民進党・泉健太衆院議員 時局講演会in伏見 ―岡田克也・民進党代表、山尾志桜里・衆院議員ほか

記事公開日:2016.4.9取材地: 動画

 衆議院京都3区補欠選挙(2016年4月12日告示、24日投開票)を前に、2016年4月9日(土)18時半より京都市伏見区の呉竹文化センターで泉健太・衆院議員による「時局講演会in伏見」が開かれ、民進党・岡田克也代表、山尾志桜里・衆院議員、福山哲郎・参院議員らが応援に駆けつけた。


気候変動と原発、安保法制(戦争法)を考える学習講演会 2016.3.26

記事公開日:2016.3.26取材地: 動画

 2016年3月26日(土)14時より、キャンパスプラザ京都(京都市下京区)で「気候変動と原発、安保法制(戦争法)を考える学習講演会」が開かれた。

 NPO環境市民の杦本育生(すぎもと・いくお)氏、NPO気候ネットワーク・田浦健朗氏がそれぞれ講演を行った。


「下流老人」の著者 藤田孝典氏 講演会「若者・高齢者の貧困の連鎖と対抗法」 2016.3.22

記事公開日:2016.3.22取材地: 動画

 2016年3月22日(火)、京都市中京区のラポール京都で、「下流老人」の著者で聖学院大学客員准教授の藤田孝典氏による講演会「若者・高齢者の貧困の連鎖と対抗法」が開かれた。


市民共闘で実現する、みんなで選挙ミナセン×ママの会京都×あすわか街宣@京都タワー前 2016.3.21

記事公開日:2016.3.21取材地: 動画

 2016年3月21日(月)、京都市の京都タワー前にて、「市民共闘で実現する、みんなで選挙ミナセン×ママの会京都×あすわか街宣」が行われた。


シンポジウム「現代世界 ― 欧州・中東 ― を《文学》から考える」 2016.3.19

記事公開日:2016.3.19取材地: 動画

 現代文学作品を通じ欧州・中東の現在を考えようというシンポジウム「現代世界 ― 欧州・中東 ― を《文学》から考える」が、2016年3月19日(土)13時半より京都大学で開かれた。中東現代文学研究会ほかの主催。


SEALDs奥田愛基トークセッションin京都「民主主義は止まらない 国会の内と外で」 2016.3.19

記事公開日:2016.3.19取材地: 動画

 京都大学吉田キャンパス(京都市左京区)で、SEALDs(シールズ、自由と民主主義のための学生緊急行動)の奥田愛基氏、安保関連法に反対するママの会発起人の西郷南海子氏、民主党・福山哲郎参院議員の3人を迎えて「SEALDs奥田愛基トークセッションin京都『民主主義は止まらない 国会の内と外で』」が2016年3月19日(土)15時より開催された。 安保関連法に反対するママの会@京都が主催した。


戦争法廃止、自衛隊海外派兵反対 3.19ヒューマンチェーン・大久保 2016.3.19

記事公開日:2016.3.19取材地: 動画

 各地で安保法制への抗議行動が行われた2016年3月19日(土)、京都府宇治市では地元市民団体などが共催して「戦争法廃止、自衛隊海外派兵反対 3.19ヒューマンチェーン・大久保」が行われた。近鉄大久保駅前でのリレートークの後、安保関連法制施行後に駐屯する第4施設団が南スーダンへ派遣される可能性が指摘されている陸上自衛隊大久保駐屯地周辺で参加者がヒューマンチェーンを作った。


辺野古の抗議船船長北上田さん報告会 2016.3.12

記事公開日:2016.3.12取材地: 動画

 2016年3月12日(土)19時より、京都市中京区の職員会館かもがわで辺野古(沖縄県名護市)新基地建設反対の抗議船船長を務める北上田毅氏を招いた報告会が開かれた。


バイバイ原発3.12きょうと ―秋山豊寛氏・朴勝俊氏ほか 2016.3.12

記事公開日:2016.3.12取材地: 動画

 2016年3月12日(土)13時半より、京都市東山区の円山公園野外音楽堂で「バイバイ原発3.12きょうと」が開かれ、元TBS記者・宇宙飛行士で福島で有機農家を営んでいた秋山豊寛氏、環境経済学が専門の朴勝俊氏(関西学院大学教授)が講演した。集会後、2100人(主催者発表)の参加者が市内をデモ行進した。


沖縄を知る辺野古を考える 川口真由美弾き語りライブ&トーク 2016.3.5

記事公開日:2016.3.5取材地: 動画

 京都市上京区にある「かもがわサロン」で開催中のイベント「沖縄を知る辺野古を考える」で、2016年3月5日(土)14時よりシンガーの川口真由美氏が弾き語りライブとトークを行った。「沖縄を知る辺野古を考える」は6日(日)までの開催。


グローバル・ジャスティス研究会・2月の企画 チャベス後のベネズエラと南米はどこへ? 2016.2.28

記事公開日:2016.2.28取材地: 動画

 2016年2月28日(日)18時半より、ひと・まち交流館京都(京都市下京区)でグローバル・ジャスティス研究会主催の集会「チャベス後のベネズエラと南米はどこへ?」が開かれ、ラテン・アメリカ情勢に詳しい一井不二夫氏が講演を行った。


