【スピーチ全文掲載】「参院選に向けて、気合を入れろ!」SEALDs・本間信和氏が「市民連合」街宣で訴え――「今、求められているのは、立憲民主主義を回復させること」 2016.1.5

記事公開日:2016.1.5 取材地: テキスト 動画
【スピーチ全文掲載】市民連合・本間君

 「参院選に向けて、あと半年ほどです。立場や役割を置いて、自分には何ができるのか、一人ひとりがその責任を受け止めて、実際に行動していきましょう。気合を入れていきましょう」――。

 昨年、集団的自衛権行使容認にもとづく安保法制に反対し、国会前で毎週金曜日に声をあげつづけた、大学生有志による団体・SEALDs。そのSEALDsの活動は、安保法制の「可決・成立」後、新たな展開を見せている。「学者の会」「ママの会」「総がかり行動実行委員会」などと共同で、野党統一候補を支援する「市民連合」を設立したのである。

続きを読む

【スピーチ全文掲載】「中身のない言葉では、もう私たちを動かすことはできない」SEALDs KANSAI・大澤茉実さん 憲法改正で「国民を縛ろう」とする安倍政権の退陣を求めスピーチ! 2015.10.30

記事公開日:2015.10.30 取材地: テキスト 動画
大澤茉実さん

 「私はもう、全部失ってしまった。国への信頼も、豊かさへの信頼も、自分らしく生きる場所も、搾り取られるように失ってしまった。

 誰かからそれらを奪い取っているこの国のどこかで、私の手のなかには、ただ、未来だけが残されています。私はもう、何も奪いたくないし、何も奪わせない。その理想を掲げ続けます。私の望む未来から、安倍政権の退陣を求めます」

 「岐路に立つ日本の立憲主義・民主主義・平和主義」と題して、学者と学生の今後の使命と責任を考えるシンポジウムが2015年10月25日、法政大学で開かれ、立ち見が出る中、約1300人の市民が集まった。

続きを読む

【スピーチ全文掲載】「希望の光をまだ見ぬ絶望の世代は、いつだって前を向くことに長けています」――SEALDsわかこさんが「10.18安保法制に反対する渋谷街宣」でスピーチ! 2015.10.21

記事公開日:2015.10.21 取材地: テキスト 動画
SEALDsわかこさん

 『もちろん、普通の人間は戦争を望まない。しかし、国民を戦争に参加させるのは、常に簡単なことだ。国民には攻撃されつつあると言い、平和主義者を愛国心に欠けていると非難し、国を危険にさらしていると主張する以外にはなにもする必要がない。この方法はどんな国でも有効だ』——。

 2015年10月18日、学生からなる団体SEALDsが主催した「安保法制に反対する渋谷街宣」で、スピーチを行なったSEALDsの中心メンバーのわかこさんは、その冒頭でヒトラーの後継者とも言われたナチ党の政治家で軍人であったヘルマン・ゲーリングの言葉を引用した。

続きを読む

【スピーチ全文掲載】国会前の反対派を指して「12万人でなにが民意だ」と言うなら「賛成派5百人のデモには民意のかけらもない」―T-ns SOWLの16歳タクヤさんスピーチ「安倍政権NO!☆大行進」 2015.10.5

記事公開日:2015.10.5 取材地: テキスト
▲T-ns SOWLの中心メンバーのタクヤさん (2015年9月4日戦争法案に反対する国会前抗議にて撮影)

 「来年の参院選で安倍政権の独裁的な政治は、終わりにさせなければなりません!」

 高校生による団体T-ns SOWLの中心メンバーであるタクヤさんが、サウンドカーの上から呼びかけると、デモの参加者から大きな歓声が上がった。

続きを読む

【スピーチ全文掲載】「野党に踏み絵を踏ませよう! 国家権力の暴走に組みするのか!? それとも個人の尊厳を守る私達の側に来るのか!?」―中野晃一氏が大演説「1002安倍政権NO!」大行進 2015.10.2

記事公開日:2015.10.2 取材地: テキスト 動画
中野さんスピーチ2

 「これは個人の尊厳、人間の尊厳を求める闘いだ!」

 上智大学教授である中野晃一氏が、壇上から参加者に向かって訴えかけると、会場は破れんばかりの拍手と歓声に包まれた。

続きを読む

【スピーチ全文掲載】「今日がダメなら明日、明日がダメなら明後日、明後日がダメなら明々後日。民主主義を存在させるのは私たち一人ひとり」――SEALDsかりんさんが参院での「凶行」直後に国会前スピーチ 2015.9.24

