記事一覧

保安院会見 11:00 2011.6.13

記事公開日:2011.6.13取材地: 動画

 2011/06/13(月)11時00分ごろから、経済産業省別館にて、原子力安全・保安院の記者会見が行われた。

※掲載期間終了後は、会員限定記事となります。


東京電力 記者会見 18:00 2011.6.12

記事公開日:2011.6.12取材地: テキスト

 2011年06月12日(日)、東京電力本社で、記者会見(18:00~)が行われた。

 キュリオン社製セシウム吸着塔で不具合があることから、健全だと確認できた系統だけを運転している。今後セシウム吸着の単独かアレバ単独は検討する。
 サブドレン核種分析結果でストロンチウムが初めて検出された。

※掲載期間終了後は、会員限定記事となります。


保安院会見 17:45 2011.6.12

記事公開日:2011.6.12取材地: 動画

 2011/06/12(日)17時45分ごろから、経済産業省別館にて、原子力安全・保安院の記者会見が行われた。

※掲載期間終了後は、会員限定記事となります。


高野雅夫・名古屋大学大学院環境学研究科教授の講義 2011.6.12

記事公開日:2011.6.12 動画

※動画のご視聴は会員限定となります。

 2011年6月12日、高野雅夫・名古屋大学大学院環境学研究科教授の講義が行われた。


東京電力 記者会見 11:00 2011.6.12

記事公開日:2011.6.12取材地: テキスト

 2011年06月12日(日)、東京電力本社で、記者会見(11:00~)が行われた。

 2号機局所俳風機によるダストサンプリングを4時間おきに実施している。結果はほぼ10のマイナス2乗のオーダーに下がり、全面マスクをつけて作業出来るレベルになったが、引き続き、局所排封機による環境改善を行う。
 キュリオン社製セシウム吸着塔で、4系列のうち1系列で流量が出ないトラブルが発生している。何らかの流路の閉塞しており、現在健全性を確認している。1系列停めて75%で運転することも想定しており、3系列だけで本格稼働をスタートすることも考えられる
 4号機の内部の写真を公開した。

※掲載期間終了後は、会員限定記事となります。


東京電力 記者会見 18:30 2011.6.11

記事公開日:2011.6.11取材地: テキスト動画

2011年06月11日(土)、東京電力本社で、記者会見(18:30~)が行われた。

 2号建屋の作業環境改善として、本日12:39に原子炉建屋二重扉を開放し、12:42から局所俳風機の運転を開始し、3日程度連続換気を実施する。
 昨日の4号機調査の写真も公開した。恐らく水素爆発で建屋南側に穴が空いており、今回の燃料プールの代替冷却を想定していた配管が曲がっているので今後検討が必要。4階の再循環ポンプのセットが写っており、2回ばかり火災が確認されている発火原因と思われるところ。大量の潤滑油が原因ではと考えており、詳細は今後調査する。

※掲載期間終了後は、会員限定記事となります。


『6.11脱原発100万人アクション』完全ライブ中継プロジェクト 2011.6.11

記事公開日:2011.6.11取材地: 動画独自

 2011年6月11日(土)、『6.11脱原発100万人アクション』完全ライブ中継プロジェクトの模様。


安院会見 17:00 2011.6.11

記事公開日:2011.6.11取材地: 動画

 2011/06/11(土)17時00分ごろから、経済産業省別館にて、原子力安全・保安院の記者会見が行われた。

※掲載期間終了後は、会員限定記事となります。


岡田外務大臣会見 2010.6.11

記事公開日:2011.6.11取材地: 動画

東京電力 記者会見 11:00 2011.6.11

記事公開日:2011.6.11取材地: テキスト動画

 2011年06月11日(土)、東京電力本社で、記者会見(11:00~)が行われた。

 作業員のケガについて、6/6に発生した協力企業作業員ケガについて、脾臓損傷と骨折という診断が出た。また、昨日報告した体調不良者については、現時点では意識障害で原因不明、入院して経過観察するという診断がでている。一方、セシウム除去装置の試験結果、配管に水の滲みが発見されたが修理済。本日中にプログラム修正を行いたい考えを示した。

 ※会見の途中から始まっています。また、途切れた映像を接続したため、途中に飛び抜けの箇所が何箇所かあります。

※掲載期間終了後は、会員限定記事となります。


東京電力 記者会見 18:30 2011.6.10

記事公開日:2011.6.10取材地: テキスト動画

2011年06月10日(金)、東京電力本社で、記者会見(11:00~、1:20′)が行われた。

 作業者の生活環境改善策として、第二体育館での雑魚寝という形で睡眠だったが、二段ベッドの設置が進んでいる。更にシャワー室を設置し、体の疲れをとることができるようになる、と発表した。6/28に株主総会があり、その際役員の変更ある。また、事故調査検証委員会を設置すると公表した。

