衆院選 希望の党 街頭演説会(札幌市・大通公園) ―弁士 小池百合子代表、松木謙公候補(北海道2区)、高橋美穂候補(北海道4区) 2017.10.20

記事公開日:2017.10.21取材地: 動画

 希望の党代表・小池百合子東京都知事が2017年10月20日(金)北海道入りし、10時より札幌市中央区の大通西4丁目交差点で希望の党の北海道2区・松木謙公候補(前職)、北海道4区・高橋美穂候補(元職)とともに街頭演説を行った。


「戦争か平和かを決める大事な選挙だ」〜共産党の「市民と野党の統一候補」金倉昌俊氏(北海道2区)が訴え!「有権者を惑わすやり方はフェアじゃない」と希望の党の対抗馬を批判! 2017.10.19

記事公開日:2017.10.20取材地: 動画

 2017年10月19日(木)、北海道札幌市のロイヤルシャトー北32条にて、日本共産党・金倉昌俊候補(北海道2区)による街頭演説が行われた。


衆院選 立憲民主党 荒井聰候補(北海道3区)個人演説会 2017.10.19

記事公開日:2017.10.20取材地: 動画

 2017年10月19日(木) 19時より、北海道札幌市の里塚・美しが丘地区センターにて、立憲民主党・荒井聰候補(北海道3区)による個人演説会が行われた。


「日米地位協定を変えようとする政治家は必ず失脚させられるが、私はそれをやりたい」〜立憲民主党・荒井聰候補(北海道3区)が表明!「安倍総理の本当の狙いは緊急事態条項だ」とも指摘! 2017.10.19

記事公開日:2017.10.20取材地: テキスト動画

衆院選2017特集 北海道3区
※10月21日テキストを追加しました。

 自民党は衆院選の終盤情勢を踏まえ、激戦となっている49選挙区を「重点区」に指定した。投票日に向け、安倍総理ら幹部を集中的に投入し、最後の猛攻を仕掛ける。北海道は、立憲民主党候補と特に接戦となっている3区と11区が重点区に指定された。


「医療機関や物流会社に『戦地で負傷者を治療しろ』『弾薬を運べ』と命令がくだる危険性もある」〜立憲民主・道下大樹候補(北海道1区)が緊急事態条項「絶対に許せない」と断言! 2017.10.18

記事公開日:2017.10.18取材地: テキスト動画

衆院選2017特集 北海道1区

※10月20日、テキストを追加しました。

 北海道のリベラルの重鎮の「後継者」が、自民党候補からリードを奪っている。

 2017年10月18日午後6時半から、札幌市内で立憲民主党公認候補・道下大樹氏(北海道1区)の個人演説会が開かれた。ゲストには自由党・山本太郎参議院議員が駆けつけた。


「誰ひとり置いてけぼりにしない社会を作る」〜野党共闘のシンボル・立憲民主・池田真紀候補(北海道5区)が声を枯らして訴え!「今も人権損害がある中で改憲議論はできない」IWJが直撃インタビュー! 2017.10.18

記事公開日:2017.10.18取材地: テキスト動画

衆院選2017特集 北海道5区

※10月20日、テキストを追加しました。

 「憲法はこの国の在り方。何を大切にするか、どこを目指すのか、在前提が一致していなければ議論にならない」――。


「真実を告白したら官房長官に攻撃され、総理を庇えば国税庁長官に大出世。こんなデタラメ許せない」〜枝野幸男氏の元ブレーン・立憲民主党の本多平直候補(北海道4区)が自民候補を猛追! 2017.10.18

記事公開日:2017.10.18取材地: テキスト動画

衆院選2017特集 北海道4区

※10月20日、テキストを追加しました。

 「票割れ」が起きているとみられている北海道4区で、立憲民主党の候補者が猛烈な追い上げをみせている。

 立憲民主党公認候補・本多平直氏(北海道4区)が2017年10月18日夕方4時半から、札幌市手稲(ていね)駅前で街頭演説を行った。本多氏はかつて、同党の枝野幸男代表の政策秘書を務めた政策通としても知られる。


「東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会」主催 第6回公開シンポジウム「反差別・反ヘイト・自己決定権を問う」(札幌市) 2017.6.30

記事公開日:2017.7.16取材地: 動画

 2017年6月30日(金)18時30分より札幌市北区の札幌エルプラザにて、「東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会」主催による第6回公開シンポジウム「反差別・反ヘイト・自己決定権を問う」が開催された。


TPP協定の国会承認にNOを! 北海道帯広市で地方公聴会が開催―「日本が国会承認してしまえば、それがスタートラインとして確定し、日米FTAでさらなる譲歩の圧力がアメリカから加わる!」 2016.11.17

