あの日、あの夜、東京で何が起こっていたのか? 関東大震災朝鮮人虐殺といま―講師:社団法人「ほうせんか」代表・西崎雅夫氏 2017.11.6

記事公開日:2017.11.6取材地: 動画

 2017年11月6日(月)、大阪市中央区のエル・おおさかで、ロックアクション講演会「あの日、あの夜、東京で何が起こっていたのか? 関東大震災朝鮮人虐殺といま」が開催され、社団法人「ほうせんか」代表の西崎雅夫氏が登壇した。


「トランプ大統領が勝手に戦争を始めそうで予想できなくて怖い」~在日米国人が中間選挙でトランプ政権に「ノー」を呼びかけ渋谷で集会 2017.11.5

記事公開日:2017.11.5取材地: 動画

 2017年11月5日(日)14時より東京都渋谷区の渋谷駅ハチ公前にて、Vote Out the Scandal at Shibuya Scramble 〜投票を通じてトランプアジェンダに「ノー」を〜日本在住のアメリカ人らによる集会が行われた。


戦争あかん!基地いらん!関西のつどい2016 ―許すな!南スーダン派兵、とめよう!辺野古・高江基地建設、絶対反対!憲法改悪― 2016.10.10

記事公開日:2016.10.10取材地: 動画

 2016年10月10日(月)、大阪府大阪市のエルシアターにて、戦争あかん!基地いらん!関西のつどい実行委員会、大阪平和人権センター、戦争をさせない1000人委員会・大阪の主催により、「戦争あかん!基地いらん!関西のつどい2016 ―許すな!南スーダン派兵、とめよう!辺野古・高江基地建設、絶対反対!憲法改悪―」が開催された。ゲストとして、糸数慶子参議院議員、「週刊金曜日」編集部の成澤宗男氏を迎え、講演が行われた。


平和遺族会全国連絡会8・15集会 ―「安保法制」を発動させないために国会と市民にできることは何か? 2016.8.15

記事公開日:2016.8.15取材地: 動画

 2016年8月15日(月)、東京都千代田区の日本教育会館にて、平和遺族会全国連絡会の主催により、「平和遺族会全国連絡会8・15集会 ―『安保法制』を発動させないために国会と市民にできることは何か?」が行われた。


学者の会 「軍学共同」反対シンポジウム 平和のための学術を求めて ―基調講演 池内了・名大名誉教授 2016.5.29

記事公開日:2016.5.29取材地: 動画

※公共性に鑑み、ただ今、全編特別公開中!

 安全保障関連法に反対する学者の会が主催する「『軍学共同』反対シンポジウム〜平和のための学術を求めて」が2016年5月29日(日)13時より京都大学吉田キャンパス(京都市左京区)で開かれた。池内了・名古屋大学名誉教授が「軍学共同の現在と学術の将来」と題して基調講演を行ったほか、防衛省による安全保障技術研究推進制度の問題や大学の財政問題などが議論された。


戦争あかん!ロックアクション学習講演会「日本の外交、これでええの?」孫崎享さんに、聞いてみよう! 2016.3.6

記事公開日:2016.3.6取材地: 動画

 2016年3月6日(日)13時半より、大阪市西区にある学働館・関生において戦争あかん!ロックアクションによる学習講演会「日本の外交、これでええの?」が開かれ、元外務官僚・孫崎享氏と韓国・慶熙大学校国際大学のエマニュエル・パストリッチ氏が講演した。


戦争アカン!京都・おんなのレッドアクション/戦争法廃止へ!2・19京都デモ 2016.2.19

記事公開日:2016.2.19取材地: 動画

 2016年2月19日(金)18時半より、京都市中京区の三条河原町で「戦争アカン!京都・おんなのレッドアクション」による街頭宣伝が行われた。街宣後、参加者は同じ時刻より市内で行われた「戦争をさせない京都1000人委員会」による「戦争法廃止へ!2・19京都デモ」に合流した。デモには出発時点でおよそ580人(主催者発表)が参加した。


(再掲)【IWJブログ・特別寄稿】「明日戦争がはじまる」の作者です。こんにちは。(第1回) 詩人・宮尾節子 2015.5.5

記事公開日:2015.5.5 テキスト

 「鳥肌が立った。」「凄すぎる!」「この詩はすごい。この数十行の中に、今の空気が濃縮されている!」「詩って、こんなに凄い力があったのか!」「胸にブッチと、矢が刺さった感じがした。」「すごくリアルに見えてしまうこの時代がこわい。」「通勤電車で、涙が出そうになる。」「秀逸です。」「すばらしい。詩とは本来、このぐらいのパワーを持ったもの。小学校の教科書に載っている詩と称されるもの、あれはいったい何だ」「考える事、想像することを放棄してしまいそうないま。人間が人間として在るための。心が心として在るための。最後の砦のような詩だと思いました。ありがとうございました。」「背筋に冷たい水を浴びさせられたような気持ちになった。」