辺野古新基地はゼロベースで見直し!!日米同盟基軸は堅持するが地位協定は見直す!!~「右でも左でもない」立憲民主党が公約を発表!! 2017.10.7

記事公開日:2017.10.7取材地: 動画

 2017年10月7日(土)17時より、東京都港区の東京プリンスホテルにて、立憲民主党の公約発表記者会見が行われた。


東電・柏崎刈羽原発再稼働審査「任期中に片付けたいとの思いは?」「ゼロではない」―9月18日退任の原子力規制委員会田中俊一委員長「東電トップ交代で予定以上にぎりぎりとなった」とも説明 2017.9.6

記事公開日:2017.9.6取材地: 動画

 2017年9月6日(水)14時30分より、東京都港区の原子力規制委員会にて、原子力規制委員会 田中俊一委員長 定例会見が行われた。


前原誠司氏が民進党の新代表に!!~国会議員の白票が8票あり前原氏「難しい船出だ」――民進党 代表選出選挙 臨時党大会 2017.9.1

記事公開日:2017.9.1取材地: 動画

 2017年9月1日(金)13時より東京都港区の東京プリンスホテルにて、民進党 代表選出選挙 臨時党大会が行われた。


自民党が真似出来ない政策は!?党の立て直し策は!?民進党代表選挙~前原誠司・枝野幸男両候補が東京で最後の討論会 2017.8.28

記事公開日:2017.8.28取材地: 動画

 2017年8月28日(月)17時30分より、東京都港区の東京プリンスホテル・鳳凰の間にて、民進党 代表選挙 南北関東・ 東京ブロック 記者会見・討論会が行なわれた。


東芝 2017年3月期決算 監査意見は「限定付き適正」―国内製造業で過去最大の赤字9656億円!半導体事業売却の難航・内部統制問題で上場廃止・倒産の足音が!! 2017.8.10

記事公開日:2017.8.11取材地: テキスト動画

 東芝は10日、2017年3月期の有価証券報告書を提出した。最終損益は国内製造業で過去最高となる9656億円、債務超過も5529億円(17年3月末)と巨額にのぼった。

 米原発事業の損失計上での不適切な事項を除き、適正とする「限定付き適正」との監査意見となり、東証の上場廃止基準に触れる恐れがある「不適正」は避けられた。しかし、不正会計発覚以来、問題を指摘されている「内部統制監査」に関しては「不適正」意見が表明された。


財務省が森友学園に値引き額や分割払い案を提示していた!? 籠池夫妻逮捕の前に財務省職員らの背任容疑の調査を! 岩上安身による神戸学院大学教授・上脇博之氏インタビュー 2017.7.31

記事公開日:2017.7.31取材地: 動画独自

※全編映像は会員登録するとご覧いただけます。一般会員は1ヶ月間、サポート会員は無期限でご覧いただけます。ぜひご利用ください!
→ここから

 2017年7月31日(月) 16時30分より、東京都港区のIWJ事務所にて、岩上安身による神戸学院大学教授・上脇博之氏インタビュー第3弾(その2)が行われた。


原子力規制委員会 田中俊一委員長 定例会見 2016.12.28

記事公開日:2016.12.28取材地: 動画

 2016年12月28日(水) 14時30分より東京都港区の原子力規制委員会庁舎・記者会見室にて、原子力規制委員長・田中俊一氏の定例会見が行われた。


原子力規制委員会 田中俊一委員長 定例会見 2016.12.21

記事公開日:2016.12.23取材地: 動画

 2016年12月21日(水) 14時30分より東京都港区の原子力規制委員会庁舎 記者会見室にて原子力規制委員会 田中俊一委員長 定例会見が行われた。


「神道」理解のカギは室町時代にあり! 吉田兼倶による神道理論の体系化、その意義とは?岩上安身による島根大学名誉教授・井上寛司氏インタビュー2日目(中世・近世編) 2016.11.23

