【緊急告知!】南京大虐殺を否定し「炎上」中のAPAホテル、代表の元谷外志雄氏は安倍総理のスポンサーで筋金入りの歴史修正主義者――南京大虐殺関連の動画アーカイブを本日から緊急再配信! 2017.1.21

記事公開日:2017.1.21 テキスト
▲六本木駅前のAPAホテル

※本記事は、2017年1月21日発行の「日刊IWJガイド」No.1590号を加筆修正したものです。

 日中戦争中の1937年に起きた南京大虐殺を否定する書籍を客室内に置いていたことから、中国を中心に「炎上」状態となっているAPAホテル。

 「南京大虐殺はありえないことだ」などと記したアパグループ代表・元谷外志雄(もとや としお)氏の書籍『本当の日本の歴史 理論近現代史学Ⅱ』の内容を批判する動画が投稿された中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」では、APAホテルに対する中国人の批判的書き込みが相次いでいる。

続きを読む

「岩上安身によるインタビュー」のご視聴方法が変わります! 2017.1.9

記事公開日:2017.1.9 テキスト
170109_355478_03

 2017年1月9日をもちまして、従来Ustream IWJ チャンネル1でご視聴いただいていた「岩上安身によるインタビュー」のライブ中継、録画配信、再配信が終了し、1月10日より新たにIWJ_YouTube Liveでの配信を開始いたします。

 ご視聴にはまず、IWJのサイトiwj.co.jpのトップページにある9面パネルの「岩上安身によるインタビュー・You Tube Liveのご視聴はこちらから」というブロックの「こちらをクリック」という部分をクリックしてください。

続きを読む

【岩上安身のツイ録】「岩上シャトルカー」でピストン輸送も!年末のファンドレイジング・イベント「TALK ABOUT DEMOCRACY〜波乱の2016☆希望を探す2017」にご参加を! 2016.12.23

記事公開日:2016.12.23 テキスト
ツイ録

※2016年12月23日のツイートを再掲しています。

 「我輩はファンドレイジング・イベントである。名前はまだない」。。今年は例年恒例の「饗宴」の代わりに、「ファドレイジング・イベント」を開きまーす!と呼びかけておいて、名前がないことにようやく気づく。こりゃまずいと気づいて熟考。決定しました!

 題しまして「TALK ABOUT DEMOCRACY〜波乱の2016☆希望を探す2017」! そうです。今年の夏、復刻したIWJの原点とも言えるTシャツのコピーです。民主主義が危機に瀕している今だからこそ、声をあげたいと思います。

続きを読む

「『日本国憲法は押しつけ憲法だ』などというのは、当時の日本人への侮辱」――憲法制定に関わった佐藤功氏の著書『憲法と君たち』が70年の時を経て復刻 2016.12.11

記事公開日:2016.12.11 テキスト
161211_351537_01

------------------------------------------------------------
※無料公開期間終了!
IWJは、会員の方々と皆さまのご寄付で支えられています。ご支援を何卒よろしくお願いいたします。
会員登録カンパのご支援はこちら
------------------------------------------------------------

 「原案のGHQが作成したことだけにとらわれ、政治家や役人の努力・思い、さらには新たな憲法の制定について議論すべき国会議員を選挙によって選んだ国民の思い、それらをすべて無視して、『日本国憲法は押しつけ憲法だ』などというのは、当時の日本人への侮辱でしょう」――

 1955年、憲法学者である佐藤功氏が執筆した『憲法と君たち』が、「日本国憲法」が公布されてから70年目の節目となる今年、2016年に復刻されました。

続きを読む

【岩上安身のツイ録】岩上安身の健康もIWJの財政も崖っぷち!ですが、倒産したり死ぬヒマはなし!日本は有史以来の危機に直面!! IWJに仕事をさせてください!ご支援をお願いします! 2016.12.4

記事公開日:2016.12.4 テキスト
ツイ録

※IWJは現在、これまで以上に経営難の危機に立たされ、存続が危ぶまれる状態に追い込まれています。ぜひ、定額会員へのご登録や、募金・カンパの緊急支援をご検討いただけますよう、伏してお願い申し上げます。
 ご寄付・カンパはこちらから
 IWJ定額会員へのご登録はこちらから

※2016年12月3日のツイートを加筆・再掲しています。

 IWJで、ここのところ当たり前のように報じたり、特にインタビューで取り上げているのは、マスコミじゃここまで絶対に取り上げない、というタブーに挑戦するテーマや人物ばかりです!

