「解散はSEALDsという一つの手段が目的化しないためにも必要なことだった」〜1年3ヶ月の活動に終止符、メンバー27人による「SEALDs」解散記者会見 2016.8.16

記事公開日:2016.8.16取材地: テキスト動画

※8月18日、テキストを追加しました!

 約15ヶ月の活動期間を終え、自由と民主主義のための学生緊急行動「SEALDs」が解散した。

 SEALDsが発足したのは、2015年5月3日の憲法記念日。デモでは「憲法まもれ」、「解釈改憲絶対反対」、「憲法知らない総理はいらない」といったシュプレヒコールをあげ続け、立憲主義を「古色蒼然とした考え方」と蔑む安倍総理にNOを突きつけてきた。


全国大学有志の会 総決起行動 ~国会正門前、大学有志の会・学者の会によるスピーチほか 2016.6.5

記事公開日:2016.6.6取材地: 動画

 2016年6月5日(日)、東京都千代田区の国会議事堂正門前にて、安全保障関連法に反対する学者の会主催による、全国大学有志の会 総決起行動が行われた。


「草の根で運動してきた人たちの結果が、SEALDsという形で表れた」――SEALDs KANSAI寺田ともかさんに岩上安身がインタビュー!廃案を目指すこれからの運動の形とは 2015.9.16

記事公開日:2015.9.20取材地: テキスト動画独自

 「(戦後71年目は)迎えるしかない。迎えてやるって感じです」――。

 参議院の特別委員会が横浜市で地方公聴会が開くなど、安全保障関連法案の審議が山場を迎えた2015年9月16日、都内・飯倉片町のIWJ事務所では、岩上安身によるSEALDsKANSAI寺田ともかさんのインタビューが行なわれた。

 7月15日、寺田さんは大阪・梅田駅前での街宣アピールで安倍総理に退陣を迫った。「あなたはこの夏で辞めることになる。私たちは、来年また戦後71年目を無事に迎えることになるでしょう」とスピーチの中で訴えた。法案の採決目前の16日、岩上が「私たちは、戦後71年目を無事に迎えることができそうですか」と聞くと、寺田さんは「迎えてやるって感じです」と、これからも声を上げ続ける決意を見せた。


若者や親子連れなど2万人が御堂筋あふれた!「政治に無関心でいられても、無関係ではいられない」 〜戦争法案に反対する関西大行動 2015.9.13

記事公開日:2015.9.16取材地: テキスト動画

 「若い世代こそ、政治に興味を持たなければならない。武力は抑止力にならず、軍拡の挑発にしかならない。同級生もみんな理解している。私たちは政治に興味がないのではなく、話す場所がないだけ。無関心でいられても、無関係ではいられない」──。岡山から参加した18歳の女子高生は、よどみなく安保法案の廃案を訴えた。

 2015年9月13日、大阪市西区の靭(うつぼ)公園にて、6府県の8グループと、学生、高校生、障害者のグループの計11団体の共催で、安全保障関連法案と、立憲主義・民主主義に反する立法プロセスに反対する、「戦争法案に反対する関西大行動」を行った。


【スピーチ全文掲載】「国防にすらならない、犬死にする法案を絶対に止めたい」ーーSEALDs関西、寺田ともかさんが自衛隊員の友人を思い8.30国会前で訴え 2015.8.31

記事公開日:2015.8.31取材地: テキスト動画
「国防にすらならない、犬死にする法案を絶対に止めたい」ーーSEALDs関西、寺田ともかさんが自衛隊員の友人を思い8.30国会前で訴え

 「安倍首相、私たちの声が聞こえていますか? この国の主権者の声が聞こえていますか? 自由と民主主義を求める人たちの声が聞こえていますか?」——。

 2015年8月30日、SEALDs東北、SEALDs関西、SEALDs琉球など全国13の若者からなる団体が勢揃いしたこの日、大阪からきた大学生の寺田ともかさんが国会前でスピーチした。

 「この法案が通ることによって、こういった殺人に日本が積極的に関与していくことになるのではないかと、本当に居ても立ってもいられない思いです」。

 ともかさんは、集団的自衛権を行使することによって派兵される自衛隊員が「戦争犯罪」に関与することになるのでは、と強い不安を覚える。


【スピーチ全文掲載】SEALDsKANSAIともかさん「安倍総理。民主主義が生きている限り、私たちはあなたを権力の座から引きずり下ろす権利がある。私たちは来年、戦後71年目を無事に迎えるでしょう」 2015.7.19

記事公開日:2015.7.19取材地: テキスト動画

 「わたしは、戦争で奪った命を元に戻すことができない。空爆で破壊された街を建て直す力もない。自分の責任の取れないことを、あの首相のように『わたしが責任を持って』とか、威勢のいい言葉にごまかすことなんてできません」

 こう訴えたのは、寺田ともかさん(21)だ。衆院特別委員会で安全保障関連法案、いわゆる「戦争法案」が強行採決された2015年7月15日、若者ら有志の「SEALDs KANSAI」が大阪・梅田駅のヨドバシカメラ前で緊急街宣アピールを行った。この日、寺田さんがサウンドカー上で行ったスピーチは多くの反響を呼び、今もネット上で拡散し続けている。