日刊IWJガイド・番組表「橋下徹氏からの『スラップ訴訟』について会員様から岩上さんへの応援のメッセージが連日、続々と届いています! 感謝です!/「<スクープ!>森友学園関連で近畿財務局の『相談記録』が開示! 岩上安身による情報開示請求者・神戸学院大学教授 上脇博之氏インタビュー」を昨日緊急配信&記事アップ!/現在、IWJはスタッフを緊急募集中!/明日は岩上さんが東京経済大学准教授の早尾貴紀氏に訳書『パレスチナの民族浄化』についてインタビュー! イスラエル建国に伴う諸元の暴力とは!?」2018.1.24日号~No.1959号~


■■■ 日刊IWJガイド・番組表「橋下徹氏からの『スラップ訴訟』について会員様から岩上さんへの応援のメッセージが連日、続々と届いています! 感謝です!/「<スクープ!>森友学園関連で近畿財務局の『相談記録』が開示! 岩上安身による情報開示請求者・神戸学院大学教授 上脇博之氏インタビュー」を昨日緊急配信&記事アップ!/現在、IWJはスタッフを緊急募集中!/明日は岩上さんが東京経済大学准教授の早尾貴紀氏に訳書『パレスチナの民族浄化』についてインタビュー! イスラエル建国に伴う諸元の暴力とは!?」2018.1.24日号~No.1959号~ ■■■
(2018.1.24 8時00分)

★本日の日刊IWJガイドは以下の内容でお届けします!

┏━━【目次】━━━━━━━━━━━━
┠■<はじめに>橋下徹氏からの「スラップ訴訟」について会員様から岩上さんへの応援のメッセージが連日、続々と届いています! 感謝です!/「<スクープ!>森友学園関連で近畿財務局の『相談記録』が開示! 岩上安身による情報開示請求者・神戸学院大学教授 上脇博之氏インタビュー」を昨日緊急配信&記事アップ!/現在、IWJはスタッフを緊急募集中!(城石裕幸)
┠■【中継番組表】
┠■<ニュース・フラッシュ!>(城石裕幸)
┠――【1】草津白根山の噴火地点は過去3000年噴火せず想定外!?
┠――【2】ペンス米副大統領がイスラエル国会で演説! 2019年末までに大使館をエルサレム移転!?/明日は岩上さんが東京経済大学准教授の早尾貴紀氏に訳書『パレスチナの民族浄化』についてインタビュー! イスラエル建国に伴う諸元の暴力とは!?
┠――【3】立憲民主党が名護市長選で辺野古新基地建設反対の稲嶺進氏を支持!IWJは昨日、現地から総決起大会を中継!
┠■<★岩上安身のインタビュー報告★>イスラエルは今、「アパルトヘイト」国家へ向かっている!?「平和側」によるイスラエル批判!岩上安身による、ユダヤ人家具作家ダニー・ネフセタイ氏インタビュー!(川上正晃)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□■□■□■□■□■□■□
<はじめに>橋下徹氏からの「スラップ訴訟」について会員様から岩上さんへの応援のメッセージが連日、続々と届いています! /「<スクープ!>森友学園関連で近畿財務局の『相談記録』が開示! 岩上安身による情報開示請求者・神戸学院大学教授 上脇博之氏インタビュー」を昨日緊急配信&記事アップ!/現在、IWJはスタッフを緊急大募集中!
■□■□■□■□■□■□■□■□

 おはようございます。IWJの城石裕幸です。

 岩上さんが橋下徹氏から名誉毀損されたとして110万円の損害賠償を請求されている「スラップ訴訟」について、会員様から応援のメッセージが連日、続々と届いています!ありがとうございます!

