2015年夏、現役官僚として国会前にいた前川喜平・前文科事務次官「若者たちのシュプレヒコールに感心した」~加計疑惑を国民に知らせようと決意した理由も「憲法」だった 2017.8.2

記事公開日:2017.8.4取材地: テキスト動画

※会員登録で全編動画をご覧いただけます。この機会にぜひご登録ください。
→ご登録はこちらから
※8月11日テキストを追加しました。

 「加計問題では、国家権力が私物化された。このように間違った行政が行なわれていることを、国民に知らせるべきだと思った」

 文部科学省の前事務次官である前川喜平氏は、大勢の聴衆を前にこう語った。今回の講演会は、前川氏が福島で続けている夜間中学開設に向けた活動がきっかけとなって、2017年8月2日、福島市の福島県文化センターにて実現した。


「燃料デブリの可能性高い!?」~福島第1原発3号機格納容器内部調査で「溶融物が固化したと思われるもの」や「落下物」を確認――水中ロボで撮影された画像を公開 2017.7.21

記事公開日:2017.7.22取材地: | 動画

 2017年7月21日(金)21時より東京都千代田区の東京電力本館にて、東京電力 福島第一原子力発電所3号機・原子炉格納容器内部調査に関する会見が行われた。


第27回「県民健康調査」検討委員会及び第7回甲状腺検査評価部会 2017.6.5

記事公開日:2017.6.5取材地: 動画

 2017年6月5日(月)13時半より福島県福島市のコラッセふくしまにて、第27回「県民健康調査」検討委員会及び第7回甲状腺検査評価部会が行われた。


格納容器内にロボット投入完了!! 1日目調査の水中画像ではデブリの確認できず!? ~東京電力による1号機原子炉格納容器内部調査実施に伴う会見 2017.3.19

記事公開日:2017.3.19取材地: | 動画

  2017年3月19日(日)15時より東京都千代田区の東京電力本社本館にて、「東京電力による1号機原子炉格納容器内部調査実施に伴う会見」が行われた。


第6回 原発いらない 地球(いのち)のつどい(福島市) ~全体会 2017.3.11

記事公開日:2017.3.11取材地: 動画

 東日本大震災・東電福島第一原発事故から6年となった2017年3月11日(土)、福島市市民会館で「原発いらない福島の女たち」主催の第6回「原発いらない 地球(いのち)のつどい」が開かれた。13時40分より行われた全体会の模様を配信した。


3.11と「心の災害」——震災と原発事故、そして避難が福島県民にもたらしたストレス症候群〜岩上安身による精神科医・蟻塚亮二氏インタビュー2日目(福島編) 2017.3.1

記事公開日:2017.3.3取材地: 動画独自

 2017年3月1日(水)、福島県相馬市にて、『沖縄戦と心の傷――トラウマ診療の現場から』著者の蟻塚亮二(ありつか りょうじ)氏に岩上安身がインタビュー(2日目)を行った。


「夜になると死体の匂いがする」——今も「戦争トラウマ」に苦しみ続ける沖縄県民たち〜岩上安身による精神科医・蟻塚亮二氏インタビュー1日目(沖縄編) 2017.2.28

記事公開日:2017.3.3取材地: 動画独自

 2017年2月28日(火) 18時30分より、福島県相馬市のメンタルクリニックなごみにて、岩上安身による『沖縄戦と心の傷――トラウマ診療の現場から』著者・蟻塚亮二(ありつか りょうじ)氏インタビュー(一日目)が行われた。


第26回「県民健康調査」検討委員会 2017.2.20

記事公開日:2017.2.21取材地: 動画

 2017年2月20日(月)、福島市のホテル福島グリーンパレスで、第26回「県民健康調査」検討委員会が開かれた。


飯舘村放射能エコロジー研究会(IISORA)第8回シンポジウム2017福島 避難指示解除を前に6年間を振り返り飯舘村・村民の未来を考える 2017.2.18

記事公開日:2017.2.19取材地: 動画

 原発事故後、研究者らと福島県飯舘村民とが飯舘村の汚染状況や避難生活、生活再建、賠償問題などを議論してきた飯舘村放射能エコロジー研究会 (IISORA) のシンポジウム第8回が「避難指示解除を前に6年間を振り返り飯舘村・村民の未来を考える」を総合テーマに、2017年2月18日(土)13時20分より福島県青少年会館(福島市)で開催された。


