国会を4万人が包囲!!~日本国憲法交付から71年目の国会周りで立憲・共産・民進・社民の4野党議員と市民らが改憲発議、国民投票に警鐘!――安倍9条改憲NO!全国市民アクション 2017.11.3

記事公開日:2017.11.4取材地: 動画

 2017年11月3日(金・祝)14時より東京都千代田区の国会議事堂周辺にて、安倍9条改憲NO!全国市民アクション11・3国会包囲大行動 ~国会前正門ステージが行われた。


9条改憲を許さない!アベ政治を終わらせよう! ―戦争も、核兵器も、辺野古新基地もいらない 11.3おおさか総がかり集会 2017.11.3

記事公開日:2017.11.3取材地: 動画

 日本国憲法公布から71年となる2017年11月3日(金・祝)、大阪市北区・中之島公園芝生広場で「9条改憲を許さない!アベ政治を終わらせよう!―戦争も、核兵器も、辺野古新基地もいらない 11.3おおさか総がかり集会」が13時半より開かれ、2万人(主催者発表)が参加した。


「小池百合子さまのおかげで民進真っ二つ(嘲笑)」――日本会議系集会で小池氏へ皮肉な感謝! ~9条改憲など入り口に過ぎないと極右は怪気炎! 緊急事態条項、憲法の全文書き換え目指すとも! 2017.10.25

記事公開日:2017.10.26取材地: テキスト動画

 「安倍さんは本当についている! 守られているとしか言いようのない選挙だった! 自公がまず、足並みを揃えて憲法改正に進まなければ。維新の会さんにも協力してもらわなければ。小池さんのおかげで民進党は真っ二つに割れた。はっきりと憲法改正に賛成、安保法制に賛成というハードルをつくっていただいた。天の時、地の利、人の和を得た。最後は全力で発議ができるまで、頑張る! 天の時は与えられたんです! 頑張りましょう!!!」


(再掲)自公で改憲発議に必要な3分の2!悪夢が現実に!自民党の改憲草案の緊急事態条項は、ヒトラーが独裁体制を樹立するために用いた授権法と同じ!首相に独裁的な権力を与える危険極まりない条項! 2017.10.21

記事公開日:2017.10.22 テキスト

※選挙結果を受け、2017年10月23日に前文を追記しました。

 第48回衆議院選挙の投開票が2017年10月22日に実施され、自民・公明両与党で313議席を獲得。これは衆院の3分の2議席となる310議席を上回る数字です。さらに、憲法改正に前向きな希望の党と日本維新の会を合わせれば、「改憲勢力」は衆院全体の8割にものぼります。


「自民党に入れたら必ず改憲される」――梓澤和幸弁護士が衆院選投開票日直前に緊急アピール! 米軍との一体化を可能にする9条3項加憲と緊急事態条項で日本は戦争に突き進み壊滅!? 2017.10.21

記事公開日:2017.10.21取材地: 動画独自

 2017年10月21日(土)15時30分より、東京都内にて、『改憲 どう考える緊急事態条項・九条自衛隊明記』著者で弁護士の梓澤和幸氏へIWJ記者がインタビューを行った。


広告宣伝の制限なし!「異常に自由」な国民投票制度―― 憲法改正国民投票は改憲派に有利!! 岩上安身によるノンフィクション作家・元博報堂社員本間龍氏インタビュー! 2017.10.21

記事公開日:2017.10.21取材地: 動画独自

※全編映像は会員登録するとご覧いただけます。岩上安身インタビューは、一般会員は1ヶ月間、サポート会員は無期限でご覧いただけます!→登録はこちらから

 2017年10月21日(土)14時より、東京都港区のIWJ事務所にて、『メディアに操作される憲法改正国民投票』著者の本間龍氏へ岩上安身がインタビューを行った。


総選挙後にやってくる憲法改正の国民投票ではテレビCMを規制すべき!? 「日本人が自分たちでルールを決めることが根本的に大事」~10.12 国民投票のルール設定を考える円卓会議 2017.10.12

記事公開日:2017.10.12取材地: 動画

 2017年10月12日(木)14時30分より、東京都千代田区の参議院議員会館1階102号室にて、10.12 国民投票のルール設定を考える円卓会議が開催された。


248小選挙区で候補者一本化に成功!! 「9条改憲阻止」の一方「緊急事態条項 」の危険性は浸透せず!? ~市民連合「野党への政策実現と市民と野党の共闘 を強める要請」 2017.10.7

記事公開日:2017.10.7取材地: テキスト動画

特集 緊急事態条項
※2017年10月10日、テキストを追加しました。

 「合意ではありません。要望を、それぞれが受け止めたことになりますので」――立憲民主党・福山哲郎幹事長の「野党共闘」に対する歯切れは悪かった。

 2017年10月7日、東京・大手町の会議室で、「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合(市民連合)」が、立憲民主党、日本共産党、社民党の3党に「衆議院議員総選挙における政策要望書」を手渡した。10月22日投開票の衆院選へ向けて、市民と野党4党(民進、共産、自由、社民)の共闘を進めていた市民連合が、一連の民進党の解体と自由党の分裂を受け、あらためて3党に市民と野党の共闘を要請したものだ。


「憲法違反の法律は事実として残っている!」ママの会が会見 「希望の党」批判も!――安保関連法に反対するママの会 「憲法にのっとり個人の尊厳を大切にする政治を求める」記者会見 2017.10.5

記事公開日:2017.10.5取材地: 動画

 2017年10月5日(木)15時より、東京都千代田区の参議院議員会館にて安保関連法に反対するママの会 「憲法にのっとり個人の尊厳を大切にする政治を求める」記者会見が行われた。