 先日からお伝えしている通り、橋下氏は、岩上さんのたったワンリツイート、しかも、提訴時点ではリツイートはすでに取り消し済というのに、その一度のリツイート行為に対し、名誉毀損にあたるとして、約100万円の損害賠償を求め、提訴してきました。

※【橋下徹氏からの訴訟に対し、表現・言論の自由を守るため、応訴して闘い抜くことを決意いたしました 岩上安身】
https://iwj.co.jp/info/whatsnew/post/34270

 岩上さんはこの「スラップ訴訟」に抗議するため、一昨日22日、司法記者クラブと自由報道協会の2カ所で会見をおこないました。自由報道協会での会見の冒頭、岩上さんは橋下氏が、何の前触れもなく、ツイッター上という、公共の言論の場で批判も反論もなく、直接訂正の書状などのメール等での連絡もなく、沈黙の中で「そっと」訴状を突きつけてきたことを「いかがわしい」と批判。

 もし、リツイートされたことが不服であれば、まずはその旨とツイッターなり、直接抗議するなどして、訂正を岩上さんに直接連絡をし訂正を求めるべきで、言論人として対抗言論を用いることなく唐突に訴える行為は、「常軌を逸している」「訴権の濫用である」と訴えました。

※「ツイートとリツイートは同一視できるのか」~橋下徹氏に訴えられた岩上安身が梓澤和幸弁護士らとともに会見――「リツイート行為に対する名誉毀損損害賠償請求事件」についての記者会見 2018.1.22
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/410143

※「これは訴権の乱用だ」〜橋下徹・元大阪府知事がたった1本の「リツイート」でIWJ代表・岩上安身を提訴!「言論の自由に対する挑戦であることは間違いない」自由報道協会主催記者会見 2018.1.22
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/410145

 それではここで、ほんの一部ですが、いただいたメッセージの中から掲載のご承諾をいただいたものを紹介させていただきます。

=============================

今日のIWJのメルマガを読み、これは大変な事になったと思いました。
先日寄付させて頂いたのですが、応援のため、もう一度クレジットカードから寄付させていただきました。
正直、橋下氏はトランプ同様、根本的な問題を抱えていると思いますが、悪知恵は働くのですから放置はできません。
これからも僅かですが、応援させていただきます。
大勢の人が同じ思いだと思います。
大事な一歩を、確実に勝利していきましょう。

H.N. 様

=============================

松井知事の次は橋下徹氏、大阪維新のメンバーが無茶な事ばかりです。
岩上さんのご病気も、IWJの財政状況も知ってのことでしょうね。
なるべく早くカンパしますね。
どうぞお体にあまり堪えないよう、祈っております。

東海奈津子 様

=============================

今回の橋下氏の提訴は本当に酷いですね。
全面的に応援いたします。
言論の自由を守るため、共に戦う所存です。
お身体には十分お気をつけ下さい。

H.S. 様

=============================

それだけ影響力が大きいということでしょうね。
橋本シンパも大勢いると思いますが、所詮は新自由主義推進のコマの一人
当人は自身に裏がありすぎて 政界から引っ込んだと思っています。
応援しますという言葉は、軽薄ですが、絶対に負けてはいけません。
陰ながら 援助も視野に入れながら詳細を、見守ります。

H.Y. 様

=============================

岩上さん、みなさん、がんばってください
お体のほうも気をつけて
寄付のほうもまた、工面でき次第、少額ですがさせていただきます
このまえ美濃加茂市長のえん罪のはなしを郷原さんのインタビューできいたばかり
さっそく書籍を購入してよみましたが、人ごとではないと思っていたところに
こんなにすぐIWJ、岩上さんにも。。ことばもないです
とりいそぎ

岡山リツコ 様

=============================

 みなさま、本当にありがとうございます。岩上さんが、励ましのメールやメッセージのひとつひとつに感涙しておりました。ほんとうに皆様の応援のお陰で、心強い限りです。感謝にたえません。重ねて御礼申し上げます。ありがとうございます。