第25回「県民健康調査」検討委員会 2016.12.27

記事公開日:2016.12.28取材地: 動画

 2016年12月27日(火)13時より福島県福島市のホテル福島グリーンパレスにて、第25回「県民健康調査」検討委員会と、会合後に記者会見が行われた。


「手のひらサポート」(療養費給付金事業)第1回給付に関する記者会見 2016.12.27

記事公開日:2016.12.28取材地: 動画

 2016年12月27日(火)、福島市のホテル福島グリーンパレスで、「手のひらサポート」(療養費給付金事業)第1回給付に関する記者会見が開かれた。


「自主避難者の住宅無償提供継続」のための福島県交渉 2016.12.21

記事公開日:2016.12.25取材地: 動画

 2016年12月21日(水)13時より、原発事故被害者団体連絡会(ひだんれん)と原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同の「自主避難者の住宅無償提供継続」のための第5回対福島県交渉がふくしま中町会館(福島市)で開かれた。


ドキュメンタリー映画「『知事抹殺』の真実」記者会見 2016.12.6

記事公開日:2016.12.8取材地: 動画

 2016年12月6日(火)、福島市の福島県庁 県政記者クラブにて、映画「『知事抹殺』の真実」の記者会見が開かれた。映画は、「謎の収賄事件」によって突如辞任を強いられた元福島県知事の佐藤栄佐久氏が、県知事時代に闘い、抹殺されるまでの真実を記したドキュメンタリー。映画を制作した安孫子亘監督、佐藤栄佐久氏より冒頭挨拶が述べられた。


原発事故被害者を切り捨てるな!自主避難者の住宅無償提供継続を求める4団体共同全国集会in福島 2016.12.4

記事公開日:2016.12.5取材地: 動画

 2016年12月4日(日)13時より、原発事故被害者団体連絡会(ひだんれん)、原発被害者訴訟原告団全国連絡会、避難住宅問題連絡会、「避難の権利」を求める全国避難者の会の4団体が主催して「原発事故被害者を切り捨てるな!自主避難者の住宅無償提供継続を求める4団体共同全国集会in福島」が福島県教育会館(福島県福島市)で開かれた。


第6回 放射線防護に関する市民科学者国際会議 ~東京電力福島第一原子力発電所事故の放射線被ばくによる健康影響を科学的に究明し、防護と対策を実現するために~4日目 2016.10.10

記事公開日:2016.10.10取材地: 動画

 2016年10月10日(月)、福島県二本松市の福島県男女共生センターにて、市民科学者国際会議が主催する「放射線防護に関する市民科学者国際会議」の4日目が開催された。ドイツ放射線防護協会のセバスチャン・プフルークバイル氏、上智大学 グリーフケア研究所の島薗進氏が共同議長を務め、円卓会議と4日間のまとめが行われた。


第6回 放射線防護に関する市民科学者国際会議 ~東京電力福島第一原子力発電所事故の放射線被ばくによる健康影響を科学的に究明し、防護と対策を実現するために~ 1日目 2016.10.7

記事公開日:2016.10.8取材地: 動画

 2016年10月7日(金)、福島県男女共生センター(福島県二本松市)で市民科学者国際会議主催による第6回「放射線防護に関する市民科学者国際会議」が開幕した。初日の7日は、原発周辺の奇形の昆虫のイラストで知られる科学イラストレーター、コーネリア・ヘッセ=ホネガー氏と、元WHO放射線・公衆衛生顧問のキース・ベーヴァーストック氏が基調講演を行った。会議は10日まで開催される。


第5回放射線と健康についての福島国際専門家会議 ―2日目 基調講演 ジョン・ボイス氏 (国立放射線防護審議会)ほか 2016.9.27

記事公開日:2016.9.28取材地: 動画

 2016年9月27日(火)、福島市のザ・セレクトン福島で、「第5回放射線と健康についての福島国際専門家会議 ―2日目 基調講演 ジョン・ボイス氏 (国立放射線防護審議会)ほか」が開催された。


第24回福島県「県民健康調査」検討委員会 2016.9.14

記事公開日:2016.9.14取材地: 動画

 2016年9月14日(水)13時30分より福島県福島市の杉妻会館にて、第24回福島県「県民健康調査」検討委員会が開催された。


自主避難者の住宅支援支援の継続を求めるひだんれんと原発被害者訴訟原告団全国連絡会合同の県交渉 2016.9.6

記事公開日:2016.9.7取材地: 動画

 2016年9月6日(火)、福島市の自治会館で、自主避難者の住宅支援支援の継続を求めるひだんれんと原発被害者訴訟原告団全国連絡会による合同の県交渉が行われた。


第24回参議院議員選挙 福島選挙区 民進党 増子輝彦候補 開票中の事務所の模様 2016.7.10

記事公開日:2016.7.11取材地: 動画

 定数1となった参院福島選挙区で、現役法務大臣の岩城光英候補(自民党・現職)に勝利した野党統一候補・増子輝彦氏(民進党・現職)の選挙事務所から2016年7月10日(日)20時投票締切後の事務所の模様を配信した。