【京都府知事選】尾崎望候補選対事務所 開票時の模様 2014.4.6

記事公開日:2014.4.6取材地: 動画

 京都府知事選挙投開票日の2014年4月6日(日)、尾崎望候補=無所属新人・共産党推薦=の選挙事務所から開票時の模様を中継した。


【IWJブログ】京都府知事選、山田啓二候補は取材拒否 尾崎望候補に聞く「府民の生活と安全を守る」政策 2014.4.6

記事公開日:2014.4.6 テキスト動画

 本日4月6日に投開票が行われる京都府知事選は、自民党と民主党の京都府連、および公明党が推薦する現職の山田啓二氏(60)と、共産党が推薦する新人で医師の尾崎望氏(59)との一騎打ちとなった。

 IWJは山田啓二候補に対し再三インタビューの申し込みを行っていたが、山田候補陣営は全て拒否。また本日、開票時の選挙事務所での取材申し込みも拒んだ。中継も録画撮影もペン取材もすべて「拒絶」。異常な対応であると言わねばならない。

 当初、IWJの取材申し入れに対して「検討する」と応答していた山田候補の選対事務所だが、その後「非記者クラブのメディアからの取材申し込みが多いので、取材は記者クラブに限定する」などと回答。「非記者クラブのメディア」に対し取材の機会を一切与えない、記者クラブメディア偏重の姿勢をあからさまにした。


【京都府知事選】京都市役所前でゲリラ企画 選挙ライブ「KYOTO GETUP STANDUP」 2014.4.5

記事公開日:2014.4.5取材地: 動画

 2014年4月5日(土)18時半より京都府知事選挙を前に、京都市役所前で選挙ライブ “KYOTO GETUP STANDUP” が行われた。最後の訴えにまわる尾崎望候補のスピーチに続いて、京丹後市経ヶ岬米軍基地や原発再稼働、ダンス規制問題、レイシズム、セクシャル・マイノリティ差別問題を訴えるライブやフリースピーチが行われた。


【京都府知事選】尾崎望候補 街頭演説 2014.4.5

記事公開日:2014.4.5取材地: 動画

 京都府知事選挙投票日を翌日に控えた2014年4月5日(土)、尾崎望候補が、14時半より京都市中京区・四条烏丸で、また20時前、選挙戦最後の演説を三条河原町で行った。


【京都府知事選】山田啓二候補 街頭演説 2014.4.5

記事公開日:2014.4.5取材地: 動画

 京都府知事選挙、選挙期間最終日の2014年4月5日(土)、京都市の三条河原町・四条河原町で山田啓二候補が街頭演説を行った。応援演説には門川京都市長の他、三条河原町では民主党国会議員、四条河原町では自民党の国会議員がマイクを持ち支持を訴えた。また、山田候補移動後の三条河原町では民主党の国会議員が応援演説を続けた。


沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、普天間基地の撤去を求める京都行動 2014.4.5

記事公開日:2014.4.5取材地: 動画

 2014年4月5日(土)17時半より、京都市中京区・三条河原町で毎週土曜日に沖縄・辺野古への米軍基地移設に反対して行われている「京都行動」の模様を取材した。この日は、京都府知事選挙の選挙期間最終日ということもあり、拡声器の使用を控えビラまきとともにバナーの制作などが行われた。


【京都府知事選】山田啓二候補 総決起大会 2014.4.2

記事公開日:2014.4.2取材地: 動画

 2014年4月2日(水)14時から、京都市中京区の京都ホテルオークラで、京都府知事選の山田啓二候補の総決起大会が開かれ、自民党、公明党、民主党、各種団体関係者らが集まった。


SAVE THE CLUB SCENE ―クラブシーンを守り考えるトークライブ 2014.4.2

記事公開日:2014.4.2取材地: 動画

 4月2日(水)、京都市にあるFAIRY LAB.で、ダンス規制、クラブシーンを守り考えるトークイベント「SAVE THE CLUB SCENE」が行われ、弁護士の中村和雄氏、京都府知事選挙に立候補している尾崎望氏がゲストとして登場した。


【京都府知事選】山田啓二候補 個人演説会 ―応援 谷垣禎一法務大臣 2014.3.30

記事公開日:2014.3.30取材地: 動画

 2014年3月30日(日)19時から、京都市伏見区の伏見板橋小学校で、京都府知事選の山田啓二候補による個人演説会が開かれた。演説会には、谷垣禎一法務大臣をはじめ、西田昌司議員や宮崎謙介議員が応援に駆けつけた。


【京都府知事選】4.6京都から世直し府民決起集会 2014.3.30

記事公開日:2014.3.30取材地: 動画

 2014年3月30日(日)、京都市中京区の京都国際ホテルで、「4.6京都から世直し府民決起集会」が開かれた。集会ではブロガーの座間宮ガレイ氏が登壇し、京都府知事選に向けた選挙活動ついて語った。


【京都府知事選】尾崎望候補「子育て演説会」 ~ 「世直し桜パレード」 2014.3.30

記事公開日:2014.3.30取材地: 動画

 2014年3月30日(日)15時より、京都市・京都教育文化センターで京都府知事選挙候補・尾崎望氏の個人演説会「子育て演説会」が行われた。子育て中の母親らのスピーチに続いて、小児科医でもあった尾崎候補が自身の体験を踏まえつつ行政の子育て支援への思いを語った。また、演説会後には「世直し桜パレード」と題し参加者がパレードに繰り出した。