 なお、訴状を送るまで完全にSNS上では沈黙していた橋下氏は、岩上さんが1月21日に応訴の表明をした直後から、猛然とツイッター上で岩上さんへの激しい「口撃」を始めました。21日には9連投、22日には6連投、23日は5連投の後さらに時間をおいて3連投ツイートがされており、22日には岩上さんに全文末で「ジャーナリストを辞めよ」といった内容の罵倒を繰り返していました。

・橋下徹氏ツイート
https://twitter.com/hashimoto_lo

 しかも、連投ツイートを並べてBLOGOSの記事にするという、念の入れようです。

・内容が酷い虚偽事実を軽率にリツイートすれば名誉棄損の責任を問われる – 1月21日のツイート(BLOGOS、2018年1月21日)
http://blogos.com/article/272548/

・岩上氏のリツイート内容は表現の自由を完全に逸脱している。ジャーナリストを名乗る資格はない。 – 1月22日のツイート(BLOGOS、2018年1月23日)
http://blogos.com/article/272773/

・公に責任を有する者は、一回の表現行為、一つの単語であっても責任を有する – 1月23日のツイート(BLOGOS、2018年1月23日)
http://blogos.com/article/272902/

 今回の裁判は大阪で起こされたものであることから、岩上さんと弁護士は、今後、公判のたびに大阪へ赴くことになります。岩上さんは長く自律神経の病を抱え、心臓にも爆弾を抱えて毎日ニトログリセリンを持ち歩いており、すでに満身創痍の状態です。現在、裁判所を東京へ移送する申し立てをしているものの、この裁判によって岩上さんへの負担は、身体的にも経済的にも多大なものとなっています。

 岩上さんは、「心は折れていません。全然、大丈夫です。ただ、身体がボロボロで、財布がスカスカなんです。こっちは全然、大丈夫ではない」と言っていますが、普通なら、弁護士でもあり、政界を引退したとはいえ、現在も政界に影響力をもち、言論人、テレビ文化人として、多大な発信力と影響力も持つ人からこのような激しいバッシングの言葉を繰り返し浴びせられたなら、鬱状態になる可能性もあるでしょう。気弱な人だったら、ふと「死んでしまおうか」とすら、思うかもしれません。精神的な負担は必ず身体に現れます。少しでも岩上さんの心労を減らすためにも、ぜひご寄付・カンパでのご支援をお願い致します。

 年が明けてから、カンパの件数・金額とも急減しておりました。IWJの活動は、取材費の半分を皆さまからの毎月のご寄付・カンパで賄っています。年間の活動経費から計算すると一ヶ月に必要なご寄付・カンパの目標金額は500万円ですが、1月は17日現在で96万円と、5分の1以下にとどまっています。現在の会員数では会費だけで現在の取材活動の規模を維持することができません。しかし岩上さんはすでに私財を1000万円超も「貸付」というかたちでIWJに投入しており、自宅も担保にしているため、これ以上もう何も出せるものがありません。まさに「背水の陣」です。

 加えて1月もインタビュー数は、この先予定しているものを含めて12本。平均すると2日から3日に1本のハイペースです。テキストスタッッフは総出でリサーチやパワーポイントの準備にあたっているため、これだけでも人的・経済的に多大なコストがかかっています。

 どうか、引き続きご寄付・カンパによるIWJへのご支援を、何とぞよろしくお願い致します。

※ご寄付・カンパでのご支援はこちらからよろしくお願い致します。
http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 また、岩上さんによるインタビューなど、IWJの動画コンテンツの多くは、初回の配信はフルオープンで無料配信しています。これは公益性のある情報を、できるだけ広く世の中に届けたい、という思いからです。会員になって下さる皆様は、アーカイブを御覧になれるという特典だけでなく、有益な情報を世の中に広く知らしめる「利他的」な情報流通促進活動の「お手伝い」をしてくださっていることにもなります。

 IWJは微力ながらも公益性、公共性に寄与していると自負しています。今回の橋下氏の訴訟の一件からも、IWJにご賛同いただき、ご支援していただくことは、めぐりめぐって皆様方ご自身の「言論の自由を守る」ということにもつながることが、おわかりいただけるのではないでしょうか。

