日刊IWJガイド・番組表「【沖縄】伊計島で米軍オスプレイからまたもや部品が落下!米海兵隊『航空計画』は全航空機の即応態勢が定常要件を下回っていることを公表/岩上さんは回復しつつも、スタッフ複数名がダウンのため、本日も簡易版にてお届け/でも、新テキスト記事は続々とアップ!!『リツイート行為に対する名誉毀損損害賠償請求事件』外国特派員協会記者会見/司法の場で議論されることに期待の声『自衛官の安保法違憲訴訟』」2018.2.10日号~No.1976号~


■■■ 日刊IWJガイド・番組表「【沖縄】伊計島で米軍オスプレイからまたもや部品が落下!米海兵隊『航空計画』は全航空機の即応態勢が定常要件を下回っていることを公表/岩上さんは回復しつつも、スタッフ複数名がダウンのため、本日も簡易版にてお届け/でも、新テキスト記事は続々とアップ!!『リツイート行為に対する名誉毀損損害賠償請求事件』外国特派員協会記者会見/司法の場で議論されることに期待の声『自衛官の安保法違憲訴訟』」2018.2.10日号~No.1976号~ ■■■
(2018.2.10 8時00分)

 おはようございます。IWJ編集部です。

 本ガイドは本日も簡易版でお届けしています。2月4日に岩上さんがツイートした通り、現在、IWJは風邪やインフルエンザなどで休むスタッフが相次いでいます。皆様はお元気でしょうか。

 風邪をひいても熱が出ても、休まず仕事をしていた岩上さんは、先週末から風邪をこじらせて本格的にダウンしてしまい、今週初めのインタビューをキャンセルしてしまいましたが、7日(水)の辰巳孝太郎議員のインタビューは決行。その翌日は、疲労がどっと出て、またダウンしてしまいましたが、昨日からは熱も引き、もう、フルに一日中働き始めています。スタッフの目からもだいぶ元気をとり戻しつつあるように見えます。が、あと一日程度はセーブした方がいいようにも思うのですが…。

※「安倍夫人」の名前で恫喝する籠池夫妻とひれ伏す官僚――マスコミでは伝えられない4時間もの「録音データ」を生々しい音声つきで公開! 岩上安身が共産党・辰巳孝太郎参院議員に訊く 2018.2.7

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/411646

・岩上安身ツイート

https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/960134195216461824

https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/960134911360253952

https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/960135321076736000

 米軍機のトラブル多発が常態化しています。

 昨日2月9日午前、沖縄県うるま市の伊計島で、米軍オスプレイのエンジンカバーとみられる部品が大泊ビーチに落下しているのを、清掃中のビーチ従業員が発見。浅瀬から部品を引き上げましたが、後の米軍からの報告で、8日に飛行したオスプレイの部品であることが判明しています。エンジンカバーと見られる部品は縦65センチ、横100センチ、幅70センチの大きさだといい、重さは約5キロ。幸い、怪我人はいませんでした。

 IWJはこうした米軍機トラブルが起きるたびに速報でお伝えしてきていますが、2018年に入っただけでも米軍機事故はこれで、すでに4度目。先月6日にも伊計島にUH1ヘリが不時着し、2日後の8日には、読谷村にAH1ヘリが不時着。さらに、同月23日には渡名喜村でAH1攻撃ヘリも不時着するという、異常な頻度を見せています。

・【速報】オスプレイ部品落下か 伊計島海岸で発見(琉球新報、2018年2月9日)

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-662274.html

※米軍ヘリ事故糾弾!米軍は訓練を即時中止せよ!沖縄の空を飛ぶな!緊急抗議集会 2018.1.10

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/409319

※「Very very very sorry」!? 謝意を示す米国側、しかし具体的要望には応じず!立憲民主党など野党6党が沖縄で相次ぐ米軍ヘリ事故について米国大使館へ直接抗議! 2018.2.2