 これ以上突っ込んだら、身に危険がおよぶのではないか、とすら思われる、むちゃむちゃハイリスクでタブーのテーマにとことん切り込み、掘り下げる、熱血ハイテンションインタビューを、最近は文字通り身を削って、連日お届けしています。

続きを読む

(再掲)【IWJ会員管理班からのお願い】どうか、会費のお支払いを自動引落にお切り替えください! 2016.11.29

記事公開日:2016.11.29 テキスト
IWJ_NewLogoA_16-9-265x1491

※本記事は、「日刊IWJガイド」2016年11月29日号から転載したものです。

 いつもIWJをお支えくださりありがとうございます。

 「会員管理班」にて、会員の皆さまからのお問い合わせ対応などをさせていただいております小野由紀子と申します。

 先日来、この「日刊IWJガイド」上で、会費の自動引落をお願いさせていただいておりますが、おかげさまで多くの方々からお申込みやお問い合わせを頂戴しております。

続きを読む

【Web班よりお知らせ】「Web改造プロジェクト」の進捗状況に関するご報告――IWJのWebサイトは、皆様からのご寄付・カンパのおかげでこんなに使いやすくなっています! 2016.11.12

記事公開日:2016.11.29 テキスト
IWJ_NewLogoA_16-9-265x1491

※本記事は、「日刊IWJガイド」2016年11月12日号より転載しました。

 IWJでは現在、IWJの表看板であるサイトをより見やすく、より検索しやすくするため、「Web改造プロジェクト」を進めています。本日はこの「Web改造プロジェクト」について、Web班の前園由美子スタッフに聞いてみました!

続きを読む

【IWJテキスト班からのお知らせ】あのニュースもこのニュースも!ぜひ「サポート会員」にご登録いただき、豊富なIWJのアーカイブにレッツ・アクセス! 2016.11.26

記事公開日:2016.11.26 テキスト
IWJ_NewLogoA_16-9-265x1491

※本記事は、「日刊IWJガイド」2016年11月26日号から転載したものです。

 IWJテキスト班の平山茂樹です。IWJの定額会員には「一般会員」と「サポート会員」の2種類がありますが、IWJでは皆様に「サポート会員」へのご登録をオススメしています。

 「サポート会員」にご登録いただけますと、岩上さんによるインタビューをはじめとするIWJの豊富なアーカイブについて、1ヶ月以上を経過したものであっても、いつでも好きな時にご覧いただくことができます。

 これまでに岩上さんがインタビューを行ったゲストの方々の専門分野は、本当に多種多様です。「サポート会員」にご登録いただければ、世間で話題になっているニュースについてIWJのWebサイトで検索し、その話題に関する岩上さんのインタビューをご視聴いただくことができます。

続きを読む

【IWJ動画班よりお知らせ】みなさまに良質な映像をお届けするために~多くのプロが集う”動画班のこだわり” IWJへの会員登録・ご寄付・カンパをどうぞよろしくお願いします! 2016.11.18

記事公開日:2016.11.18 テキスト
IWJ_NewLogoA_16-92

※本記事は、「日刊IWJガイド」2016年11月18日号より転載しました。

 おはようございます。動画班カメラマンの城石裕幸と申します。

 IWJの動画班カメラマンの主な仕事は、日々取材に出動し、ムービーカメラで動画を撮影し、事務所に戻ってこの撮影してきた動画素材をウェブにアップできるような状態にすることです。

続きを読む

【IWJ動画班よりお知らせ】「YouTube Live」での配信を真剣に検討中!視聴者の皆さまに、少しでも御覧いただきやすい配信を目指し、改革中です! 2016.11.14

記事公開日:2016.11.14 テキスト
IWJ_NewLogoA_16-9

※本記事は、「日刊IWJガイド」2016年11月14日号・16日号より転載しました。

 現在、「Ustream」というライブストリーミングサービスを使ってお届けしている岩上さんのインタビュー中継&配信ですが、視聴者の皆さまをから「CMが邪魔」「配信が不安定」など、日々様々なご批判・ご不満の声をいただいています。

 そこで動画班では、岩上さんのインタビュー中継&配信を「YouTube Live」で行おうと、真剣に試行錯誤を重ねております。

続きを読む

岩上安身よりみなさまへ 2013.11.3

記事公開日:2013.11.3 テキスト
IWJ_NewLogoA_16-9

 IWJ代表の岩上安身です。

 2010年12月にIWJを設立してから、2年10ヶ月が経ちました。

 いつもIWJをご支援いただき、本当にありがとうございます。改めて心より感謝申し上げます。

 この秋、IWJは、大きな存続の危機に直面しています。

続きを読む