1号機原子炉格納容器内にロボット投入し、画像データ・線量データ得られたものの東電「現段階では評価できず」後日データを整理し評価予定――東京電力会見 2017.3.22

記事公開日:2017.3.23取材地: 動画

 2017年3月22日(水)、17時より東京都千代田区の東京電力本店にて、東京電力による1号機原子炉格納容器内部調査実施に伴う会見が行われた。


格納容器内にロボット投入完了!! 1日目調査の水中画像ではデブリの確認できず!? ~東京電力による1号機原子炉格納容器内部調査実施に伴う会見 2017.3.19

記事公開日:2017.3.19取材地: | 動画

  2017年3月19日(日)15時より東京都千代田区の東京電力本社本館にて、「東京電力による1号機原子炉格納容器内部調査実施に伴う会見」が行われた。


3.11 原発ゼロNAGOYA ACTION 福島の原発事故は終わっていない! 危険な老朽原発廃炉! 2017.3.11

記事公開日:2017.3.19取材地: 動画

 2017年3月11日(土)、愛知県名古屋市の久屋大通公園 もちの木広場にて、原発ゼロNAGOYA ACTIONの主催により「3.11 原発ゼロNAGOYA ACTION 福島の原発事故は終わっていない!危険な老朽原発廃炉!」と題する抗議行動が行われた。


1号機内部調査中断となった映像ケーブル切断の原因は単純な確認ミス!? 進まないロボット調査!! ~東京電力定例会見 2017.3.16

記事公開日:2017.3.16取材地: 動画

 2017年3月16日(木) 17時より東京都千代田区の東京電力本店にて、東京電力定例会見が行われた。


「(福島第二原発を)なぜ廃炉にしないのかという理由も説明するべきだ」福島民報での世耕経産大臣の発言に、東電広報担当「報道自体見ていない。そういう発言があったとすれば重く受け止める」 ――東電会見 2017.3.2

記事公開日:2017.3.3取材地: 動画

 2017年3月2日(木)、東京都千代田区の東京電力本社にて東京電力定例会見が開かれ、福島第一原発の状況報告が行われた。会見では、福島第二原発の廃炉について言及した世耕経産大臣の発言や福島第一原発における作業員の被ばく線量などについて記者から質問が飛んだ。


福島第一2号機のX6ペネ周りの放射線量、毎時10シーベルトから遮へい体の設置で4ミリシーベルトに軽減可能~高線量下の作業、線源・距離・時間が課題――東京電力「中長期ロードマップの進捗状況」 2017.2.23

記事公開日:2017.2.24取材地: 動画

 2017年2月23日(木)、東京都千代田区の東京電力本店にて、「中長期ロードマップの進捗状況」に関する記者会見が開かれ、福島第一廃炉推進カンパニー・プレジデントの増田尚宏氏、同広報担当の川村信一氏、原子力・立地本部長代理の木元崇宏氏らが出席した。


老朽原発にレッドカードを!名古屋も危ない 2.19集会 ―ゲスト 中嶌哲演氏、川口真由美氏 2017.2.19

記事公開日:2017.2.19取材地: 動画

 2017年2月19日(日)13時より「高浜原発40年廃炉・名古屋行政訴訟を支える市民の会」第1回総会記念トーク・ライブとして「老朽原発にレッドカードを!名古屋も危ない 2.19集会」がイーブルなごや(名古屋市中区)で開かれた。高浜原発差止行政訴訟弁護団の報告の後、ゲストの川口真由美氏のライブ、福井県小浜市でで原発拒否のたたかいを続けてきた明通寺住職・中嶌哲演氏の講演が行われた。


7.2mのレールの堆積物の上を数十cmしか進めなかったサソリロボ!「失敗ではない」と繰り返す東電!? 炉内残置したロボットの金額は答えられない!?~東京電力記者会見 2017.2.16

記事公開日:2017.2.17取材地: 動画

 2017年2月16日(木) 21時より東京都千代田区の東京電力本社にて、定例記者会見が行われた。


従来想定の11兆円から21.5兆円に倍増した廃炉・賠償コスト「株主や資金を融資してきた銀行の責任を政府は問わないまま、国民に税金や電気料金で押し付けようとしている」日本共産党 井上哲士議員が指摘――再稼働反対!首相官邸前抗議 2017.1.27

