第11回リニア勉強会in大阪「南アルプスに穴を開けて大丈夫か」講師:服部隆氏(南アルプスとリニアを考える市民ネットワーク静岡共同代表) 2017.10.14

記事公開日:2017.10.29取材地: 動画

特集 リニア新幹線
※11月12日まで特別公開いたします。

 2017年10月14日(土)14時より大阪府大阪市のエル大阪 南館にて、第11回リニア勉強会in大阪「リニア新幹線に未来はあるのか~高速化を考える」が開催され、講師に服部隆氏(南アルプスとリニアを考える市民ネットワーク静岡共同代表)が登壇した。


辺野古新基地は滑走路が短いから民間空港を米軍に提供!? 対応不可なら普天間返還できない!? 2017年6月稲田朋美元防衛相の発言に対し沖縄県民は怒り心頭!山城博治氏、北上田毅氏らが防衛省交渉へ! 2017.9.28

記事公開日:2017.10.5取材地: 動画

 2017年9月28日(木)13時より東京都千代田区の参議院議員会館にて、院内集会と防衛省交渉「辺野古の工事、いまどうなっているの? ~生命かがやくサンゴ礁の海 大浦湾を守ろう!」が開かれた。


沖縄環境ネットワーク 2017年度総会 2017.6.24

記事公開日:2017.7.17取材地: 動画

 2017年6月24日(土)、沖縄県那覇市の沖縄大学にて、沖縄環境ネットワークの主催により「沖縄環境ネットワーク 2017年度総会」が開催された。


「裁判所がとった態度は明らかに恫喝」――賠償金4500万円を上原公子元市長に払わせるとした最高裁判決は自治体首長の萎縮を招く! 「くにたち上原景観基金1万人の会」が発足! 2017.2.11

記事公開日:2017.2.17取材地: テキスト動画

※2月20日、テキストを追加しました。

 高層マンション建設を巡り、建設会社である明和地所株式会社から訴えられた国立市が、敗訴して2008年に建設会社に賠償金を支払った件で、一部の住民が上原公子(ひろこ)元市長に賠償額を請求するよう求めていた裁判で、最高裁は2016年12月13日付で、上原氏の上告を退けた。これにより、上原氏に賠償金支払いを命じる高裁判決が確定した。

 都市景観をめぐり、市民間で論争となった一連の訴訟は、約4500万円の賠償を当時の市長である上原氏個人に負わせるという結果になった。


第2次泡瀬干潟埋め立て訴訟 控訴審判決 事前集会/控訴審判決 事後報告会と記者会見 2016.11.8

記事公開日:2016.11.9取材地: 動画

 2016年11月8日(火)、沖縄市泡瀬の沖合埋め立て事業をめぐり、反対住民らが沖縄県や沖縄市に対し公金支出の差し止めを求めた第2次泡瀬干潟埋め立て訴訟の控訴審判決が、沖縄県那覇市の福岡高等裁判所那覇支部で行われた。控訴審判決を受け、原告らによる報告会と県庁記記者会見が開かれた。


第33回 日本環境会議沖縄大会「環境・平和・自治・人権―沖縄から未来を拓く」第6分科会「青年と環境」第3部「辺境」が繋がる・「国境」を乗り越えて 2016.10.23

記事公開日:2016.10.23取材地: 動画

 2016年10月23日(日)午前、沖縄国際大学(沖縄県宜野湾市)で開催されている「第33回日本環境会議沖縄大会『環境・平和・自治・人権―沖縄から未来を拓く』」の第6分科会「青年と環境」第3部が開かれた。「『辺境』が繋がる・『国境』を乗り越えて」をテーマに東アジア各国からの報告と議論が行われ、分科会宣言を採択して終了した。


埋めちゃう問題勉強会 ―講師 青木泰氏(環境ジャーナリスト) 2016.9.5

記事公開日:2016.9.6取材地: 動画

 2016年9月5日(月)、神奈川県横浜市の開港記念会館にて、学校保育園の放射能対策・横浜の会の主催による「埋めちゃう問題勉強会」が開かれ、環境ジャーナリストの青木泰氏が登壇した。


第一回 未来を創るWomen’s Projects 未来をこの手に!大討論会〜私たちはあきらめない〜 2016.4.15

記事公開日:2016.4.15取材地: 動画

 2016年4月15日(金)、東京都千代田区の参議院議員会館にて、「第一回 未来を創るWomen’s Projects 未来をこの手に!大討論会〜私たちはあきらめない〜」が開催された。