※【岩上安身のツイ録】社会全体が良くならなければ、自分の幸福も実現できません。IWJはささやかな営みですが、たくさんの人々の思いを託されて活動している自覚はあります。そうした広がりに思いを馳せていただき、ご支援をお願いいたします! 2017.12.13
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/407647

 現在、まだ会員でない方で、これら無料の配信をご視聴され続けている方はぜひ、有料会員となって今後もIWJが取材・中継・配信を続けられるようご支援をお願い致します。そして、どうか周囲の方へもIWJをご紹介ください。

 会費は1ヶ月千円、支払いをまとめてお得な1年1万円の一般会員と、1ヶ月3千円、まとめてお得な年3万円からのサポート会員の2種類です。会費は、クレジットカード、PayPal、銀行振込(ゆうちょ銀行を含む)でお支払いいただけます。詳細は下記URLより御確認ください。

※IWJ会員のご案内はこちらからよろしくお願いします!
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 さて、先日もお伝えしましたが、「森友学園」問題が、あらたな展開を迎えています。

 森友学園関連で近畿財務局の「相談記録」が開示されたことを受け、今週日曜日、情報公開請求者である神戸学院大学・上脇博之教授に岩上さんが独占スクープインタビューを行い、昨夜、その模様を配信しました。

 財務省はこれまで、森友学園の国有地売却問題をめぐり、「交渉記録は廃棄した」と説明してきましたが、今回開示されたのは、森友学園の交渉の結果に関して、近畿財務局がどのように対応するかを内部で検討した記録文書です。

 上脇氏によると、森友学園問題の出発点は「国有地を借りる」というところですが、開示されたものは、「その料金が財務局の内部で検討されたことがわかる文書」となっています。

 「文書には、『土壌改良の費用は膨大なものになるが、安価に買い受けることで問題解決を図りたいと学園側が言っている』、『その場合、将来の埋設物は問題にしない』と書かれている。交渉の中身が書いてあるので交渉記録と言えなくもない」

 これまで財務省は、「文書が残っていない」「記憶にございません」としてまともな回答を避けてきましたが、今回明らかになった文書があれば、かなりのことが「思い出せる」はずです。今週から始まった通常国会で、この文書が問題解明の新たな突破口となるか、要注目です。昨日のインタビューをお見逃しになったかたは、ぜひアーカイブでご覧ください!アーカイブは準備が整い次第アップする予定です。

※<スクープ!>森友学園関連で近畿財務局の『相談記録』が開示! 岩上安身による情報開示請求者・神戸学院大学教授 上脇博之氏インタビュー
準備が整い次第アップいたします。

 ここで、緊急のお知らせです!

 IWJでは、この春卒業するスタッフと長期の休みに入るスタッフ、それらにともなう社内の人事異動を補うため、現在、テキスト、動画、事務スタッフを緊急大募集しています!

 募集職種は、「テキスト班」、「中継・動画班」、「事務班」の3種類です。

 「テキスト班」は、現在お読みのこの日刊IWJガイドの執筆の他、日々の岩上さんのインタビュー用パワーポイント資料の作成やリサーチ、実況ツイートなどをおこなう他、「記者」として取材や記事作成も担当します。知力に恵まれているけれど、本当の戦いの場を見出だせていないという若い方、非常勤講師やポスドク、院生の方など、ぜひ、IWJで働きませんか?

