核燃サイクル廃止を求める中央省庁交渉報告会――なくそう原発・核燃、あおもりネットワーク 2017.2.2

記事公開日:2017.2.4取材地: 動画

 2017年2月2日(木)、東京都千代田区の参議院議員会館にて、なくそう原発・核燃、あおもりネットワークの主催による「中央省庁交渉報告と活動交流会」が開かれ、核燃サイクル1万人訴訟原告団代表の浅石紘爾、事務局長の山田清彦氏、社民党の福島みずほ参議院議員らが出席し、意見交換が行なわれた。


「警察は工事業者の単なる下請け警備員!」市民の安全より工事優先の警備に小口弁護士が怒りの訴え!警察庁は「ロープで縛ったのは市民を守る命綱」と開き直り―高江ヘリパッド建設を巡る防衛省・警察庁交渉 2016.9.29

記事公開日:2016.9.29取材地: 動画

 「あなた方は工事業者の単なる下請けの警備員です!」

 高江における米軍ヘリパッド建設を巡る防衛省および警察交渉が、2016年9月29日、参議院議員会館で、国際環境NGO「FoE Japan」と「美ら海にもやんばるにも基地はいらない市民の会」の主催で行われ、市民らが防衛省職員と警察庁職員に対して交渉を行った。


やんばるの森と人々のくらしを守ろう!高江の米軍オスプレイパッド建設中止を求める集会&省庁交渉 2016.8.22

記事公開日:2016.8.23取材地: 動画

 2016年8月22日(月)、東京都千代田区の参議院議員会館講堂にて、米軍オスプレイパッドの建設中止を求める防衛省交渉実行委員会が政府交渉を行った。それに先立ち、共同記者会見と事前集会が開催された。


秘密保護法は序章か「そしてナチスが私を攻撃したとき、私のために声をあげる者は誰一人残っていなかった」 2013.10.31

記事公開日:2013.10.31取材地: テキスト動画

 ナチスが共産主義者を攻撃したとき、私は声をあげなかった。
 私は共産主義者ではなかったからだ。

 社会民主主義者を牢獄に入れたとき、私は声をあげなかった。
 私は社会民主主義ではなかったからだ。

 労働組合員たちを攻撃したとき、私は声をあげなかった。
 私は労働組合員ではなかったからだ。

 ユダヤ人たちを連れて行ったとき、私は声をあげなかった。
 私はユダヤ人ではなかったからだ。

 そして、ナチスが私を攻撃したとき、私のために声をあげる者は誰一人残っていなかった――。

 10月31日に参議院議員会館で開かれた、第3回「秘密保護法を考える超党派の議員と市民による省庁交渉」に参加した男性は、IWJのインタビューに対し、ドイツの神学者・マルチン・ニーメラーの詩を引用した。秘密保護法は、事実上の改憲手続きの一歩目であるとし、「これは抵抗の詩、後悔の詩。秘密保護法を発端に、日本で、そうした(ナチスのような)動きが起きてはいけない」と胸中を語った。


被ばく労働に関する関係省庁交渉 2011.12.21

記事公開日:2011.12.21取材地: 動画

 2011年12月21日に行われた、被ばく労働に関する関係省庁交渉の模様です。