「無許可の行為をしてまで新基地建設を進めることは到底容認できない」〜翁長知事が不退転の決意を改めて表明!辺野古新基地建設差し止め訴訟に関する翁長雄志知事 記者会見 2017.7.24

記事公開日:2017.7.24取材地: 動画

 2017年7月24日(月)17時より、沖縄県那覇市の沖縄県庁出にて、辺野古新基地建設差し止め訴訟に関する翁長雄志知事 記者会見が行われた。


辺野古新基地建設反対!あいち大集会 2017.4.2

記事公開日:2017.4.2取材地: 動画

 2017年4月2日(日)13時より、名古屋市栄の久屋大通公園光の広場で「辺野古新基地建設反対!あいち大集会」が開かれ、劇の上演やライブとともに沖縄・ヘリ基地反対協議会共同代表の安次富浩氏が講演した。


住民の同意なきTHAAD配備は絶対反対! 接近禁止!高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に反対する地元住民による抗議集会(レポーター IWJ・安道幹記者) 2016.12.2

記事公開日:2017.1.12取材地: | 動画独自

 2016年12月2日(金)19時より韓国の慶尚北道星州(ソンジュ)郡庁前にて行われた高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に反対する地元住民による抗議集会の模様を、 IWJの安道幹記者が取材した。


戦争あかん!ニューイヤーロックアクション「平和のために羽ばたくぞ!」 2017.1.6

記事公開日:2017.1.7取材地: 動画

 2017年1月6日(金)18時半より、秘密保護法・安全保障法制などに反対し抗議行動を行ってきた「戦争あかん!ロックアクション」の集会とデモ「戦争あかん!ニューイヤーロックアクション『平和のために羽ばたくぞ!』」が大阪市で行なわれ、およそ100人(主催者発表)が参加した。


最高裁の米軍辺野古新基地を認める不当判決に抗議する!京都緊急行動 2016.12.20

記事公開日:2016.12.21取材地: 動画

 2016年12月20日(火)、京都市下京区の三条河原町アーケード前で、「最高裁の米軍辺野古新基地を認める不当判決に抗議する!京都緊急行動」が行われた。


政府による高江での米軍ヘリパッド強行建設工事と市民による抗議・集会の模様 2016.8.11

記事公開日:2016.8.11取材地: 動画

 2016年8月11日(木)早朝5時より、沖縄県東村高江で、連日続く政府による高江での米軍ヘリパッド強行建設工事と市民による抗議・集会の模様を中継した。


政府による高江での米軍ヘリパッド強行建設工事と市民による抗議・集会の模様 2016.8.9

記事公開日:2016.8.9取材地: 動画

 2016年8月9日(火)、沖縄県東村高江にて、政府による高江での米軍ヘリパッド強行建設工事と市民による抗議と集会の模様を中継した。


ヘリパッド建設工事阻止 高江現地集会 北上田毅氏インタビュー 2016.8.5

記事公開日:2016.8.9取材地: 動画

 2016年8月5日(金)18時より、沖縄県東村の米軍北部訓練場 高江N1地区裏側ゲート前にて、ヘリパッド建設工事阻止 高江現地集会が開催された。IWJは、沖縄平和市民連絡会 北上田毅氏にインタビューを行った。


「全国から若者たちが集まってくれた。辺野古でもこの現象はなかった」――沖縄平和運動センター・山城博治氏インタビュー  2016.8.8

記事公開日:2016.8.9取材地: テキスト動画独自

※8月9テキストを追加しました!

 2016年8月8日、高江「N1裏」テント近くで行われた集会後、「ヒロジ」の愛称で知られる、沖縄平和市民センターの山城博治事務局長がIWJのインタビューに応じた。辺野古新基地建設反対の運動でも指揮を取り続けてきた山城氏は、那覇市から車で3時間という便の悪い山奥に、辺野古よりも多くの市民が大挙している現象に、「驚き、嬉しく思っている」と口にする。

 「県外から圧倒的に若者が押しかけてくるというのは、かつてない出来事。辺野古でもなかったことです。こういう現象が起きている背景は、インターネット中継による配信。どういう仕組みなのか、私たちの年齢ではついていけないが、全国から若者が結集したのは初めての経験。嬉しく思っています」


「N1裏」テント撤去期限から2日、緊張が続く東村高江からIWJがリポート~N1表ゲートから着々と砂利を搬入するダンプカーの列!限られた人数でどこまで工事を遅らせることができるのか 2016.8.7

記事公開日:2016.8.9取材地: テキスト動画

※8月10日テキストを追加しました!