記事公開日:2016.12.16取材地: テキスト動画独自

※無料会員公開終了後もサポート会員の方は常時視聴OK!
※ぜひサポート会員登録をご検討ください!→ここから
※1月19日、テキストを追加しました。

 7世紀後半、白村江の戦い(663年)で、百済遺臣軍とともに唐・新羅連合軍と戦い、大敗北を喫した倭国は、古代最大の内戦・壬申の乱(672年)を経て成立した天武・持統朝において中央集権体制を確立し、「日本」と名乗るようになった。「大王(おおきみ)」を、中国の皇帝に対抗しつつ差異化をはかるために「天皇」と号するようになったのも、この時期と考えられる。


国際法違反の「琉球処分」はアジア侵略の礎だった!『沖縄の自己決定権』に迫る!「東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会」鹿児島大・木村朗教授と琉球新報・新垣毅編集委員に岩上安身が訊く! 2016.12.4

記事公開日:2016.12.15取材地: テキスト動画独自

 県民がどれだけ強く反対しても基地を押しつけ、県民が抵抗すれば本土から送り込まれた機動隊員らが暴力をもって排除にかかる。機動隊員は地元住民を「土人」と罵倒し、日本政府はこれを差別と認めず容認する――。

 なぜこんな沖縄差別がまかり通っているのか。


原子力規制委員会 田中俊一委員長 定例会見 2016.12.14

記事公開日:2016.12.14取材地: 動画

 2016年12月14日(水) 14時30分より、東京都港区の原子力規制委員会にて、原子力規制委員会 田中俊一委員長 定例会見が行なわれた。


【IWJルポルタージュ】子どもたちが遊ぶ青山公園のすぐ隣では、銃を携行した警備員が!? 都心・六本木にある「麻布米軍ヘリ基地」とは?日本を牛耳る「日米合同委員会」の出入り口!? 2016.12.3

記事公開日:2016.12.11取材地: テキスト動画

 東京の都心である六本木には、米軍基地が存在する。この基地には米軍が出入りするヘリポートがあり、基地の正門には、拳銃を持った警備員が待機している。この事実を知っている日本国民は一体どれくらいいるだろうか。

 東京都内に7つある米軍基地のうち、港区六本木7丁目に存在しているのが、麻布米軍ヘリ基地、または六本木ヘリポート(公称・赤坂プレスセンター)だ。敷地面積は2万7千平米あり、東京ドームの約半分より少し大きい。米国陸軍の管轄となっている。


「撤退」は「転進」に、「全滅」は「玉砕」に――嘘とデタラメと捏造の限りを尽くした「大本営発表」、その知られざる実態とは? 岩上安身が近現代史研究者の辻田真佐憲氏に訊く!後編 2016.11.25

記事公開日:2016.12.9取材地: テキスト動画独自

 アジア全域で2000万人という膨大な犠牲者を出した、日本の侵略戦争。このアジア・太平洋戦争は、「大東亜共栄圏建設のための聖戦」という嘘にまみれた「大義」を掲げつつ、それに反して、戦果を極端に水増し、悲惨な「全滅」の事実を隠蔽するという、嘘とデタラメにまみれた戦争だった。


名古屋大学・安川寿之輔名誉教授らが「福沢諭吉神話」を徹底検証! 福沢諭吉は「自由と平等を主張した天賦人権論に同意、同調していない」 2016.12.4

記事公開日:2016.12.8取材地: テキスト動画

 「学者が作為をして神話を創作することは、明らかな学問的な逸脱であり、許されません」――。

 2016年12月4日(日)、「日本の『近代』と『戦後民主主義』を問い直す実行委員会」主催による「三者合同講演会『問い直そう!日本の「近代」と「戦後民主主義」』―戦後つくられた『福沢諭吉神話』を徹底検証―」で、名古屋大学名誉教授の安川寿之輔氏はこのように述べ、福沢諭吉を厳しく批判した。

