どいね☆げんぱつvol.59 金沢駅東口鼓門 2013.8.30

記事公開日:2013.8.30取材地: 動画

 2013年8月30日(金)18時半より、石川県金沢市の金沢駅鼓門で「どいね☆げんぱつvol.59金沢駅東口鼓門金曜行動」が行われた。


どいね☆げんぱつvol.55 金沢駅東口鼓門 2013.8.2

記事公開日:2013.8.2取材地: 動画

 2013年8月2日(金)、石川県金沢市のJR金沢駅東口鼓門前で、「どいね☆げんぱつvol.55 金沢駅東口鼓門」が行われた。


どいね☆げんぱつvol.54 金沢駅東口鼓門 2013.7.26

記事公開日:2013.7.26取材地: 動画

 2013年7月26日(金)、石川県金沢市のJR金沢駅東口鼓門前で、「どいね☆げんぱつvol.54 金沢駅東口鼓門」が行われた。


どいね☆げんぱつvol.52 金沢駅東口鼓門 2013.7.12

記事公開日:2013.7.12取材地: 動画

 2013年7月12日(金)18時30分より、石川県金沢市のJR金沢駅前で「どいね☆げんぱつvol.52 金沢駅東口鼓門」が行われた。主催は「どいね☆原発」。スピーチをした女性は、「原発を無くすと雇用が、と心配する人もいるが、無くせば、廃炉にするための仕事が増える」などと通行人に訴え、周知のためのパンフレットを配布した。


どいね☆原発1周年前夜祭~一夜限りの 北陸電力石川支店前行動~ 2013.7.5

記事公開日:2013.7.5取材地: 動画

 2013年7月5日(金)18時30分より、石川県金沢市の北陸電力石川支店前で「どいね☆げんぱつ」が行われた。昨年7月6日からちょうど50回目の抗議活動、1周年を迎え、当初の開催地であった北電前に場所を移して、原発反対の声を上げた。原発ゼロノミクマもゲスト参加し、どいね原発音頭なども披露された。


どいね☆げんぱつvol.50 金沢駅東口鼓門 2013.6.28

記事公開日:2013.6.28取材地: 動画

 2013年6月28日(金)18時30分より、石川県金沢市のJR金沢駅前で「どいね☆げんぱつvol.50 金沢駅東口鼓門」が行われた。主催は「どいね☆原発」で、今回が記念すべき50回目となる。恒例の原発シールアンケートは、2012年11月から2013年6月まで、実に1283人もの回答を得、いらない67%、必要18%、わからない15%という結果となった。


どいね☆げんぱつvol.49 金沢駅東口鼓門 2013.6.21

記事公開日:2013.6.21取材地: 動画

 2013年6月21日(金)18時30分より、石川県金沢市のJR金沢駅前で「どいね☆げんぱつvol.49 金沢駅東口鼓門」が行われた。主催は、どいね☆原発。「現在、金沢では原発の電気は使われておりません」という周知アナウンスとともに、シール投票などが行われた。結果は「いらない」が多数を占めた。


どいね☆げんぱつvol.48 金沢駅東口鼓門 2013.6.14

記事公開日:2013.6.14取材地: 動画

 2013年6月14日(金)18時30分より、石川県金沢市のJR金沢駅前で「どいね☆げんぱつvol.48 金沢駅東口鼓門」が行われた。主催はどいね☆原発。スピーチでは「次の選挙、子供やお孫さんのために候補者を選んで欲しい」と訴えられ、シール投票では、圧倒的多数で原発反対が支持された。


どいね☆げんぱつvol.46 金沢駅東口鼓門 2013.5.31

記事公開日:2013.5.31取材地: 動画

 2013年5月31日(金)18時30分より、石川県金沢市のJR金沢駅前で「どいね☆げんぱつvol.46 金沢駅東口鼓門」が行われた。主催は「どいね☆原発」で、「どいね」とは金沢弁で「それってどうなの?」という意味。従来は静かなアピールが多かったが、今回はマイクでスピーチをしたり、原発についてのパンフレットを配布したりと、積極的なアクションを展開した。


どいね☆げんぱつvol.43 金沢駅東口鼓門 2013.5.10

記事公開日:2013.5.10取材地: 動画

 2013年5月10日(金)18時30分より、石川県金沢市のJR金沢駅前で「どいね☆げんぱつvol.43 金沢駅東口鼓門」が行われた。主催は「どいね☆原発」で、「どいね」とは金沢弁で「それってどうなの?」という意味。いつもと違い、マイクを通じたスピーチで、通行人に直接原発反対をアピールした。恒例のシール投票では、原発反対が大きく上回った。


どいね☆げんぱつvol.42 金沢駅東口鼓門 2013.4.26

記事公開日:2013.4.26取材地: 動画

 2013年4月26日(金)18時30分より、石川県金沢市のJR金沢駅前で「どいね☆げんぱつvol.42 金沢駅東口鼓門」が行われた。主催は「どいね☆原発」で、「どいね」とは金沢弁で「それってどうなの?」という意味。スピーチやシュプレヒコールは行われず、横断幕や歌で静かに原発反対をアピールした。恒例のシール投票では、またも原発反対が大きく上回った。