AWC第四回国際総会講演「日米軍事同盟の新段階、変貌する日本」 ―講師 纐纈厚・山口大学教授 2016.2.28

記事公開日:2016.2.28取材地: 動画

 京都教育文化センター(京都市左京区)で開かれているAWC(アジア共同行動)第4回国際総会で、2016年2月28日(日)13時より、山口大学教授・纐纈厚(こうけつ・あつし)氏が「日米軍事同盟の新段階、変貌する日本」と題し講演を行った。


知っておきたい!私たちの食卓『遺伝子組み換えルーレット』監督 ジェフリー・M・スミスさん 特別講演会京都 2016.2.25

記事公開日:2016.2.25取材地: 動画

 2016年2月25日(木)、京都市下京区のキャンパスプラザ京都で、「知っておきたい!私たちの食卓『遺伝子組み換えルーレット』監督 ジェフリー・M・スミスさん 特別講演会京都」が開催された。


SEALDs KANSAI SALON #2「選挙のはなし」 ―Guest 中野晃一・上智大学教授 2016.2.24

記事公開日:2016.2.24取材地: 動画

 2016年2月24日(水)、京都市左京区のCLUB METROで、「SEALDs KANSAI SALON #2『選挙のはなし』」が開催され、上智大学教授の中野晃一氏が「これまでの安倍政権と野党共闘に向けてのはなし」と題し講演を行った。


2.21止めよう!辺野古埋立て国会大包囲、京都同時アクション☆ 2016.2.21

記事公開日:2016.2.21取材地: 動画

 2016年2月21日(日)、国会周辺など全国各地で行われた沖縄県名護市辺野古埋立てへの抗議行動に連帯して、京都市内で15時より「2.21止めよう!辺野古埋立て京都アクション」が行われた。150人(主催者発表)が参加した。


社会を変えるためのデータ分析、座間宮ガレイさんに聞いてみよう!戦争はイヤや!憲法を守らない嘘つき政府はいらん!でもどうしたらええの? 2016.2.21

記事公開日:2016.2.21取材地: 動画

 2016年2月21日(日)、京都市宇治市のゆめりあうじで、「社会を変えるためのデータ分析、座間宮ガレイさんに聞いてみよう!戦争はイヤや!憲法を守らない嘘つき政府はいらん!でもどうしたらええの?」が開催された。


第5回左京フォーラム 〜マスメディア 大丈夫かい?〜 「表現の自由。中〜大弾圧と憲法崩壊」 ―講師 秋山豊寛氏、吉竹幸則氏 2016.2.20

記事公開日:2016.2.20取材地: 動画

 2016年2月20日(土)14時より、京都大学吉田キャンパス(京都市左京区)で戦争をさせない左京1000人委員会による第5回左京フォーラム「〜マスメディア 大丈夫かい?〜 『表現の自由。中〜大弾圧と憲法崩壊』」が開かれ、元TBS記者の秋山豊寛氏と元朝日新聞記者の吉竹幸則氏が講演を行った。


戦争アカン!京都・おんなのレッドアクション/戦争法廃止へ!2・19京都デモ 2016.2.19

記事公開日:2016.2.19取材地: 動画

 2016年2月19日(金)18時半より、京都市中京区の三条河原町で「戦争アカン!京都・おんなのレッドアクション」による街頭宣伝が行われた。街宣後、参加者は同じ時刻より市内で行われた「戦争をさせない京都1000人委員会」による「戦争法廃止へ!2・19京都デモ」に合流した。デモには出発時点でおよそ580人(主催者発表)が参加した。


シンポジウム「憲法と民主主義を考える」 ―石川健治・東大教授、中野晃一・上智大教授 2016.2.13

記事公開日:2016.2.13取材地: 動画

 2016年2月13日(土)14時より、京都市上京区の同志社大学でシンポジウム「憲法と民主主義を考える」が開かれ、憲法学者・石川健治氏と政治学者・中野晃一氏が講演を行った。立憲デモクラシーの会、京都96条の会、戦争アカン!京都・おんなのレッドアクションが共催した。


「友だちが殴られたら倍返し? 殴らず、殴らせずの信頼関係の構築で、暴力の連鎖を止める」 ~政治学者・岡野八代氏の著作を文学研究者の越智博美氏が読み解く 2016.1.24

記事公開日:2016.2.10取材地: テキスト動画

※2月10日テキストを追加しました!

 「9.11以後の戦争が正しかったのなら、今頃は平和のはず。武力で平和を維持するためには、戦力を拡大し続けなければならない。武力で身を守ることには限界があると、この本は指摘している」。

 2016年1月24日、京都府京都市の同志社大学志高館にて、「『戦争に抗する-ケアの倫理と平和の構想』(岩波書店・2015年刊)を読む」が行われた。アメリカ文学研究者の越智博美氏(一橋大学教授)が同書をテーマに講演を行い、その後、著者で政治学者の岡野八代氏(同志社大学教授)と意見交換をした。