オールくまもと結成集会 中野晃一先生の講演会とパネルディスカッション 2017.10.9

記事公開日:2017.10.10取材地: 動画

 2017年10月9日(月)19時より、熊本県熊本市の熊本パレアホールにて、オールくまもと結成集会 中野晃一先生の講演会とパネルディスカッションが開催された。


市民連合高槻・島本 市民がつながり、政治を変えるつどい ―中野晃一・上智大教授、辻元清美・前衆院議員ほか 2017.10.6

記事公開日:2017.10.7取材地: 動画

 2017年10月6日(金)18時半より、高槻現代劇場文化ホール(大阪府高槻市)において市民連合高槻・島本による集会「市民がつながり、政治を変えるつどい」が開かれた。市民連合呼びかけ人、中野晃一・上智大教授の講演に続いて、市民連合高槻・島本と辻元清美・前衆議院議員(立憲民主党)との間での政策協定書の締結、および他野党4党との共闘実現が報告された。


市民連合が立憲民主党・枝野幸男代表へ改憲反対、安保法制白紙撤回などを求め、要望を提出 山口二郎氏「『実現に向けて努力したい』とお答えをいただいた」 2017.10.3

記事公開日:2017.10.3取材地: テキスト動画

※公共性に鑑み、10月22日まで全編動画を公開いたします。

 「安倍政権の立憲主義、あるいは法の支配、民主主義、表現の自由、様々な社会の基盤を壊しているという状況に対して、この総選挙でストップをかけなければならない」――。

 2017年10月3日(火)13時45分から、衆議院第一議員会館1階第1面談室で行われた、「市民連合による立憲民主党代表・枝野幸男氏へ『衆議院議員総選挙における野党の戦い方と政策に関する要望』申し入れ・記者会見」の冒頭で民進党を離党した枝野氏はこのように述べ、「立憲民主党」結党の想いを語った。


市民が変える政治とくらし 中野晃一講演会「アベ政治をやめさせるとき、社会は変わる」(神戸市) 2017.9.30

記事公開日:2017.10.2取材地: 動画

 2017年9月30日(土)14時より、神戸市中央区の兵庫県民会館において開かれた講演会「市民が変える政治とくらし」で、市民連合共同代表の中野晃一氏(上智大学教授)が講演を行った。


中野晃一氏「希望の党が本当にまじめな選択肢になりますか?」山口二郎氏「民進党と自由党の合流は野党の協力体制を強化していく方向に作用する」!~市民連合による野党4党へ要望書提出後の記者会見 2017.9.26

記事公開日:2017.9.26取材地: 動画

 2017年9月26日(火)18時より、東京都千代田区の衆議院第2議員会館にて、市民連合による野党4党への衆議院議員総選挙に向けた要望書提出後の記者会見が行われた。


「この選挙で3分の2議席を与党に許せば、もう後がない。この総選挙は日本の民主主義を守る最後の機会、ラストチャンスだ」〜山口二郎氏ら「市民連合」が野党に選挙協力を訴え記者会見! 2017.9.21

記事公開日:2017.9.22取材地: 動画

 2017年9月21日(木)、参議院議員会館で、市民連合による緊急記者会見「総選挙における野党協力を求める緊急アピール」が行われた。


安倍内閣支持率急落!「共謀罪法案が施行されてしまった今大事なことは、決して萎縮せず声を上げること!」高山佳奈子氏、金平茂紀氏らが「自由」の危機を考えるリレートーク 2017.7.9

記事公開日:2017.7.20取材地: テキスト動画

緊急特集 共謀罪(テロ等準備罪)法案シリーズ
※8月12日、テキストを追加しました。

 7月11日に、犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を含む改正組織犯罪処罰法がついに施行されてしまった。思想・表現の自由や、米軍基地反対や反原発など自らの主張を示す市民団体の行動が侵害され、超監視社会につながる恐れがある。

 共謀罪施行直前である2017年7月9日(日)、東京都新宿区の早稲田大学にて、安全保障関連法に反対する学者の会主催により、「大学人と市民のつどい 自由が危ない―表現・思想・学問の自由」が開催された。高山佳奈子氏、金平茂紀氏、吉岡忍氏など大学教授からジャーナリスト、作家、大学生まで様々な立場の10名から「自由」をテーマにリレートークが行われた。