記事公開日:2017.1.28取材地: 動画

 2017年1月27日(金)、東京都千代田区の首相官邸前にて、首都圏反原発連合の呼びかけによる「再稼働反対!首相官邸前抗議」が行なわれた。


「なかなか線量が下がらず、追加の除染や遮蔽材の設置を行なってきたが、その完了時期はロードマップより後ろ倒し」「3号機使用済み燃料の取り出し開始は、2018年度中ごろの見込み」――東京電力「中長期ロードマップの進捗状況」に関する記者会見 2017.1.26

記事公開日:2017.1.28取材地: 動画

 2017年1月26日(木)、東京都千代田区の東京電力本店にて、東京電力による「中長期ロードマップの進捗状況」に関する記者会見が開かれ、福島第一廃炉推進カンパニー・プレジデントの増田尚宏氏らが会見を行なった。

 2017年は、1・2号機でロボットによる原子炉格納容器内の調査、3号機での使用済み燃料の取り出しに向けたカバーの設置工事、1号機の使用済み燃料の取り出しに向けたカバー設置のための瓦礫撤去といった廃炉の核心といえる部分の作業が見込まれている。


自民党・河野太郎議員らが緊急記者会見「経産省が原発賠償費用・廃炉費用などを託送料金に上乗せして国民になすりつけ!?」これでは電力自由化の意味 もない 2016.12.7

記事公開日:2017.1.10取材地: 動画

 2016年12月7日(水)、東京都千代田区の衆議院第一議員会館にて、「東電賠償・廃炉費用、老朽化廃炉費用の託送料金上乗せについて(談話)」が公表された。河野太郎共同代表(衆・自民党)、近藤昭一共同代表(衆・民進党)、阿部知子事務局長(衆・民進党)、他役員が出席し、説明が行なわれた。


政府は原発救済費用を電気代に上乗せするな!福島事故の賠償はまず東京電力に払わせよう!「原発負担金はお断り!神戸集会」 2017.1.8

記事公開日:2017.1.9取材地: 動画

 2017年1月8日(日)14時より、さよなら原発神戸アクションが主催する勉強会「政府は原発救済費用を電気代に上乗せするな!福島事故の賠償はまず東京電力に払わせよう!『原発負担金はお断り!神戸集会』」が神戸市勤労会館(神戸市中央区)で開かれた。環境経済学が専門の朴勝俊(パク・スンジュン)氏(関西学院大学教授)が、経産省が求める原発事故処理・賠償などの費用負担の仕組みと問題を解説した。


原発部品 強度不足問題 勉強会 ―講師:ショーン・バーニー(グリーンピース・ドイツ 核問題シニアスペシャリスト) 2016.11.22

記事公開日:2016.11.30取材地: 動画

 2016年11月22日(火) 13時より東京都千代田区の参議院議員会館にて、グリーンピース・ドイツ 核問題シニアスペシャリストのショーン・バーニー氏を招いて、「原発部品 強度不足問題 勉強会 」が開催された。


琵琶湖が危ない ―老朽原発美浜3号も廃炉に!11.13琵琶湖集会 2016.11.13

記事公開日:2016.11.14取材地: 動画

 2016年11月13日(日)13時半より、滋賀県大津市のピアザ淡海で「琵琶湖が危ない ―老朽原発美浜3号も廃炉に!11.13琵琶湖集会」が開かれた。高浜1・2号老朽原発廃炉裁判などの弁護団を務める鹿島啓一弁護士、美浜の会の小山英之氏らが報告を行った。


原発ゼロ社会への道 第3回脱原発兵庫フォーラム「まず、もんじゅ廃炉からとりかかろう!」 ―講師 伴英幸氏、大竹進氏ほか 2016.11.6

記事公開日:2016.11.7取材地: 動画

 2016年11月6日(日)13時半より、あすてっぷKOBE(神戸市中央区)で「原発ゼロ社会への道 第3回脱原発兵庫フォーラム『まず、もんじゅ廃炉からとりかかろう!』」が開かれた。

