憎悪や反対のために使うのは愛国心ではない!! 三島由紀夫も「愛国心には官製の匂いと思い上がりがある」と言っている!? 一水会最高顧問鈴木邦男氏が「自称愛国者」を徹底批判!! ~森友10万人デモ 2017.3.19

記事公開日:2017.3.20取材地: 動画

 2017年3月19日(日)、森友10万人デモ実行委員会呼びかけ人会の主催により「『森友10万人デモ』安倍退陣に追い込もう! 緊急集会クライマックス」と題し、東京都千代田区の国会議事堂正門前にて抗議行動が行われ、自由党、元参議院議員の平野貞夫氏、一水会最高顧問の鈴木邦男氏らがゲストスピーカーとして駆けつけた。


安倍政権による「戦争と弱肉強食」政治の終焉を、憲政会館で誓う! 773名の熱気に包まれた「オールジャパン平和と共生」総決起集会 2015.10.8

記事公開日:2015.11.4取材地: テキスト動画
鳩山由紀夫氏

※詳細なテキスト記事は現在作成中です、今しばらくお待ちください!

 「これは、主権者が連帯の輪を広げるための市民運動だ。組織や資金は持たない。メンバーに上下関係はない。ウェブ上で透明な会計報告を行う。賛同者700万人を目指す」

 「オールジャパン平和と共生」の発案者である植草一秀氏は、このように意気込みを語り、「安倍首相は、安保法案の強行採決など、来年になれば国民は忘れると思っているだろうが、日本の主権者は今、怒りに震えている」と語気を強めた。そして、「安倍首相がやっているのは既得権者のための政治。向かう方向は『戦争と弱肉強食』だ」と喝破した。


小沢一郎氏、既存党籍はそのまま、二重党籍で野党大党団結する「オリーブの木」構想を語る 2015.8.26

記事公開日:2015.9.3取材地: テキスト動画
150826_緊急集会『ぶっ壊せ!アベ安保法制』講師:小沢一郎代表

※9月3日テキストを追加しました!

 「法律だけをいじって何でもできるようにするのは一国のトップリーダが取るべきやり方ではない。国民の目をごまかそうとする政治のあり方そのものが問われている」

 生活の党と山本太郎となかまたち共同代表の小沢一郎氏は都内で行われた緊急集会で、元自由党副幹事長の平野貞夫氏と共に、第二次大戦の終結から、ポツダム宣言の受託によるサンフランシスコ講和条約、国連の発足にまでさかのぼって、憲法の成り立ちのそもそもの歴史を語り、その上で、集団的自衛権の根本的問題と危険性を議論した。

 さらに、今国会で安保法案が成立しても次の選挙で勝利を収め、野党統一戦線「オリーブの木」を結成して、同法案を廃案に持ち込むことは可能であると、先の先ほどみすえた見通しを述べた。


「これでいいのか日本!」全国縦断シンポジウム 第三回 福島大会 ―菅原文太氏ほか 2014.9.10

記事公開日:2014.9.10取材地: 動画

 2014年9月10日(水)、福島県郡山市の郡山市中央図書館で、「『これでいいのか日本!』全国縦断シンポジウム 第三回 福島大会」が開催された。


解釈改憲による集団的自衛権は「コペルニクス的歴史的大転換」 自民党OBからも安倍政権に対して懸念の声 2014.6.19

記事公開日:2014.6.21取材地: テキスト動画

 自民党参議院議員会長などを歴任した村上正邦氏が代表を務める、一般社団法人「躍進日本!春風の会」は、6月19日、東京・永田町の憲政記念館で、「全国縦断シンポジウム・これでいいのか日本!」の第一回を開催した。当日会場に現れた亀井静香議員(無所属)をはじめ、自民党OBからも解釈改憲への道にひた走る安倍政権に対し、批判の声があがった。


小沢氏の知恵袋、都知事選の舞台裏を語る! ~「日本の政治はこれからどうなるのか!?」平野貞夫元参議院議員 2014.1.19

記事公開日:2014.1.19取材地: テキスト動画

 2014年1月19日、岡山市の岡山国際交流センターにて、「天晴れ岡山!新春講演会『日本の政治はこれからどうなるのか!?』」が行われた。講師を務めた平野貞夫氏は、参議院議員時代に小沢一郎氏に重用され、現在も密接な関係にある。平野氏は2月9日に投票日を控える東京都知事選の裏側などを中心に語り、現在の日本を「原発資本主義」と評した。また、核廃棄物を無害化する技術なども紹介した。


生活の党 小沢一郎代表 街頭演説 2013.7.4

記事公開日:2013.7.4取材地: テキスト動画

 参議院議員選挙第一日目の2013年7月4日(木)16時から、生活の党・小沢一郎代表が、千葉県市原市の上田尾公民館外で街頭演説を行った。


小沢一郎議員の無罪判決確定報告と石川知裕、大久保隆規、池田光智元秘書の無罪を勝ちとる国民大集会 2013.3.7

記事公開日:2013.3.7取材地: テキスト動画

 2013年3月7日(木)18時30分から、東京都豊島区の豊島公会堂にて「小沢一郎議員の無罪判決確定報告と石川知裕、大久保隆規、池田光智元秘書の無罪を勝ちとる国民大集会」が行われた。検察、司法、メディアの問題が語られた今回の集会で、生活の党代表の小沢一郎氏は、次期参議院選挙に向けた戦いについて、「非自民勢力が結集していかなければ、絶対に勝てない」との考えを示し、「政権奪還を必ず果たしていく」と述べた。