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/411369

 原因追及を徹底しなければ、こうした米軍機事故は今後も多発するに違いありません。

 今年1月、米海兵隊が公表した「2018航空計画」によると、海兵隊の全航空機の即応態勢が定常の要件を下回り、過密な訓練や整備などの専門職人材の不足、不十分な資材や部品、航空機材の老朽化が指摘されています。

 沖縄に駐留する機体については「過酷な自然環境」によって腐食が起こりやすく、「塩害」などが機体の老朽化に影響していると分析。オスプレイやCH53については、部品の供給不足をはじめ、整備に関する人材の不足、整備訓練のカリキュラムの質に課題があると分析し、今後、海兵隊は単一の航空機が過酷な環境にさらされる時間を短縮するため、他の基地の機体との「ローテーション計画」を導入すると発表しています。

 つまり、米海兵隊自らが、事故が多発する要因を認識しているのです。

 しかし、小野寺五典防衛相は9日の会見で、落下物に関して米軍が即座に日本側に報告しなかった点では強い不快感を示したものの、根本的な解決に取り組む姿勢を見せることはありませんでした。沖縄に駐留する機体にそもそも問題があるのであれば、直ちに米軍側に飛行停止を求めるなど、住民の安全を優先し、米軍側に申し入れるべきです。

・全機種で即応不十分 沖縄の機体、腐食を懸念 海兵隊航空計画で指摘(琉球新報、2018年1月17日)

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-648082.html

 昨日は、平昌五輪の開会式に出席するため韓国を訪れた安倍総理と、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の間で首脳会談も行われています。

 北朝鮮問題については圧力を最大限まで高めていく必要性について共有したものの、両首脳の間には非核化へのアプローチに違いがあり、温度差が浮き彫りに。圧力一辺倒の安倍総理とは違い、会談の冒頭、文大統領は「朝鮮半島に恒久的な平和を定着させるための糸口を作る努力をしている」と述べ、対話姿勢を強調しました。

 また、従軍慰安婦問題をめぐっては、安倍総理が「日韓合意は最終的かつ不可逆的に解決したとの合意だ。国と国の約束は2国間関係の基盤だ」と伝えたのに対し、文大統領は「歴史を直視しながらも知恵を力を合わせて未来志向の関係を築いていきたい」と、首脳間で緊密な疎通を強化するため、「シャトル外交の回復」を提案したといいます。

・和やかな雰囲気も温度差浮き彫りに(テレビ朝日、2018年2月9日)

http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000120634.html

・日韓合意の着実な実施を 首相、韓国大統領に要請 (日経新聞、2018年2月9日)

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26746950Z00C18A2000000/

  昨日、平昌五輪の開会式前に開かれたレセプションで、安倍総理は北朝鮮のキム・ヨンナム最高人民会議常任委員長と会話したことが報じられました。金正恩体制下の北朝鮮幹部と安倍総理が話したのは、初めてだと伝えられています。

※安倍首相 北朝鮮キム・ヨンナム氏に日本の考え伝える(NHK、2018年2月9日)

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180209/k10011323221000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

 さて、新たにテキスト記事が作成されていますので紹介します。

 岩上さんは、日本外国特派員協会にて2018年2月2日、「リツイート行為に対する名誉毀損損害賠償請求事件」についての記者会見を行いました。1月22日の司法記者クラブ、自由報道協会に続いて、この件では三度目の記者会見です。

 岩上さんは、「すでに削除された、コメントもしていない、一つのリツイートに対して1万ドル(100万円)。一つのリツイートに対して、ある日、突然訴状が届く。これはギネスブックものだ」と述べ、「SNSカルチャーは世界中に広がっており、この裁判は日本国内だけの問題ではない」と強調しました。

 また、同会見の中で岩上さんは、以前、月刊誌『新潮45』に「大阪府知事は『病気』である」という記事を寄稿した精神科医の野田正彰氏が、橋下徹氏から訴えられましたが、最高裁で勝訴が確定した件や、日本では、反スラップ法を制定する機運はほとんどないなかで、同問題について詳密な研究をしたという烏賀陽弘道氏の存在についても触れています。

