大量監視に積極的な日本の背後には米国の要求あり!? 元CIAで元NSAのエドワード・スノーデン氏が指摘!~国連特別報告者で、共謀罪法案成立に懸念を表明したジョセフ・カナタチ氏らの講演も 2017.10.1

記事公開日:2017.11.13取材地: 動画

※全編映像は会員登録するとご覧いただけます。
→こちらから

 2017年10月1日(日)14時より東京都千代田区の学術総合センター 一橋記念講堂にて、自由人権協会JCLU 70周年記念シンポジウム『デジタル時代の監視とプライバシー ―市民によるコントロールのために(後編)』が開催された。ゲストに、ジョセフ・カナタチ氏(プライバシー権に関する国連特別報告者)、スティーブン・シャピロ 氏(弁護士)、出口かおり氏(JCLU会員・弁護士)が出席した。


自由人権協会 (JCLU) 70周年プレシンポ「監視の“今”を考える」 ~スノーデン氏ライブインタビューほか 2016.6.4

記事公開日:2016.6.5取材地: 動画

※翻訳の著作権上の理由により、字幕なしの動画に変更いたしました。ご不便をおかけし申し訳ありません。

 2016年6月4日(土)、東京都文京区の東京大学本郷キャンパスにて、「自由人権協会JCLU(70周年プレシンポ) 監視の“今”を考える」が行われた。


JCLU主催・沖縄緊急企画第2弾「辺野古から見る地方と国 ~代執行訴訟・国地方係争委・抗告訴訟~」 2016.2.1

記事公開日:2016.2.1取材地: 動画

特集 辺野古

 2016年2月1日(月)、東京都千代田区の中央大学駿河台記念館にて、自由人権協会(JCLU)主催による、沖縄緊急企画第2弾「辺野古から見る地方と国 ~代執行訴訟・国地方係争委・抗告訴訟~」が行われた。


「開かれた政府をつくるプロジェクト」で作家・浅田次郎氏「密室の議論が良い結果を生まないのは歴史が証明している」 2014.7.7

記事公開日:2014.7.7取材地: テキスト動画

 「日本ペンクラブ」「自由人権協会」「情報公開クリアリングハウス」の三団体が市民と政府間の距離を近づけようと、「開かれた政府をつくるプロジェクト」を立ち上げた。7月7日、日比谷でキックオフシンポジウムが開かれた。