【京都府知事選】尾崎望候補 街頭演説・応援演説 ―応援弁士 山本太郎議員ほか 2014.3.29

記事公開日:2014.3.29取材地: 動画

 2014年3月29日(土)、京都府知事選挙・尾崎望候補の応援のため山本太郎・参議院議員が京都を訪れた。京都市の阪急三院駅前で尾崎候補とともに行われた街頭演説と、四条烏丸・三条河原町での応援演説の模様を追った。


脱原発の京都府を作ろう 市民集会 ─登壇 尾崎望氏・座間宮ガレイ氏ほか 2014.3.28

記事公開日:2014.3.28取材地: 動画

 2014年3月28日(金)19時15分より京都市のキャンパスプラザ京都で、「脱原発の京都府を作ろう 市民集会」が行われた。京都で脱原発デモを行っている人々が中心となって、選挙戦中の京都府知事選候補・尾崎望氏やブロガーの座間宮ガレイ氏らを招き、脱原発と府政に対する思いを口々に訴えた。


【京都府知事選】「ひとりひとりが輝く京都を」尾崎望候補個人演説会 〜応援弁士 宇都宮健児氏、座間宮ガレイ氏ほか 2014.3.23

記事公開日:2014.3.23取材地: テキスト動画

 「今の山田府知事は、消費増税を賞讃し、政府ばかりを気にする」──。京建労北支部長の桜井一夫氏は、このように現職知事を批判。「建築業界はミニバブルだが、大企業だけ」と言い、地元の中小企業にもお金を回す循環型社会をめざして、「公契約」条例を掲げる尾崎望候補にエールを送った。

 「尾崎さんとは20年以来、一緒に仕事をしてきた。今は子どもの貧困問題に携わっている」。NPO福祉広場理事長池添素氏は、「子どもの夢をかなえる、そんな京都に」と、尾崎候補に期待を寄せた。

 2014年3月23日(日)19時30分より、京都市北区の衣笠小学校で、京都府知事選の立候補者、尾崎望氏の個人演説会が行われた。宇都宮健児元日弁連会長や、ブロガーの座間宮ガレイ氏も応援に駆けつけ登壇した。


【京都府知事選】尾崎望候補 街頭演説 ―応援弁士 宇都宮健児氏 2014.3.23

記事公開日:2014.3.23取材地: 動画

 2014年3月23日(日)に行われた京都府知事選挙候補・尾崎望氏の街頭演説に、都知事選で次点となった宇都宮健児弁護士が駆けつけ、各地で応援演説を行った。


【京都府知事選】尾崎望候補 応援演説 2014.3.22

記事公開日:2014.3.22取材地: 動画

 2014年3月22日(土)14時より、京都市東山区の新熊野(いまくまの)神社で、倉林明子・参議院議員など尾崎望候補の支援者による個人演説会が行われた。


【京都府知事選】尾崎望候補 個人演説会 2014.3.21

記事公開日:2014.3.21取材地: 動画

 2014年3月21日(金・祝)19時半より、京都市左京区のホテル平安の森京都で京都府知事選候補・尾崎望氏の個人演説会が行われた。


【京都府知事選】山田啓二候補 街頭演説と個人演説会 2014.3.20

記事公開日:2014.3.20取材地: 動画

 4月6日投開票される京都府知事選挙は、3月20日に告示され、現職の山田啓二氏と新人の尾崎望氏が立候補を届け出た。IWJ京都1CHは、告示当日の山田啓二氏の街頭演説と個人演説会の模様を配信した。


府知事選対論、「Xバンド」争点にならず ~山田氏×尾崎氏の舌戦は基地問題以外のテーマで 2014.3.15

記事公開日:2014.3.15取材地: テキスト動画

 京都市上京区の同志社大学・今出川キャンパスで、2014年3月15日(土)に行われた「マニフェスト志向型公開討論会」では、任期満了に伴う京都府知事選(4月6日投票予定)への出馬を表明している、現職の山田啓二氏と新人で医師の尾崎望氏が、景気、地域間格差、医療といったテーマで激論を交わした。

 山田氏のスピーチは、府知事としての、これまでの取り組みが成果を上げてきていることのアピール色が強く、今後に関しては、伝統産業拠点の創設やイベント開催といった明るい政策メニューを、集まった市民らの意欲を鼓舞するような口調で掲げてみせた。

 一方の尾崎氏は、京都が抱える諸問題で、悪化が顕著な部分に照準を合わせ、当該する統計データで説得力を持たせつつ、議論を展開した。「状況改善には、府政の刷新が肝要」との立場から、最低賃金保証の徹底など、庶民を重視した政策を標榜。住民自治の掘り起しをベースにした「地域自立」の必要性にも言及した。


【京都府知事選】府民の「生活」と「安全」を考える政策を ~岩上安身による尾崎望候補インタビュー 2014.3.12

記事公開日:2014.3.12取材地: テキスト動画独自

 3月20日に告示、4月6日に投開票が行われる京都府知事選挙は、公明党が推薦し、自民、民主、維新から支援を受ける現職の山田啓二氏と、共産党推薦で新人の尾崎望氏との一騎打ちとなった。

 3月12日、岩上安身は前日に立候補を表明したばかりの尾崎氏にインタビュー。インタビューで尾崎氏は、地元経済の停滞や子どもの貧困など、京都府民が日常生活で直面する問題について語り、京都府が地方自治体として打ち出すべき具体的な政策について語った。

 また、京都北部における米軍の施設「Xバンドレーダー」の設置計画にも話は及び、今後の国際安全保障体制の中で京都が占める地政学的な重要性が論点として浮かび上がった。