 さらに、「新たな名誉毀損として攻撃される可能性があった」との理由で、前回1月22日の記者会見で明らかにはできなかった元ツイート内容が、「橋下氏本人が明らかにしているので」との理由から、同会見に同席した坂仁根(ひとね)弁護士から説明がありました。

 同会見の詳細はテキスト記事して詳しくまとめています。ぜひご一読ください。なお、記事全部を読むためには会員登録が必要です。ぜひこの機会にご検討ください。

※橋下徹氏のスラップ訴訟!「請求原因は世界一ちっぽけでギネスものだが言論の自由への侵害はきわめて大きい」IWJ岩上安身が「日本にも反スラップ法が必要」と外国特派員協会で訴え!2018.2.2

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/411329

※IWJ会員のご案内

https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 また、本日も、橋下徹・元大阪府知事から卑小なスラップ訴訟を起こされた岩上さんに対し、ご声援をいただいております!

===
岩上安身さま、IWJスタッフの皆様、

橋下、安倍氏などを始めとする人物が暗躍し、日本の民主主義にとって危機的な状況
にある時ですが、どうぞお身体をご自愛くださいませ。
IWJはほんとうに貴重な存在です。だからこそお願いです。
どうかまずは皆さんまずは御身体を休ませてください。
私たちIWJの視聴者のほとんどは、おそらく報道が少し位遅れても、簡略化してもよ
いので、皆様の身体の回復を願っていると思います。
どんな場合もごまかしのない報道と民主主義の社会を追求し続けるIWJには心から感
謝しております。

(MH様より)
===

 温かいご声援のメッセージ、本当にありがとうございます!どうか、これからもご支援のほど、よろしくお願いいたします。橋下徹氏からのスラップ訴訟については、以下の特集ページをご覧ください。

※ネットにおける言論の自由を守る! 岩上安身が橋下徹氏からのSLAPP訴訟に応訴で立ち向かう!

https://iwj.co.jp/wj/open/iwakamiyasumi_slapp

 次は、「自衛官の安保法違憲訴訟」についてです。

 2015年9月に強行採決された安全保障関連法案、いわゆる安保法制は「違憲」なのか「合憲」なのか――。

 多くの国民が抱いてきたこの疑問が、ようやく司法の場で争われるチャンスが訪れようとしています。

 現職の自衛官が、安保法制にもとづく防衛出動命令は憲法9条に反するとして、国を相手に、命令に従う義務がないことの確認を求めた裁判で、東京高裁は先月31日、東京地裁に審理を差し戻しました。

 東京地裁は昨年3月、「防衛出動命令が発令される具体的・現実的可能性があるということはできない」とし、原告に「訴えの利益」がないとして、裁判での審理をおこなわず、門前払いしていました。しかし、東京高裁は「出動命令に従わない場合、刑事罰や懲戒処分を受ける可能性があり、訴えの利益はある」として、この判断を取り消しました。

・安保法訴訟 自衛官に「訴えの利益」 審理差し戻し 東京高裁判決(毎日新聞、2018年2月1日)

https://mainichi.jp/articles/20180201/ddm/041/040/070000c

 安保法制の違憲性を訴えて、全国21地裁に計24件の集団訴訟を起こしている「安保法制違憲訴訟の会」の福田護弁護士はIWJの取材に、「地裁が門前払いした請求に対して、中身の審理に入るよう判断したこと自体が重要な判決だ」と東京高裁の判断を高く評価。国が避けてきた安保法制の憲法議論が、これで実現するかもしれないと見込みを話しました。

 驚くべきことに、国は今回の裁判で「存立危機事態が生じることや防衛出動命令が発令されることがおよそ想定できない」と「門前払い」を求める主張をしていました。

 「存立危機事態」が生じない?ならばなぜ、解釈改憲を通じて集団的自衛権の行使を決め、「戦争法」とも呼ばれる安保法制を強行採決したのでしょうか?赤ちゃんを抱いたお母さんのイラストまで使って、安倍総理が米艦防護の必要性を問うたのは何だったのでしょうか?