記事公開日:2015.9.24 取材地: テキスト 動画
20150924_かりんさんスピーチ_300

 「安倍さん、強行採決しても国民はすぐ忘れると思っているようですが、私たちをナメないでください」――。

 2015年9月17日、平日の深夜にもかかわらず多くの人が国会前に集まった。特別委員会において委員外の自民党議員も乱入しての鴻池委員長の包囲、議事録に明確な記載もないまま採決の強行が押し通された日である。

続きを読む

【スピーチ全文掲載】「この法案が通って死ぬのは民主主義ではなく、現政権とその独裁政治です」——SEALDs関西、大澤茉実さんが9.19安保法制成立直後の国会前でスピーチ 2015.9.21

記事公開日:2015.9.21 取材地: テキスト 動画
スクリーンショット 2015-09-21 14.29.11

 「民主主義は止まらないんです。次の選挙で彼らを必ず引きずり下ろしましょう。それができるのは、できるのも、しなきゃいけないのも、政治家ではない私たちです。やれることは、全部やる。私は絶対に諦めません」——。

 深夜4時にも関わらず数千人の市民が残った国会前は、「SEALDs KANSAI」(シールズ関西)の大沢まみさんのスピーチに歓声がわき上がった。

 2015年9月18日(19日未明)深夜2時半過ぎ、安保法制は参議院本会議で可決・成立した。前日の17日の特別委員会で安倍政権は、委員外の自民党議員が乱入して委員長を包囲し、野党議員の「票決権」を奪い採決を強行しようと試みた。

続きを読む

【緊急アップ!】「政治家として感覚悪い」俳優・石田純一さんが9月18日、再び国会前抗議でスピーチ!国民の声を聞かない与党政治家を痛烈批判!

記事公開日:2015.9.18 取材地: テキスト 動画
石田純一2

 「自民党は今、民主主義というよりは、多数決主義だ」——。

 議事録にない強行採決を既成事実化し、参議院本会議で安保法制の採決を強行しようとしている与党・安倍政権。2015年9月18日午前11時半、国会審議に呼応して行われている市民による国会前抗議に、昨日(9月17日夜20時30分)に引き続き、俳優の石田純一さんが登場。民主主義を無視して強引に法案を通そうとする安倍政権を痛烈に批判した。前日に増して、熱い、気迫のこもったスピーチだった。

続きを読む

【スピーチ全文掲載】「多くのメディアに出る人間が、今の政府に反対しているし怖がっている」~作家の室井佑月氏がいい記事を書いたメディア人への応援を呼びかけ「Twitterやメールを送ってほしい」 2015.9.18

記事公開日:2015.9.18 テキスト 動画
WS000000

 「私、メディアで仕事をさせてもらっていますけれども、多くのテレビに出る人間や物書きの人間が、実は、今の政府のやり方に、不安を持っているし、反対しているし、怖がっております。でも、まだ声をあげられない人がたくさんおります」――。

 安倍総理の「お友達」である籾井勝人氏が会長として君臨するNHKを筆頭に、新聞やテレビといった既存大手メディアには、現在の安倍政権に対して過剰におもねり、政府にとって都合の悪い報道は自粛するという風潮がある。

続きを読む

【スピーチ全文掲載】「創価学会信者の願いを公明党議員が踏みにじるようであれば、落選運動に転じる!」~「戦争法案」に賛成する公明党を徹底批判!創価学会員・天野達志さんが魂の訴え! 2015.9.18

記事公開日:2015.9.18 取材地: テキスト 動画
WS000002

 「もし、強行採決するようであれば、私たち信者の願いを踏みにじるようであれば、私はもう、落選運動に転じますよ!」――。

 創価学会員の一人として、これまで選挙のたびに公明党を支えてきた天野達志さんは、9月17日に国会前で行われた集会でマイクを握り、公明党を痛烈に批判するスピーチを行なった。

 公明党の支持母体として、「鉄の結束」を誇ってきた創価学会。しかし、集団的自衛権にもとづく安全保障関連法案をめぐり、この「鉄の結束」が崩れつつある。

続きを読む

【スピーチ全文掲載】盗みとられた「採決」――民主党・福山哲郎議員「絶対に忘れちゃいけない」安倍政権の採決強行に怒り!9.17国会前抗議 2015.9.18

記事公開日:2015.9.18 取材地: テキスト 動画
スクリーンショット 2015-09-18 12.41.54

 与党・安倍政権は2015年9月17日、安保法制の参議院審議で突然、採決を強行した。しかし、鴻池委員長を自民党の議員が取り囲み、誰もが、何が起こったのか分からないまま、与党とNHKを筆頭とするメディア各社が、「採決され可決」と主張しているのみで、野党議員らは「採決は無効」と口々に主張。

 議事進行次第をすっ飛ばし、総括審議を行わず、マイクも議員の声の音声を拾えず、議事録にも記録として記載がない。異常な事態である。「採決」は与党に盗み取られた、という他ない。