山口二郎・法政大教授が市民集会で喝破「『9条改憲で敵基地攻撃能力を持とう』と能天気なことを言う自民党の政治家がいるが、誠に愚かな話。日本は戦争なんかしちゃいけない。戦争のできない国です」 2017.7.12

記事公開日:2017.7.14取材地: 動画

 2017年7月12日(日) 18時30分より東京都中野区のなかのZEROにて、緊急シンポジウム「STOP安倍政治 ―改憲を許さない市民集会―」が開催された。登壇者に、法政大学教授山口二郎氏、東京大学名誉教授 長谷部恭男氏、精神科医 香山リカ氏、上智大学教授 中野晃一氏らが名を連ねた。


「そのうち戦前みたいに、政府を批判したものは弾圧されてしまう世の中になってしまうかもしれない」――未来のための公共 共謀罪に反対する緊急渋谷街宣に4千人 2017.6.11

記事公開日:2017.6.14取材地: 動画

 2017年6月11日(日)13時より東京都渋谷区の渋谷駅ハチ公口前にて、『「未来のための公共」共謀罪に反対する緊急渋谷街宣』が行われた。


いま、「個人の尊厳」を考える 〜リスペクトの政治をつくる大阪弁護士有志の会設立記念集会〜 2017.6.2

記事公開日:2017.6.3取材地: 動画

 個人の尊厳と平和が守られる政治、野党・市民との連携などを訴える「リスペクトの政治をつくる大阪弁護士有志の会」の設立記念集会「いま、『個人の尊厳』を考える」が2017年6月2日(金)18時半より大阪市中央区のドーンセンターで開かれ、上智大学の政治学者・中野晃一氏が講演を行った。


「国会崩壊」をなぜ伝えない!?「メディアは目を覚まして『王様は裸だ!』と訴えるべき」――安倍総理による改憲発言と共謀罪法案に「市民連合」が抗議の記者会見!「安倍総理の9条3項は野党分裂が狙い」 2017.5.16

記事公開日:2017.5.19取材地: テキスト動画

 なぜ、「国会崩壊」「憲法崩壊」を伝えるメディアがないのか――。

 2015年の安保法制に反対する運動をきっかけに誕生した市民連合が2017年5月16日、議員会館で記者会見を開き、安倍総理による改憲発言と共謀罪法案に抗議した。上智大学の中野晃一教授は「国会崩壊、憲法崩壊が起きていることは(国会を)見ていればわかる。それがちゃんと伝えられていない」と集まった報道陣に問いかけるように話し、「メディアも目を覚まして王様は裸だと訴えていくべきだ」と述べた。


池内了名古屋大学名誉教授が防衛装備庁公募要領の問題点を指摘!高山佳奈子京都大学教授が共謀罪法案のデタラメを暴く!! ~軍学共同反対 共謀罪を考える 大学人シンポジウム 2017.4.9

記事公開日:2017.4.9取材地: 動画

 2017年4月9日(日)13時30分より東京都千代田区の明治大学駿河台キャンパスにて、『軍学共同反対 共謀罪を考える 大学人シンポジウム』が開催された。


「戦争を実施する国では自由と民主主義体制は維持できない」〜安倍政権が「共謀罪」で民主主義を壊す「理由」を元外務省国際情報局長の孫崎享氏が解説! 2017.2.16

記事公開日:2017.2.17取材地: テキスト動画

特集 共謀罪
※2月17日、テキストを追加しました。

 「戦争を実施しようとする国では、自由と民主主義の体制を維持できないということだ」

 なぜ「共謀罪」の新設が急がれるのか。2017年2月16日(木)、衆議院第一議員会館で共謀罪に反対する超党派の第2回勉強会が開催された。


「生活の場で人々がつながって政治を変えていく、政治を下支えしていくことが重要になっている」中野晃一氏、三浦まり氏、諏訪原健氏らがパネル討論~東京・生活者ネットワーク新春の集い 2017.1.31