【IWJブログ・特別寄稿】リニア中央新幹線、「幻の報告書」を入手!~「環境への影響は小さい」と強弁するJR東海の欺瞞(ジャーナリスト・樫田秀樹) 2016.2.9

記事公開日:2016.2.9 テキスト独自

 2027年の開業に向け、着々と工事が進むリニア中央新幹線。品川―名古屋間を45分で結ぶことがうたい文句だが、一方、工事にともない大量の残土が出る他、河川の水枯れ、電磁波など、環境に甚大な影響を及ぼすことが指摘されている。莫大な建設コストから、赤字は確実。事業者は民間のJRなのに、国費(つまり我々の税金)投入が当然視されている名ばかり民間プロジェクト。

 そもそも、既存の新幹線が車体の軽量化により400キロを目指す方針が明らかになった今、リニア中央新幹線が実験段階で500キロを記録したところで、本当に必要なのか!? 『悪夢の超特急 リニア中央新幹線』で第58回日本ジャーナリスト会議賞を受賞したジャーナリストの樫田秀樹氏が、リニア中央新幹線の最新事情をレポートする。

(IWJ編集部)


横浜国立大学・金子信博教授インタビュー:聞き手 IWJ記者 山本愛穂 2015.12.11

記事公開日:2016.2.4取材地: 動画

 2015年12月11日、神奈川県横浜市の横浜国立大学にて、横浜国立大学の金子信博教授に、IWJ記者がインタビューを行った。


第46回 69(ロック)の会 ―テーマ 影から光への成功例を僕らは作れるのか? 「長崎県佐世保市・石木ダムについて」 2016.1.9

記事公開日:2016.1.9取材地: 動画独自

 2016年1月9日(土)、東京都渋谷区の代官山ユナイスにて、「長崎県佐世保市・石木ダムについて」考える、第46回 69(ロック)の会が開催された。


魚から考える日本の挑戦 〜2020年に向けた持続可能な調達と食 2015.11.13

記事公開日:2015.11.13取材地: 動画

 2015年11月13日、東京都千代田区のベルサール半蔵門にて、日経エコロジーが主催する「魚から考える日本の挑戦 〜2020年に向けた持続可能な調達と食」と題するシンポジウムが開催された。


写真展「大浦湾の生きものたち」初日の模様 2015.10.22

記事公開日:2015.10.22取材地: 動画

 2015年10月22日(木)から26日(月)まで、京都市中京区のゼスト御池・寺町広場で、沖縄県のダイビングチーム「すなっくスナフキン」が撮影した写真展「大浦湾の生きものたち」が開かれる。IWJ京都では、その初日の模様を取材した。


女性へ。いまチャレンジする時 嘉田由紀子前滋賀県知事のメッセージ 2014.11.8

記事公開日:2014.11.8取材地: 動画

 11月8日(土)18時半より京都市のキャンパスプラザ京都で行われた「e未来の会」の集会で嘉田由紀子・前滋賀県知事が「女性へ。いまチャレンジする時」と題して講演し、自身の8年間の知事生活を振り返り、琵琶湖の環境に対する想いや政治への見方を語った。

 集会では主催「緑と市民とネット運動・e未来の会」の設立報告会も行われた。緑の党と京都・生活者ネットが連携して10月30日に設立された「e未来の会」では京都で2015年の地方選挙の推薦候補を立てる予定。


「マンションは『自己統治』の舞台になり得るか」を巡り激論 〜上野千鶴子×竹井隆人 「〈仲良し=コミュニティ〉を問い直す」 2013.11.25

記事公開日:2013.11.25取材地: テキスト動画

 「福島での原発事故後、国民の間に高まった危機意識は、すでに風化しかかっている」と指摘する竹井隆人氏(政治学者)に対し、「そう見るのは、まだ早い」と反論する上野千鶴子氏(社会学者)──。2013年9月27日、京都市内の立命館大学衣笠学舎創思館で行われた、両氏による公開対談の一幕である。

 この対談は、6月に上梓された竹井氏の著作『デモクラシーを〈まちづくり〉から始めよう』(平凡社刊)を記念したもの。「〈仲良し=コミュニティ〉を問い直す」が正式なネーミングだ。

 政府系金融機関で長らく「街・町づくり」に従事してきた竹井氏は、マンションの中に「私的政府」を実現させるアイデアを披露。それが「日本人が政治を取り戻すことにつながる」と力を込める。だが、上野氏は「マンションの住民が一枚岩になるのは、そのマンションの資産価値を下げないという点でのみ」と言い切り、竹井氏の考えに真っ向から異を唱えた。