※掲載期間終了後は、会員限定記事となります。


保安院会見 18:00 2011.6.10

記事公開日:2011.6.10取材地: 動画

 2011/06/10(金)18時00分ごろから、経済産業省別館にて、原子力安全・保安院の記者会見が行われた。

※掲載期間終了後は、会員限定記事となります。


保安院会見 11:20 2011.6.10

記事公開日:2011.6.10取材地: 動画

 2011/06/10(金)11時20分ごろから、経済産業省別館にて、原子力安全・保安院の記者会見が行われた。

※掲載期間終了後は、会員限定記事となります。


東京電力 記者会見 11:00 2011.6.10

記事公開日:2011.6.10取材地: テキスト動画

2011年06月10日(金)、東京電力本社で、記者会見(11:00~、1:10′)が行われた。

 4号機の4階に本日午後、初めて入域予定する。循環型海水冷却装置は本日も注水試験を行う。
 急病人発生、協力企業従業員が一名、意識混濁でドクターヘリ要請し、総合磐城共立病院へ搬送、現在治療中で詳細情報はまだとどいていない。

※掲載期間終了後は、会員限定記事となります。


保安院会見 18:35 2011.6.9

記事公開日:2011.6.9取材地: テキスト動画

 2011/06/09(木)18時35分ごろから、経済産業省別館にて、原子力安全・保安院の記者会見が行われた。

※掲載期間終了後は、会員限定記事となります。


東京電力 記者会見 18:30 2011.6.9

記事公開日:2011.6.9取材地: テキスト動画

2011年06月09日(木)、東京電力本社で、記者会見(18:30~、1:20′)が行われた。

 キュリオンはテクネチウム、セシウム、ヨウ素を除去、サリーはセシウムをターゲットとしている。サリーはあくまでバックアップなので、当面アレバとキュリオンを運用する。

※掲載期間終了後は、会員限定記事となります。


岩上安身と岩井俊二監督対談 ロックウェルアイズ編 2011.6.9

記事公開日:2011.6.9取材地: テキスト動画独自

 2011年6月9日(木)、岩井俊二監督が代表を務める映画製作会社ロックウェルアイズで行われた、岩井監督と岩上安身の対談の模様。


東京電力 記者会見 11:30 2011.6.9

記事公開日:2011.6.9取材地: テキスト動画

2011年06月09日(木)、東京電力本社で、記者会見(11:30~、1:35′)が行われた。

 汚染水処理施設の処理性能が発揮できる根拠はアレバ、キュリオンの技術書からだと判明。20万トン処理して残渣が2000立方米出てくる見込み、11月めどに専用処理タンク考えている。
 もう1種類サリーを検討中、会社そのものは米国で、システム設計は東芝、システムはキュリオンの装置に似ていて、ゼオライト吸着で放射性物質取る。具体的な処理性能は決まってないが目標としては10^6程度の処理性能と見ている。

※掲載期間終了後は、会員限定記事となります。


保安院会見 11:25 2011.6.9

記事公開日:2011.6.9取材地: 動画

 2011/06/09(木)11時25分ごろから、経済産業省別館にて、原子力安全・保安院の記者会見が行われた。

※掲載期間終了後は、会員限定記事となります。


東京電力 統合記者会見 16:30 2011.6.8

記事公開日:2011.6.8取材地: テキスト動画

2011年06月08日(水)、東京電力本社で、政府・東京電力事故対策統合本部 合同記者会見(16:30~、3:00′)が行われた。

 文科省発表モニタリングデータで、計11カ所の土壌から半減期の短いストロンチウム89が出ており、発電所から出たものと考えている。また、北西方向で空間線量高いポイント近くの土壌サンプルからは、ストロンチウムが高い濃度で出ている。
 福島第二原発について タービン建屋にたまった放射能汚染水を海洋放出することを検討という報道があるが、具体的なスケジュールは決まっておらず、東電から公表した事実はない。事前の相談は関係各所としていると述べた。海洋汚染に対し、保安院は放射性物質が流れ着くと言うことについてもそこまで考えていない、文科省は瓦礫がどのように流れつくかの知見は有していないとコメントした。

※掲載期間終了後は、会員限定記事となります。