 原子力資料情報室共同代表で原子力市民委員会委員の伴英幸氏、なくそう原発・核燃、あおもりネットワークで共同代表を務める大竹進氏、同じく青森の遠藤順子氏(進め!ドクター大竹の会)が核燃料サイクルの現状と廃止への課題について講演を行った。


首相官邸前で毎週金曜日恒例の「脱原発」抗議開催、「柏崎刈羽原発の再稼働反対」を掲げる米山隆一氏当選に喜びの声 ~他方、この10/21当日に鳥取県で震度6の大地震、「3.11」の恐怖が甦る! 2016.10.21

記事公開日:2016.10.23取材地: テキスト動画

 「新潟県知事選で示された民意に、安倍政権はしっかりと向き合うべきだ」――。

 10月21日(金)、首相官邸前と国会正門前で行われた毎週恒例の「再稼働反対!首相官邸前抗議」では、新潟県知事選挙で「柏崎刈羽原発の再稼働反対」を掲げる米山隆一氏の勝利をうけ、次々と喜びの声が上がった。


「右翼が居座り妨害」再稼働反対の抗議行動、首相官邸前で行えず、国会議事堂前駅3番口前で実施――参加者からは「新潟県知事選の影響か?」との声も 2016.9.30

記事公開日:2016.9.30取材地: 動画

 2016年9月30日午後5時40分ころ、首都圏反原発連合のスタッフが毎週金曜日に抗議行動を行っている首相官邸前に到着すると、そこにすでに13名ほどの右翼活動家がいた。彼らは内閣府に申し入れをした帰りに、再稼働反対の抗議行動を妨害する目的で3名が居残り、「原発賛成!」「再稼働賛成!」などと拡声器で声をあげ続けた。

 首都圏反原発連合のスタッフが、何度か交渉を試みようとしたが、警察官が間に入って制するなどしたため、実現しなかった。結局、首都圏反原発連合は、場所を首相官邸前交差点から50mほど離れた国会議事堂前駅3番出口の前に移し、再稼働反対の抗議活動を行なった。


再稼働反対!首相官邸前抗議 ~南海トラフ地震・津波が襲うリスク、避難計画を置去りにし再稼働に突き進む安倍政権に徹底抗議! 2016.9.23

記事公開日:2016.9.26取材地: 動画

 「もんじゅ廃炉は目くらましでしかない!(日本政府は)フランスで建設予定の新型高速炉『ASTRID(アストリッド)』計画を共同で進めると言うが、もんじゅ同様、また莫大な金が使われる可能性が高い」

 2016年9月23日、第214回「再稼働反対!首相官邸前・国会正門前抗議」が行われ、主催者発表でおよそ750名が参加。女性の一人はマイクを取り、もんじゅの廃炉は「目くらまし」だと批判した。


「福島原発の廃炉費用8.3兆円を利用者から徴収!? 東電救済のために、なんで国民全員で負担しなければならないんだ!!」~再稼働反対!首相官邸前・国会正門前抗議 2016.9.16

記事公開日:2016.9.16取材地: 動画

 2016年9月16日(金)、東京都千代田区の首相官邸前・国会議事堂正門前にて、首都圏反原発連合が主催する「再稼働反対!首相官邸前・国会正門前抗議」が行われた。


「東電を逆さまにしても一円も出ないという状況にして初めて、国民の理解が得られる」――東電救済にひた走る「エネ庁」の異常〜自民党内の”脱原発派” 秋本真利衆議院議員に直撃インタビュー 2016.9.9

記事公開日:2016.9.15取材地: テキスト動画独自

 政府内からとんでもない「東電救済策」がささやかれている。あまりのひどさに耳を疑うくらいだ。

 2011年の福島第一原発事故の影響で汚染された地域の除染費用は、原則、東電が負担すると「放射性物質汚染対処特別措置法」で定められている。しかし、除染が手付かずの「帰還困難区域」については、東電の責任だと考える議員と、公共事業として国民負担とすべきだと考える議員とで与党内でも意見が割れているという。