日刊IWJガイド・番組表「安保法制に断固反対を掲げ続けてきた金子兜太氏逝去~ご冥福をお祈りするとともに、哀悼の意を表します/オリンピックメダル獲得報道の過熱の影で薄れる報道! 国会での裁量労働制論議は? 青森三沢基地の米軍のタンク投棄事故報道は!?/IWJが厚労省に直撃! 安倍総理が発言を謝罪・撤回した『裁量労働制のほうが一般労働者よりも労働時間が短いというデータもある』はデータ『捏造』ではないのか!?/本日21時! 加計問題の闇を告発した前川喜平・前文科事務次官に岩上安身がロングインタビュー! 『独裁国家に近づいている』と危機感!(後半)を再配信!」2018.2.22日号~No.1988号~

■■■ 日刊IWJガイド・番組表「安保法制に断固反対を掲げ続けてきた金子兜太氏逝去~ご冥福をお祈りするとともに、哀悼の意を表します/オリンピックメダル獲得報道の過熱の影で薄れる報道! 国会での裁量労働制論議は? 青森三沢基地の米軍のタンク投棄事故報道は!?/IWJが厚労省に直撃! 安倍総理が発言を謝罪・撤回した『裁量労働制のほうが一般労働者よりも労働時間が短いというデータもある』はデータ『捏造』ではないのか!?/本日21時! 加計問題の闇を告発した前川喜平・前文科事務次官に岩上安身がロングインタビュー! 『独裁国家に近づいている』と危機感!(後半)を再配信!」2018.2.22日号~No.1988号~ ■■■
(2018.2.22 8時00分)

 おはようございます。IWJ編集部です。

 2月20日夜、現代俳句の第一人者・金子兜太(かねことうた)さんが亡くなりました。98歳でした。金子さんは志願して海軍経理学校に学び、海軍士官として南洋のトラック島で終戦を迎えました。帰途の甲板の上で詠まれたという「水脈(みお)の果て炎天の墓碑を置きて去る」は、代表作のひとつとされています。部下の大半を失うという戦争体験は、戦後70有余年にわたる反戦への強い思いにつながっています。
続きを読む