記事公開日:2016.11.23取材地: テキスト動画

特集 TPP問題

 2016年11月17日(木)、TPP協定の承認案と関連法案を審議する参議院特別委員会の地方公聴会が、北海道帯広市のホテル日航ノースランド帯広で開かれた。公述人は、与党推薦は十勝家畜人工授精所の吉川広司代表と株式会社アミノアップ化学の小砂憲一会長、野党推薦は全十勝地区農民連盟の西原正行委員長と北海道大学大学院農学研究院の東山寛准教授の計4人である。

 公聴会が行われたホテル日航ノースランド帯広前では、TPPに反対する市民が集まり、「TPP批准阻止」「STOP THE TPP」といったプラカードを掲げた。


衆議院環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会 北海道地方公聴会 開場前での抗議行動の模様 2016.10.26

記事公開日:2016.10.26取材地: 動画

特集 TPP問題

 2016年10月26日(水)、衆議院環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会 北海道地方公聴会が開かれる北海道札幌市の京王プラザホテル札幌前での、抗議行動を中継した。


衆議院環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会 北海道地方公聴会 2016.10.26

記事公開日:2016.10.26取材地: 動画

※会員の方は全編動画をご覧いただけます。ぜひ会員登録して全編をご覧ください。
会員登録はこちらから

特集 TPP問題

 2016年10月26日(水) 13時より北海道札幌市の京王プラザホテル札幌にて、衆議院環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会 北海道地方公聴会が開催された。


北海道反原発連合 0603 原発再稼動反対!道庁前大抗議 2016.6.3

記事公開日:2016.6.3取材地: 動画

 毎週金曜日、札幌市中央区の北海道庁北門前で北海道反原発連合主催で行われている「原発再稼動反対!道庁前抗議行動」が、2016年6月3日(金)、200回の節目の抗議を行った。


ユニキタ×SEALDs「選挙を変える、市民が変える」北海道衆院5区補欠選挙0424投票行こう 街宣 2016.4.13

記事公開日:2016.4.13取材地: 動画

 2016年4月13日(水)、札幌市北区のJR札幌駅南口で、「ユニキタ×SEALDs『選挙を変える、市民が変える』北海道衆院5区補欠選挙0424投票行こう」の街宣活動が行われた。


SEALDsによる衆院北海道5区補選に関する記者会見 2016.4.11

記事公開日:2016.4.11取材地: 動画

 2016年4月11日(月)、札幌市中央区の北海道庁で、SEALDsによる衆院北海道5区補選に関する記者会見が開かれた。


イケマキ×市民トークセッションvol.2 〜「政治」で変わるの?若者のリアル〜 奥田愛基氏 (SEALDs)×池田真紀氏 2016.4.10

記事公開日:2016.4.10取材地: 動画

 2016年4月10日(日)17時半より、北海道5区補選予定候補でソーシャルワーカーの池田真紀氏、SEALDs(シールズ)の奥田愛基氏と北海道の若者らが参加したトークセッション「『政治』で変わるの?若者のリアル」が札幌市中央区のあじとcafe日びので開かれた。


鳥越俊太郎×池田まき 街頭演説会 厚別集会 2016.4.10

記事公開日:2016.4.10取材地: 動画

 2016年4月10日(日)、千歳市での大規模な街頭演説会を終えた池田真紀氏、鳥越俊太郎氏らが新札幌駅前(札幌市厚別区)に場所を移して15時半より街頭演説会を行った。演説に立った奥田愛基氏 (SEALDs) に話を聞いた。


最低賃金上げろデモ札幌 2015.12.23

記事公開日:2015.12.23取材地: 動画

 2015年12月23日(水)、北海道札幌市の大通り公園で、「最低賃金上げろデモ札幌」が行われた。


STOP!再稼働 NO!戦争法制 さようなら原発・戦争 北海道集会 2015.10.10

記事公開日:2015.10.10取材地: 動画

 2015年10月10日(土)13時より、札幌市の大通公園で原発再稼働と安保法制に反対して「STOP!再稼働 NO!戦争法制 さようなら原発・戦争 北海道集会」が行われた。


「戦争したくなくてふるえる。」―PRESENTS―平和したくてふるえるDEMO 2015.8.15

記事公開日:2015.8.15取材地: 動画

 安保関連法案に反対して「戦争したくなくてふるえる。」デモを札幌市で行ったメンバーが、2015年8月15日(土)15時より「平和したくてふるえるDEMO」と題して札幌市・大通公園でスピーチとデモを行った。


「知識がない者は声を上げるな、という社会の空気はすごくイヤ。『怖い』と感じたら素直に『怖い』と声を上げる」 ~札幌「ふるえる」デモ主催者・高塚愛鳥さんインタビュー 2015.7.12

記事公開日:2015.7.24取材地: テキスト動画独自

※7月24日テキストを追加しました!  

 「安保法案に賛成という人たちは、知識が十分というよりも、むしろ知識が中途半端だから、賛成できるのではないか」──。

 こう語ったのは、高塚愛鳥さん。19歳のフリーターである。北海道札幌市内で展開されている、安保法案廃止を求める活動の主催者で、2015年6月、「戦争したくなくてふるえる」デモを実施した。