 今回の国の主張はとんでもないものでしたが、東京地裁に審理は差し戻されたので、今後、初めて司法の場で安保法制の憲法議論が行われるかもしれません。詳しくはアップされた記事をご一読ください!

—————
※安保法は「違憲」か「合憲」か!? 初めて司法で争えるチャンス!国が避けてきた議論を司法の場に引きずり出した東京高裁!~現役自衛官の訴えを門前払いした一審判決を取り消し 2018.2.9

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/411836

—————

 岩上さんによるインタビュー・アーカイブは、現在、800本を超えます。学者や研究者、活動家、ジャーナリスト、政治家、さらには作家、芸術家など、様々な方々と岩上さんがじっくりと向き合うことで引き出された、情報と知恵の宝庫とも言える内容となっています。

 サポート会員へご登録いただければ、これらのインタビュー・アーカイブの数々を、いつでもご自身のご都合の良い時にご覧いただけます。現在、YouTube Liveでの無料視聴をご利用されている方は、この機会にIWJ会員へのご登録を、また会費未納等でいったん休眠会員となられている方は再開を、ぜひご検討ください!

 IWJの有料会員制度は1ヶ月千円、支払いをまとめてお得な1年1万円の一般会員と、1ヶ月3千円、まとめてお得な年3万円からのサポート会員の2種類です。会費は、クレジットカード、銀行振込(ゆうちょ銀行を含む)でお支払いいただけます。IWJの活動は、会員の皆様のこの会費によって支えられています。詳細は下記URLより御確認ください。

※IWJ会員のご案内

https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 また、IWJの活動資金の半分は、皆様からの毎月のご寄付・カンパによって支えられています。今後も、IWJが活動を続けていくことができるよう、継続的なご支援を何とぞよろしくお願いいたします。

※ご寄付・カンパのご支援はこちらから

http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 連日お伝えをしておりますが、IWJは現在、深刻な人手不足に直面しています。人手不足のオフィスをカバーしてくださるスタッフ・ボランティアスタッフを大募集中です。

 職種は「テキスト」「中継・動画」「事務」です。「IWJを内側から支えていきたい!」とお考えくださる方は、以下の職種の概要をご一読の上、ぜひご応募ください。

 「テキスト班」:現在お読みのこの日刊IWJガイドの執筆の他、IWJの「主力コンテンツ」とも言える岩上さんのインタビュー用パワーポイント資料の作成やリサーチ、実況ツイートなどをおこないます。岩上さんのインタビューは、パワポの作成など、アシストをするスタッフとの共同作業によって成り立っているわけです。岩上さんのインタビューが「密度が濃い」とおほめいただいているのは、リサーチやパワポを作成するスタッフの献身的なアシストがあるからでもあります。そうした「共同作業」にみなさんも加わってお力を発揮していただけないでしょうか?

 もちろん、テキスト班は「縁の下の力持ち」だけの仕事ではなく、自ら記者として現場に赴いて取材を行い、自身の記事の執筆もします。記者はおおむね、取材現場での動画撮影カメラマンも兼ねます。

 現場へ行く仕事もあれば、先述のパワポ作成やリサーチなど、机に向かってこなす仕事もあるのが、IWJのテキスト班の特徴です。単純な仕事の繰り返しで飽きが来る、ということはまずありません。事務所へ出社しフルタイムで働くことのできるコアスタッフとなっていただければ何よりですが、やることが多岐にわたり、全てはこなせない、というのも当然です。

 現場で取材し、記者会見で質問することが得意な人もいれば、事務所内でのパワポ作業が得意だという方もいらっしゃることでしょう。前者が体力勝負の仕事であれば、後者は知力を駆使する仕事と言い得るかもしれません。個性に応じた役割分担で、IWJで活躍してみませんか?

