3月末に避難区域解除「レントゲン室などの放射線管理区域であっても年間5.2mSvまで。年間20mSvの地域に戻り、毎日食卓を囲むとはどういうことなのか!?」――再稼働反対!首相官邸前抗議 2017.3.24

記事公開日:2017.3.25 取材地: 動画

 2017年3月24日(金)、東京都千代田区の首相官邸前・国会正門前にて、首都圏反原発連合の呼びかけによる「再稼働反対!首相官邸前抗議」が行われ、3月末の避難区域解除、住宅補償の打ち切りに反対する人々らが声をあげた。

続きを読む

小池東京都知事は6年経ってもまだ区域外避難者の実情を認識していないのか!?~東京都に自主避難者への住宅支援の強化を求める緊急アピール行動 2017.3.24

記事公開日:2017.3.24 取材地: 動画

 2017年3月24日(金)、東京都新宿区の東京都庁第一庁舎前にて、避難の協同センター、キビタキの会、希望のまち東京をつくる会、原発事故避難者の住宅確保を支援する江東の会の主催による「東京都に自主避難者への住宅支援の強化を求める緊急アピール行動」が行われた。

続きを読む

バイバイ原発3・11きょうと ―スピーチ 長谷川健一氏(ひだんれん共同代表・元酪農家)、鹿島啓一氏(高浜原発差止訴訟弁護士)ほか 2017.3.11

記事公開日:2017.3.24 取材地: 動画

 2017年3月11日(土)、京都市東山区の円山野外音楽堂にて、バイバイ原発きょうと実行委員会の主催による「バイバイ原発3・11きょうと 」が開催され、長谷川健一氏(ひだんれん〔原発事故被害者団体連絡会〕共同代表、原発被害糾弾 飯舘村民救済申立団団長)、鹿島啓一氏(弁護士、高浜原発運転差止訴訟弁護団らがスピーチを行った。

続きを読む

「今すぐふるさとに飛んででも帰りたい!でも一生帰れない!!」避難者の救済こそが復興ではないのか!?~さようなら原発全国集会 2017.3.20

記事公開日:2017.3.20 取材地: 動画

 2017年3月20日(月)、東京都千代田区の代々木公園にて、ようなら原発1000万人アクション実行委員会の主催による「いのちを守れ!フクシマを忘れない さようなら原発全国集会」が開かれ、福島の現地、そして福島避難者や被爆労働者が声をあげた。また、脱原発を訴え、作家の落合恵子氏、ルポライターの鎌田慧氏らも集会に参加した。

続きを読む

「子どもたちを危険な場所に返せない!」「除染されたのは家だけ。空間線量は下がったが、森林、公園、地表面は汚染されたまま」――福島原発事故の区域外避難者「自主避難者」が会見で訴え 2017.3.7

記事公開日:2017.3.7 取材地: 動画

 2017年3月7日(火)、東京都千代田区の日本外国特派員協会にて、「グリーンピース、ヒューマンライツ・ナウ、原発事故被害者 共同記者会見」が開かれ、日本政府に人権侵害の是正を求める~グリーンピース報告書「格差ある被害:原発事故と女性・子ども」が発表された。

 会見には、国際環境NGOグリーンピース・ジャパン シニア・グローバル・エネルギー担当のケンドラ・ウルリッチ氏、認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ事務局長で弁護士の伊藤和子氏、避難の協同センター代表世話人の松本徳子氏が出席した。

続きを読む

〈フクシマ5年目の真実〉予告編

記事公開日:2016.3.23

 IWJの高橋敬明記者が福島を取材した。「フクシマ 5年目の真実」と題し、近日中に4回シリーズで配信する。第1回目は、3月28日(月)20時より7chで配信予定。

続きを読む

避難用住宅の提供打ち切り撤回と、避難用住宅の長期無償提供を求める署名提出 2016.3.14

記事公開日:2016.3.17 取材地: 動画

 2016年3月14日(火)、東京都千代田区の参議院議員会館にて、避難用住宅の提供打ち切り撤回と、避難用住宅の長期無償提供を求める署名提出が行われた。

続きを読む

「避難の権利」を求める全国避難者の会 第1回政府交渉 2016.3.9

記事公開日:2016.3.15 取材地: 動画

 2016年3月9日(水)、東京都千代田区の参議院議院会館にて、「避難の権利」を求める全国避難者の会 第1回政府交渉が行われた。

続きを読む

NO NUKES DAY 原発のない未来へ!3.26全国大集会 記者会見 2016.3.9

記事公開日:2016.3.10 取材地: 動画

 2016年3月9日(水)、東京都千代田区の衆議院第二議員会館にて、「NO NUKES DAY 原発のない未来へ!3.26全国大集会」記者会見が行われた。

続きを読む

原発事故避難者の住まいの安定に関する復興庁・東京都との話し合いと記者会見 2016.3.7

記事公開日:2016.3.8 取材地: 動画

 2016年3月7日(月)、東京都千代田区の参議院会館にて「 原発事故避難者の住まいの安定に関する復興庁・東京都との話し合い(と記者会見・中止)」が開催された。なお、東京都担当者は出席せず、内閣府の担当者が出席した。

続きを読む

とみおか子ども未来ネットワーク 設立4周年記念シンポジウム「今の復興政策が原発避難者に何をおよぼすのか」~未来予測から見える真の問題とは~ 2016.2.11

記事公開日:2016.2.11 取材地: 動画

 2016年2月11日(木)、東京都新宿区の東京ボランティア・市民活動センターにて「とみおか子ども未来ネットワーク 設立4周年記念シンポジウム「今の復興政策が原発避難者に何をおよぼすのか」~未来予測から見える真の問題とは~」が行われた。