記事公開日:2017.2.4取材地: テキスト動画

※2月25日テキストを追加しました。

 2017年1月31日、中野サンプラザにて、東京・生活者ネットワーク 新春の集い ―パネル討論「政治はどこに向かうのか?~ネットの力で都政を変える」が開催され、中野晃一氏(上智大学教授)、三浦まり氏(上智大学教授)、諏訪原健氏(元SEALDs)が登壇し、西崎光子氏(東京・生活者ネットワーク代表委員/都議会議員)の進行でパネル討論が行なわれた。


関西市民連合 第1回シンポジウム「新たな市民運動と野党共闘の可能性」―講師 中野晃一・上智大学教授 2016.10.28

記事公開日:2016.10.29取材地: 動画

 2016年10月28日(金)18時半より大阪市中央区民センターで関西市民連合によるシンポジウム「新たな市民運動と野党共闘の可能性」が開かれた。野党共闘をめざす市民運動の中心で活動してきた中野晃一・上智大学教授の講演ののち、参院選1人区を争った滋賀・奈良・和歌山各県からの報告が行われた。


「市民連合として新潟県知事選への支援は未定」!?――市民連合記者会見「民進党は、小選挙区での野党・市民共闘なしで勝てる見込みはない。与党は分断を図るのに必死」 2016.9.12

記事公開日:2016.9.12取材地: テキスト動画

※10月5日、テキストを追加しました!

 2016年10月16日に投開票となる第20回新潟県知事選挙では、柏崎刈羽原発の再稼働を阻止してきた泉田裕彦現知事の、4選不出馬が衝撃的なニュースとなって報じられた。その後、泉田知事の路線を継承する米山隆一氏が出馬を表明したが、所属する民進党から推薦を得られずに離党。社民・生活・共産3党の推薦を受けることになった米山氏と、自民・公明推薦の森民夫氏(前長岡市長)との激しい選挙戦が展開されている。

 この新潟知事選に、野党共闘を提唱してきた、安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合(以下、市民連合)が、どのような対応をするのか、注目されてきた。


自治体議員立憲ネットワーク 講演会 ―登壇 伊波洋一・参院議員、中野晃一・上智大教授 2016.7.29

記事公開日:2016.7.29取材地: 動画

 2016年7月29日(金)、東京都千代田区の参議院議員会館にて、自治体議員立憲ネットワーク講演会が開催され、伊波洋一参院議員、中野晃一上智大教授が登壇した。


ガチで立憲民主主義 いま、一から「立憲民主主義」を考える 2016.6.25

記事公開日:2016.6.26取材地: 動画

 2016年6月25日(土)、東京都渋谷区の青山学院大学青山キャンパスにて、ガチで立憲民主主義を考える会が主催する講演会が、講師に中野晃一氏(上智大学国際教養学部教授)/奥田愛基氏(SEALDs、ReDEMOS)/水上貴央氏(青山学院大学法務研究科助教、弁護士)/津田大介氏(ジャーナリスト)を招いて行われた。


参院選公示直前、SEALDs奥田愛基氏ら市民連合が記者会見「改憲発議が初めて可能になるかもしれない選挙だ」~都知事選には「野党共闘を求めていく」と言及! 2016.6.17

記事公開日:2016.6.17取材地: 動画

特集 2016年 参議院議員選挙 特集ページ | IWJ選挙報道プロジェクト
※詳細なテキストは後日、掲載します。

 「事の重要さに鑑み、都知事選でも野党共闘を求めていく。勝つ目的で後押しし、この騒ぎをおしまいにしたい」

 有楽町の日本外国特派員協会で2016年6月17日、市民連合から3人のメンバーが記者会見を開き、参院選32の一人区で野党統一候補が実現したこれまでの経緯と、今後について説明した。出席したのは、立憲デモクラシーの会から中野晃一上智大教授、SEALDsの奥田愛基氏、安保関連法に反対するママの会、長尾詩子氏。


「市民連合」リレートーク 〜市民がつくる新しい政治〜 2016.6.10

記事公開日:2016.6.11取材地: 動画

 2016年6月10日、東京都千代田区の全電通労働会館にて、安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合主催の『「市民連合」リレートーク 〜市民がつくる新しい政治〜』が開催された。