「小沢裁判報告会」 ~真の民主主義確立への大いなる一歩~ 2012.11.12

記事公開日:2012.11.12取材地: テキスト動画

 2012年11月12日、陸山会事件における小沢一郎氏の二審無罪判決を受け、17時30分より参議院議員会館講堂で「小沢裁判報告会」が行われた。超党派議員や有識者、支援者が多く詰めかけ、無罪を喜ぶ拍手と歓声に包まれた。司会の森ゆうこ議員から、今後に向けての「緊急声明」が発表され、豊島区議会議員であり、「国民の生活が第一」衆議院公認予定候補者の、橋本久美氏がそれを読み上げた。【緊急声明の全文は記事本文文末に掲載しました】


「国民の生活が第一」を支援する市民大集会 2012.9.1

記事公開日:2012.9.1取材地: テキスト動画

 2012年9月1日(土)、サンパール荒川で、「国民の生活が第一」を支援する市民大集会が開催された。主催は、新たに立ち上がった「国民の生活が第一」を支援する市民の会。この集会では、「生活」所属議員の挨拶に加え、孫崎享氏、植草一秀氏が講演を行った。


ザ・シンポジウム in NANIWA「検察・司法・マスコミを改革せよ!」 2012.3.28

記事公開日:2012.3.28取材地: テキスト動画

2012年3月28日(水)、大阪市浪速区の区民センターで行われた、ザ・シンポジウム in NANIWA「検察・司法・マスコミを改革せよ!」の模様。


小沢一郎議員を支援する会シンポジウム 2012.3.23

記事公開日:2012.3.23取材地: テキスト動画

 2012年3月23日(金)、東京都豊島区の豊島公会堂で行われた「小沢一郎議員を支援する会」シンポジウムの模様。


シンポジウム「小沢一郎と日本の新しい政治」(副島隆彦氏、植草一秀氏ほか) 2011.6.16

記事公開日:2011.6.16取材地: 動画

※動画のご視聴は会員限定となります。

 2011年6月16日、文京区区民センターで、シンポジウム「小沢一郎と日本の新しい政治」が行われた。主催は、「小沢一郎議員を支援する会」と「日本一新の会」で、参加者は約400人。シンポジウムには、評論家の副島隆彦氏、また、川内博史議員、森ゆうこ議員ら、小沢議員を支持する多くの国会議員が集まり、挨拶を行った。


検察審査会の疑惑を究明する市民と国会議員の会 2011.2.9

記事公開日:2011.2.9取材地: テキスト動画

※会員ページに、岩上安身の実況ツイートの連投を掲載しました

 2011年2月9日に行われた、「検察審査会の疑惑を究明する市民と国会議員の会」の模様。


検察審査会問題を研究する会 2010.12.24

記事公開日:2010.12.24取材地: テキスト動画

 2010年12月24日、日本一新の会と小沢一郎議員を支援する会主催による「検察審査会問題を研究する会」が憲政記念館で開かれました。

 平野貞夫氏の挨拶後、はじめに森ゆうこ議員の講演がありました。


政治倫理審査会についての勉強会 2010.12.13

記事公開日:2010.12.13取材地: 動画

12月13日、民主党 松野頼久衆議院議員(議院運営委員会筆頭理事)、森ゆうこ参議院議院(予算委員会筆頭理事)の呼びかけで、政治倫理審査会についての勉強会が開かれました。 講師は、制度創設時に中心的な役割を果たした元参議院議員の平野貞夫氏です。


日本一新の会 2010.12.11

記事公開日:2010.12.11取材地: 動画

2010年12月11日、小沢一郎議員を応援する市民が主催した、平野貞夫氏の後援会が行われた。小沢一郎議員からのビデオレター、平野貞夫氏による現在の政治やマスコミの状況、日本一新の会会員染谷政圀氏による検察審査会の杜撰な制度についての説明が行われた。マスコミからのバッシングが強い小沢一郎議員だが、応援する人達の主張する真実とは。


シンポジウム「検察・メディア・民主党」 2010.11.24

記事公開日:2010.11.24取材地: テキスト動画

 2010年11月24日(水)18時30分より、東京都豊島区にある豊島公会堂にて、シンポジウム第3弾「検察・メディア・民主党」が行われた。

 政権交代以降のいわゆる「小沢バッシング」に対する検察・メディアの動きが取り上げられ、元検察官の三井環氏は、多くの評論家・ジャーナリストは、事件の犯罪それ自体のみを取り上げ、検察の捜査過程を問題視してこなかったと述べた。


平野貞夫氏、森英介前法相の「指揮権発動」についての緊急論説 2010.5.24

記事公開日:2010.5.24取材地: テキスト

平野貞夫氏が森英介前法相の「指揮権発動」について、緊急で論説をまとめられました。広く、多くの方々に読んでいただくことを希望されているので、コピペ・拡散は御自由です。平野氏の主張を全面的に肯定するわけではありませんので、賛否の判断は、各自御自由になさって下さい。

************************************
○西松事件・大久保秘書逮捕の真相を究明すべし!
元参議院議員 平野 貞夫


枝野内閣府特命担当大臣 記者会見 2010.4.1

記事公開日:2010.4.1取材地: テキスト動画