続きを読む

原発避難計画 全国集会 in 東京(1/21) 川内、高浜、伊方、柏崎刈羽、玄海…各地の避難計画を徹底検証 2016.1.21

記事公開日:2016.1.21 取材地: 動画

 2016年1月21日(木)、東京都千代田区の参議院議員会館にて、原発避難計画の全国集会が行われた。

続きを読む

「避難の権利」を求める全国避難者の会 設立記念集会 Part 2 つながろう!はじめの一歩 in 京都 第二部 2015.12.12

記事公開日:2015.12.12 取材地: 動画

 2015年12月12日(土)、「『避難の権利』を求める全国避難者の会 設立記念集会 Part 2 つながろう!はじめの一歩」の第二部「311後の共生社会をめざして〜『避難の権利』は生きる権利〜」が18時より同志社大学今出川キャンパス(京都市上京区)で開かれた。

続きを読む

三田茂先生 講演会 「私が東京を去り、岡山に移住した理由・一開業医の判断」 2015.5.30

記事公開日:2015.5.30 取材地: 動画

 2015年5月30日(土)14時半より、岡山県和気町の中央公民館で東京・小平市から岡山へと移住した医師の三田茂氏講演会「私が東京を去り、岡山に移住した理由・一開業医の判断」が行われた。

続きを読む

「ほっと岡山」と10の支援団体の合同報告会 2015.3.10

記事公開日:2015.3.10 取材地: 動画

 岡山県で東日本大震災の避難者受け入れ支援をしてきたさまざまな団体がつくる組織「うけいれネットワークほっと岡山」が10日(火)13時過ぎから、岡山市北区のきらめきプラザで、「ほっと」岡山と10の支援団体の合同報告会を開催した。

続きを読む

「自治体よ、原発避難計画など作るな!」 ~井戸川前双葉町長「原発より住民優位」を訴える 2014.5.24

記事公開日:2014.5.24 取材地: テキスト 動画

 2014年5月24日、滋賀県大津市の解放県民センターで開かれた講演会「この夏、原発再稼動許すまじ!」に、2011年の福島第一原発事を受け、埼玉県で長期の避難生活を続けている、前双葉町長の井戸川克隆氏が登壇した。

 井戸川氏といえば、週刊『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)に連載中の『美味しんぼ』の中で鼻血の症状を訴えたことで、今や時の人に。「今日のような集会で、私が原発事故被害の深刻さをいくら訴えても、新聞やテレビは、それを一切伝えない」とした井戸川氏は、「多分、コミックは情報統制の対象外だったのだろう。当局は、私が漫画に登場して、ああいった発言をすることは想定外だったに違いない」と苦笑してみせた。

続きを読む

「子どもの将来がかかっている」来年3月で打ち切りか?! 原発避難者が無償住宅の期限延長を求め院内集会 2014.5.14

記事公開日:2014.5.14 取材地: テキスト 動画

特集 3.11|特集 百人百話

 「暫定的なありようがいつ終わるか見通しのつかない人間は、目的をもって生きることができない。ふつうのありようの人間のように、未来を見すえて存在することができないのだ。そのため…..精神の崩壊現象が始まるのだ」

 これは、ヴィクトール・フランクルの「夜と霧」からの引用だが、ある一人の原発避難者が、「私はまさにこれだ」と、将来の見通しが立たない自身の生活と、この一節を重ね合わせたという。

続きを読む

帰還か定住か、二者択一ではない第三の道の必要性~「復興」とはなにかを問う原発避難者の声 2014.5.11

記事公開日:2014.5.13 取材地: テキスト 動画

特集 3.11|特集百人百話

 『人間なき復興――原発避難と国民の「不理解」をめぐって』の著者の一人で、福島原発事故により富岡町から東京に避難した、市村高志さんをゲストに迎え、5月11日、「原発避難の3年間」と題した講演会が開かれた。

 市村さんの自宅がある福島県富岡町は、福島第一原発から10キロ圏内。当時、震度6強の地震と、21メートルの津波が町を襲った。市村さんは、2011年3月11日に時を戻したように、当時を振り返った。

 「いまだに、その日の帰り道が思い出せない」

続きを読む

岐阜で始まる「重水素実験」とは? ~市民運動家が「被曝リスク」指摘、廃棄物問題への言及も 2014.3.15

記事公開日:2014.3.15 取材地: テキスト 動画

 2014年3月15日、名古屋市東区のウィルあいちで「避難者が呼びかける『原発避難者の勉強会 ~核融合実験について』」が行われた。

 これは「多治見を放射能から守ろう!市民の会」の井上敏夫氏を講師に招いての勉強会。岐阜県土岐市にある核融合科学研究所(以下、科研)が、核融合発電に向けた前段的意味合いの重水素実験を、2016年度から実施予定であることから、これに不安を持つ地元市民らが参加した。

続きを読む

福島原発おかやま訴訟 提訴行動および報告会・記者会見 2014.3.10

記事公開日:2014.3.10 取材地: 動画

特集 百人百話|特集 3.11

 2014年3月10日(月)、福島第一原発事故で岡山近隣に避難している被災者が、国と東京電力に対し損害賠償を求め岡山地裁に提訴した。その後、原告団による報告会と記者会見が開かれた。

続きを読む