 能力と情熱をお持ちの方であれば、兼業でも在宅でも構いません。地方在住で、在宅でテキスト関連の業務をお手伝いしてくださっている方もいます。資料の読解力や文章力、リサーチ能力といった情報処理能力と、チームで動く協調性、事務処理能力のある方をお待ちしています。

 何か得意分野をひとつでもお持ちの方、ぜひ一度面接にいらしてください!ご応募をお待ちしております。年齢・性別・経験・未経験は問いません。

 「中継・動画班」:カメラマンとして現場に駆けつけ、取材を行い動画を編集するほか、簡単な記事を執筆することもあります。突然の取材にも飛び出して行ける俊敏性、丈夫な心身を具えた方を歓迎いたします。

 また、現在、動画編集に通じた方、技術を有する方も募集中です。こちらもテキスト班と同じく現場向きの方、PCに向かって編集を行うのが得意な方と、その人の個性に応じた仕事に取り組んでいただきます。多数のYouTube動画の中で、IWJを効果的にアピールする発想力や編集技術をお持ちの方、ぜひご応募ください!

 インタビューの本編はバックに音楽を流すことは今後もありませんが、オープニングやエンディング、ハイライト、お知らせなどは、音楽を入れたり、グラフィックを用いたり、もっと演出を試みたいと思っています。が、現状の動画班の人員・スキルではそうした演出が追いついていません。そうした演出などを手掛けられるスキルのある経験者など、ぜひ、ご連絡いただきたいと思います。外注でももちろん構いません。テレビ制作の下請けなどでVTR編集の経験のある方なども大歓迎です!

 「事務班」:電話やメールでの外部の方との連絡、岩上さんのスケジュールを把握した上でインタビューのアポイントメント取り、講演や出張、各種イベントなどのスケジュール調整・準備などをおこなう他、IWJがおこなっている全国各地からの中継市民さんによる動画配信のスケジュール管理なども担います。IWJでは「事務・ハドル班」と名づけている部署です。「ハドル」とは、アメフト用語でいう「作戦会議」で、IWJのスケジューリングの基礎骨格を形作る、とても重要な仕事です。

 例えば、大臣会見などは、大手メディアの記者クラブが仕切っているのが現状で、午前中に取材の申し込みをしたとしても、記者クラブ側から返事が来るのが夕方から夜になることも多いため、ハドル班の業務は9時~5時で帰れる仕事ではありません。夜の8時、9時ころまで働ける方を募集しています。そのかわり、朝のスタートは11時頃と遅めです。また、逆に事務班は朝早目の出勤となります。

 いずれの職種も、PCの操作を行えることは必須条件となります。またいずれもIWJを支える上で非常に重要な役割を担っているので、ときにはプレッシャーのかかる場面に直面することもあります。そうしたときほど、私たちIWJスタッフはチームで動くことを大切にし、スタッフ全員の力を合わせて乗り越えてきました。そのため、協調性とコミュニケーション能力の高い方を募集しています。岩上さんがオーバーワークであるのはすでにみなさま御存知かとも思います。岩上さんが体調を崩してしまうほどのオーバーワークをしなくてすむまでに、皆様、どうかお支え下さい。

 なお、報酬について、IWJは時給こそスタート時の研修期間2ヶ月のみ1000円で、以後、能力と実績によって順次昇給していきます。高給とは言えませんが、どうか誤解なきよう、IWJは決してブラック企業ではありません。

 経営者の岩上さんだけは経営者なので労基法に縛られず、不休で働いています(それが原因で過労で倒れたりするので、スタッフも会員の皆様も、大変心配しているのですが)。しかし、スタッフは労基法に則り、ローテーションで各自週休2日。過剰な月刊の残業時間は最大でも80時間を超えないように制限し、オーバーワークにならないように配慮しています。サビ残などもちろんなし。社労士と顧問契約を結び、そのご指導のもと、労基法を遵守しています。機材、交通費などの必要経費は会社が負担し、社保ももちろん完備です。従業員への給与の遅払い、不払いなどのトラブルは、過去に一度もありません。