 現場へ行く仕事以外にも、パワポ作成やリサーチなど、机に向かってこなす仕事もたくさんあります。事務所へ来ていただければありがたいですが、在宅でも構いません。資料の読解力や文章力、リサーチ能力といった情報処理能力と、チームで動く協調性、事務処理能力のある方をお待ちしています。

 現場で取材し、記者会見で質問することが得意な人もいれば、事務所内でのパワポ作業が得意だという方もいると思います。全員が能力をフルに備えている必要はなく、現在のIWJでも個性に応じて役割分担していますので、何かひとつ能力に自信があれば、ぜひ一度面接にいらしていただきたいと思います。ご応募をお待ちしております。

 「中継・動画班」はカメラマンとして現場に駆けつけ、取材をおこなった後、動画を編集するほか、簡単な記事を執筆することもあります。突然の取材にも飛び出して行ける俊敏性が命で、雨の屋外、厳寒の現場で取材することもあるため、心身ともに強堅な方を歓迎しています! また、現在、動画編集に詳しい方、得意な方も募集中です。数多あるYouTube動画の中でIWJを効果的にアピールする発想力や技術力をお持ちの方、ぜひご応募ください!

 「事務班」は、電話やメールでの外部の方との連絡、岩上さんのスケジュールを把握した上でインタビューのアポイントメント取り、講演や出張、各種イベントなどのスケジュール調整・準備などをおこなう他、IWJがおこなっている全国各地からの中継市民さんによる動画配信のスケジュール管理なども担います。IWJでは「事務・ハドル班」と名づけている部署です。「ハドル」とは、アメフト用語でいう「作戦会議」で、IWJのスケジューリングの基礎骨格を形作る、とても重要なお仕事です。

 例えば、大臣会見などは、大手メディアの記者クラブが仕切っているのが現状で、午前中に取材の申し込みをしたとしても、記者クラブ側から返事が来るのが夕方から夜になることも多いため、ハドル班の業務は9時~5時で帰れる仕事ではありません。夜の8時、9時ころまで働ける方を募集しています。そのかわり、朝のスタートは11時頃と遅めです。また、逆に事務班は朝早目の出勤となります。

 いずれの職種もチームで動く仕事のため、協調性とコミュニケーション能力の高い方を募集しています。IWJのスタッフとなり「IWJの活動を内部から支える」というご支援・応援の形もあると思います。ご興味のある方は、ぜひ以下のフォームからご応募ください。

※【IWJレギュラースタッフ募集フォーム】
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdbeeE8cGfuFucSge58KaR0vRQF5-uYoc52DeRCENG4u3_1mg/viewform

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2018.1.24 Wed.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【ツイキャス・IWJ_OKINAWA1】11:30~「沖縄パンダプロジェクトによるパンダ誘致に関する記者会見」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_okinawa1

 「沖縄パンダプロジェクト」による記者会見を中継します。
——————-

【IWJ_IBARAKI1】13:00~「東海第二原発安全性検討ワーキングチーム(第8回)―議題:東海第二発電所の安全対策について」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=ibaraki1

 茨城県が開催する東海第二発電所安全性検討ワーキングチームを中継します。
——————-

【ツイキャス・エリアCh1・大阪】14:00~「松井一郎 大阪府知事 定例会見」
視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_areach1

 松井一郎 大阪府知事による記者会見を中継します。
——————-

【Ch3】14:30~「原子力規制委員会 更田豊志委員長 定例会見」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=3

 原子力規制委員会 更田豊志委員長による記者会見を中継します。
——————-

【Ch4】17:30~「新潟県知事 米山隆一氏講演会『エネルギー基本計画:原子力政策と地域の未来を問う』」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4

 講師に米山隆一・新潟県知事を迎えて開催される「eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)」主催の講演会を中継します。
——————-

【ツイキャス・エリアCh2・大阪】18:05頃~「1.24『OKINAWA1965』試写会後の報道写真家・嬉野京子さんと都鳥伸也監督による舞台挨拶」
視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_areach2

 「OKINAWA1965」試写会後の舞台挨拶を中継します。
——————-

【録画配信・Ch6】20:00~「軍隊がJapan Pride?『私が作ってる「ちゃぶ台」こそ日本の誇りでは』戦争準備が着々と進む日本の現状を喝破! ~2008年ガザ攻撃以来、祖国イスラエルを『徹底的に』疑う秩父在住の家具職人ダニー・ネフセタイ氏」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=6