 11月25日には、この講演会に先駆けて記者会見が行われ、IWJは記者会見も中継・取材している。


原子力規制委員会 田中俊一委員長 定例会見 2016.12.7

記事公開日:2016.12.7取材地: 動画

 2016年12月7日(水)14時30分より東京都港区の原子力規制委員会にて、原子力規制委員会 田中俊一委員長 定例会見が行なわれた。


「米軍の占領体制は今も継続されている」――謎の権力機関「日米合同委員会」の知られざる実像とは!? 「戦後最大のタブー」について岩上安身がジャーナリスト・吉田敏浩氏に訊く! 2016.12.2

記事公開日:2016.12.2取材地: 動画独自

※『「日米合同委員会」の研究』著者 吉田敏浩氏インタビューを1年間限定フルオープン!
banner_ads_yabe_161120

 2016年12月2日(金)、新刊『「日米合同委員会」の研究』著者でジャーナリストの吉田敏浩・立教大学特任教授にIWJ代表・岩上安身がインタビューを行い、「戦後最大のタブー」と言われる「日米合同委員会」の知られざる実像に迫った。


原子力規制委員会 田中俊一委員長 定例会見 2016.11.30

記事公開日:2016.11.30取材地:

※IWJは現在、これまで以上に経営難の危機に立たされ、存続が危ぶまれる状態に追い込まれています。ぜひ、定額会員へのご登録や、募金・カンパの緊急支援をご検討いただけますよう、伏してお願い申し上げます。

ご寄付・カンパはこちらから
IWJ定額会員へのご登録はこちらから

 2016年11月30日(火) 14時30分より、東京都港区の原子力規制委員会にて原子力規制委員会 田中俊一委員長 定例会見が行われた。


南千住警察署の裏庭で後ろ手に縛られた朝鮮人が次々撃ち殺された――数多の証言から辿る関東大震災・朝鮮人虐殺の『真実』~岩上安身による『ほうせんか』理事・西崎雅夫氏インタビュー 2016.11.17

記事公開日:2016.11.27取材地: テキスト動画独自

※全編映像は会員登録するとご覧いただけます。一般会員は1ヶ月間、サポート会員は無期限でご覧いただけます!→こちらから

 「10人くらいずつ朝鮮人をしばって並べ、軍隊が機関銃でうち殺した」「蜂の巣のようにつつかれた屍体を見た」「石油をぶっかけて二日二晩も続け様に焼きました」――。

 これらの凄惨極まる証言は、2016年9月に刊行された西崎雅夫著『関東大震災 朝鮮人虐殺の記録~東京地区別1100の証言』に収録されたもののうちの、ほんの一部である。

 1923年9月1日の関東大震災発生に際し、「朝鮮人が井戸に毒を入れている」などといったデマが流布され、一部の日本人が暴徒化。軍、警察、自警団によって、多くの朝鮮人が都内のいたるところで虐殺された。本書は、その虐殺に関する1100もの目撃証言を1冊の本としてまとめたものである。


原子力規制委員会 田中俊一委員長 定例会見 2016.11.22

記事公開日:2016.11.23取材地: 動画

 2016年11月22日(火) 17時30分より、東京都港区の原子力規制委員会にて原子力規制委員会 田中俊一委員長 定例会見が行われた。


「40年原則は完全に空洞化している」「(避難計画は)穴だらけ」「老朽原発の延長反対」――市民から怒りと不安の声が上がるなか、規制委が美浜原発の運転の20年延長を認可! 2016.11.16

記事公開日:2016.11.23取材地: テキスト動画

 「40年原則は完全に空洞化している」、「(避難計画は)穴だらけ」…市民から怒りと不安の声が上がるなか、原子力規制委は2016年11月16日、関西電力美浜原発3号機(福井県)の40年を超える運転を認めた。

 福島第一原発事故後、原発の運転期間は原則40年に制限された。例外的に20年の延長が認められることもあるが、運転延長に関しては、原子力規制委・田中俊一委員長も「相当困難」としていた。