 委員会の理事である民主党の福山哲郎議員は、この暴挙のあと、NHKのインタビューに開口一番、「可決はされてません」と断言。「認められません。委員長が何を言ったのかも分からない、誰が何の動議を出したのかも分からない。あれで可決なら我が国の民主主義は死にます」と強く指摘した。

続きを読む

【緊急アップ!】俳優・石田純一さんが国会前抗議でスピーチ!「戦争は文化ではありません!」安保法制反対を堂々訴え 2015.9.17

記事公開日:2015.9.17 取材地: テキスト 動画
石田純一_R

 「この国は個別的自衛権でも守れるんです!なんでわざわざ集団的自衛権が必要なのか。そんなに米国の機嫌が取りたいですか。米国はもちろんわれわれの友だちで同盟国ではあります。でもやはり間違ってる、違ってる、そういうことは友だちでもちゃんと言えなくちゃおかしいと思います」——。

 雨の国会前が歓声に包まれた。安保法制をめぐる国会審議で、2015年9月17日、与党・安倍政権は参議院の特別委員会で突如、強行採決という暴挙に出た。しかし議事録にも記録がなく、野党は裁決無効を訴えている。舞台は参議院本会議に移り、与野党の攻防が続く。そんななか、昨日から夜通しの抗議が行われている国会前に、午後8時半、俳優の石田純一さんが突然登場し、スピーチした。

続きを読む

「この集会がわれわれの明日への希望の礎」早稲田大学教授・長谷部恭男氏が安保法制への反対を訴え路上でスピーチ 「この法案は必要性も合理性もまったくない」 2015.9.16

記事公開日:2015.9.17 取材地: テキスト 動画
150916_立憲デモクラシーの会 緊急リレートーク「違憲の安保法制に抗する!」

 憲法学の権威中の権威が、安保法制の反対を訴え、路上で声をあげた――。

 集団的自衛権にもとづく安保法制の審議が大詰めを迎え、国会内外が緊張感に包まれた9月16日、早稲田大学教授の長谷部恭男氏、東京大学名誉教授の樋口陽一氏、東京大学教授の石川健治氏ら日本を代表する憲法学者が、参議院議員会館前の路上で安保法制への反対を訴え、スピーチを行なった。

 長谷部氏は、6月4日の憲法調査会で、与党推薦の参考人であるにも関わらず、安保法制の違憲性を指摘。全国の憲法学者がから法案の違憲性が指摘されるきっかけを作った。

続きを読む

【スピーチ全文掲載】「違憲法案を通した議員を次の選挙で叩き落として欲しい!」――安保法案の採決迫る国会前で維新の党、初鹿議員が気迫のスピーチ! 2015.9.15

記事公開日:2015.9.15 取材地: テキスト 動画
DSC_5580_R

 5月下旬から始まった安全保障関連法案の国会審議。この間、与野党の攻防で「野党結集」を強く印象づけたのは、6月27日、「SEALDs」が渋谷・ハチ公前で行った安保法案反対の集会で、民主党、共産党、維新の党の国会議員が手を取り合ったあの場面だ。

続きを読む

【スピーチ全文掲載】「日本国憲法は誰かから押し付けられたものではない。これは、おれ自身の言葉なんだよ」――受け継がれてきた平和の“理念”を未来へ!SEALDs本間さんが安倍政権に退陣を要求 2015.9.15

記事公開日:2015.9.15 取材地: テキスト 動画
DSC_5677

 「日本国憲法は、大昔に偉い役人が決めたものでも、誰かから押し付けられたものでもない。これは、おれ自身の言葉なんだよ」――。

 与党が週内にも成立を目指す安保関連法案の廃案を求め、2015年9月14日(月)、45000人以上の市民が国会前に集結。民意無視の安倍政権に怒りの声を上げた。

 この日のスピーチを締めくくった「SEALDs」の本間信和さんは、日本国憲法前文を自分自身の「言葉」であるとして読み上げ、訴えた。

続きを読む

【スピーチ全文掲載】「私たちはまだ十何年しか生きていない。あと70年近く、日本で平和に生きたい」――高校生・あいねさんが語る安保法案“成立後”の世界「未来を考えると恐怖でしかない」 2015.9.13

記事公開日:2015.9.13 取材地: テキスト
DSC_5091

 未来のことを考えると、この法案は恐怖でしかない――。将来のある若者の、切実な思いである。

 高校生で構成される「T-ns SOWL(ティーンズ ソウル=Teens Stand up to Oppose War Law)」のメンバー・あいねさんは、2015年9月11日、安保法案に反対する国会前抗議(主催:SEALDs)でマイクをとり、安保法案について、「何十年先も続く法案」であると述べ、将来に禍根を残す可能性を指摘した。

