「オスプレイの事故原因の詳細は今後明らかになってくる」!? 原因もわからず飛行再開を許す日本政府! 対米追従の姿勢が「完全可視化」された対政府交渉の全幕! 2016.12.19

記事公開日:2016.12.29取材地: テキスト動画

※1月13日テキストを追加しました!

 「『不時着水』事故の原因は構造欠陥によるものではない」

 米軍の見解をそのまま鵜呑みにし、「墜落」したことさえ認めない防衛省。2016年12月19日(月)、東京都千代田区の参議院議員会館で、高江ヘリパッド建設に反対する人々による現地からの報告会や、防衛省との政府交渉などが行われた。オスプレイ配備の撤回と高江ヘリパッド工事の中止を求め、FoE Japan、美ら海にもやんばるにも基地はいらない市民の会が主催した。


第22回 高江をまもれ!名古屋アクション 2016.12.24

記事公開日:2016.12.25取材地: 動画

 2016年12月24日(土)18時より、22回目の「高江をまもれ!名古屋アクション」が名古屋三越栄店前(名古屋市中区)で行われた。


伊江島・高江・辺野古のトライアングル ―やんばる全体を危険地帯にしないために!緊急シンポジウム 2016.11.26

記事公開日:2016.11.30取材地: 動画

 2016年11月26日(土)18時より、沖縄県那覇市の沖縄県青年会館にて、「伊江島・高江・辺野古のトライアングル ―やんばる全体を危険地帯にしないために!緊急シンポジウム」が、基地の県内移設に反対する県民会議主催により開催された。


やんばるの森、そしてこの京都で起きていること~まずはすわってはなそう~ 講演 大野光明氏(『沖縄闘争の時代1960/70』著者)、水谷麻里子キャロライン氏(平和を守るママ・パパの会) 2016.11.17

記事公開日:2016.11.19取材地: 動画

 2016年11月17日(木)10時より、ハートピア京都(京都市中京区)において講演会「やんばるの森、そしてこの京都で起きていること~まずはすわってはなそう~」が開かれた。『沖縄闘争の時代1960/70』(人文書院)などの著作のある大野光明氏、平和を守るママ・パパの会の水谷麻里子キャロライン氏が京都・沖縄の米軍基地建設問題について講演した。


緊急集会「高江・やんばるの森にオスプレイパッドはいらない!」 ~原告の安次嶺現達さん、伊佐育子さん、小口幸人弁護士を迎えて~ 2016.10.13

記事公開日:2016.10.15取材地: 動画

 2016年10月13日(木)、緊急集会「高江・やんばるの森にオスプレイパッドはいらない!」が東京都千代田区の衆議院第一議員会館で行われた。


「お願いだから、高江に来て下さい」沖縄・高江で活動中の小口幸人弁護士が涙の講演 高江の現状と機動隊・沖縄防衛局らによる「違法行為の数々」を徹底解説 2016.9.24

記事公開日:2016.9.25取材地: 動画

 「(安倍)内閣は沖縄県に対して、どんな蛮行をやっても支持率が下がらないんだということを学んだんです。これは、福島県に対してもそうです」――。

 米軍北部訓練場のヘリパッド建設が強行されている沖縄県の高江。その高江では、新規ヘリパッド建設を止めるべく、連日、市民らが抗議行動を行っている。

 高江の現場に足を運び、弁護士として活動しているのが、沖縄弁護士会に所属する小口幸人弁護士である。小口弁護士は、全国から招集された機動隊や警察らによって行われる、道路封鎖や検問などの違法性を指摘し続けている。


やんばるの森と人々のくらしを守ろう!高江の米軍オスプレイパッド建設中止を求める集会&省庁交渉 2016.8.22

記事公開日:2016.8.23取材地: 動画

 2016年8月22日(月)、東京都千代田区の参議院議員会館講堂にて、米軍オスプレイパッドの建設中止を求める防衛省交渉実行委員会が政府交渉を行った。それに先立ち、共同記者会見と事前集会が開催された。


ヤンバルの森でのオスプレイパッド基地建設強行を許さない! 7・22 高江・辺野古と連帯する緊急抗議行動@京都 2016.7.22

記事公開日:2016.7.23取材地: 動画

 2016年7月22日(金)18時半より京都市下京区の京都タワー前において、米軍ヘリパッド建設工事が再開された沖縄県東村高江の抗議行動支援などを訴え「7・22高江・辺野古と連帯する緊急抗議行動@京都」が行われた。


報告と学習会「世界自然遺産登録とやんばるの森の未来」 2015.3.18

記事公開日:2015.3.18取材地: 動画

 2015年3月18日(水)18時30分から、沖縄県那覇市の沖縄県立博物館で、「報告と学習会『世界自然遺産登録とやんばるの森の未来』」が開かれた。