「戦争法を廃止へ!」「憲法こわすな!」 1.19おおさか総がかり19行動@御堂筋デモ 2017.1.19

記事公開日:2017.1.20取材地: 動画

 2017年1月19日(木)、大阪市西区の新町北公園から、「「戦争法を廃止へ!」「憲法こわすな!」 1.19おおさか総がかり19行動@御堂筋デモ」が行われた。


安保法制に反対する有志デモ 2015.9.27

記事公開日:2015.9.27取材地: 動画

 岡山の若者有志が中心となり急遽呼びかけて、「安保法制に反対する有志デモ」が2015年9月27日(日)17時より岡山市内で行われた。約130人が参加した。


NO WAR!&PEACE MUSIC FES in 左京 2015.9.22

記事公開日:2015.9.22取材地: 動画

 2015年9月22日(火)15時より、京都市左京区の京都市国際交流会館にて、NO WAR!&PEACE MUSIC FES in 左京が行なわれた。


戦争法案に反対する茨城県民連絡会 SIT-IN 2015.9.19

記事公開日:2015.9.19取材地: 動画

 2015年9月19日(土)14時より、茨城県水戸市・水戸駅南口のペデストリアンデッキ上で「戦争法案に反対する茨城県民連絡会」による安保関連法に反対しSIT-IN(すわりこみ)抗議が行われた。


【緊急アップ!意見陳述全文掲載】「今は亡き内閣法制局」・・・ 元最高裁判事・濱田邦夫氏が痛烈皮肉! 中央公聴会で安保法制の違憲性を指摘 2015.9.15

記事公開日:2015.9.15取材地: テキスト

 「政治家の皆様には、知性と品性と、そして理性を尊重していただきたいし、少なくとも、それがあるような見せかけだけでも、これはやっていただきたい」――。

 採決間近と言われる安全保障関連法案。9月15日に国会で開かれた中央公聴会で、野党が推薦した公述人の濱田邦夫元最高裁判事はこのように述べ、強行採決を行わないよう政治家に呼びかけた。

 「私がこの問題について公に発言するようになったのは、ごく最近でございます。それは非常に危機感がございましてですね、そういう裁判官を経験した者の自立性ということだけでは済まない、つまり日本の民主社会の基盤が崩れていく、と」


【緊急アップ!意見陳述全文掲載】「今日は、国会前の巨大な群像の中の一人として、ここにきています」SEALDs奥田愛基さんが参院で堂々意見陳述「安保法案」に反対を表明! 2015.9.15

記事公開日:2015.9.15取材地: テキスト
奥田愛基さん意見陳述

 「私は、私たち一人ひとりが思考し、何が正しいのかを判断し、声を上げることは、間違っていないと確信しています。また、それこそが民主主義だと考えています」——。

 毎週金曜日、国会前に立ち続けた若者が、背広で身を固め国会内でスピーチする。この光景を一体誰が想像できただろうか。安保法制の国会審議が大詰めの2015年9月15日、参議院「安全法制特別委員会」の中央公聴会が開かれ、SEALDsのメンバーであり、明治学院大学の学生でもある奥田愛基さんが民主党推薦の公述人として意見陳述した。


SAY NO WAR SOUND DEMO 2015.9.15

記事公開日:2015.9.15取材地: 動画

 2015年9月15日(火)18時30分から、京都市中京区の京都市役所前で、「SAY NO WAR SOUND DEMO」が行われた。


参議院での強行採決はゆるさない! いばらき総がかり行動 2015.9.15

記事公開日:2015.9.15取材地: 動画

 2015年9月15日(火)17時30分から、茨城県水戸市のJR水戸駅北口で、「参議院での強行採決はゆるさない!いばらき総がかり行動」が行われた。


【9月14日22時・国会前開放】4万5000人の「安倍晋三から日本を守れ!」コール 「今週は毎日やります! 民主主義を諦めない!」 2015.9.14

記事公開日:2015.9.14取材地: テキスト

 主催者発表で4万5000人の群衆は、21時をまわり、抗議が終盤に差し掛かっても、勢いを失うことなくコールを叫び続けた。2015年9月14日、21時20分、メインステージを封鎖していた警察車輌は「道をあけろ」のコールにやっと対応。メインステージと正門前の分断を解いた。抗議ではSEALDsの学生らが、思い思いにスピーチを行った。岩上安身の現場からのレポートとともに、以下、お伝えする。


