も一日、どうぞよろしくお願いいたします!

IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 http://iwj.co.jp/