 1月20日収録。映画「NO ノー」上映会後に開催されたダニー・ネフセタイ氏による講演会を録画配信します。

============

◆中継番組表◆

**2018.1.25 Thu.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【IWJ_Youtube Live】12:30~「岩上安身による東京経済大学准教授 早尾貴紀氏インタビュー」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 岩上安身が東京経済大学准教授の早尾貴紀氏へインタビューします。
——————-

【Ch2】17:00~「東京電力 定例会見」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=2

 東京電力による記者会見を中継します
——————-

【録画配信・Ch5】18:00~「『黙っているとトリチウムを海に流される!「更田豊志氏を規制委員長のポストから外せ」という運動を!!』 ~カナダ・オンタリオ湖は原子炉排出のトリチウム汚染で流産・死産が増加、ダウン症候群が1.8倍に―作家・広瀬隆が講演会で訴え」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

 IWJも協賛として参加した「福島応援プロジェクト茨城」主催の広瀬隆氏講演会を録画配信します。1月20日収録。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

「ツイートとリツイートは同一視できるのか」~橋下徹氏に訴えられた岩上安身が梓澤和幸弁護士らとともに会見――「リツイート行為に対する名誉毀損損害賠償請求事件」についての記者会見
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/410143

「これは訴権の乱用だ」〜橋下徹・元大阪府知事がたった1本の「リツイート」でIWJ代表・岩上安身を提訴!「言論の自由に対する挑戦であることは間違いない」自由報道協会主催記者会見
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/410145

【橋下徹氏からの訴訟に対し、表現・言論の自由を守るため、応訴して闘い抜くことを決意いたしました】
https://iwj.co.jp/info/whatsnew/post/34270

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■□■□■□■□■□■□■□■□
<★岩上安身のインタビュー報告★>イスラエルは今、「アパルトヘイト」国家へ向かっている!?「平和側」によるイスラエル批判!岩上安身による、ユダヤ人家具作家ダニー・ネフセタイ氏インタビュー!
■□■□■□■□■□■□■□■□

 昨日、岩上さんは、イスラエル生まれのユダヤ人家具作家ダニー・ネフセタイ氏にインタビューをしました。

 命令に従っただけ――。

 この台詞を聞いただけでピンと来る方も多いのではないでしょうか?ナチスによるホロコーストの中枢を担ったアドルフ・アイヒマンが、イスラエルのエルサレムでおこなわれた裁判で放った有名な台詞です。第二次世界大戦中、アイヒマンは、ユダヤ人をはじめとする数百万もの人々を強制収容所へ移送しました。

 ネフセタイ氏によると、この「命令に従っただけ」という言葉は、イスラエル人にとってあまりにも耐え難い言葉であるといいます。しかし、ネフセタイ氏はさらにこう言います。

 「でも、イスラエル空軍のパイロットは命令に従って爆撃をおこなう」。

 オシフェンチム(ポーランド語、ドイツ侵攻後の名称はアウシュヴィッツ)生まれの祖父を持つネフセタイ氏にとっても、アイヒマンの証言は筆舌に尽くし難い記憶のはずでしょう。しかし、ネフセタイ氏はそこからもう一歩踏み込んで、戦後のイスラエルがパレスチナや周辺アラブ諸国を相手に進めてきた戦争は間違っていると批判します。

 このアイヒマン裁判での「命令に従っただけ」という言葉に象徴される、思考停止した人々の規範への盲従の問題を、著書『エルサレムのアイヒマン』( http://amzn.to/2G95geT )で「悪の凡庸さ(陳腐さ)」と呼び批判したハンナ・アーレントの言葉は、日本でも知られています。しかし同じくアイヒマン裁判に触れて、「私たちがされてきたこと(ホロコースト)が明らかになった今、私たちが何をしても世界の誰一人として私たちを批判する権利はない」と言い切った、当時のイスラエル外相で後に首相を務めたゴルダ・メイアについて知る人は、多くはありません。