 記者や編集者などの頭脳労働職は、時間の制限なく働く裁量労働制が、労基法がもっとも厳格だった時代でも認められていましたが、IWJでは、テキスト班のような頭脳労働でも裁量労働制ではなく、タイムカードで労働時間をきちんと記録し、残業代もきちんと支払い、夜遅い場合は労基法通り深夜割り増しもきちんとつけています。

 他方、他の仕事と兼業したい、あくまで独立業者として関わりたい、家事・育児があるのでパートで働きたい等々のリクエストにも柔軟に応じて、パートタイム、兼業、業務委託などの働き方もありです。地方の方で在宅で働いている方もおられます。

 現在、IWJは深刻な人手不足ではありますが、少しずつながらもスタッフが新たに加わりつつあります。お迷いの方も、ぜひ、急いでご応募ください!ご応募は、以下のフォームからお願いいたします!

※【IWJレギュラースタッフ募集フォーム】

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdbeeE8cGfuFucSge58KaR0vRQF5-uYoc52DeRCENG4u3_1mg/viewform

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2018.2.10 Sat.**

 あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【Ch4】13:00~「ストップ安倍暴走政治!2.10市民と野党の大街頭宣伝」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4

 新宿駅西口で開催される市民と野党の街頭宣伝を中継します。「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」主催、「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」共催。
——————-

【ツイキャス・IWJ_KYOTO1】14:00~「核兵器で平和は守れるか? ノーベル平和賞受賞 ICAN川崎哲さんが語る」
視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_kyoto1

 「ヒバクシャ国際署名を大きく広げる京都の会(ヒバクシャ署名京都の会)」、「京都原水爆被災者懇談会」、「京都府生活協同組合連合会」主催の講演会を中継します。
——————-

【ツイキャス・エリアCh3・埼玉】 14:00~「『石川真生 大琉球写真絵巻』-写真家・石川真生オープニングトーク部分」
視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_areach3

 丸木美術館で開催される「石川真生 大琉球写真絵巻」のオープニングトークを中継します。
——————-

【ツイキャス・IWJ_KYOTO1】「京都府知事選に関する内容」
視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_kyoto1

============

◆中継番組表◆

**2018.2.11 Sun.**

 あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

※調整中

============

◆中継番組表◆

これ以降の予定で決定しているものは、以下のカレンダーよりご覧いただけます。あわせてご確認ください。

→「配信カレンダー」 https://iwj.co.jp/channels/main/calendar.html
(あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

「安倍夫人」の名前で恫喝する籠池夫妻とひれ伏す官僚――マスコミでは伝えられない4時間もの「録音データ」を生々しい音声つきで公開! 岩上安身が共産党・辰巳孝太郎参院議員に訊く

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/411646

【岩上安身のツイ録】近畿財務局の役人と籠池夫妻の、生々しいやりとりを聞きながらの辰巳孝太郎議員インタビュー。方法論でも総合格闘技的だった上、ゲストの辰巳さん自身がMMAファンという興味深いシンクロ

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/411760

「確かにきれいだけど、ありゃダメだ。使えねぇや」市場機能無視の豊洲移転!オリンピック駐車場も後づけ?「築地市場を移転させること」自体が目的?! ~「築地でええじゃないか」市民有志が都庁前スタンディング

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/411693

福島原発で立て続けにトラブル発生! 第二セシウム吸着装置(SARRY)で異音と火花を確認、急きょ運転停止!雨水処理設備のホース連結部が外れ堰外へ漏水!福島第二原発1・2号廃棄物処理建屋でも火災発生!~東京電力定例会見

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/411691

◆昨日テキストアップした記事はこちらです◆

フクシマを見て住民は立ち上がった!クダンクラム原発反対運動を写真家アミルタラジ氏が報告・日印原子力協定で広がる失望も「政府と企業に圧力を」~原発をインドにもどこにも売るな!原発輸出に反対する院内集会

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/410490

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 では、本日もIWJをどうぞよろしくお願いいたします!

IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 http://iwj.co.jp/