年間十数億円の電気代のかかる凍土壁もあと数ヶ月たたないと評価できない!? 3号機の東芝製燃料取扱機が到着!――東京電力 定例会見 2017.11.9

記事公開日:2017.11.10取材地: 動画

 2017年11月9日(木)17時より東京都千代田区の東京電力本店にて、東京電力 定例会見が行われた。


福島第一で9月28日汚染水漏洩か!? 水位計異常でサブドレンポンプを停止!! 2013年に決定した水位統一基準がいまだに守られていない!?~「中長期ロードマップの進捗状況」に関する記者会見 2017.9.28

記事公開日:2017.10.2取材地: 動画

 2017年9月28日(木)、東京都千代田区の東京電力本店にて、福島第一廃炉推進カンパニー・プレジデントの増田尚宏氏、福島第一廃炉推進カンパニー広報担当の大山勝義氏、原子力・立地本部長代理の木元崇宏氏が出席し、「中長期ロードマップの進捗状況」に関する記者会見が行われた。


「東電は陸側遮水壁単独での遮水効果の評価を提示せよ」〜東京電力 定例会見 2017.8.24

記事公開日:2017.8.24取材地: 動画

 2017年8月24日(木)17時より、東京都千代田区の東京電力本店にて、東京電力定例会見が行われた。


福島第1原発3号機、デブリ確認できず~水中ロボットで撮影した動画を公開!引き続き7月21日に2回目の調査を行う予定――原子炉格納容器内部調査に関する会見 2017.7.19

記事公開日:2017.7.20取材地: 動画

 2017年7月19日(水) 20時より、東京都千代田区の東京電力本店にて、東京電力 福島第一原子力発電所3号機・原子炉格納容器内部調査に関する会見が行われた。


東京電力 定例会見 2016.11.14

記事公開日:2016.11.15取材地: 動画

 2016年11月14日(月)、東京都千代田区の東京電力本店にて、定例会見が行われた。


東京電力 定例会見 2016.11.10

記事公開日:2016.11.10取材地: 動画

 2016年11月10日(木)、東京都千代田区の東京電力本店にて、定例会見が行われた。


東京電力 定例会見 2016.10.31

記事公開日:2016.11.2取材地: 動画

 2016年10月31日(月) 18時30分より、東京都千代田区の東京電力本店にて、定例会見が行われた。


東京電力 定例会見 2016.7.19

記事公開日:2016.7.19取材地: 動画

 2016年7月19日(木)、東京都千代田区の東京電力本店にて定例会見が行われた。


「中長期ロードマップの進捗状況」に関する会見~東京電力 2016.3.31

記事公開日:2016.3.31取材地: 動画

 2016年3月31日、東京都千代田区の東京電力本店にて、19時30分より、中長期ロードマップの進捗状況に関する会見が行われた。


【再アップ!】「電力不足」アピール? 震災後の首都圏を不要な混乱に陥れた東京電力・藤本孝副社長による「計画停電」発表記者会見  2011.3.14

記事公開日:2016.3.13取材地: テキスト動画

 2011年3月14日(月)、東京電力本社で、計画停電に関する記者会見(11:50~、0:40′)が行われた。

 藤本副社長(当時)会見。電力供給力不足により計画停電を行うと初めて公表し、当初の3/16~3/18の計画停電について説明した。被災地(茨城)は今後停電しないと述べた。


【再アップ!】炉心溶融の可能性を「うやむや」にした東京電力・武藤栄副会長記者会見! 2011.3.14

記事公開日:2016.3.13取材地: テキスト動画

 2011年3月14日(月)、東京電力本社で、武藤副社長による記者会見(20:40~、0:50′)が行われた。

 武藤副社長(当時)は、一番深刻な2号機は炉内がダウンスケールし、燃料が空焚き状態になっているが、溶融の可能性は今後パラメータをしっかり見る必要があると述べ、明言を避けた。