※2016年8月7日午後6時段階のツイートを加筆して掲載しています。ご承知おきください。

 先月22日に大混乱の中、強制撤去されたN1ゲート前テントに続き、「N1裏」に設置されたテントの撤去期限8月5日から2日が過ぎた。ヘリパッド建設に反対する市民の最後の砦と言われる「N1裏」テント。撤去に警戒する市民の間では今も緊張が高まる。

 平行して、N1ゲート前ではダンプカーが砂利を搬入し、着々と建設工事が続けられている。今後、「テント撤去阻止」のほか、「砂利搬入阻止」に行動を広げていくことができるのか。その為には、今の何倍もの数の市民の参加が必要となる。


沖縄 高江で起こっていることを知ってもらう!! @京都 2016.7.24

記事公開日:2016.7.25取材地: 動画

 沖縄県東村高江での米軍ヘリパッド建設強行の問題を知ってもらおうと、2016年7月24日(日)18時過ぎより「おもちゃ楽団&ちゅらさんご」が京都市の鴨川河川敷を音楽を演奏しながら練り歩いた。


沖縄の米元海兵隊員による女性殺害遺棄事件に抗議する6.7緊急集会 講師:弁護士高木吉朗 (コザ法律事務所) 2016.6.7

記事公開日:2016.6.8取材地: 動画

 2016年6月7日(火)、京都市中京区の京都府立総合社会福祉会館・ハートピア京都で、「沖縄の米元海兵隊員による女性殺害遺棄事件に抗議する6.7緊急集会」が開催され、弁護士の高木吉朗氏が講演を行った。


岩上安身による『日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか』著者・矢部宏治氏インタビュー 2016.5.20

記事公開日:2016.5.20取材地: 動画独自

160520_308909_head

 2016年5月20日、東京都港区のIWJ事務所にて、『日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか』著者の矢部宏治氏に岩上安身がインタビューを行った。


第一回 未来を創るWomen’s Projects 未来をこの手に!大討論会〜私たちはあきらめない〜 2016.4.15

記事公開日:2016.4.15取材地: 動画

 2016年4月15日(金)、東京都千代田区の参議院議員会館にて、「第一回 未来を創るWomen’s Projects 未来をこの手に!大討論会〜私たちはあきらめない〜」が開催された。


緊急シンポジウム「辺野古裁判で、問われていること」 2016.2.28

記事公開日:2016.2.28取材地: 動画

 2016年2月28日(日)、沖縄県那覇市の沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハにて、辺野古訴訟支援研究会主催により、緊急シンポジウム「辺野古裁判で、問われていること」が行われた。


山口泉著『辺野古の弁証法—ポスト・フクシマと「沖縄革命」』(オーロラ自由アトリエ)刊行記念トークセッション 2016.2.27

記事公開日:2016.2.27取材地: 動画

 2016年2月27日(土)、沖縄県那覇市のジュンク堂書店那覇店にて、著者の山口泉氏を招いて「山口泉著『辺野古の弁証法—ポスト・フクシマと「沖縄革命」』(オーロラ自由アトリエ)刊行記念トークセッション」が開催された。


鳩山元総理に普天間「県外移設」を断念させた「外務省極秘文書」について岸田外務大臣「行政文書なのか確認できず」 一方で「距離の問題から難しいと米軍から同様の説明あった」と回答 2016.2.23

記事公開日:2016.2.26取材地: テキスト動画

※2月26日テキストを追加しました!

 「ご指摘の文書そのものにつきましては、起案先も不明であり、そもそも外務省の行政文書なのかどうかも、確認がされていないと認識しています」――。2016年2月23日、岸田文雄外務大臣は定例会見でIWJの質問に答え、鳩山由紀夫元総理に「県外移設」を断念させた外務省の「極秘文書」について、曖昧な回答に終始した。


海上保安庁交渉後の報告集会@参議院議員会館 2015.12.8

記事公開日:2015.12.8取材地: 動画

特集 辺野古

 2015年12月8日(火)、参議院議員会館で、辺野古への基地建設を許さない実行委員会による海上保安庁交渉後の報告集会が開催された。


辺野古海上での抗議の模様 2014.8.15

記事公開日:2014.8.15取材地: 動画

 8月14日に始まった辺野古沖での沖縄防衛局によるブイ設置は15日(金)も行われた。辺野古沖大浦湾側の海上からレポートした。反対派のカヌーに対して海上保安庁などもヘリや数十隻のボートを出し、にらみ合いを続けた。15日は辺野古崎南側の作業が行われた模様。