どいね☆げんぱつvol.41 金沢駅東口鼓門 2013.4.19

記事公開日:2013.4.19取材地: 動画

 2013年4月19日(金)18時30分より、石川県金沢市のJR金沢駅前で、「どいね☆原発vol.41 金沢駅鼓門前スタンディングデモ」が行われた。主催は「どいね☆原発」で、「どいね」とは金沢弁で「それってどうなの?」という意味。今回はシール投票に加え、原発の仕組みをわかりやすくイラストにしたパンフレット(首都圏反原発連合作成)を配布した。普段はなされない、スピーチによるアピールも行われた。


どいね☆原発vol.40 金沢駅鼓門前スタンディングデモ 2013.4.5

記事公開日:2013.4.5取材地: 動画

 2013年4月5日(金)18時30分より、石川県金沢市のJR金沢駅前で、「どいね☆原発vol.40 金沢駅鼓門前スタンディングデモ」が行われた。主催は「どいね☆原発」で、「どいね」とは金沢弁で「それってどうなの?」という意味。スピーチやシュプレヒコールは行われず、街行く人との対話に重点が置かれた。シール投票では原発反対が上回ったが、「わからない」もほぼ同数いた。


どいね☆原発vol.39 金沢駅鼓門前スタンディングデモ 2013.3.29

記事公開日:2013.3.29取材地: 動画

 2013年3月29日(金)18時30分より、石川県金沢市で「どいね☆原発vol.39 金沢駅鼓門スタンディングデモ」が行われた。

 主催は「どいね☆原発」で、「どいね」とは金沢弁で「それってどうなの?」という意味。スピーチやシュプレヒコールは行われず、首都圏反原連作成のチラシを通行人に配るなどした。恒例のシールアンケートでは、原発反対の声が圧倒的に多かった。


どいね☆原発vol.36 金沢駅鼓門前スタンディングデモ 2013.3.8

記事公開日:2013.3.8取材地: 動画

 2013年3月8日(金)18時30分より、石川県金沢市で「どいね☆原発vol.36 金沢駅鼓門スタンディングデモ」が行われた。主催は「どいね☆原発」で、「どいね」とは金沢弁で「それってどうなの?」という意味。スピーチやシュプレヒコールは行われず周知活動に徹した。恒例となったシールアンケートでは、原発反対が上回りながらも、賛成の票もかなり肉薄した。


どいね☆原発vol.35 金沢駅鼓門前スタンディングデモ 2013.3.1

記事公開日:2013.3.1取材地: 動画

 2013年3月1日(金)18時30分より、石川県金沢市で「どいね☆原発vol.35 金沢駅鼓門スタンディングデモ」が行われた。主催は「どいね☆原発」で、「どいね」とは金沢弁で「それってどうなの?」という意味。スピーチやシュプレヒコールは行われず、歌を歌ったり、チラシ配り、シールアンケートなど、街行く人との対話重視のアクションに徹した。


どいね☆原発vol.34 金沢駅鼓門前スタンディングデモ 2013.2.22

記事公開日:2013.2.22取材地: 動画

 2013年2月22日(金)18時30分より、石川県金沢市で「どいね☆原発vol.34 金沢駅鼓門スタンディングデモ」が行われた。主催は「どいね☆原発」で、「どいね」とは金沢弁で「それってどうなの?」という意味。スピーチやシュプレヒコールは行われず、チラシ配り、シールアンケートなど、対話重視のアクションに徹した。今回は主催者発表で35人が参加。


2013/02/15 【石川】どいね☆原発vol.33 金沢駅鼓門前スタンディングデモ

記事公開日:2013.2.15

 2013年2月15日(金)18時30分より、石川県金沢市で「どいね☆原発vol.33 金沢駅鼓門スタンディングデモ」が行われた。主催は「どいね☆原発」で、「どいね」とは金沢弁で「それってどうなの?」という意味。スピーチやシュプレヒコールは行われず、楽器や歌、チラシ配り、シールアンケートなど、対話重視のアクションに徹した。シールアンケートの結果は「(原発は)必要1、いらない17、わからない2」だった。

■詳細 http://doine-k.blogspot.jp/


2013/02/08 【石川】どいね☆原発vol.32 金沢駅鼓門前スタンディングデモ

記事公開日:2013.2.8

 2013年2月8日(金)18時30分より、石川県金沢市で「どいね☆原発vol.32 金沢駅鼓門スタンディングデモ」が行われた。主催は「どいね☆原発」で、「どいね」とは金沢弁で「それってどうなの?」という意味。2月3日、県内に志賀原発を有する北陸電力が、「昨年12月金沢市内の高校で『原発安全授業』を行った」という報道があったばかり。参加者たちは楽器や歌、プラカード、シール投票などで、街行く人々に原発の危険性を周知アピールした。

■詳細 http://doine-k.blogspot.jp/2013/02/vol32-28pm630pm730.html


2013/02/01 【石川】どいね☆原発vol.31 金沢駅鼓門前スタンディングデモ

記事公開日:2013.2.1

 2013年2月1日(金)18時30分より、石川県金沢市で「どいね☆原発vol.31 金沢駅鼓門スタンディングデモ」が行われた。主催は「どいね☆原発」で、「どいね」とは金沢弁で「それってどうなの?」という意味。デモには定番ともいえるスピーチやシュプレヒコールは行われず、楽器や歌、プラカード、シール投票など、それぞれが自由な表現方法で原発反対への思いを訴えた。場所を昨年の県庁前から金沢駅に移動してからは、通行人との対話を重視している様子が伺える。

■詳細 http://doine-k.blogspot.jp/2013/01/tweet-functiondsidvar-jsfjsd.html