 神戸大大学院2年の塩田潤さんがスピーチ。「安倍総理、与党の皆さん。あなた達に未来はありません。歴史があなた達を否定する。私たちは戦争法案を止め、あなた達を引きずり下ろす。負けるはずがない。僕らが民主主義なのだ。未来は僕らの手の中にある」。


【9月14日20時50分・機動隊が国会前を封鎖!】鳴り響く「道をあけろ!」コール、警察による過剰警備で国会前が騒然!水島朝穂氏「安倍さんは恐れている」 2015.9.13

記事公開日:2015.9.14取材地: テキスト

 規制線を突破し車道にあふれた人波に、機動隊は警察車輌で分断し、封鎖した。2015年9月14日、国会前で行われていた抗議行動は、過剰警備が敷かれ、メインステージはすし詰め状態に。そんななか、水島朝穂・早大教授、元自衛官の泥憲和氏がスピーチを行った。現場では岩上安身が、その様子を発信。以下、緊急生レポートとして21時現在までの緊急生レポートとしてまとめる。


【18時30分〜19時45分の緊急生レポートはこちら】

 僕の今の位置は、国会正門前、バリケードと警察車両の間。サンドイッチの狭いスペース。その外にもバリケード。IWJの各カメラがあちこちに散開して中継! ハイポジジョンカメラに特に注目!


【9月14日19時10分・国会前決壊!】安保法制に反対する国民の抗議行動、押し寄せた人波が規制線を突破!現場から岩上安身が緊急生レポート!

記事公開日:2015.9.14取材地: テキスト

 安保法制をめぐる参議院審議の、(与党日程での)事実上の最終日となった(※)2015年9月14日、国会前で行われていた抗議行動は19時5分、決壊をむかえた。現場では岩上安身が今も、その様子を発信している。以下、緊急生レポートとして19時45分現在までの緊急生レポートとしてまとめる。


 18時30分、すでに国会前のメインスデージはぎゅう詰めのひとだかり。人があふれそうになり、警官がガードレールを押し返す。なんとか、中に入り、ポジションを確保。岡田克也民主党代表のスピーチ。「強行採決は許さない!」そして共産党の志位和夫さん。「安倍政権は、最高裁元長官の違憲という判断を聞かない」。


【スピーチ全文掲載】「私たちはまだ十何年しか生きていない。あと70年近く、日本で平和に生きたい」――高校生・あいねさんが語る安保法案“成立後”の世界「未来を考えると恐怖でしかない」 2015.9.13

記事公開日:2015.9.13取材地: テキスト

 未来のことを考えると、この法案は恐怖でしかない――。将来のある若者の、切実な思いである。

 高校生で構成される「T-ns SOWL(ティーンズ ソウル=Teens Stand up to Oppose War Law)」のメンバー・あいねさんは、2015年9月11日、安保法案に反対する国会前抗議(主催:SEALDs)でマイクをとり、安保法案について、「何十年先も続く法案」であると述べ、将来に禍根を残す可能性を指摘した。

 「今の近隣諸国との関係性も変化しているはずだし、安倍首相よりも酷いファシズムも現れるかもしれない。そのとき、この法案には“歯止め”が存在しないため、いつでも政権が暴走できる仕組みになっている。戦争になってもおかしくない」


とめよう!戦争法 声をあげよう大集会 2015.9.13

記事公開日:2015.9.13取材地: 動画

 2015年9月13日(日)13時30分から、京都市東山区の円山公園音楽堂で、「とめよう!戦争法 声をあげよう大集会」が開催された。


とめよう!戦争への道 めざそう!アジアの平和 2015年関西の集い 2015.9.13

記事公開日:2015.9.13取材地: 動画

 2015年9月13日(日)14時より、大阪市・中之島にある中央公会堂で「とめよう!戦争への道 めざそう!アジアの平和 2015年関西の集い」が開催され、山口二郎・法政大学教授と屋良朝博・元沖縄タイムス論説委員が講演した。集会後、約1300人(主催者発表)の参加者が市内をデモ行進した。


戦争法案反対緊急集会 in 今治 2015.9.13

記事公開日:2015.9.13取材地: 動画

 2015年9月13日(日)13時半より、愛媛県今治(いまばり)市で安保法制に反対して「戦争法案反対緊急集会 in 今治」が行われた。