衆院選 希望の党 山井和則候補 街頭演説(京都6区) 2017.10.11

記事公開日:2017.10.11取材地: 動画

 2017年10月11日(水)19時より、奈良県奈良市の近鉄高の原駅前で、希望の党から立候補した山井和則氏の街頭演説が行われた。


衆院選 希望の党 山井和則候補 街頭演説(京都6区) 2017.10.11

記事公開日:2017.10.11取材地: 動画

 2017年10月11日(水)、京都府相楽郡のJR祝園駅西側ロータリーで、希望の党から立候補した山井和則氏の街頭演説が行われた。


衆院選 希望の党 山井和則候補 街頭演説・練り歩き(京都6区) ―応援弁士:蓮舫議員 2017.10.11

記事公開日:2017.10.11取材地: 動画

 2017年10月11日(木)、京都府宇治市の宇治橋商店街入り口にて、京都6区で希望の党から出馬した山井和則氏の街頭演説が行われ、民進党の蓮舫議員が応援に駆けつけた。


「安倍総理の『すべてが公開されている』は虚偽答弁でいいわけ?」~山井和則議員らが内閣府にWG議事録提出を要求!谷査恵子氏の人事異動も追及!!――民進党「加計学園疑惑調査チーム会合」 2017.8.16

記事公開日:2017.8.17取材地: 動画

 2017年8月16日(水) 15時より東京都千代田区の衆議院第一議員会館にて、民進党 国会対策委員会「加計学園疑惑調査チーム会合」が行われた。


民進党国会対策委員会 今井雅人議員、山井和則議員、宮崎岳志議員、玉木雄一郎議員らが『森友学園』国会質疑を報告 ~「極右学校法人の闇」第50弾! 2017.3.8

記事公開日:2017.3.22取材地: 動画

 2017年3月8日(水)15時より東京都千代田区の衆議院本館 第4控室にて、民進党 国会対策委員会によるテーマ「森友学園」の記者会見が行われた。


「むしろ、きちんとやるべきは松井知事だ」――玉木議員、福島議員らが松井知事の「開き直り」に憤り!~私学課長らは虐待情報について笑い飛ばす!「瑞穂の國記念小學院」現地視察報告~「極右学校法人の闇」第23弾! 2017.3.1

記事公開日:2017.3.2取材地: テキスト動画

 「ひょっとしたら産廃なんてなかったのに、あったとして8億円を算定したのではないか、そういう疑問が膨らんだ」

 大阪府豊中市の国有地が鑑定額の9億円から8億円以上も値引きされて「学校法人森友(もりとも)学園」に払い下げられていた問題で、2017年2月28日、民進党の「森友学園調査チーム」が現地調査を行い、翌3月1日に記者会見を行った。今回で2度目の現地視察となった辻元清美議員は、上記のように率直な感想を述べた。


民進党「年金運用『5兆円』損失追及チーム」会議 2016.7.1

記事公開日:2016.7.1取材地: 動画

 2016年7月1日9時より、東京都千代田区の衆議院内にて、民進党「年金運用『5兆円』損失追及チーム」による会議が開かれ、GPIFが年金損失の発表を選挙後に先送りしている流れについて、民進党の山井和則衆議院議員にインタビューを行った。


国対ヒアリング-議題「安倍総理の記者会見について」 2016.6.2

記事公開日:2016.6.3取材地: 動画

 2016年6月2日、東京都千代田区の衆議院内にて、1日に行われた安倍総理の記者会見での発言について、安倍政権公約違反調査チームによる国対ヒアリングが行われた。


「国民に判断材料を与えないのは損失よりも悪質だ」〜アベノミクスで年金5兆円が消えた!?――民進党・追及チームが安倍政権の情報隠しを批判 2016.4.8

記事公開日:2016.4.9取材地: テキスト

※4月9日テキストを追加しました!


民主党・甘利前大臣疑惑追及チーム会合 2016.2.23

記事公開日:2016.2.23取材地: 動画

 2016年2月23日、東京都千代田区の衆議院内にて、民主党・甘利前大臣疑惑追及チームの会合が行われた。


国民の年金が安倍政権の人気取りと企業支配に利用される!? 厚労省がGPIFによる株式への直接投資「解禁」に向け、検討開始 2015.12.10

記事公開日:2015.12.30取材地: テキスト動画

 厚労省は、公的年金資金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)による株式への直接投資の解禁について、検討を始めた。これを受けて、民主党の山井和則・衆議院議員は2015年12月10日、民主党による厚生労働省に対するヒアリングの場で懸念を示した。

 「どこの株を買うか、極端な話、安倍総理の意向で決めることができる、ということか」。


「厚労省は担当係長に責任をすべて負わせるつもりでは?」 民主党 第5回 漏れた年金情報調査対策本部会議 ~「何も知らない」課長も登場 2015.6.8

記事公開日:2015.6.12取材地: テキスト動画

※6月12日テキストを追加しました!

 「大事件が起きた場合、係長しか知らなかったことにして、トカゲのしっぽ切りをするような、そんな危機管理マニュアルが厚労省にあるのではないでしょうね」──。

 このように問いかけた山井和則衆議院議員は、日本年金機構の情報漏えい問題では初動ミスが被害を拡大したとし、5月8日から25日まで、ウィルス感染の対応にあたったのが厚労省の担当係長1人だけで、上司の課長がまったく報告を受けていないのは不自然ではないか、と疑問を呈した。

 2015年6月8日午後、東京都千代田区の衆議院第二議員会館にて、民主党による漏れた年金情報調査対策本部(本部長・蓮舫代表代行)の第5回目となる会議が行われた。