 「今の近隣諸国との関係性も変化しているはずだし、安倍首相よりも酷いファシズムも現れるかもしれない。そのとき、この法案には“歯止め”が存在しないため、いつでも政権が暴走できる仕組みになっている。戦争になってもおかしくない」

続きを読む

【スピーチ全文掲載】「誰の子どもも殺させない! 戦争の理由を作るのやめよう!」――来週にも採決か!?国会前に1万人!全国40ヶ所で誕生した「ママの会」から池田亮子さんがスピーチ 2015.9.11

記事公開日:2015.9.13 テキスト
DSC_5004_R

 政府与党は参院で審議中の安全保障関連法案について、16日に神奈川県で公聴会を開くこと決定。強行採決に踏み切る姿勢を見せている安倍政権に対し、2015年9月11日、1万人の市民が国会前に集まり怒りの声をあげた。

 自由と民主主義のための学生緊急行動「SEALDs」に触発されて立ち上がった、安保法案に反対する「ママの会」から池田亮子さんがスピーチ。今までに40もの「ママの会」が全国各地で誕生しといい、池田さんは「ママたちの中でも革命は起きています!」と訴えた。

 普段、NGOの女性団体で仕事をしているという池田さんは、戦前に参政権を持てなかった女性たちに思いを馳せる。

続きを読む

【スピーチ全文掲載】「日本は戦後、『無意味な戦争だった』と大いにわかっていたから9条を歓迎した。それを捨てるのはもったいない」――『映画 日本国憲法』ジャン・ユンカーマン監督が国会前でスピーチ 2015.9.11

記事公開日:2015.9.11 取材地: テキスト 動画
ジャン・ユンカーマン

 「米国の帰還兵は自殺し続けているんです。自分が、そして自分の仲間が犠牲になったのが、無意味な戦争だったからです」――。

 国際政治ジャーナリストで『映画 日本国憲法』、『チョムスキー9.11』などを手がけた映画監督のジャン・ユンカーマン氏が2015年9月10日、SEALDs、総がかり行動実行委員会が共同主催した、安保法案に反対する国会前抗議でマイクをとった。

続きを読む

【スピーチ全文掲載】「何百万という借金をしながら何を学んでいるのか、安倍さんに教えてやります。それは抑圧者の権力に抗い、それと戦う知性です」ーー新宿・歩行者天国で大学4年の栗栖由喜さんがスピーチ 2015.9.7

記事公開日:2015.9.7 取材地: テキスト 動画
150906_国際基督教大学・栗栖由喜さんスピーチ――安全保障関連法案に反対する学生と学者による街宣行動@新宿伊勢丹前 歩行者天国 コピー_1_R

 12万人以上の市民が国会周辺を埋め尽くした翌週の2015年9月6日、今度は東京・新宿のショッピングエリアが安保法案に反対する1万2000人の人々でジャックされた。

 歩行者天国を利用したこの街宣行動は、学生からなる「SEALDs」と「安全保障関連法案に反対する学者の会」の共催。人々が差す色とりどりの傘と、「戦争反対」「9条こわすな」「WAR
IS OVER」などと書かれたプラカードの山で、雨の歩行者天国は華やかに彩られた。

 「貸与の奨学金を受けながら大学へ通っています。私は高校の時から奨学金を貸与しながら学校へ通っているのですが、何百万という借金をしながら何を学んでいるのか、安倍さんに教えてやります。それは抑圧者の権力に抗い、それと戦う知性です」

続きを読む

「本当にアメリカがパートナーだと言うなら、アメリカに『戦争やめろ』と言え!」――映像作家・丹下紘希氏が国会前で安倍を斬る! 2015.9.4

記事公開日:2015.9.6 取材地: テキスト 動画
▲国会前でスピーチする映像作家・丹下紘希氏

「国防をかっこいいと思っていること自体、かっこ悪い」――。

 映像作家として、数多くのミュージシャンらのプロモーション・ビデオを手がけてきた、Yellow Brain代表・丹下紘希氏が、2015年9月4日、「SEALDs」の国会前抗議行動でマイクを握った。

 丹下氏は、2001年の9.11米同時多発テロの直後にも、反戦のメッセージを伝えるため、スペースシャワーTV(SSTV)で非商業広告を出した。広告収入に頼るマスメディアが、スポンサー企業への配慮から自由な報道を展開しない傍らで、丹下氏は自らの意思を示したのだ。丹下氏は、「知らない間に自分が加害者となっている、その方がよっぽど怖い」と語る。今回の抗議行動への参加も、その言葉に表れた衝動に突き動かされたからこそであろう。

続きを読む