「メルトダウン」社内マニュアル問題で質疑が紛糾!東電「中長期ロードマップの進捗状況」に関する会見と原佑介記者と木野龍逸氏による会見後まとめ 2016.2.25

記事公開日:2016.2.25取材地: 動画

 2016年2月25日(木)18時30分より、東京都千代田区の東京電力本店にて、福島第一廃炉推進カンパニー・プレジデントの増田尚宏氏、福島第一廃炉推進カンパニー広報担当の川村信一氏、原子力・立地本部長代理の菅野定信氏による「中長期ロードマップの進捗状況」に関する会見が行われた。


「事故から3日目にはメルトダウンと判定できていた」!? 福島第一原発事故から5年、今になって東電が突然の謝罪会見 2016.2.24

記事公開日:2016.2.24取材地: 動画

 2016年2月24日、都内某所にて、原子力・立地本部長代理兼渉外・広報ユニット広報室リスクコミュニケーターの白井功氏と原子力運営管理部防災安全グループマネージャー兼福島第一廃炉推進カンパニー運営総括部部長の田南達也氏により、福島第一原子力発電所事故当時における通報・報告状況についての緊急会見が行われた。


1,2号機デブリ調査ロボット投入難航~東京電力中長期ロードマップの進捗会見(2016年1月分) 2016.1.28

記事公開日:2016.1.28取材地: テキスト動画

 1,2号機燃料デブリ調査に向けて予定しているロボットの投入が難航し、予定より遅れる見込みだ。事前の調査で想定した進入路が使えない可能性や、事前の除染作業でも周辺線量が思ったほど下がらなかった。1号機は2017年夏をめどにデブリ取り出し方針を決める予定だが、それに向けて更なる検討が重ねられる。


プラントは安定と言うも、凍土壁の進退は待ったなし~東電定例会見 2016.1.21

記事公開日:2016.1.21取材地: テキスト動画

 プラントの状態は安定していると発表、しかし、完成目前の凍土壁(=陸側遮水壁)は、運用方針について関係者間で意見が対立しており、凍らせることができるのかどうかさえ決まっていない。来週1月27日の予定される原子力規制委員会の1F検討会で議論し、何らかの決定が下されるはずだ。


汚染水対策が進んだが、汚染水総量がかえって増えたこの1年~「中長期ロードマップの進捗状況」に関する会見 2015.12.24

記事公開日:2015.12.24取材地: テキスト動画

 福島第一原子力発電所の現場のトップである廃炉推進カンパニー増田プレジデントとは、2015年一年を振り返り、汚染水対策が大きく進んだ一年だったと、今年の中長期ロードマップ会見を締めくくった。


2号機建屋内で汚染水が約225リットル漏洩。場所はまだ特定できず~東京電力定例会見 2015.11.5

記事公開日:2015.11.5取材地: テキスト動画

 2号機タービン建屋内で滞留水を移送する配管部分から約225リットルの汚染水が漏洩したすべて建屋内にとどまっている。原因を特定するまで問題の配管は使用停止するが、現場の雰囲気線量は毎時550マイクロシーベルトと高く、調査は簡単ではない。


高性能多核種除去設備の空気抜き配管から、汚染水50リットルが堰内に漏えい~東京電力定例記者会見 2015.11.2

記事公開日:2015.11.2取材地: テキスト動画

 高性能ALPS(多核種除去設備)の空気抜き配管から、汚染水約50リットルが漏えいした。全て堰内に留まり外部への流出はないという。原因調査のため、高性能ALPSは処理運転を停止することになる。


汚染水貯蔵タンク、増設工程は数字で示せないが「不足ないように準備していく」と増田CDO~東京電力中長期ロードマップの進捗会見 2015.10.29

記事公開日:2015.10.29取材地: テキスト動画

 発生した汚染水を漏らさないように溜めるタンクの総容量について、福島第一原発の廃炉に関する最高責任者の増田尚宏CDOは「余裕はないが溢れさせないように、足りなくならないように仕事を進める」とし、リプレイスの工程を示すことは出来ないとの見解を示した。


第2四半期で過去最高の経常損益~東京電力2015年第2四半期決算会見・廣瀬社長会見 2015.10.29

記事公開日:2015.10.29取材地: テキスト動画

 東京電力は第2四半期で過去最高の経常損益を達成した。販売電力量、売上高は前年同期比より減ったが、原油価格など燃料費の低下が大きく、結果として前年同期比150%の3651億円を確保した。