小沢一郎代表選出馬表明 2010.8.31

記事公開日:2010.8.31取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJテキストスタッフ・関根かんじ)

 2010年8月31日(火)17時より、東京都千代田区にある民主党本部の記者会見室にて、小沢一郎議員の、9月14日の民主党代表選への出馬表明の記者会見が行われた。この記者会見の前、菅総理との2者会談を行っている。鳩山前首相、輿石会長との話し合いで、挙党一致を模索していたが、この会談で、決裂、代表選への一騎打ちとなった。

■ハイライト

 小沢氏は「代表選へは、支援者の推挙により、立候補することは先般、発表したとおりだが、この景気と国際情勢の不安定なとき、挙党一致で乗り越えるべき、と鳩山前首相が菅総理と、いろいろ話しあっていた。昨日の菅総理、鳩山前総理、輿石会長の三者会談の内容を聞いた。それで、民由合併以来、全員野球で力を合わせてやってきた。今回もその原点に立ち戻る、という主旨で、鳩山前首相、輿石会長に尽力した」と語った。

 「昨晩、菅総理は、鳩山前首相の薦めた小沢・菅会談に同意を示していたが、今日になって急に、やはり密室政治と疑われるとの理由で、会談はキャンセルになった。やはり、挙党一致の体制はつくるべきでない、という意見だという。しかし、鳩山前首相を通じて、先ほどの会談が急きょ、行われた」

 「会談で、サミット出席の苦労話などをしたが、菅首相の方から、合併以来、協力し合ってきたので、今後も力を合わせていこう、と言われた。それで、自分は、今まで協力しないとは、言ったこともないし、その気持ちは同じだ、と答えた。代表選は、党規約にのっとった任期満了による、代表選なので、お互いがんばってやりましょう。また、それが終わっても力を合わせていきましょう、と話してきた」

 「自分の政策や主張は、明日、ふたたび行われる記者会見で、発表したい。ずいぶん決断をするまでに自分に問いかけなから熟慮した結果だが、大勢の仲間の皆様に推挙をもらい、代表選挙に出馬するという決意をした」と、最後に決意を語った。

以下、会見全文書き起こし。

 明日から始まります代表選挙につきましては、先般申し上げたとおりのことでございまして、不肖の身ではありますが、代表選挙に皆さんのご推挙をいただいて出させていただきたいという決意をいたしましたということを、申し上げたわけでございますが、その後、皆さんご存知のとおりの経過でありまして、特に、鳩山前首相が、この時に、やはり、挙党一致の体制をとって力を合わせて、今日の危機的な状況、特に経済の不透明な状況を乗り越えて克服していかなくてはならないと、そういうお考えのもとに、再三にわたって、菅総理と話をなさったわけでございます。

 明日に告示をひかえまして、今日も鳩山前総理と、輿石会長と私と、昨夜の菅総理との会談の経過をお聞きいたしました。

 昨晩は、鳩山総理の提案に対して、大変、自分もそのように思うということで、話し合いを持つことに積極的であったということでございましたが、本日、一晩明けてから、ちょっと、話し合いを持つことは、密室批判を受けかねないので、そういうことはやめたいと、やりたくないという趣旨の話があったということでございましたが、いずれにしろ、やはり挙党一致の全員野球をするためには、民由合併以来、私にとりましては、特に、鳩山先生、輿石先生と力を合わせて今日まで頑張ってきて、そして、政権も国民の皆さんから付託された、こういう状況の中での今日でございますので、やはり原点に立ち返って話し合いをしましょうというのが、鳩山先生、また、輿石先生のご趣旨だったと思います。

 きょうも三人の会合の場で、菅総理に、こもごも、鳩山先生と輿石先生から話をなさいましたけれども、やはり、話し合いをして、挙党一致の体制をつくるというような形は、とるべきではないというお考えであったようでございます。

 わたしは直接、そばにいましたけれども、話をしたわけではありませんが、そういう経過の中で、菅総理の方から、いずれにしても、小沢と二人で話をしたいと、こういうことが、鳩山善総理を通じて話がありました。
そのお話に従いまして、さきほどまで話をしてまいりました。

 合併以来のことやら、総理としての激務についてのいろいろなお話とやら、わたしもサミットなど、若いときに垣間見てきたので、大変でしょうということもお話をいたしましたが、その中でまず菅総理の方から、合併以来のお互い力を合わせてここまできたというお話をいただいて、今後も協力して欲しいということでございました。

 もちろん、私は協力してないということは、菅内閣成立して以来、一度も言ったことはないし、どんなことでも協力をしてまいりたいし、今後も互いが力を合わせて、せっかく政権をとったのだから協力していかなくてはならないという、その気持ちは変わりはありませんということを申し上げました。

 今回の代表選は、党規約に定められた、任期満了による民主的ルールにのっとった代表選でございますので、正々と、お互いに頑張って、そしてまた、今後ともいかなる場合でも力を合わせて頑張りましょう、ということで、終えてきたところでございます。

 いずれ明日、記者会見がまたあるということでございますので、その時に、自分の主張やら政策やら、申し上げるつもりでございますし、十分な時間をとってあるようでございますので、今日は、今までの経過と先般申し上げたように、自分自身、ずいぶん決断をするまでに自分に問いかけなから熟慮した結果でありますけれども、大勢の仲間の皆さんにご推挙をいただいて、代表選挙に出馬するという決意をしたところでございます。

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です