・ゴルダ・メイア(wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%A2

 この言葉はつまり、今後イスラエルは「何をしても許される」という開き直りであり、後のパレスチナの占領と入植の思想的支柱にもなり、ユダヤ民族が倫理も法も超え出た特権的な「選ばれた民族集団」になった、との宣言でもあるのです。恐ろしい言葉です。

 しかし、「イスラエルの多くの人々は、この言葉に疑問を感じていない」と、ネフセタイ氏はいいます。ネフセタイ氏はこうしたイスラエルの姿に対して、「アパルトヘイト」国家へ向かっているのではないかと警鐘を鳴らしてもいます。

 イスラエルがパレスチナやアラブ諸国に対して示す強い排他的な姿勢は、日本の人々にとっても他人事ですむことでは決してありません。昨日のインタビューでは、ネフセタイ氏の視点から見た日本のおかしさや危うさをじっくりとうかがう予定でしたが、ここ数日体調が悪化した岩上さんが夕刻、病院へ行かなければならず、インタビューは途中までとなりました。

 この岩上さんの体調悪化(特に睡眠障害)の理由は、休みなく仕事をし続けているためであるのはもちろんですが(休日を取らずにオーバーワークしているのは「経営者」である岩上さんだけであって、従業員・労働者であるスタッフはそうしたオーバーワークを強いられていることはありません。全員、週2日の休みをとり、有給も個々、消化しています。)、やはり、元大阪府知事の橋下徹氏からスラップ訴訟を提訴されたことによるストレスが大きいかと思われます。

 岩上さんは堂々と応訴を宣言しましたが、やはり裁判は多大な時間と労力を必要とし、誰であろうとも大きな負担になるはずです。その一方で橋下氏は、いきなり訴状を送りつけてきた上で、岩上さんが応訴すると知ったとたんに、連日、何度も「ジャーナリストをやめろ」などと罵倒一辺倒ともいうべきツイートを連投し、あげくブログにまとめてBLOGOSにアップする始末。

 訴訟する前になぜ、言論で応答しようとしなかったのか、岩上さんは会見でもその点を疑問視していましたが、「議論」ではなく「罵倒」しかできないからではないか、と言わざるをえません。

 こうした事情もあり、昨日のインタビューは途中までとなりましたが、インタビュー中に岩上さんが続編インタビューを申し込んだところ、ネフセタイ氏はとても前向きなお返事をしてくれています!

 昨日のインタビューは、以下のURLから、ぜひご覧ください!

※イスラエルは今、「アパルトヘイト」国家へ!?「反ユダヤ」でも「パレスチナ側」でもない「平和側」によるイスラエル批判~ユダヤ人家具作家ダニー・ネフセタイ氏に岩上安身がインタビュー
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/410241

 また、本日20時からは、1月20日に行われたネフセタイ氏の講演を配信します! ネフセタイ氏が祖国であるイスラエルの「開き直り」を厳しく批判していることは前段でも紹介しましたが、イスラエルに対する厳しさと同じように、日本の現状も厳しく批判します。戦争へ向かってどこまでも突き進んでいこうとする日本に対して、ネフセタイ氏はどのような視点で何を語るのか?こちらの動画配信も、ぜひご覧ください!

================================
【録画配信・Ch6】20:00~「軍隊がJapan Pride?『私が作ってる「ちゃぶ台」こそ日本の誇りでは』戦争準備が着々と進む日本の現状を喝破! ~2008年ガザ攻撃以来、祖国イスラエルを『徹底的に』疑う秩父在住の家具職人ダニー・ネフセタイ氏」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=6

 1月20日収録。映画「NO ノー」上映会後に開催されたダニー・ネフセタイ氏による講演会を録画配信します。
================================

 それでは本日も一日、どうぞよろしくお願いいたします!

※日刊IWJガイドのフルバージョンは下記URLより御覧ください。
http://iwj.co.jp/wj/member.old/nikkan-20180124

IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 http://iwj.co.jp/