日刊IWJガイド「刻々と被害の拡大が判明する台風19号の爪痕! 死者72人、堤防決壊47河川、住宅浸水1万3000棟、停電約4万戸近く(最多時52万戸)、断水13万戸! 急がれる「激甚災害」指定。IWJは昨日多摩川周辺を取材、本日は11時頃より埼玉県川越市、東松山市周辺を取材します! 」2019.10.16日号~No.2589号~(2019.10.16 8時00分)

┏━━【目次】━━━━━━━━━━━
┠■はじめに~刻々と拡大する台風被害! 死者72人、堤防決壊47河川、住宅浸水1万3000棟、停電約4万戸近く、断水13万戸! 急がれる「激甚災害」指定。IWJは昨日多摩川周辺を取材、本日は11時頃より埼玉県川越市、東松山市周辺を取材します!
┠■【中継番組表】
┠■台東区の「ホームレス拒否」に非難囂々! 酔っ払いが避難者カードに記入できなかっただけだという一部区議が発信した「開き直り」ともとれるという情報が流れるも、発信元は情報を訂正! IWJは誤情報を発信した青柳雅之区議に直撃取材!! 拒否の方針に強気だった区も、支援者らの猛抗議で徐々にトーンダウン!
┠■【緊急支援】これまで「台風15号で被害に遭われた方々への支援金」としてお寄せいただいたご寄付は10月11日でいったん締め切り(計21万3000円)、千葉県のしかるべき寄付先に寄付します。寄付先は、改めてご報告いたします。今後は同じ口座で「台風19号で被害に遭われた方々への支援金」として、ご寄付を継続します。被災地救済のため、皆さまのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。
┠■10月が半月経過しましたがご寄付・カンパが月間目標額の24%にとどまっています! 8月1日にIWJの第10期が始ってから2か月半のご寄付・カンパは目標額の73%と、IWJの経営をじわじわと圧迫! 控訴審の費用も着手段階で弁護士への着手金・経費等で100万円かかります。日本の言論の自由・表現の自由を守る独立メディア・IWJの戦いへのご支援をどうかよろしくお願いいたします!
┠■事務スタッフを緊急募集! 裁量労働制を撤廃したIWJに「サビ残」「残業代不払い」などは一切ありません! 是非ご応募ください!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む