見よ! この「二枚舌」! 国会前で民主党の看板議員として2015年「安保法案反対!」を訴えていた細野豪志氏。今や「希望の党」の幹部として、民進党の元同志に対し、「安全保障・憲法改正賛成」の「踏み絵」を踏ませる冷血の人でなしぶり! 2017.9.30

記事公開日:2017.10.4 テキスト動画

 民進党の看板議員であったにもかかわらず、2017年8月に離党し、いち早く希望の党の結成メンバーとなった細野豪志元環境相は、2017年9月30日、メディアの取材に対し、民進党出身者の一次公認をめぐって、「現実的な安全保障と憲法改正に賛同していただけるかどうかが、大きな判断基準になる。最終的な判断は小池代表が行う」と述べた。


【岩上安身のツイ録】訂正 改憲発議を阻止する数字は155ではなく156に直します 2017.10.4

記事公開日:2017.10.4 テキスト

 昨日、改憲発議を阻止するには衆院の3分の1の議席が必要で、その議席数は155と、何回かツィートしました。今回の衆院選から衆院定数が465となり、3分の2は310、3分の1は155となります。改憲発議は、3分の2以上なので、310で可能、改憲阻止派が155でも発議可能となります。


【緊急寄稿】「要警戒 安倍改憲の動き」~緊急事態条項の危険性をいち早く訴え続けてきた梓澤和幸弁護士がIWJに緊急投稿! 2017.9.17

記事公開日:2017.9.17 テキスト

 「9条1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」――。

 2017年5月3日、憲法記念日にあわせて安倍総理が打ち出した「9条加憲」案をめぐり、マスコミでも「改憲問題」が扱われるようになった。

 しかし、その扱い方には大きな問題がある。危機感をもった梓澤和幸弁護士が、警戒を促す投稿をIWJに寄せた。


「自民党改憲草案・緊急事態条項は読んだことない」!? 民進党代表選を優位に進める前原誠司氏に岩上安身が訊く! 憲法改正議論の推進を掲げ、共産党含む「野党共闘」に反対する「理由」 2017.8.29

記事公開日:2017.8.29取材地: 動画独自

特集 緊急事態条項
※全編映像は会員登録するとご覧いただけます。一般会員は1ヶ月間、サポート会員は無期限でご覧いただけます。
→会員登録はこちらから

 2017年8月29日(火)、東京都港区のIWJ事務所にて、民進党の代表選(9月1日投開票)に立候補した前原誠司議員に岩上安身がインタビューを行った。


民進党代表選で共同会見!枝野幸男氏「憲法改正の必要性ない!あえて言うなら内閣の衆議院解散権の議論を」VS 前原誠司氏「『安倍政権の下での憲法改正は反対』では国民の理解は得られない」 2017.8.21

記事公開日:2017.8.21取材地: 動画

 2017年8月21日(月)、東京都千代田区の民進党本部にて、民進党代表選挙へ立候補した枝野幸男元官房長官と前原誠司元外相の共同記者会見が開かれた。


憲法を考えるパネル展企画「変える?× 変えない?日本国憲法」~パネル展と企画者・平田郁生氏(アジェンダ・プロジェクト会員)にお話を聞く 2017.8.11

記事公開日:2017.8.11取材地: 動画

 2017年8月11日(金・祝)13時から京都市下京区のひと・まち交流館 京都にて、憲法を考えるパネル展企画「変える? × 変えない?日本国憲法」(京都市)〜パネル展企画者で、アジェンダ・プロジェクト会員の平田郁生氏へ話を聞いた。


『本当は怖い自民党改憲草案』出版記念講演会 2017.7.17

記事公開日:2017.7.18取材地: 動画

 2017年7月17日(月)17時30分より、兵庫県西宮市の神戸女学院大学文学館28号にて、『本当は怖い自民党改憲草案』出版記念講演会が開催された。


立憲デモクラシーの会「安倍晋三首相による改憲メッセージに対する見解」発表記者会見 2017.5.22

記事公開日:2017.6.26取材地: 動画

 2017年5月22日(月)、東京都千代田区の衆議院第二議員会館にて、立憲デモクラシーの会事務局の主催による「安倍晋三首相による改憲メッセージに対する見解」発表記者会見が行われた。


これからの憲法運動交流会 ~羽柴修さん講演会「憲法をめぐる情勢と国民投票を意識した取り組み」ほか 2017.6.18

記事公開日:2017.6.20取材地: 動画

 2017年6月18日(日)、神戸市中央区の神戸芸術センターで、「これからの憲法運動交流会 ~羽柴修さん講演会『憲法をめぐる情勢と国民投票を意識した取り組み』ほか」が開催された。


「国会論戦で野党を論破すればよいとは思っていない。その後ろにいる国民に『そうだなあ』と思ってもらえる説明を、安倍さんに限らず政府は全力を尽くさなければならない」―自民党石破氏が会見で苦言 2017.6.14

記事公開日:2017.6.14取材地: 動画

 2017年6月14日(水) 11時30分より東京都千代田区の日本外国特派員協会にて、「自民党石破茂・前地方創生相 記者会見 ~憲法改正と日本の現政治状況について」が行われた。


「創価学会の原田会長よ!目を覚ませ!」元創価学会職員が怒りの告発!――「共謀罪」反対・憲法改悪阻止をめざす宗教者・信者全国集会~講演:海渡雄一弁護士 2017.5.31

記事公開日:2017.6.1取材地: 動画

 2017年5月31日(水)14時より、東京都千代田区の日本教育会館8F大会議室にて、「共謀罪」反対・憲法改悪阻止をめざす 宗教者・信者全国集会と平和行進 -宗教者・信者として、信教の自由を守るために-が開催され、海渡雄一氏の講演が行われた。集会後には、IWJ記者が、元創価学会職員2名に話を聞